« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012.01.31

【1/27】夜の小田急新宿駅で平日鉄

 先週の金曜日のことについて書きたいと思います。この日は家内の帰りが遅いとあって、仕事帰りに都内へと繰り出すことに。向かったのは小田急の新宿駅。お目当ては19時過ぎに到着するはこね36号ですが、こちらの特設サイトを見ていたら、この日のはこね36号に3月に引退する “HiSE”こと10000形が充てられるとのことで見に来た次第。

 19時10分前にホームに到着すると、ロマンスカーの発着する2番線に“LSE”こと7000形のホームウェイ5号が停まっていて、19時ちょうどに発車した直後、入れ替わるようにいよいよお目当てのHiSEが入線してまいりました。


小田急10000形@新宿'12.1.27
はこね36号に充当されたHiSE・10000形

ロマンスカーポスター
ホームにあったHiSEのポスターを入れてみましたwink

 今月7日の伊豆の帰り道、小田原駅のJRのホームから眺めてきましたが、こうして間近で見ると古臭い感じを全く受けないですね。

 一通り撮影をした後、地下ホームへ移動して各停に乗り込み次の南新宿へ。ここからだと代々木駅まで歩いて行けるので、細い道を行き来しながら10分足らずで到着しました。実は昔、この界隈の予備校に通っていたことがあるので多少土地勘はあるものの、もう何年も前の話なので当時何があったのかとかは全く記憶に残っていないですねcoldsweats01

 代々木からは総武線に乗り込み、秋葉原に寄り道した後、上野へ。21時3分発のホームライナー古河3号に乗り込みました。こちらも3月のダイヤ改正で485系から185系へと置き換えられますが、上野を発車してすぐに流れてきたのが鉄道唱歌のオルゴールでした。やはり国鉄型の特急車両にはこのメロディーがしっくり行きますね。


ホームライナー古河3号@大宮'12.1.27
大宮に到着

追記
 記事を上げた後で入ってきたニュースですが、LSEがデビュー時の塗装に統一されるとのこと(詳しくはこちら。PDFファイル。)。それに伴い、これまでのワインレッドの塗装は来月で終了となります。今回、HiSEの前に入線したホームウェイにLSEが充てられていましたが、こちらの画像も合わせて載せることとします。

小田急7000形@新宿'12.1.27
デビュー当時の塗装に戻されることになったLSE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.30

宮原通信(1/28・午前編)~シーハイルもお休み

 相変わらず日本海側は大雪ということで、この日のあけぼのが運休であることは前日すでに確認済みでしたが、シーハイルも運休の憂き目に遭いました。そんなわけで、いつものラインナップを中心にいろいろ狙うことになりました。

 まずは湘南色OM03編成ですが、この日はあかぎ4号に入っていました。

特急あかぎ4号@宮原'12.1.28
この日の湘南色はあかぎ4号

 この後はあかぎ8号。前の週までは日曜日の運用に毎週入っていたA8編成ですが、前の週の土曜日に発生した王子駅周辺の火災で運用が変わり、今度は土曜日に上がってくるとのこと。なかなか斜めのストライプが画像で出せなかったところはちょっと心苦しいところです。

特急あかぎ8号@宮原'12.1.28

 こうなると、午前の部は貨物列車へ。今年最初の配6794レも撮影してきました。

EF66-33@宮原'12.1.28

EH200-11@宮原'12.1.28
(画像:下)今年最初に撮影した配6794レ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒルネ

 といっても、お日様の下で居眠りするいう話ではありませんでcoldsweats01、寝台車の座席利用のことでありますが、かつての九州発着のブルトレでは山口県内から九州の停車駅でこの“ヒルネ券”と呼ばれる立席特急券が売られていました。

 現在、このヒルネ券で乗ることが出来る列車は日本海とあけぼののわずか2本のみ。その日本海も3月で定期運用を終了することになるので、立席特急券の制度がある列車はあけぼのが最後となりそうです。いずれ”ヒルネ“という言葉も、寝台列車が衰退するご時勢では死語になっていくのかもしれませんね。

 ちなみにヒルネ券は1度だけ、1996年の暮れに使ったことがあります。乗車したのは、くしくも今回引退する日本海。当時は2往復体制で、3号に弘前から青森まで乗車しました。改めて手持ちの立席特急券を眺めてみると、ちゃんと列車名が入っているんですね。日本海も関東に住んでいると馴染みの薄い列車ですが、わずか1区間ながら乗っておりました。

立席特急券
たった1枚だけ手元に残る立席特急券

寝台特急日本海3号@青森'96.12.23
終点青森に到着した日本海3号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.29

今日は

今日は
午前中、こちらを追いかけるも、業平橋に入庫してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.28

宮原通信(1/25)~大雪が続く

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.25

 日本海側の大雪で、この日を最後に運休が続いています。もっとも今の季節らしいといえばそうなりますが・・・snow

 早く天気が落着くことを願わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリデーパス→休日おでかけパス

 おととい知った表題のきっぷ、すでに大人の休日倶楽部会員限定で発売されていたものを3月から一般にも売り出すとのことです。これまでのホリデーパスのフリー区間を拡大した上で300円の値上げとなりましたが、値上げについてはともかくとしても拡大されたフリー区間の中には微妙なところで切れてしまっていて、中途半端な感があるのは否めないところですね。自治医大まで延長するんだったら宇都宮まで延ばしてよ、と言いたいところですが、うちのところからだと久留里線沿線や小田原までこのきっぷで行けるようになるのはありがたいところです。

 これで3月以降の日帰り旅については、改めて運賃を比較する必要があり、いろいろ影響が出そうです。試しに小田原まで計算してみたところ、ホリデーパスとフリー区間外の乗車券をプラスした今までの行程と比べて500円ほど安くなることが判明しました。ちなみに新宿で小田急に乗換えた場合とも比較しましたが、数十円単位で大差がないことも判明。乗り換えの面倒を考えれば休日おでかけパスの方に軍配が上がりそうです。

 一方、これと引き換えに廃止されるのがホリデーパスですが、途中フリー区間の延長や料金の変更などがあったものの、90年代前半から発売が始まったことから、かれこれ20年近く発売していたことになり、何気にベストセラーでしたね。特に登場直後にはイラストが入った常備券を窓口で売っていて、初めて手にしたときもこの常備券でした。

ホリデーパス常備券
発売開始直後に発売していた常備券。今や近距離用の自動券売機でも買えるようになりました。

サマーホリデーパス
夏休み期間中に発売されたサマーホリデーパス。この名称はすっかり記憶に消えていましたcoldsweats01

 参考:休日おでかけパス発売のニュースリリース(PDFファイル)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.27

今日は

今日は
今日は
仕事帰りの平日鉄です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.26

宮原通信(1/24)~雪景色の朝

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.24

 前日の晩に降った雪のため、朝起きてみると外は一面銀世界でした。それでもあけぼのが定時で通過していったのはうれしいところ。この時期遅れや運休が発生しやすい時期ではありますが、定時で通過していくところを見るとほっとします。

 最後にさいたま新都心駅の朝の様子も合わせて載せておきます。

EF65-1105@さいたま新都心'12.1.24
雪景色の中に停車中の原色65

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/23】仕事帰りにてっぱく駅へ

 といっても鉄博が目的ではありませんで、近くにある歯医者に立ち寄るのが目的だったんですが、帰りに兼ねてより公式サイトで告知されていた駅名ストラップを手に入れてきました。1個315円也。

駅名ストラップ@鉄道博物館
てっぱく駅で販売中の駅名ストラップをゲットhappy01

 改札付近には、同じく公式サイトで告知されていたスタンプの設置台や年末に入ったばかりの第04編成が写真入りで紹介されるなど、決して派手ではないものの熱心なPRには頭が下がる思いです。

スタンプ設置台@鉄道博物館'12.1.23
改札脇に設置されたスタンプ台

 そのニューシャトルの公式サイトを本日覗いてみたところ、年末に引退した1000系第12編成の搬出の様子が紹介されていました。年末にひっそりと引退した感のある第12編成ですが、よく見ると扉やライトが取り外されており、まだ残る1000系の部品かはたまた11月のイベントのときに販売されるのか気になるところ。何はともあれ、いろいろと話題を提供しているニューシャトルには今後もチェックしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.25

宮原通信(1/23)~闇に浮かぶもの

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.23

 闇の中に浮かぶテールマークですcoldsweats01。この時期ならではでありますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/22】カレーの日だそうで

 22日の日曜日、京王系列のカレーショップ、C&Cのカレーライスが無性に食べたくなり、昼前からお出かけ。さいたま新都心駅に停まっていたEH500を拝むべく、1本落としてから都内へと繰り出しました。

EH500-23@さいたま新都心'12.1.22
メッセージ入りの金太郎を見て、思わず降りてしまいましたcoldsweats01

 そのまま上野まで行ってアキバへ直行と行くところですが、どうしても気になるところがあったので、赤羽で京浜東北線に乗り換えて王子にやってきました。前日は路線を塞ぐほどの火災が発生。各路線とも大混乱でしたが、火元となったさくら新道の古い建物は昨年6月にその前の道を通ってアジサイを見て回りました(そのときの様子はこちら)。

