« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010.11.30

宮原通信(11/27)~貨物編

 土曜日の貨物編です。といっても、安中貨物中心ですが・・・。

 日中は久しぶりに昼前に通過する配給貨物を待ちます。

EF65-1050@宮原'10.11.27
白いプレートもまたいいもので・・・

 この日はほぼ中間に連結されたタンク車を挟んでカラのコンテナ車という編成でした。

 時間が変わり、安中貨物が来る1時間ほど前から詰めることに。その前にやってくる上下1本ずつの貨物をまずは撮影してみます。

EF65-1086@宮原'10.11.27
相変わらず正面が痛々しい・・・

EF210-118@宮原'10.11.27
この日はタンクを従えてました

 それから30分後、4時過ぎになっても安中貨物は来ません。その前を走る列車も来ないところを見ると、何かダイヤの乱れが発生した様子でした。しかし、このとき携帯を自宅に置いてきてしまったことに気付きまして、状況は全くわかりませんでした。

 結局、定刻よりも20分ほど遅れて安中貨物がやってきました。

EF81-133@宮原'10.11.27
すっかり暗くなってしまいましたweep

 この日の担当は133号機。最近、安中貨物にネタガマを入れているようで、沿線には多くのギャラリーが見受けられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.29

宮原通信(11/27)~185系編

 おとといの続きです。

 1日地元に滞在と言うことで、久しぶりに185系を追ってみることにします。まずは下りの草津・水上1号から。

特急草津1号@宮原'10.11.27
堂々14両編成でやってきた草津・水上1号

 14両という長い編成でやってきましたが、来週に迫ってきたダイヤ改正では水上号が臨時化され、朝の下り1号については草津号のみとなります。

 続いては9時過ぎにやってきたあかぎ2号です。おとといは上野寄りに湘南色が充てられていました。

特急あかぎ2号@宮原'10.11.27
湘南色と対面できましたhappy01

 そうなると上野での折り返しは3号となり、湘南色は水上3号に入ることがわかりましたので、こちらは後追いで押さえておきました。

特急水上3号@宮原'10.11.27
水上編成に入った湘南色

 そして最後は昼1時過ぎにやってくる水上2号です。ただこちらはちょっと失敗してしまいましたcoldsweats01

特急水上2号@宮原'10.11.27
今の時期、明るいうちに撮影できる水上2号

 次回は貨物編を書くことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/23】関鉄竜ヶ崎線110周年記念イベント訪問

 関鉄竜ヶ崎線訪問から早1週間が経とうとしていますが、そろそろ書いておきたいと思います。

 竜ヶ崎線の乗換駅である佐貫までは、東武野田線と常磐線を乗り継いでやってきました。さっそく竜ヶ崎線の乗り場へと向かい、窓口でこの日使用する「竜ヶ崎線1日フリーきっぷ」を購入しました。定期券サイズの硬券で、大人1枚500円。単純往復だと元は取れませんが、撮影目的で中間の入地駅に降りる予定でしたので、記念がてらの購入でした。

竜ヶ崎線1日フリーきっぷ
硬券仕様の竜ヶ崎線1日フリーきっぷ

 とりあえずは1本見送ることにして、駅近くの線路脇で待つことに。しばらくして、竜ヶ崎方面から2両編成のディーゼルカーがやってきました。普段は単行で行き来する路線なので、2両編成の列車が来ると長く感じたりもしますが、佐貫側にキハ2002号、そして竜ヶ崎側にキハ532号という編成でした。先頭のキハ2002号は9月のときに乗車しましたね。

関鉄キハ2000形@佐貫'10.11.23-1
キハ2002号+キハ532号の編成でやってきました

 その見送った列車が再び佐貫に戻り、今度は乗り込むことに。佐貫を発車してしばらくするとまっすぐな単線区間へと進み、中間駅の入地に到着。さっそく9月のときに撮影したところに近い場所で待つことにしました。

関鉄キハ532形@入地'10.11.23-1
雨が降る中、粘ってみましたthink

 それにしても9月のときもそうでしたが、今回も雨に降られてしまいましたrain。午後から回復するとのことで少しは期待していたんですけど、さすがにこればかりはどうすることもできませんね。

 その後、場所を変えて撮影してみます。

関鉄キハ2000形@入地'10.11.23

関鉄キハ532形@入地'10.11.23-2
(2枚とも)入地駅付近で撮影を楽しみましたhappy01

 昼近くになったので、そろそろランチにしたいと思い入地駅へ。といっても、駅周辺には飲食店の類はなく、一旦佐貫に戻って前回気になっていた立ち食いそば屋の「佐貫うどん」を頼んでみました。竜ヶ崎名物のコロッケが乗っかっているのもさることながら、名古屋のきしめんのような幅の広い麺だったのがなかなか面白かったですね。

佐貫うどん
佐貫駅名物(?)をいただきましたrestaurant

 腹も満たされ、再び竜ヶ崎線のディーゼルカーに乗り込みます。今度の発車は12時53分。この列車が2両編成での最終便となりました。

 終点の竜ヶ崎に到着し、さっそく改札口付近に店を構えていたグッズ売り場を物色。今回は廃札のきっぷのうち、東武野田線の野田市までの連絡きっぷを1枚手に入れてきました。「鹿島参宮鉄道」の文字も去ることながら、駅名も現在の市名と同じ「龍ヶ崎」の表示でした。

野田市連絡きっぷ@関鉄
イベント会場で販売されていた野田市までの連絡きっぷ

 この後、駅のすぐ隣にある車庫へ移動し、先程まで営業運転に就いていた2両のディーゼルカーの展示を見ることにします。それぞれ単行に切り離されて展示されていました。

関鉄キハ532形&キハ2000形@竜ヶ崎'10.11.23
車庫で行なわれた車両展示の様子

 竜ヶ崎に到着した時はまだ雨がぱらついていたものの、雲の合間から晴れ間が出てき始め、雨も上がってきました。とりあえず一通り見て廻ったので、14時5分発の佐貫行きで竜ヶ崎を後にしました。車両は9月のときに車庫で休んでいたキハ2001号の単行にバトンタッチしていました。

関鉄キハ2000形@竜ヶ崎'10.11.23
午後から運用に入ったキハ2001号

 佐貫に到着しましたが、まだ帰りには少し時間があったので、常磐線の列車を撮影するべく藤代方面へ20分ほど行った小貝川の土手付近へとやってきました。時間がもう少し前だったら安中貨物も撮影できたんですが、この時間はE531系の他、スーパーひたちやフレッシュひたちといった特急列車が撮影できました。

E653系@佐貫'10.11.23
常磐線を走る「フレッシュひたち」用E653系

 到着した時はどんよりと曇っていた空も15時過ぎには太陽が出てきました。しかしそろそろ佐貫駅に戻らなければいけない時間になってしまい、泣く泣く退散となりました。駅に戻り、イベントで使用されていた貼り紙を社員が剥がしている様子を見ながら竜ヶ崎からやってきたキハ2001号が到着。日中に比べると乗客も少なくなっており、普段の竜ヶ崎線の様子に戻っていました。

関鉄キハ2000形@佐貫'10.11.23-2
イベントも終わった夕方、沿線も普段の様子に戻っていました

 次の上野行きに乗り込んだものの、車内は混んでいて座ることも出来なかったので、始発がある我孫子で下車しました。とはいえ元々我孫子で降りる予定で、ここで一旦下車して運賃を節約した次第ですが、次の上野行きが来るまでの間、お隣の常磐緩行線のホームに入ってくる列車の様子を見ていました。

203系@我孫子'10.11.23
我孫子で203系と対面

 この後、快速列車で上野まで乗車し、高崎線に乗り換えて宮原に戻ってきました。

 イベント自体は決して派手なものではありませんでしたが、これまで乗る機会がほとんどなかった竜ヶ崎線を1日満喫することが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は



おはようございます。今日は野暮用があるため1日休み。高麗川駅で今はなき201系の写真を撮影後、国際興業バスに乗車中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.28

宮原通信(11/27・早朝の部)~日が短くなりました

 久しく休業状態でしたが、そろそろ再開しようと思います。

 あけぼのも11月後半になりだいぶ厳しくなってまいりましたが、去年は12月上旬までやっていたので天気のいい日はまだ何とかなりそうです。でも、暗いですねぇ・・・coldsweats01

寝台特急あけぼの@宮原'10.11.27-1

 一応、テールマークの方も上げておきます。日の短いときは、去りゆく後姿もまたいいのかもしれません。

寝台特急あけぼの@宮原'10.11.27-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元のイベント

地元のイベント
国際興業バスのイベントに行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

振替乗車の案内

振替乗車の案内
宮原駅に出ております。日進駅までは徒歩で15分くらいかかるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.27

【11/22】高崎線を走る前面方向幕211系に乗る

 普段、高崎線で何も気にせずに利用している211系ですが、その中の1本、先頭車の運転台上に設置されている行先表示が今も方向幕を使用しているA36編成というのがいます。そのA36編成が繋がれた列車を22日の朝、出勤途中で乗車することが出来ました。

211系@さいたま新都心'10.11.22
高崎線の211系で唯一残る前面方向幕付きA36編成

 存在は以前から知っていたんですが、待っていてこれが来ると何か得したような気分になりますねhappy01。ちょっと前の中央線での201系と同じようなところでしょうか。

 もっとも東海道線では今も方向幕使用の211系が多く走っていますけどね。

211系@戸塚'09.6
東海道線の211系。こちらでは当たり前なんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.26

【11/21】さくっと行田へ~カナリアカラーと湘南色

 先日の日曜日、いい天気に恵まれたこともあり、日中少しだけお出かけすることにしました。あんまり遠方へ行くことは出来ないので、引退が近い秩父鉄道のカナリアカラーを見に行田市内へとやってきました。

 到着したのが昼前だったため、名物のフライでもと思い行田市駅と東行田駅との間で探してみるものの、こぢんまりとした個人でやっているところは注文が殺到しているとかで出来るのが何と1時間後とのことbearing。B級グルメが話題になる中、ここ行田のフライもメジャーになりつつあるようですが、その分気軽に味わえなくなりつつあるのはちょっと考え物ですね。

 そんな中、ゼリーフライを出しているという中華料理屋さんで何とか味わうことができました。そこのおかみさんによれば、日曜日はお休みのところが多いとのことで、今年4月に足を運んだ東行田駅近くの「かどや」さんはこの日はお休みでした。

ゼリーフライ
行田名物のゼリーフライを頂きましたrestaurant

 とりあえず腹も一杯になったところで、東行田駅から羽生寄りに行った見通しのいい直線区間で列車を待ちます。ここは2年前の2月に一度撮影したことがありますが(こちら参照)、この後熊谷を13時50分に出る特急草津52号に乗るため、東行田駅を13時13分に発車する列車で出発しなければならず、撮影できても2、3本といったところでした。そんな中、東行田を12時23分に発車したノーマルカラー1000系の羽生行きを見送った後、東行田12時30分発熊谷行きの列車が羽生方向のはるか先に見えてきましたが、よく見るとどうも黄色い車体なので、これはもしかしたらと期待していると、まさしく1012Fでした。

秩父1000系@東行田'10.11.21
こんないいタイミングで会えるとは・・・

 前の週、「FINAL」と書かれたヘッドマークをつけて秩父路を走っていた1012Fはヘッドマークを外した姿に戻っていました。それにしても限定運用ではなく行き当たりばったりの運次第のところがあったのに、こんなにも簡単に出会えるとはラッキーでしたねhappy01

 続いては12時40分発の羽生行きですが、こちらは7700系7500系がやってきました。

秩父7500系@東行田'10.11.21
今年デビューした7700系7500系も登場

 この列車、このまま羽生には12時54分に到着、13時2分発の三峰口行きで折り返します。今年の春にデビューしたものの、撮影ばかりで肝心の乗車の方がまだ果たしていませんでしたが、このまま行けば乗る予定の列車で戻ってくるので、今回初乗車が叶えられそうです。東行田駅でしばし待つこと13時13分、先ほど撮影した7700系7500系がやってきました。

 到着の度に6000系で聴こえるのと同じメロディのチャイムが鳴り響き、ちょっとうるさいところもありましたが、東行田から10分ほどで熊谷に到着。先ほど見送った1012Fも引込線で羽を休めているのが見えました。

秩父7701@熊谷'10.11.21
初めて乗ることが出来ました>7700系7500系

秩父1000系@熊谷'10.11.21
一休み中の1012F

 さてこの後は13時50分発の特急草津52号で帰途に着きます。この列車は湘南色の185系を使用しておりましたが、こちらも乗車の方はまだでした。といっても、特段他の185系と異なる内装ではないのですが・・・。

特急草津52号@熊谷'10.11.21
湘南色185系で運転された特急草津52号

 大宮まで乗車した後、帰りはニューシャトルで帰ることに。前の週に丸山車両基地でで行なわれたイベントで展示された1013Fが来ないかと期待していたんですが、結局新車の2002Fが来たくらいでした。

埼玉新都市交通2000系@鉄道博物館'10.11.21
すっかり馴染んできた、今年デビューの2000系2002F


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.25

【11/20】相互直通運転開始10周年記念ヘッドマーク付き車両→旧新橋停車場見学

 先週土曜日の続きです。目黒から東急目黒線に乗り換えて多摩川へとやってきました。ここでは相互直通運転開始10周年を記念して9月下旬から取り付けられているヘッドマーク付き列車を待つことにします。'00年9月に東急目黒線と都営三田線、および東京メトロ南北線(当時は営団でしたね)が相互乗り入れ運転を開始してはや10年が経ったんですね。当時、仕事の帰りに様子を見に行ったのを記憶していますけど、ヘッドマークをつけているのが各社それぞれ1編成とあって、果たして短い時間の中で会うことが出来るのかどうかわかりませんでした。元より、こればかりは運次第。ひたすら待つしかありませんが、3本いるうち、東急3000系に取り付けられている編成は奥沢の引込線でお昼寝しているのを、多摩川まで乗ってきた列車の車内から確認しましたので、残り2本の東京メトロ車か都営車に期待することにします。

 何本か見送るものの、やはり簡単には来ませんねぇbearing。そのうち、9000系の第5次車が都心へ向けて走り去っていったり(こちらは下りに被られましたcoldsweats02)、東横線では「花と寺社めぐりスタンプラリー」のヘッドマークをつけた5000系5174Fが行き来したりと、それなりに楽しめました。

東京メトロ9000系@多摩川'10.11.20
見事に被られてしまったcoldsweats01東京メトロ9000系第5次車

東急5000系@多摩川'10.11.20
「花と寺社めぐりスタンプラリー」ヘッドマークをつけた5000系5174F

花と寺社めぐりスタンプラリーヘッドマーク
ヘッドマークの拡大版がこちら

 そんなことをしているうちに時間は裕に1時間を越えてしまい、さすがにこれ以上待っていてもきりがないと思っていた矢先、近づいてきた都営6300形の正面に何やら円形のヘッドマークらしきものが貼られているのを確認。こうしてようやくお目当てのヘッドマーク付き6324Fと会うことが出来ました。

