« 西武 | トップページ | 大師線 »

2010.01.02

【12/29】小田急線内撮り鉄紀行

 年の瀬の29日、郵便局が開いていることもあり、局巡りを兼ねて小田原へ行ってきました。新宿から小田急に乗り込み、一路小田原を目指しますが、小田原には昼前後に着ければよかったので、のんびり撮り鉄しながら進むことにします。まずは喜多見へ。先月12日の江ノ電のイベントのときもここで撮影しましたが、この日は朝から雲が立ちこめていたこともあって、撮影しづらかったですねbearing。おまけにまだロマンスカーが来ない時間帯だったので、ほどほどのところで切り上げました。

東京メトロ6000系@喜多見

小田急4000形@喜多見
寒空の中で撮影~喜多見駅

 喜多見ではこれといった収穫はなく、列車を乗り継いで厚木へとやってきました。ここで一旦下車して郵便局に寄り、再び駅に戻って撮影しました。幸いここで日の光が雲の合間から覗かせてくれるようになり、いくらか環境はよくなりましたね。しかしロマンスカーはEXEの1本だけ。下りの箱根湯本行きのVSEは見るだけとなりましたが、ここでは小田急顔の5000形が撮影出来ました。3000形が幅を利かせる中、昔ながらの小田急の顔を持つ5000形を見るとホッとしますねhappy01

小田急5000形@厚木
小田急らしさ”が感じられる顔ですねhappy01

小田急30000形@厚木
新宿へ向かうロマンスカー”EXE”

 再び列車に乗り込み、本厚木から小田原行きに乗り換えます。ところが秦野の近くでトイレに行きたくなったので、やむなくここで列車を落とすことにしましたが、ちょうどあさぎり号がやってくるとのことだったので、その様子を見ることにしました。

 1本前のEXE使用のロマンスカーが行った後、あさぎり号がやってきました。“RSE”と呼ばれる20000形を使用していましたが、あさぎり号は十数年前に一度乗ったきりで、しかもそのときは松田から新宿までの利用だったため、全区間はまだ乗り通したことがありません。こちらも一度通して乗りたいところですね。

小田急20000形@秦野
あさぎり号に使用されている”RSE”こと20000形

 さすがに時刻は12時近くとなり、ここから一気に小田原へと向かいました。

|

« 西武 | トップページ | 大師線 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/47186146

この記事へのトラックバック一覧です: 【12/29】小田急線内撮り鉄紀行:

« 西武 | トップページ | 大師線 »