« 【1/9】SL新年号撮影その2~真岡鉄道 | トップページ | 何故か »

2010.01.14

セントラム完乗の旅その5~419系→はくたかで富山へ

 セントラム完乗の旅の続きです。加賀笠間駅に戻り、16時28分発金沢行き365Mを待ちます。実はこの列車を待っていたのは理由がありまして、先ほどまで線路脇で撮影していた際にやってきた419系が小松からそろそろ戻ってくる時刻と思った次第です。案の定、365Mは419系でした。

 かつては東北や九州にも存在した電車寝台の改造車も、今ではここ北陸本線のみとなってしまい、しかも今年3月のダイヤ改正では現在福井以南で使用されている521が金沢まで入線することから、今後の動向が気になるところです。

 車内に入ると、やはり広々とした座席に目が行きますね。寝台で使用されていたときのものそのままの状態で座席になっており、他にも車内には寝台車両だったときの面影が残されていますが、通勤車両としては使い勝手という点ではいろいろと難しいところがあるようですね。

クハ418-8@金沢'09.12.23
独特な顔つきが強烈なcoldsweats01419系(金沢:'09年12月23日)

 こうして終点の金沢に到着。ここで一旦改札を出て、富山までのきっぷを買い直します。ここで手に入れたのは、「金沢富山往復きっぷ」。往復の乗車券と特急券がセットになっていて、料金は3,500円と通常より700円安くなっています。今回は特に急ぎではないので、普通列車でのんびり行ってもよかったんですが、この区間には国鉄型からJR化後に登場した車両まで、バラエティに富んだ特急列車が走っており、それらを乗り比べるのも面白いと思った次第です。

 さっそく改札を抜けた際、精算所の脇に能登と北陸の廃止を伝えるポスターが貼ってあるのに気がつきました。EF81と489系のイラストが描かれた手作りのものですが、今後ダイヤ改正までの間、金沢支社では廃止に関連したイベントも行われるとのことで、ここ金沢駅も最後の姿を見ようと多くの人が詰め掛けることでしょうね。

能登北陸ポスター@金沢駅
金沢駅にあった特製のポスター

 富山までですが、17時17分発のはくたか23号にしました。始発ですし、確実に座って行けると思いましたが、案の定、一番前の自由席はガラガラでした。そのはくたか23号ですが、使用されていたのはJR西日本持ちの681系。はくたかには他にも北越急行持ちの同形式の車両も使用され、こちらは「スノーラビット」という愛称が付いています。

特急はくたか@金沢'09.12.23
はくたか23号の車両は、JR西日本持ちの681系(金沢:'09年12月23日)

 途中の高岡で何人か乗ってきたものの、結局ガラガラの状態で富山に到着しました。ちょうどホームには、急行色の475系の姿が。それを撮影して、予約してあった駅前のホテルへと直行しました。

475系@富山'09.12.23
今回も会えた475系急行色(富山:'09年12月23日)

|

« 【1/9】SL新年号撮影その2~真岡鉄道 | トップページ | 何故か »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/47293683

この記事へのトラックバック一覧です: セントラム完乗の旅その5~419系→はくたかで富山へ:

« 【1/9】SL新年号撮影その2~真岡鉄道 | トップページ | 何故か »