« 宮原通信(8/30・31)~2日分 | トップページ | 宮原通信(9/1)~回送の幕 »

2010.09.01

夫婦旅’10年ソウル編その6~ソウル駅で鉄分補給

 本題に入る前に、初代若乃花の花田勝治氏が今日亡くなられたそうです。もちろん現役時代のことなどは映像でしか知らず、知っているのは二子山親方として活躍されていたときのことになりますが、TVの番組で二子山部屋の稽古の様子を紹介していたとき、弟子たちを厳しく指導していた様子が今も記憶にあります。「土俵の鬼」にふさわしい迫力はTVを通しても伝わってきましたが、さすがにあの呼び戻しは今の力士では再現は出来ないかもしれませんね。ご冥福をお祈りします。

 さて本題に入りますが、南大門の建築現場を見た後、ソウル駅にやってきたときには4時を過ぎていました。今回はソウル観光がメインで鉄分はほとんどない旅でしたが、やはりここは多少なりとも鉄分補給はしたいところ。せめてソウル駅だけでもと思いやってきた次第であります。

ソウル駅舎'10.7.4
5年ぶりのソウル駅

 駅構内に入ってまず気がついたのは、やはり改札がなかったことですね。前回訪れた’05年2月のときはKTXから降りてきて自動改札機を抜けてきたのが、今はその自動改札機が撤去され、ホームへはそのまま入れるようになりました。どこかヨーロッパの駅のようですが、上野駅や東京駅に比べるとターミナルらしい雰囲気が感じられましたね。これはおそらく上野駅や東京駅だと通勤型の車両が行き来しているのに対して、ソウル駅の方はKTXやセマウルといった比較的距離を走る列車が発着することにも原因しているかもしれません。

 そんなソウル駅の現在の主役はやはりKTX。ホームで様子を見ている間もKTXの列車が発着していました。

ソウル駅構内'10.7.4
ターミナルらしさが感じられるソウル駅構内

KTX@ソウル'10.7.4
KTXが入線

KTX記念碑
ホーム上に建つKTXの記念碑

 そのKTXが行き交う中、懐かしい顔つきの列車が1本停まっていました。KTXが登場するまで韓国の鉄道の主役を張っていたセマウル号の車両です。最速列車のポジションはKTXに奪われ、まるで肩身が狭くなった感がありますが、自分自身韓国へ来て初めて長距離列車に乗ったのがこのセマウル号で今も忘れることが出来ない車両です。今後もKTXが幅を利かせる中厳しい立場に追いやられることと思いますが、まだまだ頑張って欲しいものです。

セマウル号@ソウル'10.7.4
今も活躍するセマウル号

 さてしばらくホームにいると、見慣れない車両が出発していくのが見えました。日立製作所が昨年製造した200000系電車で、「ヌリロ」という愛称を持っています。ムグンファ号と同じ料金体系になっており、ソウルから比較的近場の都市とを結ぶ、さしずめ「草津」や「踊り子」といったところでしょうか。こちらは次回のお楽しみということで取って置くことにします。

KTX&200000系@ソウル'10.7.4
初めて対面したヌリロ

 この後、地下鉄に乗りこみ、ソウル随一の繁華街である明洞へと向かいました。

KTXオブジェ@ソウル駅'10.7.4
構内にあったKTXのオブジェ

|

« 宮原通信(8/30・31)~2日分 | トップページ | 宮原通信(9/1)~回送の幕 »

ニュース」カテゴリの記事

相撲」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/49316700

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦旅’10年ソウル編その6~ソウル駅で鉄分補給:

« 宮原通信(8/30・31)~2日分 | トップページ | 宮原通信(9/1)~回送の幕 »