« 宮原通信(10/24)~お出かけ前の”朝錬” | トップページ | 宮原通信(10/27)~つかの間の朝日 »

2010.10.27

はまかぜ&きたぐに乗り鉄紀行その6~夜の大阪放浪記

 今日も旅の続きについて書いておきます。大阪駅の改札を抜け、地下鉄の東梅田駅へとやってきました。きたぐにに乗り込む前に汗を流そうと市内の温泉施設へ行こうと思ったんですが、思いつくのが、7年前に一度行った朝潮橋駅近くの「テルメ龍宮」と谷町線の田辺駅近くにある「天然温泉田辺」でしたが、今回まだ未訪の天然温泉田辺を訪ねてみようと思いました。

 東梅田からなら田辺まで1本。田辺駅に到着し、駅から1分もしないところにある温泉施設へとやってきましたが、人っ子一人いない状況で営業はしていない様子でした。おまけに定休日ではないようで、長いこと営業していない様子でした。結局ここにいてもしょうがないので、腑に落ちないまま、歩いて10分くらいのところにある近鉄南大阪線の北田辺駅から阿部野橋へと出ました。

 時刻は9時を回っており、さすがにこの時間から朝潮橋に行くには厳しそうだったので、この後適当に大阪の市内をうろつくことにしました。まずは終点の大阪阿部野橋駅でウォッチング。くし型のホームが終着駅らしさを感じさせますが、自分が乗った普通列車に続いて吉野からの特急さくらライナーこと26000系が到着しました。吉野線の乗りつぶしの帰り、吉野から一区間だけ乗ったことがありますがcoldsweats01、一度は桜のシーズンcherryblossomにここから乗り通してみたいですね。

近鉄26000系@大阪阿部野橋'10.10.15
大阪阿部野橋と吉野を結ぶ「特急さくらライナー」

 ここからは御堂筋線に乗り換えてなんばを目指しますが、天王寺駅のホームにやってくると、高い天井に吊るされた照明が目に留まりますね。ここといい梅田駅といい、大阪の地下鉄らしさが感じられる駅と言えそうです。

御堂筋線天王寺駅ホーム
高い天井から吊るされた照明が大阪の地下鉄らしさを感じますねhappy01

 なんばに到着。ここで一杯やりたいところではありますが、時間も押してきていたので、道頓堀の戎橋だけでもと思い、グリコの電飾にご挨拶。それにしても、自分の周りは観光客ばかりでしたねぇcoldsweats01。もちろん自分のその中の一人でありますが・・・。

戎橋
大阪に来たからには、ここは外せませんねcoldsweats01

 おそらく10分もいなかったであろうなんばを後に鶴橋を経由して大阪駅に戻ることにしました。鶴橋からはもちろん大阪環状線に乗り換えとなりますが、内回り線の列車を待っていたところ、外回り線にオレンジの103系が入ってきました。103系のモーター音を久しぶりに聴きましたね。

103系&223系@鶴橋'10.10.15
大阪環状線名物(?)の103系と対面しました

 1本落としてやってきたのはオレンジの103系。もちろんそれに乗りこみましたが、もう1本くらい落とせそうだったので、大阪城公園で見送って待ちます。ここではウグイス色の103系が外回り線に到着しました。

103系@大阪城公園'10.10.15
ウグイスの103系にも会いましたhappy01

 さすがにそろそろ大阪駅に行っておきたいと思い、次の列車には乗っていくことにしましたが、ここでやってきたのは何と201系。201系といえば先日中央線から引退したばかりでしたが、JR西日本では103系共々現役で活躍しております。

201系@大阪'10.10.15
中央線からは引退したものの、こちらではまだまだ現役ですtrain

 こうして大阪駅へと戻り、いよいよこの日のねぐらであるきたぐにへと乗り込みます。

|

« 宮原通信(10/24)~お出かけ前の”朝錬” | トップページ | 宮原通信(10/27)~つかの間の朝日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/49862100

この記事へのトラックバック一覧です: はまかぜ&きたぐに乗り鉄紀行その6~夜の大阪放浪記:

» 近鉄南大阪線二上山駅ニ上神社口駅間にある踏切を通過するさくらライナー/26000系,葛城市加守 [美しい写真]
さくらライナー,26000系,近鉄南大阪線,二上山駅,二上神社口駅,葛城市加守,HDR写真 [続きを読む]

受信: 2010.11.25 14:57

« 宮原通信(10/24)~お出かけ前の”朝錬” | トップページ | 宮原通信(10/27)~つかの間の朝日 »