« 宮原通信(3/31)~嵐の前に | トップページ | 【4/3】ニューシャトルに救われた仕事帰り »

2012.04.09

【4/1】初の休日おでかけパスで行く富士急日帰り旅

 ホリデーパスに代わって登場した休日おでかけパス。エリアが若干広がったのに伴って値段も300円ほど上がってしまいましたが、4月最初の日曜日だった先週、初めて利用してきました。向かった先は大月。JRから譲渡された元205系の富士急6000系に乗るのが目的でした。

休日おでかけパス'12.4.1
値段は上がったもののエリアが広がった「休日おでかけパス」

 8時45分、大月に到着。早速富士急の乗り場へ向かい窓口で「フジサン特急フリーきっぷ」を入手しますが、以前買ったものと様式が異なり、二つ折りの台紙の中に特製の硬券が付いていました。今年はフジサン特急がデビューして10周ということで、それを記念した限定版とのことでした。

フジサン特急フリーきっぷ
デビュー10周年仕様のフリーきっぷを入手happy01

 一方、ホームにはお目当ての6000系が入線。いきなりの対面となりましたが、富士急に譲渡されるのに当たってJR九州や先日乗車したばかりの和歌山電鉄のデザインを手がけた工業デザイナーの水戸岡鋭治氏により大幅な改造が施されました。

富士急クハ6551@大月'12.4.1
富士急のニューフェイス・6000系と初対面

 さっそくこちらに乗り込み、9時4分に大月を出発。車内には水戸岡氏が手がけた富士登山電車でお馴染みの暖簾が貫通路に掛かっていたり床が木目調になっているなど、水戸岡氏らしさが感じられるデザインが至るところで見ることができましたが、普段見慣れた車両がここまで変わるものかと正直驚きましたね。しかしじっくり観察する間もなく列車は最初の目的地である谷村町に到着してしまいました。

 さっそく駅から20分ほど歩き、勝山城址の山頂付近へとやってきました。これまで富士急沿線を乗り歩くときには三つ峠から寿までの区間をのんびり歩きながら撮影というのが定番でしたが、さすがに毎回同じようなコースでは飽きてきたため、たまには趣向を変えてみようと思っていました。こちらは以前買った雑誌に紹介されていたところで、眼下に谷村町駅や駅周辺の町並みを見渡すことが出来ましたが、遠く山々の間からは富士山も覗かせるなど景色のいいところでした。そんなところで眼下を行き交う富士急の列車や富士山を撮影しながらのんびりと過ごしてまいりました。

富士急2000形@谷村町'12.4.1

富士急1000形@谷村町'12.4.1
(2枚とも)勝山城址の山頂付近でのんびり過ごす

 まだまだいたい気分を押さえつつ山道を下って谷村町駅へと戻り、次の目的地である下吉田へ向かうことに。11時45発の河口湖行きはトーマスランド号。機関車トーマスのイラストと見ながら下吉田にやってきました。

トーマスランド号車内
トーマスランド号の車内にて

 ここ下吉田駅といえば昨年オープンしたブルートレインテラスですが、展示されているスハネフ14-20形車両が製造されて今年で40年目にあたることを記念して、期間限定でテールマークをこれまでの「富士」から「さくら」に変更されていました。実はこちらも今回の旅で楽しみにしていましたが、さくら号といえば数年間住んでいた長崎から埼玉へ帰ってくるときに乗ってきた列車だけに思い入れのある列車でもあります。そんな「さくら」のテールマークを眺めた後、駅併設のカフェで硬券のコースターが付いた桜茶をいただいてきました。

入場証@ブルートレインテラス
スハネフ14がデザインされた入場証

スハネフ14-20@下吉田'12.4.1
復活した「寝台特急 さくら」

桜茶@下吉田倶楽部'12.4.1
桜茶で一服cafe

 河口湖行きの列車に乗って終点へ。エキナカにあるカフェでランチを済ませた後、いよいよ帰りはフジサン特急に乗り込みます。いつもは大宮へ直通するホリデー快速河口湖号に乗ってしまうのでなかなかフジサン特急に乗る機会は少ないですが、富士急に入線してはや10年。先日引退した小田急のRSEへ置き換えの話もあり今後の動向が気になるところです。

富士急2000形@河口湖'12.4.1
「フジサン特急」もデビューして10年が経ちましたhappy01

 大月到着後、1時間ほど駅近くで撮影してから16時6分発の臨時特急あずさ76号に乗車することに。ところが中央線内で倒木があった影響で20分ほど遅れて大月に到着。この後八王子から大宮行きのむさしの号に乗り換える予定だったので、果たして接続できるのか正直心配でしたが、八王子には16時52分頃に到着。無事むさしの号に乗り込むことが出来ました。

クハ204-60@八王子'12.4.1
旅の終わりはむさしの号。205系に縁のある1日でした。

 ちなみにむさしの号は205系。日中乗った6000系を思い出しながら改めてあれだけの変化に驚きを感じました。

 休日おでかけパスについては、大月に行くことに関しては値上げになってしまいましたが、富士急との絡みではその他にも「河口湖・山中湖セレクトフリー乗車券」というのもあるので、今後はこちらも考慮に入れることになるかもしれませんね。

|

« 宮原通信(3/31)~嵐の前に | トップページ | 【4/3】ニューシャトルに救われた仕事帰り »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/54432686

この記事へのトラックバック一覧です: 【4/1】初の休日おでかけパスで行く富士急日帰り旅:

« 宮原通信(3/31)~嵐の前に | トップページ | 【4/3】ニューシャトルに救われた仕事帰り »