« 【11/13】秋フェス訪問その1~カナリア1012F&パレオ蒸電運転 | トップページ | 【11/13】秋フェス訪問その3~紅葉はまだだった宝登山 »

2010.11.16

【11/13】秋フェス訪問その2~イベント会場見てある記

 13日の続きです。改札を出て、さっそくイベント会場へと向かいます。まずは入口で記念品をゲット。今年は秩父鉄道の車両がイラストで描かれているクリアファイルとペーパークラフトでした。また、一緒に入っていた会場の案内図はスタンプラリーの台紙にもなっていて、8種類のスタンプの中から好きな絵柄を3つ選んで受付に持っていくと、特製の缶バッヂをゲットできました。

秋フェス記念品
会場で頂いた記念品の品々happy01

 そのスタンプラリーで設置されたスタンプは、秩父鉄道で使用されている車両がデザインされたもので、どれもなかなかの出来栄えだったことから、別に持っていたスタンプ帳にも押しておきました。出来れば駅で常時置いて欲しいくらいですねhappy01

スタンプラリー用スタンプ
スタンプラリーじゃなくても押したくなるイラストですねhappy01

 それでは会場の方に目を向けてみます。まず目に留まったのは、朝方広瀬川原で見送ったカナリアカラーの1012F。会場では休憩車両として使われていましたが、この後13時38分発の熊谷行き臨時列車として使用されることになっており、それまではここで止まっていました。

秩父1000系@三峰口'10.11.13-1
カナリアカラー1012Fの役目は休憩車両でした

 さらに引込線内では2本のリバイバルカラー、スカイブルーの1001Fとウグイスカラーの1009Fが並んで展示されていました。これを見ると、田端と品川の区間での京浜東北線と山手線の走行シーンを連想させますね。もっともウグイスの方は関西線仕様になっており、ちょっと異なってはいますが・・・。

秩父1000系@三峰口'10.11.13-2
3本のリバイバルカラーを並べてみました(ちょっと苦しいですが・・・)happy01

 しばらくすると、午前中広瀬川原や大野原で待ち構えていたパレオがゆっくりとホームに到着。客車から切り離されたC58とデキ505号のうち、デキの方は早々に熊谷寄りに連結されました。

秩父デキ505@三峰口'10.11.13
つかの間の休息の中、熊谷へ向けて準備が着々と進んでいますhappy01

 出来ればこの後、転車台で向きを変えたり付け替えのシーンも見たいところでしたが、先ほども書いた通り13時38分発の臨時熊谷行きに乗車する予定でしたので、泣く泣く諦めてイベント会場を離れました。

 結局、賞味1時間ほどの滞在時間はあっという間に過ぎ、三峰口駅のホームへ。すると、先ほどまで休憩車両として使用されていた1012Fが動きだし、一旦先端の引込線に進んだ後こちらの方へとやってきました。

秩父1000系@三峰口'10.11.13-3
ゆっくりと入線

秩父1000系&5000系@三峰口'10.11.13
5000系とのツーショットも実現しましたhappy01

 到着してすぐ、臨時熊谷行きは三峰口を発車しました。往路は各停扱いだった1012Fの臨時列車でしたが、復路は急行が停車する駅のみ停まります。車内は立ち客も出るほどの混雑で、これだけ混んでいるのを見るのはカナリアカラーとして登場した’07年11月のとき以来でしたね。

 さてこの後ですが、一ヶ所立ち寄りたいところがあったため、長瀞で見送ることになりました。その長瀞での目的については、少し長くなってきたので、ここで一旦切って次回書きたいと思います。

|

« 【11/13】秋フェス訪問その1~カナリア1012F&パレオ蒸電運転 | トップページ | 【11/13】秋フェス訪問その3~紅葉はまだだった宝登山 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/50047899

この記事へのトラックバック一覧です: 【11/13】秋フェス訪問その2~イベント会場見てある記:

« 【11/13】秋フェス訪問その1~カナリア1012F&パレオ蒸電運転 | トップページ | 【11/13】秋フェス訪問その3~紅葉はまだだった宝登山 »