« 宮原通信(5/28)~梅雨入りですね | トップページ | 宮原通信(5/28・昼編)~原色&広島更新色 »

2011.05.30

【5/23】485系きぬがわ号を東武線内で撮影する

 先週月曜日の続きです。上毛電鉄の砕石散布列車を撮影後、新川駅から列車に乗り込み西桐生へ。そのまま桐生駅へと移動し、12時53分発小山行きの列車で大平下へとやってきました。まさか一月の間に2度もここに降り立つとは思ってもみませんでしたが、ここから東武日光線の新大平下駅を目指します。

 この両駅を歩いて移動するのは初めてで、地図を見ても短時間での移動は可能と見ていましたが、実際に歩いてみるとややわかりづらかったです。ひたすら駅のある方向へと歩き続け、ようやく東武日光線の踏切を発見。すぐ隣に新大平下の駅も確認できました。

 さて、ここへとやってきたのは、14時過ぎにやってくる特急きぬがわ5号を撮影するためでしたが、如何せんこの界隈での撮影に関する情報がなかなかなく、とりあえず現地へ行ってロケハンをするしかありませんでしたが、新大平下駅から静和の方向へ歩いてみると、10分程度のところにすっきりとした直線区間があるところを見つけ、ここで待つことにしました。

 しかし1つ心配なこともあり、栃木を14時7分に発車する浅草行きの特急きぬ124号があることを、手持ちの東武時刻表で確認。時間的にちょうどそれ違うところでもありましたが、14時10分頃、485系の特急きぬがわ5号が接近。無事撮影をすることができました。

特急きぬがわ5号@新大平下'11.5.23
東武線内で最後の走りを見せる485系・特急きぬがわ5号

 するとその直後、ここから100メートルほど行ったところできぬ124号とそれ違いました。もうちょっと新大平下駅寄りにいたら完全に被られていましたねcoldsweats01。ほんと、冷や汗モノでした。

 その後は新大平下駅近くにあった大平郵便局に立ち寄り、風景印を押印してもらいました。大平下と言えば太平山のお膝元の町。背景に描かれている山は太平山でしょうか?

大平局風景印
大平局の風景印

 時刻は15時を回ったところ。今度は両毛線の列車を撮影しようと先日撮影した踏切から桐生寄りに数百メートルほど行った道路の脇で狙って見ます。何分本数が限られているので、上下で1本ずつ撮影してきましたが、最初にやってきた高崎行きの460Mには、高崎車両センター所属の211系のうち1本だけ残る幕車のA36編成がやってきました。

211系@大平下'11.5.23
唯一の幕車・A36編成と対面

 それから10分後、今度は小山行き457Mがやってきましたが、こちらは115系。今回初めて撮影することができました。

115系@大平下'11.5.23
115系も撮影できましたhappy01

 こうして16時5分発の宇都宮行きで栃木へと向かい、東武日光線に乗り換えて帰途につきました。

|

« 宮原通信(5/28)~梅雨入りですね | トップページ | 宮原通信(5/28・昼編)~原色&広島更新色 »

鉄道」カテゴリの記事

風景印」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/51810634

この記事へのトラックバック一覧です: 【5/23】485系きぬがわ号を東武線内で撮影する:

« 宮原通信(5/28)~梅雨入りですね | トップページ | 宮原通信(5/28・昼編)~原色&広島更新色 »