 スロープカーの乗り場前にはパトカーや消防車が止められ、何やら現場検証が行われていましたが、当分はあの一角も慌しいことになりそうです。

ネコ@飛鳥山公園'12.1.22
飛鳥山公園で無邪気に遊ぶネコたち

 何だかんだで王子にはかれこれ1時間ほど滞在してしまい、1時半前に京浜東北線でまっすぐアキバへ。予定通りC&Cのカレーを食べてから、大型家電店で販売されたばかりの鉄道むすめのステッカーを買って帰りました。

鉄むすステッカー
何気にこちらの方がお目当てだったかもcoldsweats01>鉄むすステッカー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.24

宮原通信(1/22)~低調

 ご承知の通り、先日土曜日の21日は王子駅近くで火災が発生。高崎線を始め、並行する京浜東北線や宇都宮線が一時ストップするほどでした。その日は秩父鉄道沿線に出向いていたため、地元にはおりませんでしたが、別段そのせいではなかったものの、翌日の地元での撮影は何だか低調でしたweep

 そんな中、湘南色OM03編成が入ったあかぎ6号だけ載せることとします。

特急あかぎ6号@宮原'12.1.22
全体的にイマイチだったため、今回はこれだけにbearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/21】あの花&蝋梅ヘッドマーク付き列車を見てくる~秩父鉄道

 21日の続き、午前中は記念きっぷの蒐集に勤しんだので、この後はヘッドマーク付きの列車を追いかけることにします。まずは11時半前にやってくる影森行きの急行を狙うことに。秩父駅から線路沿いに歩きながら御花畑駅近くの踏切までやってきましたが、肌寒い中ようやくやってきた6000系には、熊谷駅で見かけたものとは異なるヘッドマークが取り付けられていました。

秩父6000系@御花畑'12.1.21
もう1本いる蝋梅のヘッドマーク付き編成

 ここで一旦“鉄”から離れ、西武秩父駅へと向かいます。少し早い時間でしたが、切りがいいので仲見世通りの中にある食事処でランチを済ませることに。この後、御花畑駅から12時15分発の三峰口行きに乗り込みますが、やってきたのはオレンジ色の1003Fでした。

パレオ雪だるま@御花畑'12.1.21
モデルはパレオくん?

秩父1000系@武州日野'12.1.21
1003Fで三峰口へ

 列車が三峰口に近づくに連れて周りの景色は雪化粧へと変化していきましたが、終点三峰口に到着したときには雪もちらちら舞っていました。そんな中、構内にあの花のキャラクターがデザインされたヘッドマークつきの「ANOHANA EXPRESS」が停まっているのが見えました。公式サイトによればこの日の朝の急行に入ったとのことで、その後は日中の間ここで寝た後、夕方2本ある急行のどちらに入るものと思われましたが、もちろん乗るんだったらこのANOHANA EXPRESSに乗りたいところ。とりあえずはその前にやってくる列車をいろいろと撮影するべく駅を離れます。

秩父6000系@三峰口'12.1.21-1
あの花のキャラクターがデザインされた「ANOHANA EXPRESS」と対面

 5分くらい行った警報機のない踏切で待っていると、午前中寄居で見かけた1007Fが接近。この後、さらに白久寄りへ歩いたところにある無人の踏切へ移動すると、三峰口を発車した先程の1007Fの後、御花畑駅近くで撮影した蝋梅のヘッドマーク付きの6000系急行がやってきました。

秩父1000系@三峰口'12.1.21

秩父6000系@三峰口'12.1.21-2
(2枚とも)蝋梅のヘッドマーク付き編成を立て続けに撮影

 こうしているうちに時刻は午後3時近くになりました。雪が舞う寒い中でしたが、あっという間に時間が過ぎていきましたが、三峰口駅に戻り、さっそく窓口で15時24分発の急行に乗るべく急行券を買うと、駅員から列車が向かって左側から列車が入ってくる旨告げられました。白久寄りの側線には先程撮影した蝋梅のヘッドマーク付き6000系が停まっているので、これでANOHANA EXPRESSがこの後入ることがはっきりしました。

ANOHANA EXPRESSヘッドマーク

秩父1000系&6000系@三峰口'12.1.21
ANOHANA EXPRESSのヘッドマーク(画像上)と1002Fとの並び(画像下)

 旧秩鉄カラーの1002Fと並んだところを見てからANOHANA EXPRESSに乗り込み、三峰口を発車。車内を見回すと、天井にはあの花関連の広告で埋め尽くされていました。しかしクリスマスの時に比べたら幾分地味な印象で、比較的落ち着いていましたね。

ANOHANA EXPRESS車内
ANOHANA EXPRESSの車内

 この後、あの花の舞台である秩父駅からは思ったほど乗り込んでくる乗客はおらず、この後の長瀞も蝋梅の季節にはまだ早いせいか、車内はさほど混むことはありませんでした。こんな様子の中、熊谷にはほぼ定刻の16時30分に到着しました。

 ところで行き帰りの列車の中で気になったことがあり、車内から広瀬川原車両基地の様子を見ていた際に目に留まった5000系の先頭車と解体作業中の一般色1000系でした。去年の秋に発生した踏切事故で大破した5000系の先頭車と思われますが、ビニールシートを被せられて置かれていたあたり、痛々しい姿でした。また奥の引込み線に停まっていた一般色の1000系ですが、この日はスカイブルー1001Fを含めリバイバルカラーの1000系全てが運用に就いていたのを確認したのに対して一般色の方はここ広瀬川原で解体作業中だった車両だけでした。リバイバルカラーばかりに目が行きがちな1000系ですが、一般塗装の方にも目を向ける時期に来ているかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.23

【1/21】らき☆すた×あの花合同記念乗車券蒐集顛末記

 おとといの朝、いつものように地元で朝錬をしようとするも、普段はいないはずの時間にE231系の姿が宮原駅にありました。そのE231系はなかなか出発せず、明らかに遅れが発生している模様とあっていろいろ情報を集めていたところ、王子駅付近で発生した火災の影響で高崎線はおろか宇都宮線や京浜東北線もストップしているとの情報をキャッチしました。そんなわけで朝錬どころではない状況だったこともありやむなく日進駅へ。川越線で大宮へとやってきました。

 大宮から野田線に乗り込み、この日最初の目的地である春日部へとやってきました。先月25日の秩父駅でのイベントで、「あの花」と同じ埼玉県内を舞台とする「らき☆すた」と合同企画の記念きっぷがこの日から発売されることを知り、その発売駅の1つである春日部にやってきましたが、最初に西口へ行ってみるも改札口にいた駅員から反対側である旨伝えられ、そのまま東口へ移動。改札を出て右側の券売機の隣にブースが設けられ、すんなりと手に入れることが出来ました。先月の秩父駅で販売された記念きっぷは1番列車が出る時間帯で完売とのことでしたが、今回は各駅それぞれで5万枚1万枚とのことで、余裕がありしたね。

らき☆すた記念きっぷポスター@春日部
春日部駅にあった発売を伝えるポスター

 そのまま伊勢崎線の下りに乗り込み、2ヶ所目の駅である東武動物公園へ。到着直前、隣のホームから浅草へ向けてりょうもう号が発車しましたが、最後部にらき☆すたに登場するキャラクター、泉こなたを模したヘッドマークが付いていました。今回の記念きっぷの販売に合わせ、東武200系と秩父鉄道6000系の各1編成にそれぞれのキャラクターの入ったヘッドマークが取り付けられるとのことでしたが、今回は記念きっぷ蒐集が目的だったことから、こちらは後日改めて見に行くこととします。

 東武動物公園もすんなり購入でき、これで東武の方は羽生のみとなりました。後続の伊勢崎線に乗り込み、羽生に到着してさっそくきっぷ売り場へ直行。多少列が伸びていましたが、無事3枚目を購入することができました。そしてそのまま秩父鉄道の乗り場へ移動し、今度はあの花の記念きっぷを購入。秩父鉄道の方はスタンプが設置されていて、購入した記念きっぷの台紙に設けられたスタンプの欄に押してきました。

蝋梅@羽生'12.1.21
今年はこれで我慢coldsweats01

 同時に窓口で手に入れた1日乗車券を改札で見せてホームへ。8時42分発の影森行きで出発です。この先は寄居が記念きっぷの販売駅なので、のんびり揺られることになりましたが、途中の熊谷では停車時間が5分あったのでホームに降りてみると、構内の電留線に蝋梅のヘッドマークを付けた6000系の姿がありました。こちらもこの時期恒例ですが、もちろん今回の目的の1つでもありました。

秩父6000系&7000系@熊谷'12.1.21
今年も蝋梅のヘッドマークが登場しました

 これで寄居に到着。無事に5枚目を購入してきました。時間も経過し、徐々に記念きっぷ目当ての乗客の姿も目に留まるようになって来ましたが、ホームで後続の列車を待っていると、乗り込む10時3分発三峰口行きと交換する10時2分発の羽生行きが蝋梅のヘッドマークを付けた1007Fでした。こちらはこの後訪問した三峰口付近で撮影することになり、そのときの模様は後日報告したいと思います。

