« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011.01.31

宮原通信(1/30)~大雪の影響で運休

 昨日はあけぼのが日本海側の大雪の影響で運休とのこと。そうなれば、冬季限定のお楽しみであるシーハイルを狙うことになりますが、出来上がった画像を見たらかなりピントが大甘でしたcoldsweats01。これも寒さの影響なんでしょうか???

 この後は11時過ぎまで自宅で家事をしていましたcoldsweats01。ただ、日中は家内が外出してしまうため、ランチ調達を兼ねて外出することに。11時20分前後にやってくる貨物を撮影してからお出かけとなりました。

EH200-181@宮原'11.1.30
牽引機がブルーサンダーに変更

 お出かけから宮原に戻ってきたのは5時ちょっと前。そろそろ水上4号が通過する時間でしたが、冬至の頃に比べると明るくなっていたので、それ狙いで待っておりました。

特急水上4号@宮原'11.1.30
最後に出会えた湘南色

| | コメント (0) | トラックバック (0)

253系1000番台車両展示会と189系「彩野」編成

253系1000番台車両展示会チラシ

 ちょっと時間が経ってしまいましたが、先週あたりから253系1000番台の車両展示会のパンフが大宮駅などに登場し、さっそく貰って来ました。それによれば、車両展示会は来月12日に品川駅で、そして20日には東武日光駅で行なわれるとのこと。人出のことを考えたら20日のほうがよさそうなんですが、あいにくこの日はすでに用事が入っていまして、行くとしたら品川駅の方になりそうです。

 ところで、「日光」「きぬがわ」に通常使用されている485系の予備編成として、「彩野」189系があります。この車両、2003年に一般公募で愛称を募り、その結果「彩野」となりましたが、当初は赤に黄色の帯という何とも派手ないでたちで登場するなど、結構目立っていましたが、登場した直後の5月に快速やすらぎの日光号で初めて乗車しました。そのときの様子はこちらで当時書いていますのでここでは割愛しますが、天井の照明にもイラストが描かれるなど、なかなか力の入った車両でした。

 その後は先ほども書いた通りで、「日光」「きぬがわ」の485系の予備車扱いとなり、車体も485系のものに準じた塗装に変わってしまいましたが、253系1000番台の投入により、この彩野編成は廃車になるようです。こちらは3月に臨時で使用されるようですので、定期運用の485系共々注目していきたいところです。一応乗車の計画を現在立てている最中ですが、果たしてどんな形で乗ってくるのか、引き続き構想を練ってみたいと思います。

クハ189-511@横浜'04.2.1'04年2月に運行された「快速鎌倉物語号」に乗ったときの「彩野」。ちなみに乗ったのは、みなとみらい線開業の2月1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.30

【1/24】千代田線の06系に乗車する

 京王6000系を見に行った日の続きです。無事目的を果たした後は、そのまま戻らずに府中本町駅へと向かい、南武線で登戸へとやってきました。こう書いてしまうと目的が明らかになってしまいますが、引退まで1週間を切っていた6連の5000形が目当てでした。ただ何分情報がなく、雲を掴むような状態だったもんで、予定通り(?)の結果と相成りました。

 ただ、そのまま帰るのももったいなかったので、まだ何とか撮影出来そうな状態だったことから、ネタ探しついでに経堂で降りて撮影することに。夕日が沈む中近づいてきたVSEを捕らえることができました。

小田急50000形@経堂'11.1.24
夕日をバックにVSEがやってきました

 次第に暗くなってきたので、後続の列車に乗り込み、一路新宿を目指そうとしましたが、代々木上原駅の手前、千代田線の列車が折り返す引込線のあたりに差し掛かった際、東京メトロの06系が止まっていたのを見かけました。06系については年末に百合ヶ丘で撮影していますが、乗車となると正直記憶にありませんでした。そこで急遽予定を変更。これに乗ることにしました。

東京メトロ06101@代々木上原'11.1.24
千代田線の06系に乗り換え

 何分1本しかいない車両なので、この機会を逃してしまうのはもったいないところですね。

 結局霞ヶ関まで乗車し、日比谷線に乗り換えて上野へとやってきました。時刻は6時ちょっと前で、この時間だったらホームライナー鴻巣1号に間に合いそうでした。足早に8番線ホームへと向かいましたが、止まっていたのは湘南色の185系でした。最近は14連での運用ばかりを撮影していましたが、7連のホームライナー運用に入っているところはこれが初めてでした。

クハ185-306@大宮'11.1.24
この日のホームライナー鴻巣1号は湘南色が入りました

 こうして無事帰還となりましたが、6000系ばかりでなくいろいろと盛りだくさんな1日を過ごすことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/24】終焉迫る京王6000系@競馬場線

 京王の公式サイトに、京王の6000系が3月で引退する旨のニュースが出ておりました。その第1弾として競馬場線を走る6000系にヘッドマークを掲出するとのことでしたが、この路線、6000系が走るのが平日のみで週末は別の車両で運転されることから、どうしたものかと思案していましたが、先週の月曜日に人間ドックを受診する予定だったため、時間があえばその後にでも訪ねてみようと思っておりました。幸い人間ドックの方は早めに終わることが出来、午後から現地へ直行となりました。

 競馬場線の基点である東府中までは京王線を利用することになりますが、その前にせっかくの平日の行動なので、郵便局巡りもすることにしました。まず降り立ったのは柴崎。駅からすぐのところにある柴崎駅前郵便局へと向かいました。実はここの風景印が鉄道絡みのものであることを以前から聞いていましたが、押印した風景印を見たら、何と6000系が描かれていました。

柴崎駅前局風景印
柴崎駅前の風景印。6000系が描かれています。

 引退が近い6000系ですが、その後この風景印はそのままで残るのかどうか気になるところです。出来れば、かつて走っていたなつかしの車両としてそのままこのデザインで残してくれたらという思いもあったりしますが、なかなかいい記念になるので、もしご興味があれば立ち寄るのもいかがかと思います。ただし平日のみではありますが・・・。

 柴崎駅に戻ると、改札付近に大きな6000系のポスターがあるのを発見しました。前面を大きく映し出されたなかなか迫力のあるものですが、京王の各駅で見ることが出来ました。

6000系ポスター
柴崎駅に貼ってあった6000系のポスター

 再び各停に乗り、西調布で途中下車。ここでは歩いてすぐのところにある調布上石原郵便局へ向かいました。この界隈は今から7年前の平成16年、ちょうど同じくらいの頃に新撰組所縁の名所を訪ねて回ったことがあり、近藤勇の銅像がある西光寺もそのとき見に行きましたが、風景印にはその像が描かれています。

調布上石原局風景印
西光寺の近藤勇像が描かれた調布上石原郵便局の風景印

 それにしてもこの日はどちらの局も来客者が多く、これ以上郵便局巡りをしていると日が暮れそうだったので、このあたりで本題へと入ることにしました。

 東府中に到着。現在、駅舎橋上化工事の関係でホーム上に構築物か出来ており、去年4月に来た時と比べると幾分暗くなってしまいましたが、しばらく待っていたら競馬場線の6000系がゆっくりと入ってきました。

京王6000系@東府中'11.1.24
東府中駅に入線する競馬場線の6000系

 一通り撮影を済ませ車内へ。特段「さよなら」を思わせるような広告等は見かけませんでしたが、東府中を発車し、落ち着く間もなく終点の府中競馬正門前駅に到着です。

京王6000系@府中競馬正門前'11.1.24-1
終点に到着

 改札を出る前にまずは記念スタンプを押しておきます。こちらは多摩動物公園駅でも設置されるそうで、スタンプ台のところには両方で押せるよう特製の台紙も用意されていました。

スタンプ@京王6000系
6000系のスタンプも登場

 さっそく前回撮影した踏切付近へと向かいます。1度来ているので、場所の雰囲気などがある程度把握できているのは安心なところでしたが、当初1往復だけの予定だったものの、正面にしか光線が当らないことや、東府中との間の直線区間がこの時間だと影に入ってしまうなど、撮影した画像の出来が今一つだったことから、結局もう1往復撮影しておきました。

京王6000系@府中競馬正門前'11.1.24-2

京王6000系@府中競馬正門前'11.1.24-3
(2枚とも)駅近くで撮影

 2月には動物園線でもヘッドマーク付き列車が運転されるとのことですが、来週土曜日には毎年恒例の高尾山冬そば号が運転されるので、その帰りにでも足を運んでみようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.29

【1/23】1013Fはお休み~ニューシャトル

 先ほど、長瀞から戻ってきました。天気が心配でしたが、多少雲が広がった時間があったものの、概ね穏やかな1日となりました。

 さて、ここでは先週の日曜日の出来事について書いていきます。こちらで書いたとおり、地元でシーハイル上越を撮影した後、歩いてニューシャトルの東宮原駅へと向かいました。目的は、来月6日のラストランが迫った1013Fの様子を見るためですが、何分情報もないことから、まずは車両基地のある丸山へ行ってみることにしました。

 丸山に到着し、さっそく車両基地の様子を見に行きました。

埼玉新都市交通1000系&1050系@丸山'11.1.23
お目当ての車両は車両基地の中weep

 はい、一番見通しのいいところで日向ぼっこをしておりましたweep

 引退まで残り1週間。今のところ自由に動けるのが明日くらいなので、改めて訪ねてみようと思います。一方、公式サイトにはラストラン当日の運行予定が告知されており、大宮駅10時ちょうど発の列車に関しては、大宮駅のホームで花束贈呈が行なわれるとのことです。最悪でもこの日になれば、動いているところは見ることが出来そうです。

 ところで、1013Fと入れ替わる車両がどうなるのかも気になるところです。今のところそちらの情報については発表がありませんで、おそらく2000系が増備されることになるとは思いますが、これまでピンクの1編成、オレンジの2編成と登場しているので、3本目はどんなカラーになるのか、こちらも楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

蝋梅

蝋梅
宝登山の山頂からロープウェーで降下してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
小田急のイベント、と行きたいところですが、大宮からシーハイル上越号に乗車してます。どこへ行くかは後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.28

【1/22】今年も掲出された新春記念ヘッドマーク~新京成

 先週土曜日の続きです。いよいよこの日のメインである新京成のヘッドマーク付き列車を見ようと思いますが、何分運用等はわからないので、とりあえず京成津田沼から千葉線に乗り換えます。京成幕張本郷駅にやってくると、駅に隣接しているJRの幕張車両センターに湘南色の113系が停まっていました。スカ色の113系と連結した状態でしたが、こちらもまだ乗ったことがないんですよね。房総方面へは1日かけて廻りたいところなんですけど、なかなか足が向かない状態です。

113系@幕張本郷'11.1.22
湘南色とスカ色の共演が見られましたhappy01

 一方のヘッドマーク付列車ですが、いつ来るのか全く見当がつかない状況なので、適当なところで切り上げて引き上げることに。ところが、途中でそれ違った新京成の8500形を車内から見ていたら、最後部にヘッドマークが付いていたのを確認。この列車は松戸行きなので、こちらへ戻ってくるまで2時間近くありました。新京成線沿線へ引き返してもよかったんですが、それだと些かせわしなく感じたので、去年降り立ったみどり台駅までとりあえず行くことにしました。

 まずは駅近くの中華料理店でランチを済ませます。セットメニュー600円でコーヒーがセルフで付くのはお値打ち感がありましたね。中華街のランチメニューと同じ感じでしたが、最近中華街もご無沙汰ですね。

 戻ってくるまではまだ1時間以上もありましたが、店に長居するのも申し訳ないので、とりあえず行き交う列車を撮影することに。すると、青電が津田沼方面からやってきました。

