« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.31

宮原通信(5/29)~雨、雨、雨

 土曜日に続き、日曜日も雨の朝でした。能登が来ないので、あけぼのに絞って撮ってきましたが、これからの季節はこんな日が続きそうです。

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.29
雨の季節が続きますねrain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/26】ライオンズ応援号ともえグルメ・キャンペーン所沢編

 先週の木曜日は家内の帰宅が遅いとのこと。そうなるといつもの仕事帰りの“平日鉄”となりますが、まずは大宮駅で日光8号をお迎えすることにしました。

特急日光8号@大宮'11.5.26
253系はこの日は来ず・・・

 この後埼京線に乗り込み、武蔵浦和で武蔵野線に乗り換えて新秋津へとやってきました。ここで秋津駅へ移動。西武池袋線の列車を待っていたところ、ライオンズのマークが入ったヘッドマーク付きの20000系20006Fがやってきました。

西武20000系@所沢'11.5.26
ライオンズのマークが入ったヘッドマーク付きのライオンズ応援号に乗車

 ライオンズ応援号という文字通りライオンズ仕様の車両ですが、ライオンズ仕様といえば「L-train」というライオンズのラッピングを施した3000系もまだ撮影および乗車をしていません。どうもライオンズ絡みのイベントにはご縁がないようですねweep

 所沢へ下車。夕飯を食べようと、駅に隣接している駅ビルの中へやってきました。実は今回ここで夕飯を食べようと考えたのは、鉄道むすめの公式サイトに出ていた「もえグルメ・キャンペーン」に参戦するためでして、対象となっている所沢の2店舗のうちの1店舗と川越の店舗の2箇所で飲食をすると景品が貰えるというもの。で、どちらに入るか迷いましたが、「獅子」という西武ドームにある店舗と同じ名前の中華の方は、対象となっている料理が酒のおつまみのようなものだったため、その上の階にある和食処の「ななかまど」という店に入ることにしました。

 対象となっている「ふ~んわりふわ玉」は当然頼むとして、これ1品では少ないと思い稲庭うどんを追加しましたが、後になってこの選択肢は失敗でして、見かけによらずボリュームがあったので、完食した後はお腹が一杯になってしまいましたcoldsweats01。これだったら東北地方応援キャンペーンと題した日本酒の飲み比べセットというのがあったので、これでちょうどいい量になったかもしれません。

ふ~んわりふわ玉@ななかまど
ななかまどで対象メニューとなっているふ~んわりふわ玉をいただきましたrestaurant

みしゃ等身大パネル
「獅子」の店先にあったみしゃさんのパネル。ななかまどにあるはずのしいなさんのパネルは確認できず・・・coldsweats01

 そんなわけでお腹も一杯となったところで、少し時間があったので所沢駅でいろいろと構内をうろつくことに。ネタと言えるかは疑問ですが、ライオンズのマーク入りヘッドマークをつけたスマイルトレインと池袋線のだぶるーとヘッドマークをつけた6000系を確認することができました。

西武30000系@所沢'11.5.26

西武6000系@所沢'11.5.26
(2枚とも)食後に見かけたヘッドマーク付き列車2題

 こうして20時ちょっと前に所沢を離れ、新宿線で本川越へと到着。この後2店目に行くほど腹も減っていなかったので、そのまま川越駅から川越線で帰りました。川越のお店については2日後の土曜日に訪問してきましたので、こちらは後日報告したいと思います。

西武6000系@本川越'11.5.26
本川越で見かけたoneだぶるヘッドマーク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.30

宮原通信(5/28・昼編)~原色&広島更新色

 おとといの続きです。日中は例によって昼前にやってくる貨物を狙ってみることにしましたが、11時35分前後にやってくる上下の貨物のうち、上りはEF64の単機でした。しかもやってきたのは、広島更新色の1046号機でした。

EF64-1046@宮原'11.5.28
単機でやってきた広島更新色の1046号機

 その直後に下りも接近。こちらは1047号で、広島更新色同士のそれ違いが実現しました。

EF64-1047@宮原'11.5.28
広島更新色同士の対面も実現happy01

 これで後は配6794レ待ちとなりましたが、やってきた列車の先頭に立つのは1006号機。早朝に続いて原色ガマが当たりました。

EF64-1006@宮原'11.5.28
土曜日のお楽しみ、配6794レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/23】485系きぬがわ号を東武線内で撮影する

 先週月曜日の続きです。上毛電鉄の砕石散布列車を撮影後、新川駅から列車に乗り込み西桐生へ。そのまま桐生駅へと移動し、12時53分発小山行きの列車で大平下へとやってきました。まさか一月の間に2度もここに降り立つとは思ってもみませんでしたが、ここから東武日光線の新大平下駅を目指します。

 この両駅を歩いて移動するのは初めてで、地図を見ても短時間での移動は可能と見ていましたが、実際に歩いてみるとややわかりづらかったです。ひたすら駅のある方向へと歩き続け、ようやく東武日光線の踏切を発見。すぐ隣に新大平下の駅も確認できました。

 さて、ここへとやってきたのは、14時過ぎにやってくる特急きぬがわ5号を撮影するためでしたが、如何せんこの界隈での撮影に関する情報がなかなかなく、とりあえず現地へ行ってロケハンをするしかありませんでしたが、新大平下駅から静和の方向へ歩いてみると、10分程度のところにすっきりとした直線区間があるところを見つけ、ここで待つことにしました。

 しかし1つ心配なこともあり、栃木を14時7分に発車する浅草行きの特急きぬ124号があることを、手持ちの東武時刻表で確認。時間的にちょうどそれ違うところでもありましたが、14時10分頃、485系の特急きぬがわ5号が接近。無事撮影をすることができました。

特急きぬがわ5号@新大平下'11.5.23
東武線内で最後の走りを見せる485系・特急きぬがわ5号

 するとその直後、ここから100メートルほど行ったところできぬ124号とそれ違いました。もうちょっと新大平下駅寄りにいたら完全に被られていましたねcoldsweats01。ほんと、冷や汗モノでした。

 その後は新大平下駅近くにあった大平郵便局に立ち寄り、風景印を押印してもらいました。大平下と言えば太平山のお膝元の町。背景に描かれている山は太平山でしょうか?

大平局風景印
大平局の風景印

 時刻は15時を回ったところ。今度は両毛線の列車を撮影しようと先日撮影した踏切から桐生寄りに数百メートルほど行った道路の脇で狙って見ます。何分本数が限られているので、上下で1本ずつ撮影してきましたが、最初にやってきた高崎行きの460Mには、高崎車両センター所属の211系のうち1本だけ残る幕車のA36編成がやってきました。

211系@大平下'11.5.23
唯一の幕車・A36編成と対面

 それから10分後、今度は小山行き457Mがやってきましたが、こちらは115系。今回初めて撮影することができました。

115系@大平下'11.5.23
115系も撮影できましたhappy01

 こうして16時5分発の宇都宮行きで栃木へと向かい、東武日光線に乗り換えて帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.29

宮原通信(5/28)~梅雨入りですね

 関東地方も梅雨に入りました。去年よりもだいぶ早いとのことで、ここしばらくはすっきりしない天気が続きそうですね。

 そんな中、昨日は朝から雨。そんな中、いつも通りの朝錬をしてきました。能登も今のところ土曜日のみなのが寂しいところですが、被りそうでハラハラする下りの貨物には原色の1040号機が入っていました。

急行能登@宮原'11.5.28
国鉄色の485系もいまや貴重な存在

EF64-1040@宮原'11.5.28
昨日は原色ガマでやってきました

 その後は雨の中を待つこと30分、あけぼのがやってきました。雨の中でしたが、遅れることもなく定時での通過でした。

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.28
牽引機は1052号でした>あけぼの

 なおこの日も配6794レを中心に撮影してきましたが、朝から降り続く雨の中でしたrain。こちらは別の記事で報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/23】砕石散布列車を撮影~上毛電鉄

 先週月曜日、高崎線の下り列車に乗って熊谷へ。駅前から太田行きの朝日バスに乗り込みました。何度か乗っている路線ですが、利根川の県境付近で渋滞に嵌ったときには正直どれくらいで太田駅に到着するか、やきもきしておりました。

 結局、予定していた太田からの赤城行きには間に合わず、後続の9時2分発りょうもう3号に乗って赤城駅にやってきました。この日は上毛電鉄の砕石散布列車を撮影しようとやってきましたが、今回は土日に加えて23日の月曜日も予定されており、どうせだったら1日休暇を取って見にいってこようと思った次第。この日は新里と新川の区間で散布されるとのことで、とりあえず新川へとやってきました。

 駅から歩いて5分ほどのところに開けたところがあり、ここで待つことに。次第にギャラリーも増え始めてきましたが、平日だったのとあいにくの天候だったこともあり、芋洗いの状態ではありませんでした。

 10時40分頃、新里駅の方向から2両のホッパー車を牽引したデハ101号がやってきました。しかしこのときバラストは撒かれず、足早に走り去っていきました。

上毛デハ101形@新川'11.5.23-1
散布は行われず、足早に西桐生へ

 今度は西桐生からの折り返しを狙うべく、新里駅寄りにある踏切近くで待機することに。実は先ほど撮影したところへ来る途中にロケハンした際、西桐生からの折り返しはここでと思っておりましたが、やはりそこは皆考えることは同じようで、周りにいたギャラリーの多くが同じところへと移動していました。

 少し時間があったので、行き来する700型を撮影することに。すぐ手前に田んぼがあるので水鏡にしてみましたが、これはなかなか難しいですねcoldsweats01

上毛700型@新川'11.5.23-1
田んぼに映し出してみましたが・・・coldsweats01

 そんなことをしているうちに11時40分過ぎ、西桐生からデハ101号が戻ってきました。しかし今度はゆっくりとしたスピードで近づいてきたかと思ったら、後方のホッパー車に積まれたバラストが大きな音を立てながら線路に散布されている様子を見ることが出来ました。

上毛デハ101形@新川'11.5.23-2

上毛デハ101形@新川'11.5.23-3

上毛ホキ1@新川'11.5.23
(3枚とも)バラストを撒きながら走り去っていきました

 鉄道の路盤になくてはならないバラストが散布されている様子を見ることもなかなか出来ないことですが、休暇を取ってまでして貴重な光景を見ることができたのは収穫でした。

上毛700型@新川'11.5.23-2
お地蔵さんに見守られて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.28

宮原・大宮通信(5/25)~新旧対面

 今週の水曜日の25日は梅雨に入る前の貴重な晴れ。好天の中をあけぼのが走り去って生きました。

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.25
この日以降は梅雨空に・・・cloud

 さてこの日も仕事の帰りに大宮駅で特急日光8号を待っておりましたが、直前になって思わぬお客さんが現れました。来月4日から営業運転に入る253系です。日曜日に試運転列車を見たばかりの253系ですが、まさか日光号の前を走っていたとは思いも寄りませんでしたね。

253系@大宮'11.5.25
今週はよく出会いました>253系

 その直後、485系の特急日光号も到着しました。実は高崎線の普通列車も直後に接近していたため、危うく被られるところでしたが、日光号の方が早くに到着していたこともあり、かろうじて被らずに済みました。

特急日光8号@上野'11.5.23
真打ち登場!

 惜しむらくは、自分がいたのが6番線ホームだったこと。日光4号到着後に高崎線からの上野行きが入ってきたため、253系と485系という新旧のコラボの様子を見ることは出来ませんでした。反対側の4番線ホームからだとばっちりでしたね。

 その後、253系は向きを変えて大宮駅を後にしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【5/22】253系試運転列車と再開したカシオペアに出会う

 先週日曜日の続きです。ニューシャトルに乗って大宮までやってきました。外は先ほどの内宿にいた頃に比べると雨脚も少し落ち着きつつありましたが、依然大粒の雨が降り続いています。そんな中、しばらく大宮駅でブラブラしていたら、11番線に253系1000番台の試運転列車が入ってきました。

253系@大宮'11.5.22
営業運転を目前に控え試運転中の253系

 いよいよ来月4日から営業運転に入ることになった253系ですが、試運転列車を見るのはこれが始めて。こちらも一度撮影と乗車をしに行きたいですね。

 この後、15時前に金太郎牽引の貨物列車が東北線からやってきました。車体には先日見かけたものとは別の種類の応援メッセージがラッピングされておりましたが、いくつか種類があるようですね。

EH500-54@大宮'11.5.22
応援メッセージ入りの金太郎が通過

 さて、この後夕方にやってくるカシオペアを撮影しようと思っていました。震災以来長らく運休中だったカシオペアと北斗星がようやく今月20日から運行が再開されましたが、あいにくの天候では外での撮影は厳しいところ。まずは定番のさいたま新都心へ移動するも、通過まで1時間半近くあることから、気温が低い中を待つには些かしんどいところでした。

 そこで、ひとまず宇都宮線の列車に乗り込んで蓮田までやってきたものの、雨は相変わらず降っている状態。そんな中ブラブラしながら上りホームで待つこと16時20分頃、上りホームにゆっくりとEF81に牽引された24系客車使用の乗務員訓練列車が入ってきました。

EF81-133@蓮田'11.5.22
EF81に引っ張られて乗務員訓練列車がやってきました

 列車は一旦停車し、数分間ののちにゆっくりと大宮方面へ向けて発車していきました。

 その後、引き続きホームで待っていると、徐々にカシオペア狙いのギャラリーが集まり始めました。そんな17時ちょっと前、銀色の車体のカシオペアが通過していきました。

寝台特急カシオペア@蓮田'11.5.22
震災以来運休中だったカシオペアの運転が再開されましたhappy01

 復帰後初対面となったカシオペアですが、今回も青いカマでしたcoldsweats01。銀色の専用のカマはどうも相性がよろしくないようです。

 とにかく日中の夏のような暑さから午後は一気に肌寒くなり、蓮田から列車に乗り込むとほっといたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/22】4年ぶりの伊奈ばら園訪問

 先週日曜日は朝のうち晴れ間が出ていました。天気予報によれば午後から雨が降ってくるとのことで、朝の空模様からは想像がつかないほどでしたが、この日は4年ぶりに伊奈町のばら園に行こうと思い、午前10時過ぎに自宅を出発。まずは大宮駅のニューシャトルの乗り場へとやってきました。

 ばら園の最寄り駅である内宿へ行くのであれば、わざわざ大宮まで出ないで加茂宮から乗ればいいところ。しかし今回は「伊奈ばら園観賞フリーきっぷ」というばら園の入園券とニューシャトルの1日乗り放題がセットになったきっぷを手に入れたかったので、その販売駅が大宮駅か鉄道博物館駅のどちらかとなっていたこともあって、わざわざ足を運んだ次第。まあ大宮までだったら通勤定期を持っていますし、お財布的には損はありませんでした。

伊奈ばら園観賞フリーきっぷ
ニューシャトル1日乗り放題と伊奈ばら園がセットになった、「伊奈ばら園観賞フリーきっぷ」

 無事にきっぷを手に入れてホームに入ります。すると、今年デビューした2000系の第3編成がいて、すぐに発車する模様だったことから足早に乗り込みました。丸山からより先へ足を伸ばすのは久しぶりで、せっかくフリーきっぷがあれば、どこか途中下車してニューシャトルの列車を撮影したいところ。特にあてはありませんでしたが、適当に降りた伊奈中央駅で何枚か撮影してきました。

埼玉新都市交通2000系@伊奈中央'11.5.22

埼玉新都市交通1000系@伊奈中央'11.5.22
(2枚とも)伊奈中央駅でニューシャトルの車両を撮影

 上下2本ずつ撮影をして再び内宿行きに乗り込みますが、やってきたのはオレンジ色の2000系第2編成。こちらに乗って終点の内宿へとやってまいりました。

埼玉新都市交通2102
2000系第2編成に乗って内宿へ

 時刻は11時を回ったところ。ちょっと早めでしたが、ここでランチを摂ることにします。今回は行ってみたい店があったので、さっそく駅前から西北の方向へと歩くこと15分ほど、伊奈町と桶川市の境にある「赤坂」といううなぎ屋に入ります。

 ここは今から10年以上前、当時在籍していた職場の同僚に連れられて入ったところで、値段の割りにボリュームもあり、おまけにおいしかったこともあっていずれ再訪したいと思っていましたが、食事時以外にマイカーで店の前を通り過ぎたことはあっても、なかなか足を運べずにいました。

 さっそく一番小さめの寿といううな重を注文。うなぎを焼き上げる関係で20分ほどかかりましたが、出てきたうな重は昔のときほどボリュームは感じられなかったものの、現在の自分にとっては十分な量でした。これで1500円なら十分ですねhappy01

うな重@赤坂'11.5.22
念願(?)の赤坂のうな重を頂きましたrestaurant

 満足して店を出た頃には空に黒い雲が広がっていて、今にも雨が降りそうな感じでした。足早に内宿駅へと戻り、さらにそこから10分ほど進んだところにあるばら園へとやってきました。

 園内には大勢の来場者で賑わっていてなかなか盛況でしたが、大宮駅にあった園内のバラの開花情報には「8部咲き」と書かれてあり、赤やピンクといった色とりどりのバラの花を楽しむことが出来ました。

バラ@伊奈ばら園'11.5.22-1

バラ@伊奈ばら園'11.5.22-2

バラ@伊奈ばら園'11.5.22-3
(3枚とも)見頃を迎えた伊奈ばら園のバラ

 そんなばら園の中をブラブラしているうち、黒くて厚い雲から雨粒がポツポツ落ち始めてきました。そこでばら園を後にして足早に内宿駅へ戻る頃に。本降りになる前に戻ることは出来ましたが、ホームに上がった途端、滝のような雨が物凄い音を立てて降り始めました。いわゆる“ゲリラ豪雨”という状態でしょうか?そんな中、大宮行きのニューシャトルは内宿を発車しました。

 さて、この後ですが、天気がよければもうちょっと出かけていたいところでしたが、雨も激しく降ってきた上に気温が急に下がってきたので、そのまま帰りたいところでした。しかし時刻はまだ2時近くとあって帰るには早いところ。そこでもうちょっとだけブラブラすることにしましたが、少し長くなってきたのでここで一旦切りたいと思います。

# 4年前(2007年)訪問時の記事はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.27

宮原通信(5/22)~梅雨入り前

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.22

 ↑を撮影して早1週間近くが経とうとしていますがcoldsweats01、先週日曜日は日中出かけていましたので、地元では朝錬のみでした。

 朝のうちは晴れてたんですよね。ところが午後から雲が広がり始めたかと思ったら滝のような雨が降ってきました。いわゆる”ゲリラ豪雨”ってやつでしょうかね?なお、関東は今日から梅雨に入りました。台風も近づいているようで、この週末は天気は大荒れの模様ですweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011タイトル制覇の旅その8~福岡行き高速バス「どんたく号」で九州入り

 昨日に続き、4月の旅の報告です。いよいよ九州へ向けて名古屋を後にいたしますが、乗り込むのは名鉄バスと西鉄バスが共同で運行している「どんたく号」。さっそく乗り場となっている名鉄バスセンターへと向かいますが、ここで大きな記憶違いをしていました。というのも、名鉄バスセンターの発車時刻を21時15分とばかり思っていたのですcoldsweats01。幸い名鉄バスセンターへ向かっている途中で気がついたので事なきを得ましたが、おかげでゆっくり買い物をすることが出来ず、バタバタ状態で名鉄バスセンターにやってまいりました。

ナナちゃん人形'11.4.22
ナナちゃんに見送られて名古屋を出発ですheart01

 ところでここ名鉄バスセンターですが、今から16年前の1995年3月にここから長崎行きのバスに乗り込んだことがあります。当時はまだ国内線の航空運賃が圧倒的に高かった時代で、こうした夜行高速バスは大変ありがたい存在でしたが、今年2月に乗り込んだ大阪駅のバスセンター同様、各方面へのバスが次々と到着しては乗客を乗せて出発していく様子を見ると、やはりバスの方が今では鉄道に比べるとターミナルらしさを感じてしまいます。

 そんな福岡行きどんたく号は21時ちょうどに名鉄バスセンターを発車。途中の栄で乗客を拾ってから高速道路へと入っていきました。ちなみに栄の出発は21時15分で、どうやらここと勘違いしていたようですねcoldsweats01

世界の山ちゃん柿の種
名古屋らしいおつまみを片手に1杯beer

 車内は半分以上の座席が埋まっている状態で、なかなかの盛況ぶりでしたが、思えば名古屋を発着する夜行列車は現在臨時のムーンライトながらを除いて定期では皆無なんですね。そうなれば夜行バスの役割は大きくなると思われますが、1時間ほど走ったところで最初の休憩地である土山SAに到着しました。

名鉄バス@土山SA'11.4.22
土山SAで休憩中のどんたく号

 “土山SA”と言われてもいったいどのあたりと考えてしまいますが、滋賀県の甲賀市に位置しており、サービスエリアの売店には信楽焼きのタヌキをモチーフにしたおみやげ品を見ることが出来ました。

 ここを出発してすぐに車内の明かりが消され、この後はひたすら夜の高速道路を走行し続けます。いつしか眠りに就いたかと思うと振動で目が覚めるという繰り返しでしたが、思ったほど寝にくいというわけではなく、静かな車内だったこともあってそれなりに眠ることが出来ました。

 乗務員による壇乃浦SA到着のアナウンスで目が覚めました。時刻は6時ちょっと前で、到着後に外へ出てみると、雨がぱらついていました。そして何より目を見張ったのが、SAの頭上に掛かる関門橋。その先、対岸には北九州の町並みが一望できました。その景色をよくよく見て思い出したのが、2年前の5月に初乗りしたやまぎんレトロラインの帰り。関門トンネルを徒歩で渡るべくめかり神社脇の入口の前で見上げた関門橋にそのときも圧倒されました。

関門橋@壇乃浦SA'11.4.23
頭上に関門橋が掛かる壇乃浦SA

名鉄バス@壇乃浦SA'11.4.23
ツアーバスに囲まれてcoldsweats01

 相変わらず雨がぱらぱら降っている中、壇乃浦SAを出発。先ほど見上げた関門橋を渡っていよいよ九州入り。30分ほどで小倉駅に到着しました。

小倉駅舎'11.4.23
九州にやってきましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.26

2011タイトル制覇の旅その7~ひつまぶしとキヤ97

 久しぶりにこちらのネタを記事にします。前後駅から名鉄で名古屋へ戻ってきたとき、時刻は7時を回っていました。そろそろ夕飯を食べようと思いますが、実は恥ずかしながら名古屋でまだひつまぶしを食べたことがなかったので、今回はぜひとも食べて帰りたいと思っていました。とはいっても、ひつまぶしを出す店は星の数ほどあってどこへいったらいいか見当がつきません。それに時間も潤沢にあるわけではなく、結局エキチカのエスカにある「稲生」という店に入ることに。1,700円也。これに生ビールも付けてしまいましたbeer

ひつまぶし@稲生'11.4.22
名古屋で初めてひつまぶしをいただきましたrestaurant

 食事を済ませ、少し時間があったので、入場券を買ってJRの在来線ホームでネタ探しをしてみることに。ちょうど1年前、ムーンライトながらに乗り込むまでの間、ここであれこれ観察をしていましたが、今回はこんな車両を見つけました。

キヤ97系@名古屋'11.4.22
レールの運搬に使用されるキヤ97系と遭遇

 レールの輸送に使用される事業用気動車のキヤ97系です。レール輸送は首都圏では機関車が牽引をしていますが、JR東海管内ではこのキヤ97系が担っています。どちらかといえば機関車の方が何が来るのかというわくわく感があって面白いところですが、こちらはこちらでJR東海エリアでなければなかなか見る機会も少ないところで、今回いいものを見せてもらいましたhappy01。それにしても、独特の風貌がなかなか面白いですね。

 その他にもいろいろ撮影して過ごし、高速バスの乗り場へと移動しました。

213系@名古屋'11.4.22
今回も会えました>213系

311系&683系@名古屋'11.4.22

富山行き最終のしらさぎ15号

ホームライナー中津川1号@名古屋'11.4.22
ホームライナー中津川1号は少し遅れていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.25

宮原通信(5/21)~定番モノを手短に

 先ほども書いたとおり、先週の土曜日は午後からSRの開業10周年ヘッドマークを見に出かけていましたが、午前中はいつもの”お仕事”をしていました。

 数日が経過しているのでcoldsweats01、臨時能登とあけぼの、それに配6794レの定番モノを紹介して終わりにします。

 うーん、最近このパターンが多いですなcoldsweats01

急行能登@宮原'11.5.21
急行能登

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.21
この日のカマは1051号機

EF64-1014@宮原'11.5.21
原色ガマでやってきました>配6794レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/21】開業10周年ヘッドマークを追う~埼玉高速鉄道

 「光陰矢のごとし」という言葉がありますが、埼玉高速鉄道も2001年4月の開業から今年で10年が経ちました。本当なら開業記念のイベントとかで盛り上がるところなんでしょうけど、ようやく5月に入ってSRの2000系にヘッドマークを取り付けるというニュースが入ってきました。そこで先週土曜日に久々にSR沿線へ繰り出しました。

 浦和美園駅へ向かうべく大宮駅東口の国際興業バスの乗り場へ。すると、バス待ちの列のうちの半分くらいの乗客が赤いユニフォームを着ていました。この日はどうやら埼玉スタジアムでレッズの試合がある様子でしたが、このとき時刻は正午過ぎで、16時キックオフまで時間があったことから、まださほど混雑はしていませんでした。

 その国際興業バスで終点の浦和美園駅に到着。SRの列車が到着する度に赤いユニフォームを着た一団が続々降りてきて、駅の周辺にはレッズのサポーターで賑わっていました。そんな流れとは逆行して私は改札を抜けてホームへとやってきました。もちろん目当てはヘッドマーク付きの2000系ですが、幸いなことにホームに入っていたのはそのお目当ての車両でしたhappy01

埼玉高速2000系@浦和美園'11.5.21-1

埼玉高速鉄道開業10周年HM
(2枚とも)開業10周年を記念して登場したヘッドマーク

 公式サイトによれば、2000系全部の編成にヘッドマークが取り付けられているとのことで、2000系さえ当たれば比較的容易に見つけることが出来そうです。

 こちらに乗り込んでもよかったんですが、まだ時間があったのでもう1本待つことに。この日はレッズサポーターのための臨時ダイヤを組んでいて通常ダイヤとは異なっていましたが、思えばレッズの試合があるときに沿線にやってきたことはこれまでなかったかもしれません。SRにとっては書き入れ時の日だけに、ホームには社員が出てきて対応に追われていました。

埼玉高速2000系@浦和美園'11.5.21-2
浦和美園駅に到着!

 短い時間の間に2本の2000系を撮影できたので、これで列車に乗り込みます。この後はSRからさらに南北線を抜け、東急目黒線の多摩川まで一気に乗り通すことにします。それにしても浦和美園から多摩川まで、自分が乗っていた車両には自分以外に乗り通していた乗客はいなかったようですね。南北線に入り目黒に到着した頃には、周りの乗客はすべて変わっていました。

 その多摩川駅に到着してまず目に入ってきたのが、ホームの渋谷寄りのホーム先端で副都心線開業に絡むホームの延長工事が行われていたことでした。昨年ここで撮影したところは工事で使われる柵で覆われていて、撮影には不向きになってしまいました。そこで反対側の横浜寄りで撮影してみることに。外側を走る東横線の列車は撮影しにくかったですが、内側を走る目黒線の車両を中心にあれこれ撮影しました。

埼玉高速2000系@多摩川'11.5.21
多摩川駅に入線するSRの2000系

 この後、改札を出て多摩川駅の周辺を散策してきました。これまで駅周辺を歩いたことはありませんでしたが、5分ほど歩いたところにある多摩川浅間神社の高台からは多摩川に掛かる東横線の鉄橋を見渡すことが出来、俯瞰での撮影をすることが出来ました。午後だと逆光になってしまいましたが、多摩川を渡る東横線や目黒線の列車をのんびり撮影することができました。

多摩川浅間神社本殿'11.5.21
駅からすぐのところにある多摩川浅間神社

東急5000系@多摩川'11.5.21
浅間神社から多摩川を見渡す

 続いてやってきたのは、2年前に500系を撮影した沼部駅近くの多摩川の土手。浅間神社から東急多摩川線に沿って沼部駅の前まで15分ほどの道のりでしたが、途中には六郷水路というコイが泳ぐ水辺があって、さぞかし夏場には涼しいところではないかと思われました。

六郷水路'11.5.21
多摩川駅から六郷水路を経て沼部駅へ

300系@多摩川'11.5.21
多摩川を300系が渡る

 その後、多摩川駅に戻る途中で多摩川線の車両を撮影。帰りは武蔵小杉へ出てから湘南新宿ラインで一気に帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.24

今日は

今日は
日比谷公園に来てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.23

宮原・大宮通信(5/20)~特急日光には会えずも

 先ほど帰宅したばかりなので、今日は手短に。

 まずは20日の上りあけぼのですが、カマは2日前に撮影したときと同じアングルなので、後追いの24系客車を上げておきます。

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.20
たまには後追いで客車を・・・

 さてこの日も仕事帰りに大宮駅で特急日光号を追ってみましたが、遅れていたのか定時には現れませんでした。代わりにその前を行く貨物列車を撮影することが出来ましたが、牽引していたのがEF65の1037号機でした。先月29日に宇都宮駅で撮影した1036号機と似た顔つきで、こちらも今年になって岡山から新鶴見に転属してきたカマのようです。

EF65-1037@大宮'11.5.20
1037号機が引っ張る貨物と出会いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.22

宮原通信(5/19)~やまどりと初対面

 最近このネタの記事を上げていませんが、一応活動はしておりますcoldsweats01

 まずはこの日のあけぼのですが、最近同じような構図ばかりでマンネリ化していたため、少し変化をつけてみようと思いましたが、うーん、どうもしっくり行きませんでしたcoldsweats01

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.19
好天の中、一路上野へ

 さてこの日ですが、ジョイフルトレイン「やまどり」の出場があり、夕方その姿を見送りました。やまどりの中間車を挟んで両端にはやまなみの先頭車が連結されていましたが、先週発表された夏の臨時列車にこのやまどりを使用した列車が走るようで、早くその姿を見たいところです。

EF64-1032@宮原'11.5.19

485系@宮原'11.5.19
(2枚とも)ぎりぎりの明るさの中、やまどりの中間車が通過

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/15】流山のナメクジとガソリンカー

 先週日曜日の続きです。前の記事の中で鰭ヶ崎で下車した目的について書きましたが、ここではその顛末について書いておきたいと思います。

 鰭ヶ崎から流山セントラルパーク駅までの道のりはこれまで何度も行き来しているので、特に不安はありませんが、例によって途中のTXのトンネル付近で撮影していくことに。特にあてがあるわけではなく、適当に何本か撮影し、早々に切り上げて流山セントラルパーク駅へ向かいました。

TX-2000系@流山セントラルパーク'11.5.15
TXの列車も撮影しておきます

 さてこの後ですが、駅から歩いて10分ほどのところにある流山運動総合公園へそのまま向かいます。実はここでの目的というのがここにありまして、園内で静態保存されている2つの車両を見にやってきた次第。ところが如何せん初めてなところのため、園内のどこのあるのかが全くわからず、おまけに全体の案内図のようなものが園内に見当たらなかったため、草野球の試合をしているグランドのまわりを1週してようやく目的地にたどり着きました。

 2両あるうちの1両はD51の14号機。“ナメクジ”と呼ばれるタイプのものですが、現在動態保存で運転されている498号機とはまた異なった独特のスタイルです。

D51-14@流山総合公園'11.5.15-1

D51-14@流山総合公園'11.5.15-2
(2枚とも)流山総合運動公園で保存されている”ナメクジ”D5114号機

 一方の車両は「キハ31形」で、流鉄の前身である流山鉄道で1949年まで使用されていたガソリンカーです。電化を機に動力部分を取り外し、客車として引き続き使用されていたそうですが、見た目はそっけないのっぺりとした顔つきですねcoldsweats01

流山鉄道キハ31形@流山総合運動公園'11.5.15
流山鉄道(現・流鉄)で走っていたガソリンカー・キハ31形

 どちらの車両も流山に来た際に1度は見に行きたいと思っていた車両だったので、今回無事果たすことができました。

 この後、流山セントラルパーク駅からTXに乗って北千住へ。上野経由で帰途につきました。

E653系@北千住'11.5.15
北千住でフレッシュひたちに出会いましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/15】さよなら“若葉”~流鉄

流鉄3000系@馬橋'11.5.15-1
馬橋にて

 先週日曜日の続きです。

続きを読む "【5/15】さよなら“若葉”~流鉄"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.21

【5/15】朝の大宮駅でネタ探し~はやぶさ&金太郎

 先週の日曜日は流鉄で“若葉”3000系のさよなら運転がありましたので、9時過ぎのしもうさ号で出発しましたが、こちらで書いた朝錬をしてからすぐに出発し、大宮駅でいろいろとネタ探しをしていくことにしました。

 まずは前週に続いてはやぶさの撮影をするため、券売機で入場券を購入して新幹線ホームへ。前週は13番、14番ホームの北側で陣を構えていましたが、今回は反対側の東京寄りから後追いで撮影してみます。1時間ほどいろんな車両を撮影して時を過ごし、いよいよ8時7分にはやぶさ502号が到着しました。

はやぶさ502号@大宮'11.5.15
大宮駅に到着したはやぶさ502号

 相変わらずの人気でしたねhappy01。最初はホーム北側の先端にいらっしゃるギャラリーくらいでしたが、8時10分前くらいから家族連れの姿を多く見かけるようになり、改めてはやぶさの人気振りがわかりました。

はやぶさ502号@大宮'11.5.15
今回は後追いで狙ってみました

 はやぶさのE5系を見送ってから新幹線ホームを退散し、続いてやってきたのは11番線ホーム。この後、9時前にやってくる“金太郎”牽引の貨物を撮影します。この金太郎の貨物は先日こちらの記事でも上げていますが、最近この金太郎の車体に東北地方を応援するメッセージが貼られるようになったとのことで、そちらを見に来た次第であります。

 何もネタのようなものがなく退屈なときでしたが、やがてお目当ての金太郎牽引の貨物が到着。車体の側面には「がんばろう東北」と書かれた応援メッセージが貼られていました。

EH500-31@大宮'11.5.15
「がんばろう東北」と入ったメッセージ入りの貨物列車と遭遇

 この後、しもうさ号に乗車して千葉県方面へと向かいますが、切りがいいところなのでここで一旦切ることといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
レッズファンで埋まる浦和美園駅から乗車中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011タイトル制覇の旅その6~地下鉄桜通線延伸区間初乗り

 ようやく今回の旅のミッションとなっている地下鉄桜通線の新規開業区間へとやってきました。矢田川沿いでの撮影を終え、歩いて10分ほど行った地下鉄名城線のナゴヤドーム矢田駅から乗り込みます。この名城線も部分開業を繰り返して現在の環状線となりましたが、沿線には名古屋大学を始めとする大学が点在していることから、車内には学生の姿を多く見かけました。

 その名城線に揺られて桜通線との乗換駅となっている新瑞橋で下車。さっそく徳重行きの列車に乗り込みます。3月26日までは終着だった野並を過ぎて新線区間へと入ってきましたが、意外と乗客が多い印象を受けました。元々からの住民なのかはわかりませんが、地下鉄開業前まではバスで野並あたりまで来て、ここから地下鉄に乗り換えていたのでしょうか?

 なお新線区間の各駅にはホームドアが設置されていました。これは開業前の桜通線の駅には設置されておらず、今回開業した区間に先行して設置されたようです。なお7月には桜通線のすべての駅でホームドアの設置が行われるとのことです。

 こうして終点の徳重に到着。さすがに開業してから一月近くが経ち、開業を祝う横断幕などをあまり見かけませんでした。

徳重駅名板'11.4.22
無事に桜通線を完乗しましたwink

名古屋市営地下鉄6820
ここまで乗ってきた桜通線6000形

 これで名古屋でのミッションはすべて終了となり、晩に出発する福岡行きの高速バスまではフリータイムとなりますが、バスに乗る前に体の汗を流しておきたいと思い事前に調べておいたところ、徳重駅から歩いて15分ほどのところに「楽の湯」という温泉施設があることがわかり、ここで一風呂浴びていくことにしました。

楽の湯'11.4.22
楽の湯で旅の汗を流すことに

 概観はどこにでもある今風の温泉施設で、中の温泉施設もこれといって変わったところはありませんでしたが、この日の汗を十分に流してから徳重駅へと戻りました。

 さてこの後はもう名古屋駅へ戻るだけとなりましたが、すんなり地下鉄に乗れば一番早く戻ることが出来ます。しかし時刻はまだ18時を回ったところ。慌てる必要もなかったので、徳重駅と隣接するバスターミナルをぶらぶらしていたところ、前後駅行きの名鉄バスが直近にあることから、これに乗ってみることにしました。ただ、徳重から前後まで所要時間がどれくらいなのかがわからず、正直行き当たりばったりなところがありましたが、まあ何時間もかかるわけはないでしょうし、とにかく成り行きに任せてバスに乗り込みました。

名古屋市営バス@徳重'11.4.22
徳重駅に隣接するバスターミナル(名鉄バスの画像は忘れましたcoldsweats01

 この路線は途中に藤田保健衛生大学の病院を経由するので、ここのバス停からは帰宅する学生さんが乗り込み、車内は賑やかになりました。何分全くの未知なるエリアなもので、おまけに18時半を過ぎて回りも暗くなり、現在どこを走っているのか、まるっきり検討も着きませんでしたが、通り沿いにあった「豊明市」の文字を見たときにようやくおぼろげながら位置関係を把握することができました。

 こうして終点の前後駅に到着したのは18時50分頃。ここから名鉄に乗って一気に名古屋へと戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.20

2011タイトル制覇の旅その5~矢田川周辺撮影記

 停滞中となっている先月の旅の報告ですが、今日はその続きを書いておきます。

 あおなみ線で名古屋へと到着し、まずは駅の中のそば屋でランチを軽く済ませます。実は夜に名古屋ゆかりのグルメを満喫しようと考えていたので、ランチは軽めにと思った次第でしたが、食べ終わった後は再び地下鉄東山線に乗り込み、栄で名城線に乗り換えて大曽根へとやってまいりました。

 ここへやってきたのは、近くを流れる矢田川の土手から中央本線の列車を撮影するためでしたが、その前に途中に名古屋山田郵便局があったので、ここで風景印の押印をしてきました。

名古屋山田局風景印
ナゴヤドームがデザインされた名古屋山田局の風景印

 この後、中央本線の線路を横目で見ながら矢田川の土手へと到着。ここは中央本線では有数の撮影地となっているようで、ここから撮影された中央本線の列車の画像を見たことがありますが、特にネタなどのこれといったあてはなく、ワイドビューしなのくらい撮影できればと思っていたところ、次は15時50分前後に通過する14号まで30分ほどありました。本当なら郵便局をもう1局訪ねたいところでもあったんですが、あまり動き回ってもせわしないと思ったので、結局そのまま留まることにしました。

 そんなわけで、ワイドビューしなのが来るまでの30分ほどをここで過ごすことになりました。途中で雨がパラパラ降ってきたものの、すぐに上がってくれたのはありがたかったでしたね。

313系@大曽根'11.4.22

特急ワイドビューしなの14号@大曽根'11.4.22
(2枚とも)矢田川の土手で撮影した中央本線の列車達

 これで中央本線はおしまいとなり、矢田川の河原に沿ってのんびり歩き続けます。すると見えてきたのは名鉄瀬戸線の鉄橋。こちらも撮影地として紹介されているところで、ここから瀬戸線の列車を撮影してみようと思いましたが、思えば一月ほど前までは吊り掛け駆動の6750系が走っていたんですね。結局’07年5月に1度乗ったきりとなってしまいましたが、さよなら運転の頃はさぞかしここも多くのギャラリーで賑わったことと思います。

名鉄6600系@大曽根'11.4.22

名鉄6000系@大曽根'11.4.22
(2枚とも)矢田川を渡る名鉄瀬戸線の列車達

 時刻は4時を当に過ぎ、そろそろこの旅のメインイベントに移らないといけない頃となりました。それについては後日改めて紹介することにして、今回はここで一旦切ることといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.19

【5/14】遅めの訪問、わくわくチャリティーフェスタ~秩父鉄道

 震災の影響で開催がどうなるか心配だった秩父鉄道のイベントですが、今年はチャリティーという形で例年通りの開催となりました。ただ当日は家内が夜から出かけるとのことで、午前中は自宅で家事に専念coldsweats01。午後から出発いたしました。

 13時7分発三峰口行きの列車でひろせ野鳥の森駅に到着すると、改札前では乗車券を販売する臨時の窓口が設けられ、熊谷までの乗車券を硬券で売っていました。その乗車券を記念に1枚手に入れ、イベント会場となっている広瀬川原車両基地へと進むと、この日会場への臨時直通列車として使用された3本の列車が見えたので、まずはこちらを撮影いたしました。

車両展示@広瀬川原車両基地'11.5.14
臨時直通列車に使用された3本の車両にまずはご挨拶

 踏切を渡ってイベント会場へ。まずはグッズのブースへ行ってあれこれ物色することにしましたが、すでに売り切れのものもあった中で手に入れたのは、広瀬川原の硬券入場券と“茶ガマ”デキ505号のイラストが入った携帯クリーナーでした。後者は他にもいろいろな車両のイラストが入ったものがあって正直どれにするか迷ってしまいましたね。さすがにあれこれ買ってしまうほど資金が乏しかったので、茶ガマ1つに留めましたcoldsweats01

秩父鉄道戦利品
今回の戦利品

 そのまま車両展示のところへと進みます。C58のところには相変わらず多くの人が集まっていましたが、ナンバープレートが赤い地のものになっていました。現地ではあまり気にしませんで、ナンバープレートが真新しいくらいにしか思っていませんでしたが、翌日の運行ではこのナンバープレートを掲げて運行されたようで、こちらも見に行きたいですね。

秩父C58363@広瀬川原車両基地'11.5.14
赤プレで展示されたC58

 そして、それ以上に注目だったのが、赤く塗装されたデキ103号ですね。数日前、何気なく公式サイトを見ていたら、当日会場で販売された記念乗車券の中に赤く塗装された電機の写真が載っていたので、最初は何かの間違いかと思ってしまいましたがcoldsweats01、本当にそのままの姿で我々の前に姿を現したときには、あまりの鮮やかさに度肝を抜かしてしまいました。同じく展示されていた茶ガマ共々、注目していきたいところですね。

秩父電機@広瀬川原車両基地'11.5.14
”赤ガマ”には驚きましたねcoldsweats02

 その後、車両基地の中をブラブラしながら過ごすことに。概ねイベントの中身は例年通りのものが多かったですが、“センガタン”という戦隊モノの着ぐるみを来た一団が会場内を闊歩していたのが目に留まりました。詰所と思われる建物の前には、「秘密基地」と記した看板があったりして、なかなかユーモアたっぷりでしたね(^.^)。

センガタン秘密基地
センガタンの秘密基地coldsweats01

 最後にもう一度車両展示へ行って一通り展示車両を見てきましたが、14時ちょうどに会場を発車する羽生行きの臨時列車に向かってコバトン達が手を振って見送っていましたhappy01

お見送り@広瀬川原車両基地'11.5.14
コバトンたちに見送られ、臨時列車は発車

 そんなわけで、2時過ぎには会場を退散と相成り大麻生駅へ。ちょうど14時16分に発車する羽生行きにスカイブルーの1000系1001Fがやってきました。リバイバルカラーの1000系も秩父鉄道色の2本とこのスカイブルーの3本となってしまい、イベント会場でもこれら1000系の出番はありませんでした。今後いつまで動くのかわかりませんが、彼らの元気な姿が見られるのも、そう長くはないのかもしれないですね。

秩父1000系@大麻生'11.5.14
スカイブルー1001Fとここで対面

 これでイベントというミッションも終わり、後は夕方6時くらいまでに熊谷へ戻ればいいので、撮影地の新規開拓を兼ねて小前田駅に降り立ちました。ここから1つ手前の永田駅までのんびりと歩くことにしますが、乗ってきた列車から沿線を見た限りそれなりに距離がありそうなので、正直どれくらい時間が掛かるかが全く検討つきませんでした。

 途中に関越道が交差しており、その前後には広大な田園地帯の風景が広がっていますが、これまで度々訪れている広瀬川原や武川駅周辺とはまた違った雰囲気ですね。このようなところでSLの走る様を撮影してみたいところですが、難点を言えば駅から多少距離があることでしょうか。

小前田駅舎'11.5.14
ツツジ咲く小前田駅

秩父1000系@小前田'11.5.14
麦畑の中を行く1000系

秩父1000系@永田'11.5.14
旧秩鉄カラーとようやく対面

 そんな中、1時間半掛かって永田駅に到着しました。ここでさらに1時間ほど滞在し、旧秩鉄カラーの2本を撮影してから、17時54分発の羽生行きに乗って熊谷へ戻ってきました。

秩父デハ1007@熊谷'11.5.14
最後はこちらで熊谷へ

 会場で売っていた特製の弁当が投売り状態になっている様子を横目で見ながら外へ。すでに18時を回っていたので、先日紹介した登利平で夕食を食べることにしました。高崎駅で売っている鶏めしと並べると迷ってしまうほどおいしい登利平の鶏めしですが、熊谷駅での食事の楽しみができたのはうれしいですね。

鶏めし@登利平
すっかり熊谷でおなじみとなった登利平の鶏めし

 これで腹も満たされ、上りの高崎線の列車に乗って宮原へ帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.18

宮原通信(5/18・一部大宮あり)~仕事帰りに日光号

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.18

 ここ数日はあけぼのも安定した走りを見せてくれていますが、今日は仕事帰りに撮影した特急日光号について。

 来月4日にようやく253系1000番台へ置き換えられることが発表になった特急日光・きぬがわ号ですが、夕方6時過ぎに到着する日光8号が大宮に到着する時刻はちょうど仕事帰りと重なるため、ここ毎日寄り道しています。ただ、あまり話題性がないせいか、撮影に来ている人はまばらでした。

特急日光8号@大宮'11.5.18
最後の走りを見せる485系特急日光8号

 思えば首都圏で定期運行されている485系はこれだけなんですよね。置き換え後にこの485系がどうなるのかが気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/7】C61展示&上信電鉄@高崎

 昨日は仕事が終わってから急な用事が出来てしまったため、本来上げる予定の記事を今日上げることになりました。

 昼過ぎに高崎に到着し、さっそくC61が展示されている会場へ。去年7月に車両展示が行われたのと同じ場所で、会場に到着したときにはちょうどヘッドマークの付け替えが行われていました。

C61-20@高崎'11.5.7
「はやぶさ」のマークが取り外され・・・

C61-20&EF55-1@高崎'11.5.7
「はつかり」のマークを取り付けたところ(”ムーミン”との並び)

 とにかく、機関車の手前には大勢のギャラリーが集まりイモ洗い状態。そんな中、何とか数枚撮影をして早々に切り上げることにしました。

EF64-1001@高崎'11.5.7
車庫の中でひっそりと・・・

 C61については、運行が始まってしばらくは大賑わいでしょうね。とりあえずは撮影よりも乗る方に重点を置いた方がいいかもしれません。

 これで、この日のミッションはすべて終了ですが、まだ1時を回ったくらいでそのまま帰るにはもったいないところでした。まずはランチを済ませてなかったので、駅の西口に回って食事をすることに。小ぢんまりとしたタイ料理の店が気になったので、ここでランチを済ませてから、向かったのは駅から大宮寄りへ数分歩いたところの線路脇。ここから上信電鉄の車庫や行き交う上信電鉄の列車を見渡すことが出来るところで、先日3日のデキ復活運転の際にもここで撮影している人の姿を見かけましたが、ここで撮影しながらしばらく過ごしてみることにしました。

 車庫を見渡すと、先月29日と今月3日に運転されたデキの姿を発見。この日は隣のC61の方が主役で、その姿を横目に体を休めているかのようでした。

上信車両@高崎'11.5.7
車庫でデキがのんびり休んでましたhappy01

 一方、上信電鉄の本線上では、999号を始めとした車両が行き来していました。車両の種類もさることながら、色とりどりのラッピングも見ているだけで楽しむことができましたが、2時を過ぎてイベントが終了すると、構内で休憩用として使用されていた旧型客車の入れ替えが始まり、SLと並んで展示されていたDD51の842号機が旧型客車を引っ張っていったり来たりしていました。

上信150形@高崎'11.5.7

上信500形@高崎'11.5.7

DD51-842@高崎'11.5.7
(3枚とも)”鉄”にはたまらないひと時ですねhappy02

 出来ればSLの動くところも見てみたかったんですが、そのまま待っていると遅くなってしまうため、結局、4時10分ほど前にここを離れ高崎駅へ。高崎線の上りに乗って帰途につきました。

大宮発宮原行き乗車券
この日使用した乗車券。大宮から宇都宮線、両毛線を経由して高崎線の宮原までほぼ1周のルートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.17

宮原通信(5/15)~手短に

 今日は夕方から急遽出かける用事が出来てしまい、ようやく先ほど帰宅したところです。正直記事をアップするかどうか迷いましたが、地元でしかもおとといはたいしたネタもなかったことから、あけぼのだけ挙げて今日はおしまいにします。

寝台特急あけぼの@宮原’11.5.15
おとといはこれを撮ってからお出かけでしたtrain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.16

宮原通信(5/14)~普段と違う朝

 おとといは午後から毎年恒例の秩父鉄道のイベントに出かけていましたが、家内が夜から出かけてしまうとのことで、帰りに夕飯を食べるついでに現地でゆっくり滞在していました。そのため、朝のうちと出掛けに地元でいつもの行動をしていましたが、朝に関してはいつもとは異なりました。それは、前日大宮駅で見かけたC57が新潟へ向けて高崎線を下っていったことでした。

 大宮からやってきたのは6時前。能登が通過した直後に信号が変わり、ゆっくりと近づいてきました。

急行能登@宮原'11.5.14
能登も土曜日しか撮影できずdespair

EF64-1052@宮原'11.5.14
一路新潟へ向けて運ばれる”貴婦人”

 この後、あけぼのまで粘り、朝の部は終了しました。

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.14
もちろんあけぼのも撮影

 午前中は家事手伝いに専念。11時過ぎに自宅を出発し、ちょっとだけ粘ってみました。昼前に滞在した中では、配6794レの存在が気になるところ。すると、64の原色釜である1050号と対面して出発と相成りました。

EF64-1050@流山セントラルパーク'11.5.14
この日の配6794レは原色64が牽引

 こうしてご全部の分はおしまい。この後出発しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/7】小山から高崎へ、両毛線の旅

 5月7日の日の続きです。はやぶさを見送った後は高崎へ向けて両毛線に乗り換えますが、次の発車が9時59分と少し時間がありました。ふと駅構内にある電光掲示板の方に目をやると、「足利藤まつり号」の文字が見えました。しかも5分ほどで到着するとのことだったので、到着番線へ向かい出迎えることに。すると、大宮方面から特急色の183系が入線してきました。

快速足利藤まつり1号@小山'11.5.7
上野から宇都宮線を走り抜け、両毛線へ

 このGW中、あしかがフラワーパークへの輸送で活躍したこの列車ですが、肝心の藤の花の方は見頃を迎えていたんでしょうか?

 まだ少し時間があったので、貨物でも来ないかと思いそのまま留まることに。すると、大宮方面から“金太郎”牽引の貨物がやってきました。東北線の貨物も、北斗星が運休中とあってなかなか撮影に行く機会がありませんが、いよいよ20日から再開とのことで、落ち着いたら訪ねたいですね。

EH500-40@小山'11.5.7
東北線の貨物も頑張っていますhappy01

 ところでこの金太郎、時間的に蓮田で北斗星を撮影しているときに直前でそれ違う金太郎でしょうか?

 9時50分になり、そろそろ両毛線の乗り場へと移動します。ホームに停まっていたのは115系。こちらに乗り込んで小山を後にいたしました。

クモハ115-1017@小山'11.5.7
両毛線では健在の115系に乗り込みます

 さてこの後ですが、そのまままっすぐ高崎まで行くには少し時間が余りそうでした。そこで、どこかで途中下車しようと考えましたが、後続に足利藤まつり3号がやってくるので、そちらを撮影することに。しかし両毛線沿線での撮影はこれまであまりなく、事前にネットなどでいくつか候補を挙げておきましたが、そのうちの大平下駅から近いところにある線路脇へ行ってみることにしました。

 駅から栃木寄りに歩いて数分行った直線区間の道路脇でしばし待っていると、小山方面から先ほどと同じ国鉄色の183系がやってきました。

快速足利藤まつり3号@大平下'11.5.7
3号は両毛線内で撮影

 撮影後、一旦大平下駅へと戻りますが、しばらくすると10時52分発小山行きの列車が来るとのことなので、今度は高崎寄りにある駅からすぐの踏切の脇で待つことに。やがて、湘南色の115系がやってきました。

115系@大平下'11.5.7
待ち時間で115系を撮影

 この後、11時2分発高崎行きに乗車。車内はフラワーパーク行きの乗客で混んでいましたが、最寄駅の富田に到着すると車内にいた乗客の半分以上が降りていきました。これで車内も普段のローカル線の様相を呈し、のんびりした風景を見ながら、昼過ぎに高崎に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.15

【5/7】震災から復活したはやぶさと再会する

つなげよう日本ステッカー
「つなげよう 日本。」

 3月5日に華々しくデビューしたものの、1週間足らずであの震災に見舞われ、それ以降は長らく運休していたはやぶさですが、4月29日の東北新幹線全線開通によりようやく再開となりました。そこで、GWも残り2日となった5月7日に撮影してまいりました。

続きを読む "【5/7】震災から復活したはやぶさと再会する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
以前書いた若葉のさよなら運転にきています。とりあえず流山まで乗ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.14

【5/6】非鉄モードのはずが~バーベキュー@青梅

 GW連休谷間の6日は休暇を取り、毎年恒例となっている青梅のバーベキューへ行ってきました。よってこの日は珍しく(?)非鉄モードとなるはずでしたが、結果的には・・・coldsweats01

 で、言っているそばから、さっそく西国分寺で鉄分補給することに。武蔵野線から中央線への乗り換え時間が少しあったので、その間に軽く撮影となりました。もちろん一眼を使わずにコンデジでさくっと撮るに留めております。

E233系@西国分寺'11.5.6
ツツジを入れて軽く撮りましたcamera

 さて、青梅行きでそのまままっすぐといいたいところですが、青梅の一つ手前、東青梅駅で途中下車。目的は駅近くにある青梅郵便局で、例によって風景印集めをしようと思いましたが、やはり連休の合間の日とあって窓口が混んでいましたねcoldsweats02。さすがにこの日の郵便局巡りはここ1件のみと相成りました。

青梅局風景印
奥多摩の玄関口らしい風景印

 青梅でメンバーと合流、毎年行っている河原でバーベキューに興じました。

 その後は市内でお茶をしていましたが、気がついたときにはすでに4時近く。もうちょっと時間があれば赤塚不二夫の記念館など青梅の市内をゆっくり散策したいところでしたが、駅に向かう途中に通りかかった赤塚不二夫会館の前には、トキワ荘で氏と共に苦楽を過ごした故・石ノ森章太郎の記念館のある石巻市へのお見舞いのメッセージ看板が出ていました。他にも市内の至るところでこうした思いが綴られたメッセージを見掛けることができ、石巻市への思いが伝わってきました。

イヤミ&バカボン@赤塚不二夫会館'11.5.6
バカボンと仮面ライダーの共演による復興への祈り

 忘れ形見の201系のイラストに見送られて青梅を後にし、一路立川へ。ここから大宮までは乗り換えなしで行けるむさしの号のお世話になりますが、やってきたのはまだ武蔵野線では未乗だった209系500番台でした。これまで撮影は出来ていたんですが、こんな非鉄の日に出くわすとは思いも寄りませんでしたね。

201系イラスト@青梅'11.5.6
201系がひっそりと頑張っていますhappy01

クハ208-515@大宮'11.5.6
ようやく乗車>209系500番台

 結局なんだかんだで鉄分のある1日を過ごしてしまいましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
広瀬川原のイベントに訪問後、のんびり撮影してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/5】GW中の鉄博詣で

 GWを前に鉄道博物館のリニューアルが行われたとのことで、遠出をせず地元にいた5月5日に行ってまいりました。

 おそらくこのGWは多くの来館者で賑わったと思いますが、さすがに日中だと館内も混雑しているだろうと思い、鉄博に到着したのは夕方4時を過ぎた頃。この時間になるとそれなりには来館者はいるものの、だいぶ落ち着いてきていましたね。何分お膝元に住んでいるもんで、リピーターであればこの時間に来てさくっと見て回るのも乙なものでありますwink

 さっそく向かったのは、屋外にできた「てっぱくひろば」というエリア。元々休憩用の189系が留置されているところですが、芝生広場の一角にE5系はやぶさの滑り台やミニSLなどが設置され、屋外で楽しめるようなスペースとしてオープンしました。そんな中で一番の目当てはやはり “青大将”EF58ですね。少し前に大宮工場にいたところをホームから見かけており、このときは「いったいどうするつもりなのか?」と不思議に思っていましたが、こうした形で目にすることができるとは想像できませんでした。

 なおGW期間中は日替わりでヘッドマークの交換が行われ、この日は東海道本線全線電化開業を記念したヘッドマークが掲出されていました。

EF58-93@鉄道博物館'11.5.5
展示スペースにお目見えした”青大将”

 この車両展示スペースでは今後もこうした期間限定での展示が行われるようで、今後もどんな車両が展示されるのか楽しみです。

 その後は館内に戻って一通り見学してきましたが、鉄道の歴史年表の展示が一部加えられていました。特に注目したのは、きっぷやスタンプといったコレクションですね。自分もこうしたグッズを集めている身なので、こうした展示が充実してくるのはありがたいところですが、特にディスカバージャパンのスタンプは懐かしいですね。私の頃は国鉄末期に出てきた「わたしの旅スタンプ」が主流でしたが、ディスカバージャパンなどの古いスタンプもあちこちで残っていたりして、収集することができました。個人的には門司駅にあったディスカバージャパンのスタンプが好きでしたね。「九州の玄関」と書かれた下にブルトレらしき列車がデザインされたものなんですが、トンネルの中を走り抜けてくる様子が見て取れる門司駅らしいものでした。このスタンプも鉄博にありました。

ディスカバージャパンポスター@鉄道博物館'11.5.5
新たに登場したスタンプやきっぷの展示

ディスカバージャパンスタンプ@鉄道博物館'11.5.5
このスタンプも懐かしいですねhappy01

きっぷ展示@鉄道博物館'11.5.5
硬券きっぷの展示も興味深くいところですwink

 また、他にも昨年引退した北陸、能登のコーナーも加えられ、ヘッドマークや在りし日の写真が展示されていました。

能登&北陸HM@鉄道博物館'11.5.5
能登と北陸にまつわる品々も加わりましたhappy01

 後は常設の展示を一通り見学。さすがにこの時間になればのんびりと見ることができましたねhappy01

0系@鉄道博物館'11.5.5

ED75-775@鉄道博物館'11.5.5

ヒストリーゾーン@鉄道博物館'11.5.5
定番の展示物をさっくりと・・・

 結局1時間ちょっとの滞在で、5時過ぎには鉄博を後にすることになりましたが、エントランスにもSLのナンバープレートが新たに展示されていました。実は入館したときにはまったく気がつかなかったという有様でしてcoldsweats01、結局ざっと見ただけで帰ってきてしまいましたが、次回はゆっくり拝見したいですね。

SLナンバープレート@鉄道博物館'11.5.5
エントランスに展示されたSLのナンバープレート。足元にあるので、帰る時まで気がつきませんでしたcoldsweats01

 公式サイトを見てみるとまだまだ新たに登場したコーナーがあるようで、今回見ることができなかったところについて次回のときに見学したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.13

宮原通信(5/12・13)~やっと週末です

 今朝はあけぼのが遅れていたため撮ることができませんでした。そこで、昨日撮影した分をここでは紹介します。

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.12
昨日は定時運行でした

 そんなわけで、今日のあけぼのの画像はありませんでしたが、仕事の帰りに大宮駅にC57が止まっているのを見かけました。朝の出勤時にEF64らしきカマがいたので「もしや」とは思っていたんですが、先日の日曜日には鉄博周辺で試運転も行われたそうで、いよいよ新潟へ旅立つ準備が整ったところでした。

EF64-1052@大宮'11.5.13

C57-180@大宮'11.5.13

C57180プレート
(3枚とも)新潟へ向けて出発を待つC57

 さて明日は広瀬川原で秩父鉄道のイベントが行われ、当然ながら出撃を予定していますが、今年は少しゆっくり目に出かけて午後に現地へ着こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只今

只今
仕事帰りで大宮駅にいますが、C57がいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.12

【5/4】小田原周辺撮影記

 大雄山線イベントの後の行動について報告したいと思います。ランチが済み、新松田行きのバスに乗ろうと駅隣りのロータリーで待つことにします。次の新松田行きは12時45分。しばらくして箱根登山バスが到着しました。

箱根登山バス@関本'11.5.4
箱根登山バスで新松田駅へ

 ところで、前々から大雄山駅のバス停の名称が気になっていたんですが、伊豆箱根バスと富士急が「大雄山駅」なのに対して箱根登山バスの方は所在地の「関本」なんですね。同じ場所なのにバス会社によって名称を変えているあたり、JRの大阪駅と阪急や阪神の梅田駅の関係に通じるところがあると思いますが、なかなか興味深いところです。

 そんな新松田行きの箱根登山バス、車内は立ち客が出るほど混雑しており、途中のバス停からも乗客を拾って終点に到着しました。この後、さっそく小田急の列車を撮影しようと思い、歩いて10分ほどの酒匂川の河川敷へとやってきました。この日は好天だったこともあって河原ではゲートボールやジョギングを楽しむ人の姿を多く見かけましたが、そんな中、GW直前に運転を再開したロマンスカーや小田急顔の5000形といった通勤車両をいろいろと撮影してきました。

小田急5000形@新松田'11.5.4-1

小田急50000形@新松田'11.5.4

小田急7000形@新松田'11.5.4
(3枚とも)酒匂川の河原でのんびり撮影タイムcamera

 あまりにいい天気だったので、そのままそこにいてのんびり過ごしたいところでしたが、さすがに同じ景色を見続けるのも飽きてきたので、ほどほどのところで切り上げて新松田駅へと戻ってきました。ホームに入ると、小田原から到着したばかりの5000形と遭遇。今年1月に長い10連でのさよなら運転を行い、完全引退の日もそう遠くない状況にある中で、昔ながらの小田急らしい顔つきを見かけると何だか得をした気分になりますね。

小田急5000形@新松田'11.5.4-2
”小田急顔”5000形と対面

 あいにく5000形には乗ることができず、現在の主力車両である3000形に揺られて隣の開成駅へ。この後は駅から栢山駅側に広がる田園地帯で撮影します。この辺り一帯は小田急の撮影地として名が知れているところですが、とにかく構図をどのようにするか迷ってしまいますね。何度か通いつめるといろいろと楽しめそうなんですが、1時間程度ではやはり消化不良な感は否めないところです。

小田急3000形@開成'11.5.4

小田急50000形@開成'11.5.4

小田急1000形@開成'11.5.4
(3枚とも)開成駅周辺であれこれと・・・

 ここも適当なところで切り上げて駅へと戻ります。降りたときにも見かけたMSEが依然止まっており、ブルーの車体が異彩を放っていましたが、車体には「がんばろう日本」の応援メッセージが入ったステッカーが貼られていました。これは他のVSEをはじめとするロマンスカーの車体についており、会社ぐるみで復興を祈願していることを窺わせます。

小田急60000形@開成'11.5.4
引込み線に止まっていたMSE

がんばろう日本ステッカー@MSE
車体に貼られた応援メッセージ入りステッカー

 ところでここ開成といえば、駅前に鎮座する“NSE”3100形の先頭車ですね。日によって公開が行われているんですが、実はまったくのノーマークで、駅に戻ってきたときにはちょうど終了時間で外側にシートを被せていたところでした。正直残念でしたが、撮影も含めていずれはリベンジしたいです。

3100形静態保存
NSEの見学は次の機会に・・・crying

 そんな泣く泣く開成駅を後にして小田原へと戻ってきました。すでに時刻は3時半近くになっており、この後は4時過ぎの湘南新宿ラインで一気に帰ろうと思いましたが、30分ほどの時間があれば新幹線の撮影ができそうと思い、入場券を買って新幹線ホームへと直行。上下線それぞれ2本ほど撮影してきました。

700系@小田原'11.5.4

N700系@小田原'11.5.4
(2枚とも)小田原駅で新幹線を撮影

 結局、買い物をする時間もなくなってしまい、足早に湘南新宿ラインの列車に乗り込んで帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.11

宮原通信(5/8)~GW最終日

 GW最終日の8日ですが、前日高崎のC61展示を見に行っていたため、この日は地元でのんびりと過ごしました。朝はいつもの通りでしたが、湘南色の185系が動き出したようなので、久しぶりに185系の様子を見ていたところ、あかぎ4号で通過したのを確認。折り返し、昼過ぎの草津5号で撮影することができました。

 震災がなければ、臨時運用で就いていた湘南色の185系でしたが、先の震災の絡みで取りやめとなってしまい、この連休はなんとも寂しいことになってしまいました。3月のいでゆも取りやめになってしまい、どうも不運に見舞われている感があります。

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.8
こちらは定時運行でした>あけぼの

特急草津5号@宮原'11.5.8
久々の対面>湘南色185系

EF65-1093@宮原'11.5.8
3時過ぎにやってくる貨物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/4】20年ぶりに乗った大雄山線

 GWのイベント詣でも2日連続となった5月4日ですが、このGWは各鉄道会社でイベントが目白押しで、ほんとどこへ行こうかあれこれ迷ってしまうほどでした。1日のひたちなかや4日と5日のいすみあたりも本当なら外したくないところでしたが、やはり体は一つだけ。今回は泣く泣く諦め、伊豆箱根鉄道大雄山線のイベントに行ってきました。

 大雄山線の起点、小田原に到着したのは午前10時過ぎ。駅の構内や改札付近は行楽客でごった返していました。おそらく箱根へ向かう客と見受けられましたが、GW前に心配されていた客足は徐々に戻ってきているようですね。

 さっそく大雄山線の乗り場へと向かいます。改札の上に鎮座する天狗の面に圧倒されながら中へ入ると、青い車体の5000系が出発のときを待っていました。

天狗@小田原'11.5.4
小田原駅では天狗の面が出迎えてくれましたcoldsweats02

伊豆箱根5000系@小田原'11.5.4
大雄山線の主力車両である5000系

 実はこの大雄山線に最後に乗ったのは1991年の秋以来。ちょうど20年ぶりでした。何分5000系1形式が行ったり来たりという路線なので、なかなか足を運ぶことができませんでしたが、今回は大雄山駅でイベントが行われるとのことで、久しぶりに足を運ぶことになりました。

 早速大雄山行きの列車に乗り込みますが、まっすぐ行くのも面白くないので、適当なところで途中下車をしてみることにします。ただこれといって当てというのはなく、ほぼ中間あたりになる飯田岡駅で降りることに。ここから次の相模沼田駅まで行き交う列車を撮影しながらのんびり歩きました。

伊豆箱根5000系@飯田岡'11.5.4
飯田岡から相模沼田まで、歩きながら撮影してみることにcamera

相模沼田駅舎'11.5.4
松の木と並ぶ相模沼田駅の駅舎

 相模沼田から再び列車に乗り込み、ようやく終点の大雄山駅に到着しました。何分20年ぶりの来訪なので、駅構内の様子などの記憶がなく、駅舎と広々とした駅前がかすかに記憶しているだけでしたが、すぐ隣の車庫ではすでに多くの来場者がイベントを楽しんでおり、さっそくそちらへと向かいます。

伊豆箱根5000系@大雄山'11.5.4
20年ぶりの大雄山駅に到着

 駅前の受付で案内図を貰ってから会場へと進みます。告知されたHPを見ていると、ファミリー向けのイベントがメインとなっていて、これは駿豆線で11月に行われるイベントも同じですが、そんな中数少ないマニア向けのものでは、事業用で使用されているコデ165形の展示があり、さっそく展示されている車庫の奥へと向かいます。

 このコデ165形ですが、製造されたのが1928年ですからかれこれ90年近く経つことになります。こうした旧型の電車は事業用とはいえ往時の姿を残しているとあって大変貴重ですが、ここ大雄山線では電気機関車の代わりとして5000系の定期検査の際の輸送として牽引するなど、事業用として活躍しています。

伊豆箱根コデ165形@大雄山'11.5.4
事業用として活躍するコデ165形

運転台@コデ165形
コデの運転台

シャチステッカー
ドア部分に貼られていたステッカーcoldsweats01

 それにしてもこのコデ165形ですが、さすがに事業用車両とあって動いているところはなかなか見る機会がなさそうですね。イベントというわけにも行かないでしょうし、一度はナマで動いているところを見たいものです。

 結局、このコデ165形を見終えた後はこれといって特に見所がなく、これで退散となりました。ちょうど昼時だったので、駅近くにあった南足柄市のB1グルメ「まさカリー」の店で食べることに。しかしあいにくご飯物はすべて売り切れとのことなので、まさカリーパスタランチをいただきました。ソースがカレーになっていて、つけ麺のようにして味わってきましたが、やはりカレーライスとして味わいたかったですね。

まさカリーパスタセット'11.5.4
B1グルメも今回はご飯ものがなく・・・weep

 これで腹も満たされ、駅前からバスに乗って新松田へと向かいますが、長くなってきたので、ここで一旦切ることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.10

宮原通信(5/6・7)~報告だけでも

 実は、日曜日の朝錬の画像がまだ出来てませんでして・・・coldsweats01。GWで画像整理がなかなか進みませんが、6日と7日の分については報告だけといたします。

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.6
6日の分

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.7
7日は1051号機でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/3】デキ復活運転“乗”&“撮”~上信電鉄

 GWも半ばに差し掛かってきた5月3日、上信電鉄の古豪電気機関車の復活運転に行ってまいりました。

 高崎に到着したのは朝の8時過ぎ。さっそく上信電鉄の乗り場へと向かい、窓口でこれから使用する1日乗車券を購入しました。出てきたのは横長のD型硬券タイプで、銀河鉄道999号の写真が印刷されていますが、これを持って改札へ向かうと、デキ牽引の臨時列車に乗車する方はそのまま奥へ進むようにとのこと。その支持に従って進むと、やってきたのは昨年9月にイベントが行われた車庫の敷地内で、すでに2両の200形電車を連結した2台のデキがスタンバイしていました。

上信500形&デキ1形@高崎'11.5.3
この日の主役~デキ&999

デキ記念乗車証
車内で配布された記念乗車証

 一通り撮影を済ませてから車内へ入ると8時23分、臨時列車はゆっくりと高崎を後にしました。南高崎を過ぎて新幹線の高架下を潜り抜けると、烏川に掛かる鉄橋へと差し掛かってきました。ここはおととしの11月に999号などを撮影していますが、さすが上信電鉄有数の撮影地とあって、橋周辺やその先大きくカーブするあたりには大勢のギャラリーが撮影していました。ちなみにこの日は上越線でディーゼル機関車の重連による臨時列車が運転されたので、そちらと合わせて撮影された方も多かったことと思います。

 そんな臨時列車の車内に目を向けると、デキの運転台に入ってみませんかと社員の方から案内されました。もちろん2台連結されているデキのうちの運転手がいない後方のデキの中になりましたが、乗客の中には途中で降りてしまう方もいらっしゃるとのことで、私は上州福島から乗せていただくことになりました。

デキ1形運転台'11.5.3
運転台からの眺めも楽しめましたhappy01

 正直最初は、運転台の中は走行中の風で冷えるんじゃないかと思っていましたが、実際乗ってみるとそんなことはなく、ガタガタと来る下からの振動を除けばさほど苦痛ではありませんでした。結局、上州富岡までデキの運転台からの車窓を楽しむことができました。

 臨時列車は次第に山奥へと進み、10時6分に終点の下仁田に到着しました。

上信デキ1形@下仁田'11.5.3-1
終点の下仁田に到着した”デキ”

 この後は12時30分発の高崎行きまでのんびりと駅周辺で過ごすこととしますが、11時を過ぎて腹が空いてきたので、下仁田カツ丼を食べることにしました。臨時列車の車内で下仁田の町を紹介したパンフレットを貰ったんですが、その中に「下仁田カツ丼」が紹介されており、この日のランチはぜひこちらをと考えていました。

 とりあえず、適当に目に付いた、駅から5分足らずの細い路地の一角にある「すずきや食堂」という店に入ります。壁に貼られていたお品書きを見ると、ただのカツ丼と上カツ丼の2種類が書かれておりましたが、上は卵で閉じた一般的なカツ丼でもう一つのがしょうゆだれのカツ丼とのこと。もちろんここは「カツ丼」を注文いたしました。

下仁田カツ丼@すずきや食堂'11.5.3
しょゆだれの下仁田カツ丼をランチにいただきましたrestaurant

 ソースやしょうゆのたれカツ丼というと、秩父や桐生などこれまであちこちで食べていますが、地元では卵とじが主流なので、ソースやしょうゆのたれで食べるカツ丼は新鮮ですね。

 ところですずきや食堂のある中央銀座通りは昔ながらの街並みが残っており、中には「撞球」と入口に書かれたかつてのビリヤード場があった建物もありました。それにしても「撞球」という漢字、現地ではさすがに読めませんでしたねcoldsweats01

中央銀座通り@下仁田'11.5.3
レトロな風情の町並み

撞球場@下仁田'11.5.3
恥ずかしながら、読めませんでしたcoldsweats01>撞球

 12時30分発の高崎行きまでまだ時間があったので、駅の周辺でいろいろと撮影しながら時間つぶし。駅構内にはいつの間にか多くの車両が側線を埋めており、さながら鉄道イベントの会場に来ているようでしたが、そんな中、2台のデキが999号を牽引して構内を走行してきました。

上信250形@下仁田'11.5.3
さながら車両基地で行われているイベントのようですねhappy01

上信デキ1形@下仁田'11.5.3-2
999号とのコラボも実現しましたhappy01

 こうして12時30分に高崎行きの電車で下仁田を出発。この次がデキ牽引の臨時列車なので、どこかで撮影したいところでした。しかしリサーチ不足で撮影できそうな場所がなかなか決まらず、いっそ定番となっている馬庭あたりまで行ってしまおうかとも思いましたが、吉井での長時間停車の間に1本追い越されるので、うまくいけば2ヶ所での撮影が可能でした。結局、当てはなかったものの上州福島で下車。下仁田の方向に歩いて5分ほど行った踏切の脇に落ち着きました。

上信デキ1形@上州福島'11.5.3
帰りは撮影を重点に・・・

 この反対側に菜の花がきれいに咲いているところがあり、そことうまく絡めることができないかと思ったんですが、架線柱があったりして泣く泣く断念となりましたweep

 その上州福島駅ですが、駅前に汲み上げのポンプがあったりしてなかなか味のある駅でしたね。また券売機が設置されていないので、きっぷは窓口で買うことになりますが、記念に硬券入場券を買ってきました。

上州福島駅舎'11.5.3
汲み上げ式のポンプがある駅~上州福島

上州福島駅硬券入場券
記念に硬券入場券を購入

 13時48分発の高崎行きに乗り込み、吉井で臨時列車の脇を通り抜けて馬庭へ。さっそく歩いて数分の鏑川に掛かる橋へとやってきました。すでに多くのギャラリーがスタンバイしていましたが、そんな中をデキがゆっくりと鉄橋に差し掛かってきました。

上信デキ1形@馬庭'11.5.3
定番の鉄橋を渡るところも押さえておきましたhappy01

 これでデキの撮影はおしまいとなり、引き続き馬庭周辺でいろいろと撮影することに。しかし999号がやってきた頃には雲行きが怪しくなってしまい、雨が落ちてきそうでした。

上信500形@馬庭'11.5.3
雨が降ってきたので、これにて終了rain

 結局、15時29分発の高崎行きに乗り込み高崎へ。群馬DCの115系のラッピング車両を撮影した後、16時30分発の上野行きで帰途につきました。

115系@高崎'11.5.3
群馬DCラッピング車両と対面

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.09

宮原通信(5/5)~地元でのんびりも

 5月3日と4日がイベントであちこち出かけていたことから、5日は夕方まで地元でのんびり過ごしました。能登とあけぼのはほぼ定時運転での通過。その前後を行く貨物も特段目だったものはありませんでした。

急行能登@宮原'11.5.5

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.5
(2枚とも)5月5日の能登とあけぼの

 これで一度自宅へ。朝方、震災以来ご無沙汰だった下りのはやぶさ501号を自宅から撮影してみました。運転開始後わずか1週間足らずで運休を迎えてしまうなど、波乱のデビューとなってしまいましたが、これで運転が再開され、多くの乗客で賑わうことと思います。

はやぶさ501号@宮原'11.5.5
震災以降初めてとなったはやぶさの撮影

 その後、日中はいつも通り貨物列車の撮影をやっておりましたが、特にネタになりそうなものはありませんでした。朝から夕方を通じて、特段目だった動きはなく、”鉄”的、一般的には穏やかな1日でしたね。


EF64-1015@宮原'11.5.5

EF65-1081@宮原'11.5.5
昼前にやってくる上下の貨物列車

 個人的には、朝方些か考えさせられるような時間を過ごしたんですが、詳細を書くには今ひとつなので、割愛させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特急日光号

特急日光号
仕事帰り、大宮駅で見掛けるこちらを撮って見ました。置き換えまで一月足らずですが、平日とはいえ自分一人で些か寂しいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.08

宮原通信(5/4)~変わりなし

 GWの真っ只中の4日は大雄山で行われた伊豆箱根鉄道のイベントに行っていましたが、最後に乗ったのが20年前とあって、車窓はほぼ初めてに等しい状況でした。

 詳しい当日の出来事については、後日改めまして発表したいと思います。

 その4日ですが、もちろん出掛けに地元で朝錬をしていました。ただいつものラインナップで、これといってネタ的なものはありませんでした。

 一応、例によって能登とあけぼのを載せておきます。

急行能登@宮原'11.5.4

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.4
4日の能登(上)とあけぼの(下)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011タイトル制覇の旅その4~7年ぶりのあおなみ線

 タイトル制覇の旅の続きです。リニア・鉄道館を無事見学した後、再び金城ふ頭駅からあおなみ線に乗り込みます。この後の予定は一旦名古屋へ戻り、もう一つのミッションである桜通線の新線区間の乗りつぶしをしますが、その前にあおなみ線を撮影しようと思いました。このあおなみ線は2004年10月に開業、その直後に初乗りを済ませていますが、そのときは地下鉄名城線の開業も重なったことから、その初乗りや当時出入りしていた通信関係のオフ会参加といろいろ盛りだくさんだったため、ただ乗ってくるだけの行程となってしまいました。

 さて撮影ですが、どこかのサイトで名古屋競馬場前駅の名古屋寄りが紹介されていたので、そこで狙ってみました。

名古屋臨海高速1000形@名古屋競馬場前'11.4.22
あおなみ線を走る1000形

 もう少し滞在したいところでしたが、次の列車まで10分以上間隔が開いていることもあり、先を急ぐべくこれで切り上げ、名古屋へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011タイトル制覇の旅その3~リニア・鉄道館初訪問

車両展示@リニア・鉄道館'11.4.22
初見学!

 タイトル制覇の旅のミッションの一つ、リニア・鉄道館を訪ねてきましたので報告します。

続きを読む "2011タイトル制覇の旅その3~リニア・鉄道館初訪問"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.07

宮原通信(5/3)~貴重な晴れ間

 ここ数日あちこち出かけていたりと、なかなか地元ネタの方に回らない日が続きますが、今日も4日前の地元ネタとなり失礼しますthink

 この日は朝のうちはいい天気でしたが、日中から雲が広がり始め、夕方には雨がぱらつくようになりました。日中、上信電鉄で行われたイベントに足を運んでいたんですが、夕方宮原に帰ってきたときには本降りとなってしまい、急遽売店で傘を仕入れる有様でした。

 そんな貴重な晴れ間となった朝ですが、この日も特段変わりはなく、特筆するようなネタはありませんでした。そんなわけで、いつもながらの能登およびあけぼのを紹介しておきます。

急行能登@宮原'11.5.3
この日は被られませんでしたhappy01

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.3-1
このGWは概ね順調な走りでした>上りあけぼの

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.3-2
ツツジを入れてみましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011タイトル制覇の旅その2~manacaで乗り降り

 タイトル奪還の旅の続きです。新幹線を降りて向かった先は地下鉄東山線の乗り場近くにある定期券売り場。ここで2月に導入されたばかりのICカード「manaca」を手に入れます。名古屋ではJRのTOICAに対抗する形で、名鉄や名古屋市営地下鉄などが導入したICカードですが、大都市圏ではもうICカードで鉄道に乗ることが当たり前のようになった感がありますね。

 そのmanacaですが、当初はこれで地下鉄の1日乗車券を買おうとしたところ、対応していないということで買うことができませんでした。これは想定外でしたが、致し方ないのでその都度買うことにします。

manaca
manacaをゲット!

ISO9001認証ステッカー@名古屋市営地下鉄
名古屋駅で見かけたISO9001認証を伝えるステッカー

 さっそく東山線に乗り込みます。名古屋市営地下鉄はちょうど10年前に1日乗車券を利用して乗りつぶしをしており、その際に東山線で終点の高畑まで行きましたが、今回はそれ以来となる終点までの乗車となりました。

名古屋市営地下鉄5164@高畑'11.4.22
東山線の終点、高畑に到着

 前回のときは朝早くに起きてここまでやってきましたが、乗りつぶし目的だったため、そのまま折り返しています。しかし今回は、ここからあおなみ線の荒子駅まで歩いていくことにします。地図を見ると高畑駅と荒子駅は近い位置にあり、歩いても十分に移動できそうな距離でしたが、この間には郵便局が2局あるので、それらの局めぐりもかねることができました。

風景印@名古屋荒子

風景印@中川
荒子駅への移動中に立ち寄った郵便局の風景印

 2局の風景印を押印して荒子駅へ。ホームに上がると、すぐに金城ふ頭行きの列車がやってきたので、さっそく乗り込んで終点の金城埠頭駅にやってきました。

名古屋臨海高速1000形@荒子'11.4.22
7年ぶりのあおなみ線で金城ふ頭へ

 この後、いよいよ名古屋でのミッションの一つであるリニア・鉄道館を訪問しますが、長くなってきたのでここで切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.06

【5/1】フラワーリレー号&応援メッセージ入りヘッドマーク列車~東武

 5月1日の続きです。大麻生から乗った列車で熊谷まで向かい一旦途中下車。ランチを摂り、後続の列車で羽生へやってきました。ここへやって来た目的は、12時18分発の館林行きの列車を撮影するためでしたが、フラワーリレー号として特製のヘッドマークが取り付けられるとのことでした。例年だと東急田園都市線と半蔵門線への臨時直通列車「フラワーエクスプレス」が運行されていましたが、震災の影響もあって今年はなし。代わりに久喜発着の伊勢崎線の定期列車のうちの3往復をフラワーリレー号として運転することになりました。

 館林行きのフラワーリレー号はほぼ定刻に羽生駅にやってきました。ヘッドマークは例年のフラワーエクスプレスと同じくらいの丸いもので、30000系31615Fが使用されていました。

東武30000系@羽生'11.5.1
伊勢崎線内の定期列車にヘッドマークを掲出されたフラワーリレー号

 このフラワーリレー号は館林からすぐ折り返してくるので、これに乗って鷲宮へと向かうことにしますが、その前に下りの特急りょうもう号が通過するので、次はこちらを待つことにします。そのりょうもう号、東日本大震災を受けて応援メッセージを入れたヘッドマークを先月29日から掲出することになりました。

 しばらくしてりょうもう15号がこちらへ近づいてきました。

東武200系@羽生'11.5.1
被災地への応援メッセージ入りヘッドマークを掲出したりょうもう号

 丸いヘッドマークに、「上を向いてがんばろう 日本」というメッセージが入っていますが、隣に描かれているスカイツリーはやはり東武らしいところがありますね。

 りょうもう号を見送った後、先ほどその前を走っていったフラワーリレー号が館林から戻ってきました。この12時45分発の久喜行きに乗り鷲宮へと向かいます。

東武36615@鷲宮'11.5.1
フラワーリレー号で鷲宮へ

フラワーリレー号HM
フラワーリレー号のヘッドマーク

 鷲宮で下車。さっそく去年撮影した花崎寄りにある踏切付近へと向かいましたが、この日は黄砂の影響で強い風が吹いており、待っている間中、目を開けていることはおろか立っているだけでもツライところがありましたweep。そんなわけで、先ほどのフラワーリレー号の折り返しを撮影後、鷲宮神社に寄ってから早々に切り上げることになりました。

東武30000系@鷲宮'11.5.1
黄砂のため、これにて退散crying

 再び上り列車に乗り込んで久喜へ。半蔵門線直通の列車に乗り換え、東武動物公園からは各停で姫宮へとやってきました。ここで例によって田んぼ周辺でのんびり撮影することにしますが、今度は先ほどりょうもう号で撮影した応援メッセージ入りヘッドマークを付けたスペーシアを狙います。

 現場に到着し、比較的早いときにスペーシアがやってきましたが、先ほどのりょうもう号のものと同じデザインでした。

東武100系@姫宮'11.5.1
ヘッドマークはスペーシアにも

 その後もしばらくの間、撮影することに。ここでもりょうもう号などいろいろと撮影してきましたが、幸いなことに先ほど鷲宮で猛烈に吹いていた黄砂が幾分収まってくれたので、多少は楽になりましたね。

東武200系@姫宮'11.5.1

東武30000系@姫宮'11.5.1
(2枚とも)田んぼに水が入りましたriceball

 これで後は帰るだけ。途中、春日部でヘッドマーク入りのスペーシアを撮影した後、野田線に乗り換えて帰ってきました。

東武100系@春日部'11.5.1
春日部でもスペーシアを撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.05

宮原通信(5/1)~久しぶりの朝の雨

 5月最初の1日は雨。先ほど書いたとおり、この日は朝から秩父鉄道沿線に行っておりましたが、出掛けに地元で朝錬をしていたときは、パラパラと雨が落ちていました。

 この日も定番のラインナップでした。

急行能登@宮原'11.5.1

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.1
この日、地元ではこれだけでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【5/1】SL東日本復興号&ヘッドマーク付き列車を撮影する~秩父鉄道

 5月最初の日、朝の7時半過ぎに熊谷駅へとやってきました。この日は秩父鉄道と東武の沿線でいろいろとネタ探しをしようと思っていましたが、まずは秩父鉄道からです。

 ホームにやってくると、構内の側線に毎年恒例の「芝桜」のヘッドマークを掲げた6000系がスカイブルーの1001Fと並んで止まっていました。震災後、各鉄道会社でヘッドマークの掲出を自粛していましたが、GWに入り徐々にこうした取り組みも戻りつつありますね。

秩父1000系@6000系@熊谷'11.5.1
スカイブルー1001Fと並ぶ芝桜号

 一方、5番ホームには5月14日に広瀬川原で行われるチャリティーフェスタのヘッドマークを付けた7500系7003Fが到着しました。こちらのイベントは当初開催されるかどうか心配でしたが、チャリティーという形で例年通りの開催となったので、今年もぜひとも足を運びたいところですね。

秩父7500系@熊谷'11.5.1
14日のチャリティーフェスタ告知ヘッドマークを付けた7503F

 この後、8時ちょうど発の三峰口行きに乗り込みひろせ野鳥の森駅で下車。これは先月17日のときと同じでしたが、午後には東武沿線に行かなければならなかったので、慣れたところとなった次第。さっそくすぐにやってくる熊谷行きの急行が近づいてきましたが、チャリティーフェスタのヘッドマークを付けていました。先ほど熊谷駅で見かけたのとは異なるデザインでした。

秩父6000系@ひろせ野鳥の森'11.5.1
6000系に取り付けられたチャリティーイベントのヘッドマーク

 土手に沿って歩き続けて広瀬川原の車両基地へと到着。車庫では「応援」と大きく記されたヘッドマークをつけたC58がスタンバイ中でしたが、その前に先ほど通過していったチャリティーフェスタのヘッドマーク付きの6000系が熊谷から折り返してくるので、それを撮影しておきました。

秩父6000系@ひろせ野鳥の森'11.5.1-2
先ほどの急行が熊谷から戻ってきました・・・

 これで再び車両基地のところへと戻り、C58の入れ替え作業をのんびりと眺めることにします。4月のときに比べるとさすがに桜も散ってしまい、周りの菜の花も盛りを過ぎた状態でしたが、そんな中土手のところで待つこと9時過ぎ、車両基地でスタンバイしていたC58が単機でこちらに近づき、客車のいる側線へと折り返していきました。

秩父C58363@ひろせ野鳥の森-1

秩父C58363@ひろせ野鳥の森-2

秩父C58363@ひろせ野鳥の森-3
(3枚とも)入れ替え作業を行い準備万端ですhappy01

 これで後は本線走行だけとなり、先ほど6000系を撮影した付近へと再びやってきました。いつもだったら土手側で撮影していたんですが、今回はうす曇だったこともあり、土手の反対側で待つことにします。この日は朝のうち雨も残っていたんですけど、広瀬川原に着いてからは雨も止み、時より晴れ間も出てきていましたね。

 こうして10時20分過ぎ、復興支援号が力強いSLのパワーに引っ張られるように熊谷方面からやってまいりました。

秩父C58363@ひろせ野鳥の森'11.5.1-4
復興を祈願して運転された復興号

 引き続き、この後やってくる急行も撮影。こちらには朝方に熊谷駅で見かけたのと別バージョンの芝桜のヘッドマークが取り付けられていました。

秩父6000系@ひろせ野鳥の森'11.5.1
熊谷駅で見たのとは別バージョンのヘッドマークを付けた芝桜号

 これで秩父鉄道でのミッションはおしまいとなり、大麻生を11時4分に発車する熊谷行きに乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【4/30】「がんばろう日本」ステッカー登場~東北新幹線

 昨日の記事の追記になりますが、'03年8月の烏山線80周年のときに運転された風っこの臨時列車に乗った様子をこちらに上げていましたが、画像の修正および加筆をして再アップいたしましたので、もしよろしければ覗いてやってくださいconfident

 本題に入りますが、4月最後の30日は地元でのんびりと過ごしておりましたが、夕方から大宮へと出かけていました。何かネタがないかと思っていたら、東北新幹線の一部車両に復興を願う「がんばろう日本」のメッセージが入ったステッカーが貼られた車両が登場したとのことで、それを探してみることにしました。実は前日の29日に宇都宮駅の新幹線ホームで撮影中に1本だけ貼ってある編成を見かけましたが、宇都宮を通過する列車だったので撮影することができませんでした。

 しかし全編成についているわけではないので、最初はうまい具合に来てくれません。そんな中、5年後をめどに全車引退すると先日発表があった2階建て新幹線のE4系がやってきました。

E4系@大宮'11.4.30
引退が報じられた2階建て車両のE4系

 昨年相次いで引退した209系や253系など、JR発足直後にデビューした車両のリプレイスが進みつつありますが、その一方で国鉄時代からの200系についてはまだ引退の報が聞こえてこないですね。どちらもこれから少しずつ記録しておきたいところです。

 いろいろ撮影しているうち、ようやくステッカー入りのE2系がやってきました。先頭車運転台の入り口付近に貼られているステッカーのうち、東京寄りには「つなげよう日本」、そして新青森寄りには東北地方の地図をバックに「がんばろう東北 がんばろう東北」の文字と異なるデザインでした。

E2系@大宮'11.4.30-1

E2系@大宮'11.4.30-2
復興を願って応援メッセージ入りステッカーを貼りだしたE2系・やまびこ258号

 残念ながら東京寄りの「つなげよう日本」の方はこのとき撮影できず、この後やってきたはやて・こまち126号で何とか撮影できました。

E2系&E3系@大宮'11.4.30

つなげよう日本ステッカー
(2枚とも)ステッカーに願いを込めて・・・

 これで新幹線ホームから撤収。この後、17時過ぎに到着する快速足利藤まつり2号も撮影して撤収となりました。

快速足利藤まつり2号@大宮'11.4.30
2日連続の撮影となりました>足利藤まつり号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.04

宮原通信(4/30)~鮮度落ちですが・・・

 数日が経過しているので鮮度落ちは否めませんが、一応記録に残しておきます。

 朝の部ですが、能登が下りの貨物に手前で被られましたweep。いつもながら日曜日を除いた日に能登を撮影すると、この下りの貨物と被るかどうかスリル満点なひと時ですね。

急行能登@宮原'11.4.30
この日は手前で被られた・・・weep

EF64-1036@宮原'11.4.30
被られた原因がこちら

 この後、あけぼのまで粘ったのはいつもの通りです。

寝台特急あけぼの@宮原'11.4.30
この日の担当は1053号機

 日中は湘南色185系と貨物狙いでいろいろとやってましたが、湘南色の方は結局見ることができず、貨物の方も特筆するものはありませんでした。そんな中、正午前にやってくる配6794レと午後2時前にやってくる配6795レを紹介しておきます。配6795レの方は今回始めての撮影でしたが、コンテナなしのコキばかりとちょっと物足りなさが残りました(おまけに被られましたしcoldsweats01)。どうもこの日は被られることに縁がありましたな。

EF65-1138@宮原'11.4.30この日の配6794レ

EF66-36@宮原'11.4.30
初撮影だった配6795レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【4/29】8年ぶりの烏山線

 29日の続きです。東大宮から宇都宮線で一気に宇都宮へと到着したのは11時過ぎ。この後烏山線のディーゼルカーに乗換えとなりますが、次の列車は12時10分と1時間ほどありました。そこで少し早めではありましたがランチタイムといまします。

 宇都宮といえば言うまでもなく餃子ということで、さっそく駅構内の餃子小町へ。今回は宇都宮餃子館に入り、12色食べくらべセットというのを注文してみました。12種類の餃子が味わえるというものでしたが、一人ではちょっと量が多かったですねcoldsweats01

餃子@宇都宮餃子館
この日のランチは宇都宮の餃子でしたrestaurant

 食事を済ませたときには後30分ほど空き時間があったので、入場券を買って新幹線ホームへ。ちょうど東北新幹線が全線で運転を再開した日で、行き交う新幹線の様子を撮影してみました。復興を願う「がんばろう東北」と書かれたステッカーを貼った車両が来ないかと思いましたが、1本通過したもののうまく撮影することができませんでしたweep。なお、こちらについては翌日大宮駅でリベンジしていますので、後日報告いたします。

E2系@宇都宮'11.4.29
全線で運転再開となった東北新幹線

 12時過ぎ、そろそろ烏山行きの列車に乗り込むため在来線ホームへ移動。すると宇都宮線の上りホームに貨物列車が接近してきましたが、先頭に立っていたのがEF65の1036号機でした。あまり見かけないカマですが、最近岡山から新鶴見へ転属になったようで、関東でも見かけるようになったようです。

EF65-1036@宇都宮'11.4,29
1036号機が牽引する貨物列車と遭遇

 その同じホームに烏山行きの2両編成のディーゼルカーが止まっていましたが、先頭には赤とベージュの2色に塗られたキハ40が連結されていました。今回、烏山線での一番の目当てがこれだっただけに、間近ですんなりと見ることができたのは有難いところでした。

キハ40-1003@宇都宮'11.4.29
国鉄色に塗装されたキハ40に遭遇できましたhappy01

 こうして12時10分、宇都宮を発車。宝積寺まで宇都宮線の架線の下を走行した後、いよいよ烏山線へと入ってまいりました。ここへ最後に来たのは'03年8月の風っこが運転されたときですので、かれこれ8年ぶりになりますが、近場でありながらなかなか足を運べないところでもあります。そんな烏山線ですが、宝積寺を出て下野花岡に到着するまでの間、車窓には水を張った田んぼの風景が広がってきました。正直このあたりで降りてしまいたいところでもありましたが、今回は乗ったり降りたりするほど時間がなかったこともあって、そのまま乗り続けることになります。

 大金で烏山からやってきた宇都宮行きとの交換待ちがありました。ここはかつて縁起きっぷで名をはせたところで、昔ここに降り立った際に買った入場券を持っていますが、最近はあまり話題にならないですね。JR化してしばらくは記念きっぷやオレンジカードなどを時々出していたりもしていたんですが、この手の縁起きっぷが流行らないこともあるのでしょうか?

 さて今回ですが、終点の烏山の一つ手前にある滝駅で降りることにしました。駅の近くに龍門の滝という名所があり、滝と行き交う烏山線のディーゼルカーとのツーショットが撮影できるとのことでしたが、次の列車が14時過ぎの宇都宮行きということで1時間ほど空いてしまいました。まずはその龍門の滝へ行って滝見物となりましたが、何分滝と土産物屋が併設された記念館くらいしかないこともあり、あっという間に時間つぶしが終わってしまいました。

 そんなわけでやむなく駅へ戻り、周辺をぶらぶらしながら過ごすことになりましたが、ここへ到着してから1時間ほど経った14時過ぎ、先ほど宇都宮からここまで乗ってきたディーゼルカーが烏山から到着。宇都宮へ向けて発車していきました。

キハ40系@滝'11.4.29-1
烏山から折り返してきた国鉄色

 この後20分ほどすると烏山行きの列車が来るので、龍門の滝へ再び戻ります。場所によっていろんな風景が撮影できそうで、どこにするか正直迷ってしまいましたが、何分時間がないこともあり少し高台の滝見スポットのところで待つことに。2時26分過ぎ、今度は烏山線の通常色のキハ40が通過していきました。

キハ40系@滝'11.4.29-2
龍門の滝とのツーショット

 これで後は15時34分発の宝積寺行きに乗って帰るだけとなりましたが、それまで1時間ほど空いてしまうため、時間つぶしを兼ねて烏山駅まで歩いて行くことに。どれくらいかかるか正直わかりませんでしたが、歩き始めてから30分ほどで烏山駅の前に到着しました。

烏山駅舎
ここから帰途に

 今回は滝駅付近しか滞在できず、もっと時間があれば他の駅も訪ねたいところでしたが、機会があれば再訪してみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は

今日は
伊豆箱根のイベントで大雄山にきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.03

今日は

今日は
上信電鉄のイベントに来ております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.02

【4/29】今年も運転、快速足利藤まつり号を撮影

 GWスタート初日の4月29日、大宮駅から宇都宮線を北上することにします。まずはGW恒例の快速足利藤まつり号を撮影しようと思い、東大宮駅で下車。これまでだと上りの夜行を絡めてということで、蓮田に行くことが多かったんですが、ご存知の通り震災の影響で北斗星やカシオペアは依然運休中とのことで、久しぶりに東大宮に降り立った次第です。

 3年前に撮影した大宮寄りの幾分カーブするあたり、第2産業道路の陸橋付近で待つことにします。すると、大宮方面から貨物列車が何本か通過していきました。震災以降不通だった東北本線ですが、連休前になってようやく復旧し、貨物列車の行き来ができるようになりました。

EH500-27@東大宮'11.4.29

EF65-1080@東大宮'11.4.29
(2枚とも)まずやってきた貨物列車2本

 その後しばらくは普通列車ばかり行き来する様子を見ていましたが、8時過ぎに485系の特急日光1号がやってきました。こちらも震災以来長らく運休していましたが、本来ならば4月末で後継の253系1000番台へ置き換えられる予定だったところで、運転再開後も485系による運転となりました。なお、来月4日から253系へ置き換えられることが大宮駅にあったポスターに記されていましたので、485系による運転もあと一月ほどとなりそうです。

特急日光1号@東大宮'11.4.29
久しぶりの日光号ですが、この様子もあと一月ほど

 再び普通列車が行き交う宇都宮線となりましたが、8時50分過ぎにまず1号が通過。例年通りのヘッドマークが掲出されていました。

快速足利藤まつり1号@東大宮'11.4.29
まずは1本目の1号を撮影

 この後65牽引の貨物が1本通過、9時20分過ぎに3号がやってきました。こちらを撮影後、撤収と相成りました。

EF65-1046@東大宮'11.4.29
菱形パンタが特徴の1046号機

快速足利藤まつり3号@東大宮'11.4.29
3号も撮影

 定期列車の多く続々復旧している一方で、臨時列車には運転中止が多く、例年に比べると鉄道のダイヤ上では些か華やかさに欠けるところが見受けられますが、そんな中でも運転されている足利藤まつり号は貴重な存在と言えるかも知れませんね。

E231系@東大宮'11.4.29
線路脇のつつじを入れて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.01

2011タイトル制覇の旅その1~700系グリーン車で名古屋へ

 整理がつきましたので、そろそろ始めたいと思います。先週金曜日の4月22日は地元でいつも通りあけぼのをお迎えしてから出発する予定だったんですが、早朝に発生した桶川と北本の間の人身事故で断念となり、早々に東京駅へと向かいました。

 この日の行き先は名古屋。3月に開業した名古屋市営地下鉄桜通線の延伸区間の乗りつぶしとリニア・鉄道館の訪問が目的ですが、福岡行きの夜行高速バスまで1日滞在する予定だったため、名古屋まではぷらっとこだまのプランを利用しました。

 乗る列車まで少し余裕があったので、新幹線乗り場をあちこち見て回ることに。久しぶりに19番線にある“新幹線の父”十河信二のプレートに挨拶したり、発着する新幹線を撮影したりして過ごしましたが、その間にサンライズが到着するのを見かけたときにはすっかり記憶から抜けていたのに気づきましたcoldsweats01。今思えばこちらへ行っておきたかったところでしたね。

十河信二プレート@東京'11.4.22
19番線ホームにある新幹線の父・十河信二のプレートにご挨拶

300系&N700系@東京'11.4.22
東海道新幹線の車両たち

 7時半を過ぎ、そろそろ乗り場へと移動します。この日乗るのは7時56分発のこだま637号。途中で朝食にする弁当を手に入れてから15番線ホームへと到着しました。

724-3014@東京'11.4.22
JR西日本所属の700系を使用していた「こだま637号」

700系ロゴ
JR西日本所属を表すロゴ

 使用されていたのは700系。先頭車に記されたロゴからJR西日本所属のB編成であることが判別できますが、名古屋までならプラス1,000円でグリーン車が利用できるとのことで、今回初めて700系のグリーン車に乗ることになりました。

700系G車座席
初めてだった700系のG車

 7時56分、ほぼ定刻にこだま637号は東京駅を発車。JR西日本所属の車両だと車内で流れる「いい日旅立ち」のチャイムの後に放送が始まりました。実は東京と新大阪間のこだま号でJR西日本所属の車両が使われていることはこれまで知らず、今回この車両ということで正直意外に思いましたが、とりあえず先ほど買った弁当を開いて腹ごなし。東京駅ではお馴染みのチキン弁当ですが、よく見かけるものとは別のバージョンのもので、おかずのチキンがなかなかスパイシーでした。

チキン弁当
スパイシーなチキンの味付けが印象的な「チキン弁当」

 品川、新横浜と停車し、車内には次第に乗客が乗り込んできました。乗客の雰囲気からして、ビジネス客よりはそれほど急ぎではないカジュアルな格好が多いようでしたね。

 あいにくこの日は雲が多かったため、静岡近辺で見える富士山がまったくといっていいほど見ることができませんでしたが、のんびり揺られること3時間弱で目的地の名古屋へ到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »