« 宮原通信(10/23)~貨物編 | トップページ | 宮原通信(10/24)~お出かけ前の”朝錬” »

2010.10.26

はまかぜ&きたぐに乗り鉄紀行その5~はまかぜ6号に乗る

はまかぜ方向幕
いよいよ乗り込みますhappy01

 はまかぜ&きたぐにの旅、どんどん続けて行きたいと思います。

 和田山界隈でキハ181系の “撮り鉄”を堪能した後はいよいよ “乗り鉄”の旅を満喫したいと思います。太陽も沈みかけてきた5時過ぎに和田山駅へと戻ってきました。出発まで1時間ほどなので、車内で食べる食糧を調達しようと駅舎の中に入っている喫茶店で駅弁を手に入れようとしたら、あいにく売り切れとのことweep。実を言うと、和田山の駅弁を期待していたんですが、正直これはショックでしたね。やむなく駅周辺でスーパーなどの店舗を探してみたものの、駅周辺にはスーパーはおろかコンビニすらないといった有り様でした。

 大型のスーパーは駅から離れたところにあるようで、こちらはクルマがないと我々のような旅行者には使いづらいですね。山陰本線と播但線のターミナル駅なので、何かしら買い物はできると思っていただけに、夕方のこの時間に駅周辺に人もほとんどいない様子は、現代の地方都市の現状を垣間見た格好となりました。

 そんな中、一軒だけ駅前にあったパン屋さんが営業しており、腹に溜まりそうなパンを適当に選んで買い込んでから駅へとやってきました。少し早かったものの、ホームに入って時間を潰そうと改札を抜けようとしたら、すぐ脇に来月から運行される新型車両に関するコーナーが設けられているのが目に留まり、ポスターやキハ189系を模した手づくり風の模型が展示されていました。

新型はまかぜ展示コーナー@和田山
改札脇に設けられた、新型はまかぜ号の展示コーナー

 まだ時間があったので、構内にあるレンガ造りの機関庫と給水塔を見ようと3・4番ホームへと向かいます。現在は線路が剥がされて建物だけが残っていますが、かつてはSLがここを行ったり来たりしていたことでしょうね。

機関庫&給水塔@和田山
ホームから見たレンガ造りの機関庫と給水塔

 5時半を過ぎ、45分発の北近畿18号を見送ってから、はまかぜ6号の到着する1・2番線へと移動。10分後、ゆっくりとキハ181系のはまかぜ6号がやってきました。今回は普通車の指定券を押さえていたので、一番先頭の1号車に乗り込みます。平日の金曜日でしたが、乗客はまずまず乗っていて、中には自分と同じお名残乗車と思しき乗客もちらほら見かけました。

 5時57分、ゆっくりと和田山を発車。暗闇の播但線を姫路に向けてひた走ります。途中、銀山で有名な生野や電化区間の境界駅となっている寺前、そして福崎と停車していきます。寺前ではこの後を走る始発の普通列車が乗客を乗せて待機していましたが、使用されているのは103系でした。首都圏ではすでに見ることができなくなった車両ですが、JR西日本管内では今も見ることが出来ます。

 7時前、ディーゼルカーではお馴染みの「アルプスの牧場」のメロディが流れ姫路に到着しました。ここで3分間停車した後、進行方向を変えて山陽本線へと入りますが、高架化された現在の駅のホームに立つと、どうしても違和感を覚えてしまいますね。一応3年前にここからあかつきに乗っているので初めてじゃないですけど、今だ平面時代のイメージの方が記憶に残っています。

特急はまかぜ6号@姫路'10.10.15
小休止中の「はまかぜ6号」(姫路:'10年10月15日)

 3分間の停車の後、向きを変えたはまかぜ6号は大阪までの1時間、山陽本線と東海道本線内を走ります。単線区間の播但線では速度があまり出ず、激しい横揺れが目立っていましたが、複線の山陽本線に入るとスピードを上げ、新快速とそれほど変わらないのではと思えるほどの走りっぷりを見せてくれました。

 通勤客でごった返す神戸や三ノ宮のホームを横目で見ながら、淀川の手前で再びアルプスの牧場が流れ、終点大阪到着のアナウンスが流れました。それから数分経った8時10分、はまかぜ6号は終点の大阪に到着。和田山から2時間ちょっとの旅はこうして終わりました。

特急はまかぜ6号@大阪'10.10.15
終点・大阪に到着

 この後、急行きたぐにの発車まで3時間ほど空いていましたので、大阪の街へと繰り出しましたが、長くなってきたので、そろそろこのあたりで切りたいと思います。

|

« 宮原通信(10/23)~貨物編 | トップページ | 宮原通信(10/24)~お出かけ前の”朝錬” »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/49853333

この記事へのトラックバック一覧です: はまかぜ&きたぐに乗り鉄紀行その5~はまかぜ6号に乗る:

« 宮原通信(10/23)~貨物編 | トップページ | 宮原通信(10/24)~お出かけ前の”朝錬” »