« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011.11.30

宮原通信(11/26・夕方編)~団臨大賑わい

 日中お出かけして夕方3時過ぎには戻っておりました。

 さて、前週は雨の中を撮影した2082レですが、この日もEF510の銀ガマでやってきました。どうも一時的なものではないようで、これからは安中貨物を含めてこのカマの姿を目にする機会が増えそうです。

EF510-509@宮原'11.11.26
銀ガマが牽く2082レ

 この後、15時半過ぎに183系の団臨が2本立て続けにやってきました。朝方乗った高崎線の車内でも183系と
それ違いましたが、かつての特急車両も今はこうして団臨として余生を過ごしております。

183系@宮原'11.11.26-1

183系@宮原'11.11.26-2
(2枚とも)立て続けにやってきた183系

 直後、臨時特急草津32号が接近。朝方王子で下りの31号に湘南色OM3編成が入っていたのを確認し、予想通り湘南色でやってまいりました。

特急草津32号@宮原'11.11.26
2週連続で臨時草津に入った湘南色OM03編成

 こうして最後は安中貨物で1日が終わりました。

EF510-511@宮原'11.11.26
かろうじて太陽の光が差し込んでいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/26】幸せの黄色い電車を捜して~都電荒川線編

 先日の土曜日の続きです。栄町電停近くまでたどり着き、荒川車庫の方へ向かって都電荒川線沿線を歩き始めます。この日2つ目のミッションは都電荒川線の“黄色い電車”こと8810号。東急世田谷線にも黄色い電車がいることから、コラボ企画で両社の黄色い電車に特製のヘッドマークが取り付けられるとのことでしたが、梶原電停まで来たところでさっそく見つけることができましたheart01

都電8800形@梶原'11.11.26
割と早くに見つかりましたhappy01>黄色い電車

 8810号はこのまま王子へ向け出発。自分はこのまま荒川車庫前へとやってまいりました。この後、先程見た8810号に乗ろうと思い早稲田から折り返してくるまでしばらく待つことに。電停近くであれこれ撮影していると、花壇に植えられているバラの花がちょうど身頃を迎えていて、赤やピンクのバラの花びらをバックに走る電車を撮影してきました。

都電7000形&9000形@荒川車庫前'11.11.26
都電沿線はバラが見頃を迎えていました

 こんなことをしながら過ごしているうちにようやくお目当ての黄色い電車が到着。さっそく乗り込みましたが、車内は大変な混雑で車両の奥へ進むのもやっとなくらいでした。町屋で多少空いたものの、改めて都電が沿線住民の重要な足であることを認識しつつ、終点の三ノ輪橋に到着しました。

都電8800形@三ノ輪橋'11.11.26-1
三ノ輪橋に到着した”黄色い電車”

黄色い電車HM@都電8800形
ハート型のヘッドマーク

 折り返しまでの時間、改めて8810号を撮影することに。両端に出されたハート型のヘッドマークには8800形と東急世田谷線の黄色い300系が手をつないだイラストがデザインされていました。

都電8800形@三ノ輪橋'11.11.26-2
バラの花に見送られて・・・

 “幸せの?”黄色い電車を見送り、この後は京成のスカイライナーを撮影するべく千住大橋まで移動しましたが、一旦この辺りで切ることといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.29

宮原通信(11/26・朝編)~朝焼けと珍客

EF210-138@宮原'11.11.26

 先日の土曜日の朝、見事な朝焼けを見ることができましたsun

続きを読む "宮原通信(11/26・朝編)~朝焼けと珍客"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/26】本数が増えたE5系を見る

 先日の土曜日は当初自宅で大人しくしている予定でしたが、急遽お出かけできる時間が出来たこともあり、いろいろとネタ探しに出掛けました。まずやってきたのは王子。飛鳥山公園へ行くと園内の木々が赤や黄色に色づいていて、晩秋の光景が広がっていました。

飛鳥山公園'11.11.26
飛鳥山公園も晩秋の景色にmaple

 園内を抜け、いつものスカイツリーが見える駅南側の歩道橋へ。すると貨物線を旧型客車がゆっくりと通り過ぎていきました。これはこの日横須賀駅で行われたイベント「よこすかYYのりものフェスタ」で展示するための回送列車で、実は朝方地元で撮影しておりましたが、てっきり武蔵野線を経由するものと思っていたので、ここで2度目の対面を果たすとは思っても見ませんでした。ただ残念なことに、背景のバックのスカイツリーが空に同化してしまったことが心残りでしたcoldsweats01

EF65-501@王子'11.11.26
横須賀へ向けて旧客が通過

 この後は新幹線とスカイツリーのコラボを撮影。すると、はやて・こまち19号が通過するとのことで待つことに。今月19日よりE5系の運転本数が増えて見る機会も多くなりましたが、E3系のこまちとE5系のはやてという両者が連結した様子を今回始めてみることが出来ました。

はやて19号@王子'11.11.26
E3系と連結したE5系を見るのはこれが始めて

 ちなみにここでE5系を撮影したのもこれが始めてとなりました。

 この後は都電沿線へと向かいますが、ちょうど切りがいいので今日のところはここまでといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.28

宮原通信(11/23)~2日ぶり

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.23

 2日ぶりの対面となりました。この時期は日本海側の天候が不安定なので、こればかりは仕方がないところですが、定刻にやってくるとほっとしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Suica10周年

 今から10年前の2001年11月18日、Suicaデビュー記念のカードを買いに大宮駅で朝早くから並んだことを今も記憶に残っていますが、あれから早10年が経過したんですね。列車に乗ることばかりか買い物でも利用できるなど、今やすっかり生活の必需品としてもSuicaは切り離すことができないアイテムとなりました。

Suicaデビューパンフ他
デビュー記念のSuicaと当時のチラシ

 そんなSuica誕生10周年を記念してイベントもいろいろと行われるようですが、先週大宮駅でSuica10周年記念駅弁を手に入れてきました。発売されたのがSuicaの販売開始となった11月18日で、Suicaペンギンのイラストが入った風呂敷を開くと、Suicaを模した蓋が出てきました。中身はシンプルで量的にはやや少なめと女性向きかもしれませんね。

Suica10周年記念駅弁外包み

Suica10周年記念駅弁中身
(2枚とも)今月18日より発売されたSuica10周年記念駅弁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.27

宮原通信(11/22)~冬到来

 先週火曜日はあけぼのが来ないということで、代わりに自宅のベランダからスカイツリーを撮影しておきました。

200系@宮原'11.11.22
スカイツリーをバックに・・・

 澄み切った空に浮かぶスカイツリー。この時期ならではでしょうか?夏の頃に比べ、日本海側の天気が荒れる日が多くなりますが、その分太平洋側は穏やかな日が続き、スカイツリーや富士山がすっきり見えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/23】東武東上線森林公園ファミリーイベント2011訪問

 例年3月に行われていた東武の森林公園のイベントですが、今年は何といっても3月の東日本大震災の影響もあって延期。ようやく11月23日に開催となりました。

 途中、西川越界隈で撮影するなど寄り道したため、東上線には霞ヶ関から乗り込むことに。ホームで待っていると50090系の準急がやってきました。車内で座っていると、目の前の座席の窓のところに貼ってあったステッカーに姫宮ななさんのイラストが入っているのを確認。それを見ながら森林公園にやってまいりました。

姫宮ななステッカー@50090系
50090系の車内で見かけた姫宮ななさんのイラスト入りステッカーheart01

 時刻は10時を少し回ったところ。開始間もないせいか、駅前には会場へ向かう客待ちの列が出来ていて、その最後尾が駅構内まで延びていました。ひとまず並ぶものの、当初はどれくらい掛かるのか見当もつかない状況で、場合によっては諦めることも懸念されましたが、流れてしまえば早いもので、並び始めてから15分ほどで到着。さっそく受付で30000系の写真がデザインされた特製のノートをいただき、中へと進みました。

 さて今回一番のお目当てですが、やはり“東武顔”の8111Fでしたね。さっそく車両展示のところへやってくると、向かって一番手前にお目当ての白いボディーが見えてきました。

東武8000系@森林公園検修区'11.11.23
この顔を見るのは久しぶりでした>8111F

 6月のさよなら運転のときには混雑を嫌い、敢えて足を踏み入れなかったこともあってこれが久しぶりの対面となりましたが、塗装を塗り直してきれいになっていたのが印象的でした。この後、来週行われる南栗橋でのイベントでも展示されるので、このイベント終了後には南栗橋へ向けて住み慣れた東上線の地を離れることになりますが、南栗橋でのイベントが終わった後どうなるのかも気になるところですね。

 またこの車両展示の中では、東上線に転属した30000系も気になる存在でした。転属後、東上線で見るのは今回が始めてでしたが、今度は営業運転に就いているところを見たいですね。

東武30000系@森林公園検修区'11.11.23
東上線に転属した30000系を始めて見ました

車両展示@森林公園検修区'11.11.23
今回のラインナップ。いずれもヘッドマークが取り付けられました。

 これでこのイベントの目的を無事に果たし、他のブースを見て回ることに。しかし目ぼしいものはなく、グッズ類も鉄道むすめ関連で川越あさかの限定フィギュアが売っていたのを確認した程度で、11時過ぎには会場を退散と相成りました。まあ今回のイベントはやはり“東武顔”8111Fに再会できたことで、これで十分でしたね。

 この後都内へ用事があり、途中あちこち降りたり撮影したりして過ごすことに。そんな中、柳瀬川からは今回初めてとなる8000系に乗車。一頃に比べれば本数は減ったものの、今のところは待てばそれなりに見かけるので、撮影や乗車は今のうちかもしれませんね。

東武8000系@志木'11.11.23
唯一乗れた8000系

 池袋に到着後は山手線に乗り換え。新宿を経由して信濃町へやってきました。ここで久しぶりに神宮外苑のイチョウ並木を見物することに。夕方近くでしたが、イベントが行われていたこともあって多くの人が訪れていました。

イチョウ並木@神宮外苑'11.11.23
久しぶりの神宮外苑でイチョウ並木を見てきました

 この後アキバへ向かい、買い物してから帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/20】旅の終わりはフレッシュひたち

 先週日曜日の続きもこれで完結となります。勝田からは15時24分発上野行き普通列車に乗車。このまま帰途につきますが、水戸を過ぎて2つ目の内原に到着すると駅前に鎮座する記念碑に目が留まりました。実は来るときにも見かけたんですけど、格好からして651系を模したものの様子で帰宅してから調べたところ、やはり651系のものでした。しかし、スーパーひたちが停車しないこの駅になぜこうした碑が鎮座しているのか、些か謎であります。

記念碑@内原'11.11.20
車内から見かけた内原駅前の651系の記念碑

 当初このまま上野まで乗り通す予定でしたが、さすがにちょっとしんどいと思ったのと前週乗らなかったE653系が少し気になっていました。時刻を確認したところ、この後すぐにフレッシュひたち44号がやってくるとのことなので、石岡からお世話になることにしました。

 石岡では10分ちょっとの待ち時間がありましたが、ホームで待っているとどうしてもだだっ広い構内が気になってしまいました。ここには’07年3月まで鹿島鉄道のホームや線路があったところで、廃止後すぐにこうした施設は撤去されてしまいましたが、何度かここで乗り降りしていただけに、跡形もない様子を見てしまうと時代の流れを感じてしまいます。

石岡駅構内'11.11.20

石岡駅構内'07.3
アングルは異なりますが、現在の様子(画像上)と鹿島鉄道のあった頃(画像下)の様子を並べてみました

 そんな様子を見ながらフレッシュひたち44号が到着。16時13分、石岡を発車しました。今回は自由席に乗り込みましたが、座席がまずまず埋まっていて通路側だけしか空いていませんでした。このE653系も来年春から登場するE657系に置き換えられ、その後はいわきと仙台との間を新たに結ぶ特急列車に転属させる予定でしたが、運転される常磐線の区間が東日本大震災により甚大な被害を受けたため、今後の状況がわからない状況です。

 そんなフレッシュひたち44号は取手を通過。前週は寝入ってしまって気づかなかった利根川の様子を車窓に眺めていると、雨粒が窓ガラスに当たり始めました。同じ頃、首都圏の至るところで急に雨が降ってきたそうで、柏を過ぎた辺りからは次第に雨脚が強くなってきましたが、松戸を過ぎて都内に入る頃には雨も上がって夕日が見えてきました。

 こうして17時8分に終点の上野に到着。1時間足らずのフレッシュひたちの旅が終わりました。

特急フレッシュひたち44号@上野'11.11.20
上野まで乗車したフレッシュひたち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.26

宮原通信(11/20)~2週続けて

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.20


 先程も書きましたが、先週の日曜日はひたちなか海浜鉄道のイベントへ。前の週の勝田車両センターのイベントに続き、2週続けての勝田訪問となりました。行こうと思えば十分日帰りできるところではあるんですが、なかなか行く機会もなく、今回震災後初めての訪問となりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【11/20】第3回湊線ふれあいファン感謝祭訪問

 先週の日曜日の続きを書こうと思いつつ、ここ数日は帰りがやや遅かったこともあって、なかなか記事が書けないでおりましたが、勝田駅で見かけたE657系に後ろ髪を引かれながら9時59分発の阿字ヶ浦行きに乗り込むことに。ホームにいたのは新しい車両のキハ3710形の2連で、那珂湊駅の駅猫であるおさむ君をあしらったヘッドマークが取り付けられていました。

湊線ふれあいファン感謝祭HM
おさむ君がデザインされたヘッドマークが登場cat

 依然停車中のE657系に見送られ、定刻に勝田を発車。この日は那珂湊駅で「湊線ふれあいファン感謝祭」というイベントが行われましたが、その前にまずは列車の撮影をしようと、先週に続いて中根で途中下車することにしました。最初にやってくるのは10時19分発の勝田行きで、旧型のディーゼルカーが運用に就いているとのことでしたが、やってきたのは先週単行で動いていたキハ205号と先週はお休みだったキハ2004号の2連でした。

ひたちなかキハ2000形@中根'11.11.20
午前中は2連による運行の旧型ディーゼルカー

 この後、勝田からの返しと先ほど乗ってきたキハ3710形の阿字ヶ浦からの返しを撮影。そのキハ3710形の勝田からの折り返しに乗り込んで那珂湊へとやってきました。

ひたちなかキハ20形@中根'11.11.20
勝田からの返し


ひたちなかキハ3710形@中根'11.11.20
先程乗ってきたキハ3710形の阿字ヶ浦からの返し

 今回のイベントは物販がメインのようで、ホーム上では地元のおみやげや惣菜、それにひたちなか海浜鉄道をはじめとした数社の鉄道会社によるグッズ販売が行われていました。そんな中、那珂湊やきそばとカツオカツをそれぞれ手に入れてランチにすることに。構内に止まっていた元三木鉄道のミキ300形が休憩車両として開放されていたので、その中でいただいてきました。

ひたちなかミキ300形@那珂湊'11.11.20

那珂湊やきそば&カツオカツ
休憩車両として開放されたミキ300形(画像上)とこの日の昼ごはん(画像下)

 この後、一旦駅を離れて近くをうろつくことに。駅近くでうろうろしているおさむ君を見かけたり、近くの踏切で撮影したりしながら時間を潰した後に戻ろうとしたら、先程まで構内で待機していたキハ2005号が試運転がてら構内を行ったり来たりしていました。先週トラブルがあったこともあり心配していましたが、動いている様子を見る限りは無事に修理が済んだようで一安心。ひとまず12時52分発の阿字ヶ浦行きで終点まで先行します。

ひたちなかキハ2000形@那珂湊'11.11.20
元気な姿を見て一安心happy01

 終点の阿字ヶ浦に来るのは久しぶりで、ホーム上の派手な駅名板やスロープが設けられた他は駅舎や給水塔のある構内は変わっていませんでしたが、小さいながら駅前で行われていたイベントを横目で見ながら5分ほど行ったところの踏切付近で待機。この後やってくる3連の旧型ディーゼルカーを迎えます。一瞬だけ光が差し込んできたもののすぐに曇ってしまうという何ともすっきりとしない中、定刻よりも少し遅れてお目当ての列車が接近。先頭には先程那珂湊で動いていたキハ2005号を連結し、3両編成の堂々とした姿を見ることができました。

ひたちなかキハ2000形@阿字ヶ浦'11.11.20
堂々の3連でやってきましたhappy01

 すぐに小走りで阿字ヶ浦駅へと戻り乗車。勝田まで最後尾となるキハ2005号に乗り込むと、13時54分に発車しました。ここまで新型車両ばかり乗ってきたので、締めはこちらに乗って帰ってこようと思った次第でしたが、そのまま終点まで乗っても帰りの常磐線の列車まで時間があったので、この日も一つ手前の日工前でお見送りすることに。しばらく待った後、折り返しを撮影してから勝田駅まで歩きました。

ひたちなかキハ2000形@日工前'11.11.20
勝田からの戻りをお迎え


 今回は物販の方がメインだったこともあり、鉄分はどちらかといえば濃くない方だったと思いますが、古豪の元気な姿にも会うことが出来、十分楽しむことができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.11.25

宮原通信(11/19・夕方編)~EF5102題

 昼前後にちょっとだけ雨が上がったものの、夕方には再び降り出してきましたrain。そんな中、安中貨物狙いで早めにスタンバイ。2082レを待っていたら、EF510に牽かれてやってきました。

EF510-515@宮原'11.11.19
思わぬところでEF510を見ることに

 これまではEF65が引っ張ってきたこの列車ですが、果たして一時的なものなのかどうか気になります。

 この後、湘南色OM03編成の入った草津32号と安中貨物を撮影。思わぬ形でEF510牽引の列車を2本見ることとなりました。

草津32号@宮原'11.11.19
この日は臨時草津に入りました>OM03

EF510-504@宮原'11.11.19
この日2本目のEF510は安中貨物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.24

宮原通信(11/19・午前編)~自宅で初対面

 先週土曜日、午前中は自宅で家の仕事をしていましたが、この日は大宮駅でE6系の内覧会があり、その送り込み回送が10時前にあるとのことで、自宅のベランダで待ちました。

 9時半過ぎ、赤いスマートな車体が大宮方面へと走っていきました。これがナマで初めて見たE6系となりました。

E6系@宮原'11.11.19
雨の中、E6系が大宮へ向けて走り去って行きました

 この後、昼前は土曜日のお楽しみ、配6794レのお見送り。ちょうど雨が上がってくれたのがラッキーでしたhappy01

EF64-1026@宮原'11.11.19
このときだけ雨が上がってくれましたcloud

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.23

【11/20】2週連続の勝田訪問~行きに見かけたモノ

 先週は当初、土曜日に江ノ電のタンコロまつりを訪れる予定でしたが、朝から降っていた雨が午後からは更に雨脚が強くなるとの予報で、帰りのことが心配になりました。そのため、19日は地元でのんびり過ごすことにし、翌20日にひたちなか海浜鉄道で行われたイベントを見に行ってまいりました。

 そんなわけで2週連続の勝田訪問と相成りましたが、今回は行きを水戸線にしようと計画。大宮から小山を経由して8時2分発の下館行きで結城へとやってきました。ここでは前週も使用したときわ路パスを入手。指定券券売機で手に入れた後、すぐに8時31分発の水戸行きが来るとのことでホームで待っていると、ホーム上に懐かしいものを見つけました。

結城駅名板'11.11.20
結城駅に残るホーローの駅名板

 国鉄時代からのものと思われますが、常磐線沿線で見ることができた小豆色の縁取りのもので、このタイプのものがまだ残っていたとは思っても見ませんでした。

 この後、8時31分発の水戸行きに乗り込み、揺られること1時間ちょっとで水戸に到着。先に到着していたE531系の勝田行きに乗り換え、勝田へとやってきました。すると、隣の2番線に白い車体が停まっていたので一瞬651系かと思いましたが、それとは異なる顔つきから、前週の勝田車両センターのイベントで初対面したばかりのE657系が停車していました。この後試運転のため出庫したようで、来年春の営業運転開始に向けて着々と準備が進んでいます。

E657系@勝田'11.11.20
2週連続でE657系と対面

 この後、いよいよひたちなか海浜鉄道沿線へと向かいますが、ちょうど切りがいいところなので、今回はこの辺りで一旦切ることといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
東上線のイベントに行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.22

宮原通信(11/19・早朝編)~晩秋の雨

 前日の予報では、19日は1日雨とのこと。しかも午後からは雨脚が強くなるとのことで、当初予定していた江ノ電のイベントは訪問を見合わせとなりました。

 さて朝ですが、目の前をわくわくドリーム号が通過していきました。まだ薄暗い時間でしたが、ピカピカの583系の車体を確認することが出来、これが日の長いときならと悔しさがこみ上げてまいりましたが、この日は485系T18編成の団臨も来たりと賑やかな朝でした。

急行能登@宮原'11.11.19
1本目の485系は急行能登

485系@宮原'11.11.19
2本目は団臨

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.19
あけぼのを見送って朝の部は終わり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北ローカル私鉄訪問記その4~八戸線代行バス