秩父1000系@寄居'12.1.21
蝋梅のヘッドマークは1007Fにも

 その10時3分発の三峰口行きに揺られ秩父駅へ。改札を出て、さっそく窓口で6枚目の記念きっぷを購入しました。これで今回販売された記念きっぷはコンプリート。記念きっぷと一緒についていた引換証6枚をまとめ、改札でそれを提示したのと引き換えに特製のクリアファイルを頂きました。

らき☆すた×あの花合同記念乗車券
無事コンプしましたhappy01

 今回は販売部数が多いせいか、どの駅でもまったり買うことができましたねhappy01。これで目的を無事果たし、この後は秩父鉄道沿線を回ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.22

【1/19】2度目の訪問~京王百貨店の駅弁大会

 19日は家内の帰宅が遅いとのことで、仕事帰りに新宿の京王百貨店へ。2週連続で駅弁大会の会場へやってきました。

 前回来たときに見かけたブースが他のところと入れ替わっていたりして、よくよく見ると催事場も少しずつ変化があるようですが、前回のときに気になっていたのが大館駅の鶏めしでした。この鶏めし、20年近く前の’94年夏に東北を旅した際、現地の方に教えられて食べましたが、あまりにおいしかったことが今でも記憶に残っておりまして、再び食べたいと思いつつもなかなかこうした駅弁大会で出品されることがなく、機会に恵まれませんでした。

 そんなわけで、今回はこの鶏めしをチョイスいたしました。

鶏めし@大館
18年ぶりの再会>大館駅の鶏めし

 「おいしかった」という記憶は残っているんですけど、何分前回食べたのが20年近く前だったもので、実際に箸をつけてみてようやく自分の舌が思い出しました。やっぱり今も変わらぬおいしさですねhappy01

 余談ながら、'94年の夏に東北を周った目的の1つが、10月の旅客営業終了が迫っていた小坂線の初乗りでした。大館駅の乗り場がJRの駅から離れたところにあったのと、終点の小坂駅近くにある「康楽館」という芝居小屋を見物したことを記憶していますが、今回は当時のことを思い出しながら鶏めしを頂いてきました。

同和鉱業2107@大館'94.8.11
大館から乗り込んだ1両のディーゼルカー

小坂駅舎'94.8.11
終点の小坂駅

康楽館'94.8.11
日本最古の芝居小屋「康楽館」を見物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.21

ダイヤ改正の話題2つ

 ネタが切れたので、3月のダイヤ改正に関する話題を2つ挙げておきます。

いずれもJR東海にまつわるネタですが、1つ目は東海道本線の東京口で朝晩1往復ある373系の普通列車の321Mと338Mが、この春のダイヤ改正でE231系に置き換えられる上に沼津止まりになるとのこと。18きっぷの愛用者にはまさに“知る人ぞ知る”存在の列車で、ムーンライトながらが定期運用だった時代はその送り込みの役割を担っていましたが、臨時化後もそのまま残っていました。

 下りは東京発5時台と、自宅を初電で出発しても間に合わないことから、これまで利用したのは専ら上りばかりですが、何と言っても追加料金なしで特急型のゆったりとした座席に揺られることができたので、西から乗り継ぎを繰り返して静岡に到着したときには、ようやく足腰が休めるとほっとしましたね。ただ近年は湘南新宿ラインのグリーン車で750円の追加料金を払えばそのまま地元まで運んでくれるようになったので、全く利用しなくなりましたが、そんな中、ひさしぶりにおととしの4月に東京から下りを利用しました(そのときの記事はこちら)。

373系@川崎'10.4.11
この顔もついに東京駅から姿を消すことに・・・

 これで東京から静岡まで直通する普通列車が消滅することになります。

 そして2つ目は飯田線の119系で、こちらも3月のダイヤ改正で引退となります。この車両、それまで活躍していた“ゲタ電”こと旧型国電を追いやった存在とあって、どちらかといえば忌み嫌う存在でありましたが、初乗りを目指し始めた頃はすでにゲタ電の姿はなく、この119系が行き来する時代でした。国鉄末期に登場してからずっと飯田線を中心に黙々と活躍してようやく“終点”に到着となりました。

119系@岡谷'90.4.1
飯田線内で君臨したこの顔も3月限り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
記念乗車券を買いまくってました蠐。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.20

【1/14】快速早春成田初詣号で初めて体験した短絡線

 先週土曜日の続きです。千葉駅に到着したのが午後1時近く。腹も空いてきたのでエキナカでランチと思い探してみたものの、構内の改修工事真っ只中で、開いている食事処もこれといって琴線に触れるものではありませんでした。やむなく万葉軒の売店へと直行し、久しぶりにとんかつ弁当をチョイス。2日連続で駅弁となりましたが、ここのとんかつ弁当はお値段が480円とワンコインで手に入るというところがうれしいですねhappy01

とんかつ弁当@万葉軒パッケージ

とんかつ弁当@万葉軒中身
(2枚とも)万葉軒のとんかつ弁当は昔と変わらぬ味

 停車中の総武快速線の列車内で食事を済ませた後は成田を目指しますが、15時頃までに到着すればよかったので、乗り降りしながらネタ探しをすることに。113系が動いていた1年前に比べると今1つといったところでしたが、そんな中で気になるのは211系あたりになるでしょうか?以前より活躍の場が狭くなりつつありますが、他の路線でも東海道本線では後継のE233系が続々投入され、次第に数を減らしつつあります。とはいうものの、わが地元の高崎線や宇都宮線では当たり前に走っているんですけどねぇwink

千葉都市モノレール1000形@千葉'12.1.14
JRのホームからモノレールを眺める

211系@都賀'12.1.14
209系に混じって行き来する211系

ゆるきゃらラッピング@255系
ゆるきゃらのラッピング車両と対面

 こうして15時過ぎに成田に到着。ここからは15時29分発の快速早春成田初詣号に乗り込みます。文字通り、成田山への初詣客を当て込んだ臨時列車ですが、途中武蔵野線に絡む2つの貨物支線を通過するので、短絡線に興味のある人にとっては楽しい列車でもあります。そのうち、常磐線から武蔵野線へと通じる北小金支線はまだ乗ったことがない区間なので、今回のお目当てはこの区間となります。

快速早春成田初詣号@成田'12.1.14
成田から黒磯までの長丁場を走り抜ける「快速早春成田初詣号」

 しばらくすると、早春成田初詣号となる183系がゆっくりとホームに入線。同じ型の車両をこの日の朝、快速シーハイル上越号として地元で見たばかりでしたが、「快速」の幕なのが些か残念なところでした。しかも車内に乗り込むと、乗客のほとんどがツアーで申し込んだと思われるグループ客ばかりで、一瞬団体列車と間違えるような雰囲気でした。まあこの列車は元々初詣客がメインの列車なので、自分のような乗客が利用するのはいささか肩身の狭いところはありましたが・・・coldsweats01

 列車はゆっくりと成田駅を発車。駅員お手製の横断幕に見送られ、単線区間の成田線内をひた走ります。この区間は速度もゆっくりで、途中の駅では反対列車との交換待ちもあるなど、我孫子に到着するまでは時間が長く感じましたが、我孫子を過ぎて常磐線内に入ったとたんに速度が上がり、特急型の本領発揮といったところでした。

 北小金を過ぎたところでポイントを通過。新松戸の手前から貨物線へと進みます。数日前に乗車した流鉄の線路や多く立ち並ぶ高層マンションを横目で見ながら武蔵野線の線路と合流。あっという間の短絡線体験となりました。

 この後、列車は南越谷、南浦和、武蔵浦和と停車。もう一つの短絡線である西浦和支線を抜け、16時58分に大宮へ到着しました。

快速早春成田初詣号指定券
短絡線を堪能してきましたwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.19

宮原通信(1/18)~寒いですね

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.18

 この時期寒いのは当然なんですが、それ以上に乾燥した毎日のおかげで手が荒れ放題です。特に指の先がパックリと切れてしまっていて、キーボードを打つにも痛いですbearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.18

宮原通信(1/15・午後編)~185系ばかりじゃない

 15日の続きです。午後最初は下りの水上から。午前中やってきたあかぎ6号が折り返し草津・水上5号としてやってくるため、上野寄りに連結されていた湘南色のOM03編成が水上号としてやってくるとのことでスタンバイ。久しぶりに「水上」のヘッドマークをつけた湘南色を見ることが出来ました。

特急水上5号@宮原'12.1.15
湘南色の水上号を久々に撮影

特急水上2号@宮原'12.1.15
上りも撮影してきました

 この後は夕方。2082レと安中貨物狙いでしたが、この日はさらに後続でEF81の配給があるとのことで待つことに。中間にカシオペア釜を挟んだEF81の姿を見届けました。

EF510-508@宮原'12.1.15
EF510形ですっかり板に付いた2082レ

EF510-514@宮原'12.1.15
この日の安中貨物は514号

EF81-134@宮原'12.1.15
北へ向けて走り去ったEF64EF81の配給

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/14】毎年恒例、新京成沿線を乗り歩く

 先週の土曜日は毎年恒例、干支のヘッドマークをつけた新京成の列車を見に行ってきました。

 スタートは八柱駅。まずは窓口で「ありがとうしんちゃん電車」と題した記念きっぷを手に入れました。「しんちゃん電車」こと8000形8502Fが今月18日を持って運転終了とのことで、今回こちらもお目当てでしたが、ホームに向かい京成津田沼方面行きの列車を待っていたところ、いきなり新春記念ヘッドマーク付きの8000形が入ってきました。

ありがとうしんちゃん電車記念乗車券
八柱駅で記念きっぷを購入wink

新京成8512@五香'12.1.14
いきなりやってきた新春記念ヘッドマーク付き列車

 今年のデザインは、干支の龍が新京成の頭文字である「S」の字になったもので、これまで比較的わかりやすい絵だったのに比べると今年は遠目からだとやや抽象的な印象を受けたように思えますね。

 これでまずは一つ目的を果たすことができ、次はしんちゃん電車となりましたが、運行状況の情報がないか調べていたところ、くぬぎ山の車両基地に入庫しているとの残念な情報が入ってしまいましたweep。もちろんこうしたことはままあることで、とりあえずはくぬぎ山へ。歩いて車両基地までいって、敷地の外から先頭車両のところだけを拝んでまいりました。

新京成8000形@くぬぎ山'12.1.14
しんちゃん電車を車両基地の外から拝んできましたconfident

 そんなわけで残念なことになってしまいましたが、こればかりは致し方のないところしたね。もっとも8502Fはこれまで何度か乗ったり撮影したりしているので十分ではありましたが、そのままではちょっと悔しいので、在りし日の姿を↓に紹介しておきます。

新京成8000形@みどり台'11.1.22
1年前のしんちゃん電車

 この後はくぬぎ山へは戻らず、近くにある北総の大町駅から乗り込むことに。次の新鎌ヶ谷まで一区間だけ乗ってきました。ここではスカイライナーを撮影。再び新京成に乗り換えました。

京成AE形@新鎌ヶ谷'12.1.14
新鎌ヶ谷でスカイライナーを撮影

 ここから京成津田沼を目指しますが、もう1度新春記念ヘッドマーク付き編成を撮影しようと思い、京成幕張本郷までやってきました。朝方乗ったときの時刻と手持ちの京成時刻表を照らし合わせてみたところ、今度の松戸からの列車が到着するのは正午過ぎ。40分ほど待って再会することができました。

新京成8000形@京成幕張本郷'12.1.14
京成千葉線内で再会しました

 これでミッションは無事終了。お隣の総武緩行線に乗り換え、千葉へと向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.17

宮原通信(1/15・午前編)~シーハイル、185系、EF66etc

 おとといはあけぼのが運休だったので、シーハイルからスタートとなりました。

快速シーハイル上越@宮原'12.1.15
雪を付けてやってきましたsnow>シーハイル

 前面には雪が少し付いていましたが、上越線内でついたものでしょうか?

 午前中は例によって185系を中心にあれこれ追うことに。湘南OM03編成はあかぎ6号の先頭新宿寄りに。そしてあかぎ8号には前週に続きA8編成が入りました。

特急あかぎ6号@宮原'12.1.15
OM03編成はあかぎ6号に

特急あかぎ8号@宮原'12.1.15
こちらは2週連続であかぎ8号に入ったA8編成

 せっかくなので、後続の貨物を撮影。午前中の様子は以上です。

EF66-36@宮原'12.1.15
EF66の貨物が来ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/13】毎年恒例、京王百貨店の駅弁大会へ

 先週金曜日は家内の帰宅が遅いとのことで、仕事帰りに都内へと出てまいりました。向かったのは新宿。前日12日より毎年恒例の京王百貨店の駅弁大会がスタートしたので、夕飯を求めて訪ねてきました。

 京王百貨店の7階に到着したのは午後6時半過ぎ。催事場には自分と同じく仕事帰りのお客さんでごった返していましたが、ブースによっては長い列が出来ていて、改めて人気振りが伺えました。

 さてそんな中、どれを選ぶか決めなければいけませんが、特段目指していたものというのはなく、あちこち回りながら気になったものをチョイスするスタイルだったため、いろいろあった中から岩手県野田村のブースで出していた「鮭いくら弁当」を手に入れてきました。今年は震災復興として東北地方の駅弁が充実していましたね。特に今回手に入れた弁当を作っている野田村は去年11月に訪れたばかりとあって、当時を思い出しました。

 この弁当を持って新宿駅の改札へ。さすがに駅では食べるのは厳しいので、ここは車内で食べたいところですが、この時間の湘南新宿ラインのグリーン車は帰宅ラッシュ時間帯とあって混雑が予想されたため、いろいろ考えた結果、19時15分発高尾行きの中央ライナーに乗り込みました。帰る方向は異なりましたが、立川まで乗った後は拝島と高麗川を経由して大回り乗車で日進まで帰ってこようと思いついた次第。

鮭いくら弁当
岩手県野田村の鮭いくら弁当を頂きましたrestaurant

 何とか立川到着までに食べ終わり、大回りで日進に到着したのは午後10時前でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.16

【1/10】18きっぷの最後は久留里線へ

 手持ちの青春18きっぷもいよいよ残り1日分だけとなりましたが、有効期限ぎりぎりの1月10日に久留里線沿線を乗り歩いてきました。

 例によって地元であけぼのを見送ってから出発したため、あれこれ乗り継いで木更津に到着したのは午前9時を過ぎた頃でした。すでにホームには9時14分発の上総亀山行きのディーゼルカーが入線していて、上総亀山寄りには国鉄色のキハ30形が連結されていました。

キハ30形@木更津'12.1.10
いきなり国鉄色と対面

 さっそく乗り込み、木更津を出発。まずは横田で下車することにしましたが、到着してすぐに駅員が乗ってきた列車の運転手とタブレット交換する様子を見ることが出来ました。こちらは3月のダイヤ改正で新しい信号システムが導入されるのと入れ替えに廃止になる予定で、昔ながらの光景を見ることが出来るのも残りわずかとなりました。

タブレット交換@横田'12.1.10
この光景も3月までとなりました>タブレット

 乗ってきた列車を見送った後、3年前に撮影した小櫃川の鉄橋付近へ向かいますが、その途中にあった平川郵便局に立ち寄り風景印の押印を依頼。それから小櫃川へとやってきました。

平川局風景印
平川郵便局の風景印

 この後、10時20分前後に上下の列車がやってくるとのことで待っていると、まずは木更津からの上総亀山行き929Dが小櫃川の鉄橋に差し掛かりました。こちらは先程乗ってきた列車と同じ先頭に国鉄色のキハ30形が連結されていましたが、前回のときは従来塗装の車両しか撮影できず、今回ようやく目的を果たすことが出来ました。

キハ30形@横田'12.1.10-1
小櫃川を渡る国鉄色キハ30形

 その直後やってきた木更津行きの930Dは従来塗装の編成で、こちらを見送った後、今度は11時過ぎにやってくる木更津行きを撮影しようと横田駅先の田園地帯へ。ここは2年前の2月に訪れたところですが、上総亀山方面からやってきたのは先程ここまで乗ってきた編成でした。

キハ38形@横田'12.1.10
上総亀山かより戻ってきた木更津行き

 こうして3時間ほど滞在した後、12時9分発の上総亀山行きで横田を出発。ちょうど高校生の帰宅時間と重なったこともあって、車内には大勢の高校生が乗り込んでいましたが、そんな賑やかな車内も駅に停車する度に次第に静かになっていき、12時半過ぎに久留里に到着。ここで2時間ほど滞在することになり、さっそくまずは駅から数分のところにある久留里郵便局へと向かい、風景印の押印を依頼してもらいました。

久留里局風景印
久留里郵便局の風景印。デザインされているのは久留里城でしょうか?

