« 宮原通信(3/17)~ダイ改当日 | トップページ | 【3/17】新ダイヤネタ探訪記その2~東京駅、そしてE657系 »

2012.03.21

【3/17】新ダイヤネタ探訪記その1~吉川美南駅

 いよいよスタートしたJRの新しいダイヤ。今回もいろいろと話題が盛りだくさんですが、まずは身近なところから攻めるべく武蔵野線の吉川美南駅へ。その前に開業記念入場券を手に入れますが、この日はいつものように地元で朝錬をしてからの出発だったために出遅れ気味とあって、少しでも早くに列に並びたいと思い隣の吉川で下車することに。到着したのが7時半前ですでに列には100人近くが並んでいましたが、「1人10枚まで」とはなっていたもののここの割り当てがどれくらいなのかが気になるところでした。待つこと30分ほど、午前8時になってようやく列が動き始め待つこと20分ほど、無事に入手することが出来ました。

吉川美南駅開業記念入場券
記念入場券はお隣吉川駅でゲット!

 これで1つ目的を果たし、次はいよいよ新駅へと向かいます。下車後、すぐに改札へと向かうと、コンコースでは記念入場券を買い求める行列が伸びていて、この時点ではまだ買えた様子。一方券売機前で行き交う乗客に笑顔を振りまいていた吉川市のゆるきゃら、なまりんを見ながら西口へ出ると、こちらには某大型家電店が見える他はまだ宅地造成中でした。まあこれはどこの新駅でも言えることで、4年前に開業した越谷レイクタウンも似たような風景でしたね。

吉川美南駅名板'12.3.17
新駅の駅名板

なまりん@吉川美南'12.3.17
吉川のゆるきゃらもお出迎え

吉川美南駅舎西口'12.3.17
西口の様子。造成中の光景は新駅らしいかも・・・。

 一方、東口はどこかで見たような駅舎が建っていました。どうも最近JR東日本管内で建てられる駅舎は日進や西大宮のような似たようなものばかりで、もう一捻りが欲しいところですが、こうなると建築家の鈴木エドワード氏がデザインしたさいたま新都心駅の駅舎は個性があって面白いですね。

吉川美南駅舎東口'12.3.17
東口の様子。どこかで見たような駅舎が・・・coldsweats01

乗車券@吉川美南
隣の駅までの乗車券を記念に1枚購入

 この日は朝からあいにくの空模様とあってあまり見て回るのも億劫で、駅舎を撮影してから再び駅の仲へと戻ってきました。改札を抜けてホームへ。今度は構内の様子を見ようと思います。まず目に付くのが2面のホームに3線という配線ですが、ほとんどの列車が1番および3番からの発車で、2番線を発着するのは朝晩のしもうさ号それぞれ1本ずつとその後に発車する列車だけになっています。このときはなぜこうした運用があるのかが不思議でしたが、ちょうど9時47分発の西船橋行きしもうさ号が2番線から出るとのことで、その様子を見ることにしました。

 その前にしもうさ号が来る前の間、ホームで武蔵野線の列車を撮影することに。ここはホームの両端がすっきりと見通しがよくなっていて、撮影にはよさそうなところでしたね。そんな中、TDL臨の回送と思われる485系T18編成やEF65の1127号の単機が通過。雨の中とはいえなかなか楽しむことが出来ました。

485系@吉川美南'12.3.17
見通しのいいホーム先端で撮影タイム

 こうして大宮からのしもうさ号が2番線に入ってきました。ドアが開くとすぐに発車。特に後続列車の退避があるというわけでもなくますます疑問が高じていきましたが、帰宅後、錆び取りの目的である旨のご教授をいただき問題が氷解しました。いずれはこの2番線から出る始発の運用が出来るかもしれませんね。

電光掲示板@吉川美南'12.3.17
2番ホームから発車するしもうさ号

 そのしもうさ号に乗って西船橋へと向かい後からやってきた東京行きに乗り換えました。この後は東京駅に用事がありましたが、長くなってきたのでひとまずここで一旦切ることとします。

|

« 宮原通信(3/17)~ダイ改当日 | トップページ | 【3/17】新ダイヤネタ探訪記その2~東京駅、そしてE657系 »

きっぷ・硬券」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/54276559

この記事へのトラックバック一覧です: 【3/17】新ダイヤネタ探訪記その1~吉川美南駅:

« 宮原通信(3/17)~ダイ改当日 | トップページ | 【3/17】新ダイヤネタ探訪記その2~東京駅、そしてE657系 »