« 宮原通信(10/23)~湘南色185系編 | トップページ | 宮原通信(10/23)~貨物編 »

2010.10.25

はまかぜ&きたぐに乗り鉄紀行その4~はまかぜ&北近畿を和田山で撮る

 旅の続きです。北近畿7号を見送り、そのままホームに留まります。この後はこの旅の目的の一つである特急はまかぜ号の様子を見たいと思います。

 11月7日のキハ189系による置き換えまで1ヶ月足らず、キハ181系の最後の活躍を目にしようとここ和田山にやってきた次第ですが、ホームはひっそりとしていて誰もいない状況でした。もっともこの日は金曜日と平日だったせいもあるのかもしれませんが、もうちょっと時間があれば播但線沿線でのんびりと撮影でもしたかったですね。

 その特急はまかぜ3号がゆっくりと入ってきました。

特急はまかぜ3号@和田山'10.10.15-1
キハ181系と対面!

 正直このキハ181系はこれまであまりご縁がなかった車両で、短い区間を乗車したくらいで長い距離を乗った記憶がありません。そこで今回、夕方ここを発車するはまかぜ6号の指定券を押さえてあったんですが、そのときの様子についてはこの後別の記事で紹介したいと思います。

特急はまかぜ3号@和田山'10.10.15-2
香住に向けてもう一走りcoldsweats01

 はまかぜ3号を見送ってから改札を出て街の市街地へと繰り出しました。この後30分ほどで大阪行きのはまかぜ4号がやってくるので、どこか撮影できそうな場所を探すべくうろうろしていました。ようやく踏切脇のところで待つこと3時近く、和田山を発車したはまかぜ4号が大きなディーゼル音を響かせながら通過していきました。

特急はまかぜ4号@和田山'10.10.15
4号は市内でお見送り

 これで一つ目的は終了となりましたが、はまかぜ6号の発車する17時57分までは3時間ほど空いていました。そこで円山川にかかる山陰本線の鉄橋を行き交う列車を撮影することにしました。

 列車は3時台と4時台にそれぞれ特急が上下ありましたが、まずは京都からやってきた特急きのさき3号がやってきました。

特急きのさき3号@和田山'10.10.15
円山川の鉄橋を渡る特急きのさき3号

 こちらは先ほど和田山まで乗ってきた北近畿7号と同じカラーの183系でした。

 それからすぐに和田山を発車した特急きのさき8号が接近。こちらは国鉄カラーの編成でした。

特急きのさき4号@和田山'10.10.15
きのさき4号は国鉄色でした

 ここで市内の郵便局巡りをするため一旦この場を離れ、約1時間後に再び同じところにやってきました。今度通過するのは上下1本ずつの特急北近畿号。先にやってきた11号は国鉄カラーで、和田山で交換した16号は西日本のカラーでした。

特急北近畿11号@和田山'10.10.15

特急北近畿16号@和田山'10.10.15
(2枚とも)2つのカラーの北近畿号がやってきました

 こうして183系の2つのタイプのカラーを撮影することが出来たところで、今度は対岸へ向かい別の角度から撮影を試みました。しかし4時を過ぎ次第に太陽が西に傾き始めてきたため、この後の撮影は厳しくなってきました。結局きのさき10号を撮影したところで退却することになりました。

223系@和田山'10.10.15
普通列車はこれ1本だけcoldsweats01

 短い間でいろいろな車両を撮影することができ、充実した時を過ごした後はいよいよはまかぜ6号で大阪まで向かいますが、長くなってきたので、ここで一旦切ることといたします。

|

« 宮原通信(10/23)~湘南色185系編 | トップページ | 宮原通信(10/23)~貨物編 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/49844335

この記事へのトラックバック一覧です: はまかぜ&きたぐに乗り鉄紀行その4~はまかぜ&北近畿を和田山で撮る:

« 宮原通信(10/23)~湘南色185系編 | トップページ | 宮原通信(10/23)~貨物編 »