 この後、一旦駅に戻りながらその前を通り過ぎ、近くの踏切へ。13時25分に到着する木更津からのディーゼルカーを待ちます。しばらくして午前中からあちこちで見かけた国鉄色のキハ30形が先頭に2両編成のディーゼルカーがやってきました。

キハ30形@久留里'12.1.10
終点の久留里へもうひと踏ん張り

 出発まで1時間ほどあったので、引き続き久留里の町の中を散策。駅の方は初乗りした'89年8月の時に反対列車の交換待ちで駅前に降り立ったことがあったものの、そのまま乗ってきた列車で行ってしまったため、町の中を歩くのは今回が初めてでしたが、街道沿いには古い建物が至る所に残っており、落着いた雰囲気の町でしたね。酒蔵もいくつか点在しているのを見かけましたが、ここ久留里は千葉県で唯一名水百選にも選ばれたところとのことで、おいしい酒を造ることが出来る下地があるのかもしれませんね。

久留里の町並み'12.1.10
久留里の町の様子。再訪してもっとゆっくり歩きたいところです。

 この後、14時22分発の木更津行きに乗り込み久留里の町を出発。そのまままっすぐ帰途につきました。

18きっぷ2011年冬
無事に使い切りましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.15

【1/9】さくっとお出かけは流鉄へ

 3連休最終日は午後からさくっとお出かけすることに。何かネタがないかといろいろ探していたところ、毎年恒例の「みんなの流鉄号」が10日まで運行しているとのことで、久しぶりに流鉄沿線に出没しました。

 鰭ヶ崎駅近くの線路脇で待っていたら、さっそくみんなの流鉄号と対面。使われていたのは濃い青い車体の2000系「青空」で、両端に手作りのヘッドマークが取り付けられていました。

流鉄2000系@鰭ヶ崎'12.1.9-1
2012年のみんなの流鉄号は青空が担当

 そしてこの日もう1本動いていたのは、黄色い車体の「なの花」。こちらもみんなの流鉄号としてお手製のヘッドマークが取り付けられ、先程の青空と合わせて2本による運行となりました。

流鉄2000系@鰭ヶ崎'12.1.9-2
2本目は「なの花」

 この後、いつものパターンで小金城址駅までのんびりと歩きながら撮影タイム。天気にも恵まれ、比較的凌ぎやすい午後でした。

流鉄2000系@小金城址'12.1.9-1

流鉄2000系@小金城址'12.1.9-2

みんなの流鉄号貼り紙@小金城址'12.1.9
小金城址駅付近の様子(上2枚)と駅で見かけた「みんなの流鉄号」の貼り紙(一番下)

 ここ小金城址からなの花に乗って幸谷まで行き、お隣の新松戸から常磐緩行線に乗り換え。16000系でも来ないかと待ってみたものの、全くその姿を見ることが出来ず、そのまま綾瀬までやってきました。特にあてがあったわけではありませんでしたが、安中貨物がやってきました。

EF510-507@綾瀬'12.1.9
この日の安中貨物は地元ではなく綾瀬でお見送り

 後続の始発で北千住へ向かい、常磐線に乗り換えて上野へ。ちょうど出発時刻が近づいていたカシオペアにご挨拶してから高崎線で帰ってきました。

寝台特急カシオペア@上野'12.1.9
カシオペアを見てから帰りましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/8】東武5700系のレストラン訪問@行田

 3連休中日の日曜日、家内の免許更新にお付き合いするべくマイカーで鴻巣まで行くことに。その前にランチをすることにしましたが、以前から行きたいと思っていた行田の「マスタードシード」というお店に行ってきました。

 ここは何と言っても往年の東武の特急車両である5700系の廃車体を食事処として使われており、その様子を上越新幹線の車内から見たことはありましたが、如何せん吹上駅からだいぶ離れたところにあるので、マイカーでなければなかなか足が向かないところ。今回、ようやく訪問の運びとなった次第であります。

 国道17号線を北上し、吹上駅入口の交差点で右折。ものつくり大学を目指しながら新幹線の高架を抜けてすぐのところに目指すお店が見えてきました。到着してまず言われた、「「何でここに連れてきたのかがわかった」という家内の言葉を聞きながらさっそく店内へ。このとき時刻は正午前だったこともあり、お店の中には先客が何組もいてなかなかの盛況ぶりで、何とか空いていた2人用の席に通してもらい無事着席できました。いくつかあるメニューの中から今回はパスタのランチセットを注文。パスタは3種類から選べ、家内は深谷ねぎの和風を、そして自分はカルボナーラを注文しました。

マスタードシード外観
念願(?)の東武5700系のレストランに到着

カルボナーラ@マスタードシード
パスタセットのカルボナーラ

 量の方は幾分多めで、女性だと少し多いかもしれませんが、やはり今回は往年の東武の特急車両で食事ができたことが一番の目的でしたので、十分満足の行く内容でした。一方、店内の方ですが、食事スペースとしてテーブルや内装などかなり手を加えているあたりは致し方がないものの、トイレなど5700系の面影も少なからず残っているので、それを見つけてみるのもまた楽しいかもしれませんね。

サボ@マスタードシード
店内にあったサボ

 この後、午後からは鴻巣の免許センターへ。無事免許の書き換えを済ませた後、帰り道に以前訪問した17号線沿いの上尾のコメダでお茶してきました。

シロノワール@コメダ
コメダで午後のお茶をしてから帰宅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.14

宮原通信(1/14)~シーハイル→あけぼの

 数日前と同じ、今朝もシーハイルに続いてあけぼのというパターンとなりました。あけぼのは1時間弱の遅れ。更に遅れていれば、そのままお出かけだったんですが、これくらいの遅れであれば見送ってから出掛けても十分でした。

快速シーハイル上越@宮原'12.1.14
今日はOM102担当でした>シーハイル

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.14
あけぼのは50分遅れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/7】小田急の引退車両をウォッチング@小田原

 先週土曜日のツアーの帰り道、小田原駅で寄り道したときのことを書いておきます。片瀬白田駅から乗り込んだ熱海行きは予定よりも1本早めの列車でした。というのも、帰りに小田原駅に寄ろうと考えたためでしたが、先月の岳南鉄道の帰り、熱海から乗り込んだ快速アクティー3764Mが小田原駅に到着した際、ホームにHiSEの姿を見かけたのを思い出し、JRのホームから見てこようと思った次第でした。

 小田原に到着してまず目に入ってきたのが5000形。箱根湯本行きのホームに停車していましたが、後日こちらのサイトを覗いたところ、2編成のうちの1編成が8日に運用を離脱したとのこと。このとき見かけたのは5063Fと思われますが、“小田急顔”ももはや風前の灯となってきましたね。

小田急5000形@小田原'12.1.7
箱根湯本へ向けて出発を待つ5000形

 すると、箱根湯本方面からRSEこと20000形が入ってきました。はこね30号と思われますが、3月に引退する2つの形式がお互い顔を合わせることとなりました。

小田急5000形&20000形@小田原'12.1.7
引退するもの同士が顔を合わせることにconfident

 場所を東京寄りに移動し、HiSEが入ると思われるはこね33号を待つことに。この日も快速アクティーに乗車することにしていたので、到着時刻が近づくに連れて無事会えるかどうか心配でしたが、接近放送が鳴り出した直後に新宿方面からHiSEが到着しました。

小田急10000形@小田原'12.1.7
ギリギリ見ることが出来たHiSE

 小田原での滞在時間は30分弱。その間、引退する小田急の3種類の車両と対面することができ、何とも贅沢な時間を過ごして帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
毎年恒例、新京成沿線に出没していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.13

宮原通信(1/13)~20分遅れのあけぼの

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.13

 今朝のあけぼのは20分遅れとのことで、正直出撃しようかどうか迷いました。この程度の遅れだと朝のラッシュ時間帯までに抜けられる可能性があったからですが、状況次第ではそれも変わってくるので微妙なロス時間でしたね。

 そんなわけでダメ元で行って見ましたが、踏切の警報機が鳴り出したので慌てて準備をした結果、何とか捉えることが出来たという有様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.12

宮原通信(1/9)~久々の広島更新色

 連休最終日の9日の朝はおおむね定刻通り。あけぼのもまだ暗い中を通過していきました。

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.9
あけぼのは定刻通り

183系@宮原'12.1.9
快速シーハイルは前日と同じ183系OM103編成

 この後、日中にお出かけする関係で11時半過ぎの貨物を待っていると、広島更新色のEF64が上りでやってきました。この塗装を見るのも久しぶりでした。

EF64-1046@宮原'12.1.9
久々に広島更新色EF64を撮影できました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/7】伊豆急クモハ103号に乗車する

 先週の土曜日の続き、いよいよこの日のメインイベントとなります。

 伊豆高原駅の改札を出ると、すぐ目の前にクモハ103号のツアーブースがあったので、そこで受付を済ませることに。伊豆急下田までの乗車券と弁当の引換券、それに方向幕のストラップが入った封筒を受け取ってから再びホームへと入ります。

伊豆急クモハ100系@伊豆高原'12.1.7
伊豆急開業50周年事業の一環で復活することができた「クモハ103号」

 ホームにはすでにこの日の主役であるクモハ103号が入線していて、ツアーの参加者の注目を浴びていました。‘02年の営業運転からの引退後、入れ替えなどの事業用として残っていたクモハ103号を伊豆急開業50周年の記念事業として復元。今回、本線を走行できるよう復活することとなりましたが、’05年8月のイベントのときに一度見に来たことがあったものの、このときは本線を走行できるようになるとは夢にも思っていませんでしたね。

 10時16分、クモハ103号はゆっくり伊豆高原を出発しました。この日は座席がほぼ埋まるほどの盛況ぶりで、さっそく案内役の社員による復活までのエピソードや沿線の見所などのガイドがスタートしました。特にクモハ103号の復活にまつわるエピソードはこうしたツアーでなければなかなか聴くことが出来ないことも多く、きままな汽車旅とはまた違った車内での過ごし方となりました。

 伊豆急の車窓ではおそらく一番の見所と思われる片瀬白田から先の海岸線に面した区間では徐行運転が行われ、海に浮かぶ伊豆七島の姿を車内から見ることができました。この日は天気にも恵まれたので、車窓を楽しむにはいい日でしたね。

伊豆諸島@クモハ103号車内'12.1.7
片瀬白田付近の海岸から見ることが出来た伊豆諸島の島々

 伊豆高原を発車してからおよそ40分後の10時56分、終点の伊豆急下田に到着しました。すると隣のホームに先ほど伊豆高原まで乗ってきたリゾートドルフィン号が停まっているのが見えました。実は先程のリゾートドルフィン号の車内でもこのまま行けば両者の並びが見られるんじゃないかと期待していたんですが、マリンブルーの車体同士のコラボが見事実現しましたねwink

伊豆急2100系&クモハ100系@伊豆急下田'12.1.7
伊豆急下田で思わぬ”プレゼント”~マリンブルーのコラボ

 そして更にサプライズが1つ。構内の電留線に昔懐かしい斜めストライプの185系、A8編成が止まっていました。これまで高崎線を走る特急あかぎ8号には行っているところばかり撮影していましたが、やはりこのカラーには踊り子号のヘッドマークがしっくり来ますね。

185系@伊豆急下田'12.1.7
もう1つのサプライズはこちら~185系A8編成

 この後、改札前で弁当を受け取り、ツアーは無事終了。1時間後の11時45分発熱海行きで折り返すことになります。本当なら下田の街中をのんびりと散策したいところでしたが、今回の目的はなんと言ってもクモハ103号で、日帰りだったこともあり泣く泣く退散となりました。

 その熱海行きの車内で先ほど受け取った弁当を開きランチタイム。おかずに伊勢海老が入るなど、なかなか“豪勢”な内容でした。

伊勢海老弁当パッケージ

伊勢海老弁当中身
(2枚とも)ツアーと一緒に申し込んだ伊勢海老の弁当

 列車はクモハ103号で来た道をひた走り、先程徐行運転を行った海岸線を過ぎて片瀬白田に到着。この後、ここで下車して伊豆急下田から戻ってくるクモハ103号を撮影します。この一帯は海岸が近いので、やはり海を入れて撮影をしたいところ。いろいろ駅周辺を散策してみましたが、白田川の上流にかかる橋から海をバックに撮影してみることにしました。

 橋の上に到着したときは晴れ間も出ていたんですが、クモハ103号が通過する直前になって雲に入ってしまい、クモハ103号が通過したときにはうす曇となってしまいましたcloud。まあ晴れていれば言うことはなかったんですが、海をバックにしながら走るクモハ103号を拝めたので、十分満足でした。

伊豆急クモハ100系@片瀬白田'12.1.7
海をバックにクモハ103号が走る

 これで撤収し、片瀬白田駅へと戻ることにしましたが、しばらくして先程伊豆急下田で見かけたA8編成の特急踊り子110号がやってきました。何とかコンパクトカメラで撮影はしたものの、これは時刻表を見落としたうっかりミスでしたねweep。もうちょっと待っていたら斜めストライプと海のコラボを撮影できたんですが・・・。

特急踊り子110号@片瀬白田'12.1.7
時刻表を見落としてしまい、かろうじて撮影したA8編成

 こうして13時54分発の伊東行きに乗り込み、片瀬白田を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.11

【1/7】伊豆高原までの道のり~蒲田の踏切と211系とリゾートドルフィン

 3連休初日の7日、18きっぷの4日目に日付が入りました。品川で京急に乗り換えたところまでは先月の岳南鉄道のときと同じ。しかし今回は京急蒲田で途中下車となりました。

 ちょうど箱根駅伝が行われていた頃にこの記事を見かけましたが、京急蒲田駅のすぐ近くにある第1京浜と空港線が交差する蒲田踏切が、現在真っ盛りの高架化工事が完成の暁には廃止されることになり、今回その様子を見てこようと思った次第。駅伝を観戦したことはありませんが、多くの駅伝ランナーが行き来した踏切も来年は普通の道路となってしまいそうです。

京成3400形@京急蒲田'12.1.7
高架化工事で消え行く蒲田踏切


 到着した6時半過ぎはまだ薄暗く、そんな中を2本眺めていましたが、いずれも京成車でした。

 駅に戻り、すぐにやってきた特急に乗り込んで横浜へ。すぐに乗り換えた東海道本線の下り列車も先月と同じ7時28分の小田原行きでしたが、前回は小田原の手前の鴨宮で後続の熱海行きを待ったので、今回は大磯で降りることにしました。待ち時間が10分程度なのでネタ探しするほど余裕はありませんでしたが、上りホームに入ってきた326Mと思われる東京行きは211系でした。

211系@大磯'12.1.7
世代交代が進む東海道本線の211系

 東海道本線で続々投入されているE233系と入れ替わるように211系が廃車回送されておりますが、国鉄時代から走っていた車両にも終点のときが近づきつつあるようですね。

 この後、後続の列車で熱海へ。4分の接続で伊豆急下田行きに乗り換えましたが、待っていたのはリゾート21のリゾートドルフィン号。先月の伊豆高原でのイベントで展示されていたときはちょっとしか見ることが出来ませんでしたが、往年の100系のカラーを纏って登場しました。

伊豆急2100系@熱海'12.1.7
リゾートドルフィン号に初乗車

 10時10分前の9時52分に伊豆高原に到着。いよいよここから今回の旅のメインイベントとなりますが、そちらについては後日のお楽しみということで・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.10

宮原通信(1/8)~今年も到来、快速シーハイル上越

 3連休の中日は今年も運行が始まった快速シーハイル上越から。例年通り183系による運行です。

快速シーハイル上越@宮原'12.1.8
今季初の撮影となったシーハイル上越

 この日の担当はOM103。高崎寄りの先頭車には特急のエンブレムが付いています。

 この後、定時より1時間ほど遅れていたあけぼのやA8編成が入った特急あかぎ8号などを撮影してきました。

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.8
この日のあけぼのは1時間遅れ

特急あかぎ8号@宮原'12.1.8
元旦に続きA8編成が入った「あかぎ8号」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市議会だよりの表紙

確保

 「ロクマル」というさいたま市議会の広報誌がありますが、最新号の表紙が何と鉄ネタ。「あけぼの」や「北斗星」、果ては「サロンエクスプレスそよかぜ」など9つの列車のヘッドマークがイラストで並んでいます。

 いずれも大宮駅に縁のある列車ですが、9つあるヘッドマークのうち現役なのが「あけぼの」「北斗星」「カシオペア」3本のみ。こうした缶状のヘッドマークも次第に少なくなりつつありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.09

宮原通信(1/7)~初詣臨

 連休初日の7日はもぶろぐした通り、伊豆急のクモハ103号のツアーに行ってきましたが、18時過ぎに地元に帰ってくると、ホームの行き先表示機のところに「団体」の文字が見えました。ちょっと気になったので、そのまましばらくホームで待っていましたが、やってきたのは「初詣」と書かれた183系の団臨でした。

183系@宮原'12.1.7
今年も初詣臨の季節がやってきましたhappy01

 このヘッドマークを見ると、新しい年が始まったんだという気持ちになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/3】鷲宮神社で初詣とスペーシアのリニューアル車撮影

 1月3日の続きです。羽生から東武伊勢崎線に乗り換えますが、この後は昨年末に登場したスペーシアのリニューアル編成を見てこようと思いつつも、時間がたっぷりあったことから初詣のため鷲宮神社へ行くべく鷲宮で下車。以前、アニメで話題になった直後の三が日に訪れたときは参拝客のあまりの長い列に辟易しましたが、今回は多少混雑していたものの20分ほど並んで本殿の前までたどり着くことができました。

 一方、駐車場にはアニメ関連のブースも出店。その中に栗橋商工会も出ていて、栗橋みなみの等身大パネルがお出迎えをしていました。

栗橋みなみ&あかな等身大パネル@鷲宮神社'12.1.3
鷲宮神社でみなみさんがお出迎えheart04

 鷲宮駅から再び伊勢崎線の列車に乗り込み久喜へ。ここから宇都宮線に乗り換え、栗橋を経由して南栗橋までやってきました。ここでスペーシアのリニューアル車を待つことにしましたが、東武鉄道の公式サイトにはリニューアル車の運行ダイヤも掲載されていて、この日は鬼怒川温泉13時15分発のきぬ124号に充当されるとのことでした。しかし通過までは1時間以上あり、それまでのんびり過ごすことに。1月前、東武ファンフェスタ訪問の後に駅周辺を散策していたのと同じようなところを歩き回りながら時間を潰しましたが、待つこと1時間後の14時半頃、ようやくきぬ124号がやってきました。

東武100系@南栗橋'12.1.3
姿を見せたスペーシアのリニューアル車。これまでのイメージと異なり、正直面食らいましたcoldsweats01

 初めて見たリニューアル車の印象ですが、やはりこれまでの塗装を見慣れていただけに、あまりの変わりように正直度肝を抜かしてしまいましたねcoldsweats01。もっとも、これくらいやったほうが強い印象を与えることは確かですし、今後登場するリニューアル編成も楽しみなところです。

 これで南栗橋を後にして春日部方面へ。しかしまだ時間があったので、もう1ヵ所撮影してこようと思い姫宮で下車。先程見送ったリニューアル車の浅草からの返しとなるのがきぬ125号でしたが、春日部を発車するのが16時半過ぎとさすがにここで撮影するには今の時期厳しい状況でした。おまけに太陽も西に傾き始める時間で次第に気温も低くなりつつあることから、少しだけ撮影して帰ってきました。

東武350系@姫宮'12.1.3
今回も姫宮で撮影happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【1/3】今年も急行開運号を撮影する~秩父鉄道

 正月三が日の3日は近場を中心に回ることに。まずはこれも毎年恒例となっている秩父鉄道の急行開運号を撮影しようと熊谷にやってくると、窓口で干支のイラスト入り硬券入場券を手に入れました。去年は3日の時点ですでに完売となってしまい、買うことが出来ませんでしたが、今年は売れ行きがさほどでもなかったのか、あるいは在庫を増やしたのか、無事に入手することができました。

干支イラスト入り入場券@熊谷
今年は入手できました>干支入場券happy01

 8時52分発の羽生行きを待っていたら、スカイブルーの1001Fが到着。新年早々幸先のいいスタートとなりましたが、こちらに乗って新郷へとやってまいりました。ここでの定番となっている駅近くの田園地帯へと向かうと、この後すぐに開運号の送り込みとなる急行秩父路4号が来るので手早く準備。すると、熊谷方向からヘッドマークをつけた6000系が近づいてきました。

秩父6000系@新郷'12.1.3-1
開運号の送り込み、秩父路4号にも「開運」のヘッドマークが装備

 今年のヘッドマークのデザインは紫色の地に金色の龍。去年は赤い地だったので、落着いた印象ですね。

 この後、急行開運号がやってくるまで1時間弱あったので、それまで寒空の中をひたすら待つことに。とはいえ、先ほど乗ってきた1001Fや年末に営業運転を開始した7505Fなどの列車を撮影して過ごしていたので退屈することはありませんでしたが、秩父の山間のイメージがある秩父鉄道にあってまた違った風景を堪能することができます。

秩父1000系@新郷'12.1.3

秩父7500系@新郷'12.1.3
寒空の中、やってきた電車達

 こうして10時20分前、羽生方向から開運号が接近。これを見送った後、10時32分発の羽生行きで新郷を後にいたしました。

秩父6000系@新郷'12.1.3-2
一路秩父路へと向かう開運号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.08

【1/2】2012年京急大師線ヘッドマーク付き列車に会う

 三が日2日の後半は京急大師線を訪ねるべく都営浅草線と京急を乗り継いで京急川崎に到着。さっそく高架下の大師線ホームにやってくると、ちょうど到着した列車から多くの参拝帰りの乗客がどっと降りてきたところでした。さすがにここは落着かないと思い、すぐに小島新田行きに乗り込みました。

 やってきたのは港町。定番のところではありましたが、ここでヘッドマーク付きの列車をいろいろ撮影してきました。昨年から一般公募によるヘッドマークのデザインを採用するようになり、今年はコミカルなものと龍らしい迫力のある2種類のデザインとなっていますが、どちらも明るい印象ですね。

京急1500形@港町'12.1.2-1

京急1500形@港町'12.1.2-2
(2枚とも)こちらは干支のヘッドマークが健在です>京急大師線

 ところでここ港町に到着してまず目に入ってきたのが、駅裏手の多摩川の川べりに建築が行われている高層マンションでした。建築には京急も関わっており、小島新田行きホームにはそのマンションの利用者のためなのか、臨時の改札口も出来ていました。

 一通り撮影をしてから京急川崎に戻り、再び品川方面へと向かいますが、「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」こと2100形2157Fの快特がやってきたので、次の京急蒲田まで一区間だけ乗ることに。2100形の中で1本だけ青い塗装を施した車両なので、見かけると何だか得した気分になりますねwink

京急2157@京急蒲田'12.1.2
”ブルスカ”こと2157Fに乗車

 京急蒲田からは各停に乗り換え、のんびり品川方面へ進むことに。まだ明るい時間だったのでどこかで撮影と思いましたが、今回は鮫洲でいろいろと撮影してきました。先程乗った“ブルスカ”の返しを始め、各社さまざまな車両と対面いたしました。

京成3050形@鮫洲'12.1.2

京急2100形@鮫洲'12.1.2
(2枚とも)帰りは鮫洲で撮影タイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.07

今日は

今日は
伊豆急沿線に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.06

宮原通信(1/6)~明日から3連休

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.6

 おととい仕事始めと思っていたら、明日から3連休で再び正月気分が戻ってきそうですcoldsweats01。かく言う自分は明日、伊豆方面へ向かいます。18きっぷなので日帰りですが、すでに手配するものは手配済みで、現地へ向かうだけとなります。

 詳細は後日報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1/2】今年の“鉄”始め~東武大師線

 今年最初の“鉄”活動は毎年恒例、東武および京急の両大師線を訪ねてまいりました。まずは東武大師線について書いてまいります。

 昨年同様、今年も新板橋駅で都営まるごときっぷを手に入れてからスタート。昨年末から売り出されていた映画「けいおん!」公開記念の図柄がまだ残っていましたが、その後訪ねた駅でもまだあった様子でした。次の西巣鴨で都電に乗り換え、熊野前から日暮里・舎人ライナーで西新井大師西駅まで辿るコースは去年と同じ。そのまま大師前駅に到着し、この日最初のミッションであるヘッドマーク付きの8000系と対面します。

東武8000系@大師前'12.1.2

スカイツリーHM
(2枚とも)ヘッドマークのデザインは今年もスカイツリーのキャラクターでしたthink

 絵柄は去年に続いて東京スカイツリーのキャラクターで、「ソラカラちゃん」と新たに加わった2体のキャラクターが一緒に描かれています。去年も思いましたが、やはり干支の方がよかったですねぇsad

 このとき動いていた2本を撮影して西新井へ。伊勢崎線に乗り換えて五反野へやってきました。今年はここで本線の列車を撮影してきましたが、特にめぼしいものはなかったものの、いろいろな車両と対面することができました。

東急8500系@五反野'12.1.2
今年は五反野であれこれ撮影

 この後、京急大師線を訪ねるべく押上から都営浅草線に乗り換え、京急川崎を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.05

話題つれづれ

 昨日あたりから話題になっている山手線の新駅の開業(参考:読売新聞の記事)。現在整備中の東北縦貫線も新駅開業の暁には停車駅となるとのことで、このエリアも大きく変わっていくことと思いますが、同時に国鉄時代の遺功も再開発の完成と引き換えに消えていくことになりそうで、ブルートレインや特急こだまといった東海道本線を走った名列車のねぐらも再開発の波に飲まれることになります。

 それにしても東北縦貫線の完成は早ければ2013年度なんですね。まだまだ先の話と思いきや、2年足らずで営業が始まるとのことで、そのときにはまた首都圏の交通網がさらに変わってくることになりそうです。

E231系@鶯谷'11.12
新駅開業の暁にはこの車両も現役なんでしょうか?

 2つ目のあおなみ線のSL運転(参考:毎日新聞の記事)。ちょっと前に河村たかし名古屋市長がそんなことを言っていたなぁと記憶の片隅にはありましたが、試行とはいえ運転される方向に進んでいたとは正直思っても見ませんでした。とはいえ、JR東海エリアでこうしたSL運転は大井川鉄道くらいしかなく、正式な運行に繋がるよう期待したいところですね。リニア・鉄道館もオープン当初に比べると話題も少なくなってきたので、起爆剤になればと思っています。

C57139@リニア鉄道館'11.4
名古屋で動くSLを見ることが出来るか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.04

宮原通信(1/4)~あけぼのと朝焼け

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.4

 今朝は今年最初の組み合わせが実現しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/31】埼玉新都市交通2000系第04編成が新登場

 昨年残した“宿題”をもう1つ。自宅の大掃除も一段落した大晦日、昼前から正月用の食材を買出しに大宮へ行くことになり、行きがけにニューシャトルを利用しました。お目当ては何と言っても先月28日より営業運転に就いた2000系第04編成です。

 自宅に一番近い加茂宮駅へ到着し大宮方面行きのホームに上がると、新幹線の線路を挟んだ反対側の内宿方面のホームから接近のアナウンスが聞こえてきました。何が来るのかと遠目で見ていたら、何とお目当ての第04編成でした。これで運用には入っていたことは確認できましたが、内宿から折り返してくるまではしばらく掛かりそうだったので、寒空の中をのんびり待つこと12時半過ぎ、ようやく第04編成が内宿から戻ってきました。

埼玉新都市交通2000系@加茂宮'11.12.31
4本目の2000系は黄色でしたhappy01


 先月26日に引退した1000系第12編成と入れ替わりに登場した第04編成ですが、今度は黄色とのことでなかなか鮮やかですねwink。都電荒川線の8800形や京王井の頭線の1000系と並んでニューシャトルも次第にカラフルになりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.03

宮原通信(1/3)~明日から仕事始め

正月の食卓

 年末年始の休みも今日でおしまい。明日からは2012年最初の仕事であります。

 今日は秩父鉄道の急行開運号の様子を見てきましたが、出発したときが草津1号の通過する時間だったことから、撮影してきました。湘南OM03編成が入っているわけではなく、至ってノーマルな編成ですが、先に発表があった3月のダイヤ改正で高崎線の特急草津およびあかぎのダイヤ形態が変わるとのことで、この草津1号については列車そのものが廃止となります。

 また、185系も平日の一部の列車を除き7両による運転となるので、堂々14両での雄姿は今のうちに記録しておきたいところです。

特急草津1号@宮原'12.1.3
14両編成の堂々の雄姿>185系特急草津1号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/27】“萌えロープウェイ”と山梨名物とりもつを堪能する

 18きっぷの3日目は中央線の各停で甲府を目指します。高尾7時27分発小淵沢行きは115系。今も国鉄型車両が健在のこのエリアも千葉で活躍していた211系が入るという話もあり、今後の動向が気になるところです。

115系@塩山'11.12.27
塩山で国鉄型車両同士の対面が実現!

