« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011.06.30

【6/25】秩父鉄道プチ撮影顛末記

秩父5000系@大麻生'11.6.25
広瀬川原にて

 先週の土曜日は秩父鉄道のパレオに毎年恒例の「rainy season」のヘッドマークをつけて運転される日で、本来ならば1日かけて沿線を乗り歩きたいところでした。しかし、前日の炎天下でのお出かけと天気が悪いこともあり、午後から出撃となりました。

続きを読む "【6/25】秩父鉄道プチ撮影顛末記"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.29

最後の“東武顔”運用から外れる

 今週に入り、突然公式サイトに発表されましたが、最後の“東武顔”となった8000系8111Fが昨日と今日の2日間、ヘッドマークをつけて最後の定期運用に入りました。今月上旬、京葉線201系のTLを見ていた際に時折8111Fの話題がちらほら上がっていたので、もしかしたらと思っていましたが、やはり本当だったようです。

 本来なら東武沿線で育った身としては最後の姿を拝んでおきたいのは山々でしたが、201系のときと同じく今回もパスいたしました。やはり京葉線での混乱を見ていると今回も多くの見物人が訪れたと思われるので、とても落ち着いて眺めている状況ではないと予想できたためで、出来れば運用を公表することは避けて欲しかったというのが正直なところです。ただ、blogなどで報告された現場の状況を見た限りでは大きな混乱もなかったようで、それについては一安心しています。

 まあ、8111Fについては当blogでも撮影したり乗車したりの記事を書いておりますので、十分堪能したところですが、その中から3枚、気に入っている絵を紹介しておきます。2年前の9月、池袋駅で“チョコ電”と対面した画像、それと東武顔が2編成並んだ画像、そして野田線で最後まで残った8104Fです。ただ2番目のものについては、8000系ではなくて5050系なのはご愛嬌ということで・・・coldsweats01

東武8000系&E231系@池袋'09.9
”チョコ電”と8111Fのツーショットが実現しましたheart01

東武クハ5154@太田'03.6
高架化前の太田駅で並んだ東武顔。2003年6月。

東武クハ8104@岩槻'03.8
野田線で最後まで残った東武顔・8104F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/24】はやぶさ、両国散策、季節外れのアジサイ

 先週の金曜日は毎年恒例、スターバックスコーヒーの株主総会が行われましたので、参加してきましたが、その前に大宮駅に寄ってはやぶさ502号を撮影することに。毎度露出の扱いで苦労する車両ですが、この日も正直納得行くものではありませんでしたwobbly。この車両は晴れているときよりもむしろ、曇っているときの方がしっくり来るかもしれませんが、まあとにかくいろいろ撮影してみることですかね?

はやぶさ502号@大宮'11.6.24
入線時のはイマイチなので、停車中の絵を載せることに・・・coldsweats01

 この後、埼京線の地下ホームへと向かい、新宿方面行き列車に乗り込みます。今回も例によって浮間舟渡駅で都区内パスを買おうと思いましたが、これが大凶と出てしまいまして、一つ手前の戸田公園で乗っていた列車が止まってしまいました。何でも池袋で湘南新宿ラインが車両トラブルを起こしたとかで、復旧にはしばらく時間が掛かるとのこと。後一駅といったところでしたが、ここで留まっていてもしょうがないので、下りの大宮方面行きに乗って武蔵浦和へと戻りました。ここから南浦和へ出て京浜東北線というルートを取ろうとしたものの、武蔵野線ホームへ通じる階段付近で入場規制が掛かってしまい、やむなく府中本町行きに乗り北朝霞へ。東上線、有楽町線、大江戸線と乗り継いで両国に着いたときには10時を回っていましたbearing

 こうして会場となっている両国国技館へと到着。受付を済ませて恒例のドリンクサービスを受けましたが、飲み始めてすぐに終了の案内が流れていたので、ほんと間一髪でした。

 そんな状況だったこともあり、総会はちょっとだけ見ただけで国技館を後にして隅田川の川べりへ。毎年株主総会で来ている割には周辺をあまり散策していなかったので、今年はブラブラ歩いてみることにしました。さすが相撲の街というだけあって、街の至る所に相撲にまつわるオブジェを見かけましたが、今年は本場所が中止されるなど大きく揺れた半年となってしまいました。今週には名古屋場所の番付も発表され、通常開催となりますが、平穏な場所になることを祈るばかりです。

くじきだおし@両国'11.6.24

東京スカイツリー@両国'11.6.24

横綱像@両国'11.6.24
(3枚とも)両国界隈にて

 さてランチはここ両国で食べようと思っていましたので、駅の裏手にあるちゃんこの店「巴潟」でいただくことに。実は2月にちゃんこ鍋を食べた店で、このときアンケートを送ったところ、湯のみが当選したとのことで今回はその引き換えに来たという次第。さすがにこの時期にちゃんこ鍋というのはきついので、日替わりメニューを注文することにしました。メインのおかずは鶏肉。やわらかくておいしくいただきましたhappy01

ちゃんこ巴潟'11.6.24

日替わりランチ@巴潟'11.6.24
(2枚とも)ちゃんこ店の日替わりランチをいただいてきましたwink

 腹も満たされたところで両国を後にします。再び大江戸線に乗り込み、青山一丁目を経由して渋谷へ。午後からは井の頭線沿線のアジサイを見てくることにします。その前に神泉と駒場東大前の両駅で途中下車。駅近くの郵便局に寄って風景印を貰ってきました。

渋谷松涛局風景印

目黒駒場局風景印
(2つとも)井の頭線沿線の風景印

 その駒場東大前駅には初めて降り立ちましたが、すぐ目の前には東大のキャンパスが広がっていて、井の頭線の列車から多くの学生さんが降り立っていきました。

東大キャンパス'11.6.24
駅の目の前に広がる東大キャンパス

 これでいよいよアジサイを見に行くことになりますが、すでに盛りを過ぎていて、まだ花弁はあったものの赤茶けていてくたびれていました。去年の今頃はまだきれいに咲いていたので今回もまだ大丈夫かとは思っていたんですが、考えてみると去年は梅雨入りが遅かったんでしたね。

京王1000系@新代田'11.6.24

京王1000系@東松原'11.6.24
(2枚とも)アジサイも峠を越えたようですdespair

 井の頭公園駅でも降りてみたものの、こちらも見頃が過ぎた状態だったので、すぐに退散となりました。しかもこの日は夏日。うだるような午後の暑さの中を出歩くと熱中症になる危険もあり、井の頭公園駅の前では階段を踏み外しそうになるなど正直しんどい状況でした。本当なら夕方まで粘り、上野から485系T18編成が充てられていたホームライナー鴻巣3号に乗って帰ろうと思いましたが、とてもそこまでいられる状況ではなく、途中アキバで買い物をしてから早々に引き上げることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.28

宮原通信(6/26)~2日ぶり

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.26

 26日は2日ぶりのあけぼのをお迎えしました。東北地方の大雨の影響で運休も発生し、スムーズな運行が厳しい状況が続きますが、そろそろ梅雨も明けそうですし、好天の中撮影したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/20】JR東日本パスの旅その3~白えび丼と国鉄型乗り継ぎの旅

 JR東日本パスの旅もこの記事で完結となります。富山ライトレールで富山駅へ戻ったのが午後1時過ぎ。だいぶ腹も減ってきていたこともあり、そろそろランチを食べたいところでしたが、帰りの列車までは1時間ちょっとしかなく、食べるとしたら駅周辺の店ということになりました。ところがJR富山駅は現在、北陸新幹線の工事が真っ只中で、旧駅舎の隣に仮駅舎を建てていました。幸い、旧駅舎内にある飲食店はまだ営業していたため、ずっと昔に一度だけ入ったことのある「白えび亭」という店で済ませることにしました。

 文字通り、富山名物の1つである白えびが出てくるお店なんですが、白えび天丼は手軽に食べられる上にお値段が730円とお値打ちなのがありがたいところ。前回もこれを食べた記憶があり、今回もいただいてまいりました restaurant

白えび天丼@白えび亭
この日のランチは富山名物白えびを使った天丼でしたwink

 食事を済ませ、仮駅舎からホームへ向かおうとしたら、改札口付近に古レールが展示されていました。駅舎の改修工事の最中発見されたもので、今から100年ほど前に製造されたレールとのことですが、新幹線の駅が完成された暁には旧駅舎を偲ばせる資料として末永く保存されることを願うところです。

古レール@富山'11.6.20
駅改修工事で見つかった古レール

 さてここからは14時16分発の北越5号に乗り込みますが、まだ時間があるので構内をブラブラすることに。駅構内の変わりようには目が回るほどですが、新幹線開業の暁にはサンダーバードをはじめとする北陸本線の特急列車にも変化があるものと思われ、在来線の特急列車が発着するシーンも過去のものになるかもしれませんね。

北越急行681系@富山'11.6.20

457系@富山'11.6.20

683系@富山'11.6.20
(3枚とも)こうした風景もいずれは懐かしくなるのだろうか・・・?

 こうして14時16分発の北越5号で富山を後にします。もちろん使用されているのは国鉄型の485系。リニューアル車なのはご愛嬌ですがcoldsweats01、これから長岡までの約2時間、国鉄型車両の旅を堪能することになります。

 その北越5号、富山を発車したときには自由席車両に数名程度の乗客といったところでしたが、県境を越えて新潟県に入ってからは停車駅ごとに乗客が乗り込み、柏崎では8割方埋まる状況でした。北越号がどれくらい利用があるかはわかりませんが、想像以上に利用者がいたのには発見でしたね。

特急北越5号@長岡'11.6.20
2時間あまりの国鉄型の旅でした>北越5号

 こうして16時26分、長岡に到着。ここから16時39分発のとき336号に乗り換え、一路大宮へと向かいます。このとき336号は200系を使用していることが大宮駅で撮影していたこのときに確認しておりますが、ここで白地に緑の塗装のK47編成が来ないか期待しておりました。しかし残念ながらやってきたのは通常のカラーでしたwobbly

 途中、越後湯沢付近で雨がぱらついていたものの、新清水トンネルを抜けて関東平野まで来たときにはすっかり天気も回復していました。こうして17時54分、大宮に到着。富山からの国鉄型の旅はこれで終わりとなりました

とき336号@大宮'11.6.20
長岡から乗り込んだ200系使用のとき336号

 列車から降り、ふとお隣15番線ホームの電光掲示板に目を向けます。するとこの日も「回送」の表示が。またEast-iが来るのではと思いそのまま待っていたら案の定、白地に赤い帯のEast-iがやってまいりました。

E926系@大宮'11.6.20
East-iと再び対面

 日帰りの旅でしたが、グッズあり国鉄型ありとなかなか盛りだくさんな1日でしたhappy01

<おまけ>
 今回の旅のおみやげですが、富山ライトレールの富山駅北の有人窓口で手に入れたチョコクランチです。外側の箱は富山ライトレールの車両で、チョコレートは中に入っております。

ポートラムクランチ
富山のおみやげ~ポートラムクランチ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.27

宮原通信(6/25・昼編)~タキ1200形

 おとといの続きです。日中は例によって湘南色185系の追っかけと思い草津1号を待っていたら、いきなりこちらに入っていました。

特急草津1号@宮原'11.6.25
おとといは草津1号に入りました>湘南色185系

 これで185系の追っかけは終了。昼前はいつも通り配6794レ中心に貨物狙いをしておりましたが、なにやら普段よりギャラリーが多めでした。カマに何か入っているのかと期待して待っていたら、これがやってきました。

EF64-1011@宮原'11.6.25

タキ1200形@宮原'11.6.25
(2枚とも)この日の配6794レ

 真新しいタキ1200形が長く連結されて通過して行きました。安中貨物でお馴染みの東邦亜鉛所属の貨車で、どうやら試運転を兼ねての運行だったようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/20】JR東日本パスの旅その2~富山ライトレール乗り歩き

 JR東日本パスの旅の続きです。はくたか2号から降り立ち、北口改札を抜けてすぐのところ、富山ライトレールの乗り場の前にやってきました。10時の発売開始直後とあって、臨時に設けられた販売ブースの前には5、6人ほど並んでおりましたが、のんびりとしたものでものの数分で目的の“ブツ”を無事手に入れることができましたhappy01

岩瀬ゆうこ限定版フィギュア
無事にゲットいたしましたheart01

 手に入れたのは富山ライトレールの鉄道むすめ、岩瀬ゆうこさんの限定フィギュア。すでに通常版は入手済みでしたが、限定版は富山ライトレールのキャラクター、とれねこを持っています。

 これで今回の旅の目的は果たせたところですが、さすがにこれで帰ってしまってはもったいないところ。もちろんこの後は富山ライトレールに乗り込んで岩瀬浜まで行ってみます。乗車はセントラム完乗を果たしたおととしの暮れ、夕飯がてら名物の富山ブラックを食べに奥田中学校前まで乗って以来でしたが、このときは夜間でものの数分間しか乗らなかったこともあり、終点の岩瀬浜へ行くのは初乗りした’06年5月以来となります。

富山ライトレールTLR0600形@富山駅北'11.6.20
これに乗って岩瀬浜へ

 その前に越中中島で途中下車。駅のすぐ側にある富山中島郵便局に立ち寄ることに。もちろん目当ては貯金と風景印ですが、ここの絵柄には水門が描かれており、歩いて15分くらいのところに中島閘門というパナマ運河と同じ仕組みのものがあるとのことです。

富山中島局風景印
越中中島駅近く、富山中島局の風景印

 引き続き富山ライトレールに乗り込み終点の岩瀬浜へ到着。現在は停留所がポツンとあるのみですが、JR富山港線のときには古い駅舎が残っていて、終着駅らしい雰囲気が漂っていました。ライトレール開業後は周辺に観光施設も整備されるなど、のんびりと歩きたくなりますね。

富山ライトレールTLR0600形@岩瀬浜'11.6.20
終点・岩瀬浜駅近くでのんびり撮影

 ここから線路に沿って歩き続けることに。富山港線時代の駅舎が残る東岩瀬駅付近では線路沿いに咲く花を入れてライトレールの車両を撮影した後、のんびり歩いて富山北郵便局に立ち寄り、蓮町から乗り込んで富山駅へと戻ってきました。

東岩瀬駅舎
富山港線時代の駅舎が残る東岩瀬駅

富山ライトレールTLR0600形@東岩瀬'11.6.20
花に囲まれて・・・

富山北局風景印
富山北局の風景印

 時刻は1時を過ぎたあたり。2時過ぎの特急で帰途につくことになりますが、ここからは後日報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.26

宮原通信(6/25・早朝の部)~国鉄型共演

 昨日のあけぼのは秋田周辺での大雨で運休となりましたが、能登が来るとあって普段どおり出撃と相成りました。

 5時半前にやってくると、183系のあずさ色が下っていきました。これで2週連続このカラーを見ることになりましたが、会うときはほんと会うものですね。

183系@宮原'11.6.25
2週連続で見ることに>あずさ色

 この後、朝日を浴びながら能登の登場となりました。担当はK-1編成でした。

急行能登@宮原'11.6.25
朝日を浴びて一路上野へ

 あけぼのが来ない、少し寂しい朝となるところでしたが、思わぬ国鉄型の共演を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011タイトル制覇の旅その14~旅の終わりはスカイマーク

 4月のタイトル制覇の旅も、この記事で最後となります。温泉に入りたい気分になりながらもわずか15分ほどの滞在ではどうにもならず、指宿駅前15時15分発の鹿児島空港行きのバスに乗り込みます。

鹿児島交通バス@指宿駅前'11.4.23
一路、鹿児島空港へ

 乗っていたのは自分一人。何とも寂しい車内でありましたが、先ほどまで乗ってきた指宿のたまて箱号の来た道を鹿児島市内へ戻るように走ります。途中までは指宿枕崎線の線路と平行するように走っていましたが、途中で線路から離れ、高速道路に入ると鹿児島市内から離れ山の中をひた走ります。

 こうして1時間半ほど揺られた17時10分ほど前、鹿児島空港に到着。ここへ来るのは、'03年の1月以来8年ぶりとなります。

 ここからは17時40分発のスカイマーク306便に搭乗となります。羽田行きを持つ他の会社よりも割安で、今回のように直前まで予定が決まらないときには重宝する会社ですね。ただ、ドリンクなどの機内サービスがその分省略されている点はやはりお値段なりと言っても致し方のないところではありますが・・・。

SKYボーイング737-800@鹿児島空港'11.4.23
今回利用したスカイマーク機

SKY306便上空'11.4.23
夕暮れの上空

 こうしてすっかり日も暮れた羽田へと到着。今回の旅が終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.25

宮原通信(6/23)~日の長い頃

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.23

 朝のうち雨が残っていたものの、日中以降はすっきりと晴れ上がり、その分気温も上昇しましたcoldsweats02。1年で一番昼間の長い季節、夕方6時を過ぎても昼間のような明るさで、これだと7時近くになってもまだ明るさがありますが、そんな折、485系T18編成が上京しており、夕方のホームライナー鴻巣3号の運用に入っていたことから、地元でチャレンジしてみました。

 6時半までは空も明るく、撮影には何ともありませんでしたが、さすがに7時近くになってくると回りも暗くなっていきましたね。ホームライナーが来る前にやってくる特急草津や上りのブルーサンダー辺りはかろうじて撮れるといったところで、流して何とか撮れたという状況でありました。

特急草津6号@宮原'11.6.23

EH200-17@宮原'11.6.23
7時前の成果。まだまだ何とかなりそう・・・。

 こうして7時過ぎ、いよいよホームライナー鴻巣3号となります。大宮寄り、はるかかなたに2つ目のライトに光を灯しながら鴻巣へと向けて走り去りました。

ホームライナー鴻巣3号@宮原'11.6.23
485系T18編成使用のホームライナー鴻巣3号を撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/20】JR東日本パスの旅その1~大宮富山間最速の旅

 東日本大震災からの復興へ向けてJR東日本から発売となったJR東日本パスですが、新幹線を含む特急列車が1日乗り放題で1万円とあってはぜひとも利用したいところ。そこであれこれプランを立ててみましたが、なかなか思うように決まらず、一時は取りやめも考えていました。そんな折、富山ライトレールでとあるグッズが20日から発売されると聞き、これで行き先が決まりました。

 大宮駅7時26分発のMaxとき303号の指定券を事前に押さえて置きました。JR東日本パスでは2回まで座席の指定を受けることが出来、行程によってどの列車を指定するのかが鍵となりそうですが、出来れば長く乗っている列車の座席を押さえておきたいところですかね。今回の旅では行きと帰りの上越新幹線で指定を受けました。

 そのMaxときに乗り込む前に先発する新幹線の列車を撮影することに。はやぶさのような注目株の列車は来ませんでしたが、引退が報じられたE4系と古参200系を撮影することができました。

E4系@大宮'11.6.20

200系@大宮'11.6.20
(2枚とも)出発前の腕試し

 200系のなすの451号を見送り、そろそろMaxとき303号の列へと並びます。列はそれなりに伸びており、これがJR東日本パスの利用者なのかどうかは見ただけではわかりませんでしたが、到着したE4系の車内に入ると、自分が乗った車両はほぼ座席が埋まっていたようでした。

 そのMaxとき303号、次の停車駅は越後湯沢なので、長野新幹線の乗換駅である高崎も通過する列車ですが、越後湯沢に到着するのが8時11分なので、大宮からの所要時間は40分ちょっとと1時間を切ることになります。大宮から1時間足らずで上越の国境を越えて新潟県へと入ることが出来るとは改めて驚きですね。

Maxとき303号指定券
Maxとき303号の指定券

 そんなMaxとき303号は高崎もあっという間に通過。新清水トンネルを越えて新潟県へと入り、8時11分に越後湯沢に到着しました。ここから富山へはもちろんはくたか号。8時20分発の2号に乗り込みますが、ここからは自由席利用となるので混み具合が心配でした。幸い少し早めにホームへと向かったこともあり余裕で席に有り付くことが出来ましたが、月曜日ということもあったかもしれませんね。

はくたか2号@越後湯沢'11.6.20
富山までははくたか号で

 はくたか2号は8時20分、越後湯沢を発車。六日町からほくほく線に入り、猛スピードで走り抜けると9時5分、直江津に到着しました。この後は富山までノンストップで、はくたか号の中では最速の列車となります。

 列車は糸魚川をあっという間に通過。ここを通過する列車に乗るのはもちろん初めてでしたが、それ以上に駅周辺の様子が大きく変わっていたことに驚きましたね。赤レンガの車庫でキハ52系の撮影会が行われたのが昨年の2月。それから1年ちょっとで赤レンガ車庫のあった付近は新幹線の橋脚が作られており、北陸新幹線開業へ向けて着々と進められているのが伺えました。

車窓@親不知'11.6.20
新潟と富山の県境、親不知を通過中

 入善付近で立山の姿を車窓から眺め、10時15分に富山へ到着となりました。大宮からここまで3時間弱。とにかく身近になりましたhappy01

 この後、記念グッズの販売会場へと進みますが、少し長くなってきたので、ここら辺りで切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011タイトル制覇の旅その13~指宿のたまて箱に乗る

 4月の旅を続けます。すでに今回の旅の目的はすでに終了となり、後は帰るだけとなりましたが、帰りの鹿児島空港からの飛行機まで少し時間がありました。そこであれこれ調べていたら、「指宿のたまて箱」という3月の新幹線開業と同時にデビューした指宿枕崎線の特急列車がありました。で、14時1分発の5号に乗って指宿まで行き、すぐやってくる空港行きのバスに乗っても間に合うことが判明し、出発前に指定券を押さえておきました。

 前回書いた鹿児島中央駅での観察の後、引き続きホームで待っていると、黒と白に塗り分けられたキハ47系がゆっくりと入ってきました。

特急指宿のたまて箱4号@鹿児島中央'11.4.23
ゆっくりと入線

特急指宿のたまて箱5号@鹿児島中央'11.4.23
出発を待つ指宿のたまて箱5号

指宿のたまて箱号ロゴ
マークはやはり玉手箱happy01

 車体の前面、しかも左右での塗り分けというのが何ともインパクトが強烈ですが、先ほど見たはやとの風に続く観光特急とあって、外観からでも遊び心が感じられますね。この列車もこれまで九州の観光列車のデザインを手がけてきた水戸岡悦治氏によるもので、車内へ乗り込んでみると、富士急の富士登山電車でも見かけた外向きの座席や書棚のあるフリースペースが設けられていました。

座席@指宿のたまて箱
車窓を楽しむべく窓向きに設置された座席

書棚@指宿のたまて箱
富士登山電車でおなじみ、書棚付きのフリースペース

フリースペース@指宿のたまて箱
遊び心満載のフリースペース

 ほぼ満員の状態で、定刻の14時1分に鹿児島中央を発車しました。直後、車窓左手には鹿児島車両センターが見えてきましたが、敷地内には3月に引退した485系が留置されていました。実は2月の京都の旅では九州を組めないかと計画したものの、どうしてもうまく行かず断念となってしまい、485系のお名残乗車は叶いませんでした。もう一度乗りたかったところですが、最後にこうした形で見ることが出来ただけでも幸いですね。

485系@鹿児島車両センター'11.4.23
営業運転を終え、鹿児島車両センターで休む赤い485系と対面

 列車は鹿児島の市街地を抜け、一路指宿へと進みます。この指宿枕崎線は'89年10月に鹿児島・宮崎ミニ周遊券で旅した際に完乗し、その後'92年9月には九州ワイド周遊券で鹿児島寄りの駅を乗り降りしていますが、そのワイド周遊券で乗り降りした際に降り立った慈眼寺駅の近くでは、近所の子供たちや工事現場の作業員が列車に向かって手を振っているのが見えました。そんな光景を見ているうちに鹿児島の市街地を抜けると、遠く桜島の姿が見えてきました。

桜島@指宿のたまて箱車内'11.4.23
車窓には錦江湾に浮かぶ桜島が

 一方、車内では女性スタッフのアテンダントさんが常務し、沿線の観光案内や車内販売で動いていました。このあたり、先ほどの車内同様、富士登山電車と似ていますね。

玉手箱
本物の”玉手箱”発見coldsweats01

 そのうち列車は14時33分、喜入に到着しました。ここは昔、「喜び入る」という駅名から縁起きっぷとして話題になり、硬券入場券を買うために降りたことがありましたが、最近でも九州内の縁起のいい駅名を集めた記念きっぷとして売ったこともあったようですね。もっとも、こうした縁起きっぷは流行ではないためか、全国的にあまり聞かれなくなってしまいましたが、今もボツボツと買い求めるお客さんはいるんでしょうか?

 車窓に錦江湾の海を見ながら次第に南国らしい雰囲気へと変わっていきました。この辺りで降りて散策してみたい気分になりましたが、さすがにそこまで時間はなく、こちらは次回機会のあるときまでの課題ですかね?そんな中、薩摩今和泉駅という駅を通過する際流れたアテンダントさんの説明によれば、この付近は数年前に放映された「篤姫」の主人公の生まれ故郷とのこと。放映当時はさぞかし賑わったと思いますが、今は車窓から見る限り、のんびりとしたローカル線の駅と見受けられました。

 こうして指宿のたまて箱5号は14時58分、終点の指宿に到着。すると、ドアが開きホームに降り立つと、天井部分から水蒸気のミストが立ちこめ、さながら浦島太郎の物語でおみやげに貰った玉手箱を開けたときのあの光景が広がりました。これにはちょっとびっくりでしたねcoldsweats01

ミスト@指宿のたまて箱
玉手箱から煙???coldsweats02

 そんな南国漂う指宿駅の前には、温泉街へと向かう乗客がそれぞれ散らばっていきました。その姿を横目に駅近くの踏切付近へと移動。15時6分発の6号を見送りました。

特急指宿のたまて箱6号@指宿'11.4.23
6号をお見送り

 この後、15分発の鹿児島空港行きのバスの客となるべく、駅前のバス停で寂しく(?)待つこととなりましたが、この続きは後ほどといたします。

指宿のたまて箱5号指定券
指宿のたまて箱5号の指定券

北九州西大山乗車券
西大山までの乗車券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.24

【6/19】SLC61復活号・撮影編

 C61復活号の続きです。水上駅の改札を出た後、さっそく転車台のある広場へと進むと、すでに多くのギャラリーで埋め尽くされていましたが、そんな中、客車から切り離されたC61がゆっくりとこちらに近づいてきました。

C6120@水上'11.6.19-2
多くのギャラリーに見守られながら・・・

C6120@水上'11.6.19-3
次の仕事までの間、しばしの休息

 この後はC61の様子を見たり、13時42分発の長岡行きを見送ったりして過ごしました。時間があれば温泉で一風呂と行きたいところですが、この後の15時20分発の折り返しの高崎行きをどこかで撮影したかったので、13時57分発の高崎行きに乗り込むことにしました。

115系@水上'11.6.19
新潟支社カラーの115系と対面

クモハ115-1026@水上'11.6.19
高崎方面へは湘南色の115系が活躍

 問題はどこで撮影するかでしたが、上越線沿線は撮影に関してはあまり馴染みのないところで、いわゆる“お立ち台”と呼ばれる撮影地はどこもイモを洗う状況でしょうから、適当なところで降りて撮影することにしました。で、やってきたのは後閑駅。帰りのきっぷの関係で、後閑で下車した方が安くなるという理由で降り立ったわけですが、駅を降りてすぐの水上寄りの線路脇で待つことになりました。実は行きのSLの車内で見たときに当たりを付けてはいたんですが、背景に民家があったりと風景としてはぱっとしなかったものの、一応SLの走る姿は撮影できそうでした。

 しかし、SLの到着までは1時間ほど。とりあえずは普通列車を撮影するなどして過ごすことになりましたが、後閑を14時55分に発車する高崎行きの前にあずさ色の183系がやってきました。

183系@後閑'11.6.19
この日も遭遇したあずさ色183系・マリ32編成

 後でよくよく見ると、前日の早朝に地元で撮影したマリ32編成であることがわかりました。まさか2日連続で遭遇するとは思いも寄りませんでしたね。

 徐々にSLのやってくる時間が近くなってきますが、ここで気になるのは下り列車。直前に15時31分発の水上行きがあり、万一遅れがあると被ってしまう危険がありましたが、幸いこの日は定時運行。SLの来る前に水上へ向けて走っていきました。

115系@後閑'11.6.19
15時31分発水上行き。この後高崎までこれに乗ることに。

 こうして上りのC61復活号がやってまいりました。やはり背景に民家があることもあり、せっかく上越線沿線まで来てもったいない向きもあるかもしれませんが、まあこの界隈での撮影は若葉マーク。今回はこれでよしといたしたいと思います。

快速SLC61復活号@後閑'11.6.19
後閑駅に到着するSLC61復活号

 これで1日の活動はすべておしまい。この後、渋川の先でも撮影は可能でしたが、自分的には大満足。おまけに撮影していると帰宅時間が遅くなってしまうことから、渋川で待機しているところを車内で見てから帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.23

【6/19】SLC61復活号・乗車編

 先日の日曜日は地元でこちらを撮影後、高崎線の下り列車に乗って高崎へとやってきました。すでにSLC61復活号の指定券を押さえてあり、後は発車を待つだけとなりましたが、これから水上まで、SLの旅を堪能いたします。

 そのSLC61復活号ですが、今月に入ってすぐの1日に指定席券売機で調べてみたら、どの日もなかなか盛況の様子で、この日の下りも何とか取れたといった状況でした。

SLC61復活号指定券
SLC61復活号の指定券

 しかし発車まで1時間近く。まだまだ余裕があったので、乗り場となる2番ホームの新潟寄りで入線を待っていると、この日の主役であるC61が単機でこちらに近づいてきました。

C6120@高崎'11.6.19
単機で現れたC61

 大きな音とともにギャラリーも集まり始め、ホームもいよいよ賑やかになってきましたが、撮影を済ませてひとまずこの場を離れることに。直前に群馬DCのラッピングを施した115系が入ってきたのを確認していたのでご挨拶。こちらはまだ未乗ですが、来月からいよいよキャンペーンがスタートし、こちらへ行く機会が多くなると思いますので、一度は乗っておきたいですね。

115系@高崎'11.6.19
群馬DCラッピング車にご挨拶

 適当に駅構内をブラブラした後、再び2番線ホームへとやってきました。すると、すでにC61復活号で使用される旧型客車が入線しており、上野寄りには入線用の茶色いDE10が一仕事を終えて入庫に備えていました。

DE10-1705@高崎'11.6.19
旧客を牽いて来た”茶ガマ”DE10

 もう一度C61を撮影してから列車に乗り込みます。旧型客車は国鉄時代に最晩年の山陰本線の普通列車で乗った他は、今回のようなイベント列車で乗るばかりですが、12系客車などの客車とは違った雰囲気がまたイイところですね。このあたりは後10年早く生まれていたらという思いになるところですね。

オハニ36-11@高崎'11.6.19
出発を待つ旧型客車

スハフ42形車内
スハフ42の車内

 こうして9時56分、ゆっくりと高崎を後にしたSLC61復活号は次の新前橋で5分停車。続く渋川までの区間では、C61についての簡単な説明がアナウンスされました。東北地方ゆかりのSLであることや、はつかり号および鹿児島本線ではやぶさ号を牽引していたことなどがその内容でしたが、先月行われた公開イベントのときにはその両者のヘッドマークが取り付けられていましたね。

 こうして10時34分、渋川に到着。ここでおよそ30分近くの停車となり、その間多くの乗客が記念撮影に興じておりましたが、これは昨年8月に乗車したD51のときと同様でしたね。

C6120@渋川'11.6.19
上りに備えてしばしの休憩

C6120ナンバープレート
「C6120」のナンバープレート

 十分整備を済ませたC61は11時2分に渋川を発車。利根川の鉄橋を渡り、いよいよ水上へ向けて上越線をひた走ります。そろそろ腹も減ってきた頃だったので、高崎駅で買った「SLロクイチ物語弁当」を開きます。文字通り、「C6120」のナンバーが黒い器に印字されており、古代米の上に動輪を模したレンコンやナンバーが刻印された厚焼き玉子など、なかなか凝った作りでした。デゴイチも同じような弁当がありますが、あちらはまだ食べたことがありません。

SLロクイチ物語弁当器

SLロクイチ物語弁当中身
高崎駅で手に入れた、SLロクイチ物語弁当

 腹も満たされ、列車は11時半に沼田に到着。坂道を登ってきたSLはここでも5分ほど停車し、ここでも記念撮影で多くのギャラリーが集まっていましたが、続く後閑に停車後、諏訪峡の脇を走り抜けると12時4分、終点の水上に到着しました。

C6120@水上'11.6.19
終点・水上に到着

おいでちゃん@水上駅
水上温泉のゆるキャラ・おいでちゃんがお出迎え

 改札の前では、水上温泉のゆるきゃらである「おいでちゃん」の歓迎を受け、さっそく機関車の向きを変える様子を見ようと転車台の方へと向かいますが、長くなってきましたので、ここで一旦切ることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.22

宮原通信(6/19)~C61の復活運転

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.19

 先日の日曜日はこれを撮影後、高崎へ向けて出発しました。お目当ては復活したC61の復活運転。乗り、撮り共堪能してまいりました。

 肝心の画像の方は先ほどすべて整理できましたので、明日くらいには報告できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011タイトル制覇の旅その12~鹿児島中央駅界隈にて

 梅雨のシーズンに入り、九州も大雨の影響で被害が出ているようです。新幹線を始め、九州の鉄道にも運休が発生したそうで、これからの季節は九州を旅するにはちょっとツライところかもしれません。

 さて私が旅した4月のときは、北九州周辺では朝のうち雨が降ったり止んだりとはっきりしない天気でしたが、新幹線で鹿児島中央駅に降り立ったときには、気持ちのいいくらいすっきりと晴れていました。その新幹線ホームを後にして在来線ホームへとやってくると、初めて目にするダークな色合いの車両が目に止まりました。

特急はやとの風@鹿児島中央'11.4.23
黒塗りの特急はやとの風

 13時22分発の特急はやとの風であります。ここから日豊線で隼人を経由し、肥薩線に乗り入れて吉松まで結ぶ列車ですが、肥薩線も学生時代に乗ったのが最後なので、これに乗って歴史のある駅舎を持つ嘉例川駅へ行ってみたいですね。

 一旦改札を出て駅前へ。市電の乗り場の側へ行ってきました。今回市電は予定に入っていなかったので、撮影だけでもと思いやってきた次第ですが、撮影中に地元の観光ボランティアの方がチラシを配っていたので1枚いただくと、3月にデビューした観光電車に関する内容のものでした。時間があれば乗りたかったんですが、こちらは次回じっくりと乗り歩きたいですね。

鹿児島市交通局7000形@鹿児島中央駅前'11.4.23

鹿児島市交通局1000形&9500形@鹿児島中央駅前'11.4.23
今回乗れなかった市電をちょっとだけ撮影

 申し訳ない気持ちで再び鹿児島中央駅へ。駅構内のみやげ物屋でみやげを手に入れた後、再び改札を抜けてホームに降り立ち、あれこれ観察することに。学生だった20年ほど前のまだまだ国鉄型の車両が当たり前にいた頃のイメージが今だ強く、817系や指宿枕崎線のキハ200系を見ると、洗練された華やかなイメージを受けましたが、ここ鹿児島もずいぶんと変わってしまいましたね。

817系@鹿児島中央'11.4.23
北九州で見かけた817系がここ鹿児島にも

キハ200系@鹿児島中央'11.4.23
指宿枕崎線を走るキハ200系

713系@鹿児島中央'11.4.23
数少ない国鉄型、713系も見かけました

 そんな中、1本だけEF81に牽かれた貨物列車が通過して行きました。ここで貨物を見かけるとは思っても見ませんでしたが、自分としてはED76のイメージの方が強く、こちらの引っ張る貨物をぜひ見たかったですね。

EF81-402@鹿児島中央'11.4.23
1枚だけ貨物列車も撮影しました

 こうしていよいよこの後は、この旅最後のミッションへと進みますが、それは次回ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.21

宮原通信(6/18・日中編)~湘南色・配給・安中

 先週土曜日の地元ネタです。日中は例によって湘南色の185系を探していたら、上りあかぎ2号の高崎寄りについていたのを確認。1時間後に折り返してやってくる草津3号を待ちました。土曜日は2週続けての3号でしたね。

特急草津3号@宮原'11.6.18

 それから1時間後、いつもの配6794レを待つため出陣。すると、牽引機EF64の次に”ブルーサンダー”EH200がつながれていました。

EF64-1025@宮原'11.6.18
ブルーサンダーを連れて・・・

 時間は一気に飛んで午後3時過ぎ。安中貨物を狙いますが、あいにくの雨の中となってしまいました。その前に3時20分前後にやってくる上りの貨物、原色のEF65でした。原色のEF65を見るとやはり往年のブルトレを思い出しますね。

EF65-1122@宮原'11.6.18
EF65はこの色の方がしっくり来ますねhappy01

 そして最後は安中貨物ですが、やってきたのは銀釜でした。なかなか銀釜が引っ張る北斗星というのも見かけないですが、先週の北斗星といい、広範囲に使用されているようですね。

EF510-509@宮原'11.6.18
銀釜再会!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/17】王子のアジサイ再び

 先週の金曜日、仕事を少し早上がりして王子へとやってきました。日中は雨が降っていたんですが、王子に到着すると雨も上がり、時より晴れ間も出てくるようになりました。

 数日前、都電のイベントへ向かう前に散策した飛鳥山近辺ですが、この日もまだつぼみの状態のものが見受けられました。この分だと、今週くらいまではまだ見ることができそうですね。

アジサイ@王子'11.6.17
王子界隈のアジサイも、今週くらいまでは楽しめそうですhappy01

 今回は久しぶりに王子駅の南側のスカイツリーが見える歩道橋へ行って見ました。てっぺん付近は雲に覆われ全体を見渡すことは出来ませんでしたが、こちらもつい最近入館料が発表され、オープンが待ち遠しいですね。ただその入館料の高さはちょっとツライところではありますが・・・wobbly

E2系@王子'11.6.17
スカイツリーのてっぺんには雲が・・・cloud

 そんな帰りしな、王子駅へ戻る途中に上野から湘南色の185系を使用したホームライナー鴻巣1号が通過して行きました。それを見送ってから京浜東北線に乗り込み上野へ。18時40分発のホームライナー鴻巣3号に乗って帰ってきました。

ホームライナー鴻巣1号@王子'11.6.17
アジサイの咲く王子界隈を行く湘南色185系

ホームライナー鴻巣3号@王子'11.6.17
帰りは485系で

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.20

【6/14】出勤前の撮影~はやぶさ&北斗星など

 先週火曜日は午前中に健康診断があり、少し遅めの出勤となったことから大宮駅ではやぶさと北斗星を撮影してきました。まずははやぶさを狙うべく新幹線ホームへとやってくると、やまがた花回廊のステッカーが入ったE3系が入ってきました。こちらも東北つながりと言うことで、応援メッセージが添えられております。

E3系@大宮'11.6.14

やまがた花回廊ステッカー
(2枚とも)「やまがた花回廊」のステッカーをつけたE3系

 そしていよいよはやぶさの到着ですが、この車両を撮影するといつも自分のイメージとは違ってしまい、なかなか納得のいく絵というのが出来ないですね。まあ、自分の腕の問題になるんですけど、まだまだ修行が足らないことを改めて認識した次第です。

E5系@大宮'11.6.14
飛び気味につき、画像を加工いたしましたcoldsweats01

 この後、カシオペアと北斗星を狙うべく3・4番線に移動することに。まだ時間があったので何か来ないか期待しながら待っていると、高崎線からEF65の1127号に牽かれた貨物列車がやってきました。撮影するのはGW前の九州への旅の出掛け以来となります。

EF65-1127@大宮'11.6.14
久しぶりの1127号

 引き続きカシオペアが来るまで待っていたら、厚い雲から雨が落ちてきました。予報では朝のうちは何とか持ちこたえられそうな感じではあったんですが、それでも何とかカシオペア到着時には雨が小降りになってくれたので助かりました。

寝台特急カシオペア@大宮'11.6.14
今回も青釜でした~カシオペア

 今回も“青釜”でしたねcoldsweats01。なかなか専用機には当たりませんが、それから10分後にやってきた北斗星の方には“銀釜”が引っ張っておりました。本来とは逆の格好ですが、まあこれはこれで記録しておきます。

寝台特急北斗星@大宮'11.6.14
銀釜は北斗星にcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.19

宮原通信(6/18・早朝編)~485系T18再び

 昨日の朝はあいにくの空模様。しかしそんな中、少し早めに出て待つこと5時半過ぎ、まだ上野行きの1番列車がやってくる前に上り線の信号が青に変わったので、何が来るのかと期待していたら、あずさカラーの183系でした。

183系@宮原'11.6.18
この日の1番手は183系マリ32編成

 続いて上下1番列車を見送り能登号を待っていると、やってきたのはT18編成。先々週に続いての上京となりました。能登に使用される485系の中では人気のあるT18編成ですが、今週も平日はホームライナーで活躍することでしょうね。

急行能登@宮原'11.6.18
再びT18編成の上京となりました

 さて、この後はあけぼのですが、その前にやってくる桃太郎牽引の下りの貨物にはトップナンバーが入っていました。あまり話題の少ない桃太郎ですが、トップナンバーとなるとやはり注目しますね。

EF210-1@宮原'11.6.18
久しぶり、桃太郎のトップナンバーと対面

 こうして最後、あけぼのを見送り、撤収となりました。

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.18
最近は定時運行で安定しています>あけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/12】2011路面電車の日記念イベント訪問記その3~庚申塚界隈を散策

 先週日曜日の続きです。荒川車庫を後にし、王子方面へ向けて先ほど来た道を戻ります。イベント会場の喧騒とは対照的に、沿線は普段の都電の姿を見せておりましたが、さてこの後はまだ未訪の地だった巣鴨のとげ抜き地蔵へ行ってみようと思います。栄町から早稲田方面行きの電車を捕まえますが、どうせだったらネタの電車で行きたいところ。先ほど来から行き来しているレトロ車両が来るまで待つこと15分ほどで「がんばろう日本」のヘッドマークをつけた9002号がやってきました。

都電9002@栄町'11.6.12
9002号に乗って庚申塚へ

 のんびり揺られ、とげ抜き地蔵の最寄りである庚申塚にやってきました。実はここで降りるのは初めてだったりしますが、三ノ輪橋と同じくレトロな味わいの電停が出迎えてくれました。

庚申塚電停'11.6.12
レトロな演出の庚申塚電停に降り立ちました

 さっそくとげ抜き地蔵のある商店街へと繰り出します。やはり日曜とあって通りは大勢のお客さんで賑わっており、子供たちによる太鼓の演奏などのイベントも行われていましたが、やはりここは「おばあちゃんの原宿」と言われるためか、総じて飲食店のお値段が街中よりもやや強気だったのは正直厳しいところ。そんな中、長崎県五島列島のうどんが名物と言うお店でランチを食べてから、再び都電の沿線へと戻ってきました。

巣鴨地蔵通商店街'11.6.12
とげ抜き地蔵は初訪問

すがもん
「すがもん」というキャラクターがお出迎え

 庚申塚電停に戻る直前、すぐ脇の踏切を先ほどイベント会場で展示されていた、都営交通100周年のヘッドマークをつけた8808号が早稲田方面へと走っていくところを見かけました。そこで、電停付近を中心に隣の巣鴨新田まで歩きながら撮影することに。この区間は今年の3月、池袋のサンシャインビルをバックに行き交う7500形を撮影した付近ですが、8808号や同じくイベント会場で展示されていた8805号など、いろいろな車両を撮影することができました。

都電7000形@庚申塚'11.6.12
サンシャインビルをバックに

都電8800形@庚申塚'11.6.12-1

都電8800形@庚申塚'11.6.12-2
(2枚とも)都営交通100周年のヘッドマークをつけて営業運転開始

 こうして時刻は2時過ぎ。そろそろ帰り支度をしないといけない時間となったので、先ほど早稲田方面へと向かっていった8805号を待って巣鴨新田から乗り込み、荒川車庫前まで戻ってきました。すでにイベントは終わっていましたが、電停の周辺では多くの人がまだ残っていて、行き交う電車の撮影していました。

都電8800形@荒川車庫前'11.6.12-1
8805号に乗って再び荒川車庫前へ

都電8800形@荒川車庫前'11.6.12-2
イベント終了後も多くの人で賑わっていました>荒川車庫前

 結局3時前には退散となりましたが、やはり今回も時間が足りないというのが本音でしたね。時間があれば雑司ケ谷や三ノ輪橋方面へも足を運びたいところでしたが、それはまた次回、機会を見つけて再訪したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
水上まで行って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.18

宮原通信(6/15)~夕日

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.15

 3日前になりますが、仕事から帰宅して空を見上げたら、真っ赤に空が染まっていました。雨の多い梅雨の時期、夕日を見ることもなかなか難しいですが、これほどまでに赤く染まった夕日を見るのも久しぶりな気がします。

 そんなわけで、手持ちのコンデジでがんばってみましたcoldsweats01

ホームライナー鴻巣3号@宮原'11.6.15-1

ホームライナー鴻巣3号@宮原'11.6.15-2
(2枚とも)真っ赤に染まった夕焼けの中を走り抜ける・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/12】2011路面電車の日記念イベント訪問記その2~荒川車庫へ

 先週日曜日の続きです。王子からのんびり歩いているうちに荒川車庫前の電停に着いてしまいましたcoldsweats01。すでにイベントは始まっており、会場には多くの人でごった返しておりましたが、ちょうどヘッドマークを付けた8800形の前で2体のキャラクターの紹介が行われていました。

都電8800形@荒川車庫前'11.6.12-1
ヘッドマークを付けた8800形の前で紹介される都電荒川線の新しいキャラクター「とあらん」(右側のキャラ)

 ↑の画像の右側にいるのが都電荒川線のキャラクターで、「とあらん」と名づけられましたが、同じ都営でも都バスのキャラクターである「みんくる」同様、頭でっかちなキャラクターですねぇcoldsweats01

 なお、後方にいるヘッドマーク付き8800形は、イベント終了後に営業運転に就き、その様子はこの後撮影しておりますので、後ほど紹介したいと思います。

 ここで一旦会場を離れ、荒川遊園地前電停まで撮影しながらブラブラすることに。先ほど来から見かけたレトロ車両9000形をここでも撮影することができました。うち9001号には先ほど会場で紹介されたとあらんのイラストが、そして9002号には「がんばろう日本」の応援メッセージが入ったヘッドマークをそれぞれ付けていました。

都電9000形@荒川車庫前'11.6.12-1
とあらんのイラスト入りヘッドマークを付けた9001号

都電9000形@荒川車庫前'11.6.12-2
9002号には応援メッセージ入りヘッドマークが付けられました

 一方、昨年のイベントの際にも沿線に植えられているバラを絡めて撮影しようと思ったんですが、多少は咲いていたもののすでに盛りを過ぎた株が多く、身頃がやや過ぎた感は否めませんでした。もうちょっと前だったら三ノ輪橋付近まで行ってみたかったところですけど、この状況だと厳しいかも知れず、今回は泣く泣く諦めました。

都電8500形@荒川車庫前'11.6.12

都電7000形@荒川遊園地前'11.6.12
花とのコラボ。バラはもう終わりといったところか???

 こうして再びイベント会場へとやってきました。今度は花電車の「花100号」が展示され、周りには多くのギャラリーが集まっていましたが、震災の影響でこちらの運行は未定となってしまい、動く姿を見ることができないのは残念なところです。

都電7500形@荒川車庫前'11.6.12-1
”花電車”花100号と初対面

 その花電車の奥、建屋の内部には今年3月に引退した阪堺カラーの7511号がいましたが、方向幕を見ると「あびこ道」という阪堺電車の停留所名が入っており、なかなか粋な演出でしたねhappy01。さすがに現役の時にはイベントのときですら難しかったでしょうから、ある意味ようやく実現したといってもいいかもしれません。

都電7500形&8800形@荒川車庫前'11.6.12
車庫の奥で待機中の7511号

 それにしても今回の来場者の多さには正直辟易でした。会場に居合わせた知人によれば、年を追うごとに来場者が増えているとのことで、車両撮影会の時は前の撮影者が済むのを待ってから撮影となっていました。数年前のイベントのときの車両撮影会はもうちょっと余裕を持って撮影もできていたように思いましたが、それだけ人気なのか・・・。

 会場の入口付近で交通整理に当たる警備員の声が大きく鳴り響く中、正午過ぎからは7511号の撮影会が行われましたが、この後どうしても行きたいところがあったため、ここで退散となりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【6/12】2011路面電車の日記念イベント訪問記その1~王子界隈散策

 先週の日曜日は都電の荒川車庫で毎年恒例のイベントが行われましたので、例年通り訪問してまいりました。

 8時過ぎに宮原を出発し、赤羽で京浜東北線に乗り換えて王子へとやってきました。イベントの開始時間は10時とそのまま都電に乗って荒川車庫前まで行ったのでは早すぎるので、ちょうど見頃を迎えている飛鳥山のアジサイを見て回ることに。この時間はまだスロープカーが動いておらず、階段で展望台へと上がってみると、乗り場近くの斜面にアジサイの花が咲いているところを見つけたので、バックに新幹線や都電の車両を入れていろいろと撮影してきました。

都電9000形@王子'11.6.12

はやぶさ501号@王子'11.6.12
(2枚とも)アジサイを入れて撮影~飛鳥山山頂にて

 ちょうどはやぶさ501号が通過する時間でしたが、まったりモードの中での撮影となりましたhappy01

 この後階段を下り、通称“あじさいロード”と呼ばれる線路脇の細い道を散策することに。色とりどりのアジサイの花を見ることが出来ましたが、つぼみの状態のものもあったので、まだしばらくは楽しめそうな雰囲気でした。

アジサイ@王子'11.6.12-1

アジサイ@王子'11.6.12-2
(2枚とも)アジサイロードで見るアジサイの花

 そろそろ都電の撮影をしようと、跨線橋を渡って都電の線路脇へとやってきました。ここから歩きながら行き交う都電の車両を撮影することに。当初は栄町あたりから乗り込んで荒川車庫前まで行こうかとも考えていたんですが、三ノ輪橋方面へと向かう電車がイベントへ向かう乗客で軒並み混雑していたこともあり、面倒だったのでそのまま歩いていくことにしました。

都電7000形@栄町'11.6.12

都電8800形@栄町'11.6.12
(2枚とも)まったり歩きながら・・・

 まあおかげで荒川車庫前に到着する頃には足もガタガタになっていましたがcoldsweats01、ヘッドマークを付けたレトロ車両9000形と出会ったり、休憩がてら立ち寄った梶原にある都電もなかの店でもなかを味わったりと、都電沿線のミニトリップを楽しませてもらいましたwink

都電8800形@梶原'11.6.12
のんびり歩いて梶原へ

都電もなか
疲れた体にとっては一層うまく感じましたhappy01

都電9000形@梶原'11.6.12
レトロ車両・9002号と対面

 そんなわけで荒川車庫前に到着。いよいよイベント会場へと進みます。

<<追記>>

 栄町から梶原へ向かう途中、線路脇にあった石碑が目に止まりました。

安全の誓い石碑@栄町

 ここで何かトラブルがあったことはすぐに直感しましたが、後で調べたところ、今から5年前の6月にここで追突事故が発生、そのときの教訓を忘れることがないようこの石碑を建てたとのことです。1月に来たときには全く気がつきませんでしたが、注意して見るといろいろと発見がありそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.17

京葉線の201系が引退へ

 何やら京葉線の201系に関していろいろと大賑わいにようですが、運転が終了となる20日まで京葉線沿線に出向く予定がないので、そのまま乗らず仕舞いになりそうです。

 思えば去年の中央線といい、これほどまで人気があったのかと思いたくもなったりしますが、個人的には地元に201系が走っていなかったこともあって、大して思い入れはありません。あるとすれば、大宮に臨時で乗り入れた四季彩くらいでしょうか?

 さて、今回引退するスカイブルーの201系、JR西日本エリアでは東海道線で走っていましたね。321系の投入で他の路線に転属された後は、オレンジやウグイスに塗装が変わって現在に至りますが、すでにスカイブルー塗装の編成はなくなっているとのことで、今回の京葉線での引退により過去のものとなってしまいます。そこで、以下に在りし日のスカイブルーの201系をあれこれ紹介して閉めたいと思います。

201系&205系@海浜幕張'08.12
海浜幕張駅でメルヘン編成と並んだところ。'08年12月撮影。

クハ201-125@大阪'93.5.14
東海道・山陽線で活躍していたJR西日本のスカイブルー201系。'93年5月大阪駅にて撮影。

 最後に、明日と明後日の2日間、京葉線の沿線は撮影などで賑わうこととなりそうですが、くれぐれも無茶をせず余裕を持った行動をお願いしたいところです。

参考:朝日新聞の記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.16

宮原通信(6/12)~シンプルな日曜日

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.12

 土曜日に比べると日曜日は能登が動いていないこともあって幾分張り合いがないですね。1日いれば日中の貨物とかを狙えるんですが、この日は都電のイベントへ行くため、朝のうちからお出かけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011タイトル制覇の旅その11~九州新幹線全線完乗する

 4月の九州の旅ですが、いよいよ旅の目的の1つである九州新幹線完乗へと進みます。

 10時42分発のさくら411号がゆっくりとホームに入線。さっそく指定されていた最後尾の8号車に乗り込みます。

さくら411号電光掲示板@小倉'11.4.23

さくら411号@小倉'11.4.23
(2枚とも)いよいよ乗り込みます

 1つ先の新下関始発とあって最後尾の車内にはまだ空席が目立っていましたが、次の博多から多くの乗客が乗り込み、座席はほぼ埋まった状態でいよいよ新線区間へと突入です。

 次の停車駅は新鳥栖。長崎本線の乗換駅で、長崎や佐世保へ向かう特急列車への乗り継ぎが出来ますが、車内から駅周辺を見る限りはまだまだこれから環境が大きく変わりそうです。このあたりは長崎に住んでいた頃は幾度となく行き来したところだけに、いずれ来る長崎新幹線開業のときには一変してしまうことでしょう。

 さくら411号は筑後川を渡り久留米へとやってきましたが、次の停車駅は熊本なので、久留米駅はあっけなく通過です。有明やつばめといった在来線の時代では考えられなかったことですが、新鳥栖を通過する列車に乗れば博多までは20分も掛からずに着いてしまい、距離的には東京と大宮の間より少し長いものの、所要時間では短くなっています。

 その後も筑後平野を抜けて熊本県へと入り、博多から30分ちょっとで熊本に到着しました。駅周辺には高層のマンションが立ち並ぶなど、この区間は完全に通勤圏へと変わりましたね。

 さて、そろそろ腹も空いてきた頃なので、小倉駅で買った駅弁を開くことに。北九州の駅弁と言えばやはりかしわめしは外せないところ。もちろんそのかしわめしをチョイスいたしましたrestaurant

かしわめし1

かしわめし2
(2枚とも)北九州の名物、かしわめしを車内でいただきましたhappy01

 熊本を出て次の新八代に到着。3月の開業前までは博多からのリレーつばめ号に乗ってここで乗り換えでしたが、これも全線開業によって過去のものとなりました。そんな新八代を過ぎ、無事に九州新幹線の全線完乗と相成りました。

 熊本から終点の鹿児島中央までは各駅停車となりますが、ここで車内へと目を向けることに。やはり何と言っても和風をベースにした内装が目に留まりますね。私の乗った8号車には濃い緑色のシートや木目調の背面テーブルなど、800系で用いられた和風の内装がここでも生かされていました。

N700系座席
木目を取り入れた和風の車内

 こうして12時43分、さくら411号は終点の鹿児島中央に到着。ホームの先には雄大な桜島の姿を見ることが出来ました。

N700系&800系@鹿児島中央'11.4.23

桜島@鹿児島中央'11.4.23
(2枚とも)鹿児島中央駅に到着

さくら411号指定券
さくら411号の指定券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.15

宮原通信(6/11・夕方)~リゾートやまどりと再会

 11日の地元ネタ、夕方編です。

 先ほど書いた上野駅でのリゾートやまどりの車両展示会を終え、2時半過ぎには宮原に戻っておりました。一旦自宅に戻り、再び出陣となったのは午後3時過ぎ。これから安中貨物を中心にあれこれ撮影と相成りますが、さっそくやってきたのがこちら。

E655系@宮原'11.6.11
まさかの「和」登場!

 震災後、初めての撮影となりました>和。

 続いてEF65の貨物がやってきましたが、赤いプレートの1117号機でした。

EF65-1117@宮原'11.6.11
赤いプレートの1117号機

 その後もあれこれ見送り午後4時近く、後は安中貨物が来るのを待つのみとなっていたところ、上り線の信号が青に変わりました。何か臨時のスジが入っていることが容易に判断できましたが、やってきたのはお座敷車両の宴でした。

485系@宮原'11.6.11-1
和に続いて宴もやってきました

 ここまで何とも豪華な顔ぶれで、待っている方にしてもワクワク状態でしたが、もちろんこれでおしまいではなく、4時過ぎにはいつもの安中がやってまいりました。この日のカマは514号機の担当でした。

EF510-514@宮原'11.6.11
青ガマが安中貨物を牽く

 さて、そろそろやまどりがやって来そうな時間でしたが、午前中は雨の影響で見ることが出来なかったので、帰りくらいは見送りたいところでしたが、4時20分前後にようやく深い緑色のスタイルでやってきました。

485系@宮原'11.6.11
寝ぐらへ帰る”やまどり”

 これで最後は4時半過ぎにやってくる貨物。この日は広島更新色の1049号機が担当でした。

EF64-1049@宮原'11.6.11
この日最後のネタは、広島更新色のEF64

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/11】リゾートやまどり車両展示会@上野駅

 先週土曜日は上野駅でリゾートトレインの「リゾートやまどり」の車両展示会が行われ、私も見物に訪れました。

 こちらにも書いたとおり、地元での活動を終えてから宮原駅へと向かい、高崎線の上り列車に乗って上野へとやってきました。さっそく展示会場となっている13番線ホームに向かうと、すでに濃い緑色に塗られた車体の入口では、車内見学をしようと多くの人が並んでいました。

485系@上野'11.6.11-1
「せせらぎ」「やまなみ」から生まれ変わった姿と初対面

 中間車については先日、大船からの出場を地元で撮影しておりますが(こちら参照)、完全に編成になっている姿を見るのはもちろんこれが初めてとなりました。その車体を撮影しながら車内へ入る列を並んでいましたが、社員が何人かに分けて中に入れていたため、並び始めてから多少時間は掛かったものの、ものの数分ほどで車内へと入ることが出来ました。

 車内に入り一番目に止まったのが、和室やキッズルームになっているフリースペースでしたね。和室はともかく、キッズルームを備えた車両というのはこれまで聞いたことがありませんでしたが、ここでのんびり日本酒でも飲みながら車窓を楽しむなんて楽しみ方もしたくなりますねhappy01

和室@リゾートやまどり

キッズルーム@リゾートやまどり
(2枚とも)フリースペースにもこだわりを感じますねhappy01

 一方座席車ですが、2+1の座席配列に広々としたシートピッチはかなりゆったりしていましたね。「快速たんばらラベンダー」でお馴染みの485系「彩」の車内と座席を思い出しましたが、あちらも座席はゆったり目ですね。

座席@リゾートやまどり
ゆったり目の座席は十分くつろげそうですhappy01

485系@上野'11.6.11-2
高崎寄りから

 元々お座敷列車だった「せせらぎ」と「やまなみ」を改造したリゾートやまどりですが、座席車中心の内装とあって、これまでに比べたらむしろ活躍の幅は広がるかもしれませんね。さっそく7月には新宿と吾妻線を結ぶ「リゾート草津号」として使用されるとのことなので一度は乗りに行きたいところですが、何分地元お膝元の支社なので、これまでの「せせらぎ」「やまなみ」同様、沿線で姿を見る機会は増えそうです。

 最後に、「せせらぎ」「やまなみ」のこれまでの活躍に敬意を示すべく、在りし日の姿を紹介しておきます。

お座敷カード大集号@高崎'01.12.29-1

お座敷カード大集号@高崎'01.12.29-2

お座敷カード大集号@高崎'01.12.29-3
今から10年前の暮れに運転された「お座敷カード大集号」。やまなみとせせらぎを連結しての運転でした。

 ここからはおまけですがcoldsweats01、上野での展示会終了後は秋葉へと移動。某大型家電量販店のホビー売り場で前々から欲しかったモノを手に入れてきました。

側面電動方向幕
電動方向幕なるものをゲット・・・coldsweats01

 14系の電動側面方向幕なるもので、無線で操作する指令機と合わせて1万越えはちょっといい買い物でしたね。まあ、たまにはいいでしょうcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.14

【6/10】曇り空の撮影記>カシオペア・日光号など

 先週の金曜日、少し早上がりでさいたま新都心駅へと到着。先月27日に続いて今回もカシオペアを撮影しようと思い待っていると、3番線に通過列車を表す自動放送が流れてきました。時間的に宇都宮線からやってくる乗務員訓練列車のようでしたが、先頭で引っ張っていたカマが“レインボー”ことEF81の95号機でした。

EF81-95@さいたま新都心'11.6.10
”レインボー”が引っ張る乗務員訓練列車

 相変わらず宇都宮線内で運転されている乗務員訓練列車ですが、牽引するカマが何なのか、毎度楽しみですね。

 さてさてそうしているうちに16時40分頃、上野の方向からカシオペアが近づいてきました。この日の担当は515号機。今回も“青釜”で、なかなかシルバー塗装のカシオペアガマに当たらないものですねsad

寝台特急カシオペア@さいたま新都心'11.6.10
今回も青釜でした>カシオペア

 これにて新都心駅を撤収し、宇都宮線の下り列車に乗り込みました。この後は、日光号を撮影することにしましたが、今回は蓮田駅近くのいつものところへ行ってみました。ここへ来るのは震災以降初めてで、長らく北斗星やカシオペアが運休していたこともあり、ご無沙汰状態でしたが、空にはどんよりと厚い雲が立ち込めていて、薄暗い状況でした。そんな中待っていると、蓮田駅の方向から機関車らしき単行が近づいてきたので何かと思ったら、EF81でした。最近JR東日本所属のカマが廃車回送されるなど、首都圏では徐々に数を減らしつつあるEF81ですが、偶然にも遭遇することが出来ました。

EF81-97@蓮田'11.6.10
単機でやってきたEF81

 今にも雨が落ちてきそうな中待っていると、高崎車両センター所属の211系で唯一の幕車であるA36編成が大宮方面からやってきました。実は先ほど新都心駅でカシオペアを待っている際、上りの上野行きで走り去るところを見かけましたが、先日の両毛線内といい地元宮原といい、最近何かと見かけますねwink

211系@蓮田'11.6.10
211系幕車と対面

 その後やってきたのは、金太郎が引っ張る貨物。そういえば夕方に金太郎の貨物が下りにあったことを薄々気づいていましたが、側面には「がんばろう東北」のステッカーが貼ってあるのを確認することができました。

EH500-31@蓮田'11.6.10

がんばろう東北ステッカー@EH500
「がんばろう東北」の祈りを込めて・・・

 こうしていよいよ日光8号がやってくる時間となりましたが、その前に1本上野行きの普通列車を挟み、EF65が引っ張る貨物があるので待っていましたが、この日は運行がなかったようで姿を見せませんでした。最近、高崎線ではEF65の姿を目撃するのが少なくなり、ここで撮影していきたかったところだったので、やってこなかったのは残念でしたが、気を取り直してお目当ての日光8号を撮影。やはり薄暗い中だったので、露出等あれこれ工夫しながら何とか撮影することとなりました。

特急日光8号@蓮田'11.6.10
一路都内へと向かう日光8号

 震災後に復帰したカシオペアと北斗星号を大宮より北側ではまだ撮影していないので、近いうちに訪ねたいところですね。でも、行くとしたら次回は天気のいい日でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.13

宮原通信(6/11・午前)~雨のち晴れ

 おとといの土曜日は朝のうちは雨。昼前から上がり、夕方ごろにはすっかり晴れてしまいました。どうせなら朝には雨が上がって欲しかったところですが、そんな中をいつもの定番からスタートいたしました。

急行能登@宮原'11.6.11
この日はK1編成が担当でした>能登

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.11
あけぼのも定時運行でしたhappy01

 続いて10時台。あかぎ2号に湘南色の185系が入っていたので、10時半前に通過する草津3号を待ちます。

特急草津3号@宮原'11.6.11
この日は草津3号に入っていました>湘南色185系

 これで一旦帰宅。30分後、再びやってきたときには、雨が止んで晴れ間が出てきました。土曜日ということで、配6794レを撮影。そのまま上野へ向けてお出かけとなりました。

EF64-1026@宮原'11.6.11

トラ45000形@宮原'11.6.11
(2枚とも)この日の配6794レ。最後尾には”コトラ”も連結されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/7】仕事帰りの平日“鉄”は北斗星撮影

 1週間前のことで少し古くなってしまいましたがcoldsweats01、先週の火曜日の7日は家内の帰宅が遅いということで、仕事の帰りに都内へと繰り出しました。震災以降、長らく運休していた北海道行きの2本の夜行列車のうち、カシオペアの方はぼちぼち撮影しておりますが、北斗星の方はまだ撮影していなかったので、今回はその様子を見に上野駅へやってきました。

 ecuteの中で少し早めの夕飯を済ませ、まずは8番ホームへ。4日朝の地元ネタでも書いたとおり、先週は485系T18編成が上京していたので、ホームライナー鴻巣3号にご挨拶。やはりこの編成は人気がありますね。この日も周囲には多くのギャラリーが集まっておりました。

ホームライナー鴻巣3号@上野'11.6.7
人気の高いT18編成使用のホームライナー鴻巣3号

 手短に済ませ、北斗星の発車する13番ホームへと移動。しばらく待つこと18時50分頃、北斗星のブルーの車体がゆっくりと推進運転で入線してきました。


寝台特急北斗星@上野'11.6.7-1
ブルーの車体が推進運転で到着!

 後部からブルーの車体を一通り見ながら機関車の連結されている先頭へとやってきました。この日のカマは503号機。側面には新幹線と同じ「がんばろう日本」のステッカーが貼ってありました。

寝台特急北斗星@上野'11.6.7-2
北斗星のヘッドマークを久しぶりに間近で見ましたwink

寝台特急北斗星@上野'11.6.7-3
側面には「がんばろう日本」の応援メッセージが・・・

 一通り撮影した後、上野を離れてアキバへ。買い物をした後再び上野へとやってきました。帰りはT18編成使用のホームライナー古河3号でもと思いましたが、発車まで1時間近くあり、さすがにそこまで待つのもかったるかったので、20時30分発の1号に乗って帰ってきました。

ホームライナー古河1号@大宮'11.6.7
ホームライナー古河1号に乗車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.12

2011タイトル制覇の旅その10~山陽新幹線小倉駅撮影顛末記

 九州の旅の続きです。小倉駅に戻り、いよいよこの旅の目的の1つである九州新幹線の完乗をすることになりますが、その前にまずは乗車券を手に入れることに。窓口で指宿枕崎線の西大山までの乗車券と鹿児島中央までの新幹線自由席特急券を一旦は買ったんですが、窓口付近にあった指定席の空席状況を示す電光式のボードを見ると、これから乗る予定のさくら411号の空席がわずかと、かなり混雑しているようすでした。これだったら用心で指定券を取っておいてもいいところ。改めて空席状況を確認したら、わずかながらまだ空きがあるとのことだったので、急遽押さえておきました。

 これで準備万端。発車まで1時間ほどあったので、一足先にホームへと上がり、行き来する新幹線の様子を見ることに。まずは上りホームの博多寄りへ行ってみると、新大阪行きのみずほ602号が入ってきました。

みずほ602号@小倉'11.4.23-1

みずほ602号@小倉'11.4.23-2
(2枚とも)九州新幹線乗り入れ対応のN700系と対面

 それからしばらくしてやってきたのが、9時54分発のひかり548号「ひかりレールスター」。今回の九州新幹線開業によるダイヤ改正で、さくらと入れ替わるように本数が減少し、次第に山陽新幹線での主役の座から降りつつありますが、ちょうど同じときに下りホームにはひかり545号が入り、ひかりレールスター同士が並ぶ様子を見ることができました。

ひかり548号@小倉'11.4.23
レールスター同士が並ぶwink

 10時を過ぎ、出発まで30分ほどとなったので下りホームへと移動します。しばらく待っていると、品川を今朝6時に発車したのぞみ99号がやってきました。品川からここまで4時間半。20年ほど前に長崎に住んでいた頃は東京から博多まで所要時間が6時間前後掛かっていましたが、現在はその頃に比べて1時間半もスピードアップされ、それほど長時間の乗車とも言えなくなっていますね。そんな“長旅”をしてきたのぞみ号と対面です。

のぞみ99号@小倉'11.4.23
関東からの一番列車~品川発のぞみ99号

 こうしていよいよさくら号に乗り込みますが、乗車する直前に上りホームには短い編成のこだま740号が出発していきました。これが白と青の塗り分けの原色100系。この車両を見ると、かつて「グランドひかり」として東京と博多を疾走していた頃を思い出します。

こだま740号@小倉'11.4.23
最後で対面した原色100系

 その懐かしいカラーを見送り、この後鹿児島へと向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.11

宮原・大宮通信(6/9)~彩野

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.9

 先週の置き換え以来、仕事帰りに毎日253系の姿を見ておりますがcoldsweats01、この日は動画を撮影してきましたので、以下に紹介しておきます。


特急日光8号@大宮'11.6.9
この日も追いかけていましたcoldsweats01

 ところで、大宮工場の引込み線には「彩野」189系が止まっていました。震災の影響で当初4月に置き換えられる予定だったところが一月ほど寿命が延びた485系の編成に比べると、こちらは運用もなくずいぶんとひっそりとした状態でしたが、結局そのまま、になってしまうのか否か心配なところです。

189系@'11.6.9
去就が心配な彩野189系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
上野駅で行われているやまどりの車両展示会を見物してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/5】武蔵横手駅を訪ねる

 先週日曜日の続きです。高麗駅から11時41分発の西武秩父行きに乗り込み、1つ先の武蔵横手駅へやってきました。武蔵横手駅と言えば、駅構内で除草を目的としてヤギが飼育されていますが、これまで行き来する列車の中からしか見たことがなかったので、一度ホームに降り立ってその様子を見てみたいと思っていました。しかし、これ目的だけで行くというのもなかなか厳しいところで、行くとしたら毎年6月に行われる武蔵丘のイベントのついでということで、今回はこちらも外せないミッションでありました。

 列車から降りて、まずは改札を出ることに。ヤギの観察は帰りということで、まずは駅周辺をブラブラ散策していると、東吾野寄りへ歩いて5分くらいのところに踏切があったので、ここで待機して行き交う列車を撮影しました。

西武10000系@武蔵横手'11.6.5

西武4000系@武蔵横手'11.6.5
(2枚とも)緑の中を行き来する西武の車両

 このあたりまで来ると、朝方撮影してきた所沢周辺とは対照的ですね。木々に囲まれた山間の風景がまた一味違って見ることが出来ました。

 そろそろ駅へと戻ることにして、ホームからヤギの様子を観察することにします。均等な間隔で3頭がのんびり草を食べていましたが、常に列車待ちの乗客の視線があるせいなのか、人には慣れている様子でした。

そら@武蔵横手'11.6.5

みどり@武蔵横手'11.6.5
のんびりと過ごすヤギたち(上:そら・下:みどり)

 で、今回びっくりだったのが、今年2月に秩父鉄道沿線に向かう途中に車内から見かけた子ヤギがすっかり大きくなっていたことですね。今回はちょっと離れたところで草を食べていたため、ホームから望遠を使って撮影しても遠目の絵になってしまいましたが、その後、一般応募により名前を募集したところ、4月に「だいち」と決まったとのことで、「そら」「みどり」共々今後の活躍に注目したいところです。

だいち@武蔵横手'11.6.5
すっかり大きくなった「だいち」

 結局武蔵横手には1時間ほど滞在。飯能行きに乗って東飯能へと向かい、川越線を経由して大宮に戻ってきたのは2時過ぎでした。さっそく朝方買えなかった、ありがとう189系の記念弁当を求めようと中央コンコースの特設ブースへとやってきましたが、今度もそれらしき姿はなし。どうやら売り切れた様子で買えずじまいでしたweep。代わりにニューシャトルのイラストが入ったソースカツ丼の弁当を購入。自宅に帰って味わいました。

ソースカツ丼パッケージ

ソースカツ丼中身
目当ての弁当が買えず、代わりに手に入れたソースカツ丼

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.10

【6/5】西武・電車フェスタ2011 in 武蔵丘

がんばろう日本イラスト@武蔵丘車両検修場
レッドアローも応援していますhappy01

 先週の日曜日は西武のイベントを中心に回ってきました。

続きを読む "【6/5】西武・電車フェスタ2011 in 武蔵丘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.09

2011タイトル制覇の旅その9~九州の車両を撮影 in 北九州

 4月の九州の旅の続きです。どんたく号を降りた後、まずは朝食を摂ろうと思い駅前のファストフード店へ。全国チェーンの店なので手短に済ませてから、駅の券売機で入場券を買って中へ入りました。さっそく向かったのは在来線ホーム。行き交う列車をいろいろと観察することにします。

 博多行きのソニック4号を見送った後、15分ほどで門司港からの特急きらめき3号がやってくるのでホームで待っていると、銀色の車体の787系が入ってきました。3月までは博多と新八代を結ぶリレーつばめ号として使われていた車両で、新幹線開業以前までさかのぼれば長らく特急つばめ号として鹿児島本線を代表する特急列車で活躍してきましたが、九州新幹線開業後は長崎本線の特急かもめや南九州の特急に任を移して活躍しています。

特急ソニック4号@小倉'11.4.23
博多行きの特急ソニック4号

特急きらめき3号@小倉'11.4.23
きらめき号で活躍する787系

 その後、駅構内をブラブラしながら過ごしていましたが、7時39分発の特急きらめき5号の様子を見ようと再びホームで待ち構えていたら、今度は783系ハイパーサルーンがやってきました。先ほどの787系と同様、この783系も学生時代に長崎に住んでいた頃によく乗った車両なので懐かしいですね。ただ、当時に比べるとかなり派手な色合いになってしまったのは些か気になるところでしたが・・・。

特急きらめき5号@小倉'11.4.23
ハイパーサルーンとも対面できましたhappy01

 この後、鹿児島本線の普通列車に乗り込み西小倉へ。ここは2年前の5月のやまぎんレトロライン乗り潰しの際にも撮影目的で降り立っておりますが、同じく2年前に降りたスペースワールド駅の方がよさそうに思えたので、手短に撮影を済ませてから後続の列車に乗り込みました。

415系@西小倉'11.4.23
これだけ撮影してスペースワールド駅へ

 こうしてスペースワールド駅に到着。まずは下りホームで撮影してみますが、この日は朝から降り続く雨がホームに時より吹き込んできたりしていたので、かなり厳しい条件でしたね。そんな中、ソニックの883系とハイパーサルーンのきらめきなどを撮影することができました。

811系&883系@スペースワールド'11.4.23

特急きらめき101号@スペースワールド'11.4.23
(2枚とも)スペースワールド駅でソニックとハイパーサルーンに対面

 ここで一旦改札を出て手持ちのSuicaで入り直し。今度は上りホームで撮影します。ここは2年前に“銀釜”ことEF81の300番台を撮影したところで、今回も貨物列車が来ないか期待したところでしたが、EF81の302号機が牽引する貨物が特急通過の退避待ちをしていた普通列車に被られてしまった他はレール輸送の貨物が2本やってきました。

EF81-302@スペースワールド'11.4.23
待避線で待っている普通列車に被られましたweep

EF81-401@スペースワールド'11.4.23

DE10-1207@スペースワールド'11.4.23(2枚とも)レール運搬用車両が通過して行きました

 こうして時刻は9時を過ぎたところ。そろそろ小倉駅へ戻らないといけない時間となりましたので、快速列車に乗って小倉へと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.08

宮原通信(6/5)~安中貨物

 日曜日の朝は能登が来ないので、あけぼののみ撮影後、この日武蔵丘で行われた西武のイベントへ向かいました。

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.5

 本当なら1日かけて西武沿線をぶらぶらと行きたいところでしたが、数日前から安中貨物の運行が再開されたとのことで、3時までに地元に帰ってきました。この日は少し遅れていたらしく、定時通過の4時過ぎになっても来なかったので、最初は時刻が変わったのかと思ってしまいました。結局15分ほど遅れて北へ走り去っていきました。

EF510-505@宮原'11.6.5
運行が再開された安中貨物

 それから10分後、原色ガマのEF64がやってきましたが、前の日に配6794レの前を通過していった1048号機でした。

EF64-1048@宮原'11.6.5
原色の1048号機と再会!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/4】253系リニューアル車デビューと栗橋みなみチャリティイベント

 先週の土曜日、こちらでも書いたとおり昼前まで貨物列車の撮影をしてから高崎線に乗り込んで大宮へ。一旦改札を出た後、中央コンコースに設けられた特設の売店へとやってきました。この日からそれまで485系で運行されていた特急日光号ときぬがわ号は253系リニューアル車に置き換えとなり、大宮駅ではこの日と翌5日の2日間、記念の駅弁やグッズの販売が行われましたが、そんな中から253系と485系のツーショットがラベルにデザインされた駅弁と253系をあしらった携帯ストラップを手に入れてきました。

ありがとう485系弁当パッケージ
大宮駅での戦利品

 駅弁は2種類あって、もう1つの方は253系と189系「彩野」のツーショットとなっておりましたが、さすがに2個食べるのはツライところ。この後のイベントで立食パーティーがあるので、普段だったら弁当を買う必要はないんですが、2日間限定の文字には見逃すことは出来ず、ここは弁当を買ってしまった次第。でここ最近、485系の方は撮影でよく会っておりましたので、ここではこれまでの労をねぎらうべくこちらをチョイスした次第です。

ありがとう485系弁当中身
こちらが中身。餃子や湯葉が入っているところが栃木県らしさを感じさせますwink

 中身なんですが、栃木県産の食材にこだわったあたりは今回の主役にふさわしいところでしょうかね?

 その記念弁当を普通車の車内で食べるのは気が引けたので、グリーン料金を奮発してゆったりとした座席に座りながらいただくことに。こうして栗橋へと到着した直後、上りホームに貨物列車が通過するという放送が流れてきたので、慌ててカメラを用意して待っていると、EF65の1037号が引っ張るタンク車がやってきました。こちらは先日大宮駅で撮影していますね(こちら参照)。

EF65-1037@栗橋'11.6.4
栗橋駅を通過中の1037号牽引のタンク車

 ここから東武日光線へと乗り換えてお隣の南栗橋へ到着。この後2時から栗橋みなみのチャリティイベントがスタートしますが、開始まではまだ1時間ほどあったので、駅周辺をブラブラすることにしました。年末の東武ファンフェスタではお馴染みの南栗橋駅ですが、一見すれば開けて見える駅前もちょっと春日部寄りへ歩いてみると、広大な田園地帯が広がってきました。そこをバックに行き交う日光線の列車を撮影してきました。

東武100系@南栗橋'11.6.4
田んぼをバックに走るスペーシア

東急8500系@南栗橋'11.6.4
SLは来ませんが・・・coldsweats01

東武50050系@南栗橋'11.6.4
終点・南栗橋に到着

 時刻は1時半過ぎ。そろそろイベント会場となっている「くぷる」というコミュニティセンターへと向かいます。多目的ルームのようなところが会場となっておりましたが、定員50名ほどということでどれくらいの参加者がいるのか正直気になっておりました。しかし実際にはほぼ定員の人数の参加者がいらっしゃったようで、イベント中はゲームありサプライズありと、予定の3時間があっという間に過ぎてしまいましたね。一方の自分はテーブルに置かれたみなみさんのイラスト入りラベルのワインを結構飲んでしまい、かなりほろ酔いになってしまいましたが・・・ winewinewine

みなみ&ありすバースデーケーキ
あっという間の3時間でしたhappy01

 そんなこんなでイベントは無事終幕。肝心の募金の方もちゃんとしてきましたがhappy01、千鳥足状態の中を南栗橋駅まで15分ほどかけて歩き、17時14分発の新栃木行きに乗り込みました。実はこの列車に乗れるか否かでこの後の行動が変わってしまうんですが、無事に乗ることが出来たので、栗橋駅でこの後通過する日光8号を撮影することにしました。

 運転初日だからそれなりにギャラリーもいると思っていましたが、実際にホームに降り立つとギャラr-はゼロ。485系時代に続きつくづく人気が今ひとつな車両ですが、やってくるまではまだ時間があったのでのんびり過ごしていたら、下りホームを列車が通過する旨自動放送が流れてきました。どうせスペーシアあたりと思っていましたが、ホームに入ってきたのは何と8000系。形式から、宇都宮線用にワンマン対応を施した81108Fでした。

東武8000系@栗橋'11.6.4
8000系の回送列車に遭遇

 こうしてホームで待ち続けていると、新古河の方向から赤とオレンジのけばけばしい253系が速度を落としながらこちらに近づいてきました。やがて手前のポイントを渡り、徐々に速度を落としながらJR線への渡り線の途中で停車。東武の乗務員からJRの乗務員へと引継ぎが行われました。

特急日光8号@栗橋'11.6.4
この日から253系へ置き換えとなった特急日光8号

 253系も2月に品川駅で行われた車両展示会で車内を見ただけなので、いずれは営業列車に乗ってみたいですね。

 この後一旦改札を抜けて栗橋の町へと繰り出しました。目指したのは、以前からみなみさんのお酒を買いに訪れている井上酒店さん。先ほどのイベント会場にあったお酒を買って帰ろうとやってきた次第ですが、今回は「みなみの梅酒」のうち1種類だけ買ってきました。さすがに他の種類もとなるとお財布の方が厳しい状況だったので、今回は泣く泣く1種類のみとしましたが、これで栗橋へ訪問する口実ができましたので、近いうちに再訪することになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.07

宮原通信(6/4・日中編)~湘南色185系、配給など

 土曜日の地元ネタの続きです。先週中ごろに大宮駅構内の工場への引込み線で見かけた湘南色の185系が上りのあかぎ2号に入っていたのを確認しましたので、上野からの折り返しの草津3号を撮影してきました。

特急草津3号@宮原'11.6.4
運用復帰した湘南色

 ここで一旦家に戻ってから11時過ぎに再び出陣。といっても、午後から用事があったので、そのまま駅から列車に乗ってお出かけとなりましたが、配6794レの前にやってきたのは原色のEF64でした。こちらも合わせて紹介しておきます。

EF64-1048@宮原'11.6.4
単機でやってきた原色ガマ

EF64-1015@宮原'11.6.4
すっかり64が定着した配6794レ

 これで駅へと向かい、栗橋へ向けて出発しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.06

宮原通信(6/4・朝編)~またも珍客が

 おとといの地元ネタです。いきなり”珍客”がやってきました。4月29日のときと同じ時間に通過して行ったDE11の配給回送です。牽引機もそのときと同じEF81の140号機でした。

EF81-140@宮原'11.6.4

DE11-1032@宮原'11.6.4
(2枚とも)DE11の配給回送と遭遇

 この後はいつものラインナップ。能登、あけぼのと紹介します。

急行能登@宮原'11.6.4
T18編成を震災後初めて見ました

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.4
いつもの”あけぼの”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【6/2】雨の大宮駅で新幹線を撮影する

 先週の木曜日の2日、仕事を30分ほど早く上がって大宮駅へとやってきました。ここ一月ほどの流れだったら、引退まであと2日に迫った485系特急日光8号を撮影するところでしたが、この日は券売機で入場券を買ってから新幹線ホームへと上がりました。数日前に日光8号を撮影するためホームで待っていたら、17時55分に到着する「とき336号」に200系の原色K47編成が充てられているのを見かけ、もしかしたら出会えるかもしれないと期待した次第であります。

 この日はあいにくの雨。1年で日が長い時期にもかかわらず、外はかなり暗くなっていましたが、17時50分過ぎにとき336号の接近放送が流れてやってきたのは、あいにく原色のK47編成ではありませんでしたweep

200系@大宮'11.6.2
原色を期待したものの、ノーマルの塗装だった200系使用のとき336号

 ここのところ、はやぶさ狙いで撮影に来ることが多かった大宮駅ですが、この13・14番線ホームに入線してくる200系が撮影していませんでしたので、今回はこれはよしといたします。

 これで終わりということで撤収、となるところでしたが、隣の15番ホームをふと見ると、電光掲示板に「回送」と表示されているのが確認できました。一体何が来るのか気になったので再びカメラを準備して先ほど撮影したところまで戻ることにしましたが、E4系使用のMaxやまびこ36号の後にやってきたのはEast-iでした。

E4系@大宮'11.6.2
これの後・・・

E926系@大宮'11.6.2
East-iがやってきました

 思わぬ“お客さん”との遭遇のおかげで、短い滞在ながらもまずまずの収穫となった6月2日の夕方でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.05

今日は

今日は
武蔵丘のイベントに行って来ましたが、少し早めに会場を後にしてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.06.04

【5/29】記念艦三笠きっぷで行く久里浜・横須賀日帰り旅

久里浜駅舎'11.5.29
ポピーの花をバックに

 先週末、あいにくの空模様の中を三浦半島方面へ出かけておりました。一番の目的は京急のイベントでしたが、今年になって「記念艦三笠きっぷ」なるものが発売されたとのことで、こちらを利用して回ることにしました。

続きを読む "【5/29】記念艦三笠きっぷで行く久里浜・横須賀日帰り旅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.03

宮原・大宮通信(6/3)~本日最終日

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.3

 本日、485系による特急日光・きぬがわ号の運行が最終日を迎えましたが、仕事帰りにさいたま新都心駅南側の新都心大橋から見送りました。ここんとこ大宮駅でばかりだったので、いい加減飽きてきたところでしたが、今日当たりは大宮駅にも多くのギャラリーがいたんでしょうか?

特急日光8号@さいたま新都心'11.6.3
夕方のさいたま新都心界隈を走り抜け、新宿へ向けてラストスパートを駆ける日光8号

 いよいよ明日からは253系に置き換えとなり、大宮駅でも駅弁の販売などイベントが予定されているようです。私も大宮駅を行き来する予定があるので、時間があれば物色してみたいと思います。

 最後に、先月17日に大宮駅で撮影した動画も紹介しておきます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.02

宮原通信(6/2)~6月に入りました

寝台特急あけぼの@宮原'11.6.2

 2011年も半分が過ぎようとしています。ほんと、元日が最近のようですが、その間いろいろなことがありました。いや、例年以上にさまざまなことがありすぎな2011年です。

 そういえば夕方、仕事帰りに宮原駅に先日両毛線で撮影した211系の幕車、A36編成と出会いました。大平下で見かけた車両が数日後に地元で出会えるというのも不思議な感じです。

211系@宮原'11.6.2
10日ぶりの再会でした>211系A36編成

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道むすめ関連つれづれ

 おととい書いた、もえグルメ・キャンペーンの2箇所目、川越編を先週土曜日の28日に行ってきました。

 今回用事があるのは川越だけなので、ランチを兼ねて家内を連れていくことにいたしましたが、実は恥ずかしいことにこれから行く店について下調べをしておりませんでしたcoldsweats01。まあ本川越駅から徒歩3分ということなので、行けばわかるだろうと思っていたんですが、駅前に立っても看板らしいものが見当たりませんでした。やむなく駅の改札口前に出ていた観光案内所で聞くことに。すると、おととしの9月に家内と訪ねた鏡山酒造の蔵とのことでびっくりでした(このときの様子はこちら)。このときは当時放映されていたドラマ「つばさ」のセットなどがありましたが、放送終了後は「小江戸蔵里」という土産処や飲食スペースとなりました。

 「創作料理レストラン八州亭」の入口に佇んでいたしいなさんの等身大パネルにお出迎えされて中へと入りました。時刻は1時半を過ぎていたこともあって店内は空いていましたが、さっそくキャンペーン対象メニューとなっている萌えちょこ膳を注文することに。お品書きに出ている画像を見る限り女性向きの盛り付けで、そちらを家内に食べてもらって自分は別のものというパターンの方が自然の流れなんでしょうが、やはりここは言いだしっぺの自分が食べたいところ。ちなみに家内は天丼を注文したんですけど、どう見ても天丼の方がボリュームはありましたねcoldsweats01

井草しいな等身大パネル
しいなさんがお出迎えしてくれましたheart04

萌えちょこ膳@八州亭
対象メニューの萌えちょこ膳。どう見ても女性向きですねcoldsweats01

酒樽@八州亭
酒樽に囲まれながら・・・

 これで2店舗クリアとなり、景品のクリアファイルを会計時にいただくことができました。とは言ってもこのクリアファイル、去年4月に行われたスタンプラリーの景品と同じものなんですよねcoldsweats01。まあ今回はキャンペーンの方が面白かったので、景品の方はあくまでおまけということでありがたく頂戴しました。

鉄むすクリアファイル
景品を無事ゲットhappy01

 さて話は変わりますが、PLUS+1が発売されたということで、先日の日曜日にカートンで買ってまいりました。いきなりみなみさんのシクレが登場したときには驚きでしたが、やはり顔の表情を好みで変えることが出来るのはなかなか面白いところでしょうかね。一方、これまでに比べて一回りほど大きくなったことで、これに見合った収納ケースが手に入るかどうかが気になるところですね。これまでの大きさだったら100円ショップにあるケースで対応できたんですけど、今度のはどうでしょうかね?

鉄道むすめPLUS+1カートン

鉄道むすめPLUS+1フィギュア
PLUS+1を購入

 そしてもう1つ、本日三陸から宅配で届いた、ワインとありすさんの住民票であります。微力ながら復興へ向けてお手伝いをさせていただいた次第であります。

三陸鉄道ワイン&住民票
三陸から注文の品が届きましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.01

宮原通信(5/30)~週末の残り雨

寝台特急あけぼの@宮原'11.5.30

 結局、週末の雨は月曜日の朝も残ってしまいましたrain。午後には上がり、次の日には晴れ間も出てきましたが、やはり梅雨の季節はなかなか太陽が出てくれませんねweep

 太陽が恋しい今日この頃でありますsunsunsun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアバスとカシオペアと

 全く脈略のないタイトルで恐縮ですがcoldsweats01、JALのエアバスA300-600Rが昨日ラストフライトを行ったという記事を見つけました。元々日本エアシステム所属の機材だったこともあってレインボーカラーのイメージの方が強く印象に残っていて、JALのカラーを見る度に違和感がありましたが、当初は3月で退役予定だったところ、震災の影響で東北方面への輸送に借り出されたため、寿命が2ヶ月ほど伸びた形でした。

 どこかしらへ旅した際に搭乗した記憶があるんですが、いつどこで乗ったのかがちょっと不明でしてcoldsweats01、今のところすぐに見つかったのが、9年前の'02年に広電を乗りつぶした帰りに広島空港で撮影したJAS時代の機材です。当時は乗った旅客機を撮影するという習慣がなかったですからねぇ。

JDエアバスA300-600R@広島空港'02,1
レインボーカラーに塗装された頃の画像。2002年1月広島空港にて。

 さて話題が変わりまして、先週金曜日の5月27日は仕事を少し早めに切り上げてカシオペアの撮影をしにさいたま新都心駅におりました。先月22日に蓮田駅で撮影したときもそうでしたが、この日もあいにくの空模様で、撮影した画像はかなり暗いものになってしまいましたweep。少し前に183系の団臨が通過したときにはそれなりに明るく撮影できていたんですがねぇ。次回こそ天気のいい日に出かけたいところです。

183系@さいたま新都心'11.5.27
183系の団臨も、少しずつ見かけるようになりました。

寝台特急カシオペア@さいたま新都心'11.5.27
暗くなってしまいました・・・weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »