« 宮原通信(7/2)~何もなし | トップページ | 宮原通信(7/3・午前の部)~あけぼの・湘南色 »

2011.07.05

【7/2】夏の富士急訪問記その1~富士登山電車とブルートレインテラス

 「はて、どこへ行こうか?」

 先日の土曜日のことですが、実は直前まで決まりませんで、群馬DCが始まった群馬方面やキハ52形が動くいすみ鉄道、あるいは気軽に都内をブラブラするかといろいろ考えておりました。そんな中、7月1日から富士吉田駅が「富士山駅」と改称され、2日と3日の2日間でイベントが行われているとのこと。富士急沿線も行きたいと思いつつもなかなか足が運ばないところで、今回はこちらへ行ってまいりました。

 大月駅に到着。さっそく富士急の窓口で「フジサン特急フリーきっぷ」と10時36分発の富士登山電車1号の整理券を手に入れて準備完了。その富士登山電車の発車までは1時間ほどあったので、駅の甲府寄りに掛かる歩道橋から中央線や富士急の列車を撮影して過ごしました。特段ここにあてがあったわけではなく、どこか撮影できるところがないかと探していてやってきた次第で、この歩道橋からは大月のシンボルといえる岩殿山をバックに撮影することができます。

E257系@大月'11.7.2
岩殿山をバックに撮影してみましたhappy01

 そんな折、大宮から来るはずのホリデー快速河口湖3号が、この日は車両トラブルが発生したとかで富士急の1000形による代走となりました。実は帰りの4号の指定券を押さえてあり運転されるかどうかが心配でしたが、その後確認したところ富士急線内への乗り入れはせずに大月始発で運転されるとのことで、取ってあった指定券は無駄にならずに済みました。

富士急1000形@大月'11.7.2-1
大月を発車するホリデー快速河口湖3号の代走列車

 10時20分過ぎに切り上げて大月駅へと戻ってきました。改札付近は富士登山電車のキャラクターである谷村みすずさんの等身大パネルがお出迎え。そのみすずさんにご挨拶して富士登山電車に乗り込みます。

谷村みすず等身大パネル@大月'11.7.2
みすずさんに見送られて・・・heart04

富士登山電車1号@大月'11.7.2
富士登山電車に乗り込みます

富士山駅誕生HM
富士山駅誕生を記念したヘッドマークも登場happy01

 10時36分、定刻に大月を発車。車内はまずまずの乗車率で、空きすぎず混みすぎずといったところ。富士山の山開きとあってもっと混んでいるかとも思ったんですが、思えば富士登山をするとなればもっと早い時間に乗っているわけで、周りの乗客のほとんどが観光客でした。

 車内では、みすずさん、もといアテンダントさんによる沿線の観光案内が行われていましたが、あいにくこの日の午前中は曇り空で、この列車の売りである車窓からの富士山の景色は拝めませんでしたweep

 富士登山電車は11時15分頃、下吉田駅に到着しました。ここでは15分ほどの停車時間があり、記念撮影などを楽しむことが出来ますが、何と言っても今回この駅にやってきた一番の目的はやはり今年4月にオープンしたブルートレインテラスですね。昨年10月に訪れた際、富士吉田の車庫で止まっていたスハネフ14がいたのを見て、果たしてどんな使われ方をするのかと気になっていましたが、さすがに本線上を走行というわけにはいかず、結局ここ下吉田で展示されることになりました。

 改札口で手持ちのフリーきっぷを見せ、D型硬券の入場証を貰ってから中へと入ります。車内には土休日の一部時間見学が可能で、車内は現役のときに使われたままの状態でした。

ブルートレインテラス入場証
ブルートレインテラス入場時に貰えるD型硬券の入場証

スハネフ14-20@下吉田'11.7.2
ここ下吉田で余生を過ごす元ブルトレ客車

スハネフ14寝台
車内の寝台も現役時代のまま

 一通り見学を済ませて駅の外へ。この後は後続の115系団臨の撮影を試みましたが、長くなってきましたので、今回はこのくらいで一旦切ります。

|

« 宮原通信(7/2)~何もなし | トップページ | 宮原通信(7/3・午前の部)~あけぼの・湘南色 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/52129995

この記事へのトラックバック一覧です: 【7/2】夏の富士急訪問記その1~富士登山電車とブルートレインテラス:

« 宮原通信(7/2)~何もなし | トップページ | 宮原通信(7/3・午前の部)~あけぼの・湘南色 »