« きょうの出来事(2/13)~開幕! | トップページ | きょうの出来事(2/14)~特筆するようなものはないですが・・・ »

2010.02.14

セントラム完乗の旅その12~特急北越で金沢へ

 セントラムの旅を続けます。富山駅に戻り、この後は13時15分発の北越4号に乗車します。来るときはJR西日本の683系を使用したはくたかでしたので、帰りは国鉄型の車両に乗りたいと思い時刻を調べたら、この北越4号がありました。

 駅ビルで昼食にする弁当を買ってからホームへ。到着まで時間があったのでしばらく行き交う列車を見ようと思ったら、ちょうど朝から目にしていたキハ58形が到着したところでした。この列車は12時44分発の越中八尾行き866Dとして折り返すとのことで、発車の様子までじっくりと眺めておりました。

キハ58形@富山'09.12.24
富山駅で再会したキハ58形

 この後、北越4号が到着する2番線へ移動し到着を待ちます。先ほどキハ58形のいた1番線ホームには13時6分発のしらさぎ10号が、そして2番線には13時10分に発車する後続のサンダーバード28号が停車していました。在来線特急がこれほど頻繁に発着する様子は今の北陸本線らしい風景といえそうですが、新幹線が開業すればこうした光景も懐かしいものになるんでしょうね。

683系@富山'09.12.24
2本の特急列車が出発を待つ(富山:'09年12月24日)

 そのサンダーバードが発車し、すぐに北越4号が到着しました。北越号はJR東日本の新潟車両センターに所属する485系が使用されますが、いわゆる「上沼垂色」と呼ばれる1000番台とリニューアルされた3000番台の2タイプが主に使われます。前日の夕方、金沢駅でちょうど停車していた北越7号には上沼垂色が充当されていましたが、4号は3000番台のリニューアル車が充てられていました。

 一番後ろの自由席に腰を下ろします。車内は空席が目立ちましたが、他の乗客が持つビニール袋には「NEWDAYS」と記されており、どこか親しみを感じてしまいました。現在、新潟市内と北陸本線を結ぶ昼間の列車はこの北越のみなので、長岡での新幹線の乗り継ぎ客も含め、はくたかとともに重要な足と言えそうです。ただ、北陸新幹線開業後にどうなるのかは気になるところですね。

 津幡を過ぎ、北陸新幹線の高架が見えるとすぐに終点金沢に到着しました。

特急北越4号@金沢'09.12.24
リニューアル車が充てられた北越4号(金沢:'09年12月24日)

|

« きょうの出来事(2/13)~開幕! | トップページ | きょうの出来事(2/14)~特筆するようなものはないですが・・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/47565449

この記事へのトラックバック一覧です: セントラム完乗の旅その12~特急北越で金沢へ:

« きょうの出来事(2/13)~開幕! | トップページ | きょうの出来事(2/14)~特筆するようなものはないですが・・・ »