« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.31

宮原通信(12/31)~1年間ありがとうございました

 最近、サボり気味になってしまった地元ですが、出掛けたときの画像処理がなかなか進まず、後手後手になってしまいました。最近の地元での撮影も、溜まりに溜まっている状態で、結局全て整理できず年越しとなりましたweep

 しかしながら2011年も今日でおしまい。今日の分だけでも報告しておきたいと思います。

 今日はあけぼのが4時間遅れとのことで、10時半過ぎに通過して行きました。昨日は定時でおとといは3時間弱の遅れでしたが、やはりこの時期は定時運行はなかなか難しいところで、長距離列車の泣き所でしょうか。

寝台特急あけぼの@宮原'11.12.31
今日は4時間遅れでした>あけぼの

 時間は進んで夕方3時過ぎ。いつもの通り安中貨物を中心にあれこれ撮影しましたが、臨時の草津32号に湘南色OM03編成が入っていました。こちらは昨日も同様で、西日を浴びてやってきた姿を2日連続で見ることができました。

特急草津32号@宮原'11.12.31
こちらも1年間お世話になりました>OM03編成

 最後は安中貨物でしたが、直前に通過する湘南新宿ラインからの列車が大幅に遅れていたため、安中貨物も30分遅れでやってきました。陽の光も落ちてしまい、流しで何とか撮影してきましたが、これが2011年最後の撮影となりました。

EF510-507@宮原'11.12.31
安中貨物で2011年は締め

 こうして2011年の活動が終わりましたが、今年は3月の東日本大震災の影響もあり、特に東北地方の各路線で大きな被害を受けるなど、良きにつけ悪きにつけ鉄道に関する話題が多かった年でもありました。今だ復興の目処が立たない路線もあるなど、震災の影響はこれからもまだ続くものと思われますが、少しでも復興に向けて進んでいくことを祈らずにはいられません。

 最後になりましたが、1年間ありがとうございましtら。よいお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/17】岳南鉄道を訪ねるその3~富士山と新幹線を撮影する

 岳南鉄道を訪ねる旅もこの記事が最後となります。比奈から乗り込んだのは岳南江尾行き。こちらで須津駅にやってきました。このまま帰るにはまだ早い時間。そこでここから東海道本線の東田子の浦駅までのんびり歩いてみることにしました。

 駅から15分ほど歩くと新幹線の高架が田園地帯を横切るように走っているのが見えてきました。その高架を抜けて反対側へと出て振り返ると、後方に雄大な富士山が大きく聳えていました。誰もが一度は見たことがある富士山をバックに走行する新幹線の写真はおそらくこの付近で撮影したものと思われますが、この後ここで東海道新幹線を撮影することにします。

 午後も引き続き好天に恵まれ、絶好の撮影日和となりましたが、N700系や700系といった現在の東海道新幹線の主力車両を何枚か撮影することができました。惜しむらくは0系や500系をここで撮影したかったところでしたが、そんな中1本だけ300系がやってきました。今回は全くのノーマークでしたが、引退間近の300系と富士山のコラボを撮影できたのはいいプレゼントでしたねhappy01

300系@須津'11.12.17
300系と富士山のコラボを撮影することができましたfujibullettrain

 14時過ぎに退散。東田子の浦駅のある方向へ延々と歩くこと20分ほどで東海道本線の線路が見えてきました。駅に向かう途中にある橋で富士山をバックに東海道本線の列車を撮影した後、東田子の浦駅から帰途につきました。

EF200@東田子の浦'11.12.17
東田子の浦駅近くの川に掛かる橋から撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/17】岳南鉄道を訪ねるその2~第4回機関車祭り

 2週連続の静岡の旅、いよいよこの旅のミッションである岳南鉄道に乗り込みます。ブルーの有蓋車が止まっている吉原駅の構内から岳南鉄道の乗り場へと通じる長い跨線橋を渡ります。さっそく窓口で硬券の1日乗車券を入手。ここは今も券売機がなく、窓口では硬券のきっぷを手に入れることが出来ますが、4年前の'07年に岳南鉄道を訪れたときは東京までの硬券乗車券を入手したものでした(そのときの記事はこちら)。今回きっぷの方はこの1日乗車券のみ手に入れただけでしたが、またこうしたきっぷを使って旅をしたいものですね。

ワム80000形@吉原'11.12.17
青い有蓋車がたたずむ吉原駅

全線1日フリー乗車券@岳南
岳南鉄道の1日乗車券は硬券

岳南8000形@吉原'11.12.17
元京王3000系の8000形で出発!

 10時25分発岳南江尾行きは2両編成の8000形。こちらに乗り込み、さっそく次のジャトコ前で下車しました。イベント会場は比奈駅ですが、その前に岳南鉄道の車両を撮影しようと思い、吉原駅方面へ10分ほど戻った線路脇にやってきました。すると、岳南江尾方向には雄大な富士山の姿が見えてきました。

岳南7000形@ジャトコ前'11.12.17
富士山をバックに岳南鉄道の車両を撮影(画像はイベントで運転されたミステリー電車)

 富士山をバックに何本か撮影したあと、正午過ぎの列車でイベントが行われている比奈にやってきました。構内には3台の電機が勢ぞろいしていて、多くのギャラリーがそれぞれカメラを向けて撮影していました。

岳南電機@比奈'11.12.17
3台の電気機関車が並んだ比奈駅構内

 今回展示されたのは、ED402号、ED403号、それにED501号の3台。いずれも特徴のある電気機関車ですが、この後12時45分からはそれぞれ連結して重連による運行が行われました。といっても、比奈駅の構内を行ったりきたりするだけなので本線上を走ることは出来ませんでしたが、電気機関車が動いているところを見ているだけでもなかなか迫力がありましたね。

岳南ED501@比奈'11.12.17
3台の機関車が重連となって登場

 本当であればもっと電気機関車の動く姿を堪能したいところでしたが、如何せん当日は予想以上に多くの来場者でごった返しており、普段はのんびりとしているであろう比奈駅は何とも慌しい空気でした。そんなわけで少し早めではありましたが、13時過ぎに退散と相成りました。

 ちなみに比奈駅といえば前回’08年のイベントで訪れたときに見かけた廃車体が今回なくなっていたのに気がつきました。前回の訪問から3年が経過しているので、その間に撤去されたようですね(前回のときの記事はこちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/17】岳南鉄道を訪ねるその1~吉原までの道のり

 12月17日、早朝の日進駅で青春18きっぷの2日目に日付を入れてもらい、5時5分発池袋行きでスタート。赤羽で京浜東北線に乗り換え、品川からは京急に乗り換えました。今年8月の伊豆箱根鉄道1100系を乗りに来たときと同く、六郷土手でサンライズの撮影をしようと思いましたが、6時27分発の特急三崎口行きに“ドレミファ”インバータ音の2100形が入るとのことで、京急蒲田まで乗ってくることに。この独特のモーター音も消えつつあるとのことで、久しぶりに“ドレミファ”音を聞きながら、京急蒲田で後続の各停に乗り換えました。



京急2180@京急蒲田'11.12.17
2100形の”ドレミファ”音を堪能する

 六郷土手に到着し、さっそく多摩川の土手へ。ちょうど東側から朝日が昇るところで、サンライズが多摩川の鉄橋に差し掛かった際、側面に朝日が差し込んでくれました。

寝台特急サンライズ瀬戸@六郷土手'11.12.17
朝日を浴びて多摩川を渡る「サンライズ」

 この後は横浜から東海道線に乗り換え。普通列車を乗り継ぎ、目的地の吉原には10時前に到着しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.30

【12/25】”L-train” 3015Fと初対面~西武

 ANOHANA X’mas Trainの帰り道のことを書いておきます。西武秩父を14時25分に発車する特急ちちぶ28号に乗り込み秩父を後にします。時間的には帰るには少し早い時間でしたが、パレオの運行がないこの時期、少し早めに出発して西武沿線でネタ探しをして帰ろうと思った次第。乗り込む直前、西武秩父駅の仲見世通りで買った秩父のB級グルメ、みそポテトをおつまみにしながらしばしのレッドアローの汽車旅を堪能いたしました。

西武10000系@西武秩父'11.12.25

みそポテト
(2枚とも)レッドアローの車内でB級グルメ・みそポテトを頂く

 15時2分、飯能に到着。ここでレッドアローを見送ることになりましたが、ふとライオンズのロゴがラッピングされたブルーの3000系が停まっているのが見えました。昨年の夏に登場した“L-train”ですが、これまで撮影はおろか乗車することもできなかったので、今回ようやく念願がかなうことになりました。

西武3000系@飯能'11.12.25
ライオンズのロゴで埋め尽くされた”L-train”に初乗車

 いきなりネタが見つかったところでこのL-trainを西所沢で見送ることに。まだ多少明るかったこともあり、駅近くの線路脇でネタ探しをすることに。しかしこれといって特筆するものはなく、16時を過ぎて次第に暗くなってきたところで断念。続く所沢では先月登場したレッドアロークラシックを待ってみたものの、こちらも見事に振られてしまいましたweep

西武10000系@所沢'11.12.25
レッドアロークラシックには対面できず・・・weep

 こうして17時近くになり、新秋津からむさしの号に乗って帰途につきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【12/25】ANOHANA X’mas Train 運行~秩父鉄道

 クリスマスのこの日、今年最後となる秩父鉄道沿線に向かうべく川越線経由で東飯能へ。秩父フリーきっぷを手に入れて出発です。8時22分発の西武秩父行きに乗り込みましたが、この後の予定を確認していたところ、この列車でそのまままっすぐ行っても接続が悪く、後続の池袋からの快速急行に乗っても間に合うことから、横瀬で下車してしばらく待つことに。9時43分発三峰口行きに乗り換えて終点の三峰口までやってきました。

 この後10分ほどするとアニメ“あの花”のヘッドマークをつけた7500系が来るので、駅を出て近くの線路脇で待機していると、大きなヘッドマークをつけた7500系7502Fが大きくカーブしながら近づいてきました。

秩父7500系@三峰口'11.12.25-1
ANOHANA X'mas Trainと初対面

 この列車は、「ANOHANA X’mas Train」と題して今月10日から運行されていましたが、クリスマスとなったこの日は運行最終日とのことで、秩父駅でミニイベントが行われるとのこと。駅に戻り先程の7502Fを再度撮影していたら、先行する10時47分発の羽生行きが7501Fで、7500系同士の並びを見ることが出来ました。

秩父7500系@三峰口'11.12.25-2
7500系同士が並んだ三峰口駅

あの花HM
アニメ「あの花」のキャラクターがデザインされたヘッドマーク

 この7501Fに乗り込み秩父へ。ミニイベントの様子を見てこようと改札にやってきたら、改札前にはすでにイベントに参加する多くの人が長い列を作っており、改めてこのアニメの人気のほどが伺えました。さっそく最後尾に並び、20分ほど待ってようやく列が動き始めました。元々ホームが狭いこともあってなかなか前へ進まず、何とかアニメのキャラに扮したコスプレイヤーの方から乗車記念証をいただくことができたものの、今度は後ろの方で並んでいた輩が乗車記念証を巡ってクレームをつけていたりと、何とも落着かないイベントとなってしまいましたbearing

秩父7500系@秩父'11.12.25
武甲山をバックに秩父駅に入線する「ANOHANA X'mas Train」

 そんな状態の中、先程の7502Fが到着。ホームにいた多くの参加者が乗り込んだため、車内は大変な混雑となりましたが、特に真ん中の2号車にはクリスマスらしい雰囲気のデコレーションが施されていたこともあり、多くの乗客が集中していました。秩父鉄道がこれほど通勤ラッシュ並みに混んでいるところに乗り合わせたことがなく、これはこれで貴重な体験にはなりましたが、さすがに落着かないこともあって2つ目の和銅黒谷でお見送りすることになりました。

7502F車内装飾
クリスマスらしい装飾を施した車内

 この後、駅近くでのんびりと撮影タイム。旧1000系色の1007Fや貨物列車を撮影した後、13時19分発影森行きに乗って秩父市内へ戻ることに。すると、オレンジに塗装された1003Fがやってきました。沿線からはすでに撮影済みでしたが、この塗装になってから乗車するのはこれが初めてとなりました。

秩父デキ104@和銅黒谷'11.12.25
和銅黒谷駅で撮影した貨物列車

秩父1000系@和銅黒谷'11.12.25
オレンジ化後、初めて乗ることが出来ました>1003F

 御花畑に到着。少し早めだったもののこれで秩父を出発し、この後は西武沿線でネタ探しをしようと思いますが、長くなってきましたのでこのあたりで一旦切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.29

静岡東部乗り歩き紀行その5~旅の終わりは特急あさぎり号

 いろいろ盛りだくさんな静岡の旅もこの記事で完結となります。熱海まで戻り、再び東海道本線の下り列車に乗って沼津までやってきました。この日の早朝に三島を出発し、ホームライナーで戻ってきた後、夕方三度通過することになりましたが、ここからはもう帰り道。この旅のミッションの1つである特急あさぎり6号に乗り込みます。

 すでに発表されたとおり、あさぎり号については来年3月のダイヤ改正でこれまで使用されてきた371系に加えて小田急の20000形も引退。さらに運転区間も御殿場で打ち切りとなるなど、これまであまり動きのなかっただけに今回の改正の内容には驚いていますが、思えばちょうど20年前の1991年3月に沼津への延長やSSE車からの車両の置き換えなどさまざまなテコ入れを行っており、節目の20年で大きく様変わりすることになります。

 列車から降り立つとすぐ、東京寄りから371系が入線。朝に乗ったホームライナー沼津2号以来7時間ぶりの対面となりましたが、朝に比べると撮影をしているギャラリーの姿がポツポツと見受けられました。

特急あさぎり6号@沼津'11.12.10

あさぎり6号指定券
出発を待つ特急あさぎり6号(画像上)と、今回使用した特急券(画像下)

 一通り撮影をした後、車内へ。手持ちの指定券に印字された車両の座席に座るとすぐに沼津を発車しました。この時点で自分が乗っていた車両には数えるほどの乗客しかおらず、何とも寂しい出発となりましたが、沼津からの観光客が思いの他少ないのには正直驚きました。沼津といえば自分も足を運んだことのある沼津港や西伊豆の玄関口といった観光でも決して無縁ではないところのはずなんですが、やはり多くがマイカーや高速バスへ流れていっているのでしょうか?

 そんなあさぎり6号は最初の停車駅である裾野に到着。ここで新宿からやってきたRSE車使用のあさぎり5号とそれ違いました。371系とRSE車という長らくあさぎり号を支えてきた車両がこの駅で並ぶことになりますが、この時点ではまだRSE車引退の報は流れていなかったので、来年以降はRSE車だけで運行されるのかなというくらいしか思っていませんでした。

371系座席
裾野で交換したRSE車

 2つ目の停車駅、御殿場からは多くの乗客が乗り込み、車内も賑やかになってきました。思えば元々あさぎり号はここ御殿場までの運行が長く続いており、御殿場までの需要はそれなりにあるのかもしれませんね。

 列車は御殿場線内を走行し、松田には16時22分に到着。ここから先は小田急線へと入り、発車してすぐにポイントを通過すると列車は左に大きくカーブしながら本線へと合流しました。これまで御殿場線内では単線だったせいもあって遠慮しながら走っていた感じでしたが、小田急線内に入った途端に軽やかになった感じでした。そんな中、外も次第に暗くなり、町田を発車する頃には外もすっかりと暗くなってきました。

 こうして17時29分、終点の新宿に到着しました。

特急あさぎり6号@新宿'11.12.10
終点新宿に到着

小田急20000形@新宿'11.12.10
偶然隣にはRSE車も

 この後、乗車券の精算をしようと改札口へと向かいました。沼津では乗車券を買う時間がなく、精算しようと車内で車掌が来るのを待っていましたが、御殿場線内では結局一度も回ってくることがなく、ようやく小田急線内で回ってきた車掌に尋ねたところ、車内ではできないので駅で精算するようにとのことでした。改札口では比較的すんなりと精算できましたが、やはり複数の会社をまたぐ列車ともなるといろいろと面倒なところがあるようですね。中にはICカードで乗り込んでくる客もいると思われ、新宿や沼津での精算に手間をかけることもあるのかと思いますが、こうした点からも扱いに難しい列車なのかもしれませんね。

 この後は毎年恒例の忘年会に行くべく御徒町へ。旅の疲れを癒すべく一杯やってから家路へと急ぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静岡東部乗り歩き紀行その4~黒船電車と伊豆急でんしゃまつり

 静岡の旅がまだ途中でしたので、このあたりで進めておきたいと思います。函南から熱海へと到着し、12時12分発の伊豆急下田行きに乗り換えます。ホームに停まっていたのは「黒船電車」という愛称を持つ黒い車体のリゾート21。さっそく最後尾の展望席に乗り込みます。

伊豆急2157@熱海'11.12.10
黒船電車に乗って伊豆高原へ

 展望席から見る車窓がこの車両のウリですが、デビューした当時はそれなりに話題もあっていつも混んでいたものでした。しかし今回、あっさりと席に有り付くことができ、発車間際でも空席が目立っていました。伊豆方面への観光客減少もこの辺りから伺えるところでしょうが、それでもここ展望席から見る相模湾の景色は格別なものがありますね。

坂本龍馬'11.12.10
坂本龍馬も乗車中happy01

 熱海を出てから1時間ほど、13時10分に伊豆高原に到着。この後は隣接する車両基地で行われたイベント「伊豆急でんしゃまつり」の様子を見に行くことにします。駅を出てぐるっと周り、ようやく入口に到着すると、さっそく係りの方から来場記念の硬券きっぷをいただき中へと進みます。会場そのものがそれほど広くはなく、全体的にはファミリー向けといった雰囲気でしたが、そんな中で一番のお目当てはかつて伊豆急線内で活躍した100系のハワイアンブルー塗装に変更された「リゾートドルフィン号」でした。物販エリアの先の方に車両が展示されていましたが、車内見学がメインとなっていて車体全体の撮影が困難な様子。あまり時間がなかったこともあり、外観をざっと見ただけに留まりました。

伊豆急でんしゃまつり記念入場券
入口でいただいた硬券入場券

伊豆急2100系@伊豆高原'11.12.10
往年の100系のカラーに変更された「リゾートドルフィン号」

 この他、会場では11月に復活したクモハ103号を使用したツアーの案内が行われていましたが、こちらは後日ネット経由で申し込みを行い、新年早々に伊豆急下田まで乗ってくる予定です。こちらも楽しみですね。

 結局、リゾートドルフィン号にご挨拶しただけで、13時45分発の特急踊り子110号に乗り込み、伊豆高原を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.28

【12/23】北斗星とスペーシアと栗橋と

 3連休初日の12月23日は近場を中心にブラブラすることにしました。まずは久しぶりに北斗星の撮影と思い蓮田へ。この日は北斗星のみとのことで、“ヒガハス”を含めてギャラリーも少なめでしたが、北斗星の方は定刻よりも45分ほど遅れて通過していきました。

寝台特急北斗星@蓮田'11.12.23
45分遅れで通過した北斗星

 思えば1年前はカシオペアがEF81の“代打”で牽引していましたね。そのときもここで撮影していました(そのときの記事はこちら)。

 この後は国際興業バスで岩槻へ。実家に届け物をしてから東武野田線で春日部へやってきました。野田線の8000系や伊勢崎線の車両などをいろいろと撮影してきましたが、その中でもお目当てだったのがスペーシアでした。今年中にもリニューアル塗装の編成が登場するとのことで、今後は次第に見ることが少なくなりそうなこれまでのカラーを撮影していきたいところですが、来年は東京スカイツリーのオープンもあるので、東武もいろいろと話題が多くなりそうですね。一方のスカイツリーの方はおそらくオープンしてしばらくは大変な混雑になるであろうことから、当面は様子見になりそうです。

東武8000系@春日部'11.12.23

東武100系@春日部'11.12.23
春日部で撮影した車両たち(上:野田線8000系、下:特急スペーシア)

 続いて姫宮でも下車し、ここでもスペーシアを中心にいろいろと撮影してきましたが、この日は1日を通して風が強く、特にここ姫宮の田んぼっぺりはもろに風を受けながらいることになるので、余計に体が冷えてしまいました。

東武100系@姫宮'11.12.23
姫宮でもスペーシアを撮影

 夕方近くになったので、この日最後の目的地である栗橋へと到着。ここ2年間、栗橋みなみ関連のお酒を買いに訪れている井上酒店でクリスマス用のワインと正月用の日本酒を今年も手に入れてきましたが、ワインの方はまだ手に入れていなかった白ワインの方にしました。お値段も普段買うワインよりもちょっとお高めでしたが、1年に1度のクリスマスですから、このくらい奮発してもバチは当たらないでしょうcoldsweats01

栗橋みなみワイン
我が家のクリスマスの食卓に登場したワインbar

 こうして連休1日目が過ぎていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.27

宮原通信(12/21)~運休が出ていますが

寝台特急あけぼの@宮原'11.12.21

 12月に入り、運休や遅れが発生するようになりました。これもこの時期はある程度想定されてはいますが、一頃遅れもなく毎日のように定時で運行されていたときは、改めて定時運行のありがたみを知ったところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/22】京成シティライナーと花電車とホームライナーと

 先週木曜日は年1度の人間ドックがあった日。一通り検査が終わった後、少し時間が出来たので、あれこれネタ探しを兼ねて都内をブラブラしてきました。

 最初にやってきたのは日暮里・舎人ライナーの西日暮里駅。先日発売された映画「けいおん!」公開記念の都営まるごときっぷのうち、前回買うことが出来なかった日暮里・舎人ライナー各駅で販売しているバージョンを手に入れてきました。発売開始から1週間が経過していましたが、券売機での販売で発売当日のみ有効とあってまだ売っていたのが有難いですね。これが前売り券だったら、発売当日で売切れてしまうでしょう。

けいおんポスター@日暮里'11.12.22
日暮里駅にもこんなポスターがheart01

 日暮里まで一区間だけお世話になった後、都バスの都08系統錦糸町駅前行きに乗り込み竜泉へとやってきました。郵便局めぐりと思いましたが、近場で風景印の未完集のところが少なくなりつつある中、まだ未訪の台東竜泉局に訪問。貰ってきた風景印には作家の樋口一葉と郵便局の近くにある台東区立一葉記念館がデザインされており、近いこともあったのでこの後寄ってみることにしました。恥ずかしながら樋口一葉の作品は読んだことがなく、五千円札にデザインされている肖像画が一番頭に思い浮かべるという有様ですが、明治時代にまだまだ女性作家が少なかった時代、かなり苦労しながら作品を書き上げていった様子を窺い知ることが出来ました。

台東竜泉局風景印

台東区立一葉記念館'11.12.22
台東竜泉局の風景印(画像上)と一葉記念館

 再び竜泉のバス停に戻り、今度は草43系統足立区役所行きに乗り込みます。バスは都電や日比谷線の乗り換えとなる三ノ輪橋を通過。するとどこかで見た記憶のあるところへと出てきました。そこは先日、都電の企画展にお邪魔した荒川ふるさと文化館近くの素盞雄神社の境内でしたが、そのまま千住大橋を渡り、京成の高架の近くにある京成中組バス停で下車。この後、ちょっとだけ京成の列車を撮影しようと定番の線路脇へと向かっていた途中でかつてのスカイライナーに使用されていたAE100形が上野へと通過して行きました。スカイライナーの任務は後継の新型車両に任せ、現在はシティライナーとして細々と活躍しているAE100形ですが、時刻を調べていたところ、日暮里を15時55分に発車するシティライナーがあるとのことなので、そこまで待つことに。次第に暗くなりつつある中、上野方面から白い車体のシティライナーがやってきました。

京成AE100形@千住大橋'11.12.22
久しぶりに撮影した先代のスカイライナー・AE100形

 今年は震災の影響で一時運休を余儀なくされたこともあり、今やすっかり影が薄くなった感があるAE100形。廃車も出ていることもあり、この車両も終焉が近いのかもしれませんね。

 この後は16時から都電の荒川電車営業所で行われていた花電車の展示を見に行くことに。10月に運行された花電車にクリスマスの装飾を施して展示されるとのことでしたが、平日ながら多くのギャラリーで賑わっていましたね。花電車の人気は相変わらず高いことが窺わせました。

都電花100形@荒川車庫前'11.12.22-1

都電花100形@荒川車庫前'11.12.22-2
(2枚とも)クリスマスらしく飾りも施された都電の花電車

 都電に乗り込み、熊野前で日暮里・舎人ライナーに乗り換え。舎人公園駅へやってきました。実は前の週に見たクリスマスツリーをもう一度見ようと思いやってきましたが、前回と異なり西口へ移動したとのことなので探したものの、それらしいものが見当たりません。もしやと思い駅に戻ってみたところ、暗くなってからの展示は翌23日から3日間とのことで、この日は17時まででした。これは何ともはや、失態でしたねbearing

 そんなわけで見事にフラれてしまった格好で日暮里へと戻り、JRに乗り換えて上野へとやってきました。この後はもう帰るだけでしたが、ちょうどホームライナー鴻巣3号があったので、これに乗って帰ることに。この日は家内の帰宅が遅かったことから夕飯に駅弁を買って乗り込みましたが、チキン弁当のクリスマスバージョンというのがあったのでこちらをチョイス。グリーティングカードと雪だるまを模したチョコレートがクリスマスらしさを演出していました。

チキン弁当クリスマスバージョン
この日の晩ごはんはチキン弁当のクリスマスバージョン

 さて、乗り込んだホームライナー鴻巣3号ですが、来年3月のダイヤ改正で485系から185系に置き換えられることが発表されていました(詳しくはこちら)。今回の改正では185系使用の特急草津の短編成化が行われ、これにより発生する車両の余剰分を充てる様子ですが、その一方で臨時急行能登の運行取り止めも報じられており、そうなれば定期的に485系の姿を見る機会はなくなりそうです。

ホームライナー鴻巣3号@上野'11.12.22
来年3月のダイヤ改正で185系に置き換えられる「ホームライナー鴻巣3号」

 なお、ホームライナーについてはまた別の機会にいろいろと乗りに行こうと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.26

【12/18】今年も訪問、ニューヨークグリル@パークハイアット東京

東京スカイツリー@ニューヨークグリル'11.12.18
去年ここで見たときよりも高くなりました>スカイツリー

 1週間前の日曜日、久しぶりに1日非鉄モードとなり、毎年恒例のパークハイアット東京の52階にあるニューヨークグリルでランチをしに行ってきました。

 例によってまずは前菜から。例年ここでついつい取ってしまい、最後のデザートで撃沈というコースでしたが、今年は例年に比べて前菜の品が心なしか少なめだった気がします。このあたり、震災の影響があるのかもしれませんが、その分ここで幾分セーブされたおかげでこの後さほど苦しまずに済みました。

前菜@ニューヨークグリル'11.12.18
これでも押さえたつもり・・・coldsweats01

 そしてこの後がメインですが、今年は魚をチョイス。この日は愛媛県産のタイでしたが、肉の厚さにただ圧倒されっぱなしでしたね。

メインディッシュ@ニューヨークグリル'11.12.18-1
今年は魚をチョイス。肉厚なタイでしたfish

 一方、家内はニュージーランド産の鹿ロースをチョイス。一切れいただきましたが、思っていたほど癖がなく、食べやすかったです。

メインディッシュ@ニューヨークグリル'11.12.18-2
家内がチョイスした鹿の肉

 そして最後はデザート。こちらは例年通りの豊富な種類で、ここで一気に胃袋が膨らみました。まあ、これほどデザートを食べることはそうそうないですからねぇ。

デザート@ニューヨークグリル'11.12.18
今年も締めはデザートでcake

 そんなわけで、今年も家内とおいしいひと時を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.25

今日は

今日は
今年最後になるであろう秩父鉄道沿線に出没しています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.24

静岡東部乗り歩き紀行その3~赤くなった伊豆箱根鉄道1100系に乗る

 静岡の旅を続けます。2時間半ぶりに三島に戻り、伊豆箱根鉄道の乗り場へ。この後、前日の晩に見たリバイバルカラーの1100系に乗り込みますが、公式サイトには当日の1100系の運用が掲載されているので出掛けに確認したところ、次の修善寺行きが8時20分発とのことで、きっぷを買ってホームに入ります。すでに1100系お目当てのギャラリーがちらほら見受けられましたが、そんな中、赤い1100系がゆっくりと到着しました。


伊豆箱根1100系@三島'11.12.10
赤く塗装された1100系に乗り込みます

 それにしても、カメラを向けているギャラリーの中に女性も多くお見かけしたのが印象的でしたが、地元でも注目されているのかもしれませんね。

 折り返しまでそれなりに時間があることから、余裕を持って撮影できるのがありがたいところでしたが、適当に撮影を済ませて乗り込むと、定刻の8時20分に三島を発車しました。この後は修善寺からの折り返しを撮影しようと思い、夏と同じく大場と三島二日町の間の沿線に向かうべく大場で下車。夏来たときと同様、駅周辺の道路は相変わらず車が頻繁に行き来しており、交通量の多さに辟易してしまいましたが、目的の場所に到着すると、8月のときには雲が掛かってみることが出来なかった富士山がこの日ははっきりと見ることが出来ました。やはり富士山は空気も澄んでいる冬場の方が見えやすいということでしょうか?

 そんなわけで、今回は前回に比べるとギャラリーは多目でしたが、広大な田園地帯なのでイモを洗うようなことはなく、むしろどんな構図にしたらいいか迷うほどでした。いろいろと撮影しているうちに何とかよさげな位置を確保。やがて修善寺から1100系が戻ってきました。

伊豆箱根1100系@大場'11.12.10-1
8月のリベンジを果たせましたfuji

 この後、場所を変えて三島からの折り返しを撮影することに。結局夏に撮影した踏切近くに落着きましたが、こちらでも富士山を絡めて撮影して終了となりました。

伊豆箱根1100系@大場'11.12.10-2
前回撮影した場所でもう1枚

 大場駅へ戻り、駅の窓口で記念のピンバッジを手に入れてから、11時過ぎの函南行き伊豆箱根バスに乗り込むことに。これは8月のときと逆にコースでしたが、この後、東海道本線の上り列車に乗って熱海へ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.23

静岡東部乗り歩き紀行その2~371系使用のホームライナー沼津2号に乗る

 先日の静岡の旅と続けます。12月10日、5時ちょっと過ぎにホテルをチェックアウト。三島駅の改札口で青春18きっぷの1回目に日付を入れてもらってからホームへ向かい、下りの1番列車となる5時32分発浜松行きに乗り込みます。さすがにこの時間だとまだ外は暗いので、富士山や駿河湾の車窓を楽しむことはできませんでしたが、三島からおよそ1時間、静岡に到着する頃にはだいぶ明るくなりました。

 さてここからは再び三島へと逆戻りすることになりましてcoldsweats01、7時ちょうど発のホームライナー沼津2号に乗り込みます。今回の目的の1つでもありましたが、来年春に引退となる371系が充てられており、乗車整理券をプラスすれば18きっぷに乗ることが出来る貴重な列車の1つでもあります。その乗車整理券を手に入れようと一旦改札を出てみどりの窓口で聞いてみましたが、ここでは買えずホームにある券売機で買うようにと案内されました。これは上野発のホームライナーと同じでしたが、異なっていたのはTOICAなどのICカードでも買うことが出来たことと、座席が指定されていたこと。これはセントラルライナーでも同じでした。

ホームライナー沼津2号乗車整理券
ホームライナー沼津2号の乗車整理券

 朝食にする駅弁を手に入れ、ホームでしばらく待っていると、東京寄りから白地に濃い青のラインが入った371系がゆっくりと入線してきました。

371系@静岡'11.12.10
371系が入線

 関東圏では特急あさぎりで馴染みのある車両ですが、朝夕はこうした東海道本線のホームライナーとして運行されており、特に夜の下りは遠く浜松まで遠征するなど、なかなか広範囲に動いている車両です。それ故、関東圏に住んでいるとホームライナー運用はなかなか利用する機会もなく、今回前泊して乗ることになった次第です。

 乗車整理券に印字された座席に座り、一息ついたところで定刻の7時ちょうどに発車。最初の停車駅、清水を発車してしばらくすると、車窓には駿河湾と富士山fujiが見えてきました。この日は朝から好天に恵まれ、富士山を見るには絶好の冬晴れでしたね。そんな富士山を眺めながら、先程手に入れた駅弁を開くことに。手に入れたのは東海軒の幕の内弁当で、今回手に入れようとわざわざ入場券を買って新幹線のラッチ内にある売店まで出向きましたが、学生の頃に18きっぷで旅していた際に何度もお世話になった駅弁でした。中身も昔とほとんど変わっていない様子で、付け合せの静岡名産のわさび漬けが健在だったのはうれしかったですねhappy01

幕の内弁当中身
東海軒の幕の内弁当は昔と変わらぬ味

 特徴ある駅弁が幅を利かせている中、こうした幕の内弁当がクローズアップされることはなかなかありませんが、ここ東海軒のはまさしく思い描いていた典型的な幕の内弁当ですね。毎年1月に行われる京王百貨店の駅弁大会でもぜひ出品してほしい一品でもあります。

 一旦見えなくなった富士山が再び見え始めたのは富士川駅の手前。列車が富士川に差し掛かると、今度は進行方向左側に富士山の姿が移ってきました。富士山をバックに走行する371系を撮影したいところですが、やはり御殿場線の御殿場と足柄の区間が有名ですかね。おそらく引退となる3月までは多くのギャラリーで賑わうことになりそうです。

富士山@ホームライナー沼津2号
ホームライナーの車内から富士山を見る

 この日は土曜日ということもあり、富士を過ぎても乗客はそれほど乗り込んでくることはなく、車内は比較的まったりとした雰囲気でした。そんな中、終点の沼津には7時40分に到着。三島から静岡へ向かうときは各駅停車だったせいか時間が掛かった印象を受けましたが、こちらは40分ほどとあっという間の旅でした。

ホームライナー沼津2号@沼津'11.12.10
沼津到着後、一路新宿へ

 さて、ここまで乗ってきた371系は一息つく暇もなく、8時ちょうど発の特急あさぎり2号となって新宿を目指します。静岡から新宿までなかなかの長距離ランナーですが、ホームライナー沼津2号はいわばあさぎり号の送り込みの役割を担っていることになりますね。

 この後すぐに上りの東海道本線の列車に乗り込み、再び三島へと戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.22

静岡東部乗り歩き紀行その1~300系新幹線で三島へ

 先日の静岡への旅から2週間近く、そろそろ報告していきたいと思います。12月9日、仕事が終わってからの出発となりましたが、この日は三島駅近くのビジネスホテルを予約しており、そこまでは20時56分発のこだま807号となりました。この列車を狙ったのには訳がありまして、使用されている車両が来年春に引退となる300系であることが理由です。これは300系の運用についていろいろ情報を集めているうちにわかりましたが、気がつかないうちに300系の運用が数えるほどになっていることに改めて気づかされました。ちょっと前であればイヤというほど見ることが出来た300系ですが、これも新幹線車両の世代交代のサイクルが早いことを物語っておりますね。

700系&N700系@東京'11.12.9
現在の東海道新幹線の主流>700系&N700系

 東京駅には20時過ぎに到着していたため、行き交うN700系や700系を見て過ごすことに。やがて、300系を使用した岡山からのひかり482号が16番線に入線。これが折り返しのこだま807号となります。

300系@東京'11.12.9
この姿を見るのも来年の春まで>300系

 20時56分、定刻に東京駅を発車。自分の乗った車両には半分ほどが埋まる程度でしたが、品川、新横浜の両駅でかなり乗り込み、8割ほどが埋まりました。それも小田原、熱海と停車する度に徐々に下車していきました。さすがにこの時間じゃ観光客風の乗客は見かけず、ほとんどがスーツ姿ばかりでした。

300系@三島'11.12.9
終点の三島に到着

 21時51分、終点の三島に到着。この後すぐにホテルには行かずに伊豆箱根鉄道のホームへと向かいました。今回の旅では先月塗装が変更された伊豆箱根鉄道の1100系もお目当てでしたが、その1100系がこの後三島駅に到着すると公式サイトに載っていたため、お迎えをしようという次第。窓口で入場券を買ってホームへ入りましたが、さすがにこの時間同じことを考えている者はおらず、寒い夜のホームで一人赤い電車をお迎えいたしました。

伊豆箱根1100系@三島'11.12.9
夜の三島駅で対面した伊豆箱根1100系の赤い電車

 なお、1100系については翌日乗車をしていますので、後日そのときの様子を報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花電車

花電車
見てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.21

今日は

今日は
家内と映画を観に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.20

【12/16】久しぶりの日暮里・舎人ライナーで舎人公園へ

 ‘08年3月に開業した日暮里・舎人ライナー。年初めに東武大師線のヘッドマークつき列車を見るついでに乗る他はまず乗る機会がありませんが、先週久しぶりに乗ることが出来ました。

 都内へ向かう途中、赤羽で降りてecuteの中の「鶏三和」というお店でランチしてきましたが、思えば赤羽のecuteを利用するのはこれが初めてでした。ざっと見た感じでは大宮にはない食事処もあるようなので、時間があるときに再訪したいと思います。

名古屋コーチン親子丼@鶏三和
ecute赤羽を初めて利用

 この後、埼京線に乗り換え板橋で下車。歩いて都営三田線の新板橋駅へとやってきました。まずは券売機でこの日から発売開始の映画「けいおん!」公開記念の都営まるごときっぷを手に入れることに。このきっぷ、各駅の券売機のみでの販売となっており、前売りはない様子でしたが、これも転売目的の買占めを防ぐ手段でしょうか?

 さっそく次の西巣鴨で途中下車。新庚申塚電停まで歩き、都電に乗り換えます。ここ最近、何かと都電を利用する機会が多かったりしますが、今回は都電には用事がないので、そのまままっすぐ宮ノ前まで乗り続け、八幡神社でイチョウを眺めてから日暮里・舎人ライナーの熊野前駅へと向かいました。

都電8500形@宮ノ前'11.12.16
八幡神社のイチョウも黄色く色づいていました

 途中、高野で途中下車して郵便局めぐりを試みましたが、事前に調べていた郵便局の場所が今ひとつ判別せず、結局西新井大師の近くまで来てしまいました。この近くだと大師前駅のすぐ隣にある足立西新井局があり、ここで風景印を貰ってから西新井大師西駅へと移動しました。

足立西新井局風景印
西新井大師の本殿がデザインされた足立西新井局の風景印

 再び日暮里・舎人ライナーに乗り込んで舎人公園へ。ここは初乗りした日に一度降りており、その時は駅前に咲いていた菜の花畑が今でも記憶に残っていますが、今の時期はそうしたお花畑は見当たらず、代わりに駅前の東口へとやってまいりました。この後、午後4時から映画「けいおん!」の公開を記念して設置されたクリスマスツリーの点灯式があるとのことで、その様子を見てくることに。かなり人気のアニメということで多くのギャラリーが集まっているのかと思っていたら、平日だったせいか比較的まったりとしていました。直前、突然の風でクリスマスツリーが倒れるというハプニングはあり、危うく“転倒式”になりかけましたがcoldsweats01、午後4時に無事点灯。これを見て日暮里まで帰ってまいりました。

けいおん!クリスマスツリー@舎人公園'11.12.16-1
舎人公園内にお目見えしたクリスマスツリー

けいおん!クリスマスツリー@舎人公園'11.12.16-2
日暮里・舎人ライナーの車両を入れて・・・

 なお、23日から25日の期間は夜の8時まで点灯しているとのことで、暗くなってからの方がきれいかもしれませんね。ちなみに22日と23日は都電の荒川電車営業所で花電車の展示が行われるとのことで、もしかしたらこちらを兼ねて再訪するかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.19

宮原通信(12/18)~今期初めての雪

寝台特急あけぼの@宮原'11.12.18

 昨日はいろいろとネタがあったようですが・・・。しかし昨日は毎年恒例のお食事ということで、朝錬のみと相成りました。

 雪を付けてやって来たところを見ると、日本海側もかなり降っている様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

‘12年3月JRダイヤ改正の概要発表!

