« 今日は | トップページ | 第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その3~小松の町とトワイライトエクスプレス »

2012.06.24

第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その2~小松行きJAL1279便

 モノレールで羽田空港到着後、搭乗手続きを済ませてから早めのランチを済ませて展望デッキへ。少し時間があったので、行き交う旅客機を眺めることにしましたが、久しく来ないうちに改装されたようで、床が木目の入ったものになった他、周りを囲んでいた鉄柵がワイヤーに換えられていました。鉄柵のときはどこか物々しく圧迫感があったんですけど、ワイヤーに換わってすっきりした分、開放的になりました。

 そんなさまざまな機材が行き来する中、JAL機を中心にいろいろと眺めてまいりましたが、3月のときと比べJALのシンボルマークである鶴丸をつけた垂直尾翼が目立ってきた気がします。やはりJALといえばこのマークですねhappy01

羽田空港展望デッキ'12.6.8

JLMD90@羽田空港'12.6.8
(2枚とも)展望デッキからさまざまな機材を眺める

 12時半前に検査場を通過。搭乗ゲートとなった18番へと進みます。これから乗り込むのは13時ちょうど発の小松行きJAL1279便。この日はほぼ満席の状態で、空席待ちや後発便への振替希望を募るアナウンスが流れていましたが、周囲で待っている乗客のほとんどはビジネスマンばかり。この路線も北陸新幹線が開業すれば乗客の流れが変わり、影響が出てくるかもしれません。

 13時15分前を過ぎたところでようやく機内への案内放送が流れ、ようやく乗り込むことに。ほぼ満席の状態でJAL1279便は5分ほど遅れて羽田空港を離陸しました。

 離陸後、シートベルト着用ランプが消えると、眼下にはディズニーランドのある浦安周辺から都内へと進む様子が伺えました。日中のフライトだと窓から見える景色からどのあたりを飛んでいるのかを想像するのが楽しみの1つとなっていますが、その直後から厚い雲の上に入ってしまい、残念ながら富士山は確認できませんでしたweep

東京ディズニーランド上空
ディズニーランドを見送り東京を後に・・・

 その後は厚い雲の上を延々飛行し、機長から松本市上空を飛行中とのアナウンスが流れるものの、地上の様子は時より雲の切れ間から見える程度でした。それからしばらくして着陸態勢に入る旨のアナウンスが流れ、降下を開始。眼下に広がる日本海の海面が見えると、定刻より5分遅れて小松空港に着陸しました(つづく)。

|

« 今日は | トップページ | 第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その3~小松の町とトワイライトエクスプレス »

航空」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/55038190

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その2~小松行きJAL1279便:

« 今日は | トップページ | 第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その3~小松の町とトワイライトエクスプレス »