« 【5/26】2012さいたま鉄道三昧の1日その2~SRと鉄道博物館 | トップページ | mattoh通信(5/23)~改番されたEF65 »

2012.06.03

【5/27】久々の東急池上線散策

 先週の日曜日は午後から雨が降ってくるとの予報で、出掛けるのであれば午前中と思い朝食を済ませてから出発。五反田にやってまいりました。今回のテーマは東急池上線。現在、開業90周年キャンペーンとして池上線を走る車両の一部にヘッドマークをつけて運転しているとのことで、今回はそれを見てこようという次第でしたが、池上線では新しい車両の7000系に乗り込み、洗足池で途中下車しました。

 駅を背に左へと折れ、蒲田方面へ向かって線路沿いに歩きながら行き交う列車を撮影してみることに。しかしやってきたのは先程乗ってきたのと同じ7000系ばかりで、ここではヘッドマークを付けた列車には会うことが出来ませんでしたweep

東急7000系@洗足池'12.5.27
洗足池近くの踏切から。ここではヘッドマーク付きの車両には会えず。

 線路に沿って長い坂道を登り切ると眼下には石川台駅の構内が見え、そこへ向けて再び急坂を下っていきます。この間には桜の木も見かけ、春先はさぞかしきれいな光景が広がったことと思います。そんな石川台駅では年季の入った駅舎に迎えられ、ここから蒲田へ向けて再び列車に乗り込みました。

東急1000系@石川台'12.5.27
高台から見た石川台駅の様子

石川台駅舎'12.5.27
石川台の駅舎は年代モノ

 続いて池上駅に降り立ちましたが、ここは池上本門寺の最寄り駅。実は自分にとって思い出の地でもありまして、子供の頃に親に連れられて何度も墓参りに訪れたところでもありますが、当時池上線を走っていたのは濃いグリーンの3000系。これに乗った記憶は今もはっきりと残っていて、ステンレス車体が多かった東急の中で一時代前の3000系は時代遅れというイメージが子供ながらに持っていましたね。そんなわけで手持ちには撮影した写真はなしcoldsweats01。もとより子供だったこともあり、カメラがなかったというのが一番の理由でもありました。

東急7700系@池上'12.5.27
池上駅近くの踏切付近で

 この後、隣の蓮沼まで歩きながら撮影してみたものの、結局ヘッドマーク付きの列車には会えず。どうやら池上線での運用には就いていない様子だったので、泣く泣く蓮沼から乗り込み蒲田に到着すると、多摩川線のホームにヘッドマークをつけた7700系が停まっているのを確認。すぐに発車する様子だったので、手早く撮影してから乗り込みました。

東急7705@蒲田'12.5.27

池上線開業90周年HM
(2枚とも)ようやくヘッドマーク付きの車両と対面!

 多摩川線は路線が短く、途中駅で降りて待っていればすぐに多摩川からの折り返しが撮影できるので、何度か降りて撮影したことのある鵜ノ木駅近くの線路脇へ向かうことに。しばし待っていると、先程の7700系が多摩川から折り返してやってきました。

東急7700系@鵜ノ木'12.5.27
鵜ノ木駅近くでお出迎え

 公式サイトによれば、ヘッドマークつきの車両は他にも1000系や7600系に1編成ずつ取り付けられているそうで、他にも7700系1本をデビュー当時の帯なしに戻した編成があるなど、いろいろと話題が豊富な池上線には再訪したいところです。

 この後、多摩川を経由して武蔵小杉へと向かい、湘南新宿ラインで一気に帰ることに。ホームで待っていると、3番線ホームに何やら通過列車が接近しているとのことで何が来るのかと期待していたら、“金太郎”ことEH500が引っぱる貨物列車でした。金太郎自体は宇都宮線で度々目にするなど地元では馴染みのカマですが、神奈川県内で見ると新鮮ですね。

EH500-42@武蔵小杉'12.5.27
武蔵小杉で金太郎と遭遇

|

« 【5/26】2012さいたま鉄道三昧の1日その2~SRと鉄道博物館 | トップページ | mattoh通信(5/23)~改番されたEF65 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/54863726

この記事へのトラックバック一覧です: 【5/27】久々の東急池上線散策:

« 【5/26】2012さいたま鉄道三昧の1日その2~SRと鉄道博物館 | トップページ | mattoh通信(5/23)~改番されたEF65 »