« 宮原通信(5/23)~何もない1日 | トップページ | 宮原通信(5/25)~定時運行の有り難さ »

2010.05.24

【5/18】大宮決戦を観戦~埼玉西武対東京ヤクルト

 県営大宮球場でのプロ野球公式戦も3年目。おととしはブラゼル(現・阪神)の目が覚めるようなホームランなどでライオンズが勝利した試合を観戦いたしましたが、去年は8月のファイターズ戦の1試合しか観戦することができず、しかもエース涌井を立てながら敗れてしまうという残念な結果となってしまいましたweep。今年はここまでパ・リーグの首位と上々の成績を残しており、快調な滑り出しを見せたライオンズの戦いぶりを観たいと思い、大宮決戦の第1ラウンドを観てまいりました。

 今回は事前に観戦チケットを用意しておきましたが、弁当が付いた企画チケットにしてみました。弁当は片岡、栗山、中島、中村の4選手がプロデュースしたものの中から一つ選ぶというもので、今回は”おかわり”こと中村選手の弁当をチョイスしました。

 5時半近くに球場に到着し、さっそく弁当の引き換えをしようとしましたが、引き換え場所がわからず、係りの人に聞いて何とか引き換えることができました。最初は弁当を売っている売店で聞いたんですが、ここでは引き換えはできないとのことで、入場門を一旦出てすぐの受付が引き換え場所でしたが、場所の位置とかがわからずこの点はちょっと不満がありましたね。

 これで何とか弁当も手に入れることができ、スタンドへとやってきました。まずは上田・埼玉県知事による始球式が行なわれ、1回表に守備に付くライオンズの選手がフィールドに散っていきました。

スコアボード@県営大宮球場
この日のスターティングオーダー

 ライオンズが岸、スワローズが館山という先発投手で試合開始。さっそく中村弁当をいただくことに。「KING中村丼」と銘打った弁当の中身はナムルをまぶしたご飯の上に牛肉が乗ったものでしたが、量は名前の割に少なめなのがちょっと残念でしたね。まあ、あまり大盛でもちょっと苦しいところではありましたが・・・。

中村丼1
中村選手プロデュースの丼弁当

中村丼2
その中身。意外とヘルシー系でしたhappy01

 序盤から両投手の緊迫した投げ合いを展開し、なかなか点が入りませんでしたが、ライオンズの方はランナーを出すものの、館山投手の緩急を使った投球に戸惑っていたのか、なかなか得点に繋がりませんでした。

 試合が動いたのは6回裏。ランナー1、2塁で5番のブラウンがセンターへ目が覚めるようなクリーンヒット。これがタイムリーとなって、ようやくライオンズに1点が入りました。

得点シーン
ブラウンのタイムリーでようやく1点!

 その後も両投手の好投が続き、最後は今年からライオンズのストッパーとして加入したシコースキーがランナーを出したものの0点に押さえて試合終了となりました。

ハイタッチ
シコースキーが締め、ハイタッチでお出迎え

スコアボード2
この日の試合結果

 勝利投手は岸。岸投手の登板する試合を去年おととしと観戦していましたが、いずれも勝利投手になれず、3度目の正直でようやく勝つことが出来ました。一方、敗れたスワローズの館山投手も緩急を使った投球はなかなか見ごたえがありましたね。

 次回は来月30日にファイターズ戦がここ大宮で行われますが、観戦に行けるかどうか、まだ調整中であります。

関連記事
 ・まさつぐ様

|

« 宮原通信(5/23)~何もない1日 | トップページ | 宮原通信(5/25)~定時運行の有り難さ »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/48448327

この記事へのトラックバック一覧です: 【5/18】大宮決戦を観戦~埼玉西武対東京ヤクルト:

« 宮原通信(5/23)~何もない1日 | トップページ | 宮原通信(5/25)~定時運行の有り難さ »