京成3300形@みどり台'11.1.22
この日2本目のリバイバルカラーと対面

 これで3本のリバイバルカラーのうち、2本を撮影することが出来ましたが、残る1本の赤電は、ここへ来る途中に高砂の車庫で眠っていたのを確認しました。最近、京成のリバイバルカラーの話題があまり取り上げられなくなっており、正直気になっていたんですが、こうして元気な姿を見ることができました。

 さて肝心のヘッドマーク付き列車ですが、手持ちの京成時刻表をあれこれ読んでいたら、みどり台には14時20分に到着するようでした。それまで再び待つことになりますが、時間が経つにつれて近くの学校の敷地内に植えられている木の影が伸びてしまい、2時を過ぎると線路に掛かってきました。そういえば去年は薄曇りの中の撮影だったので、そんな心配はしなくてもよかったんですけど、次第に条件が厳しくなっていく中、ようやくお目当ての列車がやってまいりました。

新京成8500形@みどり台'11.1.22
2時間近く待って、ようやくご対面となりましたcoldsweats01

 まずは走行中の撮影が完了。今度は乗車の方を楽しもうと思い、みどり台から先行する列車で京成津田沼へ向かい、そこから乗り込むことに。この後、どこまで乗るとかは決めていませんでしたが、まだ時間が早かったことからどこかで撮影したいと思い、何度か降り立ったことのある五香で見送ることとなりました。

新京成8500形@五香'11.1.22
五香まで乗車

新春HM@新京成
今年の干支であるウサギのイラストが可愛らしいですねheart01

 その五香ですが、ホームからだと周りの建物から伸びる影が出来ていたため、やむなく八柱へと移動しました。時刻は4時前。そろそろ、先ほど乗ったヘッドマーク付き列車が松戸から折り返してくるので、松戸方面へ向かって歩いて5分くらいのところで待ち構えました。

新京成8500形@八柱'11.1.22
夕暮れの中、松戸からの折り返しを狙いました

 これでミッションは全て完了。この後は新八柱から武蔵野線で帰途に付きます。もちろん乗るのはしもうさ号。その前に府中本町行きの列車があったので、それで吉川まで移動してから乗り込みました。

205系@吉川'11.1.22
帰りはしもうさ号で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.27

新型自販機

新型自販機
大宮駅6番にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.26

【1/22】京成沿線ぶらぶら撮影紀行

 新京成といえば、年始めの1月にその年の干支が描かれたヘッドマーク付き列車が運転されますが、今年も掲出されているとのことなので、先日の22日に行ってまいりました。

 途中、さいたま新都心駅で朝食を食べた後、上野方面行きを待っていたら、3番ホームを列車が通過する旨のアナウンスが流れました。この時間、通過列車があったかとふと思ってしまいましたが、大宮方面からEF64に牽かれたあけぼのがやってきました。この日は1時間ほど遅れていたようです。

寝台特急あけぼの@さいたま新都心'11.1.22
新都心であけぼのと遭遇

 この後、上野行きに乗り込みましたが、すんなり現地へ行くはずもなく、なぜか向かったのは都電の荒川車庫前。あちこちのblogで7500形引退の告知が出ているとのことで、それを確かめたかったところでしたが、事務所の前の掲示板にそれが出ておりました。

7500形引退告知貼紙
荒川車庫にあった「さようなら7500形」と題した貼紙

都電7500形@荒川車庫前'11.1.22
阪堺色7511号と遭遇

都電8800形@町屋駅前'11.1.22
新車に乗って町屋へ

 早稲田方面へ向かっていく阪堺色の7511号を見送った後、乗り込んだのは黄色い新車の8810号。こちらに揺られて町屋へとやってまいりました。ここからはもちろん京成に乗換となりますが、このまままっすぐ行くのもつまらないと思い、いろいろ撮影しながら進むことに。まずは千住大橋で下車。日暮里方面へ5分ほど行ったところに大きく曲がるカーブ付近で待ち構えます。ここで撮影されたと思われる写真を多く見かけますが、なるほど上野方面から列車が近づいてくる様子はなかなか迫力がありますね。

京成AE形@千住大橋'11.1.22
千住大橋付近で新型スカイライナーを撮影

 再び京成に乗り込んで高砂へ。ここでも寄り道します。改札を出て金町線のホームに向かうと、ノーマルカラーの3300形が止まっていました。お目当てはもちろんリバイバルカラーの車両でしたが、もう1本運用に入っている車両が気になったため、そのまま次の柴又へとやってきました。

 柴又に到着してすぐ、金町方面から高砂行きの列車が入ってきましたが、就いていたのはファイアーオレンジ塗装の3312Fでした。3300形のリバイバルカラーの中ではこれまで1度しか乗っていなかった編成で、なかなかこれに当りませんでしたね。

京成3300形@柴又'11.1.22
久しぶりに”ファイアーオレンジ”と対面

 もちろん帰りはこちらに乗りたいところでしたので、改札を出た後、金町方面へ歩いて5分ほどの歩道付近で高砂から戻ってきたファイアーオレンジを撮影した後、こちらに乗って高砂へ戻りました。

 高砂でも本線の列車を撮影することに。新型スカイライナーの他、AE100形を使用したシティライナーがやってきました。新型スカイライナーにリプレイスされる形で廃車が出るなど、今後の動向が気になるところですが、通過するシティライナーの車内を見ていると、空席が目立つことに些か気になります。

京成AE100形@京成高砂'11.1.22
高砂駅に入るシティライナー

 これで時刻は11時半近く。さすがにそろそろこの日のメインへと動きたいところでしたので、高砂から一気に津田沼へと移動しましたが、長くなってきましたので、ここらで一旦切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.25

宮原通信(1/24)~人間ドック

 昨日の午前中は人間ドックを受診していましたが、少し早めに終わったので、一旦自宅へ戻りました。戻ってきたのは11時半過ぎ。これだったら昼前にやってくる配給列車、6794レが撮れそうだったので待つことに。予定通りやってまいりました。コキばかりというシンプルな編成でした。

EF65-1063@宮原'11.1.24
昨日の配給貨物はコキばかり

 これで退散し、宮原駅へと向かっていた最中、踏切が鳴り出したと思ったら、高崎方面からEF81の単機が近づいてきました。慌ててカメラを取り出し、何とか捕らえることができましたが、この後、大宮駅の7番線ホームで停車中のところを車内から確認しました。

EF81-141@宮原'11.1.24
単機の81と遭遇しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/17】佐野厄除け大師、そして新宿の駅弁大会

 先週17日、1日休暇を取って佐野厄除け大師へ行ってきました。週末だと大師様は元より佐野の町も混んでいるだろうと思って休みを取った次第です。

 佐野までの足ですが、JRよりも安いとのことで東武を利用しました。大宮から野田線で春日部まで行き、ここから伊勢崎線に乗り換えというコースですが、せっかくの平日なので、途中郵便局巡りもしたいと思い、南羽生で途中下車しました。向かったのは、駅から歩いて5分ほどのところにある羽生手子林郵便局。ここで貯金と風景印の押印をしてもらいました。風景印には市の花に制定されている藤と獅子舞が描かれていますが、この付近で獅子舞の風習があるのでしょうか?

羽生手子林局風景印
羽生手子林局の風景印

 ところでここ南羽生駅は20年くらい前に降り立ったことがあり、当時まだ券売機がなかったことから、窓口で硬券の入場券を買ってきました。さすがに今は、券売機はおろか自動改札機も設置されていますが、小ぢんまりとした駅舎は健在です。

南羽生駅舎
小ぢんまりとした南羽生の駅舎

 再び伊勢崎線の列車に乗り、佐野線の乗換駅である館林へとやってきました。ここから乗るのは850系。8000系から改造された車両ですが、先頭車の大きなパンタグラフが結構目立っていますcoldsweats01。これは3050系もそうでしたね。「時代は繰り返す」じゃありませんが、8000系が次第に少なくなっていく今、ローカル用の彼らは残っていくことになるんでしょうか?

東武850系@佐野市'11.1.17
佐野線を走る850系

 こうして佐野市駅に到着。時刻は11時半近くになっていたので、大師様へ行く前に腹ごなしをしようと思いました。もちろん目当ては名物の佐野ラーメンですが、何分情報などもなく、手探り状態の中ブラブラしていたら、「しんざん」という名前の店がありました。佐野市駅から5分もかからないところでしたが、今回はここで頂いてきました。

佐野ラーメン
ランチはもちろん佐野ラーメンnoodle

 腹も十分満たされ、これで大師様へと向かいます。さっそく受付で勘定を済ませてお札を頂いた後、お堂に入って祈願をしてもらいます。大勢の来場者が周りにいる中、厳粛に執り行われましたが、1時間くらいかかると思っていたものの、正味30分くらいで済みました。

佐野厄除け大師
無事、祈願していただきましたconfident

 これで一つミッションが終了となり佐野駅へ。すると、ちょうど12時59分発の高崎行きが到着したところでしたが、115系の車体には群馬DCのラッピングが施されていました。この車両、一度信越本線でそれ違ったところを見かけたくらいで、撮影となるとなかなか出来ませんでしたが、ようやく1枚収めることができましたhappy01

115系@佐野'11.1.17
ようやく出会えた、群馬DCラッピング車両

 さて、ここからは小山方面へと向かいますが、次の列車は13時23分で20分ほど時間がありました。といっても特に何もすることもなく、かといって東武の方もしばらく列車が来ないという状況でしたので、やむなくホームに入って過ごすことに。やがて、高崎方面から小山行きがやってきましたが、来たのは107系の4両編成。しかも先頭の2両には先ほどの115系と同様、群馬DCのラッピングが施されていました。当たるときはこうも簡単に当たるものですが、車内は下校途中の高校生がたくさん乗車していて、話に花が咲き乱れておりましたcoldsweats01。まあ、このあたりは高校生らしい光景ではありますね。

107系@小山'11.1.17

群馬DCラッピング
(2枚とも)群馬DCラッピングは107系にもありました

 小山に到着後、小山郵便局へ行こうと思い東口へ。しかし、道を行ったりきたりしながらだったため、多少時間が掛かってしまいましたcoldsweats01。実際には駅前の通り1本だったわけですが、おかげでC50が静態保存されている駅東公園を見つけるなど、“怪我の功名”もありました。

C50123@駅東公園
小山駅東口、駅東公園に保存されている”C50123”

 このSL、帰宅後にネットで調べたところ、小山機関区で最後まで活躍していた123号機とのことで、小山に所縁のある機関車ですね。

 一方、小山局の風景印ですが、市内にある琵琶塚古墳と工場、それに市内を流れる思川に架かる観晃橋となっています。

小山局風景印
小山局の風景印

 時刻はまだ3時前で、さすがにそのまま帰るのではちょっと物足りないところでした。そこで、新宿の京王百貨店で行われている駅弁大会を覗いてこようと思い、宇都宮線で一気に都内へと繰り出しました。到着後、さっそく京王百貨店へと直行。毎年恒例の駅弁大会は今年も多くの来場者でごった返していましたが、例年適当に選んで買っていたのが、今年は目指すものがありました。それは、“わ鉄”ことわたらせ渓谷鉄道の駅弁「やまと豚弁当」でしたが、会場で買うともれなく片道分の優待乗車証が付いてくるというもの。さらに特製の手ぬぐいも付いてきてお値段1,000円はなかなかお値打ちですねhappy01

 これにプラスして天浜線の駅弁を購入。こちらには天竜二俣駅の硬券入場券がおまけされていましたが、結局今年はきっぷのおまけに釣られてしまいましたcoldsweats01

京王駅弁大会成果1
今年の成果

京王駅弁大会成果2
その中身

 以上、広範囲でしたが、あっという間に1日が終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.24

宮原通信(1/23)~大幅に遅れたあけぼの

 昨日もまずはシーハイルからと思い、早朝に出撃しましたが、その前に183系の団臨が大宮方面へ走っていきました。そちらも併せて報告します。

183系@宮原'11.1.23

快速シーハイル上越@宮原'11.1.23
早朝は”183系祭り”でした

 さて、昨日はあけぼのが定刻よりも5時間以上遅れていて、正午前後に上野に到着するとのことでしたが、普段貨物を撮影している時間と重なることもあり、普段どおり出撃となりましたが、さすがに普段よりギャラリーが多めでしたねcoldsweats01

 寒空の中、いつ頃来るのかもわからないまま時刻は11時半過ぎ。ようやく5時間遅れのあけぼのが通過していきました。

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.23
5時間遅れで通過・・・

 あけぼのを撮影し終えたギャラリーが一斉に退去する中、自分は引き続き留まり、湘南色の185系が充当された草津5号を撮影するべく1時間粘りましたcoldsweats01

特急草津5号@宮原'11.1.23
昨日は草津5号でした>湘南色

 夕方は安中貨物。昨日はレインボーの95号機が入りましたが、夕方に入って雲が広がってしまったのがちょっと残念でした。

EF81-95@宮原'11.1.23
雲が多くなってしまったのが残念bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.23

【1/16】マイカー点検

 先週の日曜日はマイカーの点検があったため、岩槻のディーラーへ行く用事がありました。作業そのものは1時間ほどで済む軽いものでしたが、ちょうど昼にかかる時間帯だったことから、そのまま預けてブラブラすることにしました。

 まず岩槻から東武野田線に乗り込み、春日部へとやってきました。ここで野田線の8000系を撮影しておきます。小田急5000形や京王6000系といったステンレス製ではない車両が続々引退のときを迎えており、こちらも今後の動向が気になるところですが、ここ野田線ではまだまだ健在です。とはいうものの、ここではこの8000系1形式のみなんですけどね。

東武8000系@春日部'11.1.16
野田線の8000系を撮影

 駅を降り、すぐ目の前のラーメン屋でランチを済ませてから、伊勢崎線の線路沿いを浅草方面へ向かって歩くこと10分ほどの大きく曲がるカーブ付近で撮影してきました。特にこれと言ったネタはありませんでしたが、特急スペーシアは最低でも押さえておきたいと思い、30分ほど粘りましたcoldsweats01

東武100系@春日部'11.1.16
本線の列車も撮っておきましたwink

 1時過ぎに春日部駅に戻り、野田線に乗車。少し時間があったので、豊春でも降りて8000系を撮影してから岩槻へと向かいました。

東武8000系@豊春'11.1.16

豊春駅での一こま

 ディーラーでマイカーを受け取り自宅へ。夕方はこちらでも書いたとおり、地元で安中貨物を撮影。その後、買い物の用事ができたので、宮原から高崎線に乗って大宮へと向かいましたが、ちょうどカシオペアがやってくる時間だったことから、さいたま新都心駅まで行って待ち構えました。今の時期、夕方5時近くでは、撮影にはまだ厳しい状況ではありましたが、感度を上げて流して撮ることに。何とか撮れたといったところでしょうか?

寝台特急カシオペア@さいたま新都心'11.1.16
かろうじて撮ることができました>カシオペア

 その直後、大宮方面からEF81に牽かれた24系使用の乗務員訓練列車がやってきましたが、こちらは予定していなかったので、見送るだけ。そのまま大宮へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.22

宮原通信(1/22)~出掛けのシーハイル

快速シーハイル上越@宮原'11.1.22

 今朝はあけぼのが定刻には来ず、シーハイルを撮影してからそのままお出かけとなりました。新都心で朝食を食べるため降りたんですが、上野方面行きの列車を待っていたら、あけぼのが通過していきました。時刻は7時半過ぎ。1時間ほどの遅れでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/15】長電2000系&湘南色169系乗車記その4~碓氷峠越え、そして鉄道文化むら

 長野の旅からはや1週間が経ってしまいましたがcoldsweats01、これで完結です。軽井沢を後にした横川行きのJRバスは、急カーブの続く山道を縫うように下っていきます。新幹線で一気にやってきた往路とは対照的ですが、往復新幹線の方が現地で長く滞在できるメリットがある反面、何か味気ない気もしたりします。何しろ大宮から1時間ほどで長野に辿り着いてしまうわけですから、昔のように横川や軽井沢で機関車の付け替え作業をしてやっと到着していたときとは、ずいぶん時代が変わってしまいました。

JRバス@横川駅前'11.1.15
帰りはバスで峠越え

 途中で眠ってしまい、目が覚めたときには、鉄道文化むらの展示車両が見えてきました。14時45分、横川に到着。しかし、そのまま帰るには少し早かったため、その碓氷峠鉄道文化むらに立ち寄ることにしました。受付で入館料をSuicaで支払おうとしたところ、通常500円のところが400円になっていました。現在、園内で工事を行なっていることで割引になっているようですが、滞在するのは1時間ほどですし、主に展示車両を見て回るだけですので、お得な気分でしたねhappy01

 とはいえ、園内はシーズンオフなのか、来館者はまばらでひっそりとしており、入口付近にあった遊具から出されていた音楽が寂しく鳴り響いておりました。どこか、閉園間近の遊園地の雰囲気を感じてしまいましたが、その分、のんびりと展示車両を見て回ることが出来ました。

碓氷峠鉄道文化むら'11.1.15
久しぶりの鉄道文化むら

 ここは開館した’99年の初日に来たことがあるんですけど、このときの混雑振りはまさに芋洗い状態で、のんびり車両を見学することが難しかったですね。これは鉄博もそうですけど、車両をじっくり見学したいという向きにはこの方が助かるかもしれませんね。ただ、来るたびに来場者が少なくなっているところは気になるところですが・・・。

 1時間足らずの滞在でここを後にし、横川駅からは高崎行きの普通列車で出発。やってきたのは115系。この日2度目の湘南色でした。

クモハ115-1033@横川'11.1.15
横川から乗った湘南色115系

<おまけ>

 鉄道文化むらで鉄むすを発見しましたheart01

鉄道むすめフィギュア@鉄道文化むら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
京成線を移動中です。しかし、目的は別なんですけどね蠐。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.21

【1/15】長電2000系&湘南色169系乗車記その3~湘南色169系再び

 今日も15日のときの続きを書きたいと思います。屋代から乗る次のしなの鉄道の小諸方面行きは12時29分発。これが目当てである湘南色の169系が充当されている列車で、公式サイトにもその日の運用が掲載されています。それまで30分ほど時間がありましたが、昼時だったとはいえ30分ではどこか飲食店に入るには正直危険でしたので、駅の周りをぶらぶらしていたら、駅構内にあった「屋代駅ウェルカムステーション」という地元の特産品を販売するお店の方からもてなしを受けることに。地元のお酒を振舞われながら、体を休めました。

 おかげで冷えていた体も温まることが出来、そろそろホームへ。やがて、長野方面からオレンジと緑の湘南色に塗られた169系が到着。さっそく乗り込み、先ほどの屋代駅ウェルカムステーションで買った地元産のおやきでお昼にしました。

しなの169系@屋代'11.1.15
いよいよ乗り込みますhappy01

おやき
車内でおやきをいただきましたrestaurant

 湘南色の169系については2年前に1日かけて乗ったり撮ったりしているので、今回はさくっと乗るだけの予定でした。屋代を出発したときには降り続いていた雪は、坂城を過ぎたあたりで小康状態になったかと思ったら、上田に到着したあたりで止んでしまい、小諸に近づくにつれて雲の合間から太陽が覗いているのが見えました。正直言ってどこかで撮影したかったなと後悔しきりでしたが、予定を変えるほどの余裕はなく、そのまま終点の小諸へと向かいました。

 到着後、さっそくホームで撮影タイムとなります。次の軽井沢行きまで時間があったので、余裕がありましたねhappy01

しなの169系@小諸'11.1.15
待ち時間にホーム撮り

 やはり、この車両には湘南色はしっくり行きますねhappy01

 一方、隣の小海線のホームには、キハ110形のディーゼルカーが出発の時を待っていましたが、「ぶりっとちゃん」という小海線のキャラクターが車体にデザインされているのが見えました。小海線も1日かけて乗りたい路線ですね。

ぶりっとちゃん
小海線のキャラクター・「ぶりっとちゃん」を発見wink

 この後、13時40分発軽井沢行きに乗車。軽井沢到着後、すぐに駅前のJRバスの乗り場へと直行し、14時11分発の横川行きで出発いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.20

宮原通信(1/19・20)~寒い日が続く

 今日は大寒。まだまだ寒い日が続きますが、体調に気をつけて行きたいところです。

 さて、昨日は久しぶりにあけぼのが定時でやってきました。今の時期、どうしても日本海側の天候のため、遅れや運休が多い日が続きますが、一晩かけて走りぬいた姿を見送ると、あと一息と声をかけたくなりますね。

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.19-1

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.19-2
(2枚とも)上野まであと一息・・・

 一方、今朝は定時には通過せず、代わりにあずさカラーの189系を出勤時に駅で見かけました。どこへ行くのかはわかりませんけど、どこかで団体の申し込みがあったんでしょうか?

189系@宮原'11.1.20
元あずさ色の189系を目撃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/15】長電2000系&湘南色169系乗車記その2~長電2000系と屋代線

 1月15日の続きです。この後は一つ目のミッションである長電の2000系に乗車しますが、10時27分発の須坂行き各停に2000系が充当されており、そちらに乗車する予定でした。ところが、後続の10時49分発特急に使用される1000系が検査で入庫しているため、2月23日まで2000系に運用変更される旨、掲示がありました。2000系の特急に乗るのも、今回もしかしたら最後になってしまうかもしれないし、こちらも惹かれるところがありましたが、須坂での屋代線の待ち時間で入線してくる所を見ることも出来そうなので、予定通り先行の各停に乗車することにしました。

2000系代走貼紙
こちらにも興味がありましたが・・・

 券売機で屋代までのきっぷを購入。ここでこのきっぷを買う乗客はそう多くはないでしょうね。何分、しなの鉄道経由の方が安いですし、所要時間も早いですから、わざわざこのルートを辿ることもないでしょう。改札を通るときも、「屋代までですか?」と駅員さんに聞かれてしまうほどでしたが、ホームに降りてみると、2000系のD編成が停車していました。

長電2008@長野'11.1.15
やってきたのは2000系D編成

 こちらは去年8月に乗車した車両ですね。出来ればA編成の方に乗りたかったんで、よほど1本落として乗ろうとかとも一瞬思いましたが、こうしてすでにホームに入ってしまっており、一旦降りるのも面倒なので、そのまま乗っていくことにします。

 権堂の先で地上へと出ると、そこは一面銀世界でした。さすがにこの状況では、沿線での撮影は厳しそうでしたね。それでも、雪の中でカメラを構えている方々の姿を車内から散見し、お疲れ様の一言をかけたいほどでした。

 柳原では、ド派手なラッピングを施した「モンハン特急」と交換。こちらも興味があったんですが、あいにくの空模様の中ではそれも叶わず、今回は車内から見送るに留めました。

 こうして終点須坂に到着。後続のA編成の特急を待ちますが、その前に雪が舞うホームをブラブラしていると、夏の時にはゆっくり見ることができなかった10系廃車体が鎮座していました。3年前に来た時もここで見かけていますが、今にも動きそうな雰囲気でした。

長電10系@須坂'11.1.15
この車両、今にも動き出しそうです>10系

 やがて、後続の湯田中行き特急が大雪の中やってきました。駅に到着すると、先ほど乗ってきたD編成と同じホームで対面。2000系同士の並びを撮影することが出来ました。

長電2000系@須坂'11.1.15
2000系同士の並びが見られました

 マルーンカラーのA編成については、2月12日に定期での運用が終了。3月には完全引退とのことで、おそらく一度も乗車することなく引退となりそうですが、最後にこうして2000系同士の並びを見ることができたので、十分満足です。

