« 【9/27】特急ホームタウンとちぎ号で行く宇都宮餃子の旅 | トップページ | 宮原通信(10/1)~今年もあと3ヶ月 »

2010.10.02

北海道&東日本パス紀行・SLみなかみ&銚電編~その4・新車の入った銚子電鉄を訪ねる

 北海道&東日本パスの旅もようやく“終着駅”に到着できることになりました。今回の記事で完結となります。

 新潟を発車したムーンライトえちご。正直な話、あまり快適とは言いがたい車内でした。車内のエアコンがあまりに効き過ぎて寒かったのと、長岡から乗り込んできた中国人カップルが深夜にもかかわらず大きな声で話していたため、あまり熟睡することができず、ところどころで目が覚めてしまいましたweep。そんな中を一晩過ごし、明け方5時過ぎに終点の新宿に到着しました。

快速ムーンライトえちご@新宿'10.8.28
明け方の新宿駅に到着

 新宿から中央線と総武緩行線を乗り継いで錦糸町へ。ここから快速列車に乗り換えて千葉へとやってきました。この日の目的地は銚子。新車が投入されてからまだ未訪となっている銚子電鉄を訪ねます。

 6時32分発銚子行きに乗りこみます。使用されていたのは113系。後継車両の投入で徐々にその数を減らしつつあります。その車内でまずは千葉駅で買った菜の花弁当をいただきます。中身は菜の花畑をイメージした卵と鶏のそぼろがご飯の上に乗っているという、決して派手な駅弁ではありませんが、作っている万葉軒の駅弁はお手頃な価格のものが多く、私的には好きですね。

113系@八街'10.8.28
銚子へは113系で

菜の花弁当
朝食は菜の花弁当でしたrestaurant

 総武本線の各駅に停車しながら、銚子には8時半前に到着。さっそく銚子電鉄の乗り場へと向かい待っていると、「桃太郎電鉄」のキャラクターがラッピングされたデハ1001号が入ってきました。

銚子デハ1001@銚子'10.8.28
最初に出会ったのはデハ1001号

 車内で1日乗り降りできる弧廻手形を車掌さんから手に入れ、まずは終点外川を目指します。電車は銚子駅を発車、交換駅となっている笠上黒生で今回のお目当てである2000形と初めて対面しました。しかしここはひとまずここは見過ごすことにして引き続き乗車し、終点の外川へとやってきました。

外川駅舎
のんびりとした佇まいの終着駅

 いつ来てものんびりとした雰囲気の終着駅ですが、銚子へと発車するデハ1001号を見送り、隣の犬吠駅までのんびり歩くことにしました。2年前の暮れにも同じ区間を歩いていますので大体の様子はわかっていましたが、この後やってくる2000形の撮影をしたかったので、犬吠駅近くにある踏切付近で待ち構えました。

銚子2000形@犬吠'10.8.28
終点外川へ向けてもう一走り(犬吠・外川間:'10年8月28日)

 車体のラッピング広告がちょっと派手なのが気になりますがcoldsweats01、元は京王で活躍した車両で、特に銚子寄りに連結されている元京王の2500系は湘南スタイルの流線型の顔を持っています。

 犬吠駅では弧廻手形についている出来立ての濡れせんべいを無料で頂き、外川から折り返してきた2000形に乗り込みます。それにしても、これまでは1両で専ら運転されてきた銚子電鉄にあって、2両編成の列車は新鮮味を覚えます。

 ひとまず笠上黒生で下車。腕木式信号機のテコを見てから周辺で適当な撮影地を探すものの、2年前に撮影したお隣の西海鹿島近くはこの時期キャベツは植えられておらず、ちょっと殺風景だったことから、後続の列車に乗ってまだ未訪の駅である本銚子で下車しました。

銚子1000形@元銚子'10.8.28

銚子2000形@元銚子'10.8.28
(2枚とも)元銚子駅で撮影した2つの電車

 最後にもう一度2000形に乗り込み仲ノ町へと到着。例によって車庫の中を見学すべく、窓口で入場券を買いました。ここの主であるデキ3を始め、2000形のもう1本の編成であるグリーン塗装の2001Fやこのとき引退間近に迫っていたデハ701号と801号を見ることができました。

銚子デキ3@仲ノ町'10.8.28
塗り替えられたデキ3

銚子2000形@仲ノ町'10.8.28
グリーンに塗装されたもう1本の2000形・2001F

銚子デハ700形&800形@仲ノ町'10.8.28
一月後に引退する2両の電車と対面

 この後は銚子駅までてくてく歩き、駅前の食堂でランチタイム。ちょっとお値段が張ったものの、銚子へ来て海の幸を食べないにももったいないと思い、刺身定食を頂きました。刺身はマグロの他マンダイという魚もありましたが、正式にはアカマンボウといいます。もちろんマンダイの刺身は初めてでした。

刺身定食@銚子
銚子駅前の食堂で食べた刺身定食

 これで一つ目的を果たし、12時47分発千葉行きに乗り込みます。この列車も使用されていたのは113系でした。今回は113系には縁がありましたねhappy01

クハ111-1029@銚子'10.8.28
この日2本目の113系

 とはいえ、そのまままっすぐ千葉へ行ってしまうにはまだ時間的に早いので、“モノサク”の愛称で知られる有名撮影地で撮影すべく、最寄りの物井で下車。1時間ほど粘り、113系や新型N’EXなどを撮影してきました。

113系@物井'10.8.28
”モノサク”で113系を撮影(物井・佐倉間:'10年8月28日)

 さすがに残暑厳しい中で過ごしたこともあって体力の消耗も激しく、この後はまっすぐ帰路につきました。

|

« 【9/27】特急ホームタウンとちぎ号で行く宇都宮餃子の旅 | トップページ | 宮原通信(10/1)~今年もあと3ヶ月 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/49628183

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道&東日本パス紀行・SLみなかみ&銚電編~その4・新車の入った銚子電鉄を訪ねる:

« 【9/27】特急ホームタウンとちぎ号で行く宇都宮餃子の旅 | トップページ | 宮原通信(10/1)~今年もあと3ヶ月 »