« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.31

第1回全国鉄道むすめ巡り遠征その6~朝の大阪環状線

 全国鉄道むすめ巡りの旅2日目、京都のホテルを朝の5時過ぎにチェックアウトし、清水五条駅から京阪電車に乗り込みます。この時間はまだ特急はなく、急行に乗って京橋に到着したのが6時半。京都を出た頃はまだ暗闇の中でしたが、大阪に到着したときにはすっかり明るくなっていました。

 この日の目的地は和歌山なので、ここから大阪環状線に乗り換えて天王寺を目指しますが、外回り線の列車を待っていると、反対側の内回り線ホームに「大阪環状線50年」と書かれたヘッドマーク付きの103系が入ってきました。山手線よりも一回り小さい大阪環状線が現在の形となったのが1961年。かつてはオレンジ色の101系や103系というイメージがあったのが現在は関西本線や阪和線へ乗り入れる列車もあり、さまざまな形式の車両が行き来している姿をホームで見ていると退屈しないですね。

103系@京橋'12.3.10
京橋で遭遇した「大阪環状線50年」ヘッドマーク付き103系

 その103系と入れ替わるようにやってきた外回り線の列車はオレンジ色の201系。今だこれを見ると中央線のイメージが強いですが、201系も今となってはJR東日本管内からは全車引退。今やここ関西でしか見ることができなくなってしまいました。

クハ200-92@天王寺'12.3.10
これを見ると今だ中央線のイメージが・・・coldsweats01

 ホームに降りると、反対側のホームにもオレンジ色の201系が停まっていて、こちらには先程京橋で見たのと同じ大阪環状線50年のヘッドマークがついていました。

201系@天王寺'12.3.10

大阪環状線50年HM
(2枚とも)201系にも付いている編成を確認

 この後、阪和線に乗り換えて和歌山を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.30

宮原通信(3/25・午前編)~やまどりの団臨

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.25

 この日のあけぼの、撮影した画像を見ると、ヘッドマークのところに雪のようなものが付いています。春が近いとはいえ今年は大雪だったこともあって例年に比べるとややゆっくり目です。

 さて先週日曜日はやまどりの団臨がありました。前日運転された華と同じスジでしたが、いわき方面へ向かった様子でした。そういえば駅にもハワイアンセンター云々と書かれたチラシが置いてあったように記憶していますが、一度も行ったことがないんですよねぇcoldsweats01。昨年の震災で甚大な被害を受けようやく再開することができたハワイアンセンター、一度観に行ってみたいです。

485系@宮原'12.3.25
いわきへ向かうやまどりの団臨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回全国鉄道むすめ巡り遠征その5~夜の京都散策

 全国鉄道むすめ巡りの旅も無事1日目が終わりましたが、夜は京都市内に宿を取ったのでチェックインを済ませてから夜の京都へと繰り出すことに。まずは夕飯を食べようとのんびり歩きながら河原町界隈へやってきました。京都でも有数の繁華街とあって午後7時台は人通りも多く賑やかでしたが、事前に目指す店を決めておいたのでその付近へと向かってみたもののなかなか店の看板が見つからず、周辺をうろうろしながらようやく「スタンド」と書かれた看板を見つけることが出来ました。

スタンド@河原町'12.3.9
レトロな雰囲気の「スタンド」

 中に入ってまず目にするのが長いカウンターで、先客がおのおの一杯やりながら過ごしていましたが、その一角に座り日替わり定食と生ビールを注文。定食は特に変わったものではありませんが、なかなかボリュームがあってかなり“がっつり系”でしたcoldsweats01

生ビール@スタンド'12.3.9
レトロなカウンターで一杯beer

 京都のグルメと言うとどこか上品なイメージがあったりしますが、レトロな雰囲気の中、関西弁を聞きながら一杯やるのもまた楽しいかもしれませんね。

 お店のすぐ近くに阪急の河原町駅へ通じる階段があり、そこから地下へと入ることに。この後は阪急京都線に乗り込みますが、昨年2月に嵐山へ行くため乗り換えた桂の次、洛西口で降りてみます。2003年に開業した比較的新しい駅ですが、歩いて10分ほどのところにJR京都線の桂川駅があります。こちらも2008年に開業した新しい駅で、駅周辺は区画整理事業を行っていることから、今後開発が進んでくるところでしょうね。

竣工記念碑@河原町
河原町駅にある竣工記念碑。”京阪神急行電鉄”の文字が見えます。

 桂川から普通列車で京都へと戻ってきました。駅構内の売店を覗くと、3月のダイヤ改正で廃止された寝台特急日本海と急行きたぐにのグッズを売っていたのでいろいろ購入することに。そんな中、日本海を牽引していたEF81を模した箱のチョコクランチがあったので一緒に手に入れてきました。今回の旅ではこれらの列車を見ることはできませんでしたが、せめてグッズ類だけでもと思いあれこれ手に入れてきました。

寝台特急日本海チョコクランチ
実車を見ることができない代わりにこちらを入手してきましたhappy01

 それら片手に嵯峨野線のホームへとやってくると、30番線ホームに “オーシャンアロー” 283系が停車していました。和歌山方面から到着した後向日町へ引き上げるところのようでしたが、3月のダイヤ改正で紀勢本線の特急列車の愛称が“くろしお”に統一されることになったため、オーシャンアローの愛称も消えることになりました。こちらは一度だけ乗ったことはあるものの、短い区間だったのでオーシャンアローとしては乗れずじまいとなってしまいましたweep

オーシャンアローロゴ
オーシャンアローの愛称も過去のものに・・・

 続いて奈良線のホームへと向かいますが、やはり何と言っても103系ですね。ちょうどホームにウグイス色のお目当ての車両が出発を待っていましたが、今や関東では見ることが出来なくなった103系、関西へ訪れたときにはぜひともご挨拶をしたいところです。

103系@京都'12.3.9
奈良線の103系は今も健在

 さすがにあちこちうろうろしていたこともあって日中の旅の疲れが出つつありました。夜も遅くなってきたことから、そろそろお開きとするべく近鉄の乗り場へ。奈良のゆるきゃらに見送られながら近鉄丹波橋で京阪に乗り換え。ホテルのある清水五条へと戻ってきました。

近鉄12000系@京都'12.3.9
”せんとくん”が見守る近鉄のホーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.29

岩泉線

 おととし7月の土砂崩れ以来運休が続いている岩泉線ですが、とうとう廃止の方針を打ち出したとのこと(詳しくはこちら)。元々乗客が少ない上、1日数本という運行形態とあっては莫大な費用を投じてまで無理に復旧させることは厳しく、JR東日本のこの判断は致し方のないところではなかったかと思います。

キハ52-147@茂市'92.7
単行で停車中の岩泉行きディーゼルカー

 その岩泉線、’92年7月に北海道を旅した帰り道に乗ってきました。茂市から単行のキハ52形に乗り込んで終点の岩泉へとやってきましたが、到着した後に駅の様子をのんびり観察する余裕もなくここを離れてしまったのが今となっては心残りですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012.03.28

【3/24】シーサイドラインフェスタを訪問

 先週末の2日間、海老名で行われた小田急のイベントはHiSEやRSE、それに5000形といった先日引退した車両が主役とあって、連日大盛況だったようですね。そんな盛況振りを横目に自分は横浜新都市交通(シーサイドライン)のイベントを覗いてまいりました。

 湘南新宿ラインで横浜に到着後、一旦改札を出てきっぷを買い直すことに。券売機でヨコハマ・みなとみらいパスを購入します。このきっぷ、かつての横浜フリーきっぷに代わって登場し、根岸線に加えみなとみらい線も乗り降り自由になりましたが、購入できるのがフリー区間内のみとなっており、遠方からだと一旦改札を出る必要があります。

ヨコハマ・みなとみらいパス
このきっぷを片手に横浜を散策することに

 そのヨコハマ・みなとみらいパスを片手にまずはみなとみらい線に乗車。日本大通り駅へとやってきました。さっそく駅のすぐ上にある横浜都市発展記念館へと向かい、4月1日まで開催中の横浜市電の企画展を見学することに。横浜の市電が動いている姿はもちろん見たことはなく、磯子にある市電保存館で展示している車両を観に行った程度ですが、一目港町を縫うように走る市電の姿を見たかったですね。時代的に地下鉄への置き換えはやむをえなかったのかもしれませんが、今だったらもしかしたら観光エリア周辺を中心に存続路線があったかもしれません。

人形@横浜都市発展記念館
昔の服装でお出迎え>横浜都市発展記念館

 再びみなとみらい線に乗り込み、終点元町・中華街に到着。11時を過ぎたあたりなので、この後はもちろん中華街でランチにすることにしましたが、カシューナッツの炒め物が食べたくなったのでランチメニューにあるところをいろいろ探していたところ、1軒のお店が見つかり入店。ところが店内に入り席に着いたとき、どこか見た記憶がある店構えと思っていたら、以前入ったことのあるお店でしたcoldsweats01

カシューナッツ@長城飯店
もちろんランチは中華街で

 これで腹も満たされ、いよいよこの日のメインイベント会場へと向かうことに。石川町から根岸線に乗り込み新杉田へ。ここでシーサイドラインに乗り換えます。10年前に乗り潰し目的で訪れて以来久しぶりでしたが、シーサイドラインといえば昨年、新型の2000形が入線したことが話題となりましたね。もちろん今回はこの新車にも注目でしたが、ホームに入線していたのは旧型の1000形で、まずはこちらに乗り込み、イベント会場の最寄りである並木中央駅へと到着しました。

ホーム@新杉田'12.3.24
10年ぶりのシーサイドラインで並木中央へ

 さっそくイベント会場へと向かうべく、本社との連絡通路を抜けて中庭へ。本社建物の前では神奈川県内のグルメや物産コーナーのテントが並んでいましたが、その奥に車両基地の建物があり、ここで車両展示が行われていました。さっそく中に入ると、一番手前に新型の2000形が展示されていました。わが地元のニューシャトルでも車両の置き換えが着々と進んでいますが、ここシーサイドラインの2000形も同じステンレス車体で、どちらも置き換え時期に来ているようですね。

横浜新都市交通2000形@シーサイドラインフェスタ'12.3.24-1
新型2000形と対面

 その奥、通路を挟んだ隣では先輩の1000形が展示されていました。こちらは2000形の置き換えが進むにつれて引退していく車両で、今後も世代交代が進んでいくことになりますね。

横浜新都市交通1000形@シーサイドラインフェスタ'12.3.24
先輩格の1000形も健在でした

1000形パンタグラフ'12.3.24
1000形の足回り

 一方、外では車両基地内の線路を使用し、2000形を使用した洗浄体験が行われていました。このあたり、広大な車両基地を持っているだけあってなせる業と言えそうで、ニューシャトルの丸山車両基地で行われるイベントではなかなか出来ないところですね。この点はちょっとうらやましく感じてしまいましたcoldsweats01

横浜新都市交通2000形@シーサイドラインフェスタ'12.3.24-2
車両基地内を闊歩する洗浄体験の2000形

 海老名のイベントに比べると鉄道ファンよりは万人向けといった内容でしたが、新旧の車両を間近で見ることが出来るなど、思っていた以上に充実しておりました。

 会場を後にし、並木中央駅のホームで撮影をしてから新車2000形に乗り込み再び新杉田へ。そのまま根岸線に乗り換えるものの、沿線で発生した車両点検の影響で上下線とも遅れており、20分ほど待ってやってきた横浜方面行きの列車も途中の磯子で運転間隔の調整をするなど、思いの外横浜まで時間が掛かってしまいました。ここで京急に乗り換えますが、まだ帰るには早かったのでこの日からスタートした映画「僕達急行」のスタンプラリーをしようと思い、スタンプ設置駅の神奈川新町で途中下車。ところがスタンプ用紙が
見当たらず、結局断念となってしまいました。事前に印刷してあった公式サイトのニュースリリースを見るとダウンロード云々と書かれてあり、このときはてっきりダウンロードする必要があるものと思い込んでしまいましたが、どうやらパンフは駅に置いてあるらしく、後日入手したしました。まあ今回は天気も悪かったですし、こちらはリベンジですね。

京急2101@品川'12.3.27
スタンプラリーはリベンジと言うことで・・・weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.27

宮原通信(3/24)~雨、雨・・・

 1週間前の17日もそうでしたが、2週続けて土曜日に雨となった24日ですが、こちらも前の週に続いて新潟車両センターの485系T18編成が上京しました。臨時能登の設定がなくなり、ホームライナーも置き換えとなった今、団臨でしか見ることが出来なくなってしまい寂しい限りです。

485系@宮原'12.3.24
1週間ぶりの再会~T18

 その直後、あけぼのも通過。しかしこの日はあいにくの天候とあってコンディションはよくありませんでしたsad

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.24
雨の中、一路上野へ・・・

 ここで一旦帰宅。これから1時間後、臨時快速花摘み南房総号を待つことに。この日も文字幕でした。

快速花摘み南房総号@宮原'12.3.24
文字幕だとちょっと味気ない・・・

 この後もう一度帰宅し、身支度を整えてこの日の目的地である横浜へ向かいましたが、8時40分頃に宮原駅にやってくると、ジョイフルトレイン華を使用した団体列車がやってきました。窓ガラスに貼られていたツアー内容から鎌倉方面へ向かったと思われますが、この時まさか再開することになろうとは思っても見ませんでした。

485系@宮原'12.3.24-2
”華”は一路鎌倉へ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回全国鉄道むすめ巡り遠征その4~新型車両・287系に初乗車

 全国鉄道むすめ巡りの旅を続けたいと思います。この日の宿は京都ということで、福知山での10分ほどの待ち時間で京都行きの特急きのさき18号に乗り込みます。

 ホームに上がると、真新しい白い車体の287系が入線。これが287系の初乗車となります。

特急きのさき18号@福知山'12.3.9
初めての287系・きのさき18号で京都へ

 日中、川西池田駅で実物をすでに目にしていましたが、どこか“サンダーバード”683系に似ているところがありますねぇcoldsweats01

 先頭の4号車自由席の車両に乗り込むと16時42分、定刻に福知山を発車。車窓に福知山城を見ながら、“オーシャンアロー”283系と同じ車内メロディーと共に車内放送が流れてきました。列車は最初の停車駅、綾部に到着。ここで東舞鶴からのまいづる12号と連結するためしばらく停車することに。その作業を見るべくホームに降り立つと、隣のホームには国鉄型の113系が停車していました。

113系@綾部'12.3.9
綾部駅に停車していた緑1色の113系

 この後、舞鶴線へと入り東舞鶴へ向かう列車ですが、国鉄型とはいえ濃いグリーン1色と、最近JR西日本の各支社で登場している単一の塗装は何とも味気なさを感じてしまいますね。

 それからしばらくして、東舞鶴の方向から287系が接近。徐行しながらこちらに近づくと、作業員の掛け声とともに先に停車中のきのさき18号と連結。長い編成となって綾部を後にしました。

287系@綾部'12.3.9
まいづる号と連結

 この後京都までは1時間ほど。夕方の徐々に暗くなっていく中、京都へ向けて山陰本線をひた走ります。この山陰本線の区間ですが、今だ非電化だった頃のイメージが残っていまして、現在のような287系などが闊歩している姿を見ると、何とも隔世の感があります。思えば去年2月に嵯峨嵐山駅を利用した際、真新しい橋上駅を目にしたときには正直驚きましたが、こうして徐々に国鉄時代の面影も消えていくことになりそうですね。

 そんな嵯峨嵐山駅を過ぎて京都の街中へと進み、18時2分に高架の二条駅に到着。ここで287系を見送り、地下鉄と京阪を乗り継いでホテルのある清水五条へと向かいました。この後、夕飯を食べながら夜の京都の町へと繰り出しましたが、長くなってきたのでこの辺りで切りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.26

【3/20】パワフル×スマイルちばフリーパス日帰り旅第2弾~菜の花咲くいすみ鉄道

 春分の日の20日はパワフル×スマイルちばフリーパスの旅の第2弾の旅をしにいすみ鉄道沿線へ。前回と同様、南流山駅できっぷを入手してから後続の列車に乗り込むと、東京行きだったこともあって車内には舞浜詣での若いグループが賑やかに談笑していましたcoldsweats01。卒業シーズンらしい光景ですが、いわばこの時期武蔵野線の風物詩かもしれませんね。

 そんな中、西船橋で下車しエキナカで朝食を済ませた後、南船橋を経て蘇我に到着。9時ちょうど発勝浦行き各停に乗り込みます。やってきたのは209系。京葉線もさることながら外房線も車両の世代交代が進み、この地を走る車両も魅力が薄れつつあるようです。特に使われている209系が元京浜東北線で使われていた車両ともなると、尚更そう感じてしまいますね。

クハ208-2112@大原'12.3.20
元京浜東北線の車両で大原に到着

 そんな209系に揺られて大原に到着。ここからはこの日のメインイベントであるいすみ鉄道に乗り換えます。ここへ来るのは昨年7月のキハ52形急行に乗って以来ですが、今回はやはり菜の花ですね。菜の花をバックに沿線で撮影をしようとやってきましたが、停車中の単行のレールバスには徐々に乗客が乗り込み始め、車内はさながら通勤ラッシュ並みとなっていました。中にはツアー客も多くいて、一頃に比べると乗客も増えているようにも思えましたが、よもや立ちんぼ状態で乗り込むことになろうとは、うれしいやら悲しいやらの思いですね。

いすみ100型@大原'12.3.20
続々乗り込む乗客でレールバスの車内は賑やかにhappy02

 そんな状況の中、レールバスは定刻の10時39分に発車。途中、上総東駅で大原行きのキハ52形の急行と交換しました。この後、大原から折り返してくる急行2号を撮影しようと思いますが、特にあてはなかったもののさすがに大原から立ち続けているのも草臥れてきたので、次の新田野で途中下車することにしました。

踏切@新田野'12.3.20
新田野駅で途中下車

 車窓から駅の近くで菜の花が咲いている様子が伺えたのでいろいろ散策したところ、駅のすぐ側で待つことに。天気もそれまで雲に覆われていたのが徐々に晴れ間が出始めてきましたが、国吉方面から11時22分発大原行きが到着。菜の花のシーズンとあってか、レールバスが2両繋がれていました。

いすみ100型@新田野'12.3.20
2両のレールバスが大原へ向けて発車

 このレールバスからグループ客が下車し、ホーム1面の無人駅も俄かに賑やかになってきましたが、その直後、大原方面からキハ52形の姿が見え始め、徐々に接近しつつ新田野駅に到着。一旦停車した後、大多喜に向けて走り去っていきました。

いすみキハ52形@新田野'12.3.20
菜の花に出迎えられて・・・

 キハ52形というと2年前の2月、引退間近の大糸線で雪景色の様子を撮影しましたが、菜の花に囲まれた中を走る姿もまた格別ですねhappy01

 この後、11時59分発の上総中野行きに乗車。2年前に訪れた城見ヶ丘にやってきました。一応駅周辺や沿線に菜の花は咲いていたものの、2年前の時に比べると満開とは行かず、まっ黄色とまでは行きませんでした。これは新田野駅にいたときも思いましたが、偶然通りかかった地元の方の話によると、例年に比べて今年は遅いとのことで、思っていた通りでした。それでも行き交うレールバスや大多喜から大原へと向かうキハ52形の急行3号を撮影したりして、かれこれ2時間以上も滞在しておりました。

菜の花@城見ヶ丘'12.3.20

いすみ100型@城見ヶ丘'12.3.20

いすみキハ52形@城見ヶ丘'12.3.20
(3枚とも)菜の花咲く城見ヶ丘駅周辺で

 この後の大原からの4号も撮影したいと思いつつも、そろそろ帰り支度をしないといけない時間となってしまったため、大原へ戻ることに。帰りもレールバスの車内は行楽客で混雑していて、結局行き帰りとも座ることができませんでした。とはいっても、地方のローカル線で座れないほど車内が賑わっているということは、それだけ訪れる人が多くわけでして、別段苦痛ではありませんでしたけどね。

 こうして大原に戻り、駅の売店でおみやげをあれこれ買いこんだ後、15時20分発の特急わかしお20号で帰途に付きました。

パワフル×スマイルちばキャンペーンステッカー
帰りはわかしおで

 今回は5部咲きといったところでしたので、見頃を迎えるのは今月末辺りから来月始めくらいになるでしょうか?それでも春の気配を感じながら沿線の旅を満喫いたしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.03.25

宮原通信(3/23)~定時運行

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.23

 おととい朝のあけぼのです。冬場のような運休や遅れもここんところなく、定時運行が続いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回全国鉄道むすめ巡り遠征その3~北近畿タンゴ鉄道に乗る

 全国鉄道むすめ巡りの続きです。福知山到着後、さっそく北近畿タンゴ鉄道の乗り場へと向かい、まずはこれから使用する「ローカルフリー1回だけ特急」という名のフリーきっぷを購入します。フリーきっぷは他にも普通列車のみ利用できるものがありますが、1回だけながらプラス300円で特急列車も利用できる上、この次の列車が12時55分発の特急たんごリレー3号なので、今回こちらをチョイスすることに。一緒に鉄道むすめの限定フィギュアも入手してきました。

但馬みえポスター@福知山
但馬みえさんがお出迎えheart04

 北近畿タンゴ鉄道は1988年に開業した宮福線と1990年にJR宮津線から移管された区間を持っていて、宮福線は1993年の暮れに初乗りしていますが、当時はまだ高架化になる前で駅構内も国鉄時代の風情を残していました。自分には今だ高架化前のイメージが残っていて、それだけに高架化された現在の駅の変貌振りにはただ驚きを感じるばかりです。

キハ28-3018@福知山'93.12.30
高架化前の福知山駅。キハ58系も健在でした('94年12月30日)。

 そんなことを思いながらホームに上がると、流線型のディーゼルカーが出迎えてくれました。こちらがこれから乗り込む“タンゴエクスプローラー”特急たんごリレー3号ですが、昨年3月のダイヤ改正前まではJR線へも乗り入れていて、おととしの10月にキハ181系のはまかぜを乗りに行く途中で降り立った三田駅近くの田園地帯で撮影しました。現在はKTR線内限定で使用されていますが、なんといっても先頭車の展望スペースですね。この辺りは観光列車らしさが伺えますが、こちらは自由席とのことでこの車両に乗り込みました。

北近畿タンゴKTR001@福知山'12.3.9
”タンゴエクスプローラー”使用の特急タンゴリレー3号

 12時55分、定刻に福知山を発車。初乗りした1993年暮れのときは前日天橋立にあるユースホステルで宿泊し朝早くに出発して乗り込んだ記憶がありますが、如何せん乗り潰し目的だったこともあって沿線の景色はあまり記憶に残っていませんcoldsweats01。それにしても車内に乗客がほとんど乗っていないのが気になるところで、せっかくの展望スペース付きの車両も持て余している状況でした。

運転台@タンゴエクスプローラー
運転台の後ろを確保wink

 大江山付近の山間の風景を見ながら13時21分、宮津に到着。ここで4分間停車した後進行方向が変わり、右手に宮津湾の景色を見ながら5分ほどで天橋立に到着しました。

 ホームに降り立つと、真新しい白い車体の287系が出発の準備を整えていました。この後13時52分に発車する京都行きの特急はしだて4号ですが、一方構内の側線には183系が停まっていました。JRの新旧の特急型車両を一度に見ることができましたが、いずれ新型の287系に統一されることになるので、こうした光景も貴重なものになるかもしれませんね。

特急はしだて4号@天橋立'12.3.9-1

183系@天橋立'12.3.9
(2枚とも)天橋立で新旧の特急車両と対面

 さっそく改札を抜け、目的のスタンプを押印し無事ミッションを完了。続いてはしだて4号を撮影しようと駅前の通りを宮津方面へ歩きながら場所を探すと、駅から数百メートルほどのトンネルを出たあたりで待つことに。相変わらず雨が降っていて傘を差しながらとう何とも最悪なコンディションでしたが、何とか無事に撮影完了です。

全国鉄道むすめ巡りスタンプ@天橋立
改札口に貼られた完集済みスタンプ用紙

特急はしだて4号@天橋立'12.3.9-2
一路京都へ向けて走行中>はしだて4号

 再び駅の方へ戻り、智恩寺の周辺を散策。さすがにスタンプを押すだけで帰ってしまうのではもったいないところでしたが、この辺りは前回訪れたときに観て回っているのでざっと流す程度に。平日ながら思いのほか観光客が訪れていたのは意外でしたが、多くが観光バスやマイカーでの訪問客で、ここも他と同じく鉄道が苦戦している様子でした。

智恩寺'12.3.9
名所にも一応ご挨拶coldsweats01

天橋立駅前風景印
天橋立駅前郵便局の風景印。絵柄はもちろん天橋立。

 駅前の郵便局で風景印を押印した後、駅前を通り過ぎて5分ほど行った踏切を渡ったところにある桜山の展望台へ行くことに。せっかくなら天橋立の姿を拝んで帰りたいところ。駅近くだと天橋立ビューランドがまず思い浮かびますが、ここ桜山の展望台は無料で、しかも眼下には天橋立駅の様子を伺うことができました。惜しむらくは雨が降っていなければもっと楽しめたんですけどね・・・。

天橋立@桜山'12.3.9
桜山の展望台からみた天橋立

北近畿タンゴKTR8000形@天橋立'12.3.9
展望台からは駅も一望することも

 そろそろ駅へ戻る時間になり桜山を後にすると、踏切の警報機が鳴り出したので待っていると、豊岡方面から先ほど乗ったのと同じタンゴエクスプローラーが接近。これから乗車する15時10分発の西舞鶴行きでここで20分ほど停車しますが、今度は「タンゴ浪漫号」という愛称がついていてこちらは特急料金不要の普通列車扱い。何ともお得な列車ですが、こうして2度のタンゴエクスプローラーを体験することができました。

北近畿タンゴKTR001@天橋立'12.3.9
天橋立駅に到着する”タンゴエクスプローラー”タンゴ浪漫号

 次の宮津でお見送り。ここからは宮福線に乗り換えますが、時間があったので駅から数分のところにある宮津郵便局に立ち寄り風景印を押印。15時37分発の福知山行きの普通列車に乗り込みます。停まっていた青い車体のレールバスは車体の塗装が至るところで禿げ上がり、痛々しい姿が気になるところ。せっかくの観光路線なのにもう少し何とかならないものかと思いながら16時31分、終点の福知山に到着しました。

宮津局風景印
待ち時間で貰ってきた風景印

北近畿タンゴKTR800形@宮津'12.3.9
車体のサビが痛々しい福知山行きのレールバス

 日中降り続いていた雨は宮福線内を進んでいるうちに上がり、晴れ間がでてきました。天橋立にいたときに上がってくれればとこのときばかりは思いましたが、こうして北近畿タンゴ鉄道の旅も終了。この後は特急に乗って京都を目指しますが、長くなってきたのでこの辺りで一旦切ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.24

宮原通信(3/20)~お出かけ前の腕試し

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.20

 春分の日はいすみ鉄道へ行っておりましたが、あけぼのを見送ってからの出発でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【3/18】ネタ探しの半日を過ごす~東武東上線など

 先週の日曜日はちょっとだけお出かけする時間が出来たのでネタ探しを兼ねてブラブラしてまいりましたが、如何せん急だったもんで全くあてもなく、赤羽のecuteでランチをした後、埼京線に乗って板橋までやってきました。

 駅から歩いて数分のところに東上線の下板橋駅があり、池袋寄りの踏切の側にかかる歩道橋から東上線の車両をいろいろと撮影してくることに。ここは4年前にTJライナーの運転初日に見送ったところですが、東上線も“東武顔” 8111Fがいなくなってしまってからは最近すっかりご無沙汰になってしまいましたね。そんな中撮影したのは、本数が少なくなった8000系や東上線に転属した30000系といったところ。特に30000系は転属後初めて撮影することができました。

東武30000系@下板橋'12.3.18
東上線転属後、初めて撮影した30000系

東武8000系@下板橋'12.3.18
8000系も健在でした

 再び板橋駅に戻り、今度は大崎へ到着。ここから山手線に乗り換えます。するとやってきたのは先頭車にユニオンジャクのヘッドマークを付けた英国政府観光庁のラッピング車両でした。山手線といえば最近、某アイドルグループのメンバーによる車内放送が流れる編成で話題になりましたが、E231系1形式のみとはいえこうしたラッピング車両があると、見ていても楽しいですね。

クハE230-512@品川'12.3.18

ユニオンジャックのヘッドマークが面白い英国政府観光庁のラッピング車両

 そのユニオンジャックのヘッドマーク編成に乗って品川に到着。ここから東京まで東海道線のお世話になります。お目当ては引退が間近い211系ですが、やってきたのはE231系。やむなくこちらに乗り込んで次の新橋で下車することに。すると下りホームを185系が通過して行きましたが、斜めストライプの入ったA8編成でした。そういえば、先程乗ってきた列車が浜松町駅に差し掛かったとき、ホームにカメラを持った乗客の姿を見かけたので何が来るのかそのときは気になっていましたが、なるほどA8編成なら納得ですね。

185系@新橋'12.3.18
田町車両センターへ回送される斜めストライプのA8編成と遭遇

 そのA8編成の送り込みの後にやってきたのがお目当てだった211系で、こちらを見送った後に東京へと向かいました。

211系@新橋'12.3.18
東海道線ではこの顔をめっきり見なくなりました>211系

 東京駅では前日に続き、グランスタで開催中の青森県復興応援感謝フェアを訪問。この日が最終日だったので、もしかしたら思わぬものでもないかと期待しては見ましたが、特段前日と変わらぬ内容でしたが、さすがに手ぶらで帰るのも忍びなかったので、十鉄のクリアファイルを1枚入手してまいりました。

青森鉄道むすめポスター'12.3.18
2日連続で足を向けた「青森県復興応援感謝フェア」。会場には前日見たポスターの別バージョンも。

 あてもなくブラブラした割にはいろいろとネタも発見できたりと、充実した日曜日を過ごすことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
シーサイドラインのイベントを訪問しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.23

宮原通信(3/18)~短くなった185系

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.18

 ダイヤ改正の2日目は午前中地元で過ごすことに。短編成化された185系を見てこようと思います。とはいっても、7両固定編成は臨時運用などでいつも見ているので、外観としては特に大きな変化はありませんが、これまで14両編成を見慣れていると、短くなった185系はどこか寂しくなった感は否めないですね。

特急あかぎ4号@宮原'12.3.18
短くなった「あかぎ4号」

 なおこの日は6号と草津31号の様子を見てきましたが、いずれもノーマルカラーで、湘南色と特急色には出会えませんでした。

 この後、午後から都内へお出かけしていましたが、出掛けにジョイフルトレイン”華”を、帰りしなに安中貨物を撮影してきました。

485系@宮原'12.3.18
昼過ぎにやってきた”華”

EF510-505@宮原'12.3.18
都内からの帰り、何とか安中に間に合いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【3/17】新ダイヤネタ探訪記その3~とうきょうスカイツリー駅訪問

 先週土曜日の新ダイヤネタもこの記事で完結。押上到着後、さっそく業平橋改めとうきょうスカイツリー駅へと向かいます。

東京スカイツリー'12.3.17
厚い雲に覆われて天辺が見えず・・・weep

 駅の前までやってくると、中から長い列が伸びているのが見えたので最後尾に並ぶことに。すでに記念乗車券は完売で、新駅名が入った硬券入場券を買い求める列とのことでしたが、列がなかなか進まないので一体いつになったら買えるのか正直不安でした。おまけに場所によっては雨も吹き込んできたりしてかなり難儀でしたが、途中で社員が新駅名入りの補充券を売りに回ってきたので1枚購入することに。会謝意によっては開業日に補充券を売ってくれることがあり、これを集めるコレクターもいらっしゃいますけど、社員が売りに回ってくるのはこれが初めてで、熱心さが伺えましたね。

 結局、並び始めてから1時間ほどで何とか入手。近くのブースで売っていた改称記念ストラップも合わせて購入してきました。

硬券入場券@とうきょうスカイツリー大人

硬券入場券@とうきょうスカイツリー子供

補充券@とうきょうスカイツリー

業平橋駅改称記念ストラップ
記念に買ったきっぷ類

 天気がよければスカイツリーを撮影しながらブラブラしたいところでしたが、あいにくの天候ではそんな気にもなれず、駅の入口や駅名板を撮影してから下り列車に乗り込みました。

とうきょうスカイツリー駅名板
新しい駅名板。右上には「東武スカイツリーライン」の文字も。

 スカイツリーのオープンまで2ヶ月ほどとなり入場券の販売もスタートしましたが、オープン当初は混雑していることは間違いないので、とても落着いて見て回ることは出来ないでしょうね。しばらく様子見になりそうです。

 この後は北千住まで向かい、16時12分発の特急きぬ125号に乗車。この日はスペーシアのリニューアル編成“雅”が入っていましたが、これがリニューアル車の初乗りとなりました。

東武100系@春日部'12.3.17
スペーシアのリニューアル車”雅”に始めて乗車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.22

【3/17】新ダイヤネタ探訪記その2~東京駅、そしてE657系

 ダイヤ改正探訪記の続きです。西船橋から乗り込んだ快速東京行きの車内は季節柄学生の姿を多く見かけますが、ほとんどは浦安にある大型遊戯施設がお目当てで、そのほとんどが舞浜で降りていきました。あいにくの天候ではありましたが、残り少なくなった学生生活の思い出を存分楽しんだのでしょうか?

 と、いろいろと考えているうちにこちらは終点東京に到着。エキナカのグランスタへとやってきました。前の日から「青森県復興応援感謝フェア」というイベントが行われており、青森県にまつわる品々の販売をはじめ、県内を走る各鉄道会社のグッズ販売も行われるとのことで見て回ると、2日前に飯田橋のアンテナショップで入手した青森鉄道むすめのりんごジュースがあったので今回も1本入手してきました。ちなみにこのりんごジュースを箱買いすると青森鉄道むすめのポスタープレゼントという特典があったんですが、何分資金力はない上この後の予定に差し障ることになるためこちらは泣く泣くパス。ステーションポスターでの販売に期待することとします。

青森鉄道むすめポスター
これが欲しかったなぁcoldsweats01

 この後は上野へ。常磐線に乗り換えますが、常磐線といえば今回のダイヤ改正で登場したE657系が注目の的ですね。もしかしたら見ることができるかもと思い、ひたち号が発着する17番線ホームへと向かうとちょうどスーパーひたち22号が到着したところで、使われていたのはお目当てのE657系でした。

E657系@上野'12.3.17
この日から営業運転を開始したE657系と対面

E657系デビュー横断幕'12.3.17
横断幕も登場しましたhappy01

 当然ながら車両の周りにはカメラを抱えたギャラリーが多く集まっていて注目の的となっていましたが、今のところこちらに乗るのは来月末にひたちなか海浜鉄道で行われるイベントの行きか帰りとなりそうです。

 その折り返し、12時ちょうど発のスーパーひたち23号を撮影しようと思い、先行の普通列車で南千住へ。雨とあって撮影にはかなり難儀な状況でしたが、そんな中先程上野駅で見かけたE657系が颯爽と通過。何とか押さえることができました。

スーパーひたち23号@南千住'12.3.17
雨の中、一路いわき路へと向かうE657系

 この後は北千住で常磐緩行線に乗り換え金町へ。京成経由で押上へと移動しますが、切りがいいのでここで一旦締めさせていただきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.03.21

【3/17】新ダイヤネタ探訪記その1~吉川美南駅

 いよいよスタートしたJRの新しいダイヤ。今回もいろいろと話題が盛りだくさんですが、まずは身近なところから攻めるべく武蔵野線の吉川美南駅へ。その前に開業記念入場券を手に入れますが、この日はいつものように地元で朝錬をしてからの出発だったために出遅れ気味とあって、少しでも早くに列に並びたいと思い隣の吉川で下車することに。到着したのが7時半前ですでに列には100人近くが並んでいましたが、「1人10枚まで」とはなっていたもののここの割り当てがどれくらいなのかが気になるところでした。待つこと30分ほど、午前8時になってようやく列が動き始め待つこと20分ほど、無事に入手することが出来ました。

吉川美南駅開業記念入場券
記念入場券はお隣吉川駅でゲット!

 これで1つ目的を果たし、次はいよいよ新駅へと向かいます。下車後、すぐに改札へと向かうと、コンコースでは記念入場券を買い求める行列が伸びていて、この時点ではまだ買えた様子。一方券売機前で行き交う乗客に笑顔を振りまいていた吉川市のゆるきゃら、なまりんを見ながら西口へ出ると、こちらには某大型家電店が見える他はまだ宅地造成中でした。まあこれはどこの新駅でも言えることで、4年前に開業した越谷レイクタウンも似たような風景でしたね。

吉川美南駅名板'12.3.17
新駅の駅名板

なまりん@吉川美南'12.3.17
吉川のゆるきゃらもお出迎え

吉川美南駅舎西口'12.3.17
西口の様子。造成中の光景は新駅らしいかも・・・。

 一方、東口はどこかで見たような駅舎が建っていました。どうも最近JR東日本管内で建てられる駅舎は日進や西大宮のような似たようなものばかりで、もう一捻りが欲しいところですが、こうなると建築家の鈴木エドワード氏がデザインしたさいたま新都心駅の駅舎は個性があって面白いですね。

吉川美南駅舎東口'12.3.17
東口の様子。どこかで見たような駅舎が・・・coldsweats01

乗車券@吉川美南
隣の駅までの乗車券を記念に1枚購入

 この日は朝からあいにくの空模様とあってあまり見て回るのも億劫で、駅舎を撮影してから再び駅の仲へと戻ってきました。改札を抜けてホームへ。今度は構内の様子を見ようと思います。まず目に付くのが2面のホームに3線という配線ですが、ほとんどの列車が1番および3番からの発車で、2番線を発着するのは朝晩のしもうさ号それぞれ1本ずつとその後に発車する列車だけになっています。このときはなぜこうした運用があるのかが不思議でしたが、ちょうど9時47分発の西船橋行きしもうさ号が2番線から出るとのことで、その様子を見ることにしました。

 その前にしもうさ号が来る前の間、ホームで武蔵野線の列車を撮影することに。ここはホームの両端がすっきりと見通しがよくなっていて、撮影にはよさそうなところでしたね。そんな中、TDL臨の回送と思われる485系T18編成やEF65の1127号の単機が通過。雨の中とはいえなかなか楽しむことが出来ました。

485系@吉川美南'12.3.17
見通しのいいホーム先端で撮影タイム

 こうして大宮からのしもうさ号が2番線に入ってきました。ドアが開くとすぐに発車。特に後続列車の退避があるというわけでもなくますます疑問が高じていきましたが、帰宅後、錆び取りの目的である旨のご教授をいただき問題が氷解しました。いずれはこの2番線から出る始発の運用が出来るかもしれませんね。

電光掲示板@吉川美南'12.3.17
2番ホームから発車するしもうさ号

 そのしもうさ号に乗って西船橋へと向かい後からやってきた東京行きに乗り換えました。この後は東京駅に用事がありましたが、長くなってきたのでひとまずここで一旦切ることとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.20

宮原通信(3/17)~ダイ改当日

 いよいよ17日の土曜日からJRのダイヤ改正がスタートし、新規開業の駅や新しくデビューした車両など今回も話題が豊富ですが、さっそく身近なところから見て回ってきました。こちらについては後日報告することにして、今回は毎度恒例の出掛けの地元ネタについて紹介します。

 朝からあいにくの雨模様となった17日、現場へ向かう途中で583系のわくわくドリームとそれ違いました。こちらもそろそろ撮影できそうな時期になってきましたが、まずやってきたのは183系OM車。おそらく熊谷発の快速花摘み南房総号の送り込みと思われます。

183系@宮原'12.3.17
快速花摘み南房総号の送り込みと思われる183系OM車

 6時を過ぎてやってくる桃太郎の貨物。この日はトップナンバーでした。見慣れた桃太郎ですが、やはりトップナンバー機が来ると注目してしまいますね。

EF210-1@宮原'12.3.17
数ある桃太郎の中のトップナンバー機

 この後の注目株あけぼのですが、その前にTDL臨と思われる485系が通過。しかも、新潟車両センターのT18でした。新潟の485系も能登の運用がなくなったことから臨時や団臨で見ることになりますが、最後にこの編成が入って欲しかった」ですね。

485系@宮原'12.3.17
新潟の485系も団臨のみ

 そして最後はあけぼの。カマは失敗してしまったため、テールから撮影したものを紹介します。

寝台特急あけぼの@宮原'11.3.17
ダイ改後も健在>あけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
パワフル×スマイルちばフリーパスの旅第二弾、いすみ鉄道を訪ねてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.19

第1回全国鉄道むすめ巡り遠征その2~郵便局巡りと特急こうのとり号

 全国鉄道むすめ巡りの遠征旅を続けます。蛍池で阪急に乗り換えるとさっそく次の石橋で途中下車することに。駅近くに池田石橋郵便局があり、ここで風景印を貰ってきました。箕面線の乗りつぶしで降り立って以来でしたが、終点の箕面駅周辺にはもみじのてんぷらを出してくれるお店が点在しており、甘くておいしい味が今も忘れられませんね。

池田石橋局風景印
池田石橋郵便局の風景印。左下のもぐらのようなイラストが気になるところcoldsweats01

阪急9000系@石橋'12.3.9
石橋駅で撮影した阪急電車

 後続の列車で今度は川西能勢口で下車。ここも降り立つのは能勢電の乗りつぶし以来でしたが、駅近くに川西郵便局があり、風景印を貰ってから川西池田駅へ。ここから福知山線の旅となりますが、予定よりも少し早めに到着したのでホームで撮影することに。とはいっても相変わらず雨模様で、傘を差しながらの撮影となってしまいましたが、上りホームに目をやると「通過」と電光掲示板に表示されているのが見えました。どうやら特急こうのとり号がやってくるようなのでしばらく待っていると、白い真新しい車体の列車がやってきました。

川西局風景印
川西郵便局の風景印。右下の葉はイチジクとのこと。

287系@川西池田'12.3.9
”新鋭”287系と初めて顔を合わせましたhappy01

 昨年ここ福知山線に287系が投入され、現在特急こうのとり号などで使用されていますが、ナマの車両を見たのはこれが初めてで、卵型の顔つきは思いの外スマートな印象でした。

 そんなわけで予定の1本前の列車で宝塚へと到着。この後、11時33分発特急こうのとり7号に乗り込みます。先程見た287系が来るのかどうか期待してみましたが、やってきたのは国鉄型の183系。出来れば新型の287系を期待したかったんですが、この183系も287系の増備に伴い置き換えられることが予想されるので、近い将来国鉄型の車両を見ることが出来なくなる日も来ることでしょうね。

特急こうのとり7号@宝塚'12.3.9
国鉄型・183系の特急こうのとりで一路福知山へ

 宝塚を過ぎると次第に山深い六甲山地の中を走り、おととし田んぼの中で撮影した三田付近を通過。篠山口では3月のダイヤ改正で撤退した113系が駅の構内で止まっているのが見えました。国鉄型の車両が今だ現役のJR西日本ですが、287系や225系の投入など、着々と車両のリニューアルも行われ、次第に国鉄時代の風景も見ることが出来なくなりつつあります。

 そんな中、終点福知山に到着する直前に流れてきた車内放送の中で福知山の町についての紹介が流れてきました。昔は特急列車に乗れば、停車駅周辺の観光名所を紹介する放送が流れていたものでしたが、自動放送の普及などで最近はあまり聴かなくなってしまいました。

 その放送の中でも紹介されていた福知山城が車窓から見えてくると終着福知山に到着。隣のホームには城崎温泉に向かう特急きのさき号が停車中で、こうのとり7号から降りてきた乗客を拾うとすぐに発車していきました。

183系@福知山'12.3.9
国鉄型が集う福知山駅

 さてここからいよいよこの旅の本番、北近畿タンゴ鉄道の旅となりますが、ちょうど切りがいいところなので、一旦締めたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.18

宮原通信(3/16)~ダイヤ改正前日

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.16

 ダイヤ改正を翌日に控えた金曜日、引退する列車の様子がTVで流れていました。特に日本海やきたぐにには多くの方がその最後の姿を見ようと沿線に訪れたとのことで、さぞかし大賑わいだったことと思います。

 地元ネタでは朝の草津1号の時間が遅くなるとのことで、最後の日にさいたま新都心駅で動画撮影をしておきました。出勤途中で必ずそれ違った列車なので、週明けにはなくなってしまうとなると些か寂しさもありますが、通過する列車の様子を見ていると、確かに利用者が少ないことは否めないですね。


 一方、今回のダイヤ改正では、武蔵野線に吉川美南駅が開業したり新しい車両のE657系が登場します。E657系の方は来月末にひたちなか海浜鉄道のイベントがあるようなので、そのときまで取って置くことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第1回全国鉄道むすめ巡り遠征その1~空路で大阪へ

 先週の旅の画像がようやく整理できましたので、そろそろ記事にしていきたいと思いますが、今回の旅は全国鉄道むすめ巡りの遠征編。6カ所あるうちの3ヶ所は関東エリア内なのですでに訪問済みですが、残り3ヶ所のうち今回は北近畿タンゴ鉄道と和歌山電鉄の2ヶ所を訪ねてまいりました。

 宮原を6時12分に発車する上野行きがこの旅のスタート。本当だったらいつも通りあけぼのを見送りたいところでしたが、その後の列車だと羽田からのフライトの時間にあまり時間がなかったことから上野駅で待ち構えることに。到着後13番ホームへとやってくると、ほぼ定時であけぼのが入ってまいりました。

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.9
この日は終着駅・上野でお出迎え>あけぼの

 到着した青い車体からは大荷物を抱えた乗客が続々降車。そのまま改札方面へ向かう乗客や機関車の前で記念撮影に興じるなど、終着駅さながらの様子が伺えました。

 この後まっすぐ羽田空港へ。JALのカウンターで座席の指定を受けました。今回申し込んだのが直前だったため、ネットからでは座席の指定を受けることが出来ませんでしたが、窓側の席が空いているとのことでそこに入れてもらうことに。ちなみにこの日のフライトJAL107便は予約がかなり入っていたらしく、搭乗時間直前には後続の便への振替をお願いする趣旨のアナウンスが流れていましたが、さすがにこの後の予定が押していたこともあって予定通りのフライトで出発しました。

 雨の中の羽田空港を離陸したJAL107便は巡航中さほど揺れはなかったものの、常に厚い雲に覆われていて、何も見ることが出来ませんでした。もっとも50分弱のフライトなので、ドリンクサービスが済むとすぐに着陸態勢のアナウンスが流れてきました。

JL107便巡航フライト
JL107便は厚い雲の上

 こうしてほぼ定刻に伊丹空港に着陸。こちらも東京と同じくあいにくの空模様でしたrain

JLボーイング767@伊丹空港'12.3.9
雨の伊丹空港に到着

 この後すぐに大阪モノレールに乗り込み蛍池へ。ここからは阪急に乗換となりましたが、ここで一旦記事を切ることといたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.17

今日は

今日は
今日は
今日は
ダイヤ改正初日の様子を見てきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.16

【3/15】青森鉄道むすめりんごジュース&Bトレ185系入手

 昨日、ちょっと早めに仕事を抜けて都内へと繰り出しました。向かったのは飯田橋駅近くにある青森県のアンテナショップ「あおもり北彩館」。ここで青森鉄道むすめのキャラクターがデザインされたりんごジュースが発売されたとの情報を見かけたのでやってまいりました。

 ここのアンテナショップは何年か前に一度足を運んだことがあったので、飯田橋の駅まで行けば大丈夫と思いきや、如何せん普段から乗り降りしない駅なもんで、ぐるぐる回りながらようやくたどり着いた次第coldsweats01。店に入ると、目的のブツはすぐに発見。1缶140円で2缶入手してまいりました。

青森鉄道むすめりんごジュース
初めて入手した青森鉄道むすめグッズ~りんごジュースapple

 缶には青森鉄道むすめのメンバーの1人、清水なぎさのイラストがデザインされていますが、種類はこれ1つだけで今後他のメンバーのものも発売されるかもしれませんね。

 なお今日から3日間、東京駅のグランスタで行われる「青森県復興応援感謝フェア」でも発売されるとのことで、他にも県内の鉄道会社のグッズの販売もあるとのことなので、時間があれば明日にでも足を運ぶかもしれません。

 その帰り道、アキバの某大型家電店に立ち寄り、185系のBトレを見つけたので2個購入。地元を走る車両だけに外せませんね。

Bトレ185系
この形式のBトレは入手したかった・・・happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.15

宮原通信(3/11)~ダイ改前最後の週末

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.11

 この日のあけぼのは1031号機。1週間前、急行いず物語号として東海道を走ったカマでした。

 そんな3月11日、翌週にはダイヤ改正を迎えることから、改正前最後の週末でした。そこで、改正後は短編成化される185系を中心に狙うことに。まずは改正で廃止される朝の1号です。

特急草津1号@宮原'12.3.11
朝の1号もこれが撮り納め

 続いては9時過ぎのあかぎ4号。こちらは高崎方に特急色のOM08編成が入りました。

特急あかぎ4号@宮原'12.3.11
特急色OM08編成が入った「あかぎ4号」

 その上野での折り返しが草津3号となり、こちらも押さえておきました。

特急草津3号@宮原'12.3.11
この組み合わせはわずかでした>OM08

 なお、湘南色OM03編成は出会うことができませんでしたが、運用には就いていなかったんでしょうか?

 以上、ダイ改前の185系を追っかけた1日でした。

EF510-513@宮原'12.3.11
締めは安中貨物wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LCC、いよいよ日本の空へ

 今月1日より運行を開始した格安航空会社のピーチ・アビエーション。ハブ空港が関空なので関東に住んでいると当面利用する機会はなさそうですが、運行がスタートした当日の報道記事で「日本初の格安航空会社」と書いてあるのを見ると、規制緩和で登場したスカイマークやAirDoはどうなの?という突っ込みを入れたくもなったりしますcoldsweats01


 こうして日本の空にもLCCが闊歩する時代が到来したわけですが、ピーチ・アビエーションの関空と長崎の運賃が安いときで3千円台というのは正直驚きですね。かつて関西と長崎を結んだブルトレ、あかつきの運賃プラス寝台の料金を見れば到底太刀打ちできないことは確かで、遅かれ早かれ寝台列車は移動手段として使うことができない代物となることは明白でした。

 しかしながら、LCCの格安な運賃はさまざまな制約をクリアした上での金額なので、かなりのコスト削減を行っているのは当然の話。こうしたところを理解した上で利用しなければ、満足のいく旅が出来ないということになりそうです。

SkYボーイング767-300@羽田空港'06.5
ピーチの画像がないので、元祖格安航空会社のスカイマーク機を載せておきますcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.14

100系が輝いていた頃

 いよいよ今週末に迫ったJRのダイヤ改正。この改正で引退する車両を追いかけようと連日撮影やお名残乗車で勤しんでいる方も多いかと思いますが、そんな中で山陽新幹線の100系は’07年11月に新大阪から姫路まで乗車したのが最後となってしまいました(そのときの様子はこちら)。

 100系がデビューした1985年、これまでだんごっ鼻の0系オンリーだった東海道・山陽新幹線にあって、あの長い鼻を見たときには正直戸惑いと驚きを感じたものでしたが、国鉄からJRへと移行されてからしばらくは新幹線の顔として君臨することになります。その中で代表されるのが、東京と博多との間を結んだグランドひかりですね。2階建てのグリーン車と食堂車を連結した堂々16両編成の列車で、100系にとってはこのときが一番輝いていたときではないでしょうか。

100系@博多'90.10.7
「グランドひかり」として君臨していた頃の100系

 その主役から引き摺り下ろしたのは、’ 92年のダイヤ改正でデビューしたのぞみ300系。当初わずか2往復だった運転本数は短い期間であっという間に増え、ひかり号に取って代わりました。そののぞみ号でデビューした300系が今回一緒に引退するというのも何だか皮肉に思えますね。

 その後の100系が辿った道はあまりに無残で、山陽新幹線でわずか4両となって走っていたのを見たときには正直ショックでしたね。グランドひかりで闊歩していたときの姿を見ていただけにかなり衝撃的でした。

 自分にとって100系はちょうど君臨していた1990年前後に大学で長崎にいた時期で、帰省の際にたまに利用することがありましたが、残念ながら食堂車は利用することが出来ませんでした。何分まだ自分で稼ぎがない身分、駅弁ですら高嶺の花と思っていた時期だっただけに、今思えば多少無理してでも体験したかったですね。

 最後に100系がデビューしたときに発売された記念きっぷも紹介しておきます。1985年の7月に東京駅で買っていますが、これを手に入れた後、寝台特急さくら号に乗って九州へと向かいました。

100系新幹線記念入場券
デビューを記念して発売された入場券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.13

【3/11】ホワイトデーの買い物ついでに撮影したスペーシア

 おととい3月11日はあの震災からちょうど1年という日で、各地でさまざまな催し物が行われていましたが、自分自身にしてもとにかくあっという間の1年でした。幸い自分の周りでは大きな被害はありませんでしたが、仕事が終わって大慌てで自宅に戻り、TVから流れてくる映像を食い入るように見ながら不安な一晩を過ごしたことは、今もはっきり記憶に残っています。

 自分自身、何も貢献できるような力がないことが何とももどかしいところで、せいぜい物産展で品物を買うことくらいのことしかできませんが、1日でも早い復興を日々祈っている次第であります。

 さて話は変わりますが、おとといは旅から戻ってきた翌日だったため、本来なら自宅でのんびり過ごしたいところでしたが、そろそろホワイトデーが近づいてきたこともあり、贈り物を買いに行くべく日中お出かけすることに。しかしせっかくならそれなりなものを贈りたいと思い思い出したのが、当blogでも度々紹介している春日部のスイーツ店、オークウッドでした。ホワイトデーの贈り物としてはこれまで思い浮かんだことがなかったので、今回久しぶりに訪ねてみることにしました。

 こうして春日部へ出掛けることになったんですが、せっかくなので今月初めに登場したスペーシアのリニューアル編成第3弾、サニーコーラルオレンジカラー編成を撮影したいところ。そこで出掛けに公式サイトで当日の運用を調べていたところ、何と午後1時過ぎに春日部に到着する下りのきぬ117号に入っているとのことでした。この時点で時刻は11時半近く。慌てて準備して出発することに相成りましたdash

 まっすぐ春日部へと向かい到着したのは12時半前。さっそく春日部と一ノ割の間、野田線と交差するあたりへとやってきました。しばらく行き交う列車を撮影しながら過ごし、午後1時ちょっと前にきぬ117号がやってきました。

東武100系@春日部'12.3.11-1
スペーシア3本目のリニューアル編成、サニーコーラルオレンジ塗装と初対面!

 これまでの2本、「雅」と「粋」に比べると、従来の塗装に近いこともあって違和感がほとんどありませんでしたね。オレンジ色が幾分明るめなんでしょうか?

 ここで一旦春日部駅へ戻り、ランチを済ませることに。この後、13時41分発のきぬ122号に粋編成が入っているとのことで、先程と同じところへ再びやってまいりました。こちらは先日初めて姫宮で撮影し、この日が2度目。明るいブルーのカラーはこれまでの東武にはあまり見られないカラーで新鮮ですね。

東武100系@春日部'12.3.11-2
明るいブルーのラインがきれいな粋編成

 これで撮影の方は撤収。この後、お出かけの目的であるオークウッドへと向かいますが、これまでお店を訪ねたときはいずれもマイカーだったため、春日部駅からどのくらい架かるのか全く見当がつきませんでした。古利根川を越え、住宅街の中を歩きながら20分ほど、ようやく見たことのある建物を発見。何とか無事にたどり着けました。

 さすがに日曜日とあって店内は混雑していましたが、ホワイトデーの贈り物にすることを告げ、店員さんに聞きながらチョイスすることに。もちろん自宅用のケーキも一緒に買ってまいりましたcake

ミルフィーユ@オークウッド
自宅用のケーキも忘れずに・・・

 さすがにケーキを持って歩き回ることは得策ではないため、このまま帰ることに。ところが春日部駅に到着したら、14時41分発きぬ124号が到着する時間でした。残る1本のリニューアル編成「雅」が入っているとのことでこちらも撮影してきましたが、短い時間の間で3本のリニューアル編成を一気に撮影することができました。

東武100系@春日部'12.3.11-3
きぬ124号に入っていた雅編成にも対面

 いよいよ週末の土曜日には業平橋駅が「とうきょうスカイツリー」駅と改称され、スカイツリーのオープンに先駆けていろいろと盛り上がってくることと思います。もちろん当日は現地を訪れて様子を見て来る予定ですが、他にも武蔵野線の吉川美南駅の開業もあるので、いろいろと忙しくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.12

宮原通信(3/8)~鋭意整理中

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.8

 昨日から画像の整理を始めておりますが、まだまだ時間がかかりそうです。まあ慌てることなく、のんびり進めておりますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAPAN SL COLLECTION~サントリー・BOSS

 コンビニで買い物をしていた際、サントリーの「ゼロの頂点」という缶コーヒーのおまけにSLのミニチュアが付いているのを見つけました。1缶用にはプルバックカーで2缶セットの方にはSLのミニチュアモデルという内容ですが、プルバックカーの方は国内で運行しているSLをほぼ網羅しているのに対して、ミニチュアモデルの方はNゲージとほぼ同じ大きさというもの。特に後者の方はBトレの客車と一緒に並べると雰囲気が出そうですね。

BOSSゼロの頂点
SLのおまけが付いている「BOSSゼロの頂点」

SLおまけ
2缶セットについてくるSLのミニチュアモデル

 普段、コーヒーを飲むときはブラック系で糖分のないものばかり飲んでいます。特にカロリーを気にしているわけではないんですが、ブラックばかり飲んでいると甘い味わいのモノは少し重く感じてしまいますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.11

宮原通信(3/5)~画像の山

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.5

 昨日の夕方、旅から戻ってきました。何分現地で撮った画像がしこたまあるので、全て整理がつくまで一体いつまでかかるのやらと頭を痛めているところですが、とりあえずぼちぼち整理をし始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.10

今日は

今日は
和歌山電鉄を巡ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.09

今日は

今日は
全国鉄道むすめ巡りの遠征第一弾、北近畿タンゴ鉄道を巡ってきました。明日は和歌山電鉄を訪れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.08

宮原通信(3/4)~銚子行きの前に

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.4

 先程も書いたとおり、先日の日曜日は銚子へ行っておりました。その出掛け、あけぼのを見送ってからの出発でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【3/4】パワフル×スマイルちばフリーパス日帰り旅~銚子電鉄乗り歩き

 パワフル×スマイルちばフリーパスの旅もいよいよ本題に入ります。成田から乗り込んだ209系の各停で銚子に到着し、さっそくホームの先にある銚子電鉄の乗り場へと向かいます。すると、1両の赤い電車がホームに入ってくるのが見えました。昨年11月、「鉄子の旅」のカラーから往年の丸の内線の塗装に塗り替えられたデハ1002号でしたが、今回の旅で一番のお目当てとさっそく対面することができましたhappy01

銚子デハ1000形@銚子'12.3.4
丸の内線カラーに塗装されたデハ1002号

 さっそくこちらに乗り込み出発。2つ目の観音で途中下車しました。そろそろ昼時だったのでどこで食べようかと考えていたところ、持参してきたパンフに載っていた「七兵衛」という青魚の漬け丼の店に行ってみることに。駅から歩いて5分ほどの飯沼観音のすぐ近くに目指すお店がありました。

 お店はまだ出来て間もない様子でしたが、店内にあるメニューにはサバなど青物の魚の他に「アカマンボウ」の漬け丼というのもありました。アカマンボウといえば、2年前にこの地を訪れたときにも駅前の食堂で刺身を頂いており、銚子では馴染みのある魚のようですが、今回もこのアカマンボウをいただくことにしました。

アカマンボウ漬け丼'12.3.4
観音駅近くの食堂「七兵衛」で食べたアカマンボウの漬け丼

 単品の付け丼のほか、小鉢やおかずをつけた定食も出来るとのことでしたが、今回は単品にしてご飯を大盛りにしてもらうことに。大盛りでちょうどいい量でしたね。アカマンボウの方も普段馴染みの薄い魚ではありますが、マグロに似たような食感でなかなかのお味でした。

 帰りがけ、腹ごなしを兼ねて飯沼観音の境内を散策。恥ずかしながら、これまで度々銚子電鉄を訪れていたにもかかわらずこの場所を訪れたのはこれが始めてでしたが、境内には五重塔もあってなかなか立派な寺院でした。

五重塔@飯沼観音'12.3.4
飯沼観音は初訪問でしたcoldsweats01

 そして観音といえば名物のたい焼きも外せませんね。もちろん食後のデザートとして(?)頂いてきましたが、次の列車を待っている間中、たい焼きを買い求めるお客さんがひっきりなしに訪れていたのは印象的でした。濡れせんべい共々、銚子電鉄の重要な収入源の一つですね。

たい焼き@観音'12.3.4
観音駅名物のたい焼きも頂きましたfish

 結局、1時間ほど滞在していたこともあって、到着した外川行きの電車は先程のデハ1002号でした。車内は立ち客が出るほどの混雑振りで、のんびりとしたイメージからはややかけ離れたところがありましたが、決して楽ではない地方のローカル線にあって観光客に利用があることに注目されます。そんな中、犬吠で下車。外川から折り返してきたデハ1002号やこの日運転されていたもう一本の2000形、グリーン塗装の2001Fを駅近くで撮影してきました。

銚子デハ1000形@犬吠'12.3.4

銚子デハ2000形@犬吠'12.3.4
(2枚とも)犬吠駅近くで撮影タイム

 犬吠駅では売店でパワフル×スマイルちばフリーパスを見せると、「開運切符」と名づけられた硬券きっぷ1枚と専用のストラップが貰えるとのことで頂いてくることに。きっぷはいろいろ種類があるようでしたが、なかなかいいおみやげになりましたhappy01。もちろん濡れ煎餅を忘れずに購入です。

切符お守りストラップ@濡れ煎餅
パワフル×スマイルフリーパスの特典で頂いた切符お守りストラップ

 時間的にはもう一駅下車できるので、まだ降りたことがない海鹿島へ行くことに。1つ手前の君ヶ浜駅に到着すると、前回ここを訪れたときに見かけたネコを車内から発見。窓越しからカメラを向けたところ、こちらに目線を合わせてくれましたcat

きみちゃん@君ヶ浜'12.3.4
君ヶ浜駅の”住人”を車内からご挨拶

 海鹿島に到着。実はここに降りようと思ったのは、来る途中に見かけた「関東最東端の駅」と書かれた手作りの標識が気になった次第。太平洋の海岸線に寄り添うように延びる銚子電鉄らしいモニュメントかもしれませんね。

関東最東端の駅標識@海鹿島'12.3.4
海鹿島駅ホームに立つ「関東最東端の駅」の標識

銚子デハ1000形@海鹿島'12.3.4
キャベツに囲まれて・・・

 銚子を14時17分に発車する特急しおさい号に乗る予定だったので、それまでに戻ってくると、折り返し外川行きに乗車する多くの団体客がお出迎え。入れ替わりで乗り込んだ車内は大賑わいでした(^_^;)。こうした団体さんも銚子電鉄にとっては重要なお客さんであり、大きな収入源ですね。

 時間的にはもっとブラブラしたいところではありましたが、あまり長居すると帰宅するのが遅くなってしまうので、泣く泣くといったところ。でも、銚子はまた行きたいですね。

<おまけ>

 犬吠駅にあったかわいい貼り紙を発見しましたheart01

スタッフオンリー@犬吠

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.07

宮原通信(3/3)~貨物etc

 3日土曜日の地元ネタ、最後は貨物を中心に見ていくことに。臨時列車といえば朝の7時台に1本、快速花摘み南房総号が運転されていました。183系が使用されましたが、「快速」の文字幕がちょっと残念weep。先日のほくほく十日町雪祭り号もそうでしたが、絵入りのヘッドマークもなかなか手間も掛かるのか作られないようです。

快速花摘み南房総@宮原'12.3.3
熊谷から房総方面への直通列車、快速花摘み南房総号が運転

 続いては貨物。この日が土曜日だったことから、いつもの通り昼前にやってくる配6794レを待つことに。最近、カマがブルサンに変わってしまったので、カマの面白みと言う点では魅力が薄れた感がありますが、この日は後続に原色のEF65が繋がれていました。しかもこのカマ、前日特大貨物を惹いていた1077号で、2日続けて遭遇したことになります。

EH200-15@宮原'12.3.3

トラ45000形@宮原'12.3.3
(2枚とも)この日の配6795レは後続にEF65が連結されていました

 最後は夕方、例によって2本のEF510形を撮影。2082レは銀ガマでした。

EF510-510@宮原'12.3.3

EF510-510@宮原'12.3.3
夕方通過するEF510牽引の貨物で締め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【3/4】パワフル×スマイルちばフリーパス日帰り旅・プロローグ~新松戸で小休止

 千葉県内のJRのみならず、いすみ鉄道や銚子電鉄、それに小湊鉄道が乗り放題で1日1800円となかなかお値打ちなきっぷだった「パワフル×スマイルちばフリーパス」ですが、同名のキャンペーンが大詰めを迎えた今年に入り再発売されることになったので、4日の日曜日にこのきっぷを使って千葉県方面へ日帰り旅をしてまいりました。

 地元から一番近い発売駅である南流山に到着。まず目に入ってきたのが、以前あったみどりの窓口のところに板が打ち付けられていたこと。有人の窓口は徐々に廃止され、入れ替わりに指定席券売機が設置されるようになりましたが、こちらで充分事足りるご時勢とあってはこれも致し方のないところ。その指定席券売機できっぷを入手してから出発です。

パワフル×スマイルちばフリーパス'12.3.4
夏に続いて再登場した「パワフル×スマイルちばフリーパス」

 新松戸で常磐緩行線に乗り換え。少し時間があったので快速線や緩行線の列車をいろいろ撮影していくことにしました。待ち時間30分ほどで軽いジャブ程度でしたが、緩行線の方は東京メトロの3タイプの車両を撮影することが出来ました。特に1編成しかない06系が来たのはちょっとうれしかったですね。

東京メトロ06系@新松戸'12.3.4

東京メトロ16000系@新松戸'12.3.4

東京メトロ6000系@新松戸'12.3.4
(3枚とも)常磐緩行線を走る東京メトロの3タイプの車両が来ました

 一方の快速線の方ですが、ひたち号に使用される2つの車両、651系とE653系をそれぞれ1本ずつ撮影してきました。今月のダイヤ改正でいよいよE657系が営業運転をスタートし、これまでの車両は徐々に置き換えられていくことになりますが、E657系には早く乗りに行きたいですね。ただ3月中はあちこちでイベントが目白押しで、常磐線沿線に足を運ぶのは来月末に行われるひたちなか海浜鉄道のイベントまで待たないといけないかもしれません。

E653系@新松戸'12.3.4

651系@新松戸'12.3.4
(2枚とも)常磐線特急にも新旧交代の波が・・・

 東京メトロの新車、16000系に乗りたかったところでしたが、時間がなくなってきたので、乗る予定の列車に乗り込みで我孫子に到着。成田を経て、9時40分発の銚子行きに乗り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.06

宮原通信(3/3)~185系コレクション

 いろいろ盛りだくさんだった3日の土曜日ですが、やはり何と言っても185系の臨時列車が走ったことが一番の話題でしょうかね?そんなわけで、ここではこの日運転されていた185系の列車をいくつか取り上げます。

 まずは朝の草津1号。いよいよダイヤ改正まで2週間となり、14連の長い編成も平日朝の上り1本を除き全て7両となります。このアングルから長い編成を撮影することも出来なくなりますね。

特急草津1号@宮原'12.3.3
改正後に消える堂々14連の朝の草津1号

 続いてはあかぎ6号。上野方に湘南色OM03編成が入っていました。

特急あかぎ6号@宮原'12.3.3
この日の湘南色はあかぎ6号に

 3本目はあかぎ8号。田町車両センターの塗装ですが、斜めストライプのA8編成ではありませんでした。

特急あかぎ8号@宮原'12.3.3
あかぎ8号は田町車両センターのA7編成

 そして最後はこの日の主役、上州踊り子号です。前日の朝、さいたま新都心駅で見かけた157系風の塗装で、特製のヘッドマークが出ていました。

特急上州踊り子@宮原'12.3.3
特製のヘッドマークを取り付け、一路伊豆急下田へ。

 1日に4タイプの185系を見ることができましたが、これに斜めストライプのA8編成も加われば、合計5種類の185系に出会えたことになりますね。さすがにそれは不可能ではありますが、いつのまにかバラエティが豊富となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・モンキーズ

 たまには鉄分のない話題を。1960年代に活躍したロックバンド、モンキーズの元メンバーのデイビー・ジョーンズ氏が先週亡くなったとのこと。モンキーズというバンドを始めて知ったのが実はテレ玉で、80年代に放映されていた「ザ・モンキーズ・ショー」という番組でしたが、この番組の中でデイビーの日本語の吹き替えを担当していたのが、あの“うっかり八兵衛”こと高橋元太郎氏でしたね。

 実はこの前番組でやっていた「アニメ・ザ・ビートルズ」の方がお目当てで、「ザ・モンキーズ・ショー」の方はその流れでついでに観ていた次第。というのは当時兄がビートルズに凝っていて、その影響で自分もビートルズのLPを買い集めるようになったんですが、ある意味この番組構成のおかげでモンキーズの曲もいろいろと聴くようになったので、テレ玉のおかげでモンキーズにも興味を持つようになったと言えるかもしれませんね。

 「ザ・モンキーズ・ショー」、さすがに地上波での放映はムリかなぁ。もう一度観たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.05

【3/2】仕事帰り徒然記~カシオペア、ホームライナーetc

 先週金曜日、少し早めに仕事が上がったのでカシオペアを撮ろうとさいたま新都心駅へやってきましたが、思いの他ホームにカメラを抱えた人の姿が見受けられました。当初カシオペア狙いかとも思いましたが、多くの方の視線が大宮方に向かっていたのでどうやら何か他の列車が来るものと思い待っていたところ、特大貨物シキを牽引した原色のEF65がやってきました。

シキ1000形@さいたま新都心'12.3.2-1
特大貨物がやってきました

シキ1000形@さいたま新都心'12.3.2-2
ここでしばしの休息・・・sleepy

 ここ新都心で止まったかと思っていたら、しばらくしてカマのパンタが下がってしまいました。どうやらここでしばらく停留している様子でしたが、すぐにお目当てのカシオペアが接近。この日は “銀ガマ” 509号機で、一頃に比べカシオペアの先頭に銀ガマが立つことが多くなったように思えます。

寝台特急カシオペア@さいたま新都心'12.3.2
この日は銀ガマでした>カシオペア

 ホーム上にいた特大貨物狙いのギャラリーの様子を見ながら上野行きの列車に乗車。この後、上野まで行こうと思っていたところ、尾久に何やらヘッドマークをつけた機関車が止まっているのを車内から見えたので慌てて降りてみることに。ヘッドマークは桜の模様に「いず物語」と記されており、どうやら翌3日に東海道本線を走った団体列車に使用する客車と判明。普段はSLばんえつ物語号に使用されている12系客車で、東京方、高崎方にそれぞれEF60とEF64が繋がれていました。

EF64-1031@尾久'12.3.2

EF60-19@尾久'12.3.2
(2枚とも)翌日運転された団体列車「急行いず物語号」に使用されたばんえつ物語用12系客車

 おとといは天気にも恵まれたことから、沿線にはさぞかし多くの人で賑わったことでしょうね。

 この後上野へと向かい、18時40分発のホームライナー鴻巣3号に乗り込むことに。周知のとおり、これまで485系を使用していた2本のホームライナーは今月17日のダイヤ改正後に185系へと置き換えられ、国鉄色の485系を定期的に見ることができるのも残りわずかとなってしまいましたが、先週書いた157系風の185系OM08編成が登場したことで、この編成がホームライナーの運用に就く可能性もあることから、どうも国鉄色には切っても切れないようですね。

ホームライナー鴻巣3号@上野'12.3.2
485系のホームライナーも残りわずか・・・

 車内もさすがに置き換え間近とあって、この列車が目当てと思しき乗客の姿も見受けられました。

 ちなみに夕方さいたま新都心で見かけた特大貨物ですが、宮原に到着し自宅に向かう途中で高崎方面へ向かうところとそれ違いました。さすがに暗くなってからなので撮影はできませんでしたが・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.04

宮原通信(3/3・早朝編)~鋭意整理中

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.3

 昨日は注目の臨時列車がやってくるなど盛りだくさんな1日でした。その分画像も豊富で、まだ整理が付いていませんcoldsweats01。取り急ぎ、早朝定時で通過して行ったあけぼのを上げておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
銚子に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.03

宮原通信(3/1)~雪景色

寝台特急あけぼの@宮原'12.3.1

 前日は手違いがあって撮れませんでしたが、この日は無事お迎えできました。前日の雪も線路に残っていたので、雪景色の光景を撮影することができました。

 ただこの雪も、仕事から帰ってきたときにはすっかり消えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【2/26】スペーシアリニューアル車第2弾・「粋」と初対面~東武

 先週の日曜日は午後からちょっとだけおでかけ。床屋で髪を切った後、東武野田線に乗り込み春日部へやってきました。まだスペーシアのリニューアル車両第2弾「粋」をまだ見ていなかったので、出掛けに公式サイトの運用情報(PDFファイル形式)を確認したところ、春日部を午後4時前に発車する上りのきぬ126号に入っているとのこと。春日部から伊勢崎線に乗り込み、定番の姫宮駅近くの田園地帯へとやってきました。

 この日は天気がイマイチで、雨こそ降ってはいませんでしたが、曇り空の寒空の中を待つこと1時間ほど、ようやくお目当ての「粋」編成がやってまいりました。

東武100系@姫宮'12.2.26
スペーシアリニューアル車第2弾・「粋」と初めて対面しましたhappy01

 「雅」編成に比べるとだいぶ明るい印象を受けましたね。ちなみに先頭には東京スカイツリー開業までの日数が記されたヘッドマークが貼られていましたが、すでにオープンまで100日を切り、いよいよ目前まで迫ってきました。

 これで残るはサニーコーラルオレンジ塗装1本。こちらも明日から運行がスタートするとのことで、近いうちに見に行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.02

新都心通信(2/29)~雪景色

EF210-154@さいたま新都心'12.2.29

 2月最後の日は朝から雪。てっきりあけぼのは運休と思っていたら、しっかりと運転したことに後で気がつきましたcoldsweats01

 そんなわけで、出勤途中のさいたま新都心でしばし休息中の桃太郎を1枚押さえておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報~157系風塗装の185系

 この週末、185系を使用した臨時列車「上州踊り子」と「あまぎ」が運行されますが、157系をモチーフにした赤とベージュの塗装に塗り分けられました。大宮車両センター所属のOM08編成とのことですが、28日の朝に大宮工場の引込み線に止まっているところを見ることが出来ました。

185系@大宮'12.2.28
157系風の185系と初対面!

 なるほど、157系と言われればそれに近い塗り分けですね。湘南色OM03編成と比べるとこちらの方が違和感も少なく、しっくり来ている気がします。

 そのOM08編成、週末の臨時列車に先駆けて今朝の草津1号の運用に入っているところを出勤途中に目撃しました。上野方に連結されていたので、そのまま新前橋で切り離された後、明日の運行に付くようですね。

特急草津1号@さいたま新都心'12.3.2
週末の臨時列車に先駆けて定期運用に入りました>OM08編成

 今回の塗装のモチーフとなった157系ですが、自分が小さい頃に引退してしまったので、実車を見ることは出来ませんでした。製造当初に付けられた「日光型」という愛称にもあるとおり、当初は首都圏と日光を結ぶ列車に入りましたが、その後は伊豆方面へも足を伸ばし、最後はあまぎ号での活躍でした、今回のあまぎ号を始め、157系を使用した列車と言えば、「日光」を始め、「白根」や「そよかぜ」もあるので、これらのリバイバル列車も期待できそうですね。ただ「そよかぜ」は碓氷峠が廃線となった今となっては難しいでしょうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.01

【2/25】イベントのあと~蒲田の温泉で温まる

 25日の続きもこの記事が完結編です。金沢文庫から乗り込んだ快特で一気に京急蒲田へ戻ってきました。この後特に予定はありませんでしたが、帰るにはまだ時間が早かったので、まずは朝と同じ蒲田踏切で撮影タイム。朝のうち降っていた雨も上がり、今度は撮影しやすくなったのは有難かったですねhappy01

京急600形@京急蒲田'12.2.25


朝とは別の角度から撮影してみました~蒲田踏切

 あまりここで長居はせず、一旦蒲田駅の方へ向かうことにするも、まだまだ時間に余裕があったので、今度は東海道本線の線路に沿って川崎方面へ歩いていくことに。どこかで東海道線の列車を撮影できないかと思い探していたら、古タイヤで作られたモニュメントが目立つタイヤ公園の近くに架かる歩道橋から撮影できそうだったので、ここでしばらくやってみることに。今だと徐々に本数が少なくなっている211系が一番の注目株となりそうですが、20分ほどの滞在時間でやってきたのは下りの1本だけ。改めて本数が少なくなりつつあることを実感しました。

211系@蒲田'12.2.25
少なくなりつつある211系がやってきました

 この後、蒲田駅へと戻りますが、せっかく蒲田の地に足を踏み入れているとあって、久しぶりに温泉に入りたくなりました。自分にとって蒲田といえば温泉を思い浮かべますけど、一頃足しげく通った時期もあり、久しぶりにあのコーヒー色のお湯に浸かりたいと思った次第。今回は駅東口から歩いて5分ほどのところにある「ゆ~シティ蒲田」という温泉施設に向かいました。

 ここは随分前に一度来たことがありますが、入口に設置された券売機で入浴券を買って中へ。料金が450円と以前に比べて高くなっていたのはやむをえないと思いつつお風呂場へ。こちらは恥ずかしながらすっかり記憶がなくなっておりましたが、唯一温泉の浴槽が一番奥にあるところは遠い記憶から蘇ってきました。もちろんコーヒー色のお湯も健在でした。

ゆ~シティ蒲田'12.2.25
温泉で1日の疲れを癒してきましたcoldsweats01

 こうして体も温まり、蒲田を後にいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »