« 今日のランチ | トップページ | きょうの出来事(2/20)~いろいろとありました »

2010.02.20

セントラム完乗の旅その13~最後に乗れた急行型

 昨年末のセントラム完乗の旅も、この記事を持って最終回となりました。北越号で金沢に到着後、小松へ向かうべく普通列車に乗り換えます。次の列車は14時7分発の福井行き354M。今回は413系と419系には乗ることが出来ましたが、まだ急行型には当っていませんでした。最後に乗りたいと思っていましたが、ホームに上がってみると、急行型の車両が停まっていました。

クモハ471-1@金沢'09.12.24
最後のランナーは急行型happy01(金沢:'09年12月24日)

 おまけに最後部は「クモハ471‐1」。昭和37年に製造された車両で、40年を越えてなおも現役で活躍しています。

 松任では後続のサンダーバードを先にやり、14時43分に小松に到着。駅前の郵便局に立ち寄ってから空港行きのバスを待ちます。駅前に降り立って驚いたのは、やはり何といっても近代的な高架駅になっていたことでしょうかね。北陸本線の駅はここ10年ほどで高架化されたり、新しくリニューアル化されたところが多く、近隣の福井駅や金沢駅も大きく様変わりしましたが、ここ小松駅に今から20年近く前の’91年に途中下車したときには、旧駅舎の反対側に大きな工場があったのを記憶しています。その工場は小松市のみならず日本を代表する建設機械メーカーですが、もちろん今も同じところに隣接して建っています。

小松駅舎
整備された小松駅

旧小松駅舎
こちらは高架化前の小松駅。'91年1月。

 そんな小松駅の様子を眺めながら空港行きのバスに乗りこみ、小松空港へと向かいました。

松井看板
小松空港にあった看板。こちらも貴重になるかも・・・。

|

« 今日のランチ | トップページ | きょうの出来事(2/20)~いろいろとありました »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/47617132

この記事へのトラックバック一覧です: セントラム完乗の旅その13~最後に乗れた急行型:

« 今日のランチ | トップページ | きょうの出来事(2/20)~いろいろとありました »