 東北ローカル私鉄の旅の続きです。翌7日、午前6時前にホテルをチェックアウトして久慈駅へ。この日はまず八戸を目指しますが、八戸線はご承知の通り東日本大震災で甚大な被害を受け、現在も種市と久慈の間が不通となっています。そこで、列車が行き来している種市までは代行バスのお世話になります。

八戸線代行バス@久慈'11.11.7
沿線の足を担う代行バス

 幾分空が白みだした6時過ぎ、駅前に3台のJRバスが入ってきました。このバスが八戸線の代行バスで、自分もそのうちの1台に乗り込みます。徐々に乗客も乗り込み、6時20分に駅前を発車。バスは久慈の市街地を抜け、八戸線の駅前やその近くにこまめに停車しながら乗客を拾っていきます。時間的にやはり乗り込んでくるのは通学途中の高校生が多く、八戸線が動いていれば当然そちらを利用していたものと思われますが、そのうちバスは海岸線近くの駅前に到着しました。

陸中八木駅舎'11.11.7
ビニールシートに覆われた陸中八木の駅舎

 ビニールシートに覆われた駅舎が何とも痛々しい光景でしたが、ここ陸中八木駅も周辺の線路などが大きな被害を受けました。その様子はバスの車内からも垣間見ることができ、橋脚だけの橋や線路のない路盤の様子を確認することができましたが、今回の旅で震災の影響を一番感じ取ることが出来たところで、改めて今回の震災の脅威を感じ取ったところでした。

 そんな中をバスは進み、久慈を出てから1時間ほどで種市に到着。ここからはようやく列車の旅となり、7時46分発の八戸行きディーゼルカーに乗り換えます。

キハ40系@種市'11.11.7
ここからは列車の旅に

車止め@種市'11.11.7
ここにも車止めが・・・

 先程まで乗ってきた代行バスで一緒だった高校生たちも乗り込むと、車内は彼らの賑やかな声で華やいだ雰囲気となりました。そんな中、八戸行きの列車は定刻に発車。、すると次の平内で高校生たちは一斉に降りていき、車内は一気に落ち着いてしまいました。その後列車は岩手県から青森県へと入ってきましたが、少し長くなってきたので、この辺りで一旦切ることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.21

宮原・大宮通信(11/17)~はやぶさと200系

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.17

 この日は諸々の都合(?)で、出勤前に新幹線を撮影してきました。上りのはやぶさ2号もさることながら、東北新幹線からの撤退2日前に迫った200系の様子を見てきましたが、車両の引退ではなく路線からの撤退とあって、自分の周りにはギャラリーはいませんでした。

なすの251号@大宮'11.11.17
東北新幹線からの撤退2日前に迫る200系

はやぶさ2号@大宮'11.11.17
19日より運転本数が増えたE5系

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北ローカル私鉄訪問記その3~三陸鉄道に乗る

 東北ローカル私鉄紀行の続きです。イベント会場を離れ、再び久慈駅へと戻ります。この後は三陸鉄道に乗り込みますが、現在運行している陸中野田まで1往復してまいります。

三陸36-200形@久慈'11.11.6
こちらに乗り込み、陸中野田へ

 すでにホームには単行のディーゼルカーが待機していて、その車両に乗り込むと15時ちょうど、久慈駅を出発しました。昼過ぎから降りだした雨は以前降り続いていますが、思えば2年前の夫婦旅で久慈を訪れたときも雨の中、快速リアスシーライナーに乗って盛岡を目指していましたので、そのときのことが記憶に蘇ってきました。

 そんな中15時17分、終点の陸中野田に到着。わずか15分ほどの道のりでした。ここ陸中野田のある野田村には思い出がありまして、'90年8月に東北ワイド周遊券で乗り潰しの旅をしていた際、当時あった野田ユースホステルに宿泊したことがあります。残念ながら夜遅くに到着して翌朝早くに出発してしまったため、手元に画像がありませんが、ユースホステルの建物が使用されなくなった学校の校舎だったこと、夏にもかかわらず寒さで震えながら寝たのを今でも記憶しています。そんなユースホステルのあった野田村にある陸中野田駅ですが、ホームから宮古寄りを見ると、ポイントの先に車止めが設けられているのが確認できました。この車止めがいつかは取り外されることを今は願うばかりです。

車止め@陸中野田'11.11.6
車止めが外される日を願いつつ・・・

 さすがにそのまま帰ってしまうのでは味気ないので、1本落としてしばらく駅周辺を散策することに。まずは駅近くで先程乗ってきたディーゼルカーの折り返しを撮影。11月に入り日も短くなったこともありましたが、相変わらず降り続く雨のせいで外も暗くなってきました。

三陸36-200形@陸中野田'11.11.6-1
雨の中、久慈へ戻るディーゼルカー

 この後の久慈行きは17時ちょうどと1時間以上もあり、駅に隣接する道の駅や近くのおみやげやなどを覗きながら時間潰し。次第に暗くなる中、駅の待合室でのんびりと過ごしました。

陸中野田駅舎'11.11.6
現在の終着駅・陸中野田駅

三陸36-200形@陸中野田'11.11.6-2
すっかり暗くなった中、再び久慈へ

 そろそろ久慈からのディーゼルカーが到着するので、窓口で硬券入場券を買ってからホームへ。先程乗ってきたのと同じ車両に乗り込み、すっかり暗闇となった中をまるで夜汽車のごとく進みながら、久慈へと戻ってきました。

陸中野田駅硬券入場券
記念に買った硬券入場券

 日も暮れて真っ暗になった久慈の駅前はひっそりと静まり返っていて、日中広がっていたテントなども撤収され、すでに祭りの後といった感じでした。そんな中、予約してあった駅前のホテルにチェックイン。夕飯を食べようと思い、荷物を置いてから久慈の町へと繰り出しましたが、空いているお店がなかなかなく、どこにでもあるようなホカ弁の店くらいしか見当たりません。そこで、2年前の夫婦旅で立ち寄った「やませ土風館」隣接の食事処、「山海里」が店を開いていたので、今回もそこで済ませることに。メニューの中にあった「まめぶ定食」なる地元のB級グルメを頼んでみましたが、団子の中にくるみと黒糖が入った素朴な味わいでした。

まめぶ定食@山海里'11.11.6
この日の晩ごはん~まめぶ定食

 この後、スーパーで買い物をしてからホテルへ。マツカワガレイの刺身を酒のつまみにしながら旅の疲れを癒しました。

マツカワガレイ刺身'11.11.6
ホテルの部屋で食べたマツカワガレイの刺身

# 画像を追加しました(2011.12.30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.20

今日は

今日は
先週に続いてやって来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.19

宮原通信(11/15)~今週も鋭意整理中(笑)

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.15

 今週分の地元ネタの画像、ようやく先程手を付け始めたところですcoldsweats01。そのため、今週も遅れ気味となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/14】さくっと散策、埼玉県民の日

 今年の埼玉県民の日は平日の月曜日。しかしここ数年の埼玉新都市交通丸山車両基地での公開イベントには何かとネタがあることから、午後から休みを取って行ってきました。

 まずはニューシャトルの大宮駅で県民の日フリーきっぷを入手。各社機会発券のきっぷばかりの中、ここは昔から印刷済みのきっぷが出てきますが、今年も縦長のコバトンがデザインされたきっぷでした。さっそく内宿行きに乗り込み、丸山にやってきました。

埼玉県民の日記念ニューシャトルフリー乗車券
県民の日フリーきっぷで出発!

 丸山車両基地に入り、まずは車両展示へ。今年は1000系第12編成と2000系第2編成の2本が展示されましたが、そのうちの第12編成には製造から28年間動き続けてきたことへのねぎらいの言葉として「感激」と書かれたヘッドマークが取り付けられていました。過去2年間、1000系が1編成ずつ廃車となってきたので、その流れからすればこちらもそろそろ引退のときを迎えることになりそうですが、そうなるとこちらもぼちぼち記録していくことになりそうです。

埼玉新都市交通1000系@丸山車両基地'11.11.14

埼玉新都市交通1000系第12編成HM
丸山車両基地公開で展示された1000系第12編成(画像上)とヘッドマーク(画像下)

 一方、お隣の2000系ところでは、伊奈町のゆるきゃら「伊奈ローズくん」が来ておりました。このイベントでは初参加でしょうか?

伊奈ローズくん@丸山車両基地'11.11.14
2000系第2編成と伊奈町のゆるきゃら・伊奈ローズくん

 そんなわけで会場を見て回った後、再びニューシャトルに乗り込み大宮へ。途中の駅で撮影というのも考えましたが、平日は休日とは違って15分ヘッドと本数が少なくパス。大宮へ戻り、東武野田線の乗り場へと向かいました。ここでもフリーきっぷを入手してきましたが、ニューシャトルとは対照的に機械発券のものでした。以前は東武でもあらかじめ印刷された手売りのものを出していたんですが、路線図が印字された毎年代わり映えしない券は何とも味気ないところであります。

埼玉県民の日フリー乗車券
東武版は機械発行のもの

 さて、野田線ではさいたま市誕生10周年記念のヘッドマーク付き車両を狙ってみようと思いますが、何分運用などがわからないため、最初に下車した大宮公園では全くハズレ。やむなく後続の列車で岩槻へとやってくると、電留線に停まっていたヘッドマーク付きの8164Fが見えたので、下車して撮影してきました。

東武8000系@岩槻'11.11.14
岩槻の電留線に停まっていたヘッドマーク付き8164F

 その最中、春日部方面からもう1本のヘッドマーク付き8154Fが到着しました。今回は東武時刻表を持参しておりませんで、詳細のダイヤを確認することが出来ませんでしたが、大宮から戻ってくるのに最低でも30分は掛かることから、先発の下りに乗り込んで撮影しやすい東岩槻まで移動しました。到着した直後から空がだいぶ暗くなり、果たして無事に撮影できるか心配でしたが、露出を上げたりしながら何とかキャッチ。この後、この電車で春日部まで向かいました。

東武8000系@東岩槻'11.11.14
ヘッドマーク付きの2本目、8154Fは東岩槻で

 駅前で一服した後、野田線で大宮まで戻り、駅構内で夕飯にする駅弁を買ってから帰宅しました。1つは先日の東北の旅の出掛けに買った名水ポーク弁当で、もう1つはそのときに見かけた「戦国BASARA味の宴弁当」なるものを手に入れてきましたが、後者の方は宮城県の食材がふんだんに使用されていました。

戦国BASARA味の宴弁当外包

戦国BASARA味の宴弁当中身
(2枚とも)この日の晩ごはんは駅弁happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/12】旅の終わりはスーパーひたち

 先週土曜日の続きもこの記事で完結。帰りはスーパーひたちに乗って一気に上野まで向かうことにします。乗り込むのは16時20分発のスーパーひたち46号で、イベント会場へ向かう前に駅の券売機で指定券を押さえておきました。

スーパーひたち46号指定券
スーパーひたち46号の指定券

 実はスーパーひたち、意外と乗る機会がない列車でして、今から22年前の’90年9月に仙台から平(現・いわき)まで乗ったきりこれまで1度しかなかったりしますが、来年には日中会場で初対面したE657系への置き換えが始まり、そろそろ乗っておきたいと思った次第。で、これから乗車する46号はいわき始発で、ここ勝田で先頭上野寄りに7両の基本編成を増結します。

 さっそく増結作業の様子を見ようと思いホームで待っていると、最初に増結される基本編成がゆっくりとホームに入線。この後、数分後にいわきから到着した付属編成がゆっくりと接近し、多くのギャラリーが見守る中、スムーズに連結作業が完了しました。


スーパーひたち46号@勝田'11.11.12
スーパーひたち46号で上野へ

 3分停車ののち、定刻16時20分に勝田を後にしました。こまめに停車するフレッシュひたちとは対照的にこちらが停車するのは水戸と土浦のみ。列車によっては水戸から上野までノンストップというのもあり、まさに常磐線のエース的存在と言えますね。


 時刻は17時近く。列車が南下するに従い、外の景色も次第に暗くなっていきましたが、途中で寝入ってしまったらしく、気がついたときにはすでに利根川を渡って千葉県へと入っていましたcoldsweats01。そんなすっかり暗くなった17時38分、ほぼ定刻に上野に到着しました。

 JR化直後の'88年に登場して早23年が経過した651系も、いよいよE657系へ全て置き換えになるまで残り1年となりましたが、前任の485系にはなかった斬新な車両はデビューした当時は十分インパクトがありましたね。もう1度乗れるかどうかはわかりませんが、これからも注目していきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.18

宮原通信(11/13)~1日地元で

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.13

特急あかぎ4号@宮原'11.11.13

 前日お出かけだったので、この日は地元でのんびり過ごしました。午前中は↑のとおりの定番狙いでしたが、午後もこれまた定番の安中貨物を狙おうと待っていると、きれいに西日が差し込んできて、いい感じでした。

EF65-1074@宮原'11.11.13
西日を浴びて2082レが通過

 ところが午後4時近くになると太陽が雲に掛かってしまい、先程まで差し込んでいた西日も影に入ってしまいましたweep。そのため、安中貨物通過時は暗くなってしまいました。

EF510-507@宮原'11.11.13
すっかり影の中に入ってしまいました>安中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.17

宮原通信(11/12)~朝焼けを見て出発

 久々の地元ネタです。いやはや、先週は撮影した画像がかなり多めだったもんで、整理に時間が掛かっておりまして、先程ようやく12日分のところまで終わったところであります。

 この日の夜中まで雨が降っていたらしく、朝起きてみたら路面が濡れていましたが、空は朝日で赤く染まっていました。そんな中、能登からあけぼのまで粘ってまいりました。

急行能登@宮原'11.11.12
朝焼けの空を見ながら・・・

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.12-1

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.12-2
(2枚とも)あけぼのを見送り後、出発しました。

 あけぼの見送り後、勝田へ向けて出発となりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/12】久しぶりのひたちなか海浜鉄道訪問

 今日も先週土曜日の続きを書きます。勝田車両センターから歩いて勝田駅へ。来るときは西口から出発したので今度は東口の方へと回りましたが、ここ勝田駅は今年3月の東日本大震災の際、駅舎の天井が落ち長らく閉鎖を余儀なくされていました。しかし今回見た感じではそのときの爪あとらしいものは見受けられず、まるで何事もなかったかのような印象を受けました。

勝田駅舎'11.11.12
3月の震災で大きな被害を受けた勝田駅

 そんな勝田駅の駅前の店でランチを済ませ、この後はひたちなか海浜鉄道に乗り込みますが、何やら遅れているとのこと。そこでホームで撮影がてら待っていると、先ほど撮影したキハ2005号が到着。ところが後ろにキハ37100号が連結されていました。どうもキハ2005号が故障したとのことで、この後那珂湊まで引っ張られていく様子でした。結局この後はこのキハ37100号が代走で運用に就くことになり、旧型のディーゼルカーはキハ205号1両のみとなってしまいましたweep

ひたちなかキハ2000形@勝田'11.11.12-2
故障が発生したキハ2005号。このまま那珂湊へと戻りましたcrying

 何分どの程度遅れているのかが読めない状況だったため、ここで一旦改札を出てからお隣の日工前駅へ向かうことに。しばらく来そうになかったので、途中の踏切付近で待っていると、EF510に牽引された安中貨物がやってきたので撮影してきました。以前水戸で安中貨物を見たときは午後1時前後に通過していたのを記憶していたので、そろそろ来るんじゃないかと予想していましたが、普段地元で見慣れている安中貨物もこの日はここ勝田での撮影となりました。

EF510-501@勝田'11.11.12
地元で見慣れている安中貨物をここ勝田で撮影

 それからすぐにキハ205号がやってきたので、勝田からの返しも撮影後、日工前駅からピンチヒッターのキハ37100号に乗車。交換設備が出来た金上を過ぎると、最近工事が行われたような築堤が現れました。ここひたちなか海浜鉄道も震災の後長らく運休となってしまい、ようやく7月に全線で運転が再開されましたが、おそらくはそのとき被害を受けたところでしょうか?

 そんな様子を車窓から眺めているうちに中根に到着。定番ではありましたが、この後やってくる勝田行きのキハ205号を撮影してきました。

ひたちなかキハ20形@中根'11.11.12
定番のところで撮影したキハ205号

 この後、そのキハ205号の勝田からの折り返しに乗り込み那珂湊へ。特段用事があったわけではなくて、先程乗ってきたキハ205号の阿字ヶ浦からの折り返しで勝田へ戻るしかありませんでしたが、乗り込む直前にここ那珂湊駅のアイドル、黒ネコのおさむ君catに出会いました。実は会うのはこれが初めてでこれまでなかなか会えませんでしたが、それにしてもなかなかの人気者で、周りの乗客から発せられる視線に些か恥ずかしそうでしたcoldsweats01

おさむ@那珂湊'11.11.12
おさむ君と初対面も後姿のみ・・・coldsweats01

 結局帰りも勝田まで乗らず、日工前で降りてお見送り。阿字ヶ浦行きを見送ってから勝田駅へ向かいました。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.11.16

【11/12】勝田車両センター50周年ふれあいまつり訪問・本編

 昨日の記事の続き、いよいよ勝田車両センターへと向かいます。前回訪れた時は会場までやたら歩かされたことが一番記憶に残っており、それ以外は雨が降っていたのと訓練車として残っていたボンネットの先頭車が展示されていたことくらいしか覚えていませんが、駅からしばらく歩いていると、長いこと使われていないと思われる踏切を発見。線路は勝田駅から隣接する工場へと続いていました。後で調べたところ、日立製作所水戸工場へと伸びる専用線の廃線跡で、この工場へ通勤する社員の輸送に当たっていたようです。

廃線跡@勝田'11.11.12-1

廃線跡@勝田'11.11.12-2
(2枚とも)勝田車両センターへ行く途中、廃線跡を横切ります。

 そんなこんなで20分ほど、ようやく勝田車両センターに到着しました。この日は朝から天気がよく、会場内にはかなりの人でごった返していて、特に弁当や鉄道部品のブースには長蛇の列が出来ていましたが、そんな中を掻き分けながら車両展示のところまで到着。ここも展示車両を撮影している人で大賑わいでしたが、一番奥に今回のお目当てのであるE657系の姿を見つけました。実車を見るのはこの日が初めてで、E259系やE351系によく似たスタイルですが、常磐特急の先輩格である651系にもどこか通じるところを感じましたね。

E657系@勝田車両センター'11.11.12
来年春にデビューするE657系と初対面happy01

 その手前には、485系や651系、それにE653系といった歴代の常磐線特急で使用された車両が揃い、まさしくイベントさながらの光景が広がっていました。ただ485系は運転台脇にイルカのイラストがラッピングされたK40編成で、国鉄色でないのがちょっと残念なところでしたね。国鉄色だったら「ひたち」のヘッドマークをつけてということも出来そうなんですが・・・。

車両展示@勝田車両センター'11.11.12
常磐線を代表する特急車両が勢ぞろい

 しかし会場内があまりの混雑だったのと、この日1番のお目当てだったE657系を間近で見ることができたこともあり、このまま会場を退散となりました。一応、入口で案内図は貰ってはいたんですけど、すでにそれすら見直すほど気力がなくなってしまいまして・・・coldsweats01

 この後、駅まで戻ってランチを済ませた後、午後からはひたちなか海浜鉄道へと回りますが、こちらはまた後日報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.15

【11/12】勝田車両センター50周年ふれあいまつり訪問・プロローグ

 先日の土曜日、勝田車両センターで行われたイベントを見に行ってきました。ここへ行くのは'03年のとき以来となりますが、来年春から営業運転が始まるE657系の展示があるとのことで、今回これが一番のお目当てでした。

 勝田までですが、途中取手で下車いたしました。ここでこの後使用するときわ路パスを手に入れるためでしたが、2,000円で茨城県内のJRはもとよりひたちなか海浜鉄道や関東鉄道、それに鹿島臨海鉄道といった私鉄にも乗車できるとあって、なかなかお値打ちなきっぷであります。手に入れるのにフリー区間内の駅まで行く必要はありますが、それでもまともに買うよりは安く上がるので、十分元が取れます。

ときわ路パス
この日使用した「ときわ路パス」

 これで準備が整い、9時6分発の勝田行きに乗車。そのまま水戸まで揺られることになりますが、途中高浜では後続のスーパーひたち11号の通過待ちがあり、その様子を撮影してきました。この651系もこの後イベント会場で対面するE657系に置き換えとなり、今後の処遇が気になるところですが、国鉄時代から使われていた485系が走っていたのがまだ先日のことのように思え、JR化後に登場した車両のリプレイスのサイクルが早いことを実感しますね。

特急スーパーひたち11号@高浜'11.11.12
高浜でスーパーひたちの通過待ち

 水戸では隣のホームに停まっていたいわき行きの方が先発するため、こちらに乗り換えることに。勝田に到着すると、ちょうどひたちなか海浜鉄道の阿字ヶ浦行きが出発する時間だったのでこちらを見送ってから会場へ向かうことにしました。使用されていたのはキハ2005号。この日はこのキハ2005号とキハ205号といった国鉄型のディーゼルカーが動いているとあって、イベントを見終わった後はこちらへ足を運ぼうと考えていましたが、このとき見送ったキハ2005号がこの後思わぬことになろうとはこのとき思っても見ませんでした。

ひたちなかキハ2000形@勝田'11.11.12
ひたちなか海浜鉄道のキハ2005号をお見送り。この後、思わぬことになろうとは・・・sad

 先程の列車で降りてきた他の乗客はすでに改札の外へと出ており、ホームはひっそりとしていましたが、自分もその中を抜けて改札へ。この後、イベント会場へと向かいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.11.14

東北ローカル私鉄訪問記その2~第3回秋のさんてつ祭り訪問

 東北の旅の続きです。二戸からは10時40分発の久慈行きJRバス、スワロー号に乗り込みますが、バスがすでに来ていたのでさっそく乗り込むことに。乗客の多くが自分と同じはやて15号から降りてきた様子で、10人をちょっと越えたくらいの乗客を乗せて出発しました。

JRバス東北@二戸駅前'11.11.6
スワロー号で一路久慈へ

 バスは二戸の市街地を抜けると山間の道を縫うように走り続け、およそ1時間ちょっとで終点の久慈駅に到着。これから久慈駅周辺と車両基地で行われているさんてつ祭りを見てこようと思いますが、車両基地への行き方がわからず、最初は改札口から行くのかと思いつつも人の出入りがなく、やむなく車両基地のある方へ向かってぐるっと回りながらようやくたどり着きました。

横断幕@三鉄車両基地'11.11.6
さんてつ祭りの会場に到着

 まずは鉄道むすめグッズを手に入れようと思いブースを探しましたが、車両基地内には鉄道用品を売るブースは見つけたもののそれらしいブースが見当たらず、一旦駅前まで戻ることに。すると駅前の広場の一角にブースを発見。さっそく久慈ありすと釜石まなのイラストが入ったクリアファイルと色が一新されたマフラータオルを手に入れてきました。この他、応援フィギュアやTシャツもありましたが、如何せん手持ちの資金に限りがあったので、今回はこちらで打ち止めと相成りましたcoldsweats01

久慈ありすグッズ
さんてつ祭り会場での戦利品(鉄むすグッズばかりですが・・・coldsweats01

 再び会場へと戻ろうとしたら、駅舎のすぐ隣にあったガードの入口に案内図を発見。バスから降りたときにはこちらは全く気づいておりませんでしたがcoldsweats01、今度はすぐに会場へと到着。車両基地はさほど広くなく、イベント会場も車庫に設けられたステージや指令室のある建物を中心に行われていましたが、そんな中午後1時からステージでトークショーが行われるとのことで車庫の中へ。パネラーはトミーテックの森山氏をはじめ、三陸鉄道と秋田内陸縦貫鉄道、それに山形鉄道の3社の関係者、計4名で、震災後の三陸鉄道の現状や鉄道むすめを活用した今後の展開など、目新しいものはなかったものの興味深い内容でしたが、時折クイズも行われるなど寒い中会場はなかなかの盛り上がりでした。そんな中、山形鉄道の社長さんのトークがなかなか面白かったですねぇhappy01。山形弁を交えてのトークもさることながら、山形鉄道の取り組みなど、聴いているうちに山形鉄道に乗りたくなる気分になりました。

釜石まな等身大パネル
まなさんに出迎えられ・・・heart01

トークショーステージ@三鉄車両基地'11.11.6
車庫の中は寒かったものの、トークショーは熱の入った内容でしたwink

 その他、会場ではミニ列車やレール切断の実演などが行われていましたが、車両の方もレトロ車両36-600形や「さんりく・しおかぜ」号ことお座敷列車の36-2100形が展示されました。こちらの方は今回残念ながら乗車することは出来ませんでしたが、掘りごたつがあるなどこの列車に乗って回りたいですね。

三陸36-600形@三鉄車両基地'11.11.6-1
車両展示が行われたレトロ車両

三陸36-2100形車内
「さんりく・しおかぜ」の車内

三陸36-600形@三鉄車両基地'11.11.6-2
「災害復興支援列車」のヘッドマークを付けて

 この後、15時ちょうど発の陸中野田行きに乗るため、14時半過ぎには会場を後にしましたが、決して派手ではないものの手づくり感のあるイベントで、十分楽しむことが出来ました。一方前日はバースデーパーティが行われ、こちらの方もなかなか盛り上がったそうで、機会があれば次回はこちらにも参加してみたいところです。

災害復興支援列車HM@三鉄車両基地'11.11.6
”復興”を願いつつ・・・

# 画像を追加しました(2011.11.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.13

宮原通信(11/8)~鋭意整理中

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.8

 先週1週間の地元ネタ、ただいま鋭意整理中です。そこで、整理出来たところで8日のあけぼのを載せておきます。

 ついでながら、仕事の帰りに大宮駅で見かけたEF65の1106号機も合わせて載せときます。

EF65-1106@大宮'11.11.8
仕事の帰りに見かけたEF65の原色ガマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北ローカル私鉄訪問記その1~いざ東北へ

 東北の旅から帰ってきてはや1週間が経とうとしていますが、ようやく画像の整理がつきましたので、ぼちぼち始めていきたいと思います。といっても、いつもの通り小出しで書いていくことになりますが・・・coldsweats01

 11月6日の朝7時過ぎ、大宮駅に到着。手元には7時58分発のはやて15号の指定券があるものの、発車まではまだ30分ほど時間がありました。そこでホームで撮影しながら時間潰しすることに。この時間一番のターゲットは東京行きのはやぶさ2号ですが、この日は15・16番ホームから撮影してきました。

はやぶさ2号@大宮'11.11.6
旅の始めははやぶさ(ちっても撮影のみですが・・・coldsweats01

 はやぶさを見送り、これから乗り込むはやて15号の乗り場である17番ホームへと向かいます。途中で駅弁を買い込みホームへ。まだ20分ほどあったので、ここでも暇つぶしにシャッターを切りましたが、18番ホームに200系が入ってきました。回送列車でしたが、東北新幹線からの撤退がいよいよ今月19日に迫り、開業時から活躍している200系にも終点が見えつつあります。

200系@大宮'11.11.6
200系の回送列車が到着

はやて15号@大宮'11.11.6
これに乗っていざ東北へ

 こうしてはやて15号が到着。定刻に発車しました。さっそく買った駅弁を広げて朝食としますが、「黒部名水ポーク弁当」なる始めて見かける駅弁で、12月から公開予定の映画「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の特別優待割引券が中に入っていました。「RAIWAYS」は中井貴一主演の1作目を見ていますけど、肝心の中身の方は映画の舞台となっている富山県ゆかりの特産物がふんだんに使われています。

黒部名水ポーク弁当外包み

黒部名水ポーク弁当中身
(2枚とも)割引券付きの駅弁で朝食

 次の停車駅、仙台までは1時間ちょっとで到着。ここで車内の乗客の半分くらいが入れ替わりました。この後盛岡までノンストップ。古川を過ぎた辺りから窓の外へずっと視線をやっていましたが、くりこま高原を過ぎてすぐあたりで廃線跡らしき路盤が確認できました。’07年春まで運転していたくりはら田園鉄道のものですが、廃止されてからはや4年、徐々に周囲の田園風景に溶け込みつつあるようで、次第に忘れ去られつつあります。

 こまち号と切り離し作業が行われた盛岡を過ぎ、二戸には10時29分に到着。ここで下車となりましたが、ここからはJRバスに乗換えて久慈を目指します。しかし長くなってきたので、今回はこの辺りで切ることといたします。

二戸駅構内'11.11.6
二戸に到着

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.12

スーパーひたち

スーパーひたち
勝田から乗車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
勝田にやって来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.11

夫婦旅’11年北海道編その12~北海道とお別れ

 8月の夫婦旅もいよいよ大詰め。この記事で完結となります。

 開拓の村からのバスで新札幌駅へと戻った後、快速エアポートに乗り込み札幌へ。空港へ向かうのにまだ1時間ほどあったので、駅構内の売店でおみやげをいろいろ物色してきました。荷物を引き取りホームへ。すると改札のところにある電光掲示板に「北斗星」の文字が出ていたので、お見送りすることにしました。ところが先頭のDD51がホームからはみ出しており、どうしてもすっきりと撮影はできません。どうも札幌駅での北斗星の撮影は厳しいものがあるようで、やむなく発車後の姿をカメラに収めました。

寝台特急北斗星@札幌'11.8.30
上野へ向けて発車した「北斗星」

 この列車が大宮に到着するのは、翌朝の9時過ぎ。これに乗ってのんびりと帰ってきたいところですが、次の日が仕事なもんで、今回は一っ飛びで戻ることとします。

 さて、次の新千歳空港行きは17時25分発快速エアポートですが、旭川からやってくる特急スーパーカムイ34号がここから快速エアポートとなります。ちなみに前日乗った旭山動物園号の5分前に旭川を発車した列車でもありますが、このとき使用されていたのが789系だったので、今回もこれだったら前日乗った785系と共に2タイプの車両に乗れるところでした。ところがやってきたのは785系。今回は残念ながら乗車することができませんでした>789系。

 快速エアポートは立ち客が出るほどの盛況ぶりでしたが、少し早めに並んでいたこともあって席にありつくことができました。列車は18時1分に終点新千歳空港駅に到着。さっそくこれから搭乗する便のチェックインをしようと自動チェックイン機で操作したら、自分の分の搭乗券しか出てこなかったのでどうしたものか係員に尋ねたところ、手続きの際に使用したJMBのマイレージカードがクレジット機能のないものだったため、名義の分しか出せなかったとのこと。改めて係員のいるカウンターで手続きを済ませ、無事妻の分も手続きが済みました。

 これで帰りの準備も整い、夕飯を食べることに。最後も北海道らしいものを食べてこようと思いつつ、ラーメンでは夕飯では物足りないし、かといってジンギスカンや寿司はすでに食べていたのでどうしようかブラブラしていたら、「豚丼名人」というお店があったのでここに入ることに。十勝清水町内にあるお店がここに出したとのころで、ファストフード店で食べる豚丼とは全く違ったしっかりとした肉でジューシーな味わいでした。今回帯広は行っていませんが、いつかは本場で味わいたいですね。

豚丼@豚丼名人'11.8.30

豚丼名人キャラクター
(2枚とも)道内最後の食事は豚丼

 この後、空港内のお店をうろうろして時間を潰してから手荷物検査を受けて出発ゲートへとやってきましたが、この後搭乗する20時ちょうど発の羽田行きJAL521便の機体には、アイドルグループ「嵐」のメンバーが描かれていました。この “嵐Jet”に乗り込み出発。機内は特段変わったところはなく至って普通の旅客機でしたが、航行中多少揺れはあったもののほぼ定刻に雨がぱらつく羽田空港に到着しました。

JLboeing777-200@千歳空港'11.8.30
旅の終わりは嵐Jet

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.10

宮原通信(11/6)~旅立ち前の朝錬

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.6

 この日から2日間、東北へ旅に出ていましたが、朝錬をしてからの出発でした。あいにくの天気でしたが、無事に見送ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/5】上越線を走った2本の臨時列車を撮影する

 先週土曜日の続きです。イベントを無事見終わったもののこれで帰るには少し早い時間だったので、駅から歩いて10分ほどの夏にSLを撮影したところへと向かいました。この後15時前に土合からの快速上越線全通80周年記念号とそれから30分くらいして高崎からの快速ググっとぐんま号と2本の臨時列車が来るとのことで、これらを撮影することにしました。

 まずは快速上越線全通80周年記念号ですが、こちらは上り列車なので以前撮影したところよりも駅寄りの踏切の近くで構えることに。115系の普通列車や特急草津32号などで試し撮りをして時間を潰しているうちに一つ目のミッションがこちらに近づいてきました。

快速上越線全通80周年記念号@新前橋'11.11.5
特急「新雪」に似たヘッドマークをつけた、「快速上越線全通80周年記念号」

 列車はほぼ定刻にやってきましたが、使用されていたのは183系で、かつて上越線の特急列車だった「新雪」によく似たヘッドマークを出していました。

 続いてはググっとぐんま号ですが、今度は下り列車なのでSLを撮影した付近へと移動することに。30分ほどの待ち時間でしたが、どんよりとした空がさらに暗くなるなど条件はかなり厳しいものがありましたが、そんな中、15時半頃に2つ目のミッションがやってきました。

快速ググっとぐんま号@新前橋'11.11.5
T18編成使用の「快速ググっとぐんま号」

 こちらは「臨時」と書かれたシンプルなもので、使用されたのは急行能登やホームライナーでお馴染みの485系T18編成でした。実は高崎線の列車で高崎に到着する直前、駅構内にこの編成が止まっていたのを確認し、このときはどうしてここへ来ているのかが不思議でしたが、このとき目の前を通過して合点が行きました。

 これで撮影は終了。新前橋駅に戻ろうとしていたら、先ほどまで会場で展示されていたC61が車両基地内で入れ替え作業を行っていました。おそらく一緒に展示されていたDD51に繋がれてねぐらである高崎へ戻ると思われましたが、いつ動くかわからない上に帰りが遅くなりそうだったため、泣く泣く新前橋を後にいたしましたweep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.09

宮原通信(11/5)~イベントへ行く前に

 先程アップしたとおり、先週土曜日は新前橋で行われたイベントに行ってきました。その出掛け、地元で土曜日恒例の配6794レを撮影してきたので、こちらに紹介します。この日は最後尾にコトラを連結。しかも2両繋げていました。これは見るのは初めてでしたね。

EF64-1037@宮原'11.11.5

トラ45000形@宮原'11.11.5
(2枚とも)トラ2両を従えて通過した配6794レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/5】新前橋わくわく体験トレインフェスタ訪問

 先週土曜日も首都圏のあちこちで鉄道関連のイベントが行われ、どれも魅力のあるものばかりでしたが、複数の掛け持ちはやはり時間的に無理があるもの。そこで地元とつながりのある高崎支社のイベントへ行くことに。会場が新前橋なので、ここだったら昼過ぎから出発しても十分間に合いますねhappy01

 新前橋のイベントはここ数年行われているものの、当日は別の用事が入ったりして、これまでなかなか足を運ぶことができませんでしたが、1時半過ぎに新前橋に到着してすぐに会場へと向かいます。すると入口にはお知らせと題した貼紙があり、展示予定だったDD51の842号に不具合が発生したため、同じDD51の895号機に変更されるとのことでした。その895号機がいる車両展示のコーナーへと向かうと、上越特急で馴染み深い183系と185系OM03編成湘南色が並んでいました。

お知らせ@新前橋トレインフェスタ'11.11.5
入口に貼られたお知らせ

車両展示@新前橋トレインフェスタ'11.11.5
お知らせの”主”と上越線縁の特急車両が並んだ車両展示

 このうち、真ん中の183系は時々ヘッドマークの幕が巻かれ、上越特急ゆかりの「とき」をはじめ、「新雪」や「そよかぜ」など登場の度にギャラリーがカメラのシャッターを切っていました。

 何分中に入るのは初めてなので、奥がどうなっているのか今ひとつ把握が出来ておらず、まずは会場の奥へと進むことに。車両展示のすぐ後方、電車庫の脇では保守用の機械車両や事業用車両のクモヤ145形が展示されていました。これらの車両は他の車両基地の公開でもお馴染みの車両ですね。

クモヤ145形@新前橋トレインフェスタ'11.11.5
事業用車両のクモヤ145形も展示

 更に奥へと進み、電車庫の中へとやってきました。先程車両展示で見かけた湘南色185系や183系は中からでも見ることが出来、185系の方は運転台の見学も行われていましたが、それらの車両の横には115系が並んでいました。115系は先程の車両展示の隣に車両洗浄体験乗車用としても展示されていましたが、側面のサボ受けには金属製の昔ながらのサボが刺さっており、久しぶりに実物を見ました。

115系@新前橋トレインフェスタ'11.11.5
今では見ることが出来ない「通勤快速」幕を掲出した115系

115系サボ@新前橋トレインフェスタ'11.11.5
こうしたサボもさりげなく・・・

 いよいよ一番奥、ここにはおそらくこのイベントの目玉であろうC61とリゾートやまどりが展示され、時々大きな音を立てながら蒸気を上げていました。夏の群馬DC期間中、特急リゾート草津号として乗車と地元での撮影でさんざんお世話になったリゾートやまどりも今は吾妻線内を中心に運行されており、この後地元にやってくるのは年末のクリスマスの頃とのことで、そのときはまた撮影したいですね。

C6120&485系@新前橋トレインフェスタ'11.11.5
SLとリゾートやまどりは一番奥に

 軽く流せば30分程度で見終わってしまうほどそれほど広くはないところでしたが、馴染みのある車両ばかりだったので、ボリューム満点でしたね。ちなみに入口付近では上越線全線開通80周年の記念入場券を売っていましたが、値段が3,500円と高価だったこともありパスいたしました。

ぐんまちゃん@新前橋トレインフェスタ'11.11.5
ぐんまちゃんも大活躍heart01

 これで会場を後にしましたが、そのまま帰るにはまだ早い時間だったので、この界隈で上越線の列車を撮影してきました。こちらについては後日別の記事にて報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.08

宮原通信(11/5・朝編)~この日の朝焼け

急行能登@宮原'11.11.5

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.5

 最近朝焼けにこだわっておりますが、この日もきれいな朝焼けでした。しかしあけぼのが通過する頃にはだいぶ明るくなり、朝焼けも消えていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/3】今年も訪問、TX&関鉄イベント

 今年の文化の日、実は当日まで予定が決まりませんでしたcoldsweats01。例年通りTXと関鉄のイベントか、京王井の頭線3000系のさよなら運転か、はたまた都電と東急世田谷線のコラボイベントか、どれも惹かれるものがあったのでいろいろとプランは立てては見たものの、どれも決め手に欠けるなどでなかなか決まりませんでした。一応自宅を出るときまでに行き先は決めておいたんですが、出た後で再び悩み始め、結局例年通りの行き先と相成りました。

 自宅をゆっくり目に出たもんで、武蔵野線やらTXやらを乗り継いで守谷に到着したのは昼ちょっと前。まず隣接する駅ビル内のフードコートでランチを済ませてから、駅前から出る無料のシャトルバスに乗り込み、会場へとやってきました。思えば去年はTXの鉄道むすめこと秋葉みらいの限定フィギュアを手に入れるべく、開場する1時間ほど前に到着していましたが、今年は特にグッズ関連を含めて目ぼしいものがなく、毎年恒例のヘッドマークをつけた車両展示やTXのグッズブースの近くでお出迎えをしていたみらいさんの等身大パネルが目に留まったくらいでした。

TX1000系&TX2000系@TX総合基地'11.11.3

TX-2000系@TX総合基地'11.11.3

秋葉みらい@TX総合基地'11.11.3
(3枚とも)TXの方はざっと流すくらいで・・・coldsweats01

 結局正味30分ほどで見終わり、関鉄のイベント会場へ向かうべくシャトルバスの乗り場へ。関鉄会場行きのバスには長い列が出来ていて、果たして時間内に辿り着けるのかどうか心配なほどでしたが、20分ほど待ってやってきた最初のバスには乗れなかったものの、それから5分ほどでやってきたバスに無事乗車。おまけに座って行くことができ、20分ほどで水海道車両基地にやってきました。

 まず目に入ってきたのが先月引退したばかりのキハ350形、キハ358とキハ3511の2両編成で、取手側に営業運転最終日のときに使用されたヘッドマークが付けられていました。おそらく今回のイベントの中で一番の注目だったんではなかったかと思いますが、車内では在りし日の写真や過去のイベントなどで使われたヘッドマークなどが展示され、ギャラリーとして開放されていました。

関鉄キハ350形@水海道車両基地'11.11.3
引退したばかりのキハ350形が展示

ありがとう350形HM@水海道車両基地'11.11.3
車内に展示されていたヘッドマーク

 その隣の線路では毎年恒例の体験乗車会が行われ、今年も大勢の乗客が乗り込んでいました。今年使用されたのはキハ101号。しかしこちらは9月に乗車したばかりで、乗車の際に貰える乗車証明書の配布が終わっていた様子だったので、乗らずに外から眺めるだけとなりました。

関鉄キハ100形@水海道車両基地'11.11.3
体験乗車会で使用された首都圏色のキハ101号

 そしてこれまた恒例の車両展示のコーナーですが、今年はキハ0形とキハ2100形、キハ5000形の3本の新旧ディーゼルカーとディーゼル機関車のDD502号という顔ぶれでした。ここ数年、キハ100形列が展示されていましたが、先程のキハ358が引退するなど、世代交代を窺わせるところでしょうかね。そんな様子を見ているうち、スタッフの方の合図で車両付近から離れる旨アナウンスがあり、午後1時半からの撮影タイムが始まりました。

車両展示@水海道車両基地'11.11.3
今年の車両展示の様子

 こうして会場を2周ほど回り、ここで一旦会場を離れることに。この後は本線を走行する関鉄の車両を撮影すべく毎年訪ねている車両基地近くの踏切へ向かおうとしていたら、水海道方面からキハ102号が接近、走り去っていきました。手持ちの携帯で確認したところ、13時55分に水海道を発車した守谷行きで、到着後は折り返し14時24分発の下館行きとなるとのことだったので、30分ほど待って再び撮影いたしました。

関鉄キハ100形@水海道'11.11.3-1

関鉄キハ100形@水海道'11.11.3-2
キハ102号の走行シーンを撮影

 これで再びイベント会場へと戻り、水海道行きのシャトルバスに乗車。水海道からは関鉄に乗って取手までやってきました。ここから常磐線に乗り換えて帰途に着きましたが、ホームで待っている際、上野行きの特急スーパーひたち42号が通過していきました。使用されている651系も後継のE657系の登場で今後の去就が気になるところ。こちらもそろそろ乗っておきたいですね。

特急スーパーひたち42号@取手'11.11.3
去就が注目される651系と対面

 こうして当初とは行き先が異なる結果となってしまいましたが、盛りだくさんな内容でいろいろと楽しめた1日でありました。そんな中、目に留まったのがイベント会場で若い女性の姿を多く見かけたことでしょうか。中にはカップルでの来場者も見かけ、時代の変化を実感した1日でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.07

宮原通信(11/4)~この日も

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.4

 朝日を拝めましたfuji。今の時期だけの楽しみで、もう少しすると日が短くなってしまい、撮影条件も厳しさを増していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日中

日中
乗って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只今

只今
只今
久慈から八戸線の代行バスを乗り継ぎ、八戸にやって来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝は

今朝は
久慈駅前から八戸線の代行バスに乗車しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.06

今日は

今日は
久慈に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.05

宮原通信(11/3)~文化の日

 おととい3日は文化の日。晴天になることが多いこの日でしたが、朝はあいにくの曇り空で、雨こそ降っていませんでしたがどんよりとした空でした。

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.3
薄暗い中、通過して行きました

 おとといは快速碓氷の運転日。一旦帰宅後、再度出撃しました。

快速碓氷@宮原'11.11.3
一路横川へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦旅’11年北海道編その11~北海道開拓の村を訪ねる

 北海道の旅を続けます。新札幌駅前から北海道開拓の村へ向かうJRバスに乗り込みます。午後は開拓の村を見て回ることにしましたが、実は直前まで行くところが決まらず、たまたま割引券を見つけて思い立った次第。施設そのものは以前からあったことは知っていて、函館本線の森林公園駅で以前買った横長の観光記念入場券にここのことが記されていましたが、テーマパークのようなイメージをもっていたため、なかなか一人では行きづらいと思い、これまで未訪でした。

 バスはその森林公園駅の前に到着。ホームページなどでは新札幌駅からのバスのアクセスを載せており、ここ森林公園駅はアクセスのルートとしては忘れられている印象でした。もとより徒歩で行くには相当掛かりそうでしたので、新札幌駅からバスに乗った方が賢明ですね。

 広大な森林の中を抜け、終点の開拓の村に到着しました。さっそく目に飛び込んできたのが赤い屋根が目印の旧札幌停車場で、入館券の販売や売店など管理棟となっています。ここから村内へと入ります。

旧札幌停車場@開拓の村'11.8.30
赤い屋根が目印の旧札幌停車場から村内へ

 村内に入ると、明治時代から昭和の初期にかけて造られた建築物が広大な敷地の中に展示されていました。さしずめ明治村の北海道版といったところですが、さすがに一つ一つじっくり見て回ったのではとても1日で回りきれるはずがなく、場所によってはざっと流す程度でした。

旧小樽新聞社@開拓の村'11.8.30

旧小川家酪農畜舎@開拓の村'11.8.30

旧近藤染舗人形@開拓の村'11.8.30
(3枚とも)北海道ゆかりの建築物や品々が展示されている村内

 そんな中、園内の市街地群を貫くように伸びているのが馬車鉄道の線路で、JRの線路よりも狭いゲージの線路が500メートルほど引かれ、乗客を乗せる客車を馬が引っ張っていました。さっそくこちらに乗ることに。車掌さんから運賃270円を支払って客車に乗り込むと、客車の先頭に馬が繋がれて出発しました。

馬車鉄道@開拓の村'11.8.30-1
旧札幌停車場と馬車鉄道の客車

 速度は人間が走る程度とあって、馬車を追っかけている人が簡単に追いついてしまうほどでしたが、それでも現役で活躍していた明治時代には画期的な乗り物だったんでしょうね。

 500メートルほど進んだ旧ソーケシュオマベツ駅逓所の前に到着。ここが終点で、ここまで引っ張ってきたウマが客車から切り離され、一旦詰所で休憩を取った後、折り返し運転のため先程とは客車の反対側に繋がれて出発しました。中間の区間は複線なので、2台の馬車によるそれ違いも可能のようでしたが、この日は平日だったこともあり、この馬1頭による運行でした。

馬車鉄道@開拓の村'11.8.30-2
市街地の中を闊歩する馬車鉄道


 園内には他にも鉄道にまつわる建築物や資料が展示されていて、特に目を見張ったのが森林鉄道の機関庫でした。機関庫は置戸にあったものをモチーフに再現されていて、その中には夕張の森林鉄道で実際に使用されていた機関車も保存されていました。こうした車両もここへ来なければ見ることが出来なかったわけで、急遽現地で決めたとはいえなかなか貴重なものを見ることが出来ました。

森林鉄道機関庫@開拓の村'11.8.30
森林鉄道の機関庫と機関車

 そんなわけで、昼を食べる暇もないほどのボリュームでようやく入口広場近くの食堂にたどり着いて遅いランチに。15時半過ぎのJRバスに乗り込み開拓の村を後にしました。

JRバス@開拓の村'11.8.30
帰りもJRバスで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦旅’11年北海道編その10~午前中は札幌市内観光

 昨日に続き、北海道の旅の続きです。朝錬からホテルに戻り、ロビーで妻と合流してから朝食会場へとやってきました。何も食べずに出て行ったこともあってお腹はかなり減っている状態で、ボリュームのある和風の朝食を一気に頂きましたrestaurant

朝定食
まずは朝食から

 部屋に戻り、荷物を整理してから9時過ぎにはホテルをチェックアウト。まずはひとまず荷物を預けるため地下鉄で札幌駅へ向かいますが、その前にホテル近くにある札幌南八条郵便局に立ち寄り風景印を貰ってきました。絵柄に描かれているのは、ホテル最寄りの地下鉄の駅名にもなっている中島公園です。

札幌南八条局風景印
中島公園が描かれている札幌南八条局の風景印

 中島公園から地下鉄に乗って札幌へ。コインロッカーに荷物を預けてから市内へと繰り出します。まずは札幌市民の台所、二条市場を目指すべく東豊線に乗って大通駅へ。歩くこと数分で市場の前にやってきました。

二条市場'11.8.30
札幌市民の台所、二条市場でみやげ探し

 ここへ来るのは実は初めてでしたが、市場内の店の前に差し掛かるや、店のご主人の熱心な売り込みにただ圧倒されっぱなしでしたcoldsweats01。そんな中、おみやげにしたのはホッケとホタテ。やはりおみやげにするんだったら北海道の幸は外せないところですね。本当ならカニも欲しいところですけど、さすがにお値段が・・・moneybag

 無事おみやげの手配を済ませ大通公園の方向へ歩いていると、目の前にテレビ塔が見えてきましたが、ここは6年前に札幌を訪れた際に展望台まで昇っているので今回は下から見るだけ。大通公園沿いにある札幌大通郵便局で風景印を貰った後、東西線のバスセンター前駅から地下鉄に乗り込みました。

さっぽろテレビ塔'11.8.30
札幌名物のテレビ塔も今回は下から見るだけ・・・

札幌大通局風景印
札幌大通局の風景印

 目指すは終点の新さっぽろ。この後は郊外にある北海道開拓の村を見に行くことにしましたが、なかなか見所のあるところで記事が長くなりそうなため、このあたりで一旦切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.04

宮原通信(11/2)~朝焼け&muetrain

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.2-1

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.2-2

 おとといはきれいな朝焼けを見ることが出来ましたsun。ほのかにピンク色の染まる空を見ると、1日頑張ろうと力が湧いてきます。

 ところでこの日の夕方、仕事帰りに大宮駅でmeutrainを見かけました。先月の川越車両センターに行けなかったので、ここで久しぶりに見ることが出来ました。

209系@大宮'11.11.2
久々のmeutrain

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夫婦旅’11年北海道編その9~朝錬in 札幌 JR編

 久しぶりに北海道夫婦旅の続きを書きます。北海道の旅も最終日となった8月30日。今回は夫婦旅ということで鉄分控えめではありましたが、せっかくの北海道とあって“撮り鉄”せずに帰るのはちょっともったいないところ。そこで、早朝の時間少しだけ単独行動をすることに。家内が寝ているところを横目にホテルを抜け出し、地下鉄に乗って札幌駅へとやってきました。

 地下鉄の始発が6時過ぎだったこともあり、青森からの急行はまなすを出迎えることは出来ず、ホームに上がったときにはすでに回送された後でした。そんな中ブラブラしていると、赤地に白帯をまとった古めかしい車両が入線してきました。

711系@札幌'11.8.30
まだまだ現役で活躍する711系

 国鉄時代から北海道内の電化区間で使われてきた711系も、後継の721系や731系の影に隠れつつあり、ここ北海道でも国鉄型の車両は少なくなりつつありますが、前日旭川で見かけたS-110編成がデビュー当時のカラーに塗り替えられるなど、注目されています。

 さてこの後はお隣の苗穂へ移動し、駅周辺でいろいろ撮影してこようと考えていましたが、先程入線してきた711系が6時34分発の滝川行きになるとのことなので、これに乗り込むことに。さっそく乗り込み目にしたのがボックス型の座席でしたが、まさしく“国鉄”らしさが感じられましたね。そんな711系で汽車旅をしたいところでしたが、さっそく次の苗穂で下車。国鉄型の車両で楽しむ汽車旅はわずか数分で終了となりました。

 ホームに降り立ってまず目に飛び込んできたのがすぐ隣にある苗穂運転所で、前日乗車した旭山動物園号のキハ183系をはじめ普通車から特急型までさまざまなディーゼルカーが出入庫している様子が伺えました。

キハ183系@苗穂'11.8.30-1
前日お世話になった旭山動物園号の車両がここにpenguin

 ホームにいるだけでも楽しいところですが、長居したのではなかなか先に進まないので、改札を出て撮影できそうなところを探すことに。旭川方面へ5分ほど線路沿いに歩いていると柵越しから撮影できそうなところがあり、そこで待ち構えることにしました。まずやってきたのは先程もここまで乗ってきた711系で、本数が少なくなりつつある中、朝夕の時間帯にはまだまだ元気な姿を見ることができるようです。

711系@苗穂'11.8.30
711系と再び対面

 その後も普通列車からエアポート快速、さらには特急列車などさまざまな車両を撮影することができましたが、7時半前あたりから雨がぽつぽつ落ち始めてきたため、半過ぎには撤収。苗穂駅へ戻りました。

721系@苗穂'11.8.30

キハ183系@苗穂'11.8.30-2

キハ261系@苗穂'11.8.30
(3枚とも)JR北海道の車両をいろいろと

 ホームへ向かう途中、跨線橋からスーパーカムイに使用される789系を撮影することができました。先程のところでは撮影できなかったので、もうちょっと待っていれば撮影もできましたが、実写を見るとほんとE259系そっくりな顔つきですねcoldsweats01

789系@苗穂'11.8.30
スーパーカムイに使用される789系

 苗穂駅から通勤客で一杯の列車に乗り込み、再び札幌へ。地下鉄に乗ってホテルへと戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.03

宮原通信(11/1)~11月に入りました

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.1

 11月に入り、2011年も残すところ2月弱となりました。いろいろとあった1年ですが、残り2ヶ月を無事乗り切りたいところです。

 さておとといですが、出勤途中に大宮駅で湘南色OM03編成が入った草津1号を見かけました。こちらも合わせて紹介しておきます。

特急草津1号@大宮'11.11.1
朝日を浴びて一路北へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も埼玉県民の日がやってくる

 11月14日といえば埼玉県民の日。今年も例年通り、JRを除く各鉄道会社から1日乗車券が発売されます。各鉄道会社の料金は以下の通り。

東武 大人 460円 子供 230円
西武 大人 460円 子供 230円
SR  大人 660円 子供 330円
秩父 大人 1,000円 子供 500円
ニューシャトル 大人 400円 子供 200円
TX  大人 2,300円 子供 680円 (県外の路線も含めTX全線で有効)

 鉄道関連のイベントですが、SRは先月前倒しでやってしまったため、今のところ目ぼしいのはニューシャトルの丸山車両基地の公開と秩父鉄道のEL運転くらいでしょうか。うち、丸山車両基地のイベントは過去2年、会場に行かないとわからない”サプライズ”があったので、果たして今年もあるのか気になるところです。

埼玉新都市交通1000系@加茂宮'11.3
丸山車両基地の公開で展示予定の1000系12編成

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
今日は
例年通りのところに行ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【10/29】はまりんフェスタin川和~撮影つれづれ記

 はまりんフェスタを見終わった後、あちこち寄り道して帰ることにしました。川和町からグリーンラインに乗り込み、まずやってきたのはセンター南。ここでグリーンラインの列車を撮影しようと思い、日吉寄りのホーム先端で待つことにします。横浜の地下鉄は地上区間が所々点在しており、他の都市の地下鉄に比べると撮影しやすいですが、特にここはセンター北駅近くのモザイクモール港北にある観覧車がバックに見えるので、これを絡めて撮影することができました。

横浜市営地下鉄10000形@センター南'11.10.29
グリーンラインと観覧車のツーショット

 後続の列車に乗り込み、終点の日吉に到着。まだランチをしていなかったので駅近くでお店を探してみましたが、近隣の大学で文化祭が行われていたせいか飲食店はどこも混んでいてすぐに入れそうにない状況でした。すきっ腹の中、逃げるように東横線の上りに乗り込み武蔵小杉へ。高架下のファストフードのお店で手早く済ませた後、再び東横線に乗り込み、次の新丸子へやってきました。

 ここでは東横線の列車を撮影することに。一番の目当てはさいたま市誕生10周年記念のヘッドマークをつけたSR車でしたが、そのお目当てどころかSR車すらなかなか来ない状況で、結局ここでは撮影はできませんでした。しかしいろいろな車両が行き来するので、飽きることはありませんでした。

都営6300形@新丸子'11.10.29
都営交通100周年のヘッドマークをつけた6300形と出会いました

 この後多摩川を経由し、多摩川線に乗り換えて沼部へ到着。ここへ来た目的といえばやはり多摩川の土手から新幹線狙いとなりますが、到着してすぐに300系がやってきました。正式引退が発表されてから初めて撮影しましたが、引退時期が近くなるに連れて注目度が高くなっていくことでしょうね。一度くらいは乗っておきたいところですが、果たして機会はあるかどうか・・・。

300系@沼部'11.10.29
多摩川を渡る300系

 しかし撮影していた時間が完全な逆光だったこともあり、あまり長居はせずに多摩川の河原に沿って歩きながら多摩川駅へ。ここから目黒線に乗り込み奥沢にやってきました。この日最後の撮影をするべく駅から5分くらい行った線路沿いの細い道で待つことにしましたが、しばらくしてお目当てのSR車は来たものの、タイミングを逸してしまい失敗してしまいましたweep。午前中の宮前平といい、どうもこの日はあまり調子が今ひとつでしたねcoldsweats01

埼玉高速2000系@奥沢'11.10.29-1

埼玉高速2000系@奥沢'11.10.29-2
お目当ての車両は失敗でしたcoldsweats01

 午後4時を過ぎて日が傾き始めてきたこともあり、帰りは目黒まで出た後、恵比寿から湘南新宿ラインに乗り込んで帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.02

宮原通信(10/30・昼編)~久々のA8編成

 日曜日の地元ネタの日中編。この日、あかぎ8号にA8編成が入るとのことで、10時前後から詰めていました。

特急あかぎ8号@宮原'11.10.30
久々にA8編成と対面しました

 実は前週の23日にもあかぎ8号に入っていたことを後で知り大変残念だったんですが、1週間後にリベンジを果たしました。

 なお、この後やってきた草津・水上3号の水上編成の湘南色OM03編成が入っていたので、こちらも合わせて報告します。

特急水上3号@宮原'11.10.30
水上は後追いで

 午後3時を過ぎると空が雲に覆われ、4時前くらいからは雨も落ちてきました。そんな中、安中貨物を撮影。この日は514号機でした。

EF510-514@宮原'11.10.30
雨が落ちてくる中、安中貨物を待ちました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【10/29】はまりんフェスタin川和~会場へ

 先週土曜日の続きです。あざみ野に到着し、さっそくブルーラインに乗り込みます。あざみ野から3つ目のセンター北でグリーンラインに乗り換え、川和町へとやってまいりました。この後、いよいよはまりんフェスタが行われている川和車両基地へと向かいますが、会場まで直行の特別列車があり、滅多に乗ることが出来ない区間を体験できるとあってこれに乗り込むことに。列の最後部に並び、駅下の社員専用の通路を行ったり来たりしながら、ホーム隣の留置線に到着。ここから出発です。

特別列車車窓'11.10.29
特別列車の車内から川和車両基地を望む

 特別列車は川和町駅の留置線を発車し、ゆっくりした速度で進みながら車両基地を目指します。途中、信号の関係なのかしばらく停車。進んだり止まったりしながら車両基地内の乗降場所へと到着しました。

横浜市営地下鉄10000形@川和車両基地'11.10.29-1
職員の出迎えを受けながら・・・

 さっそく会場内へと進みますが、中はすでに多くの来場客でごった返しており、各ブースとも長い列が出来ていました。全体的にファミリー向けの楽しみながら体験するコンセプトとなっているため、“鉄”向きとなるとグリーンライン10000形の車両展示やグッズ販売のブースとなりますが、なかなか間近で見ることが出来ないグリーンラインの車両を見ることが出来たのはイベントならではといったところでしょうね。

横浜市営地下鉄10000形@川和車両基地'11.10.29-2

横浜市営地下鉄10000形@川和車両基地'11.10.29-3

横浜市営交通90周年HM
(3枚とも)”鉄”な絵を選んでみましたcoldsweats01

 ちなみにバスの展示もありましたが、こちらにも長蛇の列が出来ていたため、撮影は厳しいと思い断念と相成りましたweep

 結局2周したところでかなり歩き疲れたため、会場を離れ歩いて川和町駅へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.01

宮原通信(10/30・早朝編)~朝焼けパート2

 おとといの朝も朝焼けがきれいでした。夏場に比べだいぶ明るくなる時間が遅くなってしまいましたが、その分朝焼けを見る日が多くなってきましたね。

211系@宮原'11.10.30

 ただあけぼのが来る時間になり、それまで赤かった南の空に雲が掛かってしまいました。朝焼けの中を通過するあけぼのも見たかったんですけどねぇ。

寝台特急あけぼの@宮原'11.10.30-1

寝台特急あけぼの@宮原'11.10.30-2
(2枚とも)朝焼けは消えてしまいましたcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【10/29】はまりんフェスタin川和~プロローグ

 10月最後の週末、関東近辺で主だった鉄道イベントが2件あり、1件は29日の横浜市営地下鉄でもう1件は翌30日の富士急でしたが、グリーンラインのイベントは未体験だったため、29日にお出かけとなりました。

 2日前と同じく出発は渋谷から。ここからイベント会場の最寄り駅である川和町まで東急田園都市線であざみ野を経由して行くことにします。その前に駅前で銀座線の撮影をすることに。来年の春から営業運転に就く1000系が9月に搬入され、それに伴い現行の01系が置き換えられることからそろそろ撮影もしておきたいところですが、やはりこの場所になってしまいそうです。

東京メトロ01系@渋谷'11.10.29
渋谷の駅前で銀座線を撮影

 田園都市線の地下ホームへ移動し、中央林間方面行きの列車を待ちます。次の列車は急行とのことで、ひとまずこれで溝の口まで向かい各停に乗り換えることに。後続の各停は東急8500系で、秩父鉄道や長電に譲渡された仲間がいる中で今も古巣で頑張っています。

東急8617@宮前平'11.10.29
依然田園都市線で活躍する8500系

 この後、一気にあざみ野まで行かず、途中で降りて田園都市線の列車を撮影したいと思いました。そこで降り立ったのは宮前平。宮崎台方向に5分ほど行った公園の前付近がそこそこいい感じだったので待っていると、東急を始め東京メトロや東武といった各社さまざまな車両が行ったり来たりしていて、待っていても飽きることはありませんでした。ひとつだけ、東武30000系がやってきたときにシャッターチャンスをミスってしまったのはちょっと心残りではありましたが・・・weep

東武50050系@宮前平'11.10.29
田園都市線内で東武の車両を見ると何か不思議な感じがしますcoldsweats01

 さすがにそのまま撮影し続けているといつまでたっても川和町にたどり着けないので、10時過ぎに切り上げ、後続の列車であざみ野まで向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »