« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.31

宮原通信(7/31・早朝の部)~薄曇りの中

 7月最後の日。今朝は薄っすらと雲が立ち込めていて、雨が降りそうな天気でした。幸い雨は降りませんでしたが、突然の天気の変化もあるので、傘は手放せないですねsprinkle

 週末の朝の”お勤め”ということで、今朝も上りの貨物からスタートです。

EF65-1076@宮原'10.7.31
今朝もコイツからスタートでしたが・・・

 それにしても、暗いですねぇcoldsweats01。冬場はこんなもんなんですが、時間が経てば明るくなるであろうと期待し、続くくじらなみの送り込みを待ちます。

183系@宮原'10.7.31
この送り込みも来週まで

 この後は能登ですが、今朝は下りの貨物の方が早くやってきました。ところが先頭にはEF64の原色ガマである1006号機が立ちました。

EF64-1006@宮原'10.7.31-1
64の原色ガマが登場!

 これまでのパターンだと、11時過ぎに通過する上りの貨物の先頭に立つので、この後見逃せませんね。

 その原色ガマの貨物と入れ替わるように能登がやってきました。もう少しで被ってしまうところでしたが、何とか交わしてくれましたねcoldsweats01

急行能登@宮原'10.7.31
危うく被られるところでしたcoldsweats01

 最後はやはりあけぼのでしたが、ちょっと失敗したのでトリミングして報告します。ここ数日失敗続きなので、明日はうまく撮りたいですね。

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.31
トリミングさせていただきましたcoldsweats01

 ここで一旦帰宅。1時間後、快速たんばらラベンダー号を撮影すべく、午前の部へと入っていきますが、ひとまずここで切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.30

宮原通信(7/30)~今夜は花火大会

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.30

 今夜は大宮で花火大会がありました。ベランダから撮影していたんですけど、今年はうまく撮れていないようでして・・・coldsweats01。ほんと、花火の撮影は難しいですね。

 まだ画像の整理が出来ていないので何とも言えないですけど、ましなのがあれば載せようかと思います。もし何もなかったら、今年はしくじったということで・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森・函館フリーきっぷの旅その7~浅虫温泉で一風呂

 先月の青森の旅の続きになりますが、これが最後となります。青森市内へ向かう路線バスは定刻より少し遅れて到着しました。手持ちに前回利用したバスカードがあったので、これをカードリーダーに通して乗り込みました。いくら入っているのか全く記憶になかったので乗れるかどうか心配でしたが、幸い500円以上残っていて十分青森市内まで行ける運賃でした。

青森市営バス'10.6.14
帰りはバスで青森市内へ

 バスは奥羽本線とほぼ平行するするように走行し、やがて建設中の新青森駅の建物を見ながら青森市内へと入っていきました。青森駅の南側に架かる陸橋を渡ると、”青森市民の台所”古川市場の近くに差し掛かり、この近くのバス停で降りることにしました。

 1時間ほど周辺の郵便局を巡り、元の桟橋に停泊する八甲田丸の周辺へ行って見ました。船の中は昔一度入ったことがあったので今回はパスしましたが、それ以上に休憩所として置かれたボロボロのキハ58形の車体が気になりました。長いこと使われていないらしく、一部雑草が車内から生えていて荒れ放題でしたが、今となっては本線上では僅かとなってしまった車両だけに、ボロボロの車体は見るに耐えない状況でしたね。

キハ58形留置車両
八甲田丸の前に鎮座するボロボロの車体wobbly

 こうしていよいよ青森駅を後にしますが、次の目的地は浅虫温泉で、昼頃の八戸行き普通列車に乗り込みます。すると、隣のホームに白地に赤と青のストライプが入った車両が到着したので降りてみると、秋田からやってきた特急かもしか1号でした。特急つがると共に今回乗ることができなかった列車の一つです。

485系@青森'10.6.14
秋田からやってきたかもしか1号(青森:'10年6月14日)

 弘前行き普通列車572Mは11時59分に青森を発車。20分ほどで浅虫温泉に到着しました。ここで3時間ほど時間があるので食事をしたり温泉に入ったりと、この旅で初めて”観光”をすることが出来そうですがcoldsweats01、如何せん腹が減っていたためまずは食事をすることに。向かったのは、駅から歩いて5分くらいのところにある「鶴亀屋食堂」というお店。ちょっと前にTVの旅番組で紹介されていたのを出かける直前に思い出したんですが、大盛りのマグロ丼がお値打ちで食べられるとのことで期待をしていました。ところが漁獲量の影響でマグロの値段が上がっているそうで、モノ自体はあるもののお値段は決してお値打ちというわけには行きませんでしたweep。やむなく魚フライの定食を注文。何の魚かは確認できませんでしたが、こちらもなかなかの量で食べ応えがありました。

魚天ぷら定食@鶴亀屋食堂
名物マグロ丼の代わりに頼んだ天ぷら定食

 この後、近くの線路脇で1時間ほど撮影タイムとしました。主に定期のスーパー白鳥やつがるがメインでしたが、こちらも12月の新幹線開業の暁には青い森鉄道へ転換され、それに伴いこれら特急列車は新青森止まりへとシフトされることになるので、ここで特急列車を見ることが出来るのも残り僅かですね。

789系@浅虫温泉'10.6.14

E751系@浅虫温泉'10.6.14

485系@浅虫温泉'10.6.14
(3枚とも)3種類の車両の特急列車と対面しました(浅虫温泉:'10年6月14日)

 残りの1時間は温泉に浸かりたいと思い、駅前の温泉併設の道の駅へ。ところが運が悪いことにこの日から館内の整備を行うとのことでお休みでしたweep。おそらくハイシーズンへ向けての準備もあったんでしょうが、シーズンオフの旅はこうしたところもあったりするので、良し悪しがありますね。

 幸い、線路を渡った反対側に共同浴場が一軒やっているとのことで、10分ほど歩いて辿り着きました。

 以前浅虫温泉に来た時も共同浴場に入ったんですが、中の様子はおろか場所も記憶に残っていませんでした。おそらく同じ施設と思われますが、洗い場には数名の地元の方がのんびりと温泉で体を流していました。こうした生活に根付いた共同浴場に入るのもずいぶんと久しぶりな気がしましたね。

松の湯@浅虫温泉
共同浴場「松の湯」で一風呂浴びましたspa

 こうして再び浅虫温泉駅へと戻り、いよいよ帰りの途につきます。15時4分発のスーパー白鳥22号は数分遅れで到着。シーズンオフのせいもあって自由席はガラガラでした。途中、駅構内に防雪林が広がる野辺地に停車しましたが、それ以上にかつてここから七戸まで延びていた南部縦貫鉄道を思い出します。あの小ぢんまりしたレールバスが今にもやってきそうな雰囲気でしたが、防雪林の手前にあったはずの乗り場は跡形もなく取り払われ、それを思わせるような遺構は見当たりませんでした。

南部縦貫キハ101@野辺地'92.8
在りし日のレールバス(野辺地:'92年7月)

 列車は多少遅れを取り戻して八戸に到着。しかし息つく間はなく、すぐに新幹線乗り場へと向かい、16時6分発のはやて22号に乗り込みました。八戸を出て2時間半、行くときは一晩かけて青森へと向かったのに、帰りはあっという間に大宮に到着。こうして今回の旅は終了しました。

はやて22号@八戸'10.6.14
はやて号に乗り、今回の旅は終わりました・・・(八戸:'10年6月14日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.29

宮原通信(7/29)~過ごしやすかったですが・・・

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.29

 久しぶりに雨が降ったこともあって、ここ数日の猛暑からは解放されました。しかし風が強かったですねtyphoon。明日も雨の1日になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森・函館フリーきっぷの旅その6~青森近郊撮影記

 青森への旅もまだ完結していませんが、ようやく書ける状況になりましたので、続けたいと思います。6月14日の朝5時過ぎに目が覚め、手短に支度を済ませてホテルをチェックインしました。向かった先はもちろん青森駅。前の日の晩は3本の夜行列車を中心にあれこれ撮影していましたが、今度は札幌からやってくるはまなすを狙ってみます。

 ホームへ通じる長い跨線橋を通り抜けると、前日新潟からやってきた上沼垂色の485系が新潟行きいなほ8号として出発を待っていました。この列車はかつての白鳥のスジをほぼ引き継いだダイヤになっていて、今は区間が短くなったものの日中新潟まで乗り換えなしで行ける唯一の特急列車です。こちらもちょっと興味がありますね。何しろ7時間近くかけて日本海を縦断する列車ですから、一度乗り通してみたいです。

特急いなほ@青森'10.6.14
同じ485系でも表情が違いますねhappy01(青森:'10年6月14日)

 それを撮影しながらホームをうろうろしていると、ED79に牽かれた急行はまなすがゆっくりと到着しました。札幌から一晩かけて到着した14系座席車を見ていると、改めて往年の急行列車の雰囲気をそのまま残していますね。こちらも乗ってみたいものです。

急行はまなす@青森'10.6.14
札幌から到着した急行はまなす(青森:'10年6月14日)

 さてこの後ですが、朝のうちに到着する2本の夜行列車を撮影するため、奥羽本線上りの普通列車に乗って鶴ヶ坂を目指します。すでに6時12分発の弘前行きはホームに入っていて、さっそく列車に乗り込みました。するとホームの隣に広がる引込線の中を青いEF510形が24系客車を引っぱってやってきました。発車までまだ時間があったので、列車から降りて撮影しました。

EF510-503@青森'10.6.14
いきなりEF510と対面happy01(青森:'10年6月14日)

 実は前日の夕方にも24系客車を引っぱったEF510形が青森駅の構内を行き来していて、そのときはうまく撮影することが出来ませんでしたが、今度はすぐ目の前に止まってくれたので、バッチリでしたねhappy01

 これで再び弘前行き普通列車に乗り込みますが、隣のホームに停車中のいなほ8号がまだ発車していませんでした。どうも奥羽本線内で信号トラブルがあったとかで、発車が遅れるとのことでした。この後のこともあり、このときはどうなるか心配でしたが、定刻よりも10分ほど遅れて青森駅を発車しました。

 薄曇りの中、列車は鶴ヶ坂に到着。昔、青森に向かう普通列車に乗って上り列車との交換待ちをした際に駅前に降りたことがありましたが、これといって店舗のない駅前は当時とそれほど変わっていない様子でしたね。その無人の鶴ヶ坂駅をバックに弘前方面へ歩いて15分ほどのところが撮影地です。ここは撮影地サイトにも紹介されていて、駅から徒歩圏で行ける手ごろな場所ですが、先客のお一方の近くに陣を構えました。

 日本海が来るまではまだ1時間ほどあったので、E751系特急つがるや701系を試し撮りしながら時間を潰します。到着した時は今にも雨が降りそうな空模様だったのが、徐々に雲が晴れてきて明るくなりましたsun

特急つがる@鶴ヶ坂'10.6.14
鶴ヶ坂駅から徒歩圏内で行ける場所で列車を待ちます(鶴ヶ坂・大釈迦間:'10年6月14日)

 こうして8時過ぎ、まず最初の1本目、日本海がやってきました。あけぼのと車体は同じ青なんですが、引っぱっている機関車が関東では馴染みのないピンクのEF81なので、違った雰囲気を醸し出していますね。

寝台特急日本海@鶴ヶ坂'10.6.14-1

寝台特急日本海@鶴ヶ坂'10.6.14-2
(2枚とも)まず最初の1本目をゲット!(大釈迦・鶴ヶ坂間:'10年6月14日)

