« 【1/29】秩父路のロウバイ散策その1~ロウバイ号@広瀬川原 | トップページ | 速報 »

2011.02.03

【1/29】秩父路のロウバイ散策その2~ロウバイ号@上長瀞・荒川鉄橋

 先日の土曜日の続きです。大麻生駅を9時19分に出る影森行き、やってきたのは7500系でした。去年の3月にデビューして以来なかなか乗る機会がなく、ようやく11月末になって乗ることができた車両ですが、カナリア色の1012Fと入れ替わるように7502Fが入り、今後はこちらが主力になりつつあります。

秩父7701@上長瀞'11.1.29
7500系で上長瀞へ

 途中、野上や長瀞でハイキング客が降りていき、自分は上長瀞で下車となりました。この後、11時過ぎにやってくる影森行きの急行を待ちますが、それまで1時間ほど、次々やってくる列車を撮影しながら時を過ごします。

秩父デキ108@上長瀞'11.1.29
桜の名所も今はひっそりとしています

 今回は貨物列車の姿をあちこちで見ることが出来ましたが、ここでも上下1本ずつやってきました。

 こうしてのんびり過ごしているうちに時刻は11時過ぎ。先程広瀬川原で撮影した黄色地のヘッドマークを付けた6000系の急行が近づいてきました。

秩父6000系@上長瀞'11.1.29-1
影森行き急行がやってきました

 これでこちらは退散となり、次は荒川へと向かいますが、その前にちょうど昼時に差し掛かっていたため、周辺でランチをしようと店を探していたら、国道140号線沿いに「味里」と書かれた看板のそば屋があったので、そちらに入ることに。もりそばにプラスして味噌おでんも注文しました。

もりそば@味里

みそおでん@味里
(2枚とも)この日のランチの中身noodle

 ここから更に秩父方面へと進み、荒川にかかる親鼻橋を渡ると、荒川の河原へと通じる入口に辿り着きました。ここから河原へ降りて荒川鉄橋を渡る列車を撮影します。以前、夏に来た時には上半身裸の行楽客がいて、カメラ片手に歩いていると正直冷汗モノでしたが、今は季節柄そうした人はおらずひっそりとしていました。

 ここでは、先ほど上長瀞で撮影し、影森から戻ってきた6000系を始め、スカイブルーの1001Fと旧1000系リバイバルカラーの1007Fそれに石灰石列車を撮影することが出来ましたが、何分広い川原とあって、ここで撮影する際にはどこがいいアングルなのか正直迷ってしまいますね。「もっとこうすればよかったかもしれない」と後になってあれこれ考えてしまいますが、ここでの撮影はなかなか奥が深いところですね。

秩父6000系@親鼻'11.1.29

秩父1000系@親鼻'11.1.29

秩父デキ@親鼻'11.1.29
(3枚とも)荒川の河原で撮影

 さて帰りは親鼻から乗り込み、宝登山へ行くため長瀞へと向かいますが、そろそろ長くなってきましたので、このあたりで切りたいと思います。

|

« 【1/29】秩父路のロウバイ散策その1~ロウバイ号@広瀬川原 | トップページ | 速報 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/50767983

この記事へのトラックバック一覧です: 【1/29】秩父路のロウバイ散策その2~ロウバイ号@上長瀞・荒川鉄橋:

« 【1/29】秩父路のロウバイ散策その1~ロウバイ号@広瀬川原 | トップページ | 速報 »