« 宮原通信(7/16)~朝だけ | トップページ | 【7/14】JR東日本パスの旅part2~長野電鉄屋代線の旅その2 »

2011.07.19

【7/14】JR東日本パスの旅part2~長野電鉄屋代線の旅その1

169系@戸倉'11.7.14
湘南色は戸倉駅に

 JR東日本パスの旅のパート2ということで、先週の14日に日帰りで長野電鉄屋代線を訪ねてまいりました。

 行きは上田まで、大宮を7時48分発のあさま505号の指定券を押さえておきましたが、大宮駅には7時前に到着。半過ぎにやってくるはやぶさ402号を撮影してきました。9日からほぼ通常ダイヤへと戻り、上り朝のはやぶさもそれまでより30分ほど繰上げとなりました。

はやぶさ402号@大宮'11.7.14
出掛けにご挨拶>はやぶさ

 緑の車体を見送ってから18番ホームへ移動。あさま505号に乗り込みます。この列車は大宮を出ると次は上田までノンストップということで、前回のJR東日本パスのときと同様の最速列車での旅となりましたが、別段狙っていたわけではなくてたまたま偶然行程でぴったりだった列車でしたが、大宮を発車してから50分ほどであっという間に上田に到着となりました。

がんばろう日本ステッカー
大宮から上田まで50分ほどで到着

 大手旅行会社主催のツアー客に混じって改札を抜け、まずはみどりの窓口へ。これから使用する信州北回廊パスを手に入れます。事前にこの日掛かる運賃を計算しておいたところ、普通に買うのと信州北回廊パスとではそれほど大差がなかったので、その都度支払う面倒を考えた結果、このパスを手に入れた次第。きっぷと一緒に沿線の観光スポットが紹介された冊子が貰え、これを提示すれば指定された沿線の観光スポットの入館券が割引になるとのことでしたが、今回観光はメインではなかったので利用はしませんでしたcoldsweats01

信州北回廊パス
今回使用した「信州北回廊パス」

 この後、屋代へ向かうべくしなの鉄道の乗り場へ。次の8時57分発長野行きに乗り込み屋代へとやってきました。次の長野電鉄の須坂行きまで時間があったので、駅周辺にある2つの郵便局を訪問。そのうちの1つ、屋代駅前局は駅前通りの端にありましたが、もう1つの千曲局は駅から歩いて15分ほどのところにあり、用事を済ませて郵便局を出たときには時刻は10時10分前でした。10時2分屋代着の長電の列車を撮影したいと思っていましたが、来る途中で踏切があったのを確認。そのすぐ近くで2両編成の3500系を撮影してきました。


屋代駅前&千曲局風景印
屋代駅周辺にある郵便局の風景印

長電3500系@屋代'11.7.14
”マッコウクジラ”到着

 汗まみれになりながら駅へ戻り、屋代線の乗り場へ向かう途中、構内の側線に169系が留置されているのが見えました。169系といえば先日、JR線への乗り入れが出来なくなってしまったというニュースを聴いたばかりで、上田駅では朝夕の快速列車の使用車両変更についての貼り紙を見かけましたが、169系が動いていればこちらも乗りたかったところだっただけに、このニュースを聴いたときは残念な思いでしたねweep

しなの169系@屋代'11.7.14
屋代駅に留置された169系

 さっそく停車中の須坂行き3500系に乗車。10時14分、ゆっくりと発車しました。車内には自分を含め3人の乗客がいましたが、他の2人も旅行者と思しき格好だったため、地元客はゼロという有様でした。今回は平日だったのでこんな状況だったのかもしれませんが、夏も過ぎカウントダウンが聞こえ始める頃にはお名残の乗客ももっと増えてくるのかもしれませんね。

跨線橋@屋代'11.7.14
跨線橋を渡ってホームへ

時刻表@屋代'11.7.14
屋代線の時刻表

長電3536@屋代'11.7.14
いざ出発!

 そんな状況の中、須坂行き3500系は屋代線沿線で一番大きな町である松代に到着。まずはここで途中下車することとしますが、長くなってきましたので、ここで一旦切ることといたします。

|

« 宮原通信(7/16)~朝だけ | トップページ | 【7/14】JR東日本パスの旅part2~長野電鉄屋代線の旅その2 »

鉄道」カテゴリの記事

風景印」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/52252651

この記事へのトラックバック一覧です: 【7/14】JR東日本パスの旅part2~長野電鉄屋代線の旅その1:

« 宮原通信(7/16)~朝だけ | トップページ | 【7/14】JR東日本パスの旅part2~長野電鉄屋代線の旅その2 »