« 宮原通信(5/8)~澄み渡る朝の空 | トップページ | 宮原通信(5/9)~平穏な日曜日 »

2010.05.09

【5/1】京成沿線を散策する

 GWの連休初日、直前まで予定が定まらずどこへ行こうか決められずにいましたが、当日は行楽日和でどこかへ行きたい気分でした。とりあえず高崎線の上野行きに乗り込み、尾久を過ぎたあたりでふと車窓を見ていたら、視線の先に一際のっぽな構造物が見えてきました。最近話題の東京スカイツリーでしたが、さすがに連休中は業平橋や浅草周辺は多くの観光客でごった返していると思い、そこへ行く気にはなれませんでした。しかしそろそろ予定を決めなければならず、上野駅で食事を済ませた後、日暮里まで移動して京成に乗り換えました。

 ここ最近、京成沿線には足を踏み入れておらず、久しぶりにスカイライナーでも撮影したいと思い、京成関屋で下車。荒川の土手から狙うことにしました。好天の中、河原の土手でのんびり過ごしながらスカイライナーを待ちましたが、小さいながらもスカイツリーを見ることができました。

京成AE100形@京成関屋'10.5.1
五月晴れの中、荒川を渡るスカイライナー(堀切菖蒲園・京成関屋:'10年5月1日)

京成3600形@京成関屋'10.5.1
話題の東京スカイツリーも見えます

 京成関屋から再び列車に乗り込み、高砂へ。この後は7月の開業が迫る成田スカイアクセスの試運転が行なわれている北総線へと向かいます。試運転列車の様子をどこで見ようかと考えましたが、高砂を出てすぐに金町線に入っていたリバイバルカラーの3324編成とそれ違ったため、帰りに乗りたいと思い、次の新柴又で降りることにしました。 列車から降りるとさっそく反対側のホームに列車が近づいてきました。成田スカイアクセスの開業に向けて新造された3050形でしたが、この車両を見るのは今回が初めてでした。既存の3000形とスタイルは同じですが、正面に描かれた旅客機のイラストが特徴的ですね。

京成3050形@新柴又'10.5.1
開業に向けて北総線内では試運転が真っ盛り(新柴又:'10年5月1日)

 試運転列車は定期列車の合間を縫って運転されていましたが、今回は残念ながら新型スカイライナーには会うことが出来ませんでした。こちらもまだ実車を見ていないので今回会えるかどうか楽しみにしていましたが、結局3本の試運転列車を見たところでこの場を後にしました。

 ここから金町線の柴又駅までは約15分ほど。柴又駅周辺は多くの観光客で賑わっていましたが、その合間を縫って金町方面行きホームへとやってきました。やがて、先ほど北総線の車両の中でそれ違った3324編成が高砂から到着。わずか数分で金町へと到着しました。

京成3300形@京成金町'10.5.1
金町線に入っていたリバイバルカラー3324編成(京成金町:'10年5月1日)

 金町からは常磐緩行線に乗り換え。北千住へと向かいました。

|

« 宮原通信(5/8)~澄み渡る朝の空 | トップページ | 宮原通信(5/9)~平穏な日曜日 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/48313978

この記事へのトラックバック一覧です: 【5/1】京成沿線を散策する:

« 宮原通信(5/8)~澄み渡る朝の空 | トップページ | 宮原通信(5/9)~平穏な日曜日 »