« 宮原通信(4/2)~あけぼの再開! | トップページ | 宮原通信(4/3)~復活2日目は定刻運転 »

2011.04.05

冬の京都&広島の旅その10~夜の大阪散策

 冬の京都の旅もすでに京都を離れ、大阪へと移ってきました。

 淀屋橋からは地下鉄御堂筋線に乗り換え。ホームで列車を待つ間、ここ特有の高い天井に思わず上を向いてしまいますがcoldsweats01、なんばに到着しさっそくやってきたのは、駅に隣接しているなんばパークスでした。ここはかつて南海ホークスが本拠地としていた大阪球場があったところで、福岡への移転後、その跡地は再開発により複合商業施設へと生まれ変わりました。

 そのなんばパークスの9階、パークスガーデンの一角には、南海ホークスメモリアルギャラリーという往年の南海ホークスにまつわる資料が展示されています。自分にとっては福岡移転直前の頃しかリアルには知らず、すでに優勝争いからは遠ざかっていましたが、そんな中でも門田や香川といった個性的な選手は今も忘れられません。特に門田の豪快なスイングは、当時すでに40歳になっても衰えを知りませんでしたね。

南海ホークスメモリアルギャラリー
なんばパークス9階にある、南海ホークスメモリアルギャラリー

門田プレート
強打者・門田選手のプレート

 さてこの日は、大阪駅を23時に発車する広島行きの高速バスを予約しており、それまで3時間ほど時間がありました。そこで、南海の難波駅の様子を観察することにしました。関西の私鉄の中では南海が最近ご無沙汰ですが、関空直通のラピートから通勤車両まで、さまざまな車両を観察することができました。

南海50000系@難波'11.2.19

南海6200系@難波'11.2.19
(2枚とも)難波駅で南海電車を観察

 そんな中、ホームの柱に貼られていた南海フェリーのポスターを見つけました。実はここ難波駅にやってきた目的の一つがこの南海フェリーのポスターなんですが、最近2人の萌えキャラを登場させるなど、注目を浴びております。訪れた頃はこのキャラクターの名前を募集していたんですが、震災の影響からか、発表が延期となっていて、今後が気になるところです。

南海フェリーポスター
南海フェリーの萌えキャラheart01。もう一人は見つからずweep

 ここから新今宮まで、わずかではありましたが南海電車のお世話になった後、大阪環状線に乗り換えて天王寺へ。ここでは頭端式になっている阪和線ホームで観察してきました。103系から205系、それに阪和カラーの113系といったところから新鋭の225系までと、短い時間に一気に見ることが出来ましたが、ここは国鉄時代に新宮への夜行列車でお世話になったことがあるんですよね。上野駅のようなターミナル駅の雰囲気が感じられて、夜汽車の始発駅としてはなかなかの味わいでした。

103系@天王寺'11.2.19

113系@天王寺'11.2.19

225系@天王寺'11.2.19
(3枚とも)国鉄型から新鋭車両まで、阪和線の車両を観察

 適当なところで切り上げ、大阪環状線に乗って大阪へ。ちょうど10時過ぎに発車する特急北近畿を見送ってから高速バスの乗り場である桜橋口へ移動しました。

183系@大阪'11.2.19
「こうのとり」変更間近の特急北近畿

|

« 宮原通信(4/2)~あけぼの再開! | トップページ | 宮原通信(4/3)~復活2日目は定刻運転 »

旅行・地域」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/51310121

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の京都&広島の旅その10~夜の大阪散策:

« 宮原通信(4/2)~あけぼの再開! | トップページ | 宮原通信(4/3)~復活2日目は定刻運転 »