« 2011タイトル制覇の旅その5~矢田川周辺撮影記 | トップページ | 今日は »

2011.05.21

2011タイトル制覇の旅その6~地下鉄桜通線延伸区間初乗り

 ようやく今回の旅のミッションとなっている地下鉄桜通線の新規開業区間へとやってきました。矢田川沿いでの撮影を終え、歩いて10分ほど行った地下鉄名城線のナゴヤドーム矢田駅から乗り込みます。この名城線も部分開業を繰り返して現在の環状線となりましたが、沿線には名古屋大学を始めとする大学が点在していることから、車内には学生の姿を多く見かけました。

 その名城線に揺られて桜通線との乗換駅となっている新瑞橋で下車。さっそく徳重行きの列車に乗り込みます。3月26日までは終着だった野並を過ぎて新線区間へと入ってきましたが、意外と乗客が多い印象を受けました。元々からの住民なのかはわかりませんが、地下鉄開業前まではバスで野並あたりまで来て、ここから地下鉄に乗り換えていたのでしょうか?

 なお新線区間の各駅にはホームドアが設置されていました。これは開業前の桜通線の駅には設置されておらず、今回開業した区間に先行して設置されたようです。なお7月には桜通線のすべての駅でホームドアの設置が行われるとのことです。

 こうして終点の徳重に到着。さすがに開業してから一月近くが経ち、開業を祝う横断幕などをあまり見かけませんでした。

徳重駅名板'11.4.22
無事に桜通線を完乗しましたwink

名古屋市営地下鉄6820
ここまで乗ってきた桜通線6000形

 これで名古屋でのミッションはすべて終了となり、晩に出発する福岡行きの高速バスまではフリータイムとなりますが、バスに乗る前に体の汗を流しておきたいと思い事前に調べておいたところ、徳重駅から歩いて15分ほどのところに「楽の湯」という温泉施設があることがわかり、ここで一風呂浴びていくことにしました。

楽の湯'11.4.22
楽の湯で旅の汗を流すことに

 概観はどこにでもある今風の温泉施設で、中の温泉施設もこれといって変わったところはありませんでしたが、この日の汗を十分に流してから徳重駅へと戻りました。

 さてこの後はもう名古屋駅へ戻るだけとなりましたが、すんなり地下鉄に乗れば一番早く戻ることが出来ます。しかし時刻はまだ18時を回ったところ。慌てる必要もなかったので、徳重駅と隣接するバスターミナルをぶらぶらしていたところ、前後駅行きの名鉄バスが直近にあることから、これに乗ってみることにしました。ただ、徳重から前後まで所要時間がどれくらいなのかがわからず、正直行き当たりばったりなところがありましたが、まあ何時間もかかるわけはないでしょうし、とにかく成り行きに任せてバスに乗り込みました。

名古屋市営バス@徳重'11.4.22
徳重駅に隣接するバスターミナル(名鉄バスの画像は忘れましたcoldsweats01

 この路線は途中に藤田保健衛生大学の病院を経由するので、ここのバス停からは帰宅する学生さんが乗り込み、車内は賑やかになりました。何分全くの未知なるエリアなもので、おまけに18時半を過ぎて回りも暗くなり、現在どこを走っているのか、まるっきり検討も着きませんでしたが、通り沿いにあった「豊明市」の文字を見たときにようやくおぼろげながら位置関係を把握することができました。

 こうして終点の前後駅に到着したのは18時50分頃。ここから名鉄に乗って一気に名古屋へと戻ってきました。

|

« 2011タイトル制覇の旅その5~矢田川周辺撮影記 | トップページ | 今日は »

バス」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/51726351

この記事へのトラックバック一覧です: 2011タイトル制覇の旅その6~地下鉄桜通線延伸区間初乗り:

« 2011タイトル制覇の旅その5~矢田川周辺撮影記 | トップページ | 今日は »