« 宮原通信(9/19・夕方の部)~安中貨物の前に来たもの | トップページ | 宮原通信(9/20)~手短に »

2010.09.24

【9/22】鶴見線・南武支線開業80周年記念パスで廻る鶴見線&川崎大師

 今年最後の夏休み、目指したのは川崎でした。数日前にたまたまネットで知った「鶴見線・南武支線開業80周年記念パス」を使ってみたくなったんですが、大人500円で鶴見線や南武支線だけではなく、京急大師線と本線の京急川崎から京急鶴見間、そして川崎鶴見臨港バスの一部路線が利用できるとあって、かなりオトクな感じでした。先日廻りきれなかった鶴見線のヘッドマークを見るついでに周辺散策をすることにしました。

 大宮から埼京線に乗り浮間舟渡へ。ここで例によって都区内パスを手に入れます。川崎へ行く場合、都区内パスを買った方が普通に買うよりも安く上がるので度々訪れますが、一旦降りないといけないのがちょっと面倒なところではありますね。今回のように急ぎでないときにやっています。

 後続の列車で池袋へ向かい、湘南新宿ラインに乗り換えて武蔵小杉に到着。ここから南武線に乗り換えますが、いつも思うのが南武線ホームまでの長い通路ですね。特に川崎方面行きのホームへは立川方面行きホームから階段で昇り降りするので、横須賀線ホームからだと10分は間違いなく掛かってしまいます。まあ都心から行くのであれば何も武蔵小杉を経由せずに東京や品川へ出ればいいことなんですけどね。

 こうして南武線に乗って川崎へと到着し、みどりの窓口の指定席券売機でさっそく記念パスを手に入れます。これで準備が整い、まずは京浜東北線で鶴見へ。上階にある鶴見線ホームに向かうとすでに205系の列車が入っていて、しかも両端にはお目当てのヘッドマークが出ていました。すぐに発車しそうだったので、最後部のものだけ撮影しておきましたが、工業地帯をバックに走る103系が描かれていました。

クモハ204-1107@鶴見'10.9.22
ヘッドマークをつけた鶴見線の205系(鶴見:'10年9月22日)

鶴見線開業80周年HM1
ようやく見ることが出来た鶴見線開業80周年ヘッドマーク

 12時20分発弁天橋行きはすぐに発車。さっそく次の国道で途中下車します。実は以前から気になっていた駅で、高架下の薄暗い空間が何とも異様な雰囲気を醸し出しています。

国道駅高架下
独特の雰囲気が感じられる国道駅の高架下

 無人駅なので駅員さんの姿はありませんが、改札口の枠が木製というのが何ともいいですね。その枠の中に簡易Suica改札機が設置されていて、これはちょっとイマイチではありましたが、昭和の香り漂う駅であります。

国道駅改札口
木製の改札口が残っているとは・・・

 駅の様子を観察した後ホームに上がり、先ほど鶴見駅で撮ったヘッドマークのもう一方を撮影します。こちらは鶴見線でこれまで走ってきた3本(クモハ12形・103系・205系)のイラストが描かれていました。

205系@国道'10.9.22
国道駅に到着したヘッドマーク付き205系

鶴見線開業80周年HM2
もう一つのヘッドマーク。こちらには往年の鶴見線の車両が描かれています。

 後続でやってきた列車は海芝浦行きでしたが、そのまま乗り込み浅野までやってきました。ここへ来るのも久しぶりで、浜川崎方面と海芝浦方面の乗り場が二股に別れている独特なホームが今も健在です。そういえば始めて来たときは、当時現役で走っていたクモハ12形に乗りましたね。'96年3月に引退して早14年が経ちますが、時が経つのは早いものですcoldsweats01

浅野駅構内
浜川崎方面と海芝浦方面に二股で別れる浅野駅の構内

 13時29分発浜川崎行きに乗り終点へと到着。一月のうちに2度も来るとは思っても見ませんでしたが、ここから15分ほど歩いたところにある川崎港郵便局で郵便局めぐりをし、すぐ前にあるバス停から川崎鶴見臨港バスの川22系統に乗りこみました。フリーきっぷに含まれているとあれば使わない手はないですね。おまけに料金は川崎市内なら均一200円なので、3回以上乗ればそれだけでも元が取れてしまいます。

川崎鶴見臨港バス@川崎港郵便局
フリー区間に含まれるバスで移動しますhappy01

 この後、2回ほど乗り降りし、京急の川崎大師駅前にやってきました。文字通り、川崎大師の最寄駅となっていますが、恥ずかしながら自身まだ川崎大師には一度も訪れたことがありませんcoldsweats01。正月恒例の干支のヘッドマーク付き列車に乗りに来るときは混雑を避けていたこともあって足を踏み入れていませんでしたが、さすがに今の時期は境内には人もまばらで、ゆったりと参拝することができました。

川崎大師
川崎大師に初めて参拝しましたpaper

 すでに時刻は3時を回り、後は京急川崎へ出て都内へと向かうだけでした。帰りは久々に快特の快走ぶりを堪能したく、2100形が来るのを待って乗り込みました。

京急2100形@品川'10.9.22
快特で品川へ

 昼前からの利用だったのでフリー区間は4時間弱の滞在でしたが、12月19日までの発売なので、もう一度利用してみたいですね。イベントも行われるようですので、次回はそのときかな?

<おまけ>

 来る途中、大宮駅で撮影した北斗星です。この日の担当は507号機でした。

寝台特急北斗星@大宮'10.9.22
定時で大宮に到着しましたhappy01

|

« 宮原通信(9/19・夕方の部)~安中貨物の前に来たもの | トップページ | 宮原通信(9/20)~手短に »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/49550445

この記事へのトラックバック一覧です: 【9/22】鶴見線・南武支線開業80周年記念パスで廻る鶴見線&川崎大師:

« 宮原通信(9/19・夕方の部)~安中貨物の前に来たもの | トップページ | 宮原通信(9/20)~手短に »