都営6300形@多摩川'10.11.20
相互直通運転開始10周年ヘッドマークをつけた都営6300形6324F

相互直通運転開始10周年ヘッドマーク
拡大版ですhappy01

 こちらに乗って武蔵小杉へと向かい、横須賀線に乗り換えて再び都内へと戻ってきました。この後はそのまま新橋まで乗り続け、旧新橋停車場へと向かいました。翌21日までに迫っていた企画展「日光道中 江戸の旅・近代の旅」を見学してきましたが、先頃発表された来年4月に登場する253系のリニューアル車についてもイラストつきで紹介されていました。

旧新橋停車場
企画展を見学に訪れましたhappy01

 この後はアキバで買い物をしたりしてから帰途につきました。

 結局当初予定していた目的を断念するというアクシデントはありましたが、登場したばかりの新車に乗ることが出来たり、ヘッドマーク付きの列車を撮影できたりと、それなりに充実した1日を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.24

【11/20】尾久イベントを断念、都電8800形バイオレットカラーに乗車

 先日20日のときに撮影した画像の整理がつきましたので、そろそろ報告したいと思います。この日は尾久車両センターでイベントが行われるとのことで、そちらをメインに都内をブラブラすることにしましたが、自宅を少し早めに出て北斗星にご挨拶しようと思い、さいたま新都心駅の北側にかかる、ほこすぎ橋の袂から撮影してみることに。定刻よりも20分ほど遅れて通過していきました。

寝台特急北斗星'10.11.20
晩秋の青空の中やってきた北斗星

 ここからはさいたま新都心駅には戻らず、埼京線の北与野駅に向かい、埼京線に乗り込みます。例によって都区内パスを買うため、浮間舟渡駅で一旦下車。赤羽で乗り換えて尾久へとやってきました。

 ホームに降り立って最初に目にしたのが、隣の側線に止まっていた客車群。ブルトレ用の14系を始め、ジョイフルトレイン「ゆとり」で使用されていた展望車や事業用客車のマヤ34も連結されていたりして、一見すれば何ともへんてこな編成となっていましたが、これもイベントに訪れたお客さんへの“ファンサービス”ということなんでしょうかね?

14系@尾久'10.11.20
イベントの来場者を出迎えていた客車群

 さて、肝心のイベントの方ですが、先に到着していた知人からあまりの混雑で断念する旨連絡を貰いました。すると、駅脇の側道には会場へ向かう来場者の列が伸びていて、その長さははるか田端方面へと伸びているのが見えました。ひとまず駅の外に出ては見たものの、正直会場内に入るまでどれくらいかかるかもわからなかったし、仮に入ることが出来たにしても、あまりの来場者の多さに落ち着いて見物することが難しいと判断。今年は泣く泣く断念することにしました。

 しかし、そのまますんなり退散するのももったいないところ。そこで、向かった先は都電の荒川車庫前でした。さすがにこちらはイベントなども行われておらずひっそりとしていましたが、どの道イベントを見て廻ったあとはこちらに出向く予定でしたので、イベントに行けなかった分をこちらで楽しむことにしました。

 で、ここへ来た大きな目的は、先月デビューしたバイオレットカラーの8800形。幸い車庫にはそれらしい姿はないようなので付近でしばらく待っていると、王子方面から真新しいバイオレットカラーの8800形がやってまいりました。

都電8800形@荒川車庫前'10.11.20-1
バイオレットカラーに塗装された8800形と初対面!

 ちなみにヘッドマークは運転開始から1ヶ月間取り付けられるとのことで、昨日までだったようですね。

 この後、三ノ輪橋から折り返してくる8800形に乗ろうと再び待ち続けます。その間、車庫で寝ていた阪堺カラーの7511号が出庫。「貸切」の幕を出して三ノ輪橋方面へと走り去っていきましたが、実はまだ乗っていないんですよねぇcoldsweats01

都電7500形@荒川車庫前'10.11.20
「貸切」の幕を出して走り去った阪堺カラー・7511号

 しばらくして、先ほど撮影したバイオレットカラーの8800形が到着。幸い早稲田行きだったので、これに乗って大塚へと向かいました。

都電8800形@荒川車庫前'10.11.20-2
バイオレットカラーに初めて乗車できましたhappy01

 大塚では駅近くの店でランチをし、山手線に乗って目黒へとやってきました。この後の出来事については、別の記事で書きたいと思いますので、ここで一旦切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.23

竜ヶ崎線

竜ヶ崎線
竜ヶ崎線
午前中入地で撮影した後、一旦佐貫に戻ってランチ。これから竜ヶ崎に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.22

宮原通信(11/21)~カシカマ、安中貨物を牽く

 最近地元ネタがご無沙汰状態になっていましたが、たまには書いておこうと思います。

 昨日の夕方、久しぶりに安中貨物を見ようと地元で撮影することにしました。EF81の去就がいろいろと囁かれている中、今月あたりから安中貨物を撮影する人が多くなってきているのは、あちこちのblogから見ることが出来ますが、昨日は”カシカマ”こと79号機が担当でした。

EF81-79@宮原'10.11.21
”カシカマ”が牽く安中貨物

 安中貨物を牽くのはおそらく初めてじゃないかと思いますが、7月までは北斗星かカシオペアを引っぱる姿でおなじみだったカマだけに、久しぶりに元気な姿を見ることが出来ました。

 この後、EF64の1001号機牽引の12系客車が通過していったようですけど、大宮に用事があったため退散しました。

 蛇足ですけど、朝はあけぼのも一応狙っておりました。だいぶ暗くなりましたが・・・。

寝台特急あけぼの@宮原'10.11.21
こちらも今月一杯でしょうかねぇ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.21

ホンダシビック、国内での販売終了

 シビックの国内での販売が年内で終了するとのこと。実は初めて手に入れたマイカーがシビックだったんですけど、ことクルマに関してはこれといってこだわりがないもんで、親の知り合いにホンダのディーラーがいたという理由で選んだ次第です。実際に運転していても車体の大きいクルマではないので、使い勝手はよかったですね。おかげで7年間乗り続けました。

 その後、そろそろ買い替えようかと思ったとき、たまたま青森でレンタカーを借りた際に乗ったトヨタのヴィッツが気に入ったので、ホンダで同タイプのフィットに買い替えました。現在もそのクルマを運転していますけど、特に問題なく動いていますね。シビックとそれほど車体の大きさは変わらないのに室内が広いので、中の圧迫感というのはそれほどないですね。よって当分買い替えはなさそうですが、買い替えるくらいならカメラを買いたいという意見もあるとかないとか・・・coldsweats01

Civic
シビックは、最初に手に入れたマイカーでしたcar

 そういやホンダといえば、80年代にシティという車がありましたね。といっても、クルマよりもTVCMの方が印象深かったりするんですが、マッドネスというグループが体をくねらせながら踊っているCMが当時同級生の間で流行っていたのを記憶しています。さすがにこのネタを知っているのは一定の年代以上になってしまうんでしょうかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.20

【11/14】今年も訪ねた埼玉県民の日イベント~埼玉新都市交通 丸山車両基地公開

 11月14日は毎年恒例の埼玉県民の日。例年だったらこの日一斉にイベントが行われていましたが、今年はSRが前日13日にやってしまったので、14日はニューシャトルのイベントのみとなりました。そこで去年に続き今年も丸山車両基地へ行ってまいりました。

 まずは県民の日限定の1日乗車券を手に入れるため大宮駅へ。きっぷ自体はすんなり買えたんですけど、大宮駅以外の駅でも普通に売っていました。この手のきっぷは大宮駅でしか買っていなかったので、中間駅で売っているかどうかわからなかったんですけど、これだったら大宮へ遠回りせず自宅から一番近い加茂宮から乗っても大丈夫でしたね。まあ急ぎの旅じゃないですし、よしといたしましょうhappy01

県民の日フリー乗車券@埼玉新都市交通'10
今年も県民の日フリーきっぷが発売されましたhappy01

 丸山に到着し、さっそく隣接する丸山車両基地へ。検修庫に入り最初に目にしたのは、中間で切り離されて展示されていた2000系の01編成でした。02編成が入ったもののまだ2本のみと少数派の2000系ですが、徐々に数を減らしつつある1000系に変わり近い将来はニューシャトルの顔になりつつあります。

埼玉新都市交通2000系@丸山'10.11
後輩の02編成が入ったものの、まだまだ少数派の2000系

 その2000系02編成ですが、去年01編成のいた奥のところで展示されていました。

埼玉新都市交通2000系@丸山'10.11.14-2
先頭車のオレンジの枠が眩しい02編成

 そのお隣には1000系の13編成が展示されていましたが、先頭車には「感謝」と書かれた丸いヘッドマークが取り付けられていました。どうやら近々引退するようですが、具体的な引退時期とかははっきりしていませんでしたが、今後の動向に注目していきたいところです。

埼玉新都市交通1000系&2000系@宮原'10.11.14
近々引退することになった1000系13編成

13編成感謝HM
先頭車に掲出された「感謝」のヘッドマーク

 なお今年は今年3月に引退した11編成の部品販売も行われていて、昼前の段階では形式表示が出ていた先頭車の扉がまだ残っていました。

 イベントそのものは決して派手さはありませんが、去年同様今年も“サプライズ”ネタを提供するなど、内容の濃いイベントでありました。

 この後一旦帰宅し、2時過ぎに再びニューシャトルに乗って鉄道博物館へ。まだ見学していなかった企画展を見てきました。今回のテーマは御料車で、内装に施された装飾品はまさに走る美術館の様相ですが、何分乗る機会のない車両だけに実感がわかないのが正直なところです。先日千葉でE655系を使用したお召し列車が運転されたときはメディアにも取り上げられるほどでしたけど、個人的には今一つ興味が涌かないですね。

御料車展示入口
正直興味が涌かなかった御料車の展示

ヒストリーゾン@鉄道博物館
鉄博定番の撮影地(?)

 後は例によって館内をぶらぶらして過ごしてきましたが、帰りしなミュージアムショップに寄った際、EF81形牽引の北斗星をあしらったチョコレートの入った缶があったので一つ手に入れてきました。7月にEF510形に置き換えられた北斗星ですが、おみやげの商品にはいまだに前任のEF81形が健在で、こうしたグッズも目が離せませんね。

北斗星缶チョコ
ここではEF81が健在happy01

 夕方4時を過ぎ。だいぶ暗くなってきたので、ニューシャトルを使わずに歩いて大宮駅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
尾久のイベントに行くつもりだったのが、あまりの混雑ぶりにびびってしまい方向転換。あちこち彷徨った挙げ句、旧新橋停車場で企画展を見学した後、アキバに移動中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.19

特急日光、きぬがわ用485系が253系へ置き換え

 JRと東武を直通する特急日光ときぬがわに使用されている485系および189系の置き換えとして、元N’EXの253系がリニューアルされて登場することになりました。デビューは来年4月に予定されています。

 こちらにイラストが載っていますけど、いささか塗装が微妙な感じですねぇcoldsweats01。まあ、慣れてしまえばそれはそれで落ち着くことになるんでしょうけど。一方、車内はこれまでのN’EXからは大きく変更されるとのことで、座席のシートピッチがスペーシアと同じ幅になることや、外国人観光客に配慮して4ヶ国語対応の案内放送を装備するなど、日光鬼怒川への観光特急にふさわしい車内サービスが提供されるとのこと。現状ではスペーシアとの格差がかなりあるだけに、リニューアル車の登場で両者の格差は少しでも埋められることになりそうです。まあ、元々253系は成田空港への連絡特急としての役目を担っていたわけで、ちょうどいい再就職先と言えるかもしれませんね。

 そうなると、現在使用されている485系や189系の今後の処遇も気になるところ。特に東武線内を走る国鉄型車両というのも今後見られるかどうかわかりませんので、乗車&撮影は早いうちにしたいところですね。

253系@大宮'10.7.15
ようやく新たな”職場”で活躍することになった253系

特急日光@蓮田'10.8.1
置き換えられることになった特急日光・きぬがわ用485系

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010.11.18

十万石まんじゅう

 秩父からの帰り道、熊谷駅の駅ビルで十万石まんじゅうをおみやげで買ってきました。

十万石まんじゅう
おみやげに買ってきた十万石まんじゅう

 某ローカル局では、「うまい、うますぎる」のフレーズで有名なCMが流れていますが、我が出身である岩槻を始め、さいたま市内に店舗が何軒かあって、自分自身身近なお菓子の一つです。子供の頃、実家にはよく頂き物で貰っていたことがあったため、おやつによく食べていましたね。

 しかし、成人してからは食べることもなくなってしまいました。何より頂くことがなくなってしまったことが原因なんですが、子供の頃から「十万石まんじゅうは貰うもの」と刷り込まれてきたのもあったかもしれませんね。

 そんなわけで、久しぶりに味わって見ました。あの薄皮の味は昔と変わりませんですねぇhappy01。飾りっけのない素朴な味が好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.17

【11/13】秋フェス訪問その3~紅葉はまだだった宝登山

 13日の続きもこの記事が最後となります。長瀞の駅を出て目指すは宝登山。秋も深まり、そろそろ紅葉も見頃と思い、山頂まで往復しようというのが目的でしたが、それ以上に今年は宝登山ロープウェイが会社設立50年目とのことで、いろいろな記念企画が催されているとあって、その様子を見てみようと思った次第であります。

 さっそく乗車券を手に入れるべく山麓駅の窓口へ。ここで、以前こちらに紹介した「鉄ぐるっ~」のパンフに付いているクーポンを一緒に出しました。このクーポンを使うと、ロープウェイの運賃が割引になるんですが、ここで出てきたのは「割引往復乗車券」と書かれた硬券のきっぷでした。通常は宝登山の風景がデザインされたペラペラなきっぷになるんですけど、こうした硬券きっぷも今だここでは健在なんですよね。ロープウェイで硬券きっぷが使われているのもそうお目にかかれないと思います。

割引乗車券@宝登山ロープウェイ
パンフのクーポンを利用して出てきた硬券の往復きっぷ

 また、改札口には会社設立50周年記念の乗車記念証が置かれていましたので、こちらも1枚ゲットしておきました。

乗車記念証@宝登山ロープウェイ
乗車記念証も配布されていましたhappy01

 改札が始まり、乗り場へとやってくると、先に乗客を乗せたゴンドラが出発していきました。そのゴンドラが上がっていく様子を眺めていると、中間付近でもう1台のゴンドラと交換。そのゴンドラが徐々に近づき、ゆっくりと到着しました。

宝登山ロープウェイ'10.11.13
宝登山の山頂を目指すロープウェイ

 そのゴンドラには、サルとシカのイラストが描かれた大きなヘッドマークが掲出されていました。どちらも山頂にある動物園で飼育されているんですけど、ゴンドラにはそれぞれ「ばんび号」と「もんきー号」という愛称が付いていて、車体にもそれぞれ動物のイラストが描かれています。

設立50周年記念HM@宝登山ロープウェイ
こちらが特製のヘッドマーク。サルとシカが描かれています。

 自分を含め、多くの観光客を乗せたゴンドラがゆっくりと山麓駅を発車しました。途中、眼下に広がる宝登山の木々を見ながら山頂へと上っていきますが、肝心の紅葉の方はところどころ色づいている木はあるものの、ほとんどがまだ青々としていて、正直拍子抜けでした。むしろ秩父鉄道の浦山口駅周辺の方が赤く色づいていたので、紅葉目的だったらそちらの方がよさそうでしたね。

 山麓駅から5分ほどで山頂駅に到着。これといって山頂付近で見て廻る予定がなかったので、駅の隣から長瀞の市街地を俯瞰してみることにしました。ちょうど熊谷行きのパレオが長瀞に到着する時間で、しばらくすると秩父方面からやってきたパレオが上長瀞駅を通過する様子が遠目で確認できました。

山頂からの眺め@上長瀞方面
山頂から上長瀞駅方面を見たところ

 パレオが走り去った後は特に目的はなかったので、再びロープウェイに乗って下山することにしました。滞在時間は正味30分足らずだったでしょうかcoldsweats01

 こうして時刻は4時近く。そろそろ帰りの時間となったため、長瀞駅から16時1分発の急行に乗って帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.16

【11/13】秋フェス訪問その2~イベント会場見てある記

 13日の続きです。改札を出て、さっそくイベント会場へと向かいます。まずは入口で記念品をゲット。今年は秩父鉄道の車両がイラストで描かれているクリアファイルとペーパークラフトでした。また、一緒に入っていた会場の案内図はスタンプラリーの台紙にもなっていて、8種類のスタンプの中から好きな絵柄を3つ選んで受付に持っていくと、特製の缶バッヂをゲットできました。

秋フェス記念品
会場で頂いた記念品の品々happy01

 そのスタンプラリーで設置されたスタンプは、秩父鉄道で使用されている車両がデザインされたもので、どれもなかなかの出来栄えだったことから、別に持っていたスタンプ帳にも押しておきました。出来れば駅で常時置いて欲しいくらいですねhappy01

スタンプラリー用スタンプ
スタンプラリーじゃなくても押したくなるイラストですねhappy01

 それでは会場の方に目を向けてみます。まず目に留まったのは、朝方広瀬川原で見送ったカナリアカラーの1012F。会場では休憩車両として使われていましたが、この後13時38分発の熊谷行き臨時列車として使用されることになっており、それまではここで止まっていました。

秩父1000系@三峰口'10.11.13-1
カナリアカラー1012Fの役目は休憩車両でした

 さらに引込線内では2本のリバイバルカラー、スカイブルーの1001Fとウグイスカラーの1009Fが並んで展示されていました。これを見ると、田端と品川の区間での京浜東北線と山手線の走行シーンを連想させますね。もっともウグイスの方は関西線仕様になっており、ちょっと異なってはいますが・・・。

秩父1000系@三峰口'10.11.13-2
3本のリバイバルカラーを並べてみました(ちょっと苦しいですが・・・)happy01

 しばらくすると、午前中広瀬川原や大野原で待ち構えていたパレオがゆっくりとホームに到着。客車から切り離されたC58とデキ505号のうち、デキの方は早々に熊谷寄りに連結されました。

秩父デキ505@三峰口'10.11.13
つかの間の休息の中、熊谷へ向けて準備が着々と進んでいますhappy01

 出来ればこの後、転車台で向きを変えたり付け替えのシーンも見たいところでしたが、先ほども書いた通り13時38分発の臨時熊谷行きに乗車する予定でしたので、泣く泣く諦めてイベント会場を離れました。

 結局、賞味1時間ほどの滞在時間はあっという間に過ぎ、三峰口駅のホームへ。すると、先ほどまで休憩車両として使用されていた1012Fが動きだし、一旦先端の引込線に進んだ後こちらの方へとやってきました。

秩父1000系@三峰口'10.11.13-3
ゆっくりと入線

秩父1000系&5000系@三峰口'10.11.13
5000系とのツーショットも実現しましたhappy01

 到着してすぐ、臨時熊谷行きは三峰口を発車しました。往路は各停扱いだった1012Fの臨時列車でしたが、復路は急行が停車する駅のみ停まります。車内は立ち客も出るほどの混雑で、これだけ混んでいるのを見るのはカナリアカラーとして登場した’07年11月のとき以来でしたね。

 さてこの後ですが、一ヶ所立ち寄りたいところがあったため、長瀞で見送ることになりました。その長瀞での目的については、少し長くなってきたので、ここで一旦切って次回書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.15

【11/13】秋フェス訪問その1~カナリア1012F&パレオ蒸電運転

 ついに負けてしまいましたね>白鵬。まあ、いつかはストップするとは思っていましたけど、記録更新の瞬間も正直見たい気持ちはありましたね。それにしても稀勢の里、やりましたrock

 話が逸れましたが、おととい土曜日は秩父鉄道のイベントの日ということで、1日乗り歩いてきました。8時10分前に熊谷に到着。さっそく窓口で秩父路遊々フリーきっぷを手に入れます。すると、カナリア色1012Fをあしらった台紙付きの記念入場券があったので、こちらも1部手に入れておきました。

1012F引退記念入場券
1012F引退を記念して発売された記念入場券

 熊谷からは8時ちょうど発の三峰口行きでスタートします。この列車にはスカイブルーの1001Fが充当されることになっており、三峰口到着後はそのまま引込線で展示されることになっております。

秩父1000系@熊谷'10.11.13
スカイブルー1001Fで出発!

 さてこの後の予定ですが、10数分後にやってくる1012F充当の臨時三峰口行きを撮影したいと思います。どこで待ち構えようかと思いつつも、結局降り立ったのは大麻生駅。さっそく場所を決めようと熊谷方面へ歩いて10分ほど行ったところの広瀬川原の土手沿いに落ち着きました。手早く準備をし、少し落ち着いたところでお目当ての1012Fがやってまいりました。

秩父1000系@大麻生'10.11.13-1
臨時三峰口行きに充てられた1012F

 先頭には「FINAL」と書かれたヘッドマークが掲出され、いよいよ引退のときが近づいていることを窺わせますが、臨時列車のせいか乗っていた客はそれほど多くはなく、空いていましたね。

 ここでしばらく撮影に興じた後、9時近くになったところで広瀬川原車両基地の近くまで移動します。今度はSLの入れ替えの様子を見ることにしますが、到着した時にはすでにヘッドマークをつけたC58363号機がスタンバイしており、やがてカマに火が点ると、ゆっくりとこちらに近づいてきました。

秩父C58363@大麻生'10.11.13-1
出発へ向け、入れ換え作業真っ只中

 今回はSLの次機に電機機関車のデキ505号機を連結した蒸電運転ということで普段以上に楽しみにしておりましたが、電機も茶ガマの505号機を持ってきたところはなかなかの演出ですねhappy01

 熊谷へ向けて回送される前にここを離れ、先ほど撮影した広瀬川原の土手へと戻ります。すると、この日ウグイスカラーの1009Fに充てられた普通列車がやってきました。この列車は三峰口到着後、先ほどのスカイブルー1001Fと並べて車両展示されることになっております。

秩父1000系@大麻生'10.11.13-2
この後、車両展示が予定されているウグイスカラーの1009F

 そしていよいよ10時20分過ぎ、先程入れ替えシーンを見てきたパレオがデキ505を従えてやってきました。煙はあいにくでしたが、まあSLとELのコラボを見ることができたので満足ですね。

秩父C58363@大麻生'10.11.13-2
秩父路へ向けて疾走中!

 これで大麻生駅に戻り、10時57分発三峰口行きで先を目指します。ここでやってきたのは1002F。旧秩鉄カラーの編成ですが、このまま三峰口までまっすぐ行くか、あるいは長瀞から先で再度パレオを撮影するか車内で正直迷ったものの、もう1本くらいは落とせそうだったので、比較的空いていた大野原で降りることにしました。

秩父クハ1202@大野原'10.11.13
旧秩鉄カラー1002F、この日はちょっと影が薄かったような・・・coldsweats01

 出来れば和銅黒谷で降りたかったんですけど、ここはSL目当てのギャラリーで賑わっており、この後すぐSLがやってくることもあって場所を探すのが厳しいと思い大野原にした次第。ところがここは熊谷方面行きの列車との交換があるそうで、ホームからの撮影を諦めて近くの踏切で待つことにしましたが、手前に咲いていた花を何とか入れてみるものの、正直イマイチな絵になってしまいましたねcoldsweats01

秩父C58363@大野原'10.11.13
花に迎えられて・・・

 これでそろそろ三峰口へと向かいたいところだったので、後続の普通列車に乗車。秩父では先程見送ったパレオを再び追い抜きます。影森を過ぎた辺りから沿線には撮影しようというギャラリーでどこも賑わっていましたが、やはりこの日は蒸電運転とあって普段以上の賑わいでしたね。

 こうして終点の三峰口に到着。さっそくイベント会場を見て回ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.14

今日は

今日は
ニューシャトルの公開に来ました。1113Fが引退となるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.13

現在地

現在地
三峰口にきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.12

“鉄”ネタいろいろ3題

 最近気になった鉄道ネタをいくつか拾い上げたいと思います。まず一つ目ですが、東北新幹線に登場する「はやぶさ」のデビューが来年の3月5日に決まりました(参考:JR東日本のプレスリリース・ただし、PDFファイル形式)。新青森開業から遅れること3ヶ月後となりますが、何といっても注目は「グランクラス」と呼ばれるファーストクラスでしょうね。これまでのグリーン車よりもさらに上のクラスということで、どんなサービスが展開されるのかが気になるところですが、当然お値段もそれなりということで、大宮と新青森間の運賃込のお値段が24,660円とのことcoldsweats01。グランクラス分に関して言えば、仙台まででも新青森まででも同じ9,000円なので、長い距離を乗った方がお得なのは明らかですが、サービス分込みで特急料金の倍額となると、そうそう利用するというのはきついですね。でも、航空会社のファーストクラスに比べると決して手が届かないわけではないので、話のネタに一度は利用してみたいところです。

 余談ですけど、まだE5系の実物を見ておりません。まあ、営業運転が始まればゆっくり見ることはできますけどね。

200系@大宮'10.8.18
E5系の画像がないので、開業時から活躍する200系を載せておきますcoldsweats01

 2つ目は、来月12日に西武鉄道で運転されるメイドトレイン。こちらもアナウンスされたときは正直西武もよくOKしたなと思ったりもしましたが、こちらの記事によれば、当初は西武鉄道の社員がメイドに扮してサービスするという企画があったものの、風俗営業法の絡みでそれはボツになったとのこと。まあ、公共交通機関という性質上、多くの制約があることは当然なんですが、賛否両論はあるものの法が許される範囲の中でこうした“ユルイ”企画というのも、このご時勢中にあってもといいんじゃないかとは思うんですけどね。

 何はともあれ、企画される側の苦労も相当と思われますが、成功をお祈りいたします。

西武10000系@椎名町'10.4.3
メイドトレインに使用される「レッドアロー」10000系

 そして3番目、毎年恒例の南栗橋で行われる東武ファンフェスタの日程が、暮れも押し迫った12月5日、つまり東北新幹線の延伸開業の翌日となりました。さすがに開業初日に行くことはないので例年通り行くことになりそうですが、イベントの内容を見ると、今年の車両撮影会に東上線の東武顔、8111Fが展示されるとのこと。このイベントに“応援”で来るのか、はたまたサプライズがあるのかはわかりませんが、その顔を拝んでおきたいところです。

 一方、鉄むす関連についてははっきりしたことが発表されていませんが、一応出展ブースにトミテさんも出ているので、もしかしたら限定商品があるかもしれませんね。こちらも今後注目したいところです。

東武8000系@森林公園'10.3
東武ファンフェスタに登場予定の8111F

 以上、鉄ネタを3つ取り上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.11.11

【11/7】西武顔を求めて~「第9回流鉄の鉄道の日」イベント会場へ

流山駅構内
西武顔が一杯happy01

 西武顔を求めて西へ東へと奔走した日曜日の続きです。

続きを読む "【11/7】西武顔を求めて~「第9回流鉄の鉄道の日」イベント会場へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.10

【11/7】西武顔を探しに~西武多摩川線低運転台101系

101系ポスター@武蔵境
特製のポスターも登場しましたhappy01

 西武多摩川線に最後まで残っていた低運転台101系が今月9日をもって引退することになったため、7日の日曜日に乗りに行ってまいりました。

続きを読む "【11/7】西武顔を探しに~西武多摩川線低運転台101系"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.09

キハ181系はまかぜ運行終了

 先週土曜日の6日を持ってキハ181系による特急はまかぜの運行が終了しました。最終日も沿線に多くのギャラリーが集まったようで、その様子はあちこちのblogなどを読んで感じることが出来ましたが、車両自体は臨時列車として年内使用される予定があるそうで、その頃にはまた話題になることでしょうね。

 思えばデビューして間もない頃は、特急つばさ号にも使用されたわけですから、当然大宮を行き来していたので、埼玉県内とは決して無縁ではなかったわけですが、運転されていた当時はまだ小さかったので、実際に走っているところは当然見てはおりません。

 さてそんなキハ181系ですが、去年置き換えを発表した際にこちらに記事として書いており、過去乗ったときの画像をあれこれ紹介いたしましたが、今回は同じ国鉄型の特急用ディーゼルカーであるキハ80系の画像を紹介したいと思います。

 こちらは最後に残った特急南紀号に何度か利用していて、'89年の暮れに南近畿ワイド周遊券片手に乗車した他、18きっぷ片手に当時あった紀州夜行で紀伊半島をぐるっとした道中に区間乗車したりしています。さらに古くは名古屋停車中のひだ号のスナップが残っていたりして、晩年の頃とはいえわずかながら実車を見ることができました。

 キハ181系引退に関連し、同じ国鉄型繋がりということで紹介したいと思います。

キハ82系@名古屋'84.4
名古屋駅で偶然撮影した特急ひだ

キハ82-75@新宮'89.12
南近畿ワイド周遊券で利用した特急南紀。キハ82系としては最後に残った定期運用でした(新宮:'89年12月)。

特急南紀@熊野市'92.3
引退直前に乗ったときの様子。これが最後となりました(熊野市?:'92年3月)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.08

埼玉県内の駅に置かれている“鉄”なパンフ

 先月あたりから埼玉県内の各駅に置かれている「鉄ぐるっ!埼玉B級ご当地グルメ観る味るMAP」と題したパンフ、タイトルを見る通り、県内のB級グルメを鉄道と絡めながら紹介している内容になっていますが、東武8000系の初期更新車や秩父鉄道の硬券が「鉄旅ポイント」と題して紹介されているなど、所々で “鉄分”も盛り込まれています。

鉄ぐるっ!埼玉B級ご当地グルメ観る味るMAP

 それにしても8111Fを「東上線のかわいい車両」ですかhappy01。まあ他の8000系に比べればそう見えなくもないかもしれませんが、こういう形で認識されるのもまたアリなのでしょうね。

 惜しむらくは、割引の使えるクーポンが肝心のB級グルメの店には対象になっていないこと。まあ、どこも安いところばかりなので、割引にする必要はないでしょうけど。

 ところでB級グルメといえば、先月行田で行われたイベントでは早々に売り切れ続出で非難轟々だったとか。2年前に西川口で行われたときにもあまりの来場者の多さに結局何も食べずに退散してしまいましたが、主催する側も予想以上の反響で対応できない印象を受けました。行田のフライも10年くらい前は“知る人ぞ知る”存在だったのに、今やB級グルメの代表格になって知名度が上がり、県外でも存在を知られるようになりました。かねつき堂も週末は大賑わいなのかな?

 話は変わりますが、さいたま新都心駅周辺のイルミネーションが今年も始まりましたね。先ほど仕事の帰りに撮ってきました。

イルミネーション@さいたま新都心'10.11.8
今年もこの季節に入りましたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.07

流山

流山
もう出発します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
今日は
これに乗って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.06

【11/3】駆け足で訪ねたTX&関鉄のイベント

 今週水曜日の文化の日、久しぶりに天気に恵まれた1日でした。元々好天になる確率が高い日でもありますが、今年も毎年恒例のTXと関鉄のイベントが開催され、両方合わせて訪ねてまいりました。しかし今年は夕方から知人の結婚式の2次会に出席しなければならなかったため、やや急ぎ足での訪問となってしまいました。

 守谷に到着したのが9時ちょっと前。すでに駅前では、会場までの無料シャトルバスに乗る客の列が伸びていましたが、今回はこれに乗らないで会場まで歩いて行くこととします。というのは、鉄道むすめのTXのキャラクターである秋葉みらいの限定版フィギュアが発売されるとのことで、少しでも早く会場に辿り着こうという目論見でありました。

 シャトルバスのところにいた係員に会場までの所要時間を尋ねると、およそ20分とのことでしたが、実際に歩いてみると20分まではかかりませんでした。すでに入口から客待ちの列が伸びていて、さっそく最後尾に並びます。開場まで後30分ほど、時より整理のために列が少しずつ移動してくれたので、待っていてもそれなりに退屈はしませんでしたね。

 こうして10時になり、いよいよ開場。さっそくグッズ販売のブースへと進みます。やはりグッズお目当てという来場者も多いようで、ブースの周辺では多少バタバタしていたもののすぐに収まり、待つこと15分くらいで無事ゲットすることができましたhappy01

秋葉みらい限定版フィギュア
無事手に入れることができましたheart04(正面左側が限定版、右側が通常版)

秋葉みらい等身大パネル
こちらももちろんありましたheart01

 これでまずは一安心。せっかくなので、何かないかと思い、他の会社のブースも覗いて見ます。あいにく欲しいものはありませんでしたが、鉄むす関連では多摩モノレールのブースで先日手に入れた立川いずみのイラスト入り1日乗車券を販売しておりました。

立川いずみ等身大パネル
多摩都市モノレールのブースには立川いずみさんがいらっしゃいましたheart01

 その後、会場を一回り。毎年恒例のヘッドマークをつけての展示もあり、時間によってヘッドマークの取替えが行なわれていましたが、11時前には会場を後にしてしまったため、10時台に掲出された2種類のヘッドマークを撮影するに留めました。

TX-2000系@TX総合基地'10.11.3-1

TX-2000系@TX総合基地'10.11.3-2
(2枚とも)10時台に掲出された2つのヘッドマーク

 これでTXの方は撤収。無料シャトルバスに乗って、関鉄のイベントが行われている水海道車両基地へとやってきました。こちらも内容はほぼ例年通りで、去年に続いてキハ5000形による試乗会が行われていました。ちょうど出発するところだったので1往復乗ってきましたが、今年も乗車の際に係員の方から硬券の記念乗車証を頂いてきました。実は何気にこれが目当てだったりもしますけどねcoldsweats01

関鉄キハ5000形@水海道車両基地
今年も試乗会で活躍していたキハ5000形

 一方、車両展示の方は4種類の車両が勢ぞろい。撮影タイムの際には行先を表示させるなどの“サービス”も行なわれました。

車両展示@水海道車両基地
新旧の車両が勢ぞろいした車両展示

 ところで会場にいて一つ気づいたことがありましたが、食事の品揃えが例年に比べて増えていて、地元からは下妻名物の豚めし弁当を販売していました。恥ずかしながらこの会場で初めて知ったんですけど、地元ではなかなか好評らしく、今回一つ買って食べてみました。高崎駅などで売っている「たかべん」の鶏めし弁当によく似ている盛り付けでしたが、ボリュームがありながら500円という値段はなかなかのお値打ちと言えそうですね。

筑峯豚めし
下妻の名物として有名な筑峯の豚めしをいただきましたrestaurant

 これで会場を後にして、ちょっとだけ“撮り鉄”をしてきました。場所は去年撮影した近くの踏切でしたが、鉄道の日記念のヘッドマークをつけた単行を撮影することができました。取手から水海道に到着後、回送で車両基地に戻るところでした。

関鉄キハ2200形@水海道'10.11.3
鉄道の日記念ヘッドマーク付き列車を今年も撮影できましたhappy01

 これで再び水海道車両基地へと戻り、今度は水海道駅へと出て関鉄のディーゼルカーで帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.05

宮原通信(11/3・夕方の部)~安中貨物に間に合った

 おとといの続きです。

 日中、TXと関東鉄道のイベントを訪れ、3時過ぎに帰ってきました。実は夜から結婚式の2次会に参加する予定があったので少し早めに帰宅したんですが、これだったら安中貨物も撮影できるので、帰宅前にそのまま待機いたしました。

EF210-162@宮原'10.11.3
この日2度目の桃太郎との対面

 4時が近づき、そろそろやってくる頃と思っていたとき、駅近くの踏切の警報機が鳴り始めました。下りの899Mが来るにしては信号機が変わっていないし、どうやら上り線に列車が接近している模様。しばらくして電機が単機でやってきましたが、これが何と”Pトップ”ことEF65-501でした。

EF65-501@宮原'10.11.3
思わぬ来訪者が目の前を通過していきましたwink

 4時過ぎ、この日も安中貨物が無事通過していきました。

EF81-82@宮原'10.11.3
安中貨物でこの日の締めとなりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.04

宮原通信(11/3・朝の部)~2日連続の遅れ

 昨日の朝は晴れでしたが、東北地方が大荒れの天気だったこともあって、あけぼのは2日連続で遅れとなりました。おまけにどのあたりを走行しているのかといった情報がほとんどない上、遅くとも7時半くらいまでには出発したかったので、「今日はダメかな~」と半ば諦めモードに入りつつありました。

EF210-130@宮原'10.11.3
あけぼのが来るまでの腕試し(?)

 すると、目の前を通り過ぎた825Mにたまたま乗車していた知人から桶川でそれ違ったという情報を頂き、それから待つこと10分ほど、定刻より30分ほど遅れて通過していきました。

寝台特急あけぼの@宮原'10.11.3
30分遅れでやってきましたcoldsweats01

 何とか無事お迎えできたところで撤収。この日の目的地へと出発しました。なお、情報をいただきました知人におかれましては、この場を借りてお礼申し上げますm(__)m。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もイベント盛りだくさん~埼玉県民の日

 今年も11月14日が近づいてきましたが、県内に路線を伸ばすJR以外の鉄道各社から例年通り1日乗車券が発売されます。各鉄道会社の料金は以下の通り。

東武 大人 460円 子供 230円
西武 大人 460円 子供 230円
SR 大人 450円 学生 350円 子供 230円
 (学生用購入の場合は、本人確認できる証明書が必要)
秩父 大人 1,000円 子供 500円
ニューシャトル 大人 400円 子供 200円
TX 大人 2,300円 子供 680円
 (県外の路線も含めTX全線で有効)

 例年と異なる点として、SRについては前日の13日も利用できるとのこと。この日は浦和美園で車両基地の公開があるので、それに合わせたんでしょうね。

 そのイベントですが、SRの他に秩父鉄道やニューシャトルでも行われます。

秩父鉄道
 創立111周年記念 秋フェスin みつみねぐち(11月13日・三峰口駅)

ニューシャトル
 埼玉県民の日ニューシャトル車両基地一般公開(11月14日・丸山車両基地)

 そのうち、13日に行われる秩父鉄道のイベントの内容が記されたチラシが宮原駅にあったので1枚貰ってきましたが、その中で気になる一文が。何でもリバイバルカラー1000系のうち、カナリア塗装の1012Fが引退間近という文言が書かれていました。このイベントが最後の花道になるのか、詳細はまだ発表されていないので何もわかりませんが、元東急8090系から改造された7500系の2本目が入線してきたことから、それとの入れ替えかもしれませんね。

秩父1000系@武川'10.5
引退が近い(?)カナリア塗装1012F(武川:'10年5月)

 もちろん13日は三峰口へ出撃する予定ですが、県民の日フリーきっぷはこの日は使えないんですよねcrying。まあ通常売られている1日乗車券と400円の差なので、イベント当日は1日乗車券でということなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.03

今日は

今日は
今日は
今日は
今年も行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.02

宮原通信(11/2)~30分遅れ

寝台特急あけぼの@宮原'10.11.2

 今朝は30分ほど遅れて高崎を発車したという情報をキャッチしたため、出勤前に何とか撮れそうと思いスタンバイ。7時前に通過していきました。

 これが11月最初のあけぼのとの対面となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はまかぜ&きたぐに乗り鉄紀行その10~タレかつ丼を食べて帰路につく

 はまかぜ&きたぐにの旅もこの記事で完結となります。馬下でSLばんえつ物語号を撮影し、普通列車で新津へと戻ってきました。時間は正午前でそろそろランチを食べたいところでしたが、朝方新潟駅の改札口で見かけたタレかつ丼のお店を紹介した地図が手元にあり、これを食べて帰ろうと思いつきました。そこで新潟へ戻ることになり、次の11時52分発快速くびき野号に乗車。8月のときはT18編成にうまい具合にあたりましたが、今回は上沼垂色の編成でした。

快速くびき野3号@新潟'10.10.16
一区間だけ、この列車にお世話になりましたwink

 新潟のタレかつ丼を食べるのはこれが初めてなので特に目指す店もなく、駅に近いところにある店に入ることに。朝方、新潟中央郵便局を訪ねた帰りに見かけた「ぐりる かんだ」というお店があったのを思い出し、そのまま直行しました。

 さっそくタレかつ丼を注文。15分ほどで出てまいりました。

タレかつ丼@かんだ
新潟名物のタレかつ丼を頂きましたrestaurant

 なかなかのボリュームでしたねhappy01。地図に出ているタレかつ丼の写真を見ると、桐生や福井などで見かけるソースカツ丼に似ていますが、ここ新潟のはソースの代わりに醤油ベースのタレを使っています。お値段はサラダがついて700円。なかなかのお値打ち感です。

 これで腹も満たされ、新潟駅へと戻ります。この後はもう帰るだけなので、長岡方面へ向かう列車に乗り込みます。次の長岡行きは13時5分。使用されていたのは国鉄型の115系でした。

クモハ115-1555@新潟'10.10.16
国鉄型115系に乗って長岡へ

 一方、お隣の3番線には、長岡行きの前を走る特急北越6号が入線していました。こちらも485系と、国鉄型の2形式が同じホームに並ぶことになりました。

特急北越6号@新潟'10.10.16
485系を使用する特急北越号

 この後、長岡で越後湯沢行きに乗り換えて終点へ。さすがに普通列車の乗り継ぎもだいぶ退屈してきたのでcoldsweats01、ここからは新幹線のお世話になり大宮へ一気に帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.11.01

はまかぜ&きたぐに乗り鉄紀行その9~SLばんえつ物語号にご挨拶

 はまかぜ&きたぐにの旅も無事目的を果たし、後は帰るのみとなりましたが、まだ帰るには早すぎたため、手持ちにあったえちごワンデーパスを有効に利用することにしました。

 まずは一旦改札を出て新潟中央郵便局へとやってきました。ここは20年前にすでに旅行貯金を済ませてありましたが、風景印を押し直そうと思いやってきた次第。風景印をお願いすると、それとは他にSLばんえつ物語号の小型印もあったので、両方押してもらいました。

 駅を出たときには降っていなかった雨がまたぱらついてきたため、足早に新潟駅へと戻ってきました。さすがに傘なしでは辛かったので、改札前のコンビニでビニール傘を購入し、9時5分発会津若松行きに乗り込みました。

 今回の旅ではあくまで“おまけ”の位置にあるSLばんえつ物語号。時間的にもそれほど広範囲に移動することはできず、新津付近で適当な場所を調べていたら、馬下駅の新津寄りが広大な平地になっているとのことで、そこから撮影することにしました。馬下駅から歩いて10分ほどのあたりで、すでに数名の撮影者がスタンバイしていましたが、何分このあたりは広いところとあって、場所は充分にありました。

 遠くで汽笛が聞こえ始め、C57の黒い車体が煙を上げながらこちらに近づいてきました。その様子をカメラのファインダー越しから追いながら撮影しました。

SLばんえつ物語号@馬下'10.10.16-1

SLばんえつ物語号@馬下'10.10.16-2

SLばんえつ物語号@馬下'10.10.16-3
(3枚とも)会津若松へ向けてひた走る「ばんえつ物語号」

 SLばんえつ物語号は’01年のクリスマスに一度乗ったことがありますが、沿線からの撮影は今回が始めてでした。いろいろと研究すれば撮影地もいろいろとあるでしょうが、あくまで今回はこちらに付いては“おまけ”なので、次回はゆっくりと沿線を巡ってみたいですね。

 帰りは11時10分発の新津行きに乗り込みますが、やってきたのは国鉄型のキハ40系の3両編成でした。実は今回の旅では前日の和田山で播但線のキハ40系を見ていますが、キハ52系やキハ58系が徐々に姿を消していくなか、車齢がまだ若いこともあってまだまだ各地で現役として活躍しています。いずれは国鉄型として注目を浴びていくことになりそうな予感ですが、そのときはキハ52系やキハ58系のような注目をされるのでしょうか?

キハ40系@馬下'10.10.16
数少なくなった国鉄型キハ40系

 こうして新津へと戻ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »