« 今日は | トップページ | 宮原通信(1/25)~大雪が続く »

2012.01.28

ホリデーパス→休日おでかけパス

 おととい知った表題のきっぷ、すでに大人の休日倶楽部会員限定で発売されていたものを3月から一般にも売り出すとのことです。これまでのホリデーパスのフリー区間を拡大した上で300円の値上げとなりましたが、値上げについてはともかくとしても拡大されたフリー区間の中には微妙なところで切れてしまっていて、中途半端な感があるのは否めないところですね。自治医大まで延長するんだったら宇都宮まで延ばしてよ、と言いたいところですが、うちのところからだと久留里線沿線や小田原までこのきっぷで行けるようになるのはありがたいところです。

 これで3月以降の日帰り旅については、改めて運賃を比較する必要があり、いろいろ影響が出そうです。試しに小田原まで計算してみたところ、ホリデーパスとフリー区間外の乗車券をプラスした今までの行程と比べて500円ほど安くなることが判明しました。ちなみに新宿で小田急に乗換えた場合とも比較しましたが、数十円単位で大差がないことも判明。乗り換えの面倒を考えれば休日おでかけパスの方に軍配が上がりそうです。

 一方、これと引き換えに廃止されるのがホリデーパスですが、途中フリー区間の延長や料金の変更などがあったものの、90年代前半から発売が始まったことから、かれこれ20年近く発売していたことになり、何気にベストセラーでしたね。特に登場直後にはイラストが入った常備券を窓口で売っていて、初めて手にしたときもこの常備券でした。

ホリデーパス常備券
発売開始直後に発売していた常備券。今や近距離用の自動券売機でも買えるようになりました。

サマーホリデーパス
夏休み期間中に発売されたサマーホリデーパス。この名称はすっかり記憶に消えていましたcoldsweats01

 参考:休日おでかけパス発売のニュースリリース(PDFファイル)

|

« 今日は | トップページ | 宮原通信(1/25)~大雪が続く »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。

* 拡大されたフリー区間の中には微妙なところで切れてしまっていて、中途半端な感があるのは否めないところですね。

 確かに、自治医大前や神保原のように「?」のところはありますね。

投稿: たべちゃん | 2012.01.28 14:06

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 ホリデーパスの場合、どこへ行けばお得になるのかは利用者の最寄駅によって変わってくるんですけど、今度の休日おでかけパスに変わった場合、今までより高くなったり安くなったりするので、利用する場合は再計算をする必要がありますね。ちなみに自分のところからだと、小田原へ行く場合はこれまでのホリデーパス利用よりも安くなります。

 一方、大月へ行く場合は逆にこれまでよりも高くなってしまいますが、普通に買うよりはまだ安くなるので、この方面へ行くときはこれまでどおりホリパを買うことになりそうです。

投稿: mattoh | 2012.02.01 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/53841597

この記事へのトラックバック一覧です: ホリデーパス→休日おでかけパス:

« 今日は | トップページ | 宮原通信(1/25)~大雪が続く »