« 【9/8】関鉄竜ヶ崎線20年ぶりの訪問 | トップページ | 宮原通信(9/11・早朝の部)~過ごしやすくなってきた »

2010.09.11

北海道&東日本パス紀行・長電編~その3・信越本線撮影記三才編

 北海道&東日本パスの旅の続きです。直江津から長野方面へと向かいますが、次の長野行きは13時11分発と少し時間があったので、ホームでいろいろと撮影して過ごしました。ここはJRの東と西の分岐点にあたることから、両社の車両を見ることが出来るので、待っていても飽きることがないですね。

特急北越@直江津'10.8.22

457系@直江津'10.8.22

特急はくたか@直江津'10.8.22
(3枚とも)多くの会社の車両が行き来する直江津駅

 時間はあっという間に過ぎ、発車10分前になったところで長野行き妙高6号に乗り込みます。ホームにはかつて特急あさまに使用されていた189系が停まっていて、車内には特急時代の座席がそのまま使用されています。運賃だけで特急用の座席に座って行くことができるとあってお値打ちの列車といえそうですが、最後尾の車両は座席指定となっており、指定券が必要になります。

115系&189系@直江津'10.8.22
特急型189系を使用した普通列車「妙高6号」に乗車

 この日は上越市で謙信公祭が行われていて、直江津駅には多くの観光客の一団が駅構内を右往左往していましたが、妙高6号にも謙信公祭へ行く乗客が多く乗り込み、最初の停車駅である春日山ではその多くが降りていきました。その後は地元沿線の乗客が乗ったり降りたりというローカル路線では当たり前の風景となりました。

 列車は新潟県から長野県へと入り、飯山線の乗換駅である豊野を過ぎて次の駅である三才で途中下車することにしました。ここでは1時間半近く滞在することにし、まずは信越本線の撮影できそうなところをあれこれ探してみましたが、豊野方面へ20分ほど行った踏切付近にようやく適当なところを見つけたので、ここで狙ってみました。とは言っても特にお目当ての列車があるわけではなく、先ほど乗ってきた189系妙高の折り返しを撮ったところで三才駅に戻りました。

189系@三才'10.8.22
先ほど乗った189系妙高の折り返し(三才・豊野間:'10年8月22日)

 さてこの三才駅に途中下車したのは別の目的がありました。駅名にあやかって三歳児を連れてくる客が多いことから、来駅記念として硬券入場券を販売しています。駅前には撮影スポットも設けられるなど、縁起のいい駅名の駅として頑張っているようです。

三才駅名板
撮影スポットも設けられている三才駅

 その硬券入場券を1セット手に入れて、飯山線からやってきた長野行きのキハ110形に乗って北長野へと移動しました。この後はこの旅のミッションである長電へと進みますが、区切りがいいところで一旦切ることとします。

|

« 【9/8】関鉄竜ヶ崎線20年ぶりの訪問 | トップページ | 宮原通信(9/11・早朝の部)~過ごしやすくなってきた »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。

 3歳児がいますが、今年中に行くことができるかな?

投稿: たべちゃん | 2010.09.12 09:06

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 一頃に比べて「幸福」や「真幸」「学」といった縁起のいい駅名を売り出しているところは少なくなりましたが、お子さんをターゲットにした縁起かつぎはこれまであまり見なかったように思います。ただ私の場合、三歳児がいるわけではありませんでして、この駅で売られている記念の入場券が目当てでした(^_^;)。

 駅前には記念撮影が出来るよう、駅名板風のボードも建てられており、訪れる人は多いようですね。

投稿: mattoh | 2010.09.14 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/49416959

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道&東日本パス紀行・長電編~その3・信越本線撮影記三才編:

« 【9/8】関鉄竜ヶ崎線20年ぶりの訪問 | トップページ | 宮原通信(9/11・早朝の部)~過ごしやすくなってきた »