« 宮原通信(2/4)~あけぼの久しぶり | トップページ | 宮原通信(2/5)~あけぼの&シーハイル »

2011.02.07

【2/5】恒例の高尾山冬そば号に乗る~京王

 おとといは予告通り、毎年恒例の高尾山冬そば号に乗ってまいりました。大宮からむさしの号に乗り、立川で南武線に乗り換えて分倍河原へと到着。去年はここから乗り込みましたが、到着までまだ30分以上もあったことから、聖蹟桜ヶ丘まで先行しました。

 ここで待つこと30分ほど、9000系を使用した高尾山冬そば号がやってきました。

京王9000系@聖蹟桜ヶ丘'11.2.5
9000系を使用した臨時急行、高尾山冬そば号

 去年は立っていた目の前の席がここ聖蹟桜ヶ丘で空いてくれたので、終点まで座っていけたんですけど、さすがに毎年うまい具合には行きませんでしたねcoldsweats01。そんな中、高幡不動では例年通り、後続の準特急の待ち合わせがあり、その間はちょっとした撮影タイムとなりました。自分もそれを利用してヘッドマークの確認をすることに。今年は濃い赤というのか幾分地味な印象を受けましたが、これはこれでいい感じを出していましたねhappy01

高尾山冬そば号HM
今年は少しおとなしめ?

 高尾で目の前に座っていた乗客が下車したため、わずか一区間ではありましたが、終点の高尾山口まで座って行くことが出来ました。到着後、改札を抜けてから、乗車記念の箸を貰うべく列に並びました。実は北野を発車後、車内では乗車記念となる箸の引換券を配布していたんですが、去年は記念品を直接車内で配布していたので、この点は去年とは異なりました。おそらく記念品目当てで手前の高尾あたりで降りてしまう輩が多いことから、こうした対策を採ったものと思われますが、おかげで駅の回りには記念品を貰おうと長い行列が駅の裏手まで延びておりました。果たしてこのシステムの方がいいのかどうかはわかりませんが、せっかく「冬そば」と銘打った列車に乗ってきたわけですし、冬そばを食べていって欲しいところですね。

 結局、そんなこんなで無事記念品を手に入れ、さっそく冬そばを食べることにします。今回は高尾山口駅周辺の店の中でまだ未訪だった竹乃家支店にしました。甲州街道沿いにあるお店でしたが、これまで参道の入口あたりまでしか来ていなかったので、それより先に店があったかどうかこれまで気がつきませんでした。

 さっそく店の中に入り、空いている席へ。もちろん注文するのはとろろそば。冷やもあるとのことでしたが、やはり今の時期は暖かい方がいいですね。

 出てくるまで待っていると、次々とお客さんが続々やってきて、あっという間に席が埋まってしまうほどの盛況振りでした。そんな中、とろろそばが登場。今年もおいしく頂くことができました。

とろろそば@竹乃家支店
竹乃家支店のとろろそばを頂く

 それにしても、ちょうど昼時だったせいもあったかもしれませんが、甲州街道沿いにある日光屋でも待ち時間が記された貼り紙が店先に貼られるなど、なかなかの盛況でしたね。

 こうして腹も満たされたので、今年は高尾山口駅から乗らずに高尾駅までのんびり歩いてみることにしました。正直どれくらいかかるのか見当もつきませんでしたが、途中京王線の列車を撮影しながら甲州街道沿いを歩き続け、正味30分ほどで高尾駅まで辿り着くことができました。これだったらちょっとした腹ごなしになりますねhappy01

京王7000系@高尾山口'11.2.5
甲州街道沿いに広がる景色

 この後、高尾駅から京王線に乗り込み、新宿方面へと向かいますが、切りがいいところなので、このあたりで一旦切りたいと思います。

|

« 宮原通信(2/4)~あけぼの久しぶり | トップページ | 宮原通信(2/5)~あけぼの&シーハイル »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/50804627

この記事へのトラックバック一覧です: 【2/5】恒例の高尾山冬そば号に乗る~京王:

« 宮原通信(2/4)~あけぼの久しぶり | トップページ | 宮原通信(2/5)~あけぼの&シーハイル »