« 第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その2~小松行きJAL1279便 | トップページ | mattoh通信(6/16)~わくわくドリームが来る日 »

2012.06.24

第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その3~小松の町とトワイライトエクスプレス

 小松空港に到着後、すぐに小松駅行きのバスに乗り込みます。時刻は14時過ぎとまだ郵便局巡りが出来る時間でしたが、さほど遠くへは行くことが出来ないので小松市内で回るべく終点の1つ手前、西町停留所で降りることに。歩いて5分ほどのところにある小松京町局に立ち寄った後、北陸本線の高架を挟んだ反対側にある小松局へと移動して風景印を貰ってきました。

小松局風景印
小松市内の2つの郵便局で貰ってきた風景印

 小松駅周辺が高架になったことは3年前に訪れたときにすでに確認済みで、駅前もどこにでもあるような近代的な建物が連なっていましたが、最初に訪れた小松京町局周辺は古い町並みも残っていて、短い間ながらのんびり歩くことも出来ました。空港と大手重機械メーカーのイメージが強い町ですが、意外と見所も多いようですね。

町並み@小松市内
市内に残る古い町並み

 この後はこの日の宿となる金沢へ移動するだけ。午後3時過ぎに小松駅に到着後、きっぷを買って改札口を抜けてホームへと向かいます。この後、大阪からやってくるトワイライトエクスプレスが通過することからホームで10分ほど待っていると、濃いグリーンのEF81に牽かれたトワイライトエクスプレスが颯爽と通過していきました。

寝台特急トワイライトエクスプレス@小松'12.6.8
小松を通過するトワイライトエクスプレス

 3年前にも加賀笠間駅近くでトワイライトエクスプレスを撮影し、何かとご縁のある列車ではありますが、今年3月のダイヤ改正で日本海が臨時化され、毎日ではないものの定期的に動いている客車列車は今やこれくらいになってしまいました。

 この後、金沢方面へ向かう列車に乗るため反対側のホームへ。貨物列車やサンダーバードなどを撮影して過ごした後、15時34分発の金沢行きで小松を後にしました(つづく)。

EF81-726@小松'12.6.8

サンダーバード32号@小松'12.6.8
(2枚とも)小松駅で出会ったEF81牽引の貨物とサンダーバード

フォークリフト@小松'12.6.8
駅前に鎮座するフォークリフト

|

« 第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その2~小松行きJAL1279便 | トップページ | mattoh通信(6/16)~わくわくドリームが来る日 »

鉄道」カテゴリの記事

風景印」カテゴリの記事

コメント

北陸遠征お疲れ様です。

小松駅でのお写真、サンダーバードですが、大阪寄りの先頭車から2両目、パンタグラフ付きのサハになりますが、パンタグラフの向きが先頭車側(クロ)に付いていますね。これ、どうやら試作編成みたいです。登場時は9両固定編成で登場していますが、その後、量産車と同じように6+3の編成に改造されていますが、パンタグラフの向きが量産車と異なっていることで、見分けが付き易いそうです。レアものをゲットされたようで羨ましいです。

投稿: TOMO | 2012.06.27 17:36

 おはようございます。コメントありがとうございます。

 3年前に訪れたときは国鉄型の車両が幅を利かせていた北陸路もさすがに今は521系や683系といった車両がメインになりましたが、一見どれも同じに見える683系もバリエーションがあるようで、これは正直気がつきませんでした。

 それにしても北陸を回ってみて実感したのは、北陸新幹線の工事が着々と進んでいることで、加賀笠間と松任の間では北陸新幹線の車両基地の建設が真っ盛りでした。この地を走る在来線の特急列車もいずれは貴重なシーンになるんでしょうね。

投稿: mattoh | 2012.07.01 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/55042569

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その3~小松の町とトワイライトエクスプレス:

« 第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その2~小松行きJAL1279便 | トップページ | mattoh通信(6/16)~わくわくドリームが来る日 »