« きょうの出来事(3/23)~眠い! | トップページ | きょうの出来事(3/24)~間に合った »

2010.03.24

【3/20】青春18きっぷの旅2010年春その5 ~静鉄1000系撮影会

 20日の続きです。新蒲原12時3分発の静岡行き1433Mは立ち客も出るほどの混雑でした。幸い、興津でちょうど目の前に座っていた乗客が降りたので、東静岡まで短い間でしたが座って行くことが出来ました。

 こうして12時27分、東静岡に到着。ちょうど昼時だったので、どこかでランチと思いましたが、周辺には全国展開している回転寿司や大型店舗のラーメン店くらいで、しかもどちらも混んでいるとあって、入る気もしませんでした。結局、もう一軒あった韓国料理の店に入りましたが、ランチメニューが最低でも千円以上もし、思わぬ出費となってしまいましたbearing

 これで腹も満たされ、さっそくこの日のミッションである長沼駅構内の車庫へと向かいます。位置関係などを事前にネットで調べてきましたが、何でも判りにくい行程とのことで、無事に辿り着けるか心配でしたが、道沿いに案内板があり、それに従って歩いていくとすぐに静岡鉄道の線路が見え、そこを右折して目指す長沼駅にたどり着きました。

 さっそく会場へと進みます。入るとすぐに、近くにいた社員の方が建物の前にある受付で記帳するよう促され、そこで記帳を済ませました。おととし、ここで行なわれたイベントの時もそういえば受付で記帳した記憶がありますね。こうした鉄道系でのイベントでは時々こうして記帳をお願いされることがありますが、他では東京メトロがこうしたシステムになっていましたね。

 こうしていよいよこの日の主役である1007号と対面します。といっても、すでに会場に入る前からその姿は見えていたんですが、広告のラッピングや3色のラインが入っていない登場時の姿になっておりました。しかも行先表示のところには、現在は設定されていない「急行」の文字が表示されていました。

静鉄1000系@長沼'10.3.20‐1
新製当時の姿に戻された1000系・1007号(長沼:'10年3月20日)

 外観は東急の車両と似ており、地方私鉄ながらこうした大手にも負けない車両を製造していたことにただ驚くばかりですね。最近の地方私鉄は大手で使用されてきた中古の車両を買い取って使用しているところが多いですが、それだけステンレスの車両は長持ちであるのと同時にメンテナンスも十分行なわれているのでしょうね。

 そして1007号の隣には、電車と有蓋車が合わさったデワ1号も展示されていました。

静鉄デワ1号@長沼'10.3.20
静鉄のイベントでは必ずと言っていいほど顔を出すデワ1号

 こうしてあちこち会場内で撮影をし、適当なところで会場を後にいたしました。多少帰りの列車まで時間が出来たので、東海道線と乗換することが出来る草薙までの間で適当に撮影してきました。

静鉄1000系@長沼'10.3.20‐2

静鉄1000系@長沼'10.3.20‐3
(2枚とも)イベントの帰りに撮って来ましたcoldsweats01

 静岡鉄道の旅客車両も、今回ご紹介した1000系一形式のみで、車両派にとっては幾分物足りなさを感じてしまうかもしれません。しかし、それぞれ広告がラッピングされていたり青とオレンジのコーポレートカラーが入っていたりとバラエティに富んでいますね。

 これで無事予定を済ませ、草薙からは東海道線の上り列車に乗って後にしました。

|

« きょうの出来事(3/23)~眠い! | トップページ | きょうの出来事(3/24)~間に合った »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/47900002

この記事へのトラックバック一覧です: 【3/20】青春18きっぷの旅2010年春その5 ~静鉄1000系撮影会:

« きょうの出来事(3/23)~眠い! | トップページ | きょうの出来事(3/24)~間に合った »