« 宮原通信(7/28)~しばらくお休み・・・ | トップページ | 【7/29】関東鉄道キハ350形に乗る »

2011.08.02

【7/24】吾妻線紀行その3~特急リゾート草津号に乗車

 吾妻線の旅もいよいよ大詰め。締めは特急リゾート草津号で大宮まで乗車します。

 川原湯温泉からの普通列車で長野原草津口へとやってきました。久しぶりに降り立ったこの駅で目に付いたのが、ホームと改札付近の変わりぶり。1番線ホームには車止めが造られ、以前は2階部分にあった改札口が1階になり、階段の昇り降りがいらなくなりました。この駅の改修工事も前の記事でも書いた八ツ場ダムの工事が関係しているようで、駅そのものは水没しないものの、ダム完成の暁にはこの駅の周辺も大きく変わることになりそうです。

特急リゾート草津@長野原草津口'11.7.24-1
車止めができていた長野原草津口駅

 待ち時間は20分ほどしかなく、駅周辺を散策する暇もなくすぐにホームへ。すでに1番線にリゾートやまどりが入線しており、一通り車両の観察と撮影を済ませてからきっぷに記された車両に乗り込みました。

特急リゾート草津@長野原草津口'11.7.24-2
リゾートやまどりにいよいよ初乗車wink

和室@リゾートやまどり
2号車のミーティングルーム「和」

リゾートやまどりロゴ
リゾートやまどりのロゴ

 リゾートやまどりについては、6月に上野駅で行われた展示会でざっとではありましたが見学済みなので、ここで改めて細かく書くことは避けますが、15時46分に発車し先ほど降り立った川原湯温泉駅を過ぎたあたりで、入口にいた地元ボランティアの方による民話の語り部が始まりました。恥ずかしながら内容についてはあまり覚えておりませんが、次の中之条でボランティアの方が下車した後は、後方の展望スペースでハーモニカの演奏が続けて行われました。これらのイベントも群馬DCに合わせての企画とのことですが、以前乗車したリゾートしらかみの車内で津軽三味線の演奏が行われたのを思い出しました。こうしたリゾート列車でのさまざまなイベントのノウハウが今回も生かされている印象を受けましたね。ただ欲を言えば、乗客の中には車内でゆっくり休息したいという向きもいるわけで、予約時などにその旨を伝えるところもあった方がいいかもしれませんね。

 一方車内の方ですが、撮影などで外から見ていると、そこそこ乗っているようには見えますが、この日の長野原草津口からの乗客は私の乗車した6号車には5人ほど。その後、中之条と渋川で少しずつ乗車し、高崎に到着したときには8割ほどとなりました。

展望室@リゾートやまどり
6号車の展望室。渋川までボランティアによるハーモニカの演奏がここで行われました。

 17時ちょうど、高崎に到着。ここで9分間の停車があったので、この間を利用してコンコースにあるコンビニでおみやげを手に入れることができましたが、ここ高崎を発車して高崎線内に入ると、特急には似つかないほどのゆっくりとした速度で進みました。このあたり、臨時列車の悲哀といったところでしょうかね?

 こうして18時26分、大宮に到着しました。

特急リゾート草津@大宮'11.7.24
大宮に到着

特急リゾート草津特急券
リゾート草津号の特急券

|

« 宮原通信(7/28)~しばらくお休み・・・ | トップページ | 【7/29】関東鉄道キハ350形に乗る »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/52375435

この記事へのトラックバック一覧です: 【7/24】吾妻線紀行その3~特急リゾート草津号に乗車:

« 宮原通信(7/28)~しばらくお休み・・・ | トップページ | 【7/29】関東鉄道キハ350形に乗る »