« 岩泉線 | トップページ | 宮原通信(3/25・午前編)~やまどりの団臨 »

2012.03.30

第1回全国鉄道むすめ巡り遠征その5~夜の京都散策

 全国鉄道むすめ巡りの旅も無事1日目が終わりましたが、夜は京都市内に宿を取ったのでチェックインを済ませてから夜の京都へと繰り出すことに。まずは夕飯を食べようとのんびり歩きながら河原町界隈へやってきました。京都でも有数の繁華街とあって午後7時台は人通りも多く賑やかでしたが、事前に目指す店を決めておいたのでその付近へと向かってみたもののなかなか店の看板が見つからず、周辺をうろうろしながらようやく「スタンド」と書かれた看板を見つけることが出来ました。

スタンド@河原町'12.3.9
レトロな雰囲気の「スタンド」

 中に入ってまず目にするのが長いカウンターで、先客がおのおの一杯やりながら過ごしていましたが、その一角に座り日替わり定食と生ビールを注文。定食は特に変わったものではありませんが、なかなかボリュームがあってかなり“がっつり系”でしたcoldsweats01

生ビール@スタンド'12.3.9
レトロなカウンターで一杯beer

 京都のグルメと言うとどこか上品なイメージがあったりしますが、レトロな雰囲気の中、関西弁を聞きながら一杯やるのもまた楽しいかもしれませんね。

 お店のすぐ近くに阪急の河原町駅へ通じる階段があり、そこから地下へと入ることに。この後は阪急京都線に乗り込みますが、昨年2月に嵐山へ行くため乗り換えた桂の次、洛西口で降りてみます。2003年に開業した比較的新しい駅ですが、歩いて10分ほどのところにJR京都線の桂川駅があります。こちらも2008年に開業した新しい駅で、駅周辺は区画整理事業を行っていることから、今後開発が進んでくるところでしょうね。

竣工記念碑@河原町
河原町駅にある竣工記念碑。”京阪神急行電鉄”の文字が見えます。

 桂川から普通列車で京都へと戻ってきました。駅構内の売店を覗くと、3月のダイヤ改正で廃止された寝台特急日本海と急行きたぐにのグッズを売っていたのでいろいろ購入することに。そんな中、日本海を牽引していたEF81を模した箱のチョコクランチがあったので一緒に手に入れてきました。今回の旅ではこれらの列車を見ることはできませんでしたが、せめてグッズ類だけでもと思いあれこれ手に入れてきました。

寝台特急日本海チョコクランチ
実車を見ることができない代わりにこちらを入手してきましたhappy01

 それら片手に嵯峨野線のホームへとやってくると、30番線ホームに “オーシャンアロー” 283系が停車していました。和歌山方面から到着した後向日町へ引き上げるところのようでしたが、3月のダイヤ改正で紀勢本線の特急列車の愛称が“くろしお”に統一されることになったため、オーシャンアローの愛称も消えることになりました。こちらは一度だけ乗ったことはあるものの、短い区間だったのでオーシャンアローとしては乗れずじまいとなってしまいましたweep

オーシャンアローロゴ
オーシャンアローの愛称も過去のものに・・・

 続いて奈良線のホームへと向かいますが、やはり何と言っても103系ですね。ちょうどホームにウグイス色のお目当ての車両が出発を待っていましたが、今や関東では見ることが出来なくなった103系、関西へ訪れたときにはぜひともご挨拶をしたいところです。

103系@京都'12.3.9
奈良線の103系は今も健在

 さすがにあちこちうろうろしていたこともあって日中の旅の疲れが出つつありました。夜も遅くなってきたことから、そろそろお開きとするべく近鉄の乗り場へ。奈良のゆるきゃらに見送られながら近鉄丹波橋で京阪に乗り換え。ホテルのある清水五条へと戻ってきました。

近鉄12000系@京都'12.3.9
”せんとくん”が見守る近鉄のホーム

|

« 岩泉線 | トップページ | 宮原通信(3/25・午前編)~やまどりの団臨 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/54346873

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回全国鉄道むすめ巡り遠征その5~夜の京都散策:

« 岩泉線 | トップページ | 宮原通信(3/25・午前編)~やまどりの団臨 »