« 【8/28】旅立ち前の寄り道~大宮・蓮田・栗橋 | トップページ | 今日は »

2011.09.03

東海道・山陽新幹線300系、来年12月で引退

 こちらにも書きましたが、先月小田原で300系を撮影していた際、他にも300系を撮影しに来ていた方を多く見かけましたが、引退まではまだ1年以上あるので、撮影や乗り収めは今のうちの方がいいかもしれませんね。

 のぞみ号が東海道新幹線に登場したのが’92年3月。当時は名古屋通過ののぞみがあって、これがなかなか話題にもなっていましたが、今思えばちょうど長崎に住んでいた頃だったので、一度くらい名古屋通過を体験してみても面白かったかもしれません。今となってはそれも過去のこととなりましたが・・・。

 300系に初めて乗ったのはデビューしてから1年ほど経過した’93年の5月。区間は博多から新大阪までで、これがのぞみ号初乗車でもありましたが、当時はまだ100系が16両編成で走っていた頃で、食堂車が連結されていた100系とは対照的に座席車中心の300系は何とも味気のない車両でがっかりした記憶がありました。その「グランドひかり」も次第に本数を増やしていったのぞみと入れ替わるように次第に本数を減らし、果ては食堂車はおろか車両数も減らして短いものでは4両編成として山陽新幹線で今も運転されていますが、後継車両も座席車中心となり、移動するだけの手段となってしまった感が否めません。

 登場してから20年弱と引退にはまだ早い気もしますが、在来線の車両に比べれば新幹線の車両ははるかに寿命が短いので、これもいたし方のないところなんでしょうね。

 参考:YOMIURI ONLINEの記事

300系@徳山'09.5
この顔が見られるのもあと1年ちょっととなりました(徳山駅:'09年5月)

|

« 【8/28】旅立ち前の寄り道~大宮・蓮田・栗橋 | トップページ | 今日は »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ついに300系までも余命宣告がなされてしまいましたか・・・大変残念でなりません。

私の世代だと、300系は「のぞみ」主力車両。新幹線のスターである500系には一歩及ばないものの、いわゆる「のぞみ」号として日々活躍している・・・という印象でした。しかし、それも700系・N700系の登場で崩れてゆき・・・この現状となったわけですね。

思えば、東海道新幹線もここ10年くらいでだいぶ様相が変わったものですね。500系の東海道区間撤退もかなりショックでしたが、この300系引退の方がはるかに大きなダメージを与えてくれました・・・。
確かに、0系・100系時代を見ている方からすると味気ない車両だったのかもしれませんが、これを見て育ってきた身からするとやはりとても悲しいです。

まだ、臨時のぞみ運用くらいには入っているかと思いますが(?)、「引退」の時期が明言されてしまったわけですから、記録をするなら早い方が良さそうですね。

投稿: ちゃまた | 2011.09.04 00:37

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 個人的には一世代前の100系に食堂車が入っていたことから、ビュッフェ車すらない300系には味気なさを感じてしまいましたが、その後デビューした車両には当然ながら供食出来る車両は連結されておらず、ある意味ではこの300系の登場が現在に至るまでの新幹線車両の基本になったかもしれません。

 それにしても、つい先日500系が引退したと思ったら300系も引退と新幹線車両の入れ替わりは早いですね。それに比べて東北・上越新幹線の200系は相変わらず走っておりますが、こちらもいつまで走るのか気になるところです。

投稿: mattoh | 2011.09.07 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/52634470

この記事へのトラックバック一覧です: 東海道・山陽新幹線300系、来年12月で引退:

« 【8/28】旅立ち前の寄り道~大宮・蓮田・栗橋 | トップページ | 今日は »