« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011.09.30

宮原通信(9/24・夕方編)~銀ガマ安中貨物など

 24日の夕方編です。例によって安中貨物をメインに狙うことにしましたが、15時20分頃やってくる上りの貨物を狙おうとしたら、いつもは65で来るはずがEF66が引っ張っていました。この日だけなのかどうかはわかりませんが、66の牽く貨物を高崎線でなかなか撮影する機会が少ないので、思わぬところで出会いました。

EF66-119@宮原'11.9.24
65の代わりに66でやってきました

 一方の安中貨物、この日は”銀ガマ”510号機が担当でした。この銀ガマもカシオペアを牽くところがなかなか撮影できないんですよね。

EF510-510@宮原'11.9.24
この日の安中貨物は銀ガマでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦旅’11年北海道編その3~朝錬in 札幌 市電編

 北海道の旅も早一月が経過しましたが、なかなか記事が書けないでおります。まあ毎度のことではありますけど・・・coldsweats01

 さて北海道2日目の29日、6時前に目が覚めました。着替えをしてホテルの外へ。目指すのは前日、すすきのから乗った市電で降り立った山鼻9条電停付近ですが、ここで朝食前の腹ごなしがてら朝錬をしようと思います。

 札幌市電の始発は6時過ぎなのでそろそろ来る頃と思い、電停付近の交差点の角で待ち構えていると、すすきのへ向かう電車が近づいてきました。1988年に製造された8520形という車両で、車体には求人情報サイトの派手なラッピングが施されていました。

札幌市交通局8520形@山鼻9条'11.8.29
朝錬の1本目は8520形

 この8520形が通り過ぎた後はしばらく何も来ず、そのうちその8520形がすすきのから折り返して戻ってきましたが、入れ替わるようにそれ違ったのは、濃いグリーンの丸っこい車体の電車でした。250形という“札幌スタイル”と呼ばれる独特の車体で、前の日の晩に乗った210形とよく似た格好をしています。

札幌市交通局250形@山鼻9条'11.8.29
”札幌スタイル"と呼ばれる250形がやってきました

 この時間帯は交通量もそれほど多くなく、撮影するにはいい時間だったかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.29

宮原通信(9/24・昼編)~リゾート草津ラスト等

 24日の日中編です。前日草津4号に入っていた湘南色185系、翌日はあかぎに入るだろうと思い待っていたら、6号で上がってきました。

特急あかぎ6号@宮原'11.9.24
この日の湘南色はあかぎ6号に

 ところで群馬DC期間中、新宿と長野原草津口を結んだ臨時特急リゾート草津号ですが、この連休で運行が一旦終了となりました。先月発表された秋の増発列車のリリースを見ると、来月の連休中に運行されるものの、秋口はこのときのみとのことで、ここでの撮影は少なくなりそうです。思えば運行開始の7月はこの列車目当てのギャラリーの姿を見かけたものですけど、後半はめっきり見なくなりました。

特急リゾート草津@宮原'11.9.24
群馬DC期間中はこれでおしまい>リゾート草津

 午前中最後は土曜日のお楽しみ、配6794レ。この日は原色ガマでの運行でした。

EF64-1006@宮原'11.9.24
配6794レは原色1006号機でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/25】ELみつみね号“撮”&“乗”記番外編~りんかい線開業15周年記念ラッピング電車

 25日の続きになりますが、こちらは番外編ということで。

 東武東上線で川越へ到着後、川越線に乗り換えようとホームで待っていたら、りんかい線70-000形に何やら赤いペイントが施されていました。子供番組に登場するキャラクターで、りんかい線開業15周年を記念して登場したラッピング車両でした。

東京臨海高速70-079@川越'11.9.25

りんかい線開業15周年記念ラッピング
(2枚とも)りんかい線開業15周年記念ラッピング車両に乗ることが出来ましたhappy01

 何分1編成しかないとあってなかなか会うことができませんが、今回ここで乗ることが出来るとは思っても見ませんでしたね。

 なお新木場側の先頭車にはもう一体の人気キャラのラッピングが施されていますが、今回すでに体力がほとんど余っていなかったこともあり、こちらは後日確認したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.28

宮原通信(9/24・早朝編)~前日と同じ

 3連休中日の24日は休息日ということで、地元でのんびりと過ごしましたが、早朝の朝錬は前日と同じで2本の夜行列車以外特筆するものはありませんでした。

 そんなわけで、2日連続で同じものになってしまいますが、能登とあけぼのの画像を紹介しておきます。

急行能登@宮原'11.9.24

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.24
(2枚とも)この日の朝錬は前日と同じ顔ぶれでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/25】ELみつみね号“撮”&“乗”顛末記

 9月最後の3連休、群馬DCのフィナーレを飾るにふさわしくSLの重連運転が行われ、うち24日と25日は秩父鉄道のパレオを牽いているC58が群馬県へ出張してきました。そこでこの両日は代役としてELが客車列車を引っ張ることになりましたが、うち25日のELみつみね号の様子を見に2ヶ月ぶりに秩父を訪ねてまいりました。

 熊谷で例によって1日乗車券を手に入れてから出発。ここで問題となったのがどこで撮影するかでしたが、最近広瀬川原で撮影することが多かったのでたまには場所を変えてみたいところでした。そこで武川で下車し、久しぶりに明戸方面へ5分ほど歩いた線路脇へと向かいました。

 下りのELみつみね号の通過まで1時間ほどあるので、行き交う列車の撮影をすることに。すると貨物専用の三ヶ尻線を貨物列車が頻繁に行き来していました。広瀬川原だと貨物列車が来ないので、ここだと貨物列車を撮影する楽しみがありますね。

秩父デキ108号@武川'11.9.25
三ヶ尻線を行き来する貨物列車を見ながら時間潰し

 到着してから1時間ほどの10時20分頃、ようやく真打ちが登場です。先頭に赤いデキ103号、そして後続に“茶釜”のデキ505号という重連でやってきましたが、もちろんこの組み合わせでの運転を見るのはこれが初めてとなりました。

ELみつみね@武川'11.9.25
赤いデキ103号を先頭にやってきた、「ELみつみね号」

 足早に武川駅へと戻り、窓口で急行券を入手。すぐ後にやってくる急行に乗って先を急ぐことにしました。広瀬川原で撮影するときはこの急行の後にやってくる各停に乗り込みますが、この日は西武秩父駅に用事があったため先を急いだ次第。御花畑に到着し、すぐに西武秩父駅へやってくると、目的のブツはまだ売っていて、無事に入手することが出来ました。人気アニメだけに2日前の発売初日で完売すると思っていただけに、無事入手できたのはラッキーでしたが、この日はこのアニメの関連イベントが市内で行われていたそうで、それらしいファンの姿が西武秩父駅周辺で多く見かけました。

 御花畑駅前にあるそば屋で昼を済ませてから再び秩父鉄道で出発。ELみつみね号をもう1ヶ所どこかで撮影しようと思いますが、あまり時間がないことからいつも行く浦山口付近はパスして武州中川で下車することに。実はこのとき勘違いをしていまして、本当だったら武州日野駅で降りるところ間違えて1つ手前で降りてしまいました。しかも武州中川駅周辺は撮影に関しては馴染みがなく、武州日野駅方面へ歩くこと10分ほどの安谷川の鉄橋までやってきました。ここでの撮影はもちろん初めてで、以前ここを列車で通過した際に撮影している人の姿を多く見かけましたが、編成全ては入らないものの山間の木々の中を走る姿を撮影することが出来ました。

ELみつみね@武州中川'11.9.25
安谷川の鉄橋を渡るELみつみね号

 武州日野駅から乗り込んだ三峰口行きの列車はリバイバルカラーの1007F。しかも羽生側の先頭車には「熊高の森」と書かれたヘッドマークが取り付けられていました。数年前から県立熊谷高校(熊高)の卒業生により長瀞の宝登山で森作りの活動が行われているそうで(詳しくはこちら)、それに合わせたものとのことです。

秩父クハ1207@三峰口'11.9.25
「熊高の森」ヘッドマークをつけた1007F

 この後はいよいよELみつみね号に乗り込みます。改札で記念乗車証を貰ってから列車へ。帰りは”茶ガマ”ことデキ505号が先頭に立ちました。

ELみつみね@三峰口'11.9.25
帰りは茶ガマが先頭でした>ELみつみね

 14時3分、ELみつみね号はゆっくりと三峰口を発車しました。このEL列車、パレオと大きく異なるのは乗車券だけで乗ることで、気軽に客車列車の旅が味わえます。また発車直後流れてきた車内放送は秩父出身の落語家である林家たい平師匠によるもので、これは4月に乗車したときも師匠による沿線案内が流れていましたね。来月10日には長瀞駅開業100周年を記念したイベントでたい平師匠による寄席が行われるとのことで、こちらはすでに前売りの席などは完売したようです。

 SLと同様、ゆっくりとした速度で秩父路を走ること1時間半、15時半過ぎに寄居に到着。今回はここで見送り、東上線に乗り換えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.27

宮原通信(9/23)~台風一過

 先週の水曜日に台風15号が関東に接近。ちょうど仕事帰りだったもので、自宅から持ってきた傘が雨と強風によってぼろぼろになってしまいましたtyphoon。翌木曜日には晴れ間も覗かせ、週末は穏やかな天気に恵まれましたが、そんな連休初日は群馬DC期間中最後の群馬詣でだったので、早朝のみとなりました。

急行能登@宮原'11.9.23

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.23
この日はいつものラインアップでした>能登、あけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/23】木造駅舎と焼きまんじゅうの旅その2~焼きまんじゅうとぐんまちゃん

 23日の続きです。大間々駅から赤城駅へ歩いていると、「焼きまんじゅう」と書かれた旗が通り沿いにあるのを見つけました。焼きまんじゅうといえば群馬県の名物ですが、実は群馬DC期間中にまだ味わっておらず、おそらく今回が期間中最後となるであろう群馬詣でで食べておきたいと思っていました。さっそくその旗を目安に店のあるところへとやってくると、白塗りの壁の「美濃屋」というお店が見えてきました。

 店内に入り、さっそく焼きまんじゅうを注文。ここは串刺しではなく皿に盛った状態で出てきましたが、昔と変わらぬ味を堪能することができました。ちなみにこれで150円でした。

焼きまんじゅう@美濃屋
群馬名物、焼きまんじゅうにようやくありつけましたhappy01

 実は焼きまんじゅうには思い出がありまして、子供の頃、毎年のように家族旅行で連れて行かれた赤城山大沼のみやげ物屋で必ず食べたのがこの焼きまんじゅうでした。その後、大人になってからはなかなか食べる機会がありませんでしたが、最近はB級グルメブームなどで少しずつ身近でも見かけるようになってきました。

 空腹感が和らいだところで再び歩き続けて赤城駅へ。この後は東武に乗って太田を目指そうと思いますが、次の普通列車までかなり時間が空いてしまうことから特急料金500円を払ってりょうもう号に乗ることに。13時7分、りょうもう26号は赤城を発車。桐生線内を走ること20分ほどで太田に到着しました。

 こうなると太田の名物である焼きそばを食べたいところでしたが、駅周辺には案内所らしきものが見当たらず、情報がない状態でした。やむなく駅周辺を探したものの、それらしいものはなしweep。やむなく駅近くにあった居酒屋でランチの定食をいただいてきました。

 この後は伊勢崎へ向かいますが、出発までしばらくホームで過ごすことに。ここではぐんまちゃんのイラストが入ったヘッドマーク入りの車両と対面。特にりょうもう28号に入っていた200系のものは今回撮影したいところでしたので、ようやく目的達成となりました。

東武800系@太田'11.9.23

東武200系@太田'11.9.23
(2枚とも)東武のぐんまちゃんヘッドマーク付き列車2題を撮影

 14時43分、先程撮影したぐんまちゃんヘッドマーク付き800系に乗り込み太田を出発。20分ほどで終点の伊勢崎に到着しました。伊勢崎駅は現在、駅周辺の連続立体化工事が真っ盛りで、かつての平屋の駅舎に代わってどこにでもある駅になってしまいました。かろうじて東武伊勢崎線のホームがかつての面影を残していますが、先程滞在した太田同様、この付近の駅周辺の様子がだいぶ変化していることにただ驚かされます。

 高崎行きの列車がすぐ来るとのことなので、駅をほとんど観察せずに伊勢崎を後にしました。途中、新前橋では後続の草津4号に充てられる湘南色185系OM03編成を見かけたので、1本落として観察。後続の列車で高崎へとやってきました。

185系@新前橋'11.9.23
新前橋で湘南色185系に遭遇。この後、草津4号で上野へ。

 高崎では乗り換えの合間にぐんまちゃんのヘッドマークをつけた115系や先程新前橋で見かけた湘南色185系の草津4号などを撮影して時間潰し。あと1時間もすればSLもやってくるので、さぞかしそのときには大賑わいになったことと思いますが、さすがに時間もなくなるので、16時13分発の湘南新宿ラインで高崎を後にしました。

特急草津4号@高崎'11.9.23
新前橋からやってきた草津4号

115系@高崎'11.9.23
これで見納め(?)>ぐんまちゃんHM

 途中の籠原で増結作業のため停車中、下りホームに安中貨物が入ってきたので、撮影して時間潰し。時間的にはそろそろやってくるんじゃないかと思っていたところでしたが、この日はその後にカシオペアの迂回運転があったことから、高崎線内の各駅や沿線にカメラを持ったギャラリーを多く見かけました。時間的には余裕があったので、降りて撮影も出来たんですけど、さすがに体力もなくなっていたので、車内から通過するところを見るに留めました。ちなみに北鴻巣を過ぎたあたりでそれ違いました。

EF510-505@籠原'11.9.23
籠原で撮影した安中貨物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.26

宮原通信(9/19・午後編)~湘南色185系&安中

 地元ネタが停滞中でしてcoldsweats01、何しろ画像の整理が思うように進まないのが原因だったりしますが、1週間前の連休最終日の夕方、湘南色185系OM03編成が入った特急草津32号と安中貨物を載せておきます。

特急草津32号@宮原'11.9.19
朝と夕方の1本ずつ撮影できました>185系OM03編成

EF510-515@宮原'11.9.19
お馴染みの安中貨物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/23】木造駅舎と焼きまんじゅうの旅その1~わ鐡トロッコ列車と上神梅駅

 3連休初日の23日、群馬DC期間ではこれが最後となるであろう群馬詣でに行ってきました。この日もぐんまワンデーパスを使用しようと思い、やってきたのは栃木駅。しかしこの駅には指定席券売機はなく、代わりに「もしもし券売機Kaeru君」というオペレーターとのやり取りできっぷを購入するシステムが導入されていました。何分慣れていないので多少の戸惑いはありましたが、すんなりとぐんまワンデーパスを手にしていよいよ出発です。

 両毛線に乗り込み、桐生にやってきました。ここからわたらせ渓谷鐡道(通称:わ鐡)に乗り換えますが、乗り換え時間がわずかなので、手早く乗り込むと2両編成のディーゼルカーはゆっくりと桐生を発車しました。

 今回わ鐡に来たのは、この日と翌24日に運転されたトロッコ列車「わ鐡のわっしー号」を撮影するため。本来なら足尾あたりまで乗りたいところではありましたが、この列車、先ほど栃木駅で手に入れたぐんまワンデーパスでは乗車することができません。自社線のみ有効のフリーきっぷはOKだったようですが、わ鐡のトロッコ列車は以前乗車済みなので、今回は撮影のみに留めます。

わ鐡わ89-300形@上神梅'11.9.23
ホームに花咲く上神梅駅にやってきましたtulip

 ディーゼルカーは大間々を過ぎ、次第に山間深くへと進んで上神梅に到着。ここで下車することにしました。この駅といえば何と言っても古い駅舎ですね。建築されたのが開業した年の1912年(大正元年)ですから100年近い歴史がありますが、3年前には国の登録有形文化財に登録されています。

上神梅駅舎'11.9.23
静かな山間に佇む開業当時からの木造駅舎

 トロッコ列車が来るまでの1時間ほど、木造駅舎と花咲くホームに佇んで過ごしていましたが、やがて10時46分発桐生行きが足尾方面からやってきました。使用されていたのは、今年3月から運行を開始したWKT-501形。外観の塗装は事前に出された案の中から投票で決めたものとなっています。

わ鐡WKT501形@上神梅'11.9.23
今年の春に投入された新車がやってきました

 それから20分ほどして今度は桐生方面から間藤行きのディーゼルカーがやってきましたが、こちらは先ほど桐生から乗ってきたのと同じタイプの車両で、先頭には群馬DCのキャラクターであるぐんまちゃんのイラストが入ったヘッドマークが取り付けられていました。

わ鐡わ89-310形@上神梅'11.9.23
ぐんまちゃんのヘッドマークをつけた間藤行きディーゼルカー

 古い駅舎と花咲くホームという組み合わせからギャラリーが増えそうな気配でしたが、地元の子供たちが遊んでいる他は自分だけという状況の中、11時20分過ぎにいよいよトロッコ列車がやってきました。牽引しているDE10の先頭には「わっしー」というわ鐡のキャラクターがデザインされたヘッドマークが取り付けられていましたが、なんとものっぺりとした微妙なキャラクターですねcoldsweats01

わ鐡のわっしー号@上神梅'11.9.23
足尾に向けて上神梅駅を通過する「わ鐡のわっしー号」

 トロッコ列車も通り過ぎ、上神梅駅は再び静かな山間の駅へと戻りました。この後大間々方面へと戻ることになりますが、何分次の列車まで1時間以上もあり、さすがにこれ以上ここで待っているのも退屈だったため、大間々まで歩いていくことにしました。どれくらい掛かるのか全く見当が付きませんでしたが、何もない駅で1時間待っているよりは少しでも先に進んでおきたいと思い、交通量の多い車道に沿って山道を歩くこと40分ほど、何とか大間々駅の前までたどり着きました。

 大間々駅を覗くと、先程降り立った上神梅駅の登録有形文化財登録を記念したきっぷを販売していたので、1部手に入れてから赤城駅方面へと向かいました(つづく)。

上神梅駅登録有形文化財登録記念きっぷ
大間々駅で手に入れた上神梅駅の記念きっぷ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.25

【9/18】上信イベント&レトロ客車の旅その2~ELレトロ碓氷号に乗る

 先週18日の続きです。高崎駅の観光案内所でだるまをいただいた後ホームへ。12時18分発横川行きの列車で出発しました。12時45分、横川に到着。列車から降りると、隣のホームにEF64の1001号に連結された旧型客車が止まっているのが見えたので、さっそく撮影することにしましたが、この列車がこの後乗車するELレトロ碓氷号で、ここに停車中は格好の被写体となっておりました。

快速ELレトロ碓氷@横川'11.9.18-1
横川到着後、高崎へ向かうまで休憩中のELレトロ碓氷号

 当初1本後の13時45分着の列車で来る予定でしたが、特に用事がなかったので、一足先にここへ周辺をブラブラすることに。とはいうものの、横川界隈で時間潰しと言っても行くところは限られてしまい、結局向かった先は鉄道文化むらでした。前回訪れた1月のときは閉館間近だったこともあって来場者はまばらでしたが、今回は連休中日とあってさすがに多くの人で賑わっていました。そんな中残念だったのが、展示車両の車内に軒並み入れなかったこと。ドアに硬くワイヤーで固定されてしまい、中に入ることが出来ませんでしたweep

ナハフ11-1@鉄道文化むら'11.9.18
鉄道文化むらに展示されているナハフ11。今回、車内見学は出来ませんでしたweep

 ゆっくり落着いて見る事も難しく、早々に退散して横川駅へと戻り、早めにホームへ。レトロ碓氷号の列車を観察しているうちに14時52分着の高崎からの列車が到着しましたが、ぐんまちゃんのイラスト入りヘッドマークをつけた群馬DCのラッピング車両でした。この車両に会いたいと思っていましたが、これまでなかなか会うことが出来ず、今回ようやくキャンペーン終了近くになって何とか会うことができましたhappy01

115系@横川'11.9.18
ぐんまちゃんHM付きの115系をようやく撮影できましたhappy01

 そろそろ出発の時刻が迫ってきたので、指定券に指定された1号車に乗り込みます。その乗り込んだ車両はオハニ36形という座席と荷物のスペースを設けた合造車で、ニス塗りの座席が特徴ですが、同じタイプの車両は先程見学した鉄道文化むらにも展示されていますね。

快速ELレトロ碓氷@横川'11.9.18-2
帰りはしんがりを努めます>C61

オハニ36-11@横川'11.9.18
座席部分と荷物部分を設けたオハニ36形

 定刻15時10分発でしたが、ドアの不具合があったとかでおよそ10分遅れで横川駅を発車しました。途中の停車駅は磯部と安中の2駅のみですが、そのうちの安中駅では停車時間が少しあったので、ホームに出て一息入れることに。ここ安中といえば何と言っても普段お馴染みの安中貨物ですね。構内の引込み線には真新しいタキ1200形が1両だけポツンと止まっているのがレトロ碓氷号の車内から見ることが出来ましたが、ここ安中で作業している安中貨物の姿を一度見たいものです。

快速ELレトロ碓氷@安中'11.9.18
安中で小休止

タキ1200形@安中'11.9.18
”安中貨物”でお馴染みのタキ1200形

 安中を過ぎると終点高崎まで一度走り続けますが、途中の群馬八幡駅を過ぎた辺りでは車窓にだるまを製造している小さな工場を発見。太陽の光が製造途中のだるまの赤に反射してなかなかきれいなものでしたが、北高崎を過ぎて終点の高崎に到着。駅では駅員さんによるお出迎えもありました。

 さてこれで後は帰るだけ。今回は7月のときに乗車した特急リゾート草津で帰途につきます。車内はなかなかの盛況ぶりで、家族連れで来ていた小さい子供たちがときより車内を行ったり来たりしていましたが、そんな中1時間以上掛けて大宮駅に到着しました。