 途中、特急に抜かれながらのんびりと進むこと9時21分、甲府に到着。ここから旅の目的地である昇仙峡までは山梨交通のバスに揺られますが、如何せん甲府駅から路線バスを利用するのは今回が初めてでどちらから乗ったらいいのか見当がつかず、方向を考えて駅の北口に降り立ちましたが、「昇仙峡」の文字すら見当たらない状況でした。出発時刻は9時45分だったのでそれほど時間がなかったこともあり、駅構内の観光案内所で確認したところ、南口のバスターミナルから出るとのことで、早足でそちらへ。無事にバスに乗り込むことができました。

山梨交通@甲府駅南口'11.12.27
昇仙峡へ向かう山梨交通のバス

 甲府駅を出発してからおよそ50分、終点の昇仙峡滝上に到着。さっそくロープウェイの乗り場である仙娥滝駅へ向かいますが、その前に駅前の昇仙峡郵便局に立ち寄り、風景印を頂いてから仙娥滝駅へ到着しました。

昇仙峡局風景印
昇仙峡郵便局の風景印

 この昇仙峡ロープウェイ、昨年2人の萌えキャラが登場し、それぞれ「仙娥るり」と「仙娥えな」という名前を頂戴していますが、それぞれイラストが鉄道むすめも担当しているみぶなつき氏によるもので、鉄道むすめステーションポスターにもゲストとして登場しています。まずは窓口で「スペチケ」という特別仕様の乗車券を購入。インターネット予約やクーポンを使えば10%安く乗車できますが、このチケットは割引こそないものの乗車券に萌えキャラの「仙蛾えな」こと「せんがタン」のイラストが描かれています。

 この他、仙娥滝駅の売店ではこの2人のキャラにちなんだグッズも販売され、ゲスト登場した鉄道むすめステーションポスターのばら売りもありましたが、こちらはすでに入手済みだったので、せんがさんのイラストが入ったボールペンをおみやげにしました。

仙娥滝駅舎'11.12.27
山頂へはこちらから

せんがタンポスター
昇仙峡ロープウェイの萌えキャラ姉妹

昇仙峡ロープウェイグッズ
今回手に入れた仙娥姉妹グッズ

 11時ちょうどのパノラマ台行きに乗り込むこと5分ほどで山頂に到着。まずは何と言っても富士山ですね。先月は富士山を見る機会が何かと多かったですが、静岡県側から見るのとはまた違った印象を受けました。

ゆめちゃん2号機@昇仙峡ロープウェイ'11.12.27
こちらのゴンドラで山頂へ

富士山@昇仙峡'11.12.27
山頂から見た富士山は絶景でしたfuji

 その後、しばらく山頂付近を散策してきましたが、神社や祠、それに「約束の丘」と呼ばれる願掛けのスポットが至る所に点在しており、山頂一体がちょっとしたパワースポットになっていたのが印象的でした。

福仙人神社@昇仙峡'11.12.27
山頂のパワースポットの1つ~福仙人神社

 周りのお客さんは概ね20分ほどで下山していたようですが、こちらは1時間近く滞在してから退散。甲府駅へ戻るバスまで30分近く時間があったので、萌えキャラの名前の由来にもなっている仙蛾滝を見物。こちらを見てから12時32分発のバスで甲府駅に戻ってきました。

能泉湖@昇仙峡ロープウェイ'11.12.27
山頂から下山

仙娥滝'11.12.27
もちろん仙娥滝にもご挨拶

 甲府駅に戻ってきたときには午後1時を過ぎており、まだ昼を済ませていなかったこともあって「エクラン」という駅ビルの中にあった「六魯」というお店で山梨名物のとりもつ丼を頂くことに。本場で味わうのはこれが始めてで、B級グルメとして話題になった直後は市内のお店に行列が出来るほど人気と報道されていたのでどうかと思いましたが、今は少し落ち着いた様子でしょうかね?

とりもつ丼@六魯'11.12.27
山梨名物のとりもつをランチにいただきましたrestaurant

 この後14時48分発の高尾行きに乗って甲府を後にしましたが、しばらくホームで待っていたら、構内に1台の電気機関車が止まっているのが見えました。’09年から'10年にかけてあけぼのの先頭に立っていたEF64-38ですが、昨年は地元で工臨を引っ張っていたのを撮影しており、久しぶりの再会を果たしました。

EF64-38@甲府'11.12.27
甲府駅で佇む「EF64-38」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.02

宮原通信(1/2)~やまどりの正体

快速新春初笑い号@宮原'12.1.2

 今日は2012年最初の活動ということで、毎年恒例の東武および京急の両大師線を訪ねてまいりましたが、その出掛けに宮原駅へ向かう途中、リゾートやまどりが通過して行きました。最初は団臨かと思いましたが、後続の普通列車で大宮に到着したときにその正体が判明しました。

 この列車は高崎からやってきた快速新春初笑い号。大宮を出た後、高尾へと走っていったようで、何でも車内では吉本所属の芸人が乗っていたのだとか。さぞかし車内は笑いの渦で盛り上がったことでしょうねhappy01

 ちなみにこの列車は恥ずかしながらノーマークでしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
2012年初めの活動は恒例行事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【12/26】埼玉新都市交通1000系第12編成ラストラン

 2012年最初の記事は昨年末に残してしまった“宿題”から。11月の埼玉県民の日に行われたニューシャトルの丸山車両基地公開で展示された1000系第12編成ですが、年末ぎりぎりの26日に引退することが公式サイトに発表されました。過去2本(11編成・13編成)のときは年が明けてからの引退だったので、今回もおそらく同じような流れになるんじゃないかと高をくくってこれまでノーマークだったんですが、26日が平日でしかも朝のラッシュ時に4往復するのみとのことで、そうなると大宮を7時20分に発車するスジで乗るしかなく、自宅を普段より30分ほど早く出発しました。

 自宅から近い加茂宮駅でしばし待つことに。大宮7時20分発ということは、そこから逆算して通過時間を予測すると、7時11分発が該当する様子。7時を過ぎて朝日が差し込み始めてきたところでようやくお目当ての第12編成がやってきました。

埼玉新都市交通1000系@加茂宮'11.12.26
26日がラストランとなった1000系第12編成

 こちらに乗り込み、次の鉄道博物館で一旦お見送り。この後、大宮から折り返してきたところを動画で撮影してまいりました。


 なお、第12編成との入れ替わりに2000系第4編成が入ることになり、すでに28日より営業運転に入っていますが、今回は黄色とのこと。こちらはさっそく大晦日の31日に初乗車をしてきましたので、後日改めて報告したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.01

宮原通信(1/1)~本年もよろしくお願いします

 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 昨年は未曾有の災害が発生するなど特別な1年でしたが、今年こそは穏やかな1年であることを願わずにはいられません。自分の方も健康面についてはここ数年落着いていますので、こちらはそのまま続けていけたらと思います。

 一方、”鉄”の方ですが、例年と違って今年は新規開業路線が今のところないようなので、完乗タイトルの防衛については一段落といったです。今のところ特に前もって計画しているところというのはありませんが、今年もどこかへ出掛けたいですね。

 話は変わり本日ですが、早朝はあけぼのを見送ってきました。新年早々定時での運行と、日本海側の天候の方も少しは落着いたのでしょうか?

寝台特急あけぼの@宮原'12.1.1
2012年最初の日は定時で通過しました>あけぼの

 例年、元日は自宅で過ごすことにしており、今年も自宅でのんびりと飲んだり食べたりの1日でしたがcoldsweats01、午前中はあかぎ8号にA8編成が、午後は臨時の草津32号に湘南色OM03編成が入るとのことで、このときだけ撮影しておりました。さすがに元旦だと貨物もほとんど走っていないですからね。安中貨物の方もさすがに運休だったようです。

特急あかぎ8号@宮原'12.1.1

特急草津32号@宮原'12.1.1
2012年最初のネタは185系2題

 以上、本年最初の活動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »