« 宮原通信(4/4)~湘南新宿ライン再開! | トップページ | 冬の京都&広島の旅その13~パセオカード消化出来ず(笑) »

2011.04.08

冬の京都&広島の旅その12~広島界隈で“鉄”ネタ探し

 2月の旅の続きです。早朝の6時過ぎ、夜行高速バスから広島の駅前に降り立つと、駅構内のコインロッカーに大きな荷物を預けてから身軽な格好になります。この後、呉線の列車に乗り込むため改札を抜けて乗り場へ。115系に揺られて小屋浦駅へとやってきました。

 ところが、窓口のところに貼られていたお知らせを見た途端、当初の目的を果たすことができないことを知ってしまいました。その目的というのは赤い18きっぷで、この日が発売初日でしたが、ちょうどJR西日本管内に滞在するということで1枚手に入れて帰ろうと思ったところでしたが、何とも残念でしたね。

18きっぷ発売お知らせ@小屋浦
小屋浦駅にあった”残念な”お知らせ

 ところでここ小屋浦駅に降り立つのはこれが2度目でして、前回は今から19年前の9月に実家から長崎へ戻る途中で立ち寄っていますが、当時撮影した木造の駅舎から近年建て替えられたようです。

小屋浦駅舎'92.9

小屋浦駅舎'11.2.20
小屋浦駅の移り変わり(上:'92年9月、下:'11年2月20日)

 やむなく広島方面へ向かう列車に乗り込みます。途中の坂駅に差し掛かったとき、駅前に何やら車両が置かれているのを車内から見ることが出来ました。一見して路面電車のようなので、広電で使われていたもののようでしたが、後で調べたところ、広電で使用されていた2000形とのことです。

広電2000形@坂'11.2.20
呉線の車内から見えた元広電の車両

 さて、広島へ戻るにはまだ少し時間がありましたので、途中でいろいろとネタ探しをしながら撮影をすることにしました。まずは呉線と山陽本線の分岐駅である海田市駅で下車。113系や115系のみでしたが、改めて国鉄型ばかりが行き来する広島ならではといったところでした。

113系@海田市'11.2.20
まずは海田市で…

 続いてやってきたのは、お隣の向洋。ここでも113系や115系が行き来していましたが、そんな中で車体全体を黄色1色に塗った115系を撮影することができました。数年前からJR西日本管内各エリアで単色での塗装変更を行っておりますが、どうしても個性が乏しく感じられてしまうのは否めないところですね。

115系@向洋'11.2.20-1
このカラーも健在です>広島支社カラー

115系@向洋'11.2.20-2
単色カラーの編成も撮影しました

 そんな向洋で待っていると、セノハチで活躍するEF67の単行が通過していきました。もちろん撮影するのは初めてで、これは収穫でしたね。

EF67-1@向洋'11.2.20
セノハチの顔・EF67と対面

 こうして広島へ戻り、駅構内で朝食を済ませました。

|

« 宮原通信(4/4)~湘南新宿ライン再開! | トップページ | 冬の京都&広島の旅その13~パセオカード消化出来ず(笑) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/51335220

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の京都&広島の旅その12~広島界隈で“鉄”ネタ探し:

« 宮原通信(4/4)~湘南新宿ライン再開! | トップページ | 冬の京都&広島の旅その13~パセオカード消化出来ず(笑) »