« 宮原通信(4/14)~久しぶりに | トップページ | 宮原通信(4/15)~明日は »

2011.04.15

東北ワイド周遊券で旅した夏

 まだ学生だった'90年のこの年、東北ワイド周遊券を利用してあちこち旅しました。もちろん多くの路線が未乗区間で、その乗り潰しが大きな目的だったんですが、行きは当時すでに希少価値となっていた夜行急行津軽でスタートし、翌朝山形に到着後、板谷峠へ行ってスイッチバックを堪能しました。

オハフ50-2438@板谷'90.8.24

峠の力餅立ち売り
(2枚とも)この夏が最後となった板谷峠のスイッチバック

 当時はまだ山形、秋田の新幹線が開業する前だったので、東北の各路線にはまだ客車列車が健在で、それら客車列車にあちこちで乗ることが出来ましたが、今改めて考えてみると、国鉄時代の旅の雰囲気をまだ味わうことができた時期に旅できたことは、自分自身貴重な体験をすることができたかもしれませんね。

 さて、そんな東北の旅ですが、三陸方面へも当然足を運んでおりまして、これが始めての三陸への旅となりましたが、その中でも今回被災した陸前高田にはユースホステルに宿泊するため立ち寄っております。当時、宿泊したユースホステルの様子などは何分20年以上も前になるので記憶から薄れつつありますが、降り立った駅の駅舎が年季の入った木造の駅舎だったことが、薄れつつある記憶の中に残っています。その陸前高田のユースですが、日本ユースホステル協会のサイトによれば、ユースはすでに休館していたため人的被害は免れたものの、建物に関しては流出してしまったとのことです。

陸前高田駅舎'90.9.1
在りし日の陸前高田駅の駅舎

 また、陸前高田駅のある大船渡線沿線も今回の震災で大きな被害を受けており、特に大船渡駅については駅舎が大きな被害を受けたとのことです。大船渡駅もこのときに降りていますが、あの味わいのある木造の駅舎がなくなってしまったことは信じられないところです。

 今回の震災では他にも、津波に襲われたE721系の映像が映し出された新地駅を始め、東北管内の鉄道路線の多くで被害が伝えられています。1日も早い復旧を待ち望む次第です。

キハ52-109@気仙沼'90.9.1
気仙沼に停車中のキハ52形

|

« 宮原通信(4/14)~久しぶりに | トップページ | 宮原通信(4/15)~明日は »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/51396784

この記事へのトラックバック一覧です: 東北ワイド周遊券で旅した夏:

« 宮原通信(4/14)~久しぶりに | トップページ | 宮原通信(4/15)~明日は »