 この後、あけぼのまでまた1時間ほど待つことになりますが、青森方面から快速五能線海彦山彦号がやってきました。文字通り五能線へ直通する快速列車で、時期によってはリゾートしらかみ号が運転されるスジですが、やってきた車両が首都圏色のキハ40系でした。このカラーを見ることが出来たのは思わぬ収穫でしたが、他にもやはり五能線からやってきた青森行き快速や赤い車体のEF510形牽引の貨物といった列車を撮影することができました。

快速海彦山彦号@鶴ヶ坂'10.6.14
ここで首都圏色を見るとは想定外でしたhappy01

キハ40形@鶴ヶ坂'10.6.14
五能線からの直通列車(大釈迦・鶴ヶ坂間:'10年6月14日)

EF510-14@鶴ヶ坂'10.6.14
”レッドサンダー”も撮れましたthunder

 こうして9時半過ぎ、いよいよ最後のお目当てであるあけぼのが接近。前の日同様、ほぼ定刻に抜けていきました。

寝台特急あけぼの@鶴ヶ坂'10.6.14-1

寝台特急あけぼの@鶴ヶ坂'10.6.14-2
(2枚とも)ここでも最後はこの列車でしたhappy01(大釈迦・鶴ヶ坂間:'10年6月14日)

 最終的には撮影者は5、6人ほどに増えましたが、天気にも恵まれてのんびりとした撮影となりました。

 さてこの後は青森市内へと戻りますが、すぐ目の前に青森行き市営バスの停留所があり、首尾よく9時49分発の青森行きがあったので、これに乗って一気に青森市内へ向かうことにしました。ただちょっと長くなってきましたので、ここで一旦切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.28

宮原通信(7/28)~こちらは

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.28

 今朝のあけぼのです。1051号機担当でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮原通信(7/25)~1日地元で

 まる1日イベントで動き回った24日とは対照的に翌25日は地元でのんびりと過ごしました。まずはいつもの朝のお勤めから。前の日に比べるとネタ的にはおとなしめでした。

EF65-1086@宮原'10.7.25
貫通扉の”ハゲ”が気になる1086号機

183系@宮原'10.7.25
くじらなみの送り込み

急行能登@宮原'10.7.25
能登はほぼ定刻に動いていました

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.25
あけぼのもほぼ時間通りでしたhappy01

 これで早朝の部は終わり。1時間後、今度は2本の臨時列車を狙います。3週に渡って撮影した華もこの日が最後となりました。

快速お座敷甲州もも狩り号@宮原'10.7.25
この列車もこの日が最終日でした

快速たんばらラベンダー号@宮原'10.7.25-1
こちらは来週も運転されます

 これで朝の部は終わり。昼間はいつもの貨物狙いでしたが、夕方4時過ぎにやってくる安中貨物はこの日は運休でした。

EF64-1035@宮原'10.7.25
面倒なので紹介するのこれ1本だけ・・・coldsweats01

 夕方は上りのたんばらラベンダーを。しかし6時過ぎに雨が降ってきてしまったため、かなり薄暗い中での撮影となってしまいましたweep

快速たんばらラベンダー号@宮原'10.7.25-2
雨の中での撮影となってしまいましたrain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.27

宮原通信(7/27)~何もなし

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.27

 今日は1日大きな出来事もなく、平穏に終わりました。敢えて書くことといえば、1日遅れの丑の日だったことでしょうか(笑)。自宅でおいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/24】高崎車両まつりの後はたんばらラベンダー号に乗車

 先週土曜日の続きです。川越線の列車で大宮に到着後、立ち食いそばの店で昼食を摂ってから12時25分発の特急水上号を待ちます。高崎までだったらなるべく節約をしたいため片道は特急の利用は避けたいところでしたが、この時点で普通列車に乗ったのでは2時近くになってしまい遅くなってしまうことから、900円の出費をしたところ。多少時間があったので軽く駅撮りをしていたら、リゾートエクスプレスゆうが11番線に入ってきました。これもまだ乗ったことがない車両の一つですね。

485系@大宮'10.7.24
リゾートエクスプレスゆうがやってきました(大宮:'10年7月24日)

 それからすぐに特急水上5号が到着。混み具合がどうか心配でしたが、その心配も杞憂に終わり、余裕で座ることが出来ました。

 出発してから1時間弱、13時20分に高崎に到着しました。

特急水上@高崎'10.7.24
特急運賃を払って時間を節約wink

 さっそくイベント会場となっている駅の上野寄り、高崎車両センターへ向かいます。高崎へやってきたのは、この日行われたイベント「高崎車両まつり」を見るためでしたが、構内に入りさっそく車両展示が行なわれている引込線内へと進みます。

 今回は「ムーミン」ことEF55やDD51、それに2台のEF65とEF60の計5台の機関車が展示されていました。EF55を間近で見たのはおととし12月のさよなら運転以来でしたが、車体も思いのほかピカピカで今にも本線上を走りそうな感じでしたね。

EF55-1&DD51-842@高崎車両センター'10.7.24
久しぶりに間近でムーミンを見ました

 他の機関車、特に2台のEF65P形にはヘッドマークが取り付けられ、往年のブルトレの雰囲気を醸し出していました。

車両展示@高崎車両センター'10.7.24
ヘッドマークが取り付けられたEF65P形とEF60

 これらの機関車を見ることが出来、これで高崎へ来た甲斐があったというものですが、何分日中は猛烈な暑さだったため、あまり長時間滞在するのはよろしくないと思い、早々に退散となりましたcoldsweats01

 実はこの後特に予定がありませんでしたが、快速たんばらラベンダー号の指定券を抑えてあり、およそ3時間ほど時間が空いてしまいました。気候が穏やかなときだったらのんびり撮影といくところなんでしょうが、あれだけ猛烈な暑さではそれも厳しいところ。しかしかといってやることもなかったので、とりあえずはホームでいろいろとネタ探しをして見ましたが、ジョイフルトレイン「宴」や115系が来た程度で、正直時間を持て余してしまいましたcoldsweats01

107系&485系@高崎'10.7.24
高崎駅でのネタはこれくらいでしたcoldsweats01

 仕方ないので、両毛線の列車に乗り込み井野へ。時間があればSLを撮りたいところなんですが、そうなるとたんばらラベンダーには間に合わないので、115系を狙ってみます。自分にとっては高崎線や宇都宮線でさんざん乗った115系も今だ高崎周辺では普通に見ることが出来ますね。これもいつまで走るのかはわかりませんが、置き換えられることも考えられるので、出来る限り記憶に残しておきたいところです。

115系@井野'10.7.24
高崎地区で元気に活躍する115系(新前橋・井野間:'10年7月24日)

 結局あまりの暑さで長時間の滞在は危険と思い、4時過ぎに再び高崎に戻ってきました。たんばらラベンダーの発車まで1時間ほど。それまでは駅構内にあったパンやで時間つぶしをしながらホームへ。5時近くに沼田からやってきたたんばらラベンダー号がホームに入線。最後尾の6号車に乗り込みました。

 この日の朝、地元で下り列車を撮影していますが(こちら参照)、何度見ても独特のヘッドライトが何とも強烈なインパクトを与えてくれますねcoldsweats01。車内の方はほぼ満席で、いい乗車率だったようです。

 2対1のゆったりとした座席に揺られること1時間ほど、宮原の一つ手前の上尾でお見送り致しました。

快速たんばらラベンダー号@上尾'10.7.24
今年も乗車した「たんばらラベンダー号」(上尾:'10年7月24日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.26

宮原通信(7/26)~眠いな・・・

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.26

 夕方、家に帰ってきてすぐに風呂に入ったせいか、かなり眠いですsleepy。やることはそれなりにあるんですけど、緊急でもないですし、適当なところで寝るとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/24】川越線開業70周年記念イベント

 今年は川越線が開業して70年目に当たる年ということで、昨日おとといは沿線でさまざまなイベントが催されました。そんな中、記念の入場券も発売されることになり、発売初日であるおとといの朝、大宮駅へと出向きました。

 しかし、2週間前に発売されたN'EXのときに比べると発売部数が多いこともあって、9時ちょっと前に大宮駅に到着すると、前回ほど記念入場券を買う人の行列はそれほど長くはありませんでした。結局9時半の発売開始から10分ほどでブツをゲット。あの状況だったら並ばなくても買えましたね。

川越線開業70周年記念入場券
無事ゲットしましたhappy01

 これで一つ目的を果たし、改札を抜けて川越線の地下ホームへ。10時前に発車する川越行きに乗り込みました。この後は川越車両センターで開催された公開イベントを見てこようと思います。毎年10月に行なわれる公開には去年初めて訪れましたが、例年大々的な告知がないため、半ば幻のイベントの要素が強かったりします。しかし今回は事前にイベントの内容が記されたチラシが大宮駅に置いてありました。

 南古谷駅に到着し、一面田んぼを見ながら川越車両センターへとやってきました。入口で貰った案内図によれば、車両展示は川越線や埼京線で普段使用されている205系やりんかい線の70-000系の展示のみ。後は先ほど大宮駅で買った記念入場券やグッズ、それに特製の弁当の販売という内容で、短時間に用事が済みそうでした。その車両展示ですが、手作り感たっぷりのヘッドマークをつけた3本の205系とりんかい線の70-000系が展示されていました。

205系&りんかい線70-000系@川越車両センター'10.7.24
車両展示は川越線で見慣れた2形式のみ

埼京線HM
かつて使用されたヘッドマークも展示されました

 結局、正味20分ほど滞在して退散と相成りました。南古谷駅へ帰る道すがら、田んぼを突っ切るように伸びる車道の脇に立つ手作りのかかしが何ともユーモラスでしたが、この時間すでに太陽は天高く上がっていて、とてもじっとしていられる状態ではなかったため、名残を惜しみながら駅へと足早に向かいました。

サンタかかし@南古谷
サンタさんも暑そう・・・coldsweats01

 午後からは大宮を経由して一気に高崎へと向かうため、大宮方面行きの列車に乗り込みました。

<おまけ>

 今回のイベントに合わせ、記念おにぎりが川越線沿線のNEWDAYSやKIOSKで販売されました。沿線の川越にちなみ、名物のサツマイモを使用した五穀入りご飯になっていて、ヘルシー感がありましたねhappy01

川越線開業70周年記念おにぎり
イベントに合わせて発売された記念おにぎり

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.07.25

宮原通信(7/24)~ボンネット久々

 1日遅れの報告です。いつも通りやってくると、普段よりギャラリーが多目で、これは何か来るなと思いつつ取り掛かります。上りの貨物→くじらなみの送り込み→急行能登→華の送り込みとここまではここ最近の定番のラインナップでした。

EF65-1075@宮原'10.7.24
昨日もこいつからスタート

183系@宮原'10.7.24
熊谷へ向けて回送中

急行能登@宮原'10.7.24
昨日はK1編成担当でした

485系@宮原'10.7.24-1
華の送り込みも今週まで

 さて、今日は一体何が来るのか。わくドリではないようなので、いろいろと期待が膨らみますが、あけぼのの来る前、上野行き822Mが通過した後にやってきたのは何とこちらでした。

489系@宮原'10.7.24-1

489系@宮原'10.7.24-2
ボンネットが降臨!

 能登が廃止されてから早4ヶ月、1年前は毎日走っていたボンネットも今や注目の的となっています。

 続くあけぼのを撮って、早朝の部は終了となりました。

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.24
パンタがちょっと切れましたなcoldsweats01

 それから1時間後に再び登場。今度は8時過ぎにやってくるいろどりを狙います。まずは先ほど送り込みを撮影した華のお迎え。

快速お座敷甲州もも狩り号@宮原'10.7.24
今週も甲州路へ向けて運転されました

 この後、いろどりが来るまでは65の貨物や特急草津を撮って過ごします。65は原色が来ました。

EF65-1078@宮原'10.7.24
原色の1078号機がやってきました

特急草津@宮原'10.7.24
国鉄時代から走り続けている185系の特急

 8時20分近く、いよいよお目当てのいろどりがやってきました。去年に続いて運転された快速たんばらラベンダー号として沼田を目指します。

快速たんばらラベンダー@宮原'10.7.24
今年もいろどりによる列車が運転されました

 これで”任務”終了となり、大宮へ向けて高崎線に乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/18】ポケモン新幹線&EF81牽引のカシオペア

 先週日曜日の続きです。前の記事でも書いたとおり、午前中は原市沼の古代蓮を見てきましたが、昼前に一旦自宅に戻り、昼食を済ませてから再びお出かけとなりました。猛暑の中、やってきたのは王子。ちょうど1週間前に訪れていますが、その際に見つけた撮影地で今年もスタートしたポケモン新幹線を狙ってみることにします。

 その前に一ヶ所、気になるところがあったので、まずは飛鳥山のスロープカー乗り場へ。過ごしやすい気候だったら乗らなくてもいいんですが、あれだけ気温が高いとなればエアコンが効いているスロープカーのお世話になりたいのが心情というもの。ここは少しだけ楽をさせてもらって山頂へとやってきました。その乗り場付近から眼下に王子駅を見ることかでき、ここから行き交う新幹線の姿も見ることが出来ます。以前ここに来たときにポケモン新幹線を撮影できないかと思っていましたが、望遠を使い流し気味に撮影すれば何とかなりそうでした。

E2系@王子'10.7.18-1
今年もスタートしたポケモン新幹線(大宮・上野間:'10年7月18日)

 続いては、週訪ねた歩道橋へと向かいます。次のポケモン新幹線は東京発の下りでしたが、先ほど飛鳥山山頂で撮影したE2系の車両になります。ここだと前回紹介したとおり、東京スカイツリーとのツーショットが撮影できるところなんですが、かなり車体が潰れた絵になってしまい中途半端になりそうだったので、東京スカイツリーはここはあくまでおまけということにして、ポケモン新幹線に専念して撮影してみました。

E2系@王子'10.7.18-2
東京から戻ってきたポケモン新幹線(上野・大宮間:'10年7月18日)

 撮影後、あまりの暑さに外にいるのもしんどかったので王子駅へ向かっていたら、先日登場した阪堺カラーの都電7500形と対面しました。実は先ほど飛鳥山公園の山頂で新幹線を待っていたときに早稲田方面へ走り去る姿を見ていましたので、もしかしたら折り返しが撮れるんじゃないかと期待していたんですが、あいにく気付いたときには目の前に差し掛かってきたところだったので、後追いで何とか撮影いたしましたcoldsweats01

都電7500形@王子'10.7.18
後追いで何とか撮影した阪堺カラー7500形(王子駅前・栄町:'10年7月18日)

 涼を取るべく駅に隣接するJR直営のコーヒーショップで休憩後、京浜東北線に乗り込み大宮方面へ。まだ3時台と帰るには少し早めでしたが、あのまま外にいたのではあまりに危険と感じ退散した次第。しかし大宮に近づくにつれて落ち着き始めると、そのまま帰るにはもったいないと思うようになりました。あと1時間ほどすればカシオペアが通過する時間だったこともあり、ここはカシオペアを撮影してこの日の活動を終了することにしました。

 沿線にはカシオペア狙いと思われるギャラリーの姿を車内から窺うことができ、新しいカマへの注目も大きいと感じましたが、よく撮影するところであるさいたま新都心駅はまだ誰もいなかったので、ここで待つことにしました。ただ今の時期、夕方4時を過ぎた頃には新都心の高層ビルの影が伸びていて、太陽の光がほんの一部分だけ差し込んでいる程度という条件のあまりよくないところでしたね。そんなわずかに差し込む光線を生かして撮影しようと思った次第です。

 徐々に日が傾く中、いよいよカシオペアの通過時間となりましたが、遠く与野駅付近を通過する銀色の車体が見えてきたと思ったら、様子が違うことに気付きました。よく見ると先頭の機関車がEF510の青い色ではなくて赤でした。「もしや」と思い近づいてくる列車を見ると、なんとEF81が先頭に立っているではないですか・・・。

寝台特急カシオペア@さいたま新都心'10.7.18
かつての牽引機でやってきたカシオペア(浦和・さいたま新都心間:'10年7月18日)

 ちょうどご一緒した方が教えていただいた情報によれば、IGRいわて銀河鉄道線の沼宮内と御堂の間で発生した土砂災害の影響で、この日の下りカシオペアと北斗星が高崎および上越線経由で迂回運転することになり、急遽EF81が牽引することになったそうです。早めに情報が入っていれば、宮原でカシオペアが撮影できたんですが、さすがにこればかりは致し方ないところですね。

 そうなれば、この日は鉄博に来ていた人の中にはカシオペアを館内で見ていたという人もいらっしゃったかもしれませんね。それはそれでかなりレアな体験をしたことになりそうです。

 こうして最後に思わぬハプニングと遭遇することになりましたが、いろいろと収穫のあった1日を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/18】ニューシャトルと原市沼の古代蓮

 3連休の中日、前日あれだけ動き回っていたこともあって、この日は遠出をせず近場で済ませることにしました。実は以前から埼玉新都市交通(ニューシャトル)の沼南駅近くの原市沼で古代蓮の花が咲いているという話を聞いていまして、公式サイトにも古代蓮の花がトップページを飾っていました。ここ最近週末は遠出をすることが多かったので、身軽に足を運んでみました。

 沼南駅から内宿方面へ歩くこと10分足らずで原市沼に到着。入口で有志の方からパンフレットを貰い中へと入ります。満開と言うほどではありませんでしたが、ピンク色の大柄な古代蓮の花がきれいに咲いていました。

古代蓮@原市沼'10.7.18
原市沼に咲く古代蓮の花

 実はすぐ後ろ側が新幹線の高架になっていて、花を見ている間、新幹線やニューシャトルの列車が右へ左へと行き来していました。もちろん古代蓮と列車の撮影もすることも出来、のんびりと撮影してまいりました。とかく無機質な都会の風景になりがちなニューシャトルですけど、こうして古代蓮とツーショットで撮影するとなかなか様になるものですねhappy01

埼玉新都市交通2000系@沼南'10.7.18
ニューシャトルとツーショットでも狙えますhappy01

200系@沼南'10.7.18
新幹線も何とか撮れますcoldsweats01

 古代蓮は8月くらいまで楽しめるそうなので、もう一回くらいは訪ねてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.24

現在地

現在地
現在地
高崎にいますが、あまりの暑さで熱中症が怖く、日陰に退散してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
今日は
大宮駅で記念入場券を買った後、川越車両センターのイベントへ。埼京の205とりんかいの車両展示を見た後、高崎へ向けて移動中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.23

宮原通信(7/23)~明日は大忙し

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.23

 といっても、”鉄”の方なんですけど・・・coldsweats01。途中、特急でワープすることになりそうです。

 ただ、ここ数日暑い日が続くので、熱中症は気をつけないといけませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/17】成田スカイアクセス開業その3~新型スカイライナー初乗車

京成AE形@成田空港'10.7.17-1
”撮り鉄”の後は”乗り鉄”しますhappy01

 成田スカイアクセス初乗車の報告もこれが最後の仕上げとなります。

続きを読む "【7/17】成田スカイアクセス開業その3~新型スカイライナー初乗車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.22

宮原通信(7/22)~今日も暑い

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.22

 今日も暑い1日でありました。外へ出るのが億劫なほどですが、今週も残り1日。明日1日乗り越えて週末に備えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/17】成田スカイアクセス開業その2~新線区間乗り潰し

 成田スカイアクセス開業の日の続きです。羽田空港駅地下ホームへ降り、品川方面を目指します。とにかく時間には余裕があったので、どのように成田空港へ行こうか迷うくらいですが、とりあえずは品川までノンストップの成田空港行き快特に乗り込みます。やってきたのは京急の600形でした。

京急602-1@羽田空港'10.7.17
そのまま乗れば目的達成ですが・・・coldsweats01

 成田空港行き快特は羽田空港を発車し、空港線内から京急蒲田を通過して本線へと入っていきます。ここを通過するのは今回で2回目ですが、正直品川までノンストップというのは空港から都心へ向かう時には便利ですね。

 もちろんそのまま成田空港まで乗り通すのも手でしたが、さすがにそれでは時間が余ってしまうので、ひとまず品川で下車しました。駅の時刻表を見たら、次の快特まではおよそ30分ほどあったので、行き交う列車を撮影して見ることにします。さまざまなタイプの車両が行き交う中、やはり目が行くのは成田スカイアクセス向けに登場した京成の3050形ですね。試運転列車を以前撮影していますが、ここでは羽田空港行きの快特を撮影することが出来ました。

京成3050形@品川'10.7.17
成田スカイアクセス開業に向けて製造された3050形(品川:'10年7月17日)

北総9100形@品川'10.7.17
おまけその1~3050形と入れ替わりでやってきた北総”シーフライヤー”9100形

京急2100形@品川'10.7.17
おまけその2~”ブルスカ”もやってきました

 こうして30分ほど後にやってきた快特に乗り込み、都営線内を一気に通り抜けて京成線内へとやってきました。一旦京成高砂で下車してみることにしましたが、乗ってきた京急600形の先頭に表示された種別には「アクセス特急」の文字が記されていました。

京急601-1@京成高砂'10.7.17
「アクセス特急」の種別が記されていました(京成高砂:'10年7月17日)

 余裕があればホーム上野寄りの先端で行き交う列車を撮影したいところでしたが、さすがに撮影地として名が知れているとあって多くのギャラリーで埋め尽くされた状態でしたcoldsweats01。とりあえず改札を出てみることに。出札窓口の脇にはすでに記念乗車券の類が全て完売した旨の案内が出ていたので、代わりに北総線内が1日乗り降り自由となる「ほくそうサマーフェスタきっぷ」を記念に1枚購入しました。一応「成田スカイアクセス開業記念」の文字も入っているし、新線区間は含まれないものの既存の北総線内は乗り降りできるので、どこかで撮影しようと思いました。

 ところでここ京成高砂駅付近は高架化工事が真っ盛りで、本線に先駆けて金町線のホームが先に高架化されることになりました。今回は時間の都合でその様子を見ることは出来ませんでしたが、いずれ近いうちに訪ねてみたいと思います。

 後続の印旛日本医大行きに乗り込み、北総線内へと入っていきます。線内でまずは新型スカイライナーを撮影したいと思いどこで狙うかあれこれ考えましたが、以前撮影したことのある新柴又で撮影することにしました。すでに時間は正午近くで、気温もぐんぐんと高くなっていた中、上野方面から新型スカイライナーAE形がやってきました。

京成AE形@新柴又'10.7.17-1
新型スカイライナーと初対面(新柴又:'10年7月17日)

 これまで写真でしか見たことがなく、これが自分の目で見た最初となりましたが、それまでのAE100形に比べると洗練された印象がありますね。

 ここでは上野行きのスカイライナーや先ほど品川で見た3050形も撮影できました。

京成AE形@新柴又'10.7.17-2

京成3050形@新柴又'10.7.17
成田スカイアクセスの主役たち(新柴又:'10年7月17日)

 ひとまず満足したところで後続の列車に乗り込み、先を目指します。さてフリーきっぷをせっかく手にしたのでこれを有効に使わない手はないところ。どこで降りようか、あれこれ考えたところ、去年訪れた白井駅を思い出し下車。成田寄りの歩道橋へと向かいました。2名ほど先客がいて、その脇で列車を待っていると、成田空港からやってきたスカイライナーが通過していきました。

京成AE形@白井'10.7.17
ここでも新型スカイライナーと対面(白井:'10年7月17日)

 ここでは30分ほど滞在し、1時半前の印旛日本医大行きに乗り込みました。やってきたのは北総の9000形。比較的地味な存在で2本だけの存在ですが、これが来ると何だか得した気分になるんですね。

北総9000形@千葉ニュータウン中央'10.7.17
9000形にも対面できました(千葉ニュータウン中央:'10年7月17日)

 その9000形を千葉ニュータウン中央駅で見送り、ここからいよいよ成田空港まで移動することにします。すぐに後続の快特成田空港行きが到着。ここでようやく3050形に乗ることが出来ました。列車は平成7年に開業した印材牧の原を通過、平成12年7月に開業した印旛日本医大に停車した後、いよいよ新線区間へと入っていきます。しばらくすると広大な田園風景の中を突き抜けるように高架区間を走る様子が窺えました。そして印旛沼や遠く筑波山も車窓に見えてきましたが、この辺りはつくばエクスプレスの車窓に通じるものを感じますね。

 印旛沼を過ぎたあたりで減速し始め、列車は成田湯川駅に到着しました。開業区間内唯一の新駅で、対面式のホームの間にはスカイライナーが通過する際に使用される通過線が敷かれていました。今回は時間の都合で下車して駅の様子を見ることは出来ませんでしたが、すぐ近くを成田線が併走しており、ここもいずれ様子を見に訪ねてみたいところです。

成田山新勝寺'10.7.17
成田山新勝寺も車窓から見えます

 こうして成田山新勝寺を見ながら列車は空港第2ビル駅の手前で本線と合流。終点の成田空港駅に到着しました。

成田空港駅名板
無事完乗しましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.21

宮原通信(7/20・21)~2日まとめて

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.20
昨日は1031号機

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.21
今朝は1051号機

 昨日の分をアップできなかったので、今日の分と合わせて報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/17】成田スカイアクセス開業その1~羽田までのアプローチ

 先週の土曜日は待ちに待った成田スカイアクセスの開業日。こちらで書いたとおり、いつもの”朝錬”を地元で行った後、後続の上野行きに乗り込みました。そのまま行けば尾久へ引き上げる前のあけぼのが撮影できるので、上野到着後すぐに13番線ホームへ。手短に撮影していると、石川啄木の歌碑がある辺りで何やらセレモニーが行われているのが見えました。そういえばあいづ号の運転初日だったと思い出し、ここは撮影していくことにしました。

 15番線ホームにはすでに赤い485系が停車していて、先頭車付近には多くのギャラリーが集まっていました。今回は全くのノーマーク状態でしたがcoldsweats01、近々改めて撮影しに行こうと思っています。

寝台特急あけぼの@上野'10.7.17
長旅を終えた「あけぼの」

特急あいづ@上野'10.7.17
こちらは会津若松へ向けて旅立つ「あいづ」

 まだ朝食を食べていなかったので、駅構内で済ませた後、京浜東北線に乗って浜松町へやってきました。ここからモノレールに乗り換えて羽田空港を目指しますが、時間に余裕があったので、大井競馬場前で途中下車。行き交うモノレールを撮影することにしました。ちょうど1年前にこの付近でポケモンモノレールを中心に撮影しましたが、ポケモンモノレールの運行ダイヤを把握しておらず、待っている間はやってきませんでした。

東京モノレール1000形@大井競馬場前'10.7.17
京浜運河を走るモノレール(天王洲アイル・大井競馬場前間:'10年7月17日)

 諦めてホームへ上がり羽田空港方面の列車を待つことにしましたが、ホームに上がってすぐに羽田空港方面から品川行きが入ってきたので見てみたら、これがお目当てのポケモンモノレールでした。もうちょっと待っていたら運河越しに撮影できたんですが、今回はこちらはおまけなので、別の機会に改めて再訪したいと思います。

東京モノレール1000形@大井競馬場前'10.7.17-2
最後に出会えたポケモンモノレール(大井競馬場前:'10年7月17日)

 羽田空港第1ビル行き区間快速に乗り込み天空橋を過ぎると、建設中の羽田空港国際線ビル駅を通過しました。そういえばこの付近は4月に線路の付け替え工事が行われ、新たなルートで運行されることになりましたが、今回がこの区間に乗るのは初めてでした。国際線ターミナルが開港する10月に合わせてこの駅も開業するので、その折には再訪することになりそうですね。

 こうして羽田空港第1ビル駅に到着。この後は京急線を経由して成田空港を目指しますが、せっかく空港へ来たので、送迎デッキで旅客機の行き交う様子を見ていくことにしました。さまざまな機種が行き交う中で一番に目が行くのは、やはり"ジャンボジェット”ことボーイング747ですね。767や777が幅を利かせる中、徐々に数を減らしつつあるものの、旅客機らしい風格を感じさせてくれます。

NHボーイング747-400@羽田空港'10.7.17

JLボーイング747-400@羽田空港'10.7.17
(2枚とも)ANA、JAL両社のジャンボ機と対面

 そのジャンボジェットが立て続けに離陸するところを見た後、地下の京急線乗り場へと移動しましたが、長くなってきたので、ここからは次の記事で書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.20

宮原通信(7/19)~1日くらい地元で

 3連休の最終日だった昨日は地元でのんびり過ごしました。2日間出ていたので、1日くらいは自宅中心に過ごさないとさすがに体が持たないですからねcoldsweats01

 昨日の朝は貨物が来なかったのを除けば、この3連休のラインナップとほとんど変わらない内容でした。それだけ特筆するネタがなかったとも言えるんですけど、まあ前の2日間があれこれネタが豊富だったので、最終日ともなるとちょっと落ち着きますかね?

 ここでは一気に紹介します。

183系@宮原'10.7.19
くじらなみの送り込み

急行能登@宮原'10.7.19
続けて国鉄カラーと会いましたhappy01

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.19

 これで朝の部はおしまい。続いてやってきた時は午後2時前でした。ここでは臨時特急草津52号を待ちます。週末になると臨時列車として運行され、盛況ぶりが感じられる草津号ですが、午後2時過ぎに宮原を通過する草津52号について時刻表を見ていたら、7月19日はグリーン車がない旨表記がありました。おそらくはOM所属の183系あたりが使われると想像していましたが、通過30分ほど前から現地で撮影していたら、勝田車所属の485系がやってきました。もちろんここで撮影するのは初めてでしたね。

485系@宮原'10.7.19
これは想像していませんでした・・・

 その直後、お目当ての草津52号が通過していきました。特製のヘッドマークでもと思っていましたが、「特急」と書かれたシンプルなものでした。

特急草津52号@宮原'10.7.19
183系を使用した特急草津52号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/16】ネタ探しのミニトリップ~EF510北斗星、伊勢崎線全通100周年など

 先週の頭は仕事関係でいろいろとバタバタしていて、週末近くになってかなりお疲れモードとなってきました。幸い金曜日に休みが取れたので、近場を中心にブラブラとネタ探しをすることにいたしました。

 通勤ラッシュが過ぎた8時半過ぎに大宮駅へとやってきましたが、そういえば北斗星のカマが14日からEF510に変わったことを思い出したので、ここは一つ撮影していくことにしました。近いうちに撮りたいとは思っていたんですが、おそらくこの連休中はどこも芋洗い状態になりそうだったし、幸い平日だったせいでギャラリーも少なめでした。それでも徐々に自分の周りにはギャラリーが増えていき、到着時間となる9時12分近くにはなかなか賑やかでしたね。そんな中、真新しい青い機関車を先頭に北斗星がやってまいりました。

寝台特急北斗星@大宮'10.7.16
EF510牽引の北斗星と初対面!(大宮:'10年7月16日)

 北斗星のヘッドマークを付けたEF510もなかなか様になっているなというのが印象でしたねhappy01

 この後やってくる湘南新宿ラインの逗子行きに乗って池袋へ行き、有楽町線に乗り換えました。向かった先は麹町。厳密には半蔵門になるんですが、日本カメラ博物館に隣接するJCIIフォトサロンで開催中の鉄道写真家・の広田尚敬氏の写真展を鑑賞してきました。展示されていたのは、氏が今から50年近く前に撮影したSLの写真が中心で、写真の中から伝わってくるSLの躍動感を感じながら鑑賞することが出来ました。

 売店で図録を購入し、帰りは半蔵門駅から半蔵門線に乗って神保町へ。ここで都営新宿線に乗り換えて岩本町にやってきました。ちょうど昼時に差し掛かったので、秋葉原でランチを食べた後、家電量販店で買い物をしてから日比谷線に乗り込みました。北千住を過ぎ、東武伊勢崎線の五反野で下車。この後はりょうもう号に取り付けられた伊勢崎線全通100周年記念のヘッドマーク付き編成を撮影します。

 ホームから東京スカイツリーを見ながらりょうもう号を待ちますが、どの列車に付いているかは特定されていないので、とにかくりょうもう号を待つしかありませんでした。それでも行き交う列車を撮影しながら過ごしていたので飽きることはありませんでしたね。

東武20000系@五反野'10.7.16
東京スカイツリーを見ながら目当ての列車を待ちますcoldsweats01(五反野:'10年7月16日)

 結局1時間ほど待ち、お目当てのヘッドマークをつけたりょうもう号がやってまいりました。イラストははっきりと見えませんでしたが、東京スカイツリーが描かれているようですね。

東武200系@五反野'10.7.16
伊勢崎線全通100周年ヘッドマークを付けた200系「りょうもう号」(五反野:'10年7月16日)

 この先の新田でもちょっとだけ撮影。ここでは伊豆のなつ号カラーの8500系と会うことができました。こちらも今の時期に伊勢崎線に乗っていると気になる存在ですね。撮影はすることが出来たんですが、乗車の方はまだだったりしますcoldsweats01

東急8500系@新田'10.7.16
明るい青が眩しいhappy02「伊豆のなつ号」(新田:'10年7月16日)

 新越谷で降りて武蔵野線に乗り換え。時刻は3時前で今からだったら安中貨物やカシオペアが撮影できるということで、南浦和へとやってきました。場所は3月にカシオペアを撮影した浦和寄りに架かる歩道橋。まずは安中貨物ですが、最近は週末に出かけたり撮影しようとしても運休だったりとなかなか撮影する機会に恵まれませんでした。この日はどうかと思い待っていたら、4時10分ほど前にEF81に引っぱられて通過していきました。

EF81-78@南浦和'10.7.16
この日の安中貨物は短編成(南浦和:'10年7月16日)

 この日は無蓋車だけの短い編成でした。

 引き続き歩道橋の上に留まり、4時半過ぎにやってくるカシオペアを待ちます。3月のときは日が幾分長くなってきた時期でしたが、もちろん今は余裕に明るく撮影には最適ですね。ただ、夕方とはいえ日中の好天のせいもあって暑い中待っていることになりましたcoldsweats01

 安中貨物が通過して40分ほど、ようやく青い機関車を先頭にカシオペアが通過していきました。

寝台特急カシオペア@南浦和'10.7.16
新鋭の機関車が豪華列車を引っぱる!(南浦和:'10年7月16日)

 こうして盛りだくさんだった1日もあっという間に終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

青森・函館フリーきっぷの旅その5~夜の青森駅

アスパム'10.6.13
青森市のシンボル・アスパムの夜景

 青森・函館フリーきっぷの旅を再開します。あけぼのを見送り、この後は1時間後に発車する日本海の様子を見ようと思いましたが、6時を過ぎそろそろ夕食を食べたいところでしたので、一旦改札を出て予約してあったホテルにチェックイン。部屋に荷物を置き、貴重品とカメラを持ってすぐに外出しました。

続きを読む "青森・函館フリーきっぷの旅その5~夜の青森駅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮原通信(7/18)~暑い!

 2日続けて1日遅れの報告ですcoldsweats01。何しろ夕べ記事を一つ上げたところまではよかったものの、それで体力を使い果たしてしまいまして・・・。正直温泉にでも行ってのんびりしたいところですねぇ。

 いつも通り65の貨物を待っていたら、久しぶりに原色ガマが来ました。しかしパンタが切れてしまったのが痛かったですねbearing

EF65-1072@宮原'10.7.18
原色ガマが登場!

 続いてくじらなみの送り込み回送がやってきました。くじらなみも165系の時代から運転されている老舗の臨時列車ですけど、短い区間を乗車したくらいで新潟方面へ乗り通したことはないですね。自由席利用ならば運賃だけで乗れるので、18きっぷシーズンには重宝する列車ですね。

183系@宮原'10.7.18
毎年恒例の(?)送り込み

 前日は車両トラブルの影響で運休となった急行能登。昨日は無事に運転されました。書入れ時である運休初日に運休というのは乗客にとってもJRにとっても痛いところでしたが、とりあえず何とか動ける状態になったのは何よりといったところでしょうね。

急行能登@宮原'10.7.18
無事に運転されましたhappy01

 あけぼのを撮って早朝の部は終了です。

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.18
だいぶ日も高くなりましたsun

 一旦自宅に戻り、7時20分過ぎに再び出動。先週に続いてジョイフルトレイン「華」使用の快速を撮影します。ところがシャッターを切るタイミングが悪かったこともあり失敗でしたweep

快速お座敷甲州もも狩り号@宮原'10.7.18
うーん残念!

 まあ、その代わりと言っては何ですが、引き続き185系と貨物を待っていたら、やまなみが下っていきました。相棒のせせらぎは来年登場する高崎支社の新しいジョイフルトレインに改造されるため入場中ですが、こちらの今後についても気になるところです。

485系@宮原'10.7.18-2
相棒が入場し孤軍奮闘している「やまなみ」

EF210-114@宮原'10.7.18
桃太郎が引っぱる貨物

特急草津@宮原'10.7.18
これに乗れば草津へ行ける・・・

 こうして朝の部は終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.18

【7/10】京葉線のE233系に初乗車

E233系@南船橋'10.7.10-1
営業運転スタート!

 先週土曜日の午後の部は、東京駅から京葉線に乗り込みます。

続きを読む "【7/10】京葉線のE233系に初乗車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原市沼の古代蓮

原市沼の古代蓮
まったり見てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮原通信(7/17)~大仕事の前

 昨日はサボってしまいましたが、何分昨日は成田スカイアクセスの開業日。予定通り初乗りしてきましたけど、梅雨明けの夏空だったためかなり体力を消耗してしまいcoldsweats01、自宅に帰ってきたときには一つ記事を上げるのがやっとでした。

 そんなわけで1日遅れの報告となりますが、昨日は583系わくわくドリームの運転日だったこともあり、ギャラリーは多めでした。流した関係で失敗してしまいwobbly、トリミングしています。

EF65-1057@宮原'10.7.17
今日もこちらからスタート

583系@宮原'10.7.17
わくわくドリームの運転日でした

 そして昨日は下りの送り込みが2本。1本は熊谷と柿崎を結ぶ快速マリンブルーくじらなみに使用されるOM所属の183系で、もう1本は先週も撮影した快速お座敷甲州もも狩り号に使用される「華」でした。

183系@宮原'10.7.17-1
くじらなみに使用される183系の送り込み回送

485系@宮原'10.7.17
今週も運転された「華」

 さてここで一つ、いつもと違うのは、急行能登が来なかったこと。前日も書いたとおり車両トラブルが発生したとのことで、上下線とも運休となりました。

 最後はやはりあけぼので締め、直後の高崎線に乗って昨日のお出かけがスタートいたしました。

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.17
昨日は1030号機担当でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.17

【7/10】飛鳥山のあじさい→ていぱーく

 先週の続きです。赤羽で京浜東北線に乗り換えて王子へやってきました。最初は都電の撮影でもと思ったんですが、飛鳥山公園一体のあじさいがまだ咲いていたので、まずはのんびりと散策しました。7月に入ったのでもう盛りは過ぎていると思っていたんですが、先週の時点ではまだ何とか綺麗に咲いていました。

あじさい@王子'10.7.10
飛鳥山周辺のあじさいもそろそろ終わりでしょうか?

 ただ、先ほど上野から乗った高崎線で王子駅付近を通過した際に車内から見てみたんですが、さすがに色も褪せてきていました。先週が最後だったかもしれませんね。

 以前、209系を撮影した南側に架かる歩道橋を渡っていたら、都心方向に東京スカイツリーが見えてきました。すぐ隣には新幹線の高架があり、行き交う新幹線車両とのツーショットが撮影できましたが、ちょうど今日からは毎年恒例のポケモン新幹線がスタートするので、そちらも合わせて再訪したいですね。

200系@王子'10.7.10
このツーショットはいつまで見ることが出来るでしょうか?

 そんなわけで、予想以上に楽しめた王子界隈でしたが、当初の予定だった都電の撮影も忘れず済ませ、京浜東北線に乗り込みました。

都電9000形@王子'10.7.10

都電7000形&8800形@王子'10.7.10
都電も忘れず撮影してまいりましたhappy01

 次に向かったのは東京駅。この後は大手町にある逓信総合博物館(ていぱーく)で行なわれている企画展「鉄道と郵便」を見学してきました。タイトルの通り、鉄道の郵便輸送に関する企画展で、当時の貴重な資料が数多く展示されていました。残念ながら鉄道郵便花盛りだった頃はほとんど記憶に残っておりませんで、専用の車両を博物館で見るくらいですが、かつては両者は切っても切り離せない存在だったんですね。

ていぱーく
企画展「鉄道と郵便」が開催されている逓信総合博物館(ていぱーく)

 ここで午前の部はおしまいとなり、午後からは京葉線へと舞台を移しましたが、そちらは少し長くなりそうなので、一旦ここで切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイライナー

スカイライナー
上野まで乗って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
タイトル防衛しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
ここから成田空港まで初乗車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
羽田空港です。これから成田空港へと向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.16

宮原通信(7/16)~能登は運休

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.16

 こちらによれば、今晩発車予定だった急行能登は運休だそうです。何でも車両トラブルがあったようですが、そういえば昨日の仕事帰り、大宮駅7番線ホームの行先表示機に、いつもだったら夕方6時頃に2段で表示される「ホームライナー」の文字が1段しか表示されていませんでした。何かあったのか気になっていたんですが、そういうことでしたか。

 上りについては、489系の代走も期待したんですけどねぇbleah。さすがにそれはありませんな。

 その昨日の夕方ですが、大宮にはこんな車両が来ていました。

189系&253系@大宮'10.7.15
大宮に現れた元N'EX253系

 先日、成田エクスプレスから引退したばかりの253系です。じっくり見たところ、Ne-201編成とのことでした。一体どうなるのか、気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/10】EF81牽引北斗星、最後の撮影

寝台特急北斗星@大宮'10.7.10-1
大幅に遅れての到着・・・

 先週の10日、韓国へ旅立ってから早1週間が経過し、時の経つのが早く感じた1日でありました。この日は地元での”朝錬”を終えた後すぐに高崎線に乗って大宮へ向かいました。

続きを読む "【7/10】EF81牽引北斗星、最後の撮影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.15

宮原通信(7/15)~そろそろ梅雨明け?

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.15

 朝のうち雲が出ていたものの、日中は晴れて気温もぐっと上がりました。週末の3連休も概ね天気はいいようなので、もしかすると梅雨明け宣言もあるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森・函館フリーきっぷの旅その4~上野行きあけぼの号お見送り@青森駅

 青森・函館フリーきっぷの旅の続きです。前の記事でも書きましたが、まだ明るいうちに青森へ戻ってきたのは、18時8分に発車する上野行きのあけぼのを見送るためでした。スーパー白鳥号から降り、あけぼの号が発車する1番線ホームの方へ跨線橋を歩いていると、朝方到着した時と同じくDE10に引っ張られて青い車体がホームに入ってきました。

 さっそくホームへと向かい車両を見て廻ります。よく見ると朝方乗ってきた編成とは違い、車体に金色の帯を纏った編成でした。車両のやりくりについてはよくわかりませんが、朝到着した編成がそのまま折り返すというわけではないんですね。

DE10切り離し作業@青森
DE10に牽かれて青い客車が青森駅にやってきました

 今度は上野寄りの先頭へと向かいます。一番前に立っていたのはもちろん赤い車体のEF81。これから長岡まで、後続の青い車体を引っ張ることになりますが、普段はEF64が引っ張るあけぼのばかり見ているので、EF81が引っ張る姿をこうして目の前にすると、新鮮味がありますね。これがもう1年早くに引っ越していれば、EF81が引っぱるあけぼのをもっと見ることが出来たわけなんですけどね。

寝台特急あけぼの@青森'10.6.13-1
上野へ向けて発車を待つ上り「あけぼの」

 こうしていろいろと撮影しているうちに発車時刻となり、定刻の18時8分、青森駅をゆっくりと発車しました。

寝台特急あけぼの@青森'10.6.13-2
出発進行!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.14

宮原通信(7/14)~今日も

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.14

 帰りが遅くなってしまいましたcoldsweats01。明日は多分早く帰れると思いますが、どうでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.13

宮原通信(7/13)~今日は

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.13

 今日は帰ってきたのが8時過ぎだったため、結構疲れました。そんなわけで、手短に済ませることにします。

 でも、一つ目的が果たせたので(謎)、疲れも決してしんどいものではないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.12

宮原通信(7/12)~風の強い朝

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.12

 夕べ寝たのが3時近くだったので、わずか3時間ほどの睡眠でした。おかげで今日1日中眠かったですsleepy

 今朝は雨に合わせて強風が吹き荒れました。おかげで撮影は傘を差して何とか撮れるといった程度でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森・函館フリーきっぷの旅その3~函館市電「らっくる号」9600形に乗る

 函館到着からの様子を報告したいと思います。改札を抜けてさっそく駅前にある市電乗り場へと直行します。この後は市電に乗って駒場車庫前へと向かいますが、今回の目的は函館市電を走る2両編成の連接車9600形に乗ることでした。「らっくる号」という愛称を持っていますが、「楽(ラク)に乗り降りでき、迎えに来る(クル)」の語呂合わせから来ているそうです(参考:9600形のパンフ)。しかも6月から2編成のうちの9601号に鉄道むすめのキャラクターの一人である松風かれんがラッピングされることになりました。さすがにそれだけ目当てで函館まで来たというのは幾分無理がありますが、もちろんかれんさんにも会いたいところですね。

 さて9600形の運行については函館市電のサイトに時刻表が出ているので、それを参考に乗ることにします。すると13時29分に発車する湯の川温泉行きがあったのでそれを待つことになりますが、らっくる号は2編成あるのでどちらが当るのかは運次第でした。

 1本電車を見送りしばらく待つと、2両編成の真新しい電車が近づいてきました。果たしてどちらが来るか期待していたら、待望の9601号でしたhappy01

函館市交通局710形&9600形@函館駅前'10.6.13
函館の新しい顔・9600形「らっくる号」(函館駅前:'10年6月13日)

 こうしてすんなりと9601号に乗車することが出来、駒場車庫前へと向かいます。次の松風町に到着する直前、運転台後方にあるモニターで流れる停留所案内にかれんさんのイラストが一緒に登場しました。かれんさん所縁の松風町を始め主要な停留所に到着する際に登場するようです。

松風かれん表示
特定の停留所到着時にはかれんさんがご案内heart01

 湯の川温泉へ向けて函館市内を走行していると、小ぢんまりとしたレトロな車両がこちらに向かって走ってきました。これが箱館ハイカラ号(号は旧字)で、らっくる号と並んで函館市電の目玉車両ですが、こちらについてはこの後ゆっくりと撮影することになります。

函館市交通局30形@らっくる号車内
箱館ハイカラ号とそれ違い

 こうして目的地である駒場車庫前に到着しました。引き続き湯の川温泉へと向かうかれんさんの姿を見送り、さっそく車庫に隣接する乗車券発売所へと向かいます。ここで先ほど乗ってきたらっくる号のダイキャストカーを一つゲットしました。しかもかれんさんがラッピングされた限定品で、1個1,050円でした。

 これで函館へ来た目的が全て達成しました。少し時間があったので、行き交う市電をちょっとだけ撮影することに。湯の川温泉から戻ってきた9601号を撮影してから、後続の電車に乗り込みました。

松風かれんラッピング@らっくる号
車体にラッピングされたかれんさんheart04

函館市交通局9600形@駒場車庫前'10.6.13
湯の川温泉から戻ってきたらっくる号9601号(駒場車庫前:'10年6月13日)

 さて、そろそろ先ほどそれ違った箱館ハイカラ号が戻ってくる頃だったので、今度はそれを迎えるべく柏木町へとやってきました。鉄道むすめの函館市電のキャラクターである柏木ゆのにちなんで降りたというのは少しありましたがcoldsweats01、しばらくして小ぢんまりとしたレトロな車体が通過していきました。

函館市交通局30形@柏木町'10.6.13
駒場車庫前へと戻る箱館ハイカラ号(柏木町:'10年6月13日)

 今回、箱館ハイカラ号には乗ることが出来ませんでしたが、こちらは次回のお楽しみですね。

 最後はもう1本のらっくる号である9602号に乗って函館駅前のひとつ手前にある松風町で降りました。ちょうどかれんラッピングの9601号が来たんですが、急だったため撮影は出来ずそのまま函館駅へと戻りました。時刻は3時15分を回ったところ。そろそろ青森へ向けて帰らないと時間でした。函館だったら1泊くらいしてのんびりと過ごしたいところなんですが、今回の旅の目的は青森がメインであり北海道はあくまでおまけだったので、これは致し方ありませんね。せめて函館名物のハンバーガーショップであるラッキーピエロで買って帰りの特急の車内でと思ったものの、時間がかかるとのことで今回はタイムアウトとなり、売店で買った北海道限定のビールを片手にスーパー白鳥に乗り込みました。

特急スーパー白鳥@函館'10.6.13-2
名残惜しいですが・・・

サッポロクラシック
サッポロクラシックで一杯beer

 5時半過ぎ、ほぼ定刻に青森に到着。この後は30分ほどで発車する上野行きあけぼのを見送りますが、長くなってきましたのでここで一旦切ることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.11

宮原通信(7/11)~早いですが

 ちょっと早いですが、今朝の成果を報告します。

 ここ2日間好天だったんですが、今朝は厚い雲の中から薄日が差す程度でした。そんな中、昨日と同じく上りの65の貨物からスタートです。

EF65-1060@宮原'10.7.11
今朝も貨物色でした

 続いて急行能登ですが、今朝はK2編成担当でした。ボンネット時代に比べると人気は今一つの感はありますが、こちらもれっきとした国鉄色を纏っていて個人的には魅力がありますね。欲を言えばT18編成が来るとインパクトは強いですが・・・。

急行能登@宮原'10.7.11
今朝の能登はK2編成担当

 昨日はこの直後に華の送り込みがありましたが、今朝は来ませんでした。夕べ熊谷に到着した後、籠原あたりで一晩明かしたんでしょうか?

 今朝は久しぶりに桃太郎を載せようと思います。こいつも見慣れた機関車ですが、あけぼの共々紹介します。

EF210-104@宮原'10.7.11
いつも見慣れている”桃太郎”

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.11
今朝のあけぼのは1051号機担当でした

 ここで一旦自宅に戻り、1時間後に出動。昨日撮れなかった「快速お座敷甲州もも狩り号」を迎えました。直後の下り特急草津と合わせて報告します。

快速お座敷甲州もも狩り号@宮原'10.7.11
もも狩りへ行く乗客を乗せ、一路甲府へ・・・

特急草津@宮原'10.7.11
今日はこれでおしまい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.10

宮原通信(7/10)~すがすがしい朝

 今朝は久しぶりに気持ちのいい朝でした。気温も夜中に雨が降ったせいなのか、それほど蒸し暑くはなく過ごしやすかったですね。

 そんな中でのいつもの朝錬でしたが、まずはいつものEF65の貨物列車から。

EF65-1068@宮原'10.7.10
この貨物からスタート

 今年の春以降、原色の65はこの運用では最近見ていませんが、入ることがあるんでしょうか?

 続いては急行能登ですが、今朝はK1編成が担当でした。下りの64の貨物とのツーショットを狙いました。

急行能登@宮原'10.7.10
今朝の能登はK1編成

 さて今朝は6時前にジョウイフルトレイン「華」が下っていきました。これは今月の週末に運転される「快速お座敷甲州もも狩り号」の送り込み回送です。

485系@宮原'10.7.10
熊谷へ向けて回送される「華」

 最後はやはりあけぼので締めとなりました。

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.10
今朝は1030号担当でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)


初乗車しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッション完了

ミッション完了
無事ゲットしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.09

宮原通信(7/9)~明日は休み

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.9

 今週は月曜日に韓国から帰国し、それから4日間仕事へ行っていたので、只今ようやく今週も終わりとホッとしています。

 さて明日は早くから某所へ行く予定ですが、果たしてうまくいくかどうか・・・(謎)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森・函館フリーきっぷの旅その2~スーパー白鳥で函館へ

 青森・函館フリーきっぷの旅の続きです。今回の旅の目的の一番はやはり何といってもあけぼのに乗ることでした。その点では、青森に到着した時点で旅のミッションが終了したことになるんですけど、もちろんそれで帰ってしまってはもったいないところ。せっかく手元には青森・函館フリーきっぷというきっぷがあることだし、それをフルに
活用したいと思います。

 文字通り、このきっぷのフリー区間は函館周辺も含まれていて、これは行かない手はありません。ただ、夕方のあけぼのの発車までには青森に戻りたかったので、時刻表を調べてみると、函館にはおよそ2時間半ほどの滞在が可能でした。それくらいだとほとんど何も出来ない状況なんですけど、幸いにも一つ目的が見つかりましたので(謎)、その目的を果たすべく11時19分発のスーパー白鳥1号を待ちます。

 11時を過ぎ、自由席のとなる2号車の乗車位置で列車を待っていると、グリーンのスマートな車体が入線してきました。JR北海道所属の789系ですが、実はこの車両になってから津軽海峡を越えるのは今回が初めてでした。その前は'02年8月、廃止間近のはくつる号で青森に到着後、当時まだ残っていた快速海峡号に乗って北海道へ渡っていったので、かれこれ8年近くが経とうとしているんですね(そのときの様子はこちら)。

スーパー白鳥1号@青森'10.6.13
青森駅に入線する789系・スーパー白鳥1号

 到着してすぐに列車に乗り込み、空いている席に座りました。夏休み前というそれほど混まない時期とあって空席は十分ありましたが、北海道へ行くにはいい季節だったかもしれませんね。実は青函トンネル記念館のケーブルカーを乗り潰したのが今から7年前の6月で、このときも概ね天気は良好でした(そのときの様子はこちら)。そのときのイメージが今も残っていたことから、この時期を選んだりもしました。

 後は発車を待つだけという時、隣のホームに思わぬ”お客さん”、青とクリームの2色に塗られた583系が入ってきました。「はつかり」や「はくつる」など、この駅に縁のある車両に出会えたのは何ともラッキーでしたが、如何せん発車までわずかとあって、1枚だけ撮影して急いで乗り込みました。

789系&583系@青森'10.6.13
583系と会えるとは思っても見ませんでした・・・

 こうしてスーパー白鳥1号は11時19分に青森を発車。蟹田でJR東日本の乗務員からJR北海道の乗務員に交代し、いよいよ津軽海峡線へと入っていきます。単線だった蟹田を過ぎて複線となる津軽海峡線に入ると俄然スピードが増し、トンネルをいくつか抜けて青函トンネルへと入っていきました。車両の通路入口の上部には走行位置を示す電光式のボードがあり、進むに連れて車両を模したイラストがトンネル内を進んでいきます。これは海峡号で使用されていた50系客車にもありましたね。これを見ながら、徐々に北海道へと近づいているんだなぁと実感したものでした。

789系トンネル内表示
トンネル内の位置表示は789系にも引き継がれました

 途中、2つの海底駅をあっという間に通り過ぎ、30分足らずでトンネルを抜けて北海道へとやってきました。海峡号時代に比べるとやはり電車とあって通過する時間は短いですね。いずれ新幹線が開業したときにはどのくらいで通過するのでしょうか?

 木古内を出ると再び単線となり、速度がぐっと遅くなりました。木古内を出ても函館までは40分以上もかかるので、まだまだ遠い印象でしたね。ただ、車窓に函館湾や函館山の姿が見え、決して退屈することはなかったですね。

函館山
函館山が見えてくると終着が近いです

 こうして13時14分、ほぼ定刻に函館に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.08

宮原通信(7/8)~ディナーバイキング

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.8

 1時間くらい前にディナーバイキングを食べてました。おかげで今も腹がパンパンでありますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.07

宮原通信(7/7)~雨降りの七夕

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.7

 今日は夕方から雨が降り始め、一時猛烈な豪雨となりました。せっかくの七夕ですけど、どういうわけかこの日は毎年天気がよくない気がします。もっとも、星を見て感傷にふけるといった趣味は持ち合わせていないんですが・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森・函館フリーきっぷの旅その1~あけぼの号初乗車

 あけぼのに乗ってからはや一月近くになろうとしていますが、ここんとこで新しいネタが切れたので、そろそろこちらも書いておきたいと思います。先月の12日、自宅で夕食を済ませてから上野駅へとやってきたのは、午後8時半近くでした。この日の晩から2日間にわたる青森と函館の旅がスタートしますが、その最初を飾るのは寝台特急あけぼの号でした。普段は地元で撮影していて馴染みのある列車ですが、乗車となると今回が初めて。どんな旅になるのか楽しみでした。

 午後8時50分、尾久の車両基地から推進運転でやってきた青い車体がゆっくりと13番線ホームに入線してきました。この日の牽引機は1032号機。この日の朝も地元であけぼの号を撮影しましたが(こちら参照)、そのときと同じ機関車でした。

寝台特急あけぼの@上野'10.6.12-1
EF64の1032号機を先頭に発車のときを待つ「あけぼの」

寝台特急あけぼの@上野'10.6.12-2
最後部まで見ておきました

寝台特急あけぼの@上野'10.6.12-3
この日のねぐらとなったB個室に乗り込みます

 一通り列車を見て廻った後、寝台券に指定された5号車へ乗り込みます。この日の寝台はB個室。中に入ると、去年乗った北陸号のB個室とはまた違った趣でした。ベッドは線路と平行に、予め背板が折りたたまれた格好になっていて、折りたたまれた背板を広げてベッドを作るようになっています。そのせいかどうかわかりませんが、北陸のB個室に比べると幾分手狭さは否めないところですね。

B個室内部
B個室の中の様子。やはり手狭感は否めないですねcoldsweats01

 なお、おととしのはやぶさ、去年の北陸のB個室でも指摘したコンセントはこちらもありませんでした。

 こうして午後9時15分、あけぼの号はゆっくりと上野駅を発車しました。京浜東北線のE233系と併走する様子を個室の中から堪能しているうちに大宮に到着。実のところ、ここから乗るのがスジなんでしょうが、やはり始発駅から乗って少しでも長く汽車旅をしたいところでしたからねぇ。

 それにしてもこの日乗った5号車ですが、なかなかの乗車率だったようで、ざっと見た限りほぼ埋まっていた様子でした。他の車両もそこそこ乗っていた様子で、大宮駅からも乗車がありました。

 大宮を過ぎたところで寝台をセットし横になりました。熊谷を過ぎたあたりまでは記憶にあったんですが、いつしか寝入ってしまい、高崎に停車したときは完全に夢の中でした。次に目が覚めたのは列車が駅に停車しているときで、カーテン越しに外の様子を見ていたら、「長岡」の駅名が見えました。ここでこれまで引っ張ってきたEF64からEF81へ機関車を付け替えますが、ここでは客扱いを行わない運転停車のため、その様子を見ることは出来ませんでした。

 それからすぐに寝てしまったため、長岡を発車したことは全く気がつきませんで、翌朝秋田の手前あたりで目が覚めました。7時前、東京へ向かうこまち号の車両が見える秋田に到着。本音としてはここで駅弁でも買ってと行きたいところですが、ここでは停車時間もわずかでそのまま個室に留まることになります。あけぼの号が停車する秋田から終点の青森までの間は停車時間がいずれもわずなかな上、車内販売もないことから、朝食については前の晩に上野駅でパンを買っておいたんですが、かつて九州ブルトレで食堂車を利用したことのある身にとっては、給食の設備がない長距離列車にはほとんど魅力を感じることが出来なかったりします。もちろんそれが叶わないという現状は重々承知なんですけど、その点においては長距離を走る列車で魅力を感じるのは、もはや北斗星やカシオペアくらいということになるでしょうか。

 さて、秋田から青森まではまだ3時間近くもあり、到着までは引き続きブルートレインの旅を続けることになりますが、近年これだけ長く列車に乗るという機会もほとんどなくなったので、今となっては貴重な体験といえるでしょうね。途中、数分の遅れが発生したものの、大館に到着する頃には回復していました。ここ大館と言えば今から15年前に乗った小坂精錬ですね。すでにそのときは廃止が迫っていた頃で、JRの駅から離れたところから終点の小坂まで往復した記憶があります。それとここ大館といったら名物駅弁の鶏めしですね。これもそのとき食べたんですが、おいしかったことは今も忘れられません。

 秋田内陸縦貫鉄道のレールバスとそれ違った鷹ノ巣を過ぎ、列車は青森県へと入ってきました。陣場の手前にある松原トンネルを抜けると、小高い丘に大勢のギャラリーがこちらへ向けてレンズを向けていました。そういえばここは奥羽本線で随一の有名撮影地で、ここから撮影されたあけぼの号や日本海号などの写真をよく見かけます。日曜日だったこともあるかもしれませんが、かなりの人数でしたね。

お立ち台
”お立ち台”に詰め掛けた多くのギャラリー

 旧東急の弘南鉄道7000系がお出迎えする大鰐温泉を過ぎると、列車は弘前に到着。ここを発車するといよいよ終点の青森です。心配していた天気もこの日は朝から晴れていて太陽が眩しいくらいでしたが、そんな中ほぼ定刻の9時56分に終点青森駅に到着しました。

寝台特急あけぼの@青森'10.6.13-1
長旅を終えた「あけぼの」

 列車から降りたときにはひんやりとした冷気を感じ、北国に来たという実感が涌きましたが、長旅を終えたあけぼの号の様子を見るため、しばらく駅構内に留まりました。長岡から引っ張ってきたEF81はすぐに切り離され、代わりにDE10形ディーゼル機関車が客車の上野寄りに連結されました。この後は長旅を癒すべく、連結されたDE10に引っ張られて車両基地へと引き上げていきました。

DE10-1763@青森'10.6.13
DE10に牽かれて車両基地へと向かいます

EF81-136@青森'10.6.13
りんごに見守られながら・・・

 さてこの後は1時間後に発車する函館行きの特急スーパー白鳥1号に乗車しますが、ここからは別の記事で書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.06

宮原通信(7/6)~爆弾低気圧?

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.6

 夕方、仕事からの帰りに乗った高崎線で宮原の近くに差し掛かったら、路面が濡れていました。後で家内に聞いたら6時前後に物凄い雨が降ったとかで、それで濡れていたことに納得しましたが、大宮にいたときは雨は降っておりませんでした。一応傘は持っていったんですけど、宮原に着いたときには雨は上がっていて、使うことはありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/27】EF510型が牽くカシオペアと初対面

 もう1週間以上経ってしまった話ですがcoldsweats01、これはどうしても書いておきたい記事なので上げておきます。

 先月27日の午前中、車検のため岩槻にあるディーラーへマイカーを持って行った後、さくっと廻ってきました。夕方になればカシオペアが下っていくのでそれを見たいところですが、それまではまだ時間がたっぷりあったので、岩槻駅から東武野田線に乗って春日部へとやってきました。ここで本線ではすっかり見なくなった8000系を撮影しましたが、ほんと本線では見なくなりましたね。東上線ではまだ見ることが出来そうですけど、こちらも撮れるときにとっておきたいところです。

東武8000系@春日部'10.6.27
8000系も野田線ではまだまだ主力ですが・・・(春日部:'10年6月27日)

 この後、伊勢崎線の各停に乗って姫宮へ。東武動物公園との間の田園地帯でいろいろと撮影してみました。稲の青い穂の中を伊勢崎線の列車が行き交うというこの時期らしい光景が広がっていましたが、そんな中、東急8500系を使用した伊豆のなつ号がやってきました。これが走り出す頃になるともう夏なんだなぁと実感しますね。

東武50000系@姫宮'10.6.27
青々とした田んぼの中を走る伊勢崎線の列車(東武動物公園・姫宮間:'10年6月27日)

東急8500系@姫宮'10.6.27
そんな中やってきた「伊豆のなつ号」

 かなり蒸し暑い日だったこともあって、ほどほどのところで切り上げ、再び伊勢崎線の列車で久喜へと向かい、宇都宮線に乗り換えて東鷲宮へとやってきました。もちろん目的は駅チカにある百観音温泉spa。日曜日とあって館内は盛況でしたが、おかげで風呂上りはさっぱりとすることができましたhappy01

 ここで一杯beer、と行きたいところでしたが、ここは抑えて宇都宮線で再び久喜へと戻ってまいりました。この後はいよいよカシオペアの撮影です。2日前の25日から新鋭EF510形に置き換えられたカシオペアですが、運転初日は平日ながらその様子を見に多くの人が訪れたようです。さて場所ですが、春先に足利藤まつり号を撮影した新白岡寄りへ歩いて20分ほど行った線路脇を選びました。カシオペアが来るまではまだ1時間以上もあったのでのんびりと待っていたら、久喜方面からミュージックホーンが聞こえてきたので何かと思い目をやったら、「なごみ」ことE655系でした。こちらもなかなか会えない車両なんですが、ラッキーでしたねhappy01

E655系@久喜'10.6.27
偶然やってきた「なごみ」ことE655系(久喜・新白岡間:'10年6月27日)

 この後は貨物やスペーシアが来たものの、それ以外は211系かE231系ばかり。もちろん練習がてらそれらも撮影するなどして時間を潰していましたが、5時近くになりいよいよ主役であるカシオペアがEF510形に牽かれてやってまいりました。

寝台特急カシオペア@久喜'10.6.27
真打登場!EF510形が先頭に立つカシオペア(新白岡・久喜間:'10年6月27日)

 まだ営業運転後2日しか経っていないせいか、車体がピカピカでまぶしかったですねhappy01

 これで無事ミッションが終了し、帰宅の途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.05

宮原通信(7/3)~出発前

 先ほども書いたとおり、おととい3日から今日まで韓国へ行っておりましたが、出発する前にいつも通り”朝錬”をしてまいりました。といってもこれといってネタはありませんでしたが、一応報告がてら載せておきます。

 なお天気は朝のうちは雲が多かったものの、雨は降ることはなく概ね穏やかでした。

EF65-1069@宮原'10.7.3
まずは上りの65の貨物からスタート

急行能登@宮原'10.7.3
おとといはT18編成担当でした

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.3-1
久しぶりに1030号機を見ました

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.3-2
後追いで1枚

 この後、出発直前に貨物を狙ってきました。宮原11時54分発の湘南新宿ラインに乗らなければならなかったので、いつもよりは早めに切り上げとなりました。

EF64-1018@宮原'10.7.3-2
1018号機はこの日2度目

EF65-1094@宮原'10.7.3
これを撮って時間となりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/26】俳句展示列車&Rainy Seasonヘッドマーク付きパレオその2~秩父鉄道

 おとといから3日間の予定で韓国はソウルへ行ってきました。海外へ出たのは実に3年ぶり。この間、病気とか引っ越しとかでなかなか行けませんでしたので久しぶりに異国の文化に触れてきましたが、やっぱ海外を旅するのはいいもんだと改めて思いましたね。もっともそう何度も行けるわけではないですけど・・・。でも、また行きたいですな~happy01

 さて、おととい出掛けにアップした秩父鉄道の記事の続きです。御花畑駅に着いたときがちょうどお昼時ということで、ランチをしようと思い、まず去年行った豚味噌丼の店「野さか」を訪ねてみました。ところが駐車場はすでに満杯で、入口のところには待っている客がいる状態だったため、今度はその先にあるわらじカツ丼の「安田屋」を目指しました。ところがこちらも店の前で待っている客がおり、すぐには入れそうにない状態だったため、諦めて西武秩父駅の仲見世通りの中にある飲食店で済ませました。

 ここにもわらじかつ丼があったたのでそれを注文してみましたが、丼に乗っていたカツの格好がわらじになっていたのは面白かったですねhappy01

わらじカツ丼@仲見世
文字通り”わらじ”のカツ丼を頂きましたrestaurant

 それにしても仲見世通りですが、週末でありながら客はまばらでひっそりとしていたのが気になりましたね。梅雨のせいもあるのかもしれませんが、ここはいつも混んでいるイメージがあったもんで、あれだけ空いているのは初めてではないでしょうか。当初行く予定だった2軒の店はいずれも国道140号線沿いにあり、マイカー客も多く利用している様子でしたが、これも高速道路料金の値下げが影響しているのかもしれませんね。

 これで腹も満たされ、再び御花畑駅から秩父鉄道の列車に乗って和銅黒谷駅へとやってきました。この後は上りのパレオを撮影しながら熊谷へと戻りますが、実は撮影できそうなところなどあてはない状態で、周辺をいろいろとロケハンしながら適当なところを探そうとしましたが、何分午後から降り出した雨のためのんびり撮影というには厳しい状況でした。おまけにパレオ通過後数分でやってくる各停に乗る予定だったためあまり遠くへは行くことが出来ず、結局ホームからパレオを撮影するに落ち着きました。

秩父C58363@和銅黒谷'10.6.26
雨の中、熊谷を目指し走るパレオ(和銅黒谷:'10年6月26日)

 パレオ少し遅れて通過。そのせいなのか、後続の羽生行き各停も遅れて到着しました。さてこの列車に乗ってそのまま行くと、途中長瀞で停車中のパレオを抜くんですが、そうなるともう1度撮影することができます。そこでこれまで撮影したことがない波久礼で降りて新規開拓も考えてみたものの折から降り続く雨もあったため、結局慣れたところで武川で下車となりました。

 20分ほど待ち、この日4度目となるパレオと対面。雨は相変わらず降り続く厳しい状況の中、何とか撮影を済ませました。

秩父C58363@武川'10.6.26
手馴れたところで最後の1枚(武川:'10年6月26日)

 これで後は熊谷へと戻るだけ。ホームで列車を待っていたら、午前中上長瀞から乗り込んだ俳句展示列車がやってきました。パレオと並んでこの日の主役だった列車に乗って熊谷へと戻ってまいりました。

秩父1000系@熊谷'10.6.26-2
スカイブルー1001Fとのツーショット(熊谷:'10年6月26日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.03

現在地

現在地
後40分で出発です。それでは行って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)


今日のランチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現在地

現在地
新宿から乗り込みました。E259系はこれが初乗車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/26】俳句展示列車&Rainy Seasonヘッドマーク付きパレオその1~秩父鉄道

 去年に続き今年もヘッドマーク付きで運転された俳句展示列車を見に行ってきました。当初の予定では池袋から西武経由で秩父を目指そうと思いましたが、乗り継ぎ列車が結構タイトだったこともあり急遽熊谷経由に予定を変更しました。

 熊谷に到着し、窓口で秩父路遊々フリーきっぷを購入してからホームへ降りていくと、100形リバイバルカラーの1002Fがいました。まさにこの1002Fが俳句展示列車として今年使用されている編成であっさりと対面することが出来ましたが、熊谷止まりだったことからそのまま入庫してしまいました。

秩父1000系@熊谷'10.6.26
今年の俳句展示列車は100形リバイバルカラー1002F(熊谷:'10年6月26日)

 さて次の三峰口方面は8時30分発の急行で、各停は8時52分発まで待つことになるため、改札へ戻り急行券を買って乗り込むことにしました。さてどこでパレオを撮影しようか車内でいろいろと思案していましたが、当初予定していた上長瀞駅近くの桜並木に行ってみようと思い長瀞で下車。線路に沿ってのんびり歩きながら現地へ到着です。

 パレオが来るまでまだ2時間近くあるせいかギャラリーはまだ誰もおらず、返って心細いところでしたが、とりあえずは行き交う列車をいろいろ撮影しながら時間潰しとなります。そんな中、5月の広瀬川原でのイベントで展示された”茶ガマ”ことデキ505号機が貨車を牽いて秩父方面からやってきました。もちろん営業運転に入っている姿を見るのはこれが初めてでしたが、これまで青のカラー一つだけだった秩父鉄道の電気機関車にあって目を引く存在ですね。

秩父デキ505@上長瀞'10.6.26
”茶ガマ”デキ505号機と対面(上長瀞・長瀞間:'10年6月26日)

 引き続きパレオが通過する11時半までの間、秩父鉄道のさまざまな車両を撮影しながら時間を過ごします。何しろ車両の種類が豊富な会社ですので、待っていても全く退屈しないのが嬉しいところですねhappy01。そういえば5月のイベントのときに調子が悪かった7500系がやってきましたが、元気に走っている姿を見て安心しました。ただ今回も乗ることが出来なかったのでそれは残念でしたが・・・。

西武4000系@上長瀞'10.6.26
当初乗る予定だった池袋からの西武直通

秩父1000系@上長瀞'10.6.26
旧1000系リバイバルカラーの1007Fも健在

秩父7500系@上長瀞'10.6.26
5月のイベントのときは不調でしたが、今はこうして元気ですhappy01

 11時半過ぎ、長瀞でパレオを追い越したスカイブルー塗装1001Fの各停をやり過ごした後、いよいよお目当てのパレオがゆっくりとやってきました。この日は梅雨の時期にちなみ、「Rainy Season」と書かれたヘッドマークをつけていて、客車の車内にはてるてる坊主の飾りがぶら下がっているのが見えました。

秩父C58363@上長瀞'10.6.26
「Rainy Season」のヘッドマークをつけたパレオ登場!

 パレオを見送った後、すぐに撤収して上長瀞駅へと向かい、後続の11時54分発三峰口行き各停を待ちます。実は熊谷駅や上長瀞駅にも貼紙がありましたが、今朝方熊谷駅で見かけた俳句展示列車1002Fが充当されているとのことで、これで乗車の方も叶うことになりました。

秩父1000系@上長瀞'10.6.26-2
俳句展示列車に乗り込みます

 こうして無事乗ることが出来ましたが、思えば去年の俳句展示列車は今年3月に引退したオレンジ塗装の1011Fが充てられていましたね(去年の様子はこちら)。今となってはいい思い出であります。

 秩父で先行していたパレオを追い抜き、次の御花畑で下車しました。そうなればこの後すぐにパレオがやってくるということで、ここでもパレオを待つことに。追っかけはする予定ではなかったんですが、やはりSLとなると見過ごせませんね。

秩父C58363@御花畑'10.6.26
終点までもうひと踏ん張り(御花畑:'10年6月26日)

 時刻は12時半近く。そろそろ腹が空いてきたところなので、周辺で食事となりますが、そろそろ長くなってきたのでここで一旦切ることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.02

宮原通信(7/2)~4ヶ月ぶりのご無沙汰

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.2

 今日は朝よりも仕事帰りの夕方の方が注目でしょう。

 新都心で4ヶ月ぶりにこのコンビを見かけました。

EF64-37@さいたま新都心'10.7.2

 今年の春のダイヤ改正まで、あけぼのの先頭に立って活躍していた2台の機関車であります。ダイ改後に実車を見るのはこれが始めてでしたが、あちこち出没しているようで、その姿を見たいと思っていました。

 宮原で見ることが出来るかと思ったんですが、通過したのはだいぶ暗くなってからでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/25】去りゆくもの達~N'EX253系・京急旧1000形

 今週は仕事帰りにいろいろと出かけたりしたもんで、あちこち行ったときの出来事をなかなか報告することが出来ませんでした。先週金曜日の休暇を取ったときの出来事も一つまだ報告していませんし、今日はそちらをまず上げておきます。

 井の頭線で渋谷へやってきた後、すぐに湘南新宿ラインの列車に乗り込みました。その際に見た電光掲示板によれば、後続が成田エクスプレスとのことで、次の恵比寿で下車して待ち構えることにしました。もちろんどちらが来るかなどわからず、出たとこ勝負といったところでしたが、やってきたのはここでも253系でした。

253系@恵比寿'10.6.25
ここでも見ることが出来ましたhappy01(恵比寿:'10年6月25日)

 午前中の錦糸町といい、この日は何の情報もなく動いたにもかかわらず収穫がありましたねhappy01。こうしてN'EX253系の見納めが無事終わりました。

 ところでここ恵比寿駅ですが、お隣の山手線ホームにホームドアが設置されているのを見かけました。以前から山手線にホームドアが設置されることは聞いていましたけど、翌日の26日から稼動されたんですね。今後首都圏の駅ではこうしたホームドアが当たり前の光景になっていくんでしょうね。

ホームドア@恵比寿
翌26日から稼動が始まった山手線恵比寿駅のホームドア

 この後の湘南新宿ラインで武蔵小杉へと向かい、南武線に乗り換えて川崎へとやってきました。この後はいよいよ28日までの運行となった京急旧1000形と対面します。のんびりと歩いて港町駅手前にあるカーブ付近へとやってくると、すでに数人のギャラリーの姿が見えました。そのギャラリーの数は大師線の列車が港町駅に到着するたびに増えていきましたが、4時過ぎの段階では1500形しか動いていない様子で、それまではその1500形で試し撮りをしながら時を過ごしました。

京急1500形@港町'10.6.25
現地に着いたときはこればかりでした(港町・京急川崎間:'10年6月25日)

 次第に日も傾き始め、時刻も5時近くになってきましたが、この頃になるとこれまでの10分ヘッドから5分ヘッドに変わるため、お目当ての車両が入る確率が高くなります。そして5時過ぎ、ようやく京急川崎からやってきた1000形がゆっくりと目の前を通り過ぎていきました。

京急1000形@港町'10.6.25
真打登場!

 1週間前、京急川崎駅で見ることが出来なかった特製のヘッドマークを掲げ、営業運転に就いた1000形。この後、港町駅へ向かい、小島新田から戻ってきた1000形に乗り込みました。車内は仕事帰りの通勤客でごった返していて、そんな中、わずか一駅ながら1000形の走りを堪能いたしました。

京急1308
これでお別れ、となるはずでしたが・・・(京急川崎:'10年6月25日)

ありがとう1000形HM
このヘッドマークは5月のイベントで見て以来

 さてこれでミッション終了ということで、品川方面行きの列車に乗るためホームへと向かいましたが、階段を上がりホームに停車している各停と思しき列車の扉が1枚扉であることに気付きました。「もしや」と思い後ろに目をやると、カメラを持ったギャラリーが数人いたのですぐに1000形とわかりましたが、これには正直手を叩いてしまいましたねhappy01

 もし1000形でなければ快特で一気に品川へと行くところですが、これはもちろん乗って行きたいところ。そんなわけで、おそらくこれが最後になるであろう1000形に乗ってのんびりと品川へと向かいました。

京急1000形@平和島'10.6.25
本線の1000形にも乗れましたwink

 最後の最後で思わぬ「サプライズ」が待っていましたが、いろいろと盛りだくさんな1日もこれで終了となりました。正直体も疲れ気味ということもあり、上野でホームライナー鴻巣3号の整理券を買ってゆったりと帰ってまいりましたcoldsweats01

ホームライナー鴻巣3号@大宮'10.6.25
1日の終わりは特急型で・・・(大宮:'10年6月25日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.01

宮原通信(7/1)~今日から7月

寝台特急あけぼの@宮原'10.7.1

 昨日の朝は遅れていたため、2日ぶりの報告となります。雨が多い天気が続きますが、時よりすっきりとした晴れ間が出てくることもあるので、何とも不安定な時期であります。

 ところで今朝は新都心にレインボー塗装のEF65の1118号機が停まっていました。両脇に貨物が停まっていたため、隠れた格好となってしまいましたが、久しぶりに見ました。

EF65-1118@さいたま新都心'10.7.1
貨物列車に隠れて停まる1118号機(さいたま新都心:'10年7月1日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »