« 【1/3】今年も急行開運号を撮影する~秩父鉄道 | トップページ | 宮原通信(1/7)~初詣臨 »

2012.01.09

【1/3】鷲宮神社で初詣とスペーシアのリニューアル車撮影

 1月3日の続きです。羽生から東武伊勢崎線に乗り換えますが、この後は昨年末に登場したスペーシアのリニューアル編成を見てこようと思いつつも、時間がたっぷりあったことから初詣のため鷲宮神社へ行くべく鷲宮で下車。以前、アニメで話題になった直後の三が日に訪れたときは参拝客のあまりの長い列に辟易しましたが、今回は多少混雑していたものの20分ほど並んで本殿の前までたどり着くことができました。

 一方、駐車場にはアニメ関連のブースも出店。その中に栗橋商工会も出ていて、栗橋みなみの等身大パネルがお出迎えをしていました。

栗橋みなみ&あかな等身大パネル@鷲宮神社'12.1.3
鷲宮神社でみなみさんがお出迎えheart04

 鷲宮駅から再び伊勢崎線の列車に乗り込み久喜へ。ここから宇都宮線に乗り換え、栗橋を経由して南栗橋までやってきました。ここでスペーシアのリニューアル車を待つことにしましたが、東武鉄道の公式サイトにはリニューアル車の運行ダイヤも掲載されていて、この日は鬼怒川温泉13時15分発のきぬ124号に充当されるとのことでした。しかし通過までは1時間以上あり、それまでのんびり過ごすことに。1月前、東武ファンフェスタ訪問の後に駅周辺を散策していたのと同じようなところを歩き回りながら時間を潰しましたが、待つこと1時間後の14時半頃、ようやくきぬ124号がやってきました。

東武100系@南栗橋'12.1.3
姿を見せたスペーシアのリニューアル車。これまでのイメージと異なり、正直面食らいましたcoldsweats01

 初めて見たリニューアル車の印象ですが、やはりこれまでの塗装を見慣れていただけに、あまりの変わりように正直度肝を抜かしてしまいましたねcoldsweats01。もっとも、これくらいやったほうが強い印象を与えることは確かですし、今後登場するリニューアル編成も楽しみなところです。

 これで南栗橋を後にして春日部方面へ。しかしまだ時間があったので、もう1ヵ所撮影してこようと思い姫宮で下車。先程見送ったリニューアル車の浅草からの返しとなるのがきぬ125号でしたが、春日部を発車するのが16時半過ぎとさすがにここで撮影するには今の時期厳しい状況でした。おまけに太陽も西に傾き始める時間で次第に気温も低くなりつつあることから、少しだけ撮影して帰ってきました。

東武350系@姫宮'12.1.3
今回も姫宮で撮影happy01

|

« 【1/3】今年も急行開運号を撮影する~秩父鉄道 | トップページ | 宮原通信(1/7)~初詣臨 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道むすめ」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが,明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

三が日は,2日に明治神宮で厄除祈願を受け,1日と3日は家でまったりしていました。
鷲宮神社ですが,私は14日(土)に参拝する予定です。その前に栗橋で井上酒店とパリジェンヌに寄っていきます。
鷲宮神社といえば,ご承知の通り,『らき☆すた』の聖地として有名で,「痛絵馬」なる絵馬がたくさん奉納されています。昨年の1月4日に参拝を試みましたが,待機列が長くて断念しました。
そこで,今回は正月気分の抜けた状態の頃に参拝を試みようということで,14日(土)に参拝することにしました。

投稿: 加藤 康弘 | 2012.01.09 20:53

 こんばんは。コメントが遅れてしまい申し訳ありませんでした。

 2,3年前の三が日に一度鷲宮神社を初詣がてら訪ねたことがありましたが、ちょうどアニメで話題になり始めたばかりの頃であまりの多くの参拝客がいて圧倒されてしまいました。当時に比べれば幾分落着いてきているとようで、その分出店も充実して見所も多くなったと思います。

 ちなみに来週は「らき☆すた」と「あの花」関連の記念きっぷが発売されるとのことで出陣を計画しています。無事に手に入るかは微妙なところですが、いずれにせよ楽しんでこようと思います。

投稿: mattoh | 2012.01.14 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/53697598

この記事へのトラックバック一覧です: 【1/3】鷲宮神社で初詣とスペーシアのリニューアル車撮影:

« 【1/3】今年も急行開運号を撮影する~秩父鉄道 | トップページ | 宮原通信(1/7)~初詣臨 »