« 宮原通信(5/18・一部大宮あり)~仕事帰りに日光号 | トップページ | 2011タイトル制覇の旅その5~矢田川周辺撮影記 »

2011.05.19

【5/14】遅めの訪問、わくわくチャリティーフェスタ~秩父鉄道

 震災の影響で開催がどうなるか心配だった秩父鉄道のイベントですが、今年はチャリティーという形で例年通りの開催となりました。ただ当日は家内が夜から出かけるとのことで、午前中は自宅で家事に専念coldsweats01。午後から出発いたしました。

 13時7分発三峰口行きの列車でひろせ野鳥の森駅に到着すると、改札前では乗車券を販売する臨時の窓口が設けられ、熊谷までの乗車券を硬券で売っていました。その乗車券を記念に1枚手に入れ、イベント会場となっている広瀬川原車両基地へと進むと、この日会場への臨時直通列車として使用された3本の列車が見えたので、まずはこちらを撮影いたしました。

車両展示@広瀬川原車両基地'11.5.14
臨時直通列車に使用された3本の車両にまずはご挨拶

 踏切を渡ってイベント会場へ。まずはグッズのブースへ行ってあれこれ物色することにしましたが、すでに売り切れのものもあった中で手に入れたのは、広瀬川原の硬券入場券と“茶ガマ”デキ505号のイラストが入った携帯クリーナーでした。後者は他にもいろいろな車両のイラストが入ったものがあって正直どれにするか迷ってしまいましたね。さすがにあれこれ買ってしまうほど資金が乏しかったので、茶ガマ1つに留めましたcoldsweats01

秩父鉄道戦利品
今回の戦利品

 そのまま車両展示のところへと進みます。C58のところには相変わらず多くの人が集まっていましたが、ナンバープレートが赤い地のものになっていました。現地ではあまり気にしませんで、ナンバープレートが真新しいくらいにしか思っていませんでしたが、翌日の運行ではこのナンバープレートを掲げて運行されたようで、こちらも見に行きたいですね。

秩父C58363@広瀬川原車両基地'11.5.14
赤プレで展示されたC58

 そして、それ以上に注目だったのが、赤く塗装されたデキ103号ですね。数日前、何気なく公式サイトを見ていたら、当日会場で販売された記念乗車券の中に赤く塗装された電機の写真が載っていたので、最初は何かの間違いかと思ってしまいましたがcoldsweats01、本当にそのままの姿で我々の前に姿を現したときには、あまりの鮮やかさに度肝を抜かしてしまいました。同じく展示されていた茶ガマ共々、注目していきたいところですね。

秩父電機@広瀬川原車両基地'11.5.14
”赤ガマ”には驚きましたねcoldsweats02

 その後、車両基地の中をブラブラしながら過ごすことに。概ねイベントの中身は例年通りのものが多かったですが、“センガタン”という戦隊モノの着ぐるみを来た一団が会場内を闊歩していたのが目に留まりました。詰所と思われる建物の前には、「秘密基地」と記した看板があったりして、なかなかユーモアたっぷりでしたね(^.^)。

センガタン秘密基地
センガタンの秘密基地coldsweats01

 最後にもう一度車両展示へ行って一通り展示車両を見てきましたが、14時ちょうどに会場を発車する羽生行きの臨時列車に向かってコバトン達が手を振って見送っていましたhappy01

お見送り@広瀬川原車両基地'11.5.14
コバトンたちに見送られ、臨時列車は発車

 そんなわけで、2時過ぎには会場を退散と相成り大麻生駅へ。ちょうど14時16分に発車する羽生行きにスカイブルーの1000系1001Fがやってきました。リバイバルカラーの1000系も秩父鉄道色の2本とこのスカイブルーの3本となってしまい、イベント会場でもこれら1000系の出番はありませんでした。今後いつまで動くのかわかりませんが、彼らの元気な姿が見られるのも、そう長くはないのかもしれないですね。

秩父1000系@大麻生'11.5.14
スカイブルー1001Fとここで対面

 これでイベントというミッションも終わり、後は夕方6時くらいまでに熊谷へ戻ればいいので、撮影地の新規開拓を兼ねて小前田駅に降り立ちました。ここから1つ手前の永田駅までのんびりと歩くことにしますが、乗ってきた列車から沿線を見た限りそれなりに距離がありそうなので、正直どれくらい時間が掛かるかが全く検討つきませんでした。

 途中に関越道が交差しており、その前後には広大な田園地帯の風景が広がっていますが、これまで度々訪れている広瀬川原や武川駅周辺とはまた違った雰囲気ですね。このようなところでSLの走る様を撮影してみたいところですが、難点を言えば駅から多少距離があることでしょうか。

小前田駅舎'11.5.14
ツツジ咲く小前田駅

秩父1000系@小前田'11.5.14
麦畑の中を行く1000系

秩父1000系@永田'11.5.14
旧秩鉄カラーとようやく対面

 そんな中、1時間半掛かって永田駅に到着しました。ここでさらに1時間ほど滞在し、旧秩鉄カラーの2本を撮影してから、17時54分発の羽生行きに乗って熊谷へ戻ってきました。

秩父デハ1007@熊谷'11.5.14
最後はこちらで熊谷へ

 会場で売っていた特製の弁当が投売り状態になっている様子を横目で見ながら外へ。すでに18時を回っていたので、先日紹介した登利平で夕食を食べることにしました。高崎駅で売っている鶏めしと並べると迷ってしまうほどおいしい登利平の鶏めしですが、熊谷駅での食事の楽しみができたのはうれしいですね。

鶏めし@登利平
すっかり熊谷でおなじみとなった登利平の鶏めし

 これで腹も満たされ、上りの高崎線の列車に乗って宮原へ帰ってきました。

|

« 宮原通信(5/18・一部大宮あり)~仕事帰りに日光号 | トップページ | 2011タイトル制覇の旅その5~矢田川周辺撮影記 »

きっぷ・硬券」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/51715121

この記事へのトラックバック一覧です: 【5/14】遅めの訪問、わくわくチャリティーフェスタ~秩父鉄道:

« 宮原通信(5/18・一部大宮あり)~仕事帰りに日光号 | トップページ | 2011タイトル制覇の旅その5~矢田川周辺撮影記 »