 さて、この後は屋代線に乗って屋代へと向かいます。11時14分、元日比谷線の車両である3500系は、屋代へ向けて発車。2両編成に合わせて4人という車内でした。途中駅では多少乗り降りはあったものの、閑散とした路線に寂しさを感じてしまいました。存続問題を抱えているなど今後の動きが大変気になるところですが、車内の状況からも、かなり厳しいことが伺えました。

長電3500系@屋代'11.1.15
元日比谷線の車両で屋代に到着

 こうして終点の屋代に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.19

【1/15】長電2000系&湘南色169系乗車記その1~長野駅で見かけた列車

 先日の土曜日の朝、大宮から新幹線に乗り込みました。高崎を過ぎ、碓氷峠を越えて軽井沢に到着したら、予想外に晴れ間が広がっていました。長野周辺は雪という予報だったので、どうなるのか心配だったんですけど、上田に到着するまで雪を見ることはありませんでした。

 この日はタイトルにある通り、長野の2つの鉄ネタを巡ってこようというのが目的でしたが、さっそくしなの鉄道の乗り場へと直行。まず窓口で1日乗車券を手に入れます。湘南色の169系が運転されるのを記念して発売されたきっぷで、3つ折の見開きには169系の走行シーンの写真が載っています。ただ、今回はしなの鉄道線内を乗り歩く予定はなく、正直2,000円の元は取ることができないことはわかっておりましたが、まあ記念として買い求めた次第です。

169系湘南色運転記念フリーきっぷ
まずはこちらをゲットwink

 とりあえずは長野へと向かうべく、8時10分発の列車に乗車。ところが、坂城付近で空から白いものがチラつき始めたのに気がつきました。そして更に進むにつれ本降りになり、終点の長野にやってきたときには、一面銀世界の風景でした。

 長野駅のホームに降り立つと、隣のホームに9時3分発の快速リゾートビューふるさと号が入線していました。先月の青森への旅の際に乗車したリゾートあすなろ号は兄弟分に当たり、去年9月には上野駅で一般公開されましたが、1度は乗ってみたい列車ですね。

快速リゾートビューふるさと@長野'11.1.15
出発の時を待つ、快速リゾートビューふるさと号

 リゾートふるさとを見送り、改札を出た後は、長野電鉄の乗り場へ直行。いよいよこの日一つ目のミッションへと進みますが、長くなりそうなので、ここで一旦切りたいと思います。

<おまけ>

 長野駅で見かけた標識ですhappy01

アイドル@長野

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.18

1113F、2月6日ラストラン~ニューシャトル

 去年11月の丸山車両基地公開の際に展示され、引退することが決まった1000系1113Fですが、来月6日でラストランとなることが公式サイトに発表されていました。これまで何度か確認しに沿線に出向いたりしていたんですが、去年の1111F同様、なかなか会えていません。

 とりあえずこの週末あたりにでも見に行ってみようと考えていますが、果たして運用についているかどうか・・・。

参考:ニューシャトル公式サイト

埼玉新都市交通1000系@東宮原'08.10
来月引退することになった1000系・1113F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.17

宮原通信(1/16)~寒い1日

 昨日は1日寒い日でありましたねwobbly。外でじっとしていると、冷たい風のおかげで体が冷え切ってしまいました。

 さて、昨日はあけぼのが運休ということで、早朝はシーハイルのみとなりました。あけぼのが通過する時間はまだまだ暗い中なので、これがあるだけでも楽しめますね。

快速シーハイル上越@宮原'11.1.16
快速シーハイルからスタート

 一方、毎度恒例の湘南色185系ですが、昨日はあかぎ2号の上野寄りに入っていました。週によって上野寄りに入ったり高崎寄りに入ったりと変わりますが、これを読むのはなかなか難しそうですね。

特急あかぎ2号@宮原'11.1.16
昨日はあかぎ2号に入っていました>湘南色185系

 昨日は日中、マイカー絡みで用事があったため出かけていましたが、2時過ぎに戻ってから安中貨物を狙うことに。ところが後10分ほどで来るというときに駅寄りの踏切の警報機が鳴り出しました。列車の来る時間じゃないのに何かと思い待っていると、宮原駅の1番ホームから1台のカマがやってきました。

EF64-1001@宮原'11.1.16
突然やってきたEF64の1001号機

 まさかこんなカマが来るとは思いもよりませんでしたが、EF65の501号機がやってきた11月のとき(詳しくはこちら)とほぼ同じ時間でした。

 それからすぐ、安中貨物が通過。昨日はEF510による運行でした。

EF510-507@宮原'11.1.16
安中貨物で昨日も締めました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の青森乗りつぶし紀行その6~大鰐温泉で一休み

 青森の旅を続けます。新青森10時11分発特急つがる4号に乗り込みます。この後は夕方の新青森発の新幹線に乗るまでフリーでしたが、平日ということもあり郵便局に立ち寄りたいところでした。それに温泉も入りたいと思っていたので、大鰐温泉へとやってきました。

特急つがる4号@大鰐温泉'10.12.20
大鰐温泉まで乗車した特急つがる4号

 今から15年前の’96年の暮れ、弘南鉄道の乗り潰しで降り立ったことがありましたが、街中の共同湯に入ってから乗り込んだのとやはり雪景色だった記憶が残っているくらいで、どこに何があったとかの詳細については正直記憶の中から消えていましたcoldsweats01。ただ、当時から駅前に鎮座していたピンクのワニのモニュメントは今も健在でしたね。

鰐モニュメント
駅前に鎮座するピンクの鰐のモニュメント

 まずは駅から5分ほどのところにある大鰐郵便局へ。ここで貯金と風景印を済ませました。大鰐の町の様子と青森のリンゴ、それに近隣にスキー場があるのか、スキーヤーが描かれています。

大鰐局風景印
リンゴがデザインされているところが青森らしいですねapple

 雪道に足を取られながら駅まで戻り、そのまま通り過ぎて駅前の道の駅に隣接している「鰐の湯」という日帰り温泉施設へと向かいました。前回訪ねた共同湯がどのあたりだったのかが記憶に残っておりませんで、更にエキチカに日帰り温泉施設があったということもあって、ここで手を打った次第。料金500円のところ、手持ちのJAF会員証を提示すると100円引きで利用できました。

鰐の湯
駅のすぐ近くにある「鰐の湯」

 温泉については、やはり今風の施設という感が否めず、ひなびた温泉というわけにはいきませんでしたね。まあ、今回温泉はどこかしらで入れたらという思いでしたので、もっと調べておけばなぁと些か後悔していますが、今から7年前の'03年に青函トンネル記念館のケーブルカーを乗り潰した旅では、レンタカーを使って温泉めぐりをしたものでした(詳しくはこちら)。あちこちに気軽に入ることが出来る温泉施設が点在しているので、機会があればまたやってみたいですね。

 お風呂から上がったところでちょうど昼時だったので、隣接の飲食店でランチをすることに。「もやしそば」というのがあったので、そちらを頂きました。大鰐はリンゴと並びもやしも名産の一つだそうで、温泉の熱を利用した育て方をしているようです。

もやしそば
大鰐名産のもやしを使ったそばを頂きますnoodle

 さて、この後は久しぶりに弘南鉄道に乗って見ることにしましたが、長くなってきたので、このあたりで切りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.01.16

冬の青森乗りつぶし紀行その5~市場で朝食&夜行列車お迎え

 青森の旅の続きです。翌12月20日は7時に起床。本当は夏のときと同じ、早くにチェックアウトして奥羽本線沿線で撮影と思っていましたが、前日の晩にTVの天気予報を観ていたら、朝から雨という予報でした。寒い中、傘を差して待ち続けるというのも正直辛いところでしたので、予定を変更してゆっくり出発することに致しました。

 まずは朝食を食べることにしますが、ホテルの近く、古川市場の中にある青森魚彩センターへ行くことに。ここのお勧めである「のっけ丼」を試してみることにしました。まず100円で丼1杯のご飯を手に入れた後、「のっけ丼」と書かれた暖簾の店舗で刺身や塩辛などの具材を自分の好みに合わせて乗せていくというものですが、7時過ぎのこの時間だとちょうど店を開いた直後だったので、種類がそれほどなかったのがちょっと残念でした。朝は8時過ぎに行ったほうがもっと種類があったかもしれませんね。

のっけ丼
お好みで具材を乗せることが出来る「のっけ丼」。トータル700円也。

青森魚菜センター
のっけ丼が味わえる「青森魚菜センター」

 ホテルに戻り、身支度を済ませてからチェックアウト。青森駅に向かう途中、雨が降り出してきました。そんな中、青森駅の構内に入ると、8時21分発の秋田行きリゾートしらかみが入線していました。前日乗車したリゾートあすなろと同じHB-E300系を使用しており、12月のダイヤ改正から従来の車両と置き換えになりました。

快速リゾートしらかみ@青森'10.12.20
ハイブリット車はリゾートしらかみにも投入

 そのリゾートしらかみを見送り、この後は大阪からやってくる日本海を待ちます。この日も遅れを心配していたんですが、特に遅れているという情報もこれといってなく、ほぼ定刻に到着。前日の上り大阪行きと同じくピンク色のEF81がここまで引っぱって来ました。

寝台特急日本海@青森'10.12.20
大阪からの長旅を終えた「日本海」

 この後はあけぼのですが、そのまま青森駅で迎えても前日と同じ絵になってしまいます。しかし遠方へ移動するには時間もなく、先ほどから降り始めた雨も更に激しくなってきました。そこで、あてはなかったものの隣の新青森が島式のホームで、もしかしたら撮影することが出来るかもしれないと思いました。そこで新青森へ移動することにしましたが、9時21分発のスーパー白鳥20号に乗り込むことに。今回の新幹線開業に伴い、この区間を走る特急の自由席利用に限り、特急券なしで利用することが出来るようになり、それを利用する形となりました。

特急スーパー白鳥20号@青森'10.12.20
これに乗って新青森へ

 さて新青森駅ですが、多少障害物はあったものの、何とか撮影は可能でした。しかし先ほどからの雨に加え、風も吹いていたことから、正直撮影には厳しかったですねbearing。まあ、あけぼのがほぼ定刻でやってきてくれたのは幸いでしたが・・・。

寝台特急あけぼの@新青森'10.12.20-1
降りしきる雪の中、新青森駅に到着する「あけぼの」

寝台特急あけぼの@新青森'10.12.20-2
青森までもう一息・・・

 これで残されたミッションは新幹線のみとなりましたが、まだ時間があるので、少しくらいは観光をしようと思い弘前方面へと向かいますが、長くなりましたので、ここで一旦切ることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.15

今日のミッション

今日のミッション
今日のミッション
無事終了し、軽井沢に移動中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
長野に来ていますが、到着したときにこんな列車と出会いました。このあと、長野電鉄で須坂に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.14

冬の青森乗りつぶし紀行その4~夜の青森駅・冬編

 昨日に続いて青森の旅です。青森駅から歩いて数分のところにあるホテルへと向かいチェックイン。この後は19時過ぎに発車する日本海の様子を見ようと思いますが、時間があったので、6月の時に入ったおさない食堂で夕食にしました。さすがに夏の時と同じでは芸がないとは思いましたが、やはり青森へ来たからにはうまい海産物でも食べたいところ。そこでお品書きを見ていたら、帆立貝の焼き味噌定食というのがあったので、そちらにしました。

帆立貝の焼き味噌定食@おさない食堂
プリプリの帆立をいただきましたrestaurant

 帆立貝を模した器に卵でとじたホタテが盛られているものでしたが、アツアツなので冬の時期にはピッタリですね。一緒にウニも入っていて、これで1,000円はなかなかのお値打ち感がありました。

 腹が満たされたところで青森駅へと向かい、日本海が発車する3番ホームへと向かいます。すると、DE10に牽かれた青い客車がゆっくりと入ってきました。先ほどのあけぼのに比べ、こちらの方が乗り込む客は多い感じがしました。

寝台特急日本海@青森'10.12.19-1

寝台特急日本海@青森'10.12.19-2
(2枚とも)大阪へ向け出発の時を待つ日本海

 その日本海の様子を見ていた際、函館からやってきたスーパー白鳥号が到着しましたが、先頭車が他の789系と異なり見たことのない面構えでした。元々札幌周辺のスーパーホワイトアローで使用されていた785系を津軽海峡線用に改造した車両で、ダイヤ改正となった12月4日から運転されるようになりました。

785系@青森'10.12.19
津軽海峡線用に改造された785系

 さすがにホームに居続けるにはあまりにも寒いので、一旦ホテルに戻りしばし休息を取った後、22時前にまた青森駅へと向かいます。もちろん目当ては札幌行きのはまなす号。駅の中に入ると、改札口の周辺では、はまなす号に乗ると思われる乗客が暖を取っている様子が窺えましたが、混雑するような様子はなく、比較的まったりとしたひと時でした。

 そんな様子を見ながら改札を抜けると、秋田からやってきた特急つがる7号が入ってきました。今回のダイヤ改正前までは新潟発のいなほ7号だったスジで、これにより青森と新潟を直通する特急列車は姿を消しましたが、車両は青森車両センター所属の485系を使用しており、所属が変わったことを除けば同じ485系です。

特急つがる7号@青森'10.12.19
秋田からやってきた特急つがる7号

 22時20分頃、先ほどの日本海と同様、DE10に牽かれた急行はまなすの青い客車がゆっくりと入線してきました。

急行はまなす@青森'10.12.19-1

急行はまなす@青森'10.12.19-2
(2枚とも)札幌行きの急行はまなす

 これで一通りご挨拶が終了し、早々に切り上げてホテルに戻りました。

# 夏の時の様子はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.13

宮原通信(1/12・13)~寒い日が続く

 連休明け、おとといと今朝はあけぼのが大幅遅れだったのに対し、昨日は定時でした。大雪の中、遅れは致し方のないところですが、そんな中でも定時でやってきたときには、何かホッとした気分になります。

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.12
大雪の中、一晩中走り続けてここまでやってきました

 一方今日の仕事帰り、大宮駅の8番ホームの行先表示に「JR」の文字が出ていたので、何が来るのかと待っていたら、「初詣」と書かれたヘッドマークを出した183系が到着しました。今の時期の風物詩と言えそうですが、専用列車で初詣に行くというのも、何か面白そうです。

初詣HM
「初詣」を出して大宮に到着した183系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の青森乗りつぶし紀行その3~青い森鉄道を完乗

 先月の青森への旅がすっかり忘れられつつあるこの頃ですcoldsweats01が、記憶から消えないうちに書いておきたいと思います。

 大湊からは14時5分発の八戸行きに乗り込みます。といっても、下北からここまで乗って来たディーゼルカーがそのまま折り返すことになりますが、何といっても乗り換えなしで八戸まで行けるので、乗りつぶしには好都合の列車でした。

キハ100-203@大湊'10.12.19
快速しもきたで一気に八戸へ

 下北からかなりの乗車がありましたが、先ほど待合室で一緒に待っていた乗客の姿も見えました。そのときの様子では、そのまま八戸まで乗車して新幹線に乗り換える客が多かったですが、この付近は新幹線から離れた位置にあるので、今回の開業ではさほど大きな影響はない様子でした。

 野辺地で4分間停車し、ここからは青い森鉄道線へと入りますが、線内は快速列車となって、主だった駅のみの停車でした。最初の停車駅である上北町は15年位前に一度下りたことがありまして、18きっぷで北海道を目指す途中、駅近くにある玉勝温泉という日帰り温泉に入ったことがあります。その温泉施設は健在の様子で、周りもさほど当時とは変わっていない様子でした。

 続く三沢は温泉と十和田観光鉄道の乗換駅。ここも何度か降りたことがあり、今回も時間があれば温泉に入浴がてら十和田観光鉄道の様子も見たかったところでしたが、この後の予定が詰まっていたため、車窓からその様子を見るに留めました。

 もう一駅、下田に停車した後、終点の八戸にはほぼ定刻に到着しました。これでJRから青い森鉄道へ転換した区間の乗りつぶしが終わりました。

 この後は16時10分発青森行きで引き返すだけ。その間、駅構内をブラブラ見て回ると、開業前まで使用されていた新幹線の連絡改札口の前にやってきました。12月3日まではここを行き来して青森や函館方面へ向かう乗客で賑わっていましたが、現在は役目を終えて閉鎖されていました。まさに“夢の跡”といったところでしょうか。

新幹線連絡口@八戸
延伸開業後、閉鎖された八戸駅の新幹線連絡改札

 さっそく青森行きの列車が発車するホームへと降りていくと、すでに青い塗装の701系が入線していました。その車体には、「モーリー」という青い森鉄道のキャラクターがデザインされていて、「青い」と謳う会社にぴったりな車両といえそうですねhappy01

青い森701系@八戸'10.12.19
”モーリー”がラッピングされた青い森鉄道の701系

 列車に乗り込むと、車内は新幹線からの乗り換え客で結構混雑していて、何とか座れたほどでした。そんなすっかり日も暮れた中、八戸を発車。しばらくは混んでいた車内も、三沢を過ぎたあたりから次第に乗客が降りていき、野辺地を過ぎたときにはひっそりとしました。

 青森の手前で徐行運転があったため、終点の青森には数分遅れで到着しました。これで後は駅近くのホテルへ移動することになりますが、18時25分にあけぼのが発車するので、夏のときと同じく見送ることにします。今回のダイヤ改正で発車時間が20分ほど繰り下げられましたが、下りに比べると乗客の姿は些か疎らでしたね。もっともこの先どれくらい乗り込んできたかはわかりませんが、夏の時とは違ってすっかり暗くなってからの発車なので、夜汽車の雰囲気が感じられますね。

寝台特急あけぼの@青森'10.12.19-1

寝台特急あけぼの@青森'10.12.19-2
(2枚とも)上野への長旅を控え、出発を待つ「あけぼの」

 一通り見て廻った後、予約していた駅近くのホテルへと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.12

宮原通信(1/10)~連休最終日

 3連休最後の日となったおとといですが、初日の8日と同様、地元でのんびり過ごしました。まずは”朝錬”から。

 あけぼのが遅れているとのことで、まずは7時過ぎのシーハイルとなりました。さすがに3日目となるとギャラリーも少なめでしたね。

快速シーハイル上越@宮原'11.1.10
あけぼのが遅れていたため、こちらからのスタートとなりました>シーハイル

 あけぼのは定刻よりも45分遅れて走行中とのことで、シーハイルが通過しておよそ10分後、ようやくやってきましたが、まだ朝日が入らない時間でしたので、暗い画像になってしまいましたbearing

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.10-1

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.10-1
(2枚とも)雪まみれになりながら上野を目指す>あけぼの

 テールの部分が雪にまみれていました。1時間近く遅れていたものの、走り去る姿を見ると労いの言葉をかけてやりたくなります。

 この後、この日湘南色の入った草津1号を撮影して朝の部は終了です。

特急草津1号@宮原'11.1.10
草津1号に入った湘南色

 昼間は貨物を狙うも、こちらは特筆するものはなし。夕方は例によって安中貨物を狙いました。この日はEF81の88号機が担当でした。

EF81-88@宮原'11.1.10
締めはやはりこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/9】連休中日ぶらぶら紀行その2~東武博物館他つれづれ

 9日の続きです。ちょうど昼時だったため、金町駅の周辺でランチを摂ろうと思いました。うどん屋が何軒かあったのは意外でしたが、あまり琴線に触れず、結局マックに落ち着くことに。ちょうどテキサスバーガーを売り出し中で、それを食べることにしました。

テキサスバーガー
話題のテキサスバーガーをいただいてきましたfastfood

 前回出たときには、あまりの人気で出遅れてしまいましたが、思ったほどしつこくなくてグッドでしたね。ただ、頻繁に行ってしまうとメタボを気にするようになってしまいそうですが・・・coldsweats01

 この後、都バスに乗り込みますが、せっかくだったので、京成金町線を撮影していくことに。リバイバルカラーも久しく撮影していませんでしたので期待したんですが、この日は3200形のうちのこち亀と寅さんがラッピングされた編成でした。

京成3200形@京成金町'11.1.9
リバイバルカラーには会えず・・・weep

 駅まで戻らず、国道6号線沿いの金町二丁目停留所から乗り込みます。10分ほどで草39系統浅草寿町行きがやってきました。始発の金町駅前の次の停留所にもかかわらず車内には多くの乗客が乗っていて、その多くが年配の方でした。改めて都バスがこうした方々の貴重な足となっていることを実感しますが、均一200円で金町から浅草まで行けるとあれば、多少時間がかかっても乗り換えなしで行けるのが魅力ですね。もっとも70歳以上の方にはシルバーパスというのもあり、車内に多くの年配の方を見かけるのも頷けます。

 新四ツ木橋付近で工事があったため、金町からおよそ30分で目的地の向島消防署前停留所に到着しました。ここから東武伊勢崎線の東向島駅まで歩いて5分もかからないところにあり、さっそく隣接する東武博物館を訪ねます。

 ここがこの日2つ目のミッションとなりますが、10日までに迫っていた日光軌道の企画展がその目的でした。かつて日光市内にあった路面電車ですが、ご他聞に漏れず、モータリゼーションの波に揉まれる形で40年ほど前に廃止となってしまいました。しかし、時代が違えば環境のやさしい乗り物として見直されていたかもしれませんね。シーズン時のいろは坂の渋滞を思えば考えるところがありましたが、廃止後に岡山市電に譲渡され、現在も活躍していますね。こちらは5年前の暮れ、往復飛行機という日帰りで乗りに行きました(詳しくはこちら)。

東武203@東武博物館'11.1.9
東武博物館で保存されている元日光軌道203号

 東向島から下りに乗り込みますが、時刻は2時を過ぎたあたりでまだ帰るには些か早い時間でした。そこで堀切で下車し、荒川の土手沿いを歩きながら、京成の鉄橋へと向かいます。ここはこれまで何度か訪れた定番の撮影地ですが、これまで牛田や京成関屋からは来ていたものの、堀切からはこれが初めてでした。ここでスカイライナーなどを撮影し、帰りは牛田から乗り込みました。

京成AE形@堀切'11.1.9
京成の定番撮影地でのんびりhappy01

 この時点でも時刻は3時前でしたので、伊勢崎線で春日部方面へ向かいながら、あちこち撮影してきました。特に目当てなどはなく、これまで撮影したことがなかった西新井で撮影するなど、新規開拓をしながら時を過ごしました。

東京メトロ08系@小菅'11.1.9

東武200系@西新井'11.1.9

東武100系@新田'11.1.9
(3枚とも)東武沿線で撮影

 さすがに4時を過ぎたあたりで厳しくなってきたので、新越谷へ向かうことに。帰りも来た時と同様、しもうさ号で大宮まで一気に帰ろうと思いましたが、少し時間があったので東川口まで先行することに。もう暗くなっていたので撮影云々ではなくて単なる時間潰しでしたが、1本後にやってきた府中本町行きの列車には、去年転属してきた209系500番台が充てられていました。実はこの日、新松戸で常磐緩行線を撮影中に西船橋方面へ発車する209系を見ていましたが、撮影は元より間近で見るのはこれが始めてでした。

209系@東川口'11.1.9
ようやく会えました>209系happy01

 今思えば、武蔵浦和まで乗ってもよかったんですよね(^_^;)。すっかり抜けてしまいましたが、まあだいぶ暗くなってきましたし、こちらは次回のお楽しみにしておきましょう。

 この後、しもうさ号に乗り込み、一気に大宮へと向かいます。車番を見ると、今朝の車両と同じ編成でしたが、しもうさ号としてその日の車両が限定されているんでしょうか?

クハ205-5@大宮'11.1.9
帰りもこの列車で・・・

 以上、9日の報告を終わりますwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.11

宮原通信(1/9)~お出かけ

 先ほども書いた通り、おとといの9日は近場をブラブラしていたため、朝のみの活動となりました。

 あけぼのの方ですが、ここんとこテールマークの文字がブレブレになったのしか撮れなかったのが、この日はひぼピッタリハマってくれましたhappy01。まあ、1枚くらいマシなのが撮れたらという淡い期待でシャッターを切っていますけど、これはうれしいですねhappy01

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.9
ピッタリ合ってくれましたwink

快速シーハイル上越@宮原'11.1.9
シーハイルももちろん押さえましたhappy01

 これでこの日の”朝錬”は終了。と行きたいところでしたが、8時半頃に上っていった183系と遭遇しました。こちらも紹介しておきます。

183系@宮原'11.1.9
団臨で使用された183系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/9】連休中日ぶらぶら紀行その1~みんなの流鉄号に乗る

 この3連休は遠出の予定はありませんで、中日の9日に近隣を訪ねたくらいでした。まずはしもうさ号に乗るべく大宮へ。発車前に2本のブルトレが来るので、それを撮影していくことにしました。今の時期、やはり遅れが気になるところでしたが、この日は特にそのような情報がなかったので、定番となっている3番ホームへと向かいました。ところが、対岸の6番には多くのギャラリーがいるのに対してこちらは自分が来た段階でゼロ。一体どういうことかと思っていたら、手前あたりまで影が伸びていたんですね。とはいうものの、何とかなる程度だったので、そのままここで構えることにしました。

 まずはカシオペア。こちらはほぼ定刻の到着でしたが、青いカマの503号機でした。意外と銀色のカマに当らないことが多いので期待したんですが、今回も外してしまいました。

寝台特急カシオペア@大宮'11.1.9
この日は”青ガマ”でした>カシオペア

 一方の北斗星ですが、定刻より10分ほど遅れていました。さすがにそれを待っていたのではしもうさ号が発車してしまうため、泣く泣く諦めてしもうさ号に乗り込みました。

 そのしもうさ号で向かう先は南流山。ダイヤ改正前までは武蔵浦和や南浦和での乗換えが必要な上、座れないことも多かったので、始発から座って行くことができるしもうさ号の登場は個人的には“クリーンヒット”ですねwink

クハ204-5@南流山'11.1.9
大宮から乗り換えなしで武蔵野線沿線へ

 南流山に到着し、さっそく流鉄線沿線へと歩き始めます。今回ここへやってきたのは、10日までに迫っていたみんなの流鉄号の様子を見るためでした。年末年始には恒例となっているようですが、これまでこの時期に訪ねたことがなかったため、今年はどんなものか見に来た次第でした。

 まずは撮影しようと思い、小金城址と鰭ヶ崎の間の踏切で構えることに。運用などは全くわからなかったので、行き交う列車で様子を確かめるしかありませんでしたが、まずやってきたのは馬橋行きでやってきた“なの花”2005F。こちらは特にヘッドマークはありませんでした。

流鉄2000系@小金城址'11.1.9
まずはなの花にご挨拶happy01

 この先の小金城址駅で交換があるのでしばらく待っていると、ヘッドマークをつけた5000系“流星”が接近。これがみんなの流鉄号でした。

流鉄5000系@小金城址'11.1.9-1
5000系を使用した「みんなの流鉄号」

 この後場所を変え、小金城址駅付近でいろいろ撮影してきました。

流鉄5000系@小金城址'11.1.9-2

流鉄5000系@小金城址'11.1.9-3
(2枚とも)小金城址駅付近でいろいろ撮影

 5000系になった流星にはまだ乗ったことがなかったので、小金城址から隣の幸谷まで乗ることにしました。ヘッドマークの方に目を向けると、オレンジや黄色の短冊にメッセージが記されていましたが、去年11月に流山の車庫で行なわれたイベントで応募があったそうで、そこには来場した子供達の夢が記されているそうです。さすがに運行中はそのメッセージを見ることが出来ませんが、特製のイラストで飾られたものとは一味違っていて、手づくり感のあるヘッドマークになっていました。

流鉄5001@幸谷'11.1.9
ようやく乗れましたhappy01

 幸谷で降りた後、隣の新松戸へと向かいます。ここで30分ほど常磐緩行線の列車を撮影してみることにしましたが、あまり長居は出来なかったので、上下2本ずつ撮るに留めました。やってきたのは、203系と6000系それぞれ2本ずつでした。

203系@新松戸'11.1.9
これもまだまだ余裕で見られます>203系

 代々木上原行きに乗り込み、金町で下車。ここでも撮影を試みましたが、やはり203系と6000系それぞれ1本ずつになりました。16000系を期待したんですけど、こちらはなかなか当らないですねbearing

東京メトロ6000系@金町'11.1.9
こちらもまだまだ健在です>6000系

 この後、金町から都バスに乗り込みますが、長くなってきたので、一旦ここで切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.10

宮原通信(1/8・その2)~貨物編

 おとといの地元ネタの続きです。

 土曜日のお楽しみといえば、昼前にやってくる配給貨物。おとといはコンテナなしのコキばかりという編成でした。

EF65-1070@宮原'11.1.8
空のコキばかりでやってきましたcoldsweats01

 時間は一気に飛んで夕方。もちろん狙うのは安中貨物です。おとといは”カシカマ”がやってきました。EF510に置き換えられたと思っていたら年末にEF81が再登板。一度EF510になり、いよいよこれでずっと定着するかと思っていたら、再び81に戻ってしまいました。バリエーションが豊富なのは、観ている側にとっては面白みがあるかもしれませんが、こうも不安定だといろいろなところで気になってしまうところです。

EF81-99@宮原'11,1.8
再びEF81に戻ってしまいました

 それにしても、99号機が心なしかすすけて見えるのは気のせいでしょうか?カシオペアを牽いていた頃はもっと綺麗だった気もしますが、カシオペア撤退後は何か不遇な印象も受けてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮原通信(1/8・その1)~シーハイル上越号運転始まる

 おとといは1日地元で大人しくしていましたが、この日から運転が始まった快速シーハイル上越号を狙うことにしました。といっても、いつもと同じくらいには待機していましたので、あけぼのをまずはお見送り。

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.8
まだまだですが・・・despair

 続いて今回のメインとなるシーハイルですが、去年に比べ10分ほど時間が繰り下げられたようで、宮原の通過が7時過ぎとなりました。

快速シーハイル上越@宮原'11.1.8
今年もこの季節がやってきた>シーハイル

 これで早朝の部はおしまい。午前中は例によって湘南色185系を確認することにしましたが、おとといはあかぎ2号についていて、高崎側についていたことから、折り返しの草津3号を撮影しました。

特急草津3号@宮原'11.1.8
この日の湘南色は草津3号に

 なお、昼前の配給と安中貨物も撮影しておりますが、こちらは別の記事で紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/3】恒例の急行開運号を撮影する~秩父鉄道

 年始の活動の第2弾。3日はこちらも毎年恒例の秩父鉄道の急行開運号を撮影してきました。

 熊谷へ向かう途中、乗っていた高崎線の普通列車が鴻巣駅で車両点検を行いました。そのため、熊谷には10数分ほど遅れて到着となりましたが、予定よりも1本早い列車に乗り込んだので、その後の予定には影響ありませんでした。さっそく秩父鉄道の乗り場へと向かいましたが、元日から発売されていた干支のイラスト入り入場券がすでに完売とのことでした。去年までは急行券での発売だったのが、今年になって入場券に変わったんですけど、200円から160円と安くなったことが原因でしょうか?それにしても、早々に売り切れとは思いも寄りませんでした。もっとも、他の駅にはあったかもしれませんね。まあ、探し回ってまで欲しいというわけではなかったですし、今回は撮影の方に専念ということにします。

 そんなわけで、まずは開運号の送り込みとなる羽生行きの急行を狙うべく明戸へやってきました。いつもだったら武川方面へ進んでいくところですが、最近撮影場所が固定されつつあり、新規開拓したいところでもあったことから、今回は反対に大麻生方面へ歩いてみましたが、なかなかしっくりするところが見つからず、結局5分ほど行ったところの田園地帯の一角で待つことになりました。そんな中8時50分過ぎ、羽生行きの急行が接近。今年も「開運」の文字が大きく書かれたデザインでした。

秩父6000系@明戸'11.1.3
送り込みの急行に取り付けられた「開運号」のヘッドマーク

 今度は折り返しの開運号ですが、来るまでにはまだ時間があったので、場所を変えるべく明戸から列車に乗り込みます。次の9時5分発三峰口行きはウグイスの1009F。年末、カナリアの1012Fが引退し、これで国電カラーはこのウグイスとスカイブルーの2本だけとだいぶ寂しくなりつつありますねweep。ただ来る途中、広瀬川原で留置されていた1012Fを車内から見ることが出来ました。あいにくパレオ用の12系客車の裏に停まっていたため前面しかその様子を窺い知ることができませんでしたが、これが1012Fの姿を見る最後になってしまうかもしれません。

秩父クハ1209@桜沢'11.1.3
ウグイス1009Fに乗って桜沢へ

 降りたのは桜沢。ここだと国道140号線の陸橋から撮影したことがありますが、今回はその更に寄居駅方面へ進んだ踏切付近から狙います。ヘッドマークをメインにするなら陸橋からの方がよさそうでしたが、先ほど明戸でヘッドマークを押さえてあったので、ここでも新規開拓です。

 開運号までは1時間以上ありましたが、八高線が平行していることから、そちらも撮影することができ、なかなか退屈しなかったですね。秩父鉄道のリバイバルカラーでは旧1000系色も撮影できました。

キハ110形@桜沢'11.1.3
八高線の列車も撮影できます

秩父1000系@桜沢'11.1.3
旧1000系カラーがやってきました

 こうして10時50分過ぎ、ようやく開運号がやってまいりました。

秩父6000系@桜沢'11.1.3
このヘッドマークにこの日2度目の対面となりましたhappy01

 この後、東上線に乗ろうと思い玉淀駅へ。川越経由で帰ることにしましたが、まだ時間があったので、東武顔の8111Fを探してみようと思いました。小川町に到着し、とりあえずは接続の池袋行きに乗って発車を待っていたところ、池袋方面からの8000系が到着しましたが、発車の際にその8000系を見ると、何と8111Fでした。何ともあっけなく出会うことができたので正直拍子抜けでしたが、これだったらすぐにやってくるので、高坂で降りて待ち構えました。

東武8000系@高坂'11.1.3
あっさり対面した東武顔8111F

 もっと廻ってみたいところでしたが、川越でランチを済ませた後、川越線で帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.09

今日は

今日は
午前中はこのような電車に乗ってきました。金町でランチを済ませ、只今都バス待機中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.08

【1/2】都営まるごときっぷで鉄始めその3~こちらは健在、京急大師線干支ヘッドマーク

 2日の続きもこれが最後の記事となります。本所吾妻橋から都営浅草線で泉岳寺へとやってきました。この後は京急大師線方面へ向かうので、そのまま川崎方面の列車に乗ればいいところでしたが、ここでも1日乗車券を有効に使いたいと思い、都バスの反96系統五反田駅行きで品川を目指します。日中の本数は1時間に3本ですが、数分の待ち時間で到着。品川から京急で京急川崎へとやってきました。

 駅構内のそば屋でランチを済ませて大師線ホームへ。さすがは川崎大師のお膝元を走る路線とあって、到着した列車からは参拝を終えた乗客が続々と降りてきました。普段はのんびりとした支線なんですけど、まさにこの三が日が一番の書入れ時でしょうね。

京急1500形@京急川崎'11.1.2
参拝客でごった返す京急川崎駅に到着したヘッドマーク列車

2011年川崎大師HM
応募の中から選ばれたイラストをあしらったヘッドマーク

 さて、こちらは例年通り、干支のイラスト入りのヘッドマークが健在でしたが、今年は事前にイラストの募集を行い、その中から選考された作品がヘッドマークとして採用されました。年内中はその結果発表が行なわれていなかったので、どうなったのかが気になっていましたが、元旦に公式サイトのほうで発表がありましたね(こちら参照)。

 さっそく列車に乗り込み、いつも撮影している港町で下車となりました。例によって、京急川崎寄りの緩やかなカーブ付近へ向かうことに。ここでしばし撮影タイムとなりました。1500形がメインで1本だけ新1000形が運用に就いていましたが、こちらにはヘッドマークがありませんでした。

京急1500形@港町'11.1.2
結局いつもの場所で撮影することに・・・

京急1000形@港町'11.1.2
こちらにはヘッドマークはありませんでした

 これで一通り撮影が済んだので、港町から列車に乗り込んで京急川崎へ戻ってきました。これでこの日のミッションは全て完了し、この後は都心方面へ戻りながら帰途に付くことになりますが、まだ時間があったので、沿線で少し撮影しながら進むことにしました。何本か落としてから、2100形使用の快特で京急蒲田へ。わずか一区間の利用だったので、京急蒲田まではあっという間でしたが、ここから後続の各停に乗り換え、鮫洲と北品川のS字カーブの手前で撮影してきました。

京急800形@鮫洲'11.1.2

京急2100形@北品川'11.1.2
(2枚とも)のんびり撮影タイムcamera

 品川からは先ほど泉岳寺から乗った反96系統に乗車。五反田から都営浅草線に乗り込み、泉岳寺と三田で乗り換えて朝方出発した新板橋へ戻ってきました。

都営まるごときっぷ'11.1.2
この日使用した「都営まるごときっぷ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.07

【1/2】都営まるごときっぷで鉄始めその2~駅名が変わる業平橋駅を訪ねる

 今月2日の続きです。北千住で各停に乗り換え、業平橋へやってきました。先日こちらにも書いた通り、スカイツリーオープンの暁には、駅名が「とうきょうスカイツリー」に変わることが決まった業平橋駅ですが、列車から降りてまず度肝を抜かしたのが、すぐ隣に聳え立つスカイツリーでした。今までは遠くからでした見たことがなかったので、あまりの大きさでホームから見上げると首が痛くなるほどでしたが、ここ業平橋は特急が通過する駅なので、周りを注意しないと列車との接触事故にもなりかねませんね。そんなことから、ホームには注意を知らせる看板も出ていました。

業平橋駅名板
いずれは過去のものに・・・

注意書き@業平橋
ホームにある注意書き。通過列車があるので、確かに怖いですbearing

 改札を出ると、とにかく駅周辺にはスカイツリー見物の観光客でごった返していました。ここに来るのは久しぶりでしたが、もちろんこれほど多くの人がいたことなど記憶になく、これがオープンするとさらに多くの人で賑わうことでしょうね。

 そんなわけで、駅から浅草方面に伊勢崎線の高架に沿って歩いていると、水路に架かる橋がありました。小梅橋という橋で、背後にはスカイツリーが大きく聳え立っているのが見えました。まずはここからスカイツリーを撮影してみます。

東京スカイツリー@小梅橋'11.1.2
小梅橋から見たスカイツリー

東武100系@業平橋'11.1.2
橋の反対側で伊勢崎線の列車を撮影

 さらに先へ進むと、小梅橋よりも幅が広い源森橋が見えてきました。ここからもスカイツリーを望むことが出来ますが、伊勢崎線の列車とツーショットで撮影することが出来ます。先ほどいた小梅橋からこの源森橋を眺めていた際、こちらよりも大勢観光客が見物しているのを確認しましたが、ここからの景色を見るとそれも納得ですね。

東武10000系@業平橋'11.1.2
源森橋から見たスカイツリー

 まだまだスカイツリーの景色を堪能したいところでしたが、先がありましたので、今回はこれくらいにしておきます。機会を改めて、今度はゆっくりと散策してみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.06

宮原通信(1/6)~最近

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.6

 朝焼けが出ないですねぇcloud。どうしても南東の空に雲がかかってしまいまして、完全に暗い絵です。

 明日こそは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/2】都営まるごときっぷで鉄始めその1~都電、舎人ライナー、そして大師線

 2011年の鉄始め、東武と京急のそれぞれの大師線を中心に回ってきました。まずは新板橋駅へ。これから使用する都営まるごときっぷを買ってから三田線に乗り込み、さっそく次の西巣鴨で下車。これから都電で日暮里・舎人ライナーの乗換駅となっている熊野前を目指します。

 西巣鴨駅から都電へ乗り換える場合、乗換駅は新庚申塚となっていますが、一つ先の西ヶ原四丁目までは10分もかからず辿り着けるので、そちらへ向かい、電停の前でちょっとだけ撮影を試みました。しかし、朝のうちは周りの建物の影が線路にかかってしまい、正直いい条件ではありませんでした。おまけにスタンバイした直後にレトロ車両の9002号がやってきてしまい、慌てて撮影するハメになってしまいましたweep

都電9000形@西ヶ原四丁目'11.1.2
スタンバイ直後にやってきた9002号

 結局、数本撮影しただけでここを出発。しかしそのまま熊野前へ直行するのも面白くなかったので、荒川車庫前に寄り道していくことにしました。20分ほどでしたが、三ノ輪橋からやってきた阪堺カラーの7511号や、バイオレット色の8806号が出庫して本線に入るところなどを見ることができました。

都営8800形@荒川車庫前'11.1.2
出庫後、営業運転に就く8806号

都営7500形@荒川車庫前'11.1.2
阪堺カラーも健在でしたhappy01

 熊野前に到着し、すぐに日暮里・舎人ライナーに乗り換え。西新井大師西を目指します。2008年に開業した舎人ライナーも、開業直後に全区間乗り潰して以降はなかなか訪ねる機会もなく、三が日の大師線詣で乗りに行くくらいです。しかし今でも覚えているのが、初乗車の際に見かけた舎人公園駅前の菜の花畑で、春先にこれを見に訪ねるのもいいかもしれませんね。

 さて、今までは徒歩で大師前駅へ移動していましたが、今年はせっかく1日乗車券を持っていることもあり、歩いて5分ほどのところにある江北陸橋下バス停から王49系統千住車庫前行きに乗り込みました。とは言っても、目的地の西新井大師前までは2つ目ということで5分も乗らないうちに到着してしまいましたcoldsweats01

 これでいよいよ今回のミッションの一つである東武大師線に乗り込みます。さっそくホームに上がると、ちょうど西新井からの列車が到着したところで、2両編成の8000系が停まっていましたが、両端には例年通りヘッドマークが取り付けられていました。ところがイラストは今年の干支であるうさぎではなく、東京スカイツリーの公式キャラクターであるソラカラちゃんでした。毎年恒例だった干支をなぜやめてしまったのかが些か解せないところがあり、せめて大師線だけでもうさぎの絵にして欲しかったなぁというのが本音です。

ソラカラちゃんHM
ウサギの代わりに登場したソラカラちゃん

東武8000系@大師前'11.1.2
2本の列車が大師線を行ったり来たりしてました

 この日運用に就いていた2本の編成を撮影してから西新井へ移動。途中小菅に降りてちょっとだけ撮影してきました。

東武200系@小菅'11.1.2
小菅で小休止happy01

 さて、この後は浅草方面へ進み、東京スカイツリーのお膝元である業平橋駅を訪問してきました。こちらは別の記事で紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.05

宮原通信(1/5)~雲が・・・

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.5

 今朝も南東の空には雲がかかっていましたcloud。日中の天気はよかったんですがねぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【訃報】ロングおじさん逝く

 「ロンちゃん」の愛称で親しまれた元TBSアナウンサーの吉村光夫氏がおとといお亡くなりになりました(詳しくはこちら)。

 自分くらいの年代だと、子供向けのTV番組の「まんがはじめて物語」や「夕やけロンちゃん」での活躍が思い出されますが、個人的には前者の方が記憶に残っています。同番組のキャラクターだったモグタンとお姉さん(初代は“ケロンパ”うつみ宮土理さんでしたね)があるテーマについてその成り立ちや歴史をを紹介するという教養番組でしたが、鉄道をテーマにした回もあったことからよく観ていました。後年鉄道ファン誌に氏の顔写真が載っていたときには、「あっ、ロンちゃん!」と驚きかつ不思議に思ったりもしましたが、氏が鉄道友の会の理事をされていたことを思えば、番組が鉄分の濃いことは納得いくところですね。

 そんなわけで、個人的には鉄道ファンとしてよりも前出のTV番組での印象の方が強いです。

 当時はこうした子供向けの番組が各局あって、ドタバタ系から教養系まで幅広くありました。おまけにそれなりに個性もあったりして、学校でも満遍なく話題になっていたことを記憶しています。今だったら池上彰さんが近いポジションにいるかもしれませんね。ロンちゃんの方が子供受けはありましたが、こうした方もTVには必要であることを再確認した次第です。

 最後に、特に造詣が深かった京急の車両の画像を載せてこの記事を閉めたいと思います。ご冥福をお祈りします。

京急1000形@港町'09.1
'09年の大師線ヘッドマーク付き列車

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.01.04

宮原通信(1/4)~仕事始め

寝台特急あけぼの@宮原11.1.4

 今日から仕事始めでしたが、朝のうちバタバタしてしまい、新年早々慌しいスタートとなってしまいましたcoldsweats01。何とかその後は落ち着いたので事なきを得ましたが、まだ正月が抜けてないのかもしれませんねぇwobbly

 さて今朝ですが、南東の空に雲がかかっていたこともあり、たまにはこのアングルから撮ってみました。この時間が明るくなるのは、まだまだ先ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/29】納めは小田急日帰り旅

 2010年、納めの“鉄”活動は小田急にしました。といっても、正月に食べるかまぼこの買出しというのがメインの目的で、その行き帰りに小田急を利用した形でしたが、結局は鉄分の濃い1日となってしまいましたcoldsweats01

 まず向かったのは経堂。個人的にはお馴染みの撮影地で、手始めに何枚か撮ることにしましたが、ここでは“MSE”60000形を撮影しました。この日、このMSEを何度か撮影することになりましたが、小田原からの帰りは久しぶりに乗ることになりました。そちらはこの後書くことにします。

小田急60000形@経堂'10.12.29
経堂で撮影したMSE・60000形

 後続の急行に乗り込み、向ヶ丘遊園で各停に乗り換えて読売ランド前へやってきました。ここから隣の百合ヶ丘までは、歩きながら移動することにしますが、まずは駅前にある川崎生田郵便局を訪問。貯金と風景印の押印をお願いしてきました。

川崎生田局風景印
生田緑地が描かれた川崎生田局の風景印

 公園のようなところに噴水が描かれている絵柄ですが、生田緑地の中の池にある噴水とのことです。

 駅前から百合ヶ丘駅までの区間は緩やかな登り勾配になっていますが、ゆっくり歩いている分にはさほど苦もなく進むことが出来ます。途中で踏切を渡り、少し新宿方面へ戻ったあたりの線路沿いの道から撮影してみることにします。この区間は新宿方面からやってくる下り列車がカーブに差し掛かるところを撮影することができますが、滞在中は7000形LSE車の旧塗装車がやってきました。向ヶ丘遊園で各停を待っていた際、新宿方面へ向けて通過していくところを見かけたのでその折り返しと思われますが、なかなかこれまで撮影できなかった車両だったので、ここでの一番の収穫でしたね。

小田急7000形&30000形@読売ランド前'10.12.29
ロマンスカー旧塗装と対面

 この塗装を見るとやはり3100形NSE車を思い出しますね。まさに子供の頃に絵本で見たロマンスカーの色です。

 また、ここでは5000形を撮影することが出来ました。6両編成の車両が引退するとのニュースが年末に公式サイトで発表され、今月最後の週末には4両編成と組んでさよなら運転が行われるそうですが、長年親しまれた“小田急顔”も引退のときが近づきつつあるようです。

小田急5000形@読売ランド前’10.12.29
終焉が近い5000形もやってきました

 駅から歩いて数分のところにある百合ヶ丘駅前郵便局でこの日2局目の訪問。ここの風景印は、川崎市内にある王禅寺ふるさと公園の風景でした。

百合ヶ丘駅前局風景印
百合ヶ丘駅前郵便局の風景印

 時刻は1時を過ぎ、まだ食事をしていなかったため、改札前の箱根そばでランチを済ませホームへ。少し時間があったので、下りホームの新百合ヶ丘寄りの先端で撮影してみました。東京メトロの06系や先程経堂で撮影したMSEを撮影することが出来ましたが、期待していた新車の16000系は残念ながら会うことが出来ませんでした。

東京メトロ06系@百合ヶ丘'10.12.29
16000系には会えなかった代わりにこちらと対面

小田急60000形@百合ヶ丘'10.12.29
この日2度目のMSE

 2時を過ぎたところでそろそろ小田原へ行かないといけないと思い、新百合ヶ丘から小田原行き急行に乗り込みます。途中の本厚木では後続の特急あさぎり号と待ち合わせ。やってきたのは、20000形のRSE車でしたが、こちらはまだ全区間乗ったことがないので、一度沼津まで乗り通してみたいところです。

小田急20000形@本厚木'10.12.29
RSE車との待ち合わせ

 こうして小田原に到着した時は3時を回っていた頃でした。さっそく隣の箱根湯本行きに乗り換え風祭に到着。隣接する鈴廣の本店で手早くかまぼこと伊達巻を購入してからすぐ駅に戻ると、小田原方面行きのホームに5000形が停車していました。この4両編成の5000形はさよなら運転の後も残るとのことなので、一度富水や栢山付近の広大な田園地帯で撮影してみたいところです。

小田急5000形@風祭'10.12.29
新松田行きの5000形

 小田原に戻ってきたのは4時過ぎ。この後は、33分発のはこね32号で一気に新宿まで帰ります。やってきたのは、日中経堂や百合ヶ丘で撮影した60000形MSE車。これに乗るのは、千代田線直通特急がデビューした’08年3月以来でしたが、小田原を発車後、新松田を通過したあたりでやってきたロマンスカーアテンダントから、渋沢あさぎのイラストが入ったメモ帳を手に入れました。すでに発売開始から1ヶ月近く経っていたこともあり、まだあるかどうかが心配でしたが、小田原発車後に流れた車内放送で商品が紹介され、無事ゲットできました。

渋沢あさぎメモ帳
ロマンスカーの車内で販売していたあさぎさんのメモ帳heart04

 だいぶ日も傾いてきて薄暗くなってきた中、はこね32号は町田に到着。自分が乗った車内にいた乗客の半分近くがここで下車していきましたが、代わりに同じくらいの乗客が乗り込んできたため、車内はほぼ満席に近いくらいの乗車率でした。

 多摩川を過ぎ、高架の複々線区間あたりで新宿の高層ビル群が見え始めると、終点に近づいていることを実感しますが、やがて代々木上原を過ぎ、徐々に速度が落ちてきたところで終点の新宿に到着となりました。

はこね32号@新宿'10.12.29
新宿に到着したはこね32号

はこね32号特急券
その特急券

 この後、秋葉原で用事を済ませてから上野駅へとやってきました。後10分ほどで北斗星が13番線ホームに入線するところだったので、お隣の14番線ホームからその様子を眺めることに。上野駅でこの位置から撮影したのは今回が初めてでした。

寝台特急北斗星@上野'10.12.29
北海道へ向けて出発直前の北斗星

 一方、16番線ホームに目をやると、朝方地元で撮影した湘南色185系OM03編成が19時ちょうど発のあかぎ号に充てられていました。そこで特急券を購入。大宮まで乗ってきました。

185系@上野'10.12.29
旅の終わりはこちら

 小田急を中心にいろいろ回ってきましたが、収穫のあった1日となりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.03

宮原通信(1/3)~あっという間の年末年始

 年末年始の休暇も、あっという間に過ぎてしまいましたcoldsweats01。明日は仕事始め。まだ正月気分は抜けていませんが、早く普段の生活に慣れておきたいところです。

 さて、今日は朝から秩父鉄道と東武東上線沿線に出向いておりました。目当ては毎年恒例の急行開運号でしたが、その前に地元であけぼのを見送ってから出発しました。薄暗い中で見た床下などの雪はあまり見られず、あれだけ連日大雪に見舞われた日本海側を走る列車にしては健闘していると思いました。

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.3
朝日でなかったのが残念cloud

 結局、熊谷経由で秩父鉄道を巡り、帰りは東武東上線で川越を経由して帰ってきましたが、時間があったので今年最初の安中貨物を撮影してきました。まだまだ夕方の通過する時間はかなり暗い状況でしたが、次第に日が長くなってくれば条件が良くなっていくことと思います。

EF510-513@宮原'11.1.3
これでも一頃に比べれば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の青森乗りつぶし紀行その2~リゾートあすなろに乗る

 年末の旅の続きを書いておきたいと思います。青森からは、11時9分発の大湊行きリゾートあすなろ号に乗り込みます。ハイブリットシステムを搭載したジョイフルトレインで、去年9月に上野駅で展示された「リゾートふるさと」と同じタイプの車両になりますが、もちろん営業運転で乗るのは今回が初めてとなりました。

 ホームで待っていると、リゾートあすなろ号に使用されるHB-E300系が入ってきました。これから乗るリゾートあすなろ1号はお隣の新青森が始発となっていて、送り込みのところでした。

HB-E300系@青森'10.12.19
新青森へ向けて回送されるハイブリット車・HB-E300系

 10時51分、新青森始発としてやってきたリゾートあすなろ1号が到着しました。4両編成のうち、先頭2両は「リゾートあすなろ津軽1号」として蟹田へ向かう列車で、後方の2両がこれから乗り込む「リゾートあすなろ下北1号」となり、ここで切り離されてそれぞれの行先へと向かいます。

 手持ちの指定券に記された席に座り、落ち着いたところで列車は青森駅を定刻に発車しました。野辺地までは第三セクター化された青い森鉄道を走ることになり、野辺地までの区間で停車するのは、6月のときに下車した浅虫温泉だけでした。

 野辺地からは大湊線に入るため、ここで5分ほど停車します。その間、ホームへ降りてみましたが、ここへ来てまず目に留まるのはやはり駅の隣にぎっしりと林立する防雪林ですね。これは昔から変わらずここにありましたが、その手前の駅構内にあった南部縦貫鉄道のホームはすでになく、面影は全くといっていいほどありませんでした。

快速リゾートあすなろ下北1号@野辺地'10.12.19
野辺地から大湊線に入るため、向きが変わります

防雪林@野辺地
野辺地といえばこの防雪林ですねhappy01

 野辺地を発車。進行方向が変わり、青い森鉄道の線路から離れて一路大湊を目指します。大湊線に乗るのは15年ぶりで、'95年9月に下北交通を完乗したとき以来でしたが、沿線の風景の記憶がほとんどなく、下北駅から見えた恐山の景色がかすかに頭の中に残っているくらいでした。これも乗り潰しで一気に乗りとおしたこともあったかもしれませんが、交換駅である陸奥横浜駅から地元のボランティアのグループが乗り込み、特産品の販売を行なうなど、イベント列車ならではの演出もありました。そういえば、昔乗ったリゾートしらかみ号では津軽三味線の実演が行なわれていましたが、こうした演出も旅の思い出になりますねhappy01

ほっかむり隊
陸奥横浜から乗車してきた地元のボランティア

 実はこの後、終点の大湊まで乗るかどうか迷っていましたが、この後は大湊を14時5分に発車する直通の八戸行きに乗る予定で、後続の大湊行きに乗っても間に合うことから、下北で見送ることにしました。さっそく、大湊から折り返してくるリゾートあすなろ2号を撮影するべく適当な場所を探しましたが、情報がなかったこともあり、大湊方面へ歩いて10分ほど行ったところにある踏切で撮りました。

快速リゾートあすなろ下北2号@下北'10.12.19
下北駅近くで折り返しの2号を撮影

 次の大湊行きまで約1時間。駅の近くにあったみやげ物屋を冷やかしたりして時間潰しをしながら駅舎内のベンチで待つことになりました。駅舎は最近建て替えられたようで、2001年に廃線となった下北交通があったころの面影はほとんどといっていいほど残っていませんでした。

下北駅舎'10.12.19
新しくなった下北駅の駅舎

下北駅舎'95.9
建て替え前の下北駅

 13時53分発の大湊行きは、キハ100系の2両編成。揺られること数分で終点の大湊に到着しました。

キハ100系@下北'10.12.19
大湊行きはキハ100系

 ここ大湊に最後に来たのが20年前の'90年の8月で、しかも夕方に到着してからすぐ脇野沢行きのJRバスにすぐ乗り換えてしまったため、撮影もしないまま出発してしまいました。

大湊駅舎
終着駅らしさが感じられる大湊駅

 この後は、14時5分発の八戸行きで一気に八戸へと向かいますが、少し長くなってきましたので、ここで一旦切ることといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
秩父鉄道沿線を回った後、東上線に乗車中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.02

宮原通信(1/2)~今年最初のあけぼの

寝台特急あけぼの@宮原'11.1.2

 今朝はお出かけすることもあり、早起きしてお見送りしてきました。前日は運休でしたが、今朝はほぼ定時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急大師線

京急大師線
こちらの方も回って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

業平橋

業平橋
観光客が多過ぎでした蠐。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の鉄始め

今年の鉄始め
毎年恒例の大師線ですが、干支のうさぎでなくソラカラちゃんなのがちょっと頂けないです。何で変えたんだか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.01

宮原通信(1/1)~謹賀新年

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 今朝は6時に一度目が覚めました。本当は定時で動いていればあけぼのと朝日のコラボとでも思ったんですが、夕べからの大雪の影響でどうやら動いていないらしく、一旦床に入り6時50分に起きました。

 さっそくベランダに出て初日の出を拝むことにしたんですが、ちょうど太陽の頭の部分が出始めるところで、グッドタイミングでしたgood

2011初日の出
2011年の初日の出

富士山'11.1.1
富士山も赤く染まってましたfuji

 それにしても、朝日の並びに見えた雲。飛行機雲にしては大きく折れ曲がっていて、正直気になっていましたが、もしかしたら初日の出フライトのものかもしれませんね。

 もちろん朝はおせち料理と雑煮をいただきましたが、併せて年末に栗橋で手に入れてきたみなみのお酒で朝から呑んでおりましたheart01

純米酒みなみ
みなみのお酒とおせちで正月の朝を迎えましたheart04

 そんな中、さっそく撮り始めということで何かないかと思いつつ、やはり去年の撮り納めと同じく湘南色の185系に落ち着くことになりました。夕べ高崎方面へ向かっていたようなので、あかぎ2号で繰るんじゃないかと目星をつけていたら、案の定やってきました。ただ、今日から高崎寄りに連結されていたので、上野での折り返しとなる草津3号を撮影しておきました。

特急草津3号@宮原'11.1.1
2011年の撮り始めはやはりこちらでしたhappy01

 そんなこんなで、2011年がスタートいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせち

おせち
おせち
いただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日の出

初日の出
早起きしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年

新年
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »