« 今日は | トップページ | 宮原通信(7/31・朝 昼の部)~たんばらラベンダー、EF64原色 »

2010.08.02

夫婦旅’10年ソウル編その1~新型N’EX初乗車

 去年に続き、今年も夫婦水入らずの旅をしてきました。行先は韓国。3日間の行程なので、ソウル1都市限定でしたが、自分自身も5年ぶりだったので、いろいろと楽しむことが出来ましたhappy01。ただちょっと残念だったのが、“鉄”分がかなり控えめだったことでしょうかねcoldsweats01。まあ、それはどうでもいいですが、さっそく始めたいと思います。

 7月3日。自宅を出たのは昼過ぎ。まずは成田空港を目指しますが、今回は新型N'EXと決めていました。去年のデビュー以来、撮影はそれなりにしてはいましたが、乗車はまだでした。もう2週間後だったら新型スカイライナーを選んだんでしょうが、実は旅行代金が7月中旬以降跳ね上がってしまうため、泣く泣くこの時期を選んだところがありました。

 乗るのは新宿13時10分の29号。その前に昼食の食材を求めて駅構内の駅弁売り場を物色していたら、201系の記念弁当がありそれをチョイス。それを持って29号に乗り込みました。

E259系@新宿'10.7.3
いよいよ初乗車!

 新宿を発車後、先ほど買った201系弁当をさっそく開きます。中央線の201系も残すところH7編成のみとなり、中央線内ではこれからさよなら運転などのイベントが予定されていますが、中央線沿線ゆかりの食材がふんだんに使用された内容でした。

201系中央線卒業記念弁当ラッピング
ランチ用に買った201系記念弁当

201系中央線卒業記念弁当
その中身。中央線沿線ゆかりの食材が使われています。

 弁当を食べ終わったあたりで品川を通過。地下区間へと入り、東京駅に入ってきました。列車はホームで一旦停車した後、ゆっくりと進みながら先に到着していた横浜方面からの編成を連結しました。

 この後は次の空港第2ビルまでノンストップ。スピードを徐々に上げて千葉県内へと入ってきました。一息ついたので車内に目を向けますが、前任の253系は大きな荷物を持つ乗客に配慮して向かい合わせの座席を装備したため、乗客には不評でしたが(2002年のワールドカップ対応で登場した5次車はリクライニングシートに変更しています)、E259系は全てリクライニングシートを装備しています。また、肘掛の下部にはコンセントもあって、携帯の充電にも役立ちましたhappy01

 列車は千葉を過ぎ、佐倉と物井の区間、通称“モノサク”に差し掛かってきました。も数日前には253系の最後の雄姿を撮影しようと多くのギャラリーで賑わったことと思いますが、この日は人もまばらでひっそりとしていました。そんな“モノサク”を一気に通過し、速度を徐々に落としながら成田駅を過ぎるといよいよラストスパート。旅客機が飛び交う上空を見上げながら空港第2ビル駅に到着しました。ここで私の乗っていた車内の7割ほどが降りていき発車。2、3分で終点の成田空港駅に到着しました。

E259系@成田空港'10.7.3
終点・成田空港駅に到着

 さっそく搭乗手続きをするため出発ロビーへと向かいますが、一先ずここで切りたいと思います。

|

« 今日は | トップページ | 宮原通信(7/31・朝 昼の部)~たんばらラベンダー、EF64原色 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/49039496

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦旅’10年ソウル編その1~新型N’EX初乗車:

« 今日は | トップページ | 宮原通信(7/31・朝 昼の部)~たんばらラベンダー、EF64原色 »