 先週金曜日、来年3月に行われるJR各社のダイヤ改正の概要が発表されました。以前から報じられていたものあり、サプライズありと今回も注目点がありましたので、いくつか気になった点をピックアップしたいと思います。

1.東北新幹線E5系拡充

 今年3月に登場したE5系ですが、今回のダイヤ改正でさらに運転本数が増えることになり、はやぶさ、はやてに加え、やまびこやなすのにも入るとのことで、これで乗車する機会がますます増えることになります。とはいうものの、なすのだとグランクラスはシートサービスのみなので、ここはやはり、はやぶさやはやてといった長距離での移動で利用したいですね。

E5系@大宮'11.11.17
運行本数が増えるE5系ですが、初乗車はいつになるのやら・・・coldsweats01

2.E657系デビュー

 先月の勝田のイベントで初対面したE657系がいよいよデビューしますが、今回の改正では先輩の2形式(651系とE653系)も残るとのことで、しばらくは3形式の列車が行き来することになります。いずれにせよ、撮影や乗車など記録したい向きにはダイヤ改正後早いうちにとなりそうです。

車両展示@勝田車両センター'11.11.12
E657系の運行が始まる常磐線

3.武蔵野線吉川美南駅開業

 '08年3月の越谷レイクタウン駅に続き、武蔵野線内に新駅が開業しますが、先日この区間を行き来したときにはすでにホームや構内配線など、車内からも様子を伺うことができました。駅の近くには商業施設も出来るようなので、越谷レイクタウン共々武蔵野線はこれから買い物客で賑わいそうですね。

クハ205-146@東川口'11.1.9
開業初日には足を運びたいところ>吉川美南駅

4.特急草津・あかぎ、一部削減 or 減車

 昨年12月のダイヤ改正で水上が臨時化されたの続いて何らかの動きがありそうな高崎線のかつての新特急ですが、現在使用されている185系も登場してから30年が経過しているので、こうした動きも当然かもしれません。どんな陣容となるのかは具体的な時刻の発表まで待つことになりそうです。

185系@宮原'11.12.18
この車両も今後の動きが気になるところ>185系

5.日本海、きたぐに、臨時化

 今回のダイヤ改正で一番大きな話題かもしれませんが、完全廃止ではなく多客期に臨時列車として運行されるとのことで、そうなればどんな形になるのか気になるところですね。特に日本海はこれまでと同様に客車での運行になるのか、あるいは電車化(583系あたりがあるのか?)になるのかが気になります。

寝台特急日本海@青森'10.12

急行きたぐに@直江津'10.8.22
関西発着の2本の夜行列車が臨時化されることに

6.新幹線100系と300系が引退

 こちらは報道などで度々話題になっており、当blogでも書いたことがありますので、ここでは詳細は割愛します。

7.あさぎりの運行見直し

 今回の改正で一番目を牽いたのがこちら。すでに371系の引退までは報じられていましたが、相棒のRSEまで引退とは予想していませんでした。代わりにMSEが全て担当することになりますが、御殿場と沼津の間が廃止になる上、運行本数が定期3往復と少なくなるなど、かなり思い切った内容となりました。先週、沼津からあさぎり6号に乗車したときは沼津を出発した時はガラガラ、御殿場から一気に乗り込んできましたが、そんな状況だと御殿場より先の運行取りやめはいたし方のないところかもしれません。

小田急60000形@開成'11.5.4
来年3月からあさぎりの運用に就く60000形”MSE”

 以上、来年3月のダイヤ改正で気になった点を取り上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.12.18

【12/11】目白架道橋最後の日~都電

 静岡の旅から帰宅して早1週間、何分そのとき撮影した画像が多かったもんで、その整理が完了したのがおとといという有様でしたcoldsweats01。そのため、旅の報告については後日改めて書きたいと思いますので、今回はその翌日に見に行ってきた都電のデッキガーターについて報告します。

 本来なら体を1日休めるべく自宅で大人しくするのが筋なところですが、都電荒川線唯一のデッキガーター、目白架道橋が12日から通行止めになるとのことで、忘年会の酔いが残る中行って来る事に。副都心線の雑司が谷駅を降りて5分ほど歩いたところに目指す架道橋が見えてきました。

目白架道橋'11.12.11
都電で唯一残るデッキガーター、目白架道橋もこの日が最終日

 恥ずかしながらこの橋の存在についてはこれまで全く気が付かず、最近になってTwitterのTLを見て初めて知った次第でしたが、デッキガーターの下から行き来する都電の車両を見上げるというのは何とも新鮮で面白かったですね。もう少し早くに気づいていればもっと散策できたんでしょうが、改めて都電の奥深さを知った一時でありました。

都電7000形@鬼子母神前'11.12.12
反対側から見たところ

ネコ@鬼子母神前'11.12.12
近くでネコも日向ぼっこcat

 そんなデッキガーターの周辺で多く見かけるネコとも別れを告げ、この後は緩やかさ坂道を歩きながら都電雑司ヶ谷電停へ。思えばここで鬼子母神前電停から続く緩やかな坂道を走ってくる7500形を撮影したのがちょうど1年前。その7500形も3月に引退と、都電荒川線もこの1年はいろいろと話題がありました。

都電8500形@都電雑司ヶ谷'11.12.11
都電雑司ヶ谷から鬼子母神方向を見たところ

 この後、電車に乗り込み一気に飛鳥山まで。今回唯一見かけたレトロ車両9001号を見送ったあと、飛鳥山公園下の黄色く色づくイチョウ並木を見ながら王子駅へと向かいました。

都電9000形@飛鳥山'11.12.11
今回唯一出会えたレトロ車両・9001号

都電8500形@飛鳥山'11.12.11
飛鳥山公園からの様子

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.17

宮原通信(12/14)~テールマーク

寝台特急あけぼの@宮原'11.12.14

 撮影には厳しい季節となりましたが、そんな中この時期だけの楽しみがテールマーク。なかなかピントが合わないことが多いですが、この日は何とか合わせることができましたscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/5】山手線の映画「けいおん!」ラッピング車両に会う

 少し時間が経過していますが、午後から時間が空いたので都内をぶらぶらしておりましたが、山手線を先週11日まで走っていた映画「けいおん!」のラッピング車両に会うことができました。

E231系@鶯谷'11.12.5
山手線のE231系に施された映画「けいおん!」のラッピング車両

 正面だけだとあまり目立ちませんが、側面には映画に登場するキャラクターが扉の脇毎にラッピングされ、なかなか派手でありました。

 ちなみにアイドルグループのAKB48のラッピング車両も運行され、こちらは別の日に一度乗車していますが、「けいおん!」にも負けないくらい派手な装飾でした。こちらは乗車のみで残念ながら撮影はできませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
岳南鉄道のイベントに来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.16

宮原通信(12/13)~真冬の朝

寝台特急あけぼの@宮原'11.12.13

 真冬の朝、東南の空が真っ赤に染まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話題つれづれ

 本日、来年3月のダイヤ改正の概要が発表になりましたが、詳細をまだ確認しておりませんので、こちらは後程ということで、今日も最近気づいたところからいろいろ拾い上げます。

 一つ目ですが、昨日あたりからちらほら久留里線の新車が話題になっています。こちらの記事にも書かれていますけど、若かりし頃(?)に電化前の川越線や18きっぷで紀伊半島を巡った際に紀勢本線で乗ったキハ30形が今も現役で走っていることにちょっと驚いていたりもします。何しろ川越線では冷房のない車内を大宮から川越まで30分以上掛かって行き来していたので、電化後に山手線からやってきたウグイス色の電車に乗ったときには、天と地の差を感じたものでした。

 あと紀勢本線では、キハ58形と繋がっていたのによく当たりましたね。もちろん長時間乗るんだったらボックス席のキハ58の方なんですけど、長旅であのロングシートはないなぁと当時思っていたら、今は平気で長距離の列車にロングシートが入っているので、時代も変わったものです。

 それだけキハ30形には今ひとついい印象を持っていなかったりしますが、こちらも今は数少ない国鉄型として十分撮影の対象になりましたねぇ。先日引退した関鉄のキハ350形もそうでしたが、置き換えが完了する来年秋まで久留里線には多くのギャラリーで賑わうことと思います(と、自分もおそらく足を運ぶかとは思いますが・・・)。

キハ30形@木更津10.2.27
キハE130形への置き換えが発表された久留里線のキハ30形

 2つ目ですが、東武のスペーシアが来年5月の東京スカイツリー開業に合わせてリニューアルされるとのことで、3種類の塗装に変更されることになりました。そのうちの1本が年末の29日にお目見えとのことで、こちらも目が話せませんね。

 思えばスペーシアも登場して早20年以上が経過し、今ではJRにも乗り入れるなど今だ東武の顔として君臨していますが、本音としてはスカイツリー開業に合わせて新車デビューと行きたいところなんでしょうね。でも、今だ車両のデザインに古臭さは感じないので、リニューアルでも十分ではないかと思います。

東武100系@蓮田'10.2.14
リニューアル化が決まったスペーシア。どんなカラーになるのか、楽しみですhappy01

 まだいろいろとネタがあったように思いますが、今日のところはこれくらいにしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.15

北陸新幹線用E7系を開発~JR東日本

 まだまだ先の話と思っていた北陸新幹線ですが、早ければ3年後には開業するんですね。長野新幹線が長野まで開業した'97年、長野から大宮まで1時間ほどで到着したときには正直驚きでしたが、それまでは碓氷峠を越えるため横川や軽井沢で機関車の付け替えを行いながらまる1日掛かっていたので、長野が近くなったことを実感しました。

 北陸新幹線開業の暁には、富山まで2時間、金沢まで2時間半ほどとのことなので、今度は北陸がだいぶ近く感じることになりそうです。数年前まで北陸や能登で一晩かけて行き来していたことが完全に過去のことになりますね。

 ちなみに来年は新規開業路線が今のところないとのことで、完乗タイトルは当面保たれることになりそうです。

E2系@大宮'11.7
E7系はE2系をベースに開発されるとのこと

参考:毎日.jpの記事

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011.12.14

宮原通信(12/11・昼編)~EF510が2本

 先週日曜日の続き、例によって湘南色185系OM03編成の運用を確認していたところ、この日はあかぎ6号に入っていました。しかし入っていたのが高崎寄りの編成だったため、後追いのみの撮影となりました。

特急あかぎ6号@宮原'11.12.11
この日の湘南色はあかぎ6号

 一気に夕方に飛び、EF510牽引の貨物を2本撮影。一本はおなじみの安中貨物でもう一本は最近置き換えられた2082レです。

EF510-513@宮原'11.12.11

EF510-511@宮原'11.12.11
高崎線を走るEF510を2本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北ローカル私鉄訪問記その6~十和田観光電鉄に乗る

 なかなか先が進まない東北の旅ですが、手持ちのネタが切れたので久しぶりに進めます。

 八戸を11時47分に発車する青い森鉄道の列車に乗り込みます。八戸での接続の悪さには正直参りましたが、三沢より先の青森へ行くとなると更にもう1時間待たなければならず、改めてこの鉄道の現状を窺い知るところとなりました。そんな中、20分ほどで三沢に到着。この後は午後のミッションである十和田観光電鉄に乗ってくることにします。

十鉄乗り場@青い森三沢
いざ、十鉄の乗り場へ

三沢駅舎'11.11.7
駅舎は昔とほとんど変わらず・・・

 さっそく隣の十和田観光電鉄の乗り場へとやってきました。以前も書いたとおり、この鉄道に最後に乗ったの'89年7月で、駅舎や中のきっぷ売り場も当時とほとんど変わっておらず、昔のままでした。駅そばの店も健在でしたが、次の列車の発車がすぐだったので、手際よく券売機できっぷを買ってからすぐに列車に乗り込みました。

十和田観光7700系@三沢'11.11.7
どこかで見た記憶のあるステンレスカーcoldsweats01で出発

 停まっていたのは7700系というどこかで見たようなステンレス車体ですが、車内は意外と乗客が多く乗っており、中には青い森鉄道で一緒にきた乗客も見受けられました。ただ、そのほとんどが自分を含めた沿線外からと思しき乗客で、地元客の姿は少数でした。

 そのステンレスカーが三沢を出発すると、古牧温泉の建物を横目に見ながら大きくカーブ、やがて民家もまばらになり、のどかな風景へと移っていきました。まるで北海道に来たかのような車窓でしたが、北里大学前駅付近から再び民家が見え始め、十和田市の市街地へと入っていきました。この後、こまめに無人駅に停車し、終点十和田市駅に到着しました。

 実はこの駅に来るまで、駅の様子がなかなか思い出すことが出来ないでいました。何しろ前回降り立ったのが20年以上も昔の話なので、それも致し方のないところではありましたが、駅に到着してようやく思い出すことが出来ました。そんな十和田市の駅舎は途中ののどかな沿線風景とは対照的な駅ビルとなっており、どことなく違和感がありましたが、中は空き家も目立ち草臥れた印象を拭いきれませんでした。

十和田観光7700系@十和田市'11.11.7
駅ビルとステンレスカーの組み合わせは悪くありませんが・・・coldsweats01

十和田市駅硬券入場券
記念に買った硬券入場券

十和田東一番町局風景印
駅ビル内にある十和田東一番町局の風景印

 そんな駅ビルの一角にある郵便局で風景印を貰った後、線路に沿って歩いてみることに。この日は晴れ間が出ているにもかかわらずポツポツと雨が落ちてくるという変な天気でしたが、そろそろ先程乗ってきた列車が十和田市駅を発車する時間になったので、工業高校前駅の付近で撮影することにしました。水路に沿って線路が延びるこの一体には桜の木が並んでおり、桜の花をバックに走るステンレスカーを思い出しながらカメラのシャッターを切りましたが、先程から落ちてくる雨のせいで傘を差しながらの撮影は何とも窮屈でありましたcoldsweats01

十和田観光7700系@工業高校前'11.11.7
工業高校前駅近くで撮影

 さらに先へと進み、北里大学前駅までやってきました。先程からの雨はまだ降ってはいたものの幾分小降りになり、何とか傘なしでも撮影はできるようになりましたが、そんな中、三沢からやってきたステンレスカーが接近。撮影してから、近くの郵便局を訪問してきました。

十和田観光7700系@北里大学前'11.11.7
北里大学前駅に到着するステンレスカー

イチョウ@北里大学'11.11.7
北里大学近くに立つイチョウの木

十和田大学前局風景印
大学の前の郵便局にある風景印

 郵便局の前には北里大学のキャンパスが広がり、前の通りに並ぶ黄色く色づいたイチョウの木を見ながら駅へ戻りました。この後、14時49分発の三沢行きに乗り込み三沢へ。車両基地のある七百駅には電気機関車に混じって乗車しているのと同じ7700系の姿を発見。その方向幕に示された「大井町」の文字に思わず苦笑いでした。


三沢駅硬券入場券
三沢でも記念に1枚

 この後三沢からは大宮までまっすぐ帰り道となり、15時34分発の八戸行きに乗り込みました。この列車、昨年暮れの青い森鉄道完乗の際に大湊から八戸まで一気に乗りとおした快速しもきた号で、八戸到着後は16時6分発のはやて32号に乗り換え。こちらも去年乗ったのと同じ列車で、一気に大宮へと帰ってまいりました。

# 画像を追加しました(2011.12.30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.13

【12/4】東武ファンフェスタエピローグ~展示車両返却回送と映画「RAILWAYS」鑑賞

 東武ファンフェスタを見終わった後の話です。14時前に会場を撤収し、南栗橋駅まで戻ってきました。例年だと春日部周辺で撮影とかしていたんですが、今年は趣向を変えて南栗橋の周辺で撮影することに。6月の栗橋みなみチャリティイベントに向かう前に撮影した付近を中心にブラブラと歩きながら過ごしました。

東武100系@南栗橋'11.12.4
今年は南栗橋周辺で撮影しました

 そんなことをしているうちに時刻は15時を過ぎ、駅寄りの踏切付近まで戻ってきました。実はこの日、夕方に家内とさいたま新都心駅で待ち合わせて映画を観る予定があり、南栗橋を遅くとも16時過ぎには発とうと思っていましたが、次第に撮影するギャラリーが行き来し始めてきました。思えば15時にイベントが終わり、展示された車両の返却回送があるはずで、どうやらそれ狙いの様子。正直これまでノーマークでしたが、そんな中、普段日光線では走行しない200系が通過しました。

東武200系@南栗橋'11.12.4
日光線で見る200系は新鮮happy01

 もうちょっと待っていれば1800系もやってきたんですが、時刻は16時近くになりここでタイムアウト。駅に戻ると、ちょうどその1800系が入線してきたところで、ホームで撮影しているギャラリーの姿を横目で見ながら、16時14分発の新栃木行きで後にいたしました。

 この後、夕方にはさいたま新都心で家内と合流。映画「RAILWAYS」を観てきました。一畑電鉄が舞台だった1作目に続く2作目の舞台は富山地方鉄道で、今度は定年間近の運転手が主役です。ストーリーについてはここでは書きませんが、個人的な感想を述べると前作に比べややわかりにくいストーリーで、むしろ富山地鉄の沿線風景の方が目に留まるほどでした。ただ、“鉄”的にはなかなか見所が多く、ライトレールや市電が映像に登場したあたりは、富山ゆかりの鉄道を思う存分伝えていました。ただセントラムが出てこなかったのが残念なところで、これが一番新しい鉄道だけに登場して欲しかったですね。

RAILWAYS看板
1日の終わりは映画鑑賞

 以上、盛りだくさんな1日が終了となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.12

宮原通信(12/12・早朝編)~忘年会の翌日

寝台特急あけぼの@宮原'11.12.11

 自分のtwitterでもツイートしたとおり、おとといと前日は静岡方面へ旅しておりました。で、おとといの帰り、毎年恒例の通信関係のオフ会に寄ってきました。ここ数年は忘年会でお会いするくらいとなってしまいましたが、これが過ぎると今年もあと少しと感じるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/4】東武ファンフェスタ訪問その2~鉄道むすめ編

 東武ファンフェスタ、昨日は展示車両について紹介しましたが、この記事では鉄道むすめ関連のネタを紹介します。

 今回のイベントで唯一手に入れたのが、栗橋商工会のブースで販売していた栗橋みなみとあかなのカレンダー。去年も購入しましたが、それぞれ新しいイラストがデザインされていました。去年購入したカレンダーはもちろん自室に貼っており、来年も同じとことに続けて貼ることにいたしますheart01

栗橋みなみ等身大パネル@東武ファンフェスタ'11.12.4
今年は商工会のブースの目立つところにheart04>みなみ

みなみ&あかなカレンダー
今年の唯一の戦利品~みなみ&あかなカレンダー

 この他、商工会のブースでは8月に発売されたみなみの限定フィギュアや井上酒店で販売しているみなみのイラスト入りの酒もありました。お酒の方はここ2年ほどクリスマスと正月用に買っているんですが、さすがに今回は荷物になるので、改めて年内に栗橋まで行こうと思っています。そのときは去年同様、カシオペアと北斗星の撮影を絡めることになりますかね?

 その隣にあったのがトミーテックのブースでしたが、来年3月に発売が予定されているPLUS+02関連の展示があり、3人のキャラクターがイラストで紹介されていました。イベント終了後、先週あたりから公式サイトの方にも発表されていますが、今回は京王と智頭急行、そして大井川鉄道といずれも初参入の事業者となりました。この中では大井川鉄道がちょっと予想外でしたが、ちょうど来年あたりSLを絡めて訪問したいと思っているところなので、今から楽しみですねheart04

PLUS+02パネル@東武ファンフェスタ'11.12.4
PLUS+02の紹介もありました

 以上、東武ファンフェスタ会場の報告は終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.11

【12/4】東武ファンフェスタ訪問その1~車両展示編

 先週の東武ファンフェスタの続きです。南栗橋駅に到着し、さっそくイベント会場へ向かうべくのんびり歩くことに。会場に到着すると、受付で会場の案内図と一緒に来場者全員に配布されたティッシュボックスをいただいてきました。こちらもこのイベント恒例になりましたが、今年は何と8000系でした。しかも先頭車正面には野田線開通100周年のヘッドマークが付けられているばかりでなく、そのうちの一方が野田線で最後までいた“東武顔”の 8104Fとなっており、これは野田線沿線にゆかりのある者にとってはうれしい“おみやげ”となりましたhappy01

東武8000系ティッシュボックス
今年は野田線仕様の8000系でした>ティッシュボックス

 最初にやってきたのが物販コーナーで、今年も去年に続いて栗橋商工会のブースで栗橋みなみと栗橋あかなのイラストが入ったカレンダーを手に入れてきましたが、こちらについては後日改めて書くことにし、続いて工場の中へとやってきました。例年行われている車体の移動実演のところは今年350系が展示されていましたが、この車両は元々1800系を種車にしているので、午前中イベントを盛り上げてくれた1800系共々、会場内ではこちらも負けじと頑張っている様子でした。

東武350系@東武ファンフェスタ'11.12.4
工場内の350系はこんな顔に・・・coldsweats01

 そしてその奥の例年8000系が展示されている総合検査線には、今年は8198Fのうちの2両がいました。この編成は普段東上線筋で活躍しており、先月下旬に検査のために南栗橋へやってきたとのこと。終了すればまた東上線へと帰っていくことになりそうです。

東武8000系@東武ファンフェスタ'11.12.4-1
東上線で活躍している8198F

 この後工場の中を2周し、いよいよ車両撮影会の会場へと向かいました。今年は先月森林公園のイベントで展示された8111Fが昨年に続き展示され、しかも1800系と隣り合わせで並ぶなどなかなかの演出ではありましたが、やはりこれがこのイベント一番の目玉だけあって両者が並ぶ前あたりには多くのギャラリーが集まっていました。工場側の東京メトロ08系と東急5000系の前あたりからなら比較的空いていたため、撮影すること自体は何とかなりましたが、あのごった返していた中に入っていくと撮影後の撤収にも厳しいほどだったことから、あまり無理をせず適当なところで切り上げてきました。

車両展示@東武ファンフェスタ'11.12.4-1

車両展示@東武ファンフェスタ'11.12.4-2

東武8000系@東武ファンフェスタ'11.12.4-2
(3枚とも)今年の車両撮影会の様子

 以上、ざっとではありましたが、会場内の様子を展示車両中心に紹介いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/4】野田線開通100周年記念号@大宮公園

 先週は毎年恒例となっている東武ファンフェスタの開催日。それから早1週間が経過しましたがcoldsweats01、今年は野田線内に1800系の団臨が走るとのことで、午前中はこちらを追いかけてみることにしました。

 「野田線開通100周年記念号」と題したこの列車ですが、具体的な通過時間がわからず、パンフなどで柏を9時過ぎに出発という情報しかありませんでした。もっとも、地元周辺で撮影しようと思い、少し早めに到着してのんびり過ごすつもりでしたが、大宮公園と大和田の間の見沼田んぼ付近や8月に野田線100周年のヘッドマーク付き列車を撮影した七里と岩槻の間などいろいろ思いついたものの、結局大宮公園駅近く産業道路の陸橋付近に落着きました。

 大宮公園駅に到着後、少し時間があったので見沼田んぼまで行ってみることに。さすがにこの時間にはそれらしい人の姿は数人ほどで、当初はこちらでやろうかとも考えましたが、風景メインであればいいものの、ここだとヘッドマークがわからなくなってしまいそうだったので、当初目星を付けていたところへ戻ることに。行き交う8000系を撮影しながらのんびりと過ごしていましたが、この日は寒かったものの天気がよかったおかげで、待っていてもそれほど苦ではありませんでした。

ハト@大宮公園'11.12.4
日向ぼっこ中のハトに見守られながら・・・

東武8000系@大宮公園'11.12.4
野田線の主力・8000系を撮りながら待ち続けます

 この間、手持ちの携帯であれこれと情報を集めていましたが、やがて各駅の到着時間も判明し、10時過ぎに岩槻に到着してから2番線ホームでしばらく停車した後、10時半過ぎに発車するとのこと。10時近くになると徐々に周りにも多くのギャラリーが集まり始め、10時40分前にようやく赤い車体の姿がこちらに近づいてまいりました。

東武1800系@大宮公園'11.12.4-1
野田線を走る1800系の団臨「野田線開通100周年記念号」

 ヘッドマークは8月に運転された野田線開通100周年記念ヘッドマークと同様のデザインで、傍目にはやや地味な印象でしたね。

 この後すぐに大宮からの折り返しが来るとのことで、今度は産業道路の陸橋から狙うことに。当初は大和田寄りの踏切近くとも考えましたが、人通りが多かったのとこの時間、どこも正面に光線が入ってこないこともあり、ここに落着きました。

東武1800系@大宮公園'11.12.4-2
大宮からの返しは産業道路の陸橋から

 ここで見送ってすぐに大宮公園駅へ向かい、後続の柏行きに乗り込んで春日部へ。すると、伊勢崎線下りの4番ホームに先程の団臨が停まっているのが見えました。伊勢崎線側のホームはもちろん、こちらの野田線側のホームにも多くのギャラリーが集まっていて、駅員が整理に追われていました。

東武1800系@春日部'11.12.4
春日部に停車中のところ

 団臨の1本前に久喜行きの急行があったので、こちらに乗って東武動物公園まで先回り。ここで見送った後、後続の急行で南栗橋に到着しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.12.10

あさぎり

あさぎり
この車両に乗るのは今日2回目であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊豆の赤電車

伊豆の赤電車
大場まで乗ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝は

今朝は
静岡からこちらに乗車しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.09

只今

只今
夜遊び中です。三島まで行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.08

【12/3】西武沿線で小ネタ探し

 先週の土曜日、日中ちょっとだけお出かけしてきました。何分急だったこともあってネタが思いつかず、とりあえず西武沿線に行ってみようと思って川越へ向かいました。

 家を出たときにはまだ雨が降っていましたが、川越に着いてからは雨が上がったばかりでなく晴れ間も出てきました。まずは本川越から西武新宿線に乗って所沢へとやってきました。西武のネタでまず思い浮かんだのが先月27日から登場したレッドアロークラシックでしたが、とりあえずこれを待ってみることに。そんな中、まずやってきたのが、「ゆるり散策、私鉄沿線花と寺社めぐりスタンプラリー」のヘッドマークをつけた20000系。関東の大手私鉄ではおなじみのスタンプラリーで自分もスタンプを押しては応募していますが、なかなか当選しませんでして・・・coldsweats01

西武20000系@所沢'11.12.3
恒例のスタンプラリーのヘッドマークをつけた20000系・20006F

 その後、レッドアローが上下で続けて到着。お目当てのレッドアロークラシックの車両ではありませんでしたが、下り13時51分発の列車は「☆のある町 秩父 長瀞」号の特別塗装を施した編成でした。ちなみにこの日秩父では毎年恒例の夜祭が行われ、この列車が表示された電光掲示板には「満席」の文字が出ていました。

西武10000系@所沢'11.12.3
夜祭真っ盛りの西武秩父へ向かう「☆のある町 秩父 長瀞」号の特別塗装車

 以上、短い間でしたが、所沢を後にして秋津から武蔵野線で帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.07

宮原通信(12/3)~雨のち曇り

 この日の朝は雨。しかもあけぼのが新津駅で発生したトラブルの影響で4時間ほど遅れているとのことで、雨の中、様子を見てくることにしました。

 直前、旧客の横っ腹が見えたので何事かと思いましたが、横川へ向かう団臨が走ったとのこと。まあ、こちらはノーマークでしたが、10時過ぎにあけぼのがゆっくりとやってきました。

寝台特急あけぼの@宮原'11.12.3
4時間近く遅れて通過>あけぼの

 そんなわけで、午前中一杯雨が降っていたため、土曜日恒例の配6794レの方はパスいたしました。

 日中からは天気も回復。夕方、安中貨物を撮っておきました。

EF510-507@宮原'11.12.3
この日は507号機でした>安中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北ローカル私鉄訪問記その5~八戸で朝ごはん

 久しぶりに先月の東北の旅について書いておきたいと思います。種市から乗ってきた八戸行きの列車は8時32分に陸奥湊に到着。ここで途中下車します。駅前に降り立つと、すぐ目の前に市場があり、駅と市場を挟んだ通りには仲買人や買い物のお客さんなどが忙しそうに行き来している姿が目に入ってきましたが、そんな中、まだ朝食を食べていなかったので、何か食べようと思い市場へとやってきました。

 この市場では別売りのご飯を買ってから市場内のお店で好きなおかずを手に入れて食べるというスタイルだそうで、まずは中のお店をいろいろ回りながら物色することに。その中から刺身の盛り合わせと貝殻に盛られたウニをチョイスし、これを別売りのご飯の上に乗せて海鮮丼にしていただいてきました。

イサバのカッチャ像@陸奥湊'11.11.7
イサバのカッチャに出迎えられ・・・

朝ごはん@陸奥湊'11.11.7
これがこの日の朝ごはんrestaurant

 去年の暮れ、青森の古川市場で食べたのっけ丼も市場の店で好きな食材を買うスタイルでしたが、ここ八戸の場合は他に焼き魚も豊富で、こちらも捨てがたいところでしたね。

 これで腹も満たされたので、市場巡りをすることに。ここは地元住民の市場という色合いが強く、お店の人からの呼びかけというのはほとんどないのが印象的で、これは8月に訪れた札幌の八条市場での圧倒されるような呼び込みとは対照的でしたね。去年訪れた青森の古川市場もあまり声をかけられた記憶がなく、このあたりは土地柄なのかもしれません。

 一通りおみやげも手に入れて陸奥湊駅へと戻りましたが、次の八戸行き列車が10時15分とのことで1時間ほど時間がありました。そこで9時を回っていたので郵便局めぐりをしながら一駅先まで歩いていくことに。駅のすぐ近くにある八戸湊局に寄ったあと、新井田川に八戸線と並行してかかる橋を渡りながら歩いて20分ほどで小中野駅に到着。目と鼻の先にある八戸大町局を訪問した後、10時18分発のディーゼルカーに乗り込み八戸へとやってきました。

八戸周辺風景印
陸奥湊界隈の風景印2題

 10時34分に八戸に到着したものの、次の青い森鉄道の三沢行きが11時47分までなく、どうも八戸市内に入ってからはあまり進んでいない状態でした。そこで駅に隣接する「ユートリー」という施設へ行き、中にある八戸駅前局に寄ってから再び改札を抜け、ホームでのんびり過ごすことに。とはいっても、待っている間にやってきたのは “金太郎”牽引の貨物列車1本のみという有様でした。1年近く前まで青森や函館からの特急列車が発着して賑わっていた長いホームがなんとも寂しい雰囲気でした。

八戸駅前局風景印
八戸駅前郵便局の風景印

EH500-16@八戸'11.11.7
八戸駅のホームで見かけた”金太郎”

 さて、この後はいよいよ十和田観光電鉄に乗車しますが、長くなってきたのでこの辺りで切ることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.06

まる10年~湘南新宿ライン

 早いもので、2001年に湘南新宿ラインが運転を開始して今月で丸10年となりました。とにかくそれまで大宮から横浜方面へJRで行くには、京浜東北線を除けば東京まで出て東海道線や横須賀線に乗り換える必要がありましたが、大宮から乗り換えなしで、しかも1時間ほどで横浜へ行けるとあって、今ではすっかり定番の移動手段となりました。

 運転開始直後の週末に初乗りしに行っていますが、行きは横浜まで乗って京急に乗り換え、1日三浦半島を回って逗子から大宮まで乗って帰ってきたのを記憶しています。とにかく新鮮だったのが、逗子駅の電光掲示板に「小金井」の行き先が表示されていたこと。これに乗り込めば、乗り換えなしで埼玉へ帰れることが出来ると考えると、当時は画期的でした。

 その湘南新宿ラインに関し、現在行われている浦和駅の高架化工事が完成すればここも停車駅となるので、さらに大きく変わることでしょうね。ただ、大宮より先に住む者にとっては、1つ停車駅が増えることで所要時間がプラスされるのはちょっと痛いところではありますが・・・coldsweats01

湘南新宿ライン運転開始横断幕@大宮
大宮駅に掲げられた湘南新宿ライン運転開始の横断幕

湘南新宿ライン運転開始10周年記念入場券
12月1日から発売された記念入場券と運行開始当時のチラシ

湘南新宿ライン運転開始10周年記念おにぎり
こんなおにぎりもありましたriceball

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.05

【11/28】幸せの黄色い電車を捜して~東急世田谷線編

 先日こちらにも書いた都電の黄色い電車ですが、共同キャンペーンの相方である東急世田谷線の方も見に行ってきました。

 10月に三軒茶屋駅前の高層ビル、キャロットタワーの展望台から撮影はしたものの世田谷線に乗るのは随分久しぶりでしたが、今回は小田急で豪徳寺へ行き、山下で乗り換えました。時刻は15時半近くであいにくの曇り空とあってだいぶ暗くなってきましたが、山下と上町で郵便局巡りをしたりしながら乗り歩き、ようやくお目当ての黄色い電車がやってきました。

東急300系@三軒茶屋'11.11.28
世田谷線の”黄色い電車”

黄色い電車HM@東急世田谷線
ヘッドマークのデザインは都電のものと同じ

 今回はあいにくの天気だった上にあまり乗り降りできなかったので、次回は1日かけて回ってみたいですね。
 
<おまけ>

 今回訪問した郵便局の風景印です。

世田谷区風景印

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.04

今日は

今日は
これを追いかけながら、南栗橋に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.03

宮原通信(11/30)~今年もあと1ヶ月

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.30

 いろんなことがあった2011年も残すところあと一月となりました。寒い日が続きますが、体調には気をつけて過ごしていきたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/27】ELちちぶ号&ヘッドマーク付き列車を見る~秩父鉄道

鳥めし@登利平'11.11.27
登利平の鳥めしで腹ごなし

 熊谷の駅ビル内にある登利平でランチの鶏めしを食べてから出発です。この日は身近なところでいろいろとネタが多く、地元で行われた国際興業バスのイベントや西武のレッドアロークラシック、それに横須賀駅での展示イベントとどれも捨てがたいところがありましたが、久しぶりに秩父鉄道のEL運転を見たいと思い、足を運んできました。

続きを読む "【11/27】ELちちぶ号&ヘッドマーク付き列車を見る~秩父鉄道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/26】ローレル賞受賞ヘッドマークをつけた東京メトロ16000系

 先週土曜日の報告もこの記事でようやく完結となります。南千住から常磐線で北千住に到着。ここで千代田線に乗り換えて亀有にやってきました。この日最後のミッションは東京メトロ16000系。先程撮影した京成スカイライナーAE形が2011年度のブルーリボン賞ならローレル賞の方は16000系が受賞し、こちらも記念のヘッドマークが付いているとのことで待つことにしましたが、この後午後3時過ぎには地元まで帰っていたいと思っていたので、ここでの持ち時間が正味30分程度とあまり時間がありませんでした。

 まずやってきたのは209系。2本しかいないにもかかわらずなぜか当たる確率が高かったりしますが、今回も遭遇してしまいましたcoldsweats01

209系@亀有'11.11.26
なぜか会う確率が高いcoldsweats01>209系

 そしてこの直後にやってきたのが16000系の先輩格である6000系で、こちらも1972年度のローレル賞受賞車両と千代田線の新旧車両がそれぞれ栄冠に輝いたことになります。しかし16000系の増備が進むに連れて徐々に数を減らしつつあるので、今のうちに少しづつ記録しておきたいところです。

東京メトロ6000系@亀有'11.11.26
先輩格の6000系もいまだ健在

 こうしているうち、あっという間に30分近く時間が経過。持ち時間がなくなってしまって諦めかけていたとき、ようやくお目当ての16000系がやってきました。先頭車の運転台の窓ガラスのところにローレル賞受賞のヘッドマークは貼られていましたが、なかなか渋いデザインです。

ローレル賞受賞HM@東京メトロ16000系

東京メトロ16000系@亀有'11.11.26
(画像2枚とも)2011年度のローレル賞を受賞した16000系

 これでこの日のミッションは全て終了。この後、新松戸で武蔵野線に乗り換えて帰途につきました。

<おまけ>

 亀有で待機中、“ゲッパ”ことEF65の1118号の単機と遭遇。北千住方面へ走り去っていきました。

EF65-1118@亀有'11.11.26
思わぬ”珍客”と遭遇>ゲッパ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.02

宮原通信(11/27)~静かな朝

寝台特急あけぼの@宮原'11.11.27

 前日とは打って変わって静かな朝。一人、朝日を見ながら見送りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【11/26】京成スカイライナー、そして都電の企画展

 先週土曜日の続きです。三ノ輪橋から15分ほどかけて千住大橋の駅へ。ここから更に町屋方面へ線路沿いに歩き、何度か撮影で訪れたカーブの袂へとやってきました。ここでスカイライナーを撮影しようと思いますが、先日発表された2011年度のブルーリボン賞で京成スカイライナーのAE形が受賞となり、それを記念してエンブレムが付けられることになりました。

 到着してそれほど待たずにスカイライナーがやってきましたが、先頭のところに青い大きなリボンが何とも目立っておりましたhappy01

京成AE形@千住大橋'11.11.26
2011年度のブルーリボン賞を受賞した京成AE形・スカイライナー

千住大橋'11.11.26
駅名にもなっている千住大橋を渡ります

 この後、駅構内のファストフード店でランチを済ませ、来た道を戻ることに。途中、駅名にもなっている千住大橋を渡り、荒川区の博物館である荒川ふるさと文化館にやってきました。ちょうど「都電荒川線に乗って」と題した企画展が行われており、それを見学してきましたが、王子電気軌道設立から戦時中に東京都へ編入され、さらに乗用車の普及で廃線に危機に直面するなど、普段何気なく乗っている都電荒川線にもこれまで紆余曲折な歴史があることを見て取ることができました。

荒川ふるさと文化館'11.11.26
都電の企画展が行われている「荒川ふるさと文化館」

 ちなみにここ荒川ふるさと文化館は今回来るのは今回2度目で、11年前の'00年に開催された東京球場の企画展以来でした。

 さてこの後は南千住駅から常磐線に乗り込み松戸方面へ向かいますが、この日最後のミッションについては次回報告したいと思います。

素盞雄神社@南千住'11.11.26
荒川ふるさと文化館の隣にある素盞雄神社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.01

速報

速報
仕事帰りに買ってきました。とりあえず取り急ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »