« 【1/9】SL新年号撮影その1~真岡鉄道 | トップページ | セントラム完乗の旅その5~419系→はくたかで富山へ »

2010.01.13

【1/9】SL新年号撮影その2~真岡鉄道

 昨日に続き、今日も真岡鉄道のSLについて書きたいと思います。20分くらい歩いて益子駅の近くまで来ました。ちょうど昼時でしたが、特にあてがあるわけではなく、あるのは去年入ったファミレス風の居酒屋くらい。やむなく今年もここで済ませました。

 腹も満たされたところで駅の方へと歩いて行くと、踏切の警報機が鳴り始めました。ホームにはレールバスが1両停まっていましたが、これが下館行きで、次は約1時間後とのことcrying。まあ、この後は下館周辺でSLを撮るだけなので実害はありませんが、かといって益子の街中を歩くにはちょっと時間が足りないところ。結局、12時43分に到着する茂木行きのレールバスを撮影するなど、駅周辺でブラブラしました。

益子焼@益子駅
益子と言えば、やはりコレですねhappy01

真岡モオカ14形@益子'10.1.9
三角屋根の益子駅とレールバス

 こうして13時7分発で下館へと戻ってきました。しかしSLの到着は夕方なので、それまでの間、下館駅周辺をブラブラしてみることにしました。まずは関東鉄道の車両を撮影すべく、駅の南口から歩いてみることに。住宅街に入ったところで関鉄の線路が見えたので、それに沿って歩いて行くと、踏切の手前辺りに適当なところがあったので、そこから狙ってみました。

 ここでの一番の目当ては、朝方下館駅で見かけた5000形でしたが、やってきたのは先輩格の2200形や2400形ばかりで、5000形は来ませんでしたweep

関鉄2400形@下館'10.1.9
新車・5000形には会えずcrying(下館・大田郷:'10年1月9日)

 そんな中、撮影していたあたりにSLを模したモニュメントが線路に沿って置かれていました。SL列車が発着する下館の街らしいモニュメントといえそうで、およそ数百メートルほどのところに適当な間隔でこのSLが置かれていました。中には水路に置かれたものもあり、ちょっと不思議な光景でしたね。

SLモニュメント@下館
関鉄の線路に沿って建てられているSLのモニュメント。関鉄は走っていませんが・・・coldsweats01

 結局3時近くにこの場を退散。真岡鉄道の沿線に向かうため、水戸線の踏切までやってきたところ、ちょうど15時2分に下館を発車したE501系使用の小山行きが接近してきました。平成19年3月のダイヤ改正までは常磐線の上野口まで運転されていたE501系ですが、現在は常磐線の土浦より北と水戸線で使用され、その際にそれまでなかったトイレを増設して現在に至ります。411系での運行が多い水戸線にあって、このE501系の存在は貴重と言えそうですが、通勤車両として使われていたことを考えると、ちょっと複雑ですね。

E501系@下館'10.1.9
水戸線ではレアな存在のE501系(玉戸・下館:'10年1月9日)

 途中、トイレがてらコンビニに立ち寄ったりして、時計を見たときには3時半近くを指していました。そろそろ撮影地を決めないといけませんでしたが、何分周辺の情報がこれといってなく、とにかく撮影できそうなところを探したところ、住宅街の一角に比較的すっきりした直線区間があったので、ここで撮影することにしました。時よりイヌの散歩で通るくらいののんびりとしたところでしたが、太陽が西に傾き始めた頃、午前中見送ったC11がやってきました。しかも終点下館までもう少しのところとあって、かなりスピードを上げて目の前を通過していきました。

真岡C11325@下館'10.1.9
夕日を浴びて終点下館を目指すC11(下館・下館二高前:'10年1月9日)

 ここもほとんど煙が上がりませんでしたが、西日を浴びながら走り去るSLを見ることが出来ました。

 これでこの日のミッションが終了。この後は歩いて下館駅へと向かい、16時32分発の小山行きに乗って帰路につきました。

|

« 【1/9】SL新年号撮影その1~真岡鉄道 | トップページ | セントラム完乗の旅その5~419系→はくたかで富山へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/47284889

この記事へのトラックバック一覧です: 【1/9】SL新年号撮影その2~真岡鉄道:

« 【1/9】SL新年号撮影その1~真岡鉄道 | トップページ | セントラム完乗の旅その5~419系→はくたかで富山へ »