特急リゾート草津@高崎'11.9.18
2度目のリゾート草津で帰途に

快速ELレトロ碓氷号指定券

特急リゾート草津号指定券
(2枚とも)この日使用した指定券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
三峰口に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.24

宮原通信(9/19・朝編)~連休最終日は地元で

 先週の3連休の最終日は地元でじっとしていました。早朝はあけぼの、日中は湘南色185系を中心にあれこれ活動していましたが、特に変わったものはなく平穏な1日でしたね。

 1日の報告をいっぺんにするのもアリではありますが、実は画像の整理が先程落ち着いたばかりということで、ここでは午前中撮影したあけぼのと湘南色185系を載せて午後の貨物などは後日改めて報告いたします。

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.19
朝日を浴びながら一路上野へ

特急草津31号@宮原'11.9.19
前日乗車したのと同じ草津31号に湘南色M03編成が入りました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/18】上信イベント&レトロ客車の旅その1~イベントとスタンプラリー完集

 連休中日の9月18日は少し遅めに自宅を出発。高崎線に乗り込み、上尾で後続の高崎行き快速に乗り換えましたが、乗り込んだ車両が籠原での切り離し編成だった上に混んでいたこともあり、熊谷で見送ることにしました。この後20分ほどすれば臨時の特急草津31号があるのでそれに乗っていくことにしましたが、ホームで待っていると新宿へ向かうリゾート草津号の送り込み回送が接近。これを撮影して時間潰ししました。

485系@熊谷'11.9.18
熊谷で出会ったリゾートやまどり

 臨時特急草津31号は湘南色のOM03編成。しかしこの列車の自由席も先程の快速並みに混んでいて、2両しかない自由席はほぼ座席が埋まっていました。それでも高崎まではどこも停車せず、熊谷から30分で高崎に到着しました。

特急草津31号@高崎'11.9.18
臨時特急は湘南色185系でした

 さっそく向かったのは、上信電鉄の車庫。この日は「頑張るぐんまの中小私鉄フェア2011」と題したイベントが行われており、まずはこちらを覗いていきますが、この日の注目はやはりデキでしたね。しかもこの日はデキに旧客を牽引した臨時列車が運行されるということで、構内には旧客が連結されたデキの姿を見ることが出来ました。

上信デキ3号@高崎'11.9.18
旧客を連結したデキ。この後、臨時列車として下仁田まで1往復しました。

 この臨時列車の動いている様子を見たいところではありましたが、あいにくこの後は横川へ行く予定だったので、ここでの展示を見るに留めました。

上信500形@高崎'11.9.18
こちらも展示されていました>999号

 イベント会場は早々に離れ、市内へと繰り出します。この後、前週に回ってきた「まちなかスタンプラリー」が残り1個で完結となることから、ランチを兼ねて訪ねることに。スズラン百貨店4階にある「ボンジョルノ」というパスタ店で、スタンプラリーの対象メニューとなっている「鉄道イカ墨スパゲッティ」を頂いてきました。

鉄道イカ墨スパゲッティ@ボンジョルノ
この日のランチはイカ墨スパゲッティでしたrestaurant

 無事3個目のスタンプもゲットして高崎駅へ。改札前の観光案内所で景品のだるまを貰ってきました。だるまといえば高崎の名産品ですが、SLやデキの車体の色に合わせた黒いだるまです。

黒だるま
景品の黒いだるまを無事ゲットhappy01

 これで後は横川へと移動しますが、切りがいいのでこの辺りで一旦切ることといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/17】関東鉄道1日旅~キハ350形“乗”編

 先週17日の関東鉄道の旅もこれで完結となります。

 大宝駅へと戻り、水海道方面の列車を待ちますが、この後は先ほど撮影したキハ101号に乗車します。しかし下館からの折り返しまで待ち時間がちょうど1時間あり、残暑が厳しい中を待ち続けるには正直しんどいところでした。そこで1本前で先行し、この先から乗り込むことにしました。

大宝駅舎'11.9.17
大宝駅は神社風の駅舎

 下妻を過ぎて次の宗道駅に差し掛かったとき、ホームに咲いていたコスモスに目が止まり、思わず腰を上げました。待つこと20分ほど、下館から折り返してきたキハ101号が到着しました。

関鉄キハ100形@宗道'11.9.17
コスモスが咲く宗道駅に到着するキハ101号

 単行のディーゼルカーといえば真っ先にキハ52形あたりを思い浮かべますが、広大な田園地帯を走り抜けるキハ30形もまたいいものですねhappy01

 こうして14時55分に水海道駅に到着。キハ101号から降り立った一部の乗客を乗せた取手行きを見送りました。

関鉄キハ100形@水海道'11.9.17
プランターがコスモスからヒマワリに変わっていました

 この後は最後のトリ、キハ350形に乗って取手を目指します。その前に窓口で「さようならキハ350形」と題した記念乗車券のセットを購入。それを手にしてから再びホームへと入りました。さすがにこのあたりまで来るとキハ350形これ目当てのギャラリーも増えてきましたが、そんな中、一旦水海道の車両基地に引き上げていたキハ350形が接近してきました。

関鉄キハ350形&キハ2300形@水海道'11.9.17
これ(左)に乗って取手へ

さようならキハ350形記念乗車券
待ち時間で手に入れた、「さようならキハ350形記念乗車券」

 15時29分、取手行きはゆっくり水海道を発車しました。前回7月のときは三妻から水海道の乗車だったため、あまり長い時間乗り続けることが出来ませんでしたが、今回は取手まで30分ほどかかるので、前回の分を取り返すことができそうです。そんな非電化路線では異例の複線区間をひた走ること16時1分、キハ350形は終点の取手に到着。これで関鉄の旅も無事終了となりました。

関鉄キハ350形@取手'11.9.17
終点の取手に到着

 この後はまっすぐ帰るだけ。上野へ向かうため常磐線の乗り場へとやってきたら、常磐緩行線ホームに209系が止まっているのが見えました。常磐緩行線の中では2本だけと少数派に位置する車両なので、これに乗り込むことに。これが引退間近の203系だったらもっと面白いところでしたが、こちらはこの先の我孫子の車両基地で寝ているところを車内から確認しました。

クハ209-1002@取手'11.9.17
”レア車”209系に乗車

 さすがにそのまま乗り続けていたのでは帰りが遅くなってしまうので、柏で快速に乗り換えて上野へ。ここからはラストとなる高崎線の列車に乗りこみましたが、上野を出て尾久車両センターに差し掛かった際、電留線に東海道本線用のE233系が止まっているのを見かけました。もちろんここでE233系を見るのは初めてでしたが、いったい何の目的で来ていたのか今も気になるところです。

E233系@尾久'11.9.17
尾久車両センターに止まっていた”謎”のE233系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.23

【9/17】関東鉄道1日旅~キハ350形“撮”編

 先週17日の続きです。下館駅に到着。いよいよ本題へと入っていきますが、その前にこれから使用する1日乗車券を手に入れなければいけません。で、今回は通常のものとは別の限定版の方にしました。これは「さようならキハ350形版」と題したもので、文字通りきっぷにキハ350形のイラストがデザインされていますが、2種類あって、1つが今回運転されている3511編成で、もう1つが国鉄カラーに塗装された353編成ものでした。両方欲しいところではありますが、これから1日お世話になるのが3511編成なので、敬意を示すべくこちらをチョイスいたしました。

さようならキハ350形1日乗車券@関鉄
さようならキハ350形版限定の1日乗車券をゲット

 すでにホームにはディーゼルカーが入っており、早々に乗り込むとすぐに発車しました。まずは下館行きのキハ350形を撮影しますが、実はどこで撮影するとかを全く決めていませんでした。まあ、とりあえずは車両を撮影できればいいと思っていたので何とかなるだろうとは思っていましたが、リニューアルした騰波ノ江駅にまだ降り立ったことがないことを思いついたので、駅舎の拝見がてら降りてみることにしました。

 ここはちょうど10年前に関東の駅百選のスタンプラリーで降り立ったことがあり、当時は無人の古い駅舎がなんともいい味を出していましたが、’08年10月に現在の駅舎にリニューアルされ、きれいになっていました。かつての駅舎で使用されていた資材を再利用しているとのことで、リニューアル化前の雰囲気も多少残っているあたりはうれしいところですね。

騰波ノ江駅舎'11.9.17
リニューアル化後初訪問となった騰波ノ江駅

騰波ノ江駅舎'01.5
ちょうど10年前に降り立った、リニューアル化前の駅舎

 さて、いよいよ本題のキハ350形の撮影をすべく場所をロケハンしますが、何分情報がないのでまずは下館方面へと線路に沿って歩いていくと、駅のすぐ側にある踏切がよさげでした。あいにくここからだと筑波山が見えない上に光線も逆光でしたが、行き交う列車を撮影していると何とかなる模様。こうして待つこと1時間半、太陽が雲に隠れたり出たりとコロコロと変わりやすい天気の中、水海道からやってきたキハ350形が到着しました。

関鉄キハ350形@騰波ノ江'11.9.17-1
先頭下館側を撮影

関鉄キハ350形@騰波ノ江'11.9.17-2
こちらは取手側。ヘッドマークが取り付けられていました。


 最後尾の取手寄りには「ありがとうキハ350形」と書かれた特製のヘッドマークが取り付けられていましたが、前後のうちの片方にヘッドマークを取り付けるあたり、普段の姿も撮影しておきたいという要望に答えた形でしょうか?

 11時19分発の守谷行きで騰波ノ江駅を出発。次の大宝で下車しました。今度は筑波山をバックに入れて撮影しようと思い、駅から10分ほど歩いた田園地帯の一角で待ちます。筑波山の頂上部分が林の木々から覗かせるところでしたが、正午過ぎに下館から折り返してきたキハ350形が通り過ぎていきました。

関鉄キハ350形@大宝'11.9.17
下館からの返しは筑波山を入れてみましたhappy01

 次は13時過ぎにやってくる単行のキハ100形を待ちます。が、それまで1時間ほどあるので、時間潰しとランチをしようと思い大宝八幡宮を訪ねてみることに。ここは昔、一度訪れたことがあるんですが、そのときはマイカーだったので関鉄での訪問は今回が初めてでした。その前に鳥居の手前にあるみやげ物屋で昼を済ませることに。他に客がいなかったのがちょっと不安でしたが、親切なおかみさんが出してくれたもつ煮定食をいただいた後、境内へ。社に鎮座する「平成狛犬」という一見風変わりな狛犬が何とも印象的でした。

大宝八幡宮'11.9.17

平成狛犬@大宝八幡宮'11.9.17
大宝八幡宮にご挨拶confident

 13時過ぎ、そろそろ目当てのディーゼルカーがやってくるので、先ほどキハ350形を撮影した場所へ。13時20分過ぎ、下妻方面から朱色のキハ101号がやってきました。

関鉄キハ100形@大宝'11.9.17
朱色が懐かしいキハ101号

 やはりこの色を見ると川越線を思い出しますね。当時はロングシートな上に非冷房ということであまりいい車両とは思っていませんでしたが、キハ30形も少なくなり今や撮影のためにギャラリーに追われるようになるとは思っても見ませんでしたね。

 そのキハ101号にこの後乗り込もうと思いますが、長くなってきたのでここで一旦切ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
「も」と言った方がいいかもしれませんが、群馬の名物を食べに来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.22

宮原通信(9/18)~定番コンビ

急行能登@宮原'11.9.18

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.18

 連休最初の17日は”わくドリ”が来るなどなかなかにぎやかでしたが、中日の18日はいつもの定番コンビのみ。静かな朝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.21

宮原通信(9/17)~”わくドリ”久しぶり

 最近サボり状態となっている地元ネタですが、久しぶりに書き記しておこうと思います。

 いつも通り早朝現地へと到着すると、普段以上にギャラリーの姿がありました。これは何か来ると思い、わくわくしながら待っていたら、583系使用の「わくわくドリーム」でした。

583系@宮原'11.9.17
久々の”わくドリ”と対面

 この583系、少し前までは仙台車両センター所属でしたが、元々秋田車両センターにいた編成が運用を離脱したため、代わりに転属となりました。それにしてもピカピカでしたねhappy01

 この日は能登の他にT18編成の団臨も来るなど、久しぶりに朝から大賑わいでした。

急行能登@宮原'11.9.17

485系@宮原'11.9.17
普段以上に国鉄型の比率が高い朝でしたhappy01

 そして最後はあけぼの。こちらを見送ってから出発となりました。

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.17
最後はもちろんこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/17】関東鉄道1日旅プロローグ~東武野田線HM付き&北斗星撮影

 今月に入り、群馬県の方ばかり出向いていてなかなか他のエリアへ足を運べない状況ですが、何分今月は「群馬鉄道月間」ということで、こういうときでないと1つのところを集中して回ることもなかなかないですからね。

 とはいっても、他のエリアにも注目するところはあるわけで、3連休初日の17日は10月上旬まで延長運転されることになった関東鉄道沿線を訪ねることに。宮原から大宮に向かうんで高崎線の上り列車に乗っていたら、大宮の手前で並走する野田線8000系の先頭に何やらヘッドマークらしきものが付いているのに気づき、大宮駅到着後に京浜東北線ホームから確認したところ、毎年恒例となっている秋の全国交通安全運動のヘッドマークでした。

東武8000系@大宮'11.9.17

秋の全国交通安全運動HM@東武
(2枚とも)今年もこの季節がやってきた~秋の全国交通安全運動

 付いていたのは8192F。野田線にはもう1本、81110Fにも付いているとのことです。

 6時56分大宮始発の宇都宮線普通列車に乗り込んで小山へ。予定より少し早めの出発だったため、小山では1時間ほどあったことから、時間つぶしがてら宇都宮線の列車を撮影していくことにしました。ちょうど8時半近くには北斗星も通過するのでそちらが一番の狙いでしたが、他にもEF66牽引の貨物列車がやってくるなど、1時間ほどながら充実したひと時を過ごしました。

寝台特急北斗星@小山'11.9.17
前日に続いて北斗星の撮影でしたcoldsweats01

EF66-36@小山'11.9.17
EF66牽引の貨物列車が停まっていました

 この後、8時48分発のいわき行きに乗車。関鉄の乗換駅である下館へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.20

【9/16】北斗星、流鉄、東武博物館・・・

 連休前の16日、1日休みを取って近隣をブラブラしてきました。今月に入ってから週末ごとに群馬へ出向いているもんで、他のところへはなかなか足を向ける機会がありませんが、まずやってきたのは大宮駅。ここで北斗星をお迎えしてきました。平日な上にカシオペアが来ないとあって、この日はギャラリーも少なめでした。

寝台特急北斗星@大宮'11.9.16
この日最初のミッションは北斗星

 この後埼京線に乗り換えて南与野へ。ここでの目当ては先月末から登場したりんかい線70-000系のラッピング車両。フジテレビの子供番組に登場するガチャピンとムックをデザインしたもので、りんかい線開業15周年を記念して登場しましたが、何分情報がないこともあってそううまい具合には来ないもの。長居するわけにも行かず、はやぶさ404号を見送った後、武蔵浦和で武蔵野線に乗り換えました。

はやぶさ404号@南与野'11.9.16
待ち人来ず。しかしはやぶさをお見送り。

 南流山に到着。流鉄に乗るため、駅から歩いて鰭ヶ崎駅へとやってきましたが、その前に近くの側道でちょっとだけ撮影していくことに。流山行きでやってきたのは2000系の「青空」でした。

流鉄2000系@鰭ヶ崎'11.9.16
流鉄沿線に到着

 もう1本動いていた5000系「流馬」に乗って流山に到着。ここに来たのは、毎年恒例の関東の鉄道フォトラリーの画像集めのためで、改札の脇に展示されているウニオン社製のレールを撮影してきました。実は最初どこにあるかわからず、改札にあることに気がつきませんでしたが、思えば流山には何度も来ているにもかかわらず全く気がついていなかったんですねぇcoldsweats01

 ちょうど車両交換が行われるところで、「青空」が引き上げた代わりに「なの花」が運用に就きました。このなの花に乗って幸谷へ向かい、新松戸から常磐緩行線に乗り換えます。常磐緩行線といえば203系ですね。残り2本となり、うち1本には引退ヘッドマークが取り付けられたとのことですが、あいにくこの日は朝のうちに入庫したとの情報をキャッチしたため、適当に撮影した後、東京メトロの新車16000系に乗って金町へ移動しました。

東京メトロ16000系@新松戸'11.9.16
203系は来ず。代わりに東京メトロの新車に乗車。

 京成金町線の車両を横目で見ながら国道6号線を都心方向へと歩くと葛飾新宿郵便局が見えてきました。ここで風景印を貰い、目の前のバス停から都バスに乗り込みました。やってきたバスは立ち客が出来るほど混雑しており、バス停に着く度に待っている乗客を拾っていきましたが、ここに限らず都バスはどこも賑わっていますね。

葛飾新宿局風景印
葛飾新宿局の風景印

 結局座ることが出来ないまま、バスは向島消防署前バス停に到着。ここで下車しました。やってきたのは東武博物館。来月2日まで、「野田線100周年 宇都宮線80周年 開通記念展」と題した企画展が行われており、今回これを見に訪れました。岩槻で生まれ育った身にとっては外せない展示で、これまで野田線をテーマにしたこうした企画がなかったこともあって今回楽しみにしておりましたが、古いきっぷや記念きっぷもさることながら、東岩槻駅の開業当時のポスターが展示されていたのは興味深かったですね。

日光軌道200型@東武博物館'11.9.16
企画展を見学しに東武博物館へ

 この後、歩いて東向島一局へ行き、風景印を貰ってから曳舟駅へ。ここから業平橋へやってきました。平日とあってスカイツリー見物の観光客はさほど多くはありませんでしたが、さまざまな角度からスカイツリーを見ながら浅草駅まで移動し、16時ちょうどに発車する特急きぬ125号で帰途につきました。

東向島一局風景印
東向島一局の風景印

東京スカイツリー'11.9.16
水上バスとのコラボ・・・スカイツリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.19

夫婦旅’11年北海道編その2~札幌の初夜

 北海道夫婦旅の続きです。JRの改札を抜け、さっそく地下鉄の乗り場へと向かいます。今回予約してあるホテルが地下鉄南北線の中島公園駅が最寄りでしたが、その前に券売機でICカード「SAPICA」を券売機で手に入れてから地下鉄に乗り込みました。

 中島公園駅で下車。ホテルは歩いて5分くらいのところにありました。さっそくチェックインを済ませ、部屋でしばらく休憩してから夜の札幌市内へと繰り出します。時刻は午後7時過ぎ。さっそく夕飯を食べることにしますが、やはり北海道に来たからには北海道らしいものを食べたいところ。といっても北海道らしい食べ物はいろいろとあるので、どれを食べようか迷ってしまいますが、恥ずかしながら北海道でジンギスカンを食べたことがなかったので、まずは歩いて行けるところにあるキリンビール園の本館へ行って見ました。

 予約なしだったこともあって受付の長い列で待っていましたが、ちょうど手前の組のところで満席となってしまいましたweep。係りの人に聞いたところ、空くのに40分くらい掛かるとのことだったので、すすきのに同じキリンビールの新館があるのでそちらに電話で確認したところ、こちらはまだ空きがあるとのことなので、席予約してもらい地下鉄ですすきのへと移動しました。

 新館は駅から歩いて数分のところ、ビルの一角にありました。見かけはどこにでもある居酒屋といった感じで、店員に案内されて通されたのは個室でした。ジンギスカンというと大きなフロアで大人数が鉄板を焼いて食べるイメージを思い浮かべるので、これだと普通の居酒屋とほとんど変わりがありませんが、その代わり他の客に気兼ねすることがないので、落ち着いて食べたい向きにはむしろこちらの方がいいかもしれませんね。

 とりあえず分量が読めないので、肉と野菜は食べ放題にすることに。飲み放題もありましたが、さすがに夫婦では飲む量も多くはないので、飲み放題はパスしました。出てくる1回の量はさほど多くはないので、よほど小食でない限りは食べ放題の方がお得かもしれませんね。

ジンギスカン@キリンビール園'11.8.28
札幌でジンギスカンを食べたのはこれが初めてでしたrestaurant

 結局4回転食べたところでかなり腹も満たされました。身軽であればこの後すすきのの繁華街をブラブラと行きたいところでしたが、翌日もあるのでこのままホテルへ戻ることに。帰りはすすきのの電停から市電に乗ることにしました。札幌市電に乗るのは完乗のとき以来ですが、地下鉄と違ってJR線との接続がないこともあり、札幌の町に滞在するときでないとなかなか利用する機会がなかったりします。

すすきの'11.8.28
すすきののネオンに見送られ・・・

札幌市電210形@すすきの'11.8.28
市電に乗ってホテルへと戻りました

 電停でしばらく待ってやってきたのは、“札幌スタイル”と呼ばれる独特の丸っこい車体の210形。この電車に揺られ、ホテルに近いところにある山鼻9条電停で下車しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.18

今日は

今日は
高崎に来ています。午後は横川へ移動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.17

今日は

今日は
常総線に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.16

宮原通信(9/12)~古いですが

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.12

 今週月曜日のあけぼのです。カマは1051号機。日陰に入ってしまったため、ナンバーが潰れてしまいましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦旅’11年北海道編その2~札幌へ

 北海道夫婦旅の続きです。展望デッキから地下にある新千歳空港駅へと移動します。ここから札幌までは快速エアポートのお世話になりますが、先行の16時49分発快速エアポート167号はすでに立ち客が出ているほどの混雑だったため、1本落として次の17時4分発171号に乗車します。やってきたのは、北海道の名所やキャラクターがラッピングされた721系。これは来年夏に行われる北海道デスティネーションキャンペーン(以下、北海道DCと記す)に先立ち、今年の7月から行われているプレ北海道デスティネーションキャンペーンに合わせて登場した車両で、「キュンちゃん」という鹿の角をつけた北海道DCのキャラクターも一緒にラッピングされています。

クハ721-4012@新千歳空港'11.8.28

北海道DCラッピング
(2枚とも)北海道DCのラッピング車両を使用した快速エアポート171号

 快速エアポート171号は新千歳空港を定刻に発車。しばらく地下区間を走った後、地上に出たと思ったらすぐに南千歳に到着しました。ここは1992年まで「千歳空港駅」と名乗っていたところで、私も初めて北海道を訪れた1989年8月に降り立っていますが、今は空港接続駅の地位を新千歳空港駅に譲り、駅隣接の大型ショッピングモールの最寄り駅となっています。

 先行する特急北斗11号が遅れていたため、その発車を見送ってからこちらも5分ほど遅れて出発しました。途中、車窓にサイロが見えたり広大な田園地帯が見えたりと北海道らしい風景を堪能し、新札幌の先で函館本線と合流。いよいよ札幌に到着しますが、その直前に派手なラッピングを施した車両が後方からこちらの列車を追っかけてきました。先頭にはペンギンのイラストが入ったこの列車は特急旭山動物園号でしたが、こちらが南千歳で遅れて発車していなければこうした並走シーンは見ることができなかったわけで、まさに怪我の功名といったところでしょうか。

特急旭山動物園号@札幌'11.8.28
後方から迫る旭山動物園号。こちらは翌日のお楽しみですhappy01

 なお、この旭山動物園号については翌日乗車しておりますので、後日報告したいと思います。

 改札を抜け、ホテルのある中島公園へと移動しますが、切りがいいのでここで一旦切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.15

宮原通信(9/11)~ELみなかみ2日目はEF60

 10日に続いて11日もELみなかみ号が運転されるとのことで、あけぼの撮影後そのまま引き続き活動することになりました。

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.11

 7月のときと同じく、宮原駅の北側で狙おうと思いあちこちロケハンしながら場所を探していたところ、新大宮バイパスの陸橋の下辺りでやることに。前回はその陸橋の上で撮影したものの、あまりいい出来ではなかったため、今回は橋から降りることになりました。

 時間が経つに連れてギャラリーも増えて賑やかになってきましたが、8時半前にEF60に牽引されたElみなかみ号が通過して行きました。

ELみなかみ@宮原'11.9.11
EF60に牽引されたELみなかみ号

 このEF60、前の日に高崎で行われたイベントで展示されていましたが、イベント終了後そのまま回送されていったようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦旅’11年北海道編その1~羽田から札幌へ

 毎年夏の恒例となっている夫婦旅ですが、今年は2泊3日で北海道に行ってきました。今日からそのときの旅について報告していきたいと思います。

 以前こちらにも書いたとおり、8月28日は栗橋みなみ夏祭りを訪問。昼前に栗橋を発って都内へと向かいました。列車の遅れなど不測の事態が起きると些か困り物でしたが、この日はその心配もなく上野に到着。ここで妻と合流し、浜松町からモノレールに乗り込みました。

 今回搭乗するのはJALということで、羽田空港第1ビル駅で下車。改札へ向かおうとしたら、すぐ近くに東京モノレールの鉄道むすめ、羽田あいるのポスターが掲示されているのを見つけました。これはステーションポスターVol.2のものと同じで、私も同じものを持っていますが、なぜか妹のみなとさんのは見かけませんでした。あまり時間がなかったのでもしかしたら別のところにあるのかもしれませんが、どうせだったら妹も一緒に貼ってあげればいいんですけどねぇconfident

羽田あいるポスター@羽田空港第1ビル'11.8.28
羽田空港第1ビル駅で出迎えてくれたあいるさんheart04

 さっそくこれから搭乗する便のチェックインを済ませ、ランチを摂ることに。手早く出来るところということで、街中でお馴染みのてんやにしました。通常メニューの他、この店限定のメニューとして羽田天丼なるものがあったので、私はこちらを頼んでみることに。なるほど、丼からはみ出た長いアナゴが旅客機の羽になっているんですねぇairplane

羽田天丼@てんや
てんや羽田空港店限定メニュー・羽田天丼をいただきましたwink

 腹も満たされ、手荷物検査を受けてから搭乗口へ。JALといえばかつてのシンボルだった “鶴丸”が復活しましたが、これから乗る519便は残念ながら従来の塗装でした。周りのスポットに停まっているJAL機を見てもほとんどがまだ塗装変更されておらず、今のところ鶴丸はポスターやカウンターなどの方が見る機会が多いですね。まあ、いずれ鶴丸に統一されることにはなるんでしょうが、やはりJALにはこのマークの方がしっくり来ますね。

JALカウンター@羽田空港'11.8.28
鶴丸が復活も機材の方はまだ従来の塗装ばかりでした

 折り返しでの到着が遅れていたこともあって、519便は少し遅れて羽田空港を離陸しました。水平飛行中は大きな揺れもなく、16時過ぎに新千歳空港に着陸。この後は宿泊地である札幌へと移動しますが、その前に展望デッキで少しだけ旅客機を撮影していくことに。日曜日とあって展望デッキには多くの人が訪れていましたが、時間帯のせいか空港内には国内線の見慣れた旅客機ばかりが行き来していました。

JLboeing777-200@新千歳空港'11.8.28
519便に使用されたボーイング777-200

 適当なところで切り上げ、この後は一気に札幌へと向かいますが、少し長くなってきましたので今回はここで一旦切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.14

宮原通信(9/10・昼編)~A8編成は来ず

 先週土曜日の地元ネタの昼編です。ここ数週間、土曜日のあかぎ8号に斜めストライプの185系A8編成が入っていたので、この日もそれ狙いで待ってみましたが、やってきたのは通常塗装のA1編成でした。いずれは運用の変更があるのではないかと思ってはいましたが、ついに変わってしまいましたね。

特急あかぎ8号@宮原'11.9.10
とうとう運用が変わってしまいました>あかぎ8号

 それから1時間後、高崎へと出発する前に肩慣らし。リゾート草津号と配6794レを撮影しておきました。

特急リゾート草津@宮原'11.9.10

EF64-1035@宮原'11.9.10
これらを撮影後、高崎へと出発しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/11】久々の秩父鉄道

 地元埼玉を走る鉄道とあって、秩父鉄道はここ2、3年、ほぼ毎月のように沿線に足を運んでおりましたが、先月はとうとう1度も行けずじまいとなってしまいました。ちょうど群馬DC期間中とあって今は群馬県の方を重点的に回っているせいもあるんですが、リバイバルカラーの1000系が相次いで引退してしまったため、一頃に比べると幾分魅力が薄れた感が否めないところです。

 ところが先月末、原色1000系のうちの1003Fがオレンジ色に塗装され、リバイバルカラーの編成が再び増えることになりました。おまけに先週末は行田市で行われた「関東B-1グランプリ」というB級グルメのイベントに合わせてヘッドマークを付けた臨時列車が運転されるということで、これらの様子を見に久しぶりに出向くことにいたしました。

 前日に続いてこの日もゆっくり目に宮原駅を出発。下りの高崎線の列車に乗り込んだところまでは同じでしたが、この日は熊谷で降りて秩父鉄道の乗り場へと向かいます。すると、構内の電留線には、オレンジ色に塗装された1003Fが停まっていました。

秩父1000系@熊谷'11.9.11
2度目の登場となったオレンジカラーの1000系・1003F

 今回の塗装変更に当たっては、5月の広瀬川原でのイベントでアンケートが行われ、その結果オレンジ色が採用となりました。昨年3月に引退した1011Fに続いて2度目の登場となりましたが、国電カラーの中では一番人気があるんですねtrain

 まずは12時48分の臨時羽生行きに乗り込むことに。電留線に停まっていた7000系がゆっくりと動き始め、方向を変えながらホームに入ってきました。

秩父7202@熊谷'11.9.11

関東B-1グランプリHM
(2枚とも)行田市で開催された関東B-1グランプリに合わせて運転された臨時列車

 特製のヘッドマークは赤い地の大きなものでしたが、行田のシンボルである忍城と使用されている7000系のイラストに比べ文字がいろいろと入ってしまい、見掛けごちゃごちゃした印象になってしまったのがちょっと残念なところ。もっとも特製のヘッドマークを用意するあたりはイベントに対する力の入れようも伝わってくるところですが、この臨時列車に乗り込んで行田市へと向かいます。

秩父1000系@行田市'11.9.11
行田市駅でスカイブルー・1001Fと交換

 交換待ちでやってきたスカイブルー1001Fを見送ってから駅の外へ。さっそく沿線から撮影をすることにします。熊谷よりも東側の区間での撮影となるとこれまでは一面田園風景の広がる新郷駅付近や東行田駅近くの直線区間を訪れていますが、行田市駅周辺は撮影に関してはあまり馴染みがありませんでした。そこで東行田駅の方向へ歩いて5分ほど向かうと忍川に掛かる橋があり、ここを渡るところを撮影することにしました。

 先ほど乗車した臨時列車の羽生からの返しを始め、正味1時間半近くこの付近で撮影してきましたが、やってくるのはステンレス車ばかりで1000系は1本も撮影できませんでした。おまけに撮影した画像を自宅で処理したところ、ほとんどブレブレの状態で写ってしまいましたweep。せっかく1時間ほど掛けて撮影したのに残念な結果となってしまいましたね。

秩父7000系@行田市'11.9.11

秩父7500系@行田市'11.9.11
(2枚とも)ブレブレの画像が多い中、何とかマシな画像を載せておきますcoldsweats01

 イベントの方はおそらく大変な混雑で、品物を手に入れるために長時間かけて並ぶのも億劫だったこともあって当初からパス。行田市駅へと戻り、14時47分発三峰口行きの列車に乗り込みます。やってきたのは、「長瀞駅開業100周年記念トレイン」というヘッドマーク付きの7500系で、側面には長瀞縁のパレオや川下りの様子が描かれたイラストがラッピングされていました。これらのイラストは秩父出身で落語家の林家たい平師匠によるものとのことで、来月10日には師匠を招きイベントも開催されるとのことです。

秩父7703@熊谷'11.9.11
行田市駅から「長瀞駅開業100周年記念トレイン」に乗り込みます

長瀞駅開業100周年記念トレインラッピング
車体にラッピングされた、林家たい平師匠によるイラスト

 さてこの後はいつものパレオの撮影ですが、そう遠くへも行けないので、手馴れた広瀬川原周辺へと向かうべく大麻生駅へとやってきました。適当に場所を見つけて通過のときを待ちますが、大麻生を15時19分に発車する羽生行きの列車がなかなか来ず、10分程度遅れてやってきました。後続の15時47分発羽生行きも同じくらいの遅れで通過して行きましたが、何らかのトラブルがあったことは察知できるものの、何分情報等がなくパレオも無事にやってくるのかが心配でした。

 案の定、パレオも定刻の時間には姿を見せず、15分ほど遅れた16時20分前後にゆっくりと近づいてきました。真後ろに太陽があるという逆光状態だった上に煙もなしという些か残念な結果となりましたweep

秩父C58-363@大麻生'11.9.11
15分ほど遅れてパレオが通過

 そのパレオですが、撤収してひろせ野鳥の森駅へ向かおうとしたら、広瀬川原の車両基地付近で停止していました。どうやら三峰口方面へ向かう列車との交換待ちを行うようでしたが、パレオは本線上にいたため、熊谷からやってきた列車は隣の電留線に入線し、そのまま通過していきました。普段なかなか見る機会のない光景ですが、この間踏切の警報器はずっと鳴りっぱなしで、反対側の河原の方へなかなか行くことが出来ませんでしたbearing

秩父12系&1000系@大麻生'11.9.11
広瀬川原の車両基地で交換待ちするパレオ

 本当なら熊谷からの回送の様子も撮影したかったんですが、乗る予定だった17時8分発羽生行きの方が先に来てしまったため、それに乗って熊谷へと帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.13

宮原通信(9/10・朝編)~Pトップ

 先週土曜日の地元ネタです。あけぼのを見送った後、一旦帰宅。およそ1時間後に再び出撃すると、宮原駅の1番線にリゾートゆうが停まっていました。この車両、先週の日曜日に桐生で見かけていますが、ここ地元での撮影はしていませんでしたが、何本か普通列車を見送った後、大宮方面へ走り去っていきました。

485系@宮原'11.9.10
地元で撮影するのは始めてでした>リゾートゆう

 ちなみにこの日の草津1号の上野寄りには湘南色OM03編成が充てられていました。後追いの画像になりますが、この日の湘南色はこれだけとなりました。

特急草津1号@宮原'11.9.10
この日の185系湘南色、草津1号に充てられていました。

 そして朝の部のトリは快速ELみなかみ号。土日の2日間運転されましたが、10日の土曜日はPトップことEF65-501による牽引でした。

快速ELみなかみ号@宮原'11.9.10
週末運転されたELみなかみ号。初日はPトップによる牽引でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/10】午後から高崎へ

 10日の土曜日、午前中は地元で過ごし、昼過ぎから出発となりました。向かったのは高崎。さっそく「高崎鉄道ふれあいデー」のイベント会場へと向かいます。

 まずは車両展示が行われている電留線へ。機関車の手前には多くのギャラリーで大賑わいでしたが、今回展示された5つの車両の中ではやはり何と言っても上信のデキは注目でしたね。特に向かって左隣にはC61が鎮座していましたが、デキとSLのツーショットはおそらく滅多に見ることが出来ないかもしれません。

車両展示@高崎鉄道ふれあいデー'11.9.10
車両展示には5台の機関車が勢ぞろい

C61-20&上信デキ3号@高崎鉄道ふれあいデー'11.9.10
SLとデキのツーショットが実現!

 なお今回は午前と午後でヘッドマークの入れ替えがあったそうです。

 その他、イベント会場で気になったものとしては、車両洗浄乗車体験で使用された107系の方向幕に「軽井沢」や「新宿」と表示されていたことですね。元々から入っていたのかどうかは不明ですが、普段両毛線や吾妻線などで走っている107系が新宿駅のホームに停まっている姿はちょっと想像ができませんねcoldsweats01

107系@高崎鉄道ふれあいデー'11.9.10-1

107系@高崎鉄道ふれあいデー'11.9.10-2
(2枚とも)「新宿」「軽井沢」の方向幕を出した107系はイベントならでは

 最後に物販コーナーを覗くことに。上毛電鉄のブースで売っていたぐんまちゃんのマグネットが気になったので、1つ手に入れてから会場を後にしました。

ぐんまちゃんマグネット
イベント会場での戦利品はぐんまちゃんのマグネット

 時刻は午後2時少し前。まだランチを済ませていませんでしたが、今回は以前貰ってあった「機関車の街高崎 まちなかスタンプラリー」の対象店で食べることに。但し、午後2時を回り腹もだいぶ減ってきたこともあり、イベント会場の近くにある「安心食材グラツィエ」という店に入りました。スタンプラリーの対象メニューで、スタンプラリーの用紙にも載っていた「えばらハーブ豚未来と県内産恵のデュエット」というパスタメニューを注文。サラダとドリンクのセットメニューを薦められたのでそちらにしました。

 セットメニューのドリンクがソフトドリンクだけだったのが残念でしたが、パスタメニューの方はパスタの上に豚肉が乗っていてなかなかのボリューム感がありました。それと付け合せの長ネギが1本入っていましたが、何でもこれはSLの煙突を見立てているとか。ただネギが白いので、これはちょっと苦しいところでしょうかcoldsweats01

えばらハーブ豚未来と県内産恵のデュエット@グラツィエ'11.9.10
お値段は張りましたが、SLの煙突を模した長ネギの入ったパスタをいただきましたrestaurant

 セットとプラスでお値段1,700円とややお高めでしたが、その分静かな店内でのんびり過ごすことができました。

 腹も満たされ、西口方面へ向かうため高崎線のガードを潜り抜けると、ちょうど真上が以前上信電鉄を撮影した付近でした。そこでちょっとだけ上信電鉄の列車を撮影していくことにしましたが、特にあてがあるわけではなく、時間の都合で撮影できるのは15時前に到着する下仁田からの列車1本だけとなりましたが、やってきたのは999号でした。1ヶ月前にデキの撮影で上信電鉄を訪れた際、行く先々でこの999号と出くわしましたが、どうもこの車両にはよほどご縁があるようですねhappy01

上信500形@高崎'11.9.10
ここんとこ何かとご縁がありますね>999号

 さて帰りは八高線経由で帰る予定でしたが、次の高麗川行きは15時55分発と出発まで1時間近くありました。そこでまちなかスタンプラリーの対象店をもう1ヶ所訪ねてみることにしました。このスタンプラリーは対象店を3ヵ所訪ねてスタンプを押すと高崎名物の特製だるまがプレゼントされるというものですが、最初にやってきた風間堂という和菓子の店ではSLのイラストが入ったぽっぽまんじゅうがすでに売り切れとのことで、あら町交差点近くの路地裏にある松田製菓というケーキ屋さんへ行ってみました。

 ちょうど1個だけ残っていたデキのパウンドケーキを入手しましたが、ショーケースにはスタンプラリーの用紙に載っていたナンバープレートを模したケーキがあり、これも興味がありました。幸い店内で食べることも出来るので、こちらも1個いただくことに。ケーキは小ぢんまりとしている上に甘さ控えめなので、さっくりいただきました。

ナンバープレートケーキ@松田製菓'11.9.10
ナンバープレートを模したケーキを頂いてきましたcake

 3時のおやつもいただいたところで、帰途につくため高崎駅へ。さっそく八高線乗り場となっている3番ホームへと向かいました。すでにイベント帰りや地元客が列を作っており、のんびりローカル列車の旅というわけにはいかないようでしたが、やってきたキハ110形が2両編成とあって、座席はあっという間に埋まってしまいました。幸い座ることは出来とりあえずは一安心でしたが、出発時間が近くなると運転台の近くにJRの社員が徐々に集まってきて何やら各方面へ連絡を取っていました。何でも車両に不具合が発生し、発車が遅れるとのことでしたが、何分本数が限られる八高線では帰りの時間も心配なところ。無事に復旧しても相当時間の遅れは必至だったことから、やむなく高崎線で帰ることになりました。

キハ110形@高崎'11.9.10
トラブル発生で八高線乗車は諦めることにweep

 半日だけながらあれこれ内容の濃い1日となりましたが、スタンプラリーの方はあと1個で完集するので、週末18日のイベントの際にどこかに寄って来ようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.12

【9/9】病院帰りのカシオペア

 '08年にこの病気を患ってから早3年。一時は生きた心地もせず、この後どうなってしまうのだろうと不安な時を過ごしましたが、今は定期検査も半年に1度に“減刑”され、病気に罹ったことすら昔のことになりつつあります。その定期検査があったのが先週の金曜日。午後2時からの予約で、血液検査やレントゲンを受けた後、何だかんだで会計を済ませたときには午後3時近くになっていました。

 さて、このまますんなり帰宅するのもつまらないところ。まだまだこの時期は明るい時間なので、どこか撮影をしてこようと出掛けることにしましたが、この時間からでは行けるところも限られてしまうため、結局近場でカシオペアの撮影と相成りました。

 向かったのは白岡の富士見橋。ここへ来るのは3月4日以来で、今は黄色く色づく田んぼで借り入れ作業をやっている光景を見ることが出来ましたが、そんな中を午後5時頃、西日を浴びながら銀色の車体が大宮方面から近づいてきました。

寝台特急カシオペア@白岡'11.9.9
半年振りの富士見橋。稲刈りが行われていました。

 思えば前回訪れた日の1週間後にあの地震が発生しましたが、まさか1週間後に大変なことになるとは夢にも思って見ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.11

今日は

今日は
秩父鉄道に行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.10

宮原通信(9/10・早朝編)~普段どおり

 当日のことを書くことが出来るのは久しぶりですねhappy01。画像の整理が一段落できたこともありますが、先日の北海道の旅の画像が一部まだ未処理のままです。こちらももう少しで何とかなりそうですが、それにしてもかなりの分量になっております。

 さて今朝は8時半頃にEL牽引の快速みなかみがやってくるとのことで、普段よりも気合が入っておりましたがcoldsweats01、その前はいつもの夜行列車2本。どちらも定時でやってきました。

急行能登@宮原'11.9.10

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.10
(2枚とも)まずは夜行列車2本を撮影しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/4】上毛電鉄訪問記その3~上毛電鉄感謝フェアイベント2011

 先週日曜日の上毛電鉄訪問記ですが、最後に大胡電車庫でのイベントについて書こうと思います。今回のイベントで一番の注目はデハ104号の車内公開。現役引退後、車内を一般に公開するのは今回のイベントが初めてとなりましたが、ここ大胡駅構内の側線で倉庫として使用されていたのを見たことがあるので、当時の姿からはここまでになるとは思っても見ませんでしたね。ただ、ちょうど見学していたときが混雑していたときだったため、ざっと見回しただけで撮影の方は怠けてしまいましたcoldsweats01。こちらは次回機会があればリベンジですね。

上毛700型&デハ104号@大胡電車庫'11.9.4
車内が公開されたデハ104号。撮影を怠けてしまい画像はありませんcoldsweats01

 一方の車両展示ですが、こちらは定番のデハ101号とデキ3021号、それに700型716Fというラインナップでした。うち、デハ101号とデキには群馬DCのマスコット、ぐんまちゃんのイラストがデザインされたヘッドマークが取り付けられていました。

車両展示@大胡電車庫'11.9.4
デキ3021号、デハ101号、さらに700型が並んだ車両展示

群馬DCHM
デハ101号に取り付けられた群馬DCのヘッドマーク

 その他物販ブースの方では、栗橋の井上酒店が出店していました。栗橋のイベントではおなじみですが、以前買った栗橋みなみのイラスト入りラベルのお酒の他、上毛電鉄友の会のマスコットキャラである赤城いずみさんのイラスト入りラベルの日本酒があり、今回おみやげに1本手に入れてきました。お味の方はまだ開封しておらず、こちらは後日ご報告いたしますが、この他に栗橋のイベントで販売されていた栗橋みなみ限定フィギュアもあったので、こちらも1つ手に入れてきました。

戦利品'11.9.4
今回の戦利品(一部栗橋のイベントで手に入れたものもありcoldsweats01

 一通り回った後、会場を離れて大胡駅へと戻ります。まだランチを済ませておらず、会場で売っていた煮豚弁当を駅前のロータリーのベンチで開きました。この辺りは養豚が盛んなのか、わ鉄の神戸駅にあるDRCのレストランでも豚肉を使った弁当がありましたが、それを食べ終わった瞬間に急に雨が降り出してきたので、慌てて駅舎に逃げ込むと、更に雨脚が強くなってさながら滝の様でした。

煮豚弁当'11.9.4
会場で販売していた煮豚弁当をランチに。これを食べ終わった後、大雨に降られましたrain

 以上、上毛電鉄を訪ねる旅を完結します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
高崎に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.09

宮原通信(9/9)~明日から週末

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.9

 画像が2日連続で似た感じになってしまい、恐縮していますcoldsweats01

 明日明後日の2日間は待ちに待った(?)週末。明日は午後から出発して高崎のイベントに顔を出そうと思います。午前中は基本的に自宅待機ですけど、明日はまたELの臨時列車があるようなので、地元でそちらを見送ることになりそうです。天気もよさそうですし、明日の朝は賑わいそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/4】上毛電鉄訪問記その2~デハ101号“撮”&“乗”

 先週日曜日の続きです。前橋の駅前から中央前橋駅へバスで移動することに。その前に駅前の窓口を覗いたら、記念のぐんネットカードを見つけたので1枚手に入れてきました。伊香保軌道線シリーズ第2弾と題した高崎市内を走る伊香保軌道線がデザインされているもので、そのカード片手に中央前橋方面へ向かうバスに乗り込みました。

 この区間、徒歩でも十分行ける区間ではありましたが、この日は急に雨が降ってくるなど変わりやすい天気だったので、短い区間ではありますがバスのお世話になった次第。そのバスに乗って中央前橋駅前にやってきたのは午前11時10分を過ぎた頃でした。いよいよこの日の本題へと入りますが、まずは古豪・デハ101号を撮影することにします。

 去年8月にもここ中央前橋駅近くの踏切にかかる橋から撮影していますが、今回は駅に隣接する小さな公園で構えることにしました。その公園でのんびり待機していると、件の橋やホームにデハ101号目当てのギャラリーが徐々に集まり始め、賑やかになってきました。上信電鉄のデキ共々こちらもなかなかの人気ですが、そんな中11時50分過ぎ、いよいよ真打ちのデハ101号が到着しました。

上毛デハ101号@中央前橋'11.9.4-1
この日の主役・デハ101号が中央前橋駅に到着しました

 ちょっと計算外だったのが、3つある番線のうちの真ん中に入線してきたこと。去年8月のときには川寄りの番線に入ったんですが、実は今回公園で待機していたのもこのときの記憶があったためでした。もっとも真ん中の番線でも十分撮影は出来ましたので不都合はありませんでしたけどね。

 折り返しとなる正午発大胡行きはすぐに出発するとのことで、出発の様子は昨年撮影した橋から後追いから狙うことに。多くの乗客を乗せたデハ101号が大胡へ向けて発車するところを見送りました。

上毛デハ101号@中央前橋'11.9.4-2
多くの乗客を乗せて大胡へ

 この後、大胡電車庫で行われているイベントを見物するため、12時15分発の西桐生行きに乗り込みますが、このイベントについては後日報告することとして、その後の “乗”の方について書くこととします。大胡駅のホームで電車庫から出庫する様子を眺めた後、デハ101号に乗車。 幸いにも席にありつくことができましたが、相変わらずの人気で車内は立ち客も出るほどでした。

上毛デハ101号@大胡'11.9.4
”撮”の後は”乗”を楽しみます

 13時51分、西桐生行きのデハ101はゆっくりと大胡を発車。大胡駅で待っていたときに急に滝のような雨が降ってきて一時はどうなることかと思っていましたが、発車後は降ったり止んだりでしたが小降りになってきました。そんな中、沿線にはカメラを構えたギャラリーの姿もちらほら見え、正直頭が下がる思いでした。

 この後ですが、そのまま終点の西桐生まで行かず、手前の富士山下で途中下車。10分ほど待ってやってきた後続の西桐生行きに乗り込むと、天井から風鈴が吊るされた「風鈴電車」でした。そんな夏らしい光景が広がる電車に揺られ、終点の西桐生へとやってきました。

上毛718@富士山下'11.9.4

風鈴電車車内
(2枚とも)夏らしい車内を演出する「風鈴電車」

 隣に停まっていたデハ101号の様子を見ながら、中央前橋へ向かうところを見送ろうと駅近くの踏切で待機することに。14時55分、多くの乗客を乗せたデハ101号が西桐生駅を発車していきました。


西桐生駅を発車するデハ101号

 以上、デハ101号の“撮”と“乗”が無事終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.08

宮原通信(9/7)~残暑

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.7

 今週に入り、晴れの日が続いています。先週に比べたら気温も上がり、久しぶりに夏らしい暑さが戻りつつありますが、猛暑までには至っておらず、まずまず過ごしやすいですね。

 このまま秋へと向かうんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.07

宮原通信(9/3・日中編)~この日も対面、斜めストライプ

 先週土曜日の地元ネタです。台風12号の影響で特急草津が運休だったことから、湘南色狙いは朝の上りあかぎに絞られましたが、4号、6号ともノーマル編成でした。一方の8号ですが、この日もA8編成での運転でした。

特急あかぎ8号@宮原'11.9.3
土曜日の定番となりつつある185系A8編成使用のあかぎ8号

 上記のことから、昼前のリゾート草津も運休。一方土曜日定番の配6794レと夕方の安中貨物が押さえておきました。

EF64-1009@宮原'11.9.3
配6794レは1009号機

EF510-508@宮原'11.9.3
安中貨物でこの日は打ち止めです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【9/4】上毛電鉄訪問記その1~湘南色185系&C61

 群馬DCもいよいよ大詰め。今月は「群馬鉄道月間」と題して県内の鉄道事業者でさまざまなイベントが目白押しとなっていますが、その第1弾として先日の日曜日は上毛電鉄に出向いておりました。

 まずは群馬DC期間恒例となっている新町駅へ。ちょうど上りホームには特急あかぎ4号が入線してきましたが、上野寄りには湘南色185系OM03編成が入っていました。前の週の土曜日に東京総合車両センターで行われたイベントで車両展示されていましたが、これを見送った後、ぐんまワンデーパスSPを購入してから再び出発です。

特急あかぎ4号@新町'11.9.4
大井町のイベントで展示された湘南色185系と対面

 高崎で9時3分発伊勢崎行きに乗り換え。ここまで7月に吾妻線を訪れたときと同じ行程ですが、今回もそのときと同じく新前橋で途中下車し、SLみなかみ号の撮影をしていくことにしました。7月のときは直前にD51に牽引機が変更され、一緒に撮影した方が残念だと話しておりましたが、今回はC61なので6月の後閑のとき以来となります。現場に到着して待つことしばし、10時15分過ぎに大きなドラフト音を響かせながらC61が目の前を通過して行きました。連写のタイミングがずれてしまったのが些か残念でしたが、この直後に雨が降り出してきたので、そちらはいいタイミングでした。

SLみなかみ号@新前橋'11.9.4
C61牽引のみなかみ号を撮影

 次第に雨脚が強くなる中、何とか新前橋駅に戻ると、車両基地内にリゾートやまどりが止まっているのが見えました。本来この時間には新宿へと行っているはずのこの車両ですが、台風12号による大雨の影響で吾妻線が運休となってしまい、こうして車庫で寝ている羽目になってしまいました。

211系&485系@新前橋'11.9.4
この日はお休みでした>やまどり

 この後、普段見慣れている211系に乗って前橋へ。いよいよ本題へと入りますが、一旦このあたりで切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.06

十鉄(とうてつ)

 “十鉄”こと十和田観光電鉄を初乗りしたのは'89年7月。今から22年前とかなり前になりますが、北海道へ向かう途中に三沢に寄って1往復しました。まさに乗りつぶし目的で、両端の三沢と十和田市の両駅で硬券入場券を買った他は、乗ってきた車両を撮影したくらいでした。しかも手元に残っている画像はその車両のものだけ。もっとも当時は“撮り鉄”よりも硬券きっぷやスタンプなどの収集のほうがメインだったので、途中下車して観光をしなければ、こんなことも多々ありましたねcoldsweats01

十和田観光モハ3811@十和田市'89.7
初乗りの際に撮影した唯一の画像。このモハ3811は東急からやってきました。

 それから10年以上経った'01年の1月、今度は北海道からの帰り道に三沢で途中下車。その際に三沢駅に入ってくる十鉄の車両を撮影しています。しかしこのときも十鉄関連の画像は1枚だけ。今思えば駅舎を含め何でもっと撮影していないのかと後悔しきりです。

十和田観光モハ3603@三沢'01.1
雪の中を走る十鉄の電車。形式はどうやらモハ3603のようで、後に東急時代の緑色に塗りなおされました。

 その十鉄ですが、現在沿線の自治体や会社などで作る協議会で将来について話し合われています。しかし、沿線の自治体も支援には消極的とのことで、かなり厳しい見通しのようです。部外者がどうこう言える立場ではありませんが、会社や行政がどのような判断を下していくのか、今は見守るしかないところです。

 参考:YOMIURI ONLINEの記事

 それにしても青森県には味のあるローカル私鉄がいくつかあったんですが、私が初乗りした後に廃止になった路線が3つあります。その中の一つ、南部縦貫鉄道には2度乗車しておりますが、去年の暮れに野辺地駅に降り立った際には、かつて駅構内に停車していた南部縦貫鉄道のレールバスのことを思い出してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.05

宮原通信(9/3・朝編)~9月最初の朝錬

 北海道の旅で始まった先週ですが、旅から帰ってきたのと入れ替わるように台風12号が日本に上陸。各地で甚大な被害をもたらしました。もし出発が1週間遅かったらと思うとぞっとするところですが、被害にあわれた方々におかれましてはお見舞いを申し上げる次第です。

 そんな中、おとといの朝もいつも通りの朝錬でスタートしましたが、幸いにも雨が上がってくれました。そんな中やってきた2本の夜行、能登とあけぼのも大きな遅れがなく通過して行きました。何分、7月末の上越線での災害もありましたし、前日は群馬県内で大雨が降ったとの情報がありましたので心配していましたが、無事に走ってきたので何よりといったところでした。

急行能登@宮原'11.9.3

寝台特急あけぼの@宮原'11.9.3
(2枚とも)この日も無事お迎えできました>能登・あけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの時見た花の名前を自分は知らず

 3ヶ月前の記事で恐縮ですが、“撮り鉄”なるものをやっていると花を入れての撮影も時々していますので、画像に写っている花の名前について知らずに撮影していることが多かったりします。ヒマワリやコスモスといったお馴染みの花は別ですが、聞いたことがない名前の花を知らずに撮影していることも多く、よく見かける花の名前くらいは知っておいたほうがいいのかもしれませんね。

 参考:カナロコの記事

東武10000系@鷲宮'10.4.29
菜の花咲く春の景色(鷲宮・花崎間:'10年4月29日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.04

宮原通信(8/27・追加分、8/28・出発前の腕試し)

 先週末の地元ネタがまだでしたが、その前に27日について追加があります。配6794レを撮影して東京総合車両センターへ行こうとしたときのこと。大宮方面から列車がやってきたと思って見ていたら、ニューなのはなが入ってきました。この車両自体は乗車&撮影とも体験済みではありましたが、地元宮原での撮影がこれが初めてとなりました。

 3番ホームに一旦停止。数分停車ののち宮原駅を発車していきました。

485系@宮原'11.8.27
地元で撮影するのはこれが初>ニューなのはな

 翌日曜日ですが、北海道への旅へと出発する前に腕試しがてらやっておりました。能登とあけぼのの2本の夜行はほぼ定刻での運行でした。

急行能登@宮原'11.8.28

寝台特急あけぼの@宮原'11.8.28
(2枚とも)高崎線を走る2本の夜行列車を見送ってから、北海道へ向けて出発しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
上毛のイベントに来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.03

東海道・山陽新幹線300系、来年12月で引退

 こちらにも書きましたが、先月小田原で300系を撮影していた際、他にも300系を撮影しに来ていた方を多く見かけましたが、引退まではまだ1年以上あるので、撮影や乗り収めは今のうちの方がいいかもしれませんね。

 のぞみ号が東海道新幹線に登場したのが’92年3月。当時は名古屋通過ののぞみがあって、これがなかなか話題にもなっていましたが、今思えばちょうど長崎に住んでいた頃だったので、一度くらい名古屋通過を体験してみても面白かったかもしれません。今となってはそれも過去のこととなりましたが・・・。

 300系に初めて乗ったのはデビューしてから1年ほど経過した’93年の5月。区間は博多から新大阪までで、これがのぞみ号初乗車でもありましたが、当時はまだ100系が16両編成で走っていた頃で、食堂車が連結されていた100系とは対照的に座席車中心の300系は何とも味気のない車両でがっかりした記憶がありました。その「グランドひかり」も次第に本数を増やしていったのぞみと入れ替わるように次第に本数を減らし、果ては食堂車はおろか車両数も減らして短いものでは4両編成として山陽新幹線で今も運転されていますが、後継車両も座席車中心となり、移動するだけの手段となってしまった感が否めません。

 登場してから20年弱と引退にはまだ早い気もしますが、在来線の車両に比べれば新幹線の車両ははるかに寿命が短いので、これもいたし方のないところなんでしょうね。

 参考:YOMIURI ONLINEの記事

300系@徳山'09.5
この顔が見られるのもあと1年ちょっととなりました(徳山駅:'09年5月)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.09.02

【8/28】旅立ち前の寄り道~大宮・蓮田・栗橋

 先週の日曜日から3日間、北海道を旅してきました。毎年恒例の夫婦旅ですが、その前に1ヶ所行きたいところがあったため、自分だけ先に自宅を出発することに。地元でいつもの“朝練”をした後、宮原から高崎線の列車に乗って大宮駅へとやってきました。さっそく向かったのは新幹線ホーム。まずははやぶさ402号の撮影です。

 新幹線ホームの13番・14番ホームへ。すでにデビューしてから5ヶ月、この日も到着時間が近づくに連れてギャラリーが増えていきましたが、一頃に比べるとだいぶ落ち着いた感がありますね。それでも注目の列車には変わりはないですが、そのはやぶさに使用されているE5系を使用して来月の9日と10日の2日間、はやて360号として運行されることが、先日発表されました。その際、グランクラスがどう取り扱われるのかが気になるところです。

はやぶさ402号@大宮'11.8.28
まずは大宮ではやぶさを撮影

 撮影が済み、今度は宇都宮線のホームへ。この日のミッションまではまだまだ時間があったので、蓮田へ行って北斗星を撮影します。例によって、大宮へ向かって10分ほど行った線路沿いの側道で待ちますが、この日はカシオペアが来ないので、北斗星が来るまでの間はE231系や時たまやってくる貨物列車を撮影しながら時間を潰すことになりました。そして9時過ぎ、ほぼ定時で北斗星が接近。しかし手前に寄せすぎてしまい、EF510のパンタがフレームと重なってしまうという失敗作となってしまいましたweep

寝台特急北斗星@蓮田'11.8.28
手前に寄せすぎでパンタがフレームに重なってしまいましたcoldsweats01

 もう少し待っていればスペーシアも撮影できますが、今回はこれで切り上げ、再び宇都宮線に乗り込んで栗橋へとやってきました。栗橋といえば栗橋みなみheart04。そしてこの日は栗橋みなみ夏祭りが行われるとのことで、午前中一番のミッションでありましたが、当初は時間的に厳しいと思い訪問を断念することも考えていました。しかし羽田からのフライトと照らし合わせて栗橋の出発時刻を確認したところ、30分程度ながら滞在できることが判明しました。限定フィギュアも欲しいところでしたが、こちらは当日の混み具合によっては諦めることも可能で、会場の空気だけでもと思い今回栗橋へとやってきた次第です。

栗橋みなみ夏祭りポスター
午前中最大のミッションでしたwink

 10時過ぎに栗橋に到着し、さっそく会場となっている栗橋文化会館「イリス」へと向かうと、すでにグッズ販売のブースに列が出来てはいたものの、思っていたほどの混みようではありませんで、自分の前に30人ほどといったところでした。これだったら何とかなりそうと期待を持たせてくれましたが、更にありがたいことに11時10分前に繰り上げでグッズ販売がスタート。そのおかげで無事に限定フィギュアとうちわを手にすることができましたhappy01

 これで会場を見て回る余裕もできましたので、少し見て回ることに。今年は三陸鉄道や銚子電鉄といった鉄むす関連の事業者や “萌え”ロープウェイとして「せんがたん」というキャラクターを登場させた昇仙峡ロープウェイも参加。グッズ類はさほど多くはありませんでしたが、せんがたんのキャラクターがデザインされたステッカーを手に入れてきました。

せんがたんポスター
昇仙峡ロープウェイのキャラクター・せんがたんのポスター

 結局、11時20分過ぎにはイリスを後にして栗橋駅へと足早に移動。11時41分発の上野行きに乗り込みました。あまりの駆け足だったので、乗り込んだ列車が栗橋駅を発車したときには後ろ髪を引かれる思いでしたが、昨年に比べると参加者も増えて会場の中身はパワーアップした印象を受けましたね。また今回はグッズの売り上げの一部を東日本大震災の支援に充てるとのことでしたが、ここ栗橋も液状化の被害を受けるなど、三陸鉄道共々震災の被害を免れることが出来なかったところだけに、わずかではありますが手助けになればと思っております。今回は駆け足での訪問でしたが、次回はゆったり見て回りたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.01

宮原通信(8/27・日中編)~185系A8編成&タキ1200形安中貨物など

 27日の続きです。日中はいつもの通り湘南色185系を追っかけるも出会えず。理由は前の記事で書いた通りで、午後に東京総合車両センターで対面することが出来ました。一方、土曜日のあかぎ8号に充当されていた斜めストライプの185系A8編成ですが、この日も入っていました。

特急あかぎ8号@宮原'11.8.27
この日もあかぎ8号に入った185系A8編成

 それから1時間後、特急リゾート草津および配6794レを撮影して大井町へと出発いたしました。

特急リゾート草津@宮原'11.8.27
運行も残り1ヶ月となりました>リゾート草津

EF64-1049@宮原'11.8.27
久々に広島更新色を見ました

 1時間ほど見学し、午後2時には会場を離れ家路に。目当ては安中貨物の撮影ですが、最近になり新車のタキ1200が連結されているとのことで待っていると、EF510の後方に真新しい濃い赤色のタンク車を連結していました。

EF510-503@宮原'11.8.27
タキ1200形を従えてやってきた安中貨物

 以上、土曜日の地元での活動を報告しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/27】2年ぶりの東京総合車両センター

 例年8月の下旬には東京総合車両センターと西武の南入曽でイベントが行われますが、今年は両者とも27日に開催となりました。掛け持ちの訪問も出来ないことはないんですけど、翌日から遠出することもあってあまり動き回るのもどうかと思い、今年は大井町の方に絞って訪ねてまいりました。

 普通なら京浜東北線でそのまま大井町まで直行となりますが、赤羽で埼京線に乗り換えてりんかい線経由で大井町にやってきました。何でりんかい線経由にしたのかですが、今月から発売がスタートした入場券を手にいれるためでした。こちらによれば、発売は有人改札口となっており、券売機での販売はしないとのこと。そうなるとどんな様式なのかが気になっていましたが、実際に買ってみると出てきたのは硬券でした。以前この記事でも書きましたが、まさか硬券を発売する会社が登場するとは思っても見ませんでしたね。これでまた一つ、収集の楽しみが出来ました。

硬券入場券@TWR大井町
りんかい線の入場券を初入手

 地上へと出てイベント会場となっている東京総合車両センターへと向かいます。まず出迎えてくれたのは、入口に鎮座するクハ901-1。京浜東北線で活躍していた車両ですが、鉄道博物館に展示されているクモハ101-902の後釜としてここへとやってきました。去年のイベント公開時にはすでにここにあったようですが、今回ここで会うのは初めてでした。

クハ901-1@東京総合車両センター'11.8.27
入口で出迎えてくれた元京浜東北線”クハ901-1”

 まずやってきたのは東棟。車体洗浄装置の通過体験のコーナーとなっていますが、今回使用されていたのは京浜東北線のE233系でした。

E233系@東京総合車両センター'11.8.27
車体洗浄装置の通過体験で使用されていた京浜東北線のE233系

 この後、一気に北側の車両展示の方へと進みます。ここも毎年恒例のコーナーで、どんな車両が展示されるのかが楽しみですが、まず出迎えてくれたのは、横須賀線でお馴染みのE217系とクモヤ143系でした。こちらのクモヤ143系はこのイベントではおなじみの車両ですね。

E217系&クモヤ143形@東京総合車両センター'11.8.27
車両展示その1~E217系とクモヤ143形

 そのお隣のコーナーには4種類の車両が展示。こちらも毎年恒例となっていますが、今年はmue-trainと中央線のE233系、それにEF510形と湘南色の185系というラインナップでした。やはり何と言っても湘南色185系を間近で見ることが出来たのは大きな収穫でしたね。しかし今回展示されることを知らず、この日の午前中も例によって地元で185系をあれこれ追っかけていましたが、道理で出会うことが出来なかったわけですね。

車両展示@東京総合車両センター'11.8.27-1

185系&EF510-513@東京総合車両センター'11.8.27

車両展示@東京総合車両センター'11.8.27-2
(3枚とも)車両展示その2。湘南色185系OM03編成を間近で見ることが出来ましたhappy01

 この他、スカ色115系による試乗会も行われていましたが、こちらは横目で見るに留め、午後2時過ぎには会場を後にしました。

 思えば去年はちょうど北海道&東日本パスで遠出していた日と重なってしまい、行くことが出来ませんでしたが、入口にクハ901が展示されたりと所々で変化もあってなかなか見所のある半日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »