« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012.08.31

キハ28形入線へ~いすみ鉄道

 このニュースも聴いたときにはちょっと驚きましたが、入線するのは1両のみで、すでに活躍しているキハ52形と連結して使用されるとのこと。キハ58系だけでリバイバル急行というわけにはいきませんが、この系列はまだ保存された例がないので、また1つ魅力が増えそうです。

キハ28-2407@多気'99.1
この雄姿が房総半島で見られることに・・・happy01

 こうなれば、パワフル×スマイルちばフリーきっぷの再販を期待したいところ。そうなればちょくちょく通いたくなりますねぇwink

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.08.30

mattoh通信(8/11)~銚子へ出かける前に

寝台特急あけぼの@宮原'12.8.11

 こちらにも書きましたが、11日は銚子方面へ出かけておりました。その出掛け、いつもの朝錬を済ませてから出発となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.29

銀河鉄道999号運行終了~上信電鉄

 突然のニュースでちょっと驚いていますが、この記事によれば、すでに著作権の使用期限が昨年秋で切れていたものの、作者である松本零士氏の好意により引き続き運行されてきたということで、これもついに9月で終了となってしまいました。

 上信に来る度、一番目に留まっていた車両だっただけに終了のニュースは寂しいところですが、週末に行われる上信電鉄のイベントは別件が入ってしまったため残念ながらパス。最後の姿を見に行くことはちょっと厳しそうです。

上信500形@下仁田'11.5.3
お世話になりました>999号

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.08.28

【8/19】シティライナーに乗ってみる~京成

 千葉への日帰り旅の仕上げは京成で都内へ揺られます。京成津田沼で乗り換えた西馬込行き快速が船橋に到着する直前、後続にシティライナーがやってくる旨アナウンスが流れました。使用されるのは元スカイライナーのAE100形。後輩にその座を明け渡してからはすっかり地味な存在となってしまい、1日2往復のシティライナーで細々と運転されています。そこで、久しぶりにAE100形に乗車することにしました。

 ホーム上の券売機で指定券を購入し待っていると、カバのような顔のAE100形が入線。15時2分、船橋を発車しました。指定券に記された車両には乗客は5人もいない程。予想はしていましたが、追加料金がかからない特急が頻繁に走っていることを考えると、わざわざ500円を払って乗るかどうかはなはだ疑問ですね。成田への観光客の需要も1日2本では望めないところです。

 途中の停車駅は青砥のみ。結局、船橋から30分弱で日暮里に到着し、ここでお見送りとなりました。

京成AE161@日暮里'12.8.19
1日2往復運転されるシティライナー

 AE100形は廃車も発生しており、後継のAE形にその座を奪われた格好となった今となっては、今後いつまで使用されるのかが気になるところですね。

 この後は日暮里駅周辺でスカイツリーをバックにあれこれ撮影タイム。上野からの折り返しとなるシティライナーを撮影してから帰途に付きました。

京成AE100形@日暮里'12.8.19
スカイツリーをバックに日暮里駅に到着する元スカイライナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.27

mattoh通信(8/9)~夜行2本

寝台特急あけぼの@宮原'12.8.9

寝台特急北斗星@大宮'12.8.9

 この日は夜行2本。カシオペアはありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.26

【8/19】アーバンフライヤー初乗車~千葉都市モノレール

 先週土曜日日曜日の続き、本千葉駅から歩いて5分ほどのところにある千葉都市モノレールの県庁前駅にやってきました。この後、前週に乗ることが出来なかったアーバンフライヤーを待つことにしますが、まずはその雄姿を見るべくホーム下にある踊り場で待機することに。待つこと10分、お目当てのスマートな車両がこちらに近づいてきました。

千葉都市モノレール0形@県庁前'12.8.18-1
アーバンフライヤーに初対面!

 外観はそれまでの1000形に比べ、斬新なスタイルが何ともスマートな印象を与えてくれますが、5分ほどで折り返してしまうことからここは見送ることに。駅からちょっと行ったところ、モノレール下の大通りの歩道で待機していると、静かにアーバンフライヤーが発車。千葉みなとへ向けて出発しました。

千葉都市モノレール0形@県庁前'12.8.18-2
県庁前を発車するアーバンフライヤー

 この後、アーバンフライヤーが戻ってくるまで30分ほど時間があり、それまでは駅付近でのんびりと待っていると、この日相方として運転されていたものちゃん号がやってきました。4年前の暮れ、やはり銚子電鉄を訪ねた帰りに寄り道して乗ったことがありましたが、千葉都市モノレールのサルのキャラクターが堂々とラッピングされ、なかなか目立っていますねcoldsweats01

千葉都市モノレール1000形@県庁前'12.8.18
千葉都市モノレールのキャラクターが大きくラッピングされた「モノちゃん号」接近

 このモノちゃん号が駅に入ったところを見届けてからホームへ。モノちゃん号をお見送りした後、千葉みなとから戻ってきたアーバンフライヤーに乗り込みます。さっそく車内へと進みますが、何と言っても明るい車内が印象的ですね。「空中飛行鉄道」を謳うだけあって大きな窓ガラスが印象に残っていますが、千葉都市モノレール期待の新車だけにイベントでも使われているようです。

千葉都市モノレール004@県庁前'12.8.18
いよいよアーバンフライヤーに初乗車

 こうして13時50分、千葉みなと行きのアーバンフライヤーは県庁前を発車。その後、千葉まで乗車し、千葉みなとから戻ってくるところを撮影しようと駅周辺を探したところ、隣の栄町駅付近までやってきました。待つこと数分、県庁前行きのアーバンフライヤーがこちらに接近。これを撮影後、京成千葉駅へと向かいました(つづく)。

千葉都市モノレール0形@栄町'12.8.18
栄町駅付近で返しを撮影

アーバンフライヤー記念入場券
デビュー記念の入場券をおみやげに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/19】京葉臨海鉄道創立50周年イベントを訪ねる

 先週の土曜日日曜日は千葉方面へお出かけすることに。2周続けてとなりましたが、今回は自宅をゆっくり目に出発。大宮からしもうさ号に乗り込み、京葉線を経由して内房線の浜野までやってきました。

 この駅に降り立ったのはこれが初めて。さっそく改札を出ると、京葉臨海鉄道の社員がイベント会場の案内がてら立っており、その方に道順を聞いてから出発。わかりやすい道順だったこともあり、15分ほどで千葉貨物駅に到着しました。

千葉貨物駅'12.8.18
イベント会場に到着

 今年は京葉臨海鉄道が創立50周年ということで、3回のイベントが予定されていますが、そのうちの1回目は4月上旬に開催。この時は毎年恒例の花見オフと重なってしまったことから今回ようやく足を運ぶことが出来ました。まずは構内の一番奥、撮影会場と向かうことに。側線には凸型のディーゼル機関車が並んでいて、うち1台がヘッドマークを付けて出迎えてくれました。

京葉臨海KD55201@千葉貨物駅'12.8.18
凸型のディーゼル機関車が並ぶ構内

 一見すればどれも似たような機関車に見えますが、形式を見るとKD55形とKD60形の2種類が存在。顔つきがちょっと異なります。

 この後しばらく会場内をブラブラ歩いて見ましたが、構内には2両の大物車が止まっているのが見えました。こちらも普段なかなか目にする機会がありませんが、こうして間近で目にすると、その名の通り巨大さにただ圧倒されてしまいますね。昔はこうした貨車には全く興味が湧かず、専ら人が乗る旅客車両ばかりに目が行っていましたが、これも“撮”というカテゴリーが入ってきた賜物(?)かもしれません。

京葉臨海シキ280形@千葉貨物駅'12.8.18

京葉臨海シキ600形@千葉貨物駅'12.8.18
(2枚とも)大物車と対面

 しばらくして体験乗車の機関車が動き始めたため、再び奥の撮影会場へ。ヘッドマークを付けたKD603号機が構内を行ったり来たりしていました。最近、鉄道会社のイベントでこうした体験乗車のコーナーを見かけるようになりましたが、普段運転台の様子を間近で見る機会はなかなかないので、貴重な体験が出来ますね。

京葉臨海KD603@千葉貨物駅'12.8.18
構内を行き来するKD603号機

 旅客鉄道のイベントとは異なり、普段馴染みの薄い貨物専用の鉄道会社とあって、展示された機関車や資料も貴重なものばかりでしたが、会社としてどんなことを行っているのかを知るには有意義なイベントと言えますね。

 来た道を戻りながら再び浜野駅の前へと到着。すると急に雲が立ち込めてきたかと思っていたらそのうち雨が降り出してきました。イベント会場では晴れ間も出ていたので前週の不安が過ぎってきましたが、千葉行きの列車に乗って本千葉に到着すると雨は上がりひとまず安心。そのまま5分ほど歩いて千葉都市モノレールの県庁前駅へとやってきました(つづく)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.25

mattoh通信(8/5・夕方編)~暑い夏の夕暮れ

 5日の夕方、朝方見送った群馬方面への臨時列車が戻ってくるので、出迎えることに。ビルの合間から抜ける西日を浴びてやってきました。

快速はちおうじやまどり@宮原'12.8.5

快速お座敷たんばらラベンダー@宮原'12.8.5
(2枚とも)西日を浴びてやってきた2本の臨時列車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.24

今日は

今日は
大井川鉄道のSLに乗ってきました。明日は撮りの方をしてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.23

廃止2題

 今月に入り3つの路線が廃止の方針を打ち出しましたが、いずれも厳しい状況が続くところばかりで、存続はかなり困難な状況になっています。1つはJR江差線で、北海道新幹線と並行する区間を除く木古内から先、江差までの末端区間が対象となりますが、JR北海道の中ではもっとも輸送密度が低く、廃止の声も止むなしといったところがあるように思えます。

 そんな江差線ですが、初乗りしたのは’91年の夏。北海道ワイド周遊券を使い、2週間掛けて道内を乗り歩いたときでした。函館から乗り込んだ列車で江差に着くとすぐに折り返しの函館行きに乗ってしまうという典型的な乗り潰しの行程でしたが、沿線の風景もおぼろげにしか記憶に残っておらず、もう一度訪ねておきたいところですね。ただ1泊2日の行程ではかなり厳しいので、どちらかに夜行を使う必要がありそうです。

江差駅舎'91.9.1
終着の江差駅の様子。21年前の風景です。

 もう1つは近鉄内部線と八王子線。こちらはおととい、近鉄が廃止の方針を打ち出しましたが、ここも江差線同様、乗り潰し目的で慌しく往復した記憶がかすかに残っているのみだったりします。北勢線と並ぶ数少ないナローゲージの路線とあって、こちらももう少し時間をかけて訪ねてみたいところですね。

西日野駅舎'95.12.23
'95年の暮れ、夕方の終着駅に降り立ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.08.22

mattoh通信(8/5・朝編)~群馬方面への臨時3本

寝台特急あけぼの@宮原'12.8.5

 この日の朝は群馬方面へ向かう臨時が3本走りました。まずやってきたのは、はちおうじやまどり。前の週、大宮からのむさしの奥多摩号に乗車した際、新秋津で反対のホームに停車していたのを見かけましたが、高崎線以北では見慣れてはいるものの、武蔵野線内ともなると珍しい”お客さん”といえますね。

快速はちおうじやまどり@宮原'12.8.5
この日は八王子始発の快速に使用>やまどり

 続いてはEL&SLみなかみ号。この日は大船からやってきましたが、前の日が大船と水上を往復したのに対し、この日は大船発のみで折り返しはありませんでした。

快速EL&SLみなかみ@宮原'12.8.5
EL&SLみなかみはEF60による運転

 ラスト、トリを勤めたのは、お座敷たんばらラベンダー号。7月までは宴でしたが、8月からは華による運転となりました。

快速お座敷たんばらラベンダー@宮原'12.8.5
8月からは華による運転>たんばらラベンダー

 以上、朝の部はおしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.21

mattoh通信(8/4)~183系団臨祭り

183系@宮原'12.8.4-1

183系@宮原'12.8.4-2

 この日の朝錬、2本の183系がやってきました。臨時列車から団臨まで幅広く使われていますが、国鉄型もまだまだ健在ですね。

 この後、あけぼのまで粘り、そのまま伊豆へ向けて出発しました。

寝台特急あけぼの@宮原'12.8.4
あけぼのを見送り出発

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.20

副都心線相互乗り入れの陰で消える日比谷線乗り入れ

 発表されてから一月ほど経過しておりますがcoldsweats01、来年3月に東京メトロ副都心線の相互乗り入れがスタートする代わりに日比谷線の東横線への乗り入れが終了となります。車体長やドア数が他の会社の車両と異なるとあって、この措置は当然といえば当然とも言えますが、日比谷線が全線開業した1964年から始まっているので、49年目でピリオドを打つことになります。

 思えば日比谷線の乗り入れは伊勢崎線での印象が強く、東横線内では区間で乗ったのが何度かとあまり印象はなかったりします。終了前に一度、北千住と菊名の区間を通しで乗っておきたいところです。

東京メトロ03系&東急5000系@多摩川'10.10.3
49年間でピリオドを打つことになった日比谷線の東急東横線乗り入れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.19

mattoh通信(8/2)~この日も

寝台特急あけぼの@宮原'12.8.2

寝台特急カシオペア@大宮'12.8.2

寝台特急北斗星@大宮'12.8.2

 夜行3本狙い。この日のカシオペアは銀ガマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
京葉臨海鉄道のイベントを訪ねた後、千葉都市モノレールの新車、アーバンフライヤーに乗ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.18

【8/11】今年も発売、パワフル×スマイルちばフリーパスで銚子電鉄を訪ねる

 お盆直前の土曜日、銚子電鉄のデハ1001号が銀座線カラーにリバイバルされるのを記念してイベントが行われるとのことで、パワフル×スマイルちばフリーきっぷを使って訪ねてまいりました。

 例によって自宅から一番近い発売駅である南流山へ向かい、きっぷを購入。ここから銚子までは今年3月に銚子電鉄を訪ねた時と同じ我孫子、成田を経由して10時59分に銚子に到着しました。さっそく歩いて仲ノ町駅へと移動。するとすでに車庫の中には多くの人が集まっていて、銀座線カラーにリバイバルされたデハ1001号が先にリバイバルされた丸の内線カラーのデハ1002号と並んで展示されていました。

銚子1000形@仲ノ町'12.8.11-1
千葉の港町で営団カラーがリバイバル!

 この地で往年の営団カラーがリバイバルされるとは思いもよりませんでしたが、丸の内線カラーが出たとなれば銀座線カラーも欲しいところ。こうして実現の運びとなりました。

 昼時だったので、外川行きの列車に乗り込み観音へ。3月のときに訪ねた飯沼観音の前にある漬け丼の店、「七兵衛」へやってきました。以前はこの地でこれといって目指す店というのがなかったんですが、3月に足を運んだときにアカマンボウの漬け丼を頂いてからはここが真っ先に思い浮かぶようになり今回もやってきた次第。で、今回はイワシの漬け丼を注文。前週の下田に続き、新鮮な魚介類を頂きました。

イワシ漬け丼@七兵衛'12.8.11
この日のランチはイワシの漬け丼

たい焼き@観音'12.8.11
たい焼きももちろんデザートにwink

 もちろん観音駅名物のたい焼きもデザートに頂き、外川行きに乗車。車内は土曜日とあってイベントから流れてきた乗客と観光客で賑わっていましたが、その半分くらいは犬吠で下車し、残り半分は終点の外川に到着した後、各々列車や駅舎をバックに記念撮影してからそのまま折り返し。外川駅に残ったのは自分を含めて3人ほどでした。

 再び静けさが戻り、のんびりと終着駅の様子を眺めることに。駅舎は変わりないものの、駅前に設置された赤い丸ポストと構内の側線に留置されたデハ801号は以前来た時にはなかったもので、いずれものんびりとした駅周辺の風景にアクセントをつけておりました。

丸ポスト@外川'12.8.11
外川駅で見つけた丸ポストとデハ801号

 少し時間があったので、犬吠駅まで歩いて移動することに。駅脇の踏切付近に広がるトウモロコシ畑を横目にすっきりとした駅前に到着。つい最近まで駅前にあった廃車体のあったところにはプレハブが建てられ、観光案内所になっていましたが、それを横目にすぐに銚子行きに乗り込み、犬吠を後にしました。

銚子2000形@犬吠'12.8.11
トウモロコシ畑の中を外川へ向けて走る

 再び仲ノ町で途中下車。車庫ではまだイベントが行われていて、デハ1001号が午前中とは違ったヘッドマークをつけていたため再び見ていくことに。今回はイベント会場でのみの対面となりましたが、次回は本線を動いているところを見たいところ。これは再訪の余地がありますね。

デハ1001HM
午後のイベントで出されたヘッドマーク

 再び歩いて銚子駅へ。この後は14時17分発の特急しおさい12号に乗り込み、千葉へと向かいますが、成東に到着するとここでしばらく運転を見合わせる旨のアナウンスが流れてきました。何でもこの先の佐倉と八街の区間で大雨が降っており、運転再開の見込みは立っていないとのこと。ところがここ成東は晴れ間も覗かせるほどで雨は降っておらず、にわかに信じがたいところでした。

特急しおさい12号@成東'12.8.11
成東で足止めされたしおさい12号

 実は特急に乗車したのは、千葉に寄り道して先月デビューした千葉都市モノレールの「アーバンフライヤー」に乗るためでしたが、こうして予定が狂ってしまったことから今回は断念。やむなく15時37分発の東金線大網行きに乗り、大網で京葉線経由の東京行きに乗り換えることに。実はアーバンフライヤーに乗った帰り道、千葉みなとから乗る予定の列車だったため、宮原には予定通りの時間に到着と相成りましたcoldsweats01

 最後で予定が狂うという何とも残念な1日となってしまいましたが、アーバンフライヤーの方は後日リベンジしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.17

mattoh通信(7/31)~夜行3本

寝台特急あけぼの@宮原'12.7.31

寝台特急カシオペア@大宮'12.7.31

寝台特急北斗星@大宮'12.7.31

 7月最後の日は遅番ということで、夜行列車を3本撮ってまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.16

mattoh通信(7/30)~花火大会

寝台特急あけぼの@宮原'12.7.30

 この日の夜は大宮の花火大会。今年は例年に比べると少し高めに打ち上げていたように思えますが、実際にはどうだったんでしょうか?

花火@大宮'12.7.30
夜は大宮の花火大会を見物

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.15

mattoh通信(7/29)~夕方の珍客

寝台特急あけぼの@宮原'12.7.29

 先月29日はこちらにも書いたとおり、むさしの奥多摩号に乗って奥多摩へ行っておりましたが、帰り道に乗った高崎線の列車がさいたま新都心駅に到着した際、貨物線に115系らしき湘南色カラーの車両が停まっていました。「もしや」と思い、宮原到着後そのままスタンバイ。すると115系が高崎方面へ向けて走っていきました。

115系@宮原'12.7.29-1

115系@宮原'12.7.29-2
高崎線を走る115系

 見ての通り、むさしの奥多摩号で使用される予定だった115系で、高崎へ向けて帰るところを遭遇しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.14

【8/10】風景印集め、調布駅、鉄道むすめ・・・

 先週金曜日、休暇を取って都内をブラブラすることに。新宿で京王に乗り換えて初台で下車。ここと隣の幡ヶ谷近くにある2つの郵便局の風景印を貰ってきました。どちらも降りるのは初めてでしたが、初台駅の真上に東京オペラシティがあり、その中に郵便局がありました。

東京オペラシティ&代々木局風景印
東京オペラシティ局(左)と代々木局の風景印

中庭@東京オペラシティ'12.8.10
東京オペラシティを訪れるのは初めて・・・coldsweats01

 幡ヶ谷から一気に国領へと移動。ここから調布までの区間は現在、地下線工事が大詰めを迎えており、いよいよ今週末の19日には線路の切り替えが完了となりますが、この辺りは恥ずかしながらこれまでノーマーク状態。直前になってようやく足を運んだという次第でありましたcoldsweats01

京王8000系@国領'12.8.10

国領駅前風景印
地下線化される国領駅周辺(画像上)と国領駅前局の風景印

調布国領五局風景印
布田駅近くにあった調布国領五局の風景印

 駅近くにあった郵便局で風景印を貰った後、隣の布田駅まで歩いてみることに。出来るだけ線路に沿うように住宅街を縫いながら歩き続けること15分ほど、布田駅近くの踏切のところへとやってきました。この辺りは完全な地下線化される区間で、一見すればこれまでと変わらない光景が広がっていますが、ひっきりなしに列車が行き来するこうした光景もあとわずかとなってしまいました。

京王7000系@国領'12.8.10

京王8000系@国領'12.8.10

地下線工事ポスター
(3枚とも)国領・布田間を歩く

 駅の近くにある郵便局に寄った後、調布へ向かうべくホームへと入りますが、ここでも行き交う列車の様子を眺めてみることに。すると、先頭車の正面に赤い斜めのラインで埋め尽くされた列車が近づいてきました。一目で事業用車両であることが明らかなこの車両、デワ600形という車両で、地下線切り替えの区間で見かけるとは何ともラッキーでありましたhappy01

京王デワ600形@布田'12.8.10
事業用車両デワ600形と遭遇

 こうして調布へとやってくると、さっそくホームの八王子寄りで行き交う列車の様子を眺めることに。橋本方面からやってくる列車が渡り線を行き来しながら入線する様子は何とも圧巻でしたが、もうちょっと前にじっくり見ておきたかったところですね。

京王9000系@調布'12.8.10


この渡り線も残りわずか・・・

 これで付替え区間を離れ、聖蹟桜ヶ丘へとやってきました。早速駅に隣接する京王アートマンというショッピングセンターへ。ここでは只今鉄道フェアが開催されており、京王の鉄道むすめである橋本わかばのフィギュアを買うと先着でクリアファイルが貰えるキャンペーンが行われていたので1個入手すると、5月のときに貰ったものとは別物で、今回は裏地が白のバージョンでした。

橋本わかば等身大ポップ@京王アートマン
わかばさんの等身大ポップが置かれた京王アートマン

橋本わかばクリアファイル
今回ゲットした別バージョンのクリアファイル

 その後、2月の時と同じく多摩川の土手で京王の列車を撮影してから帰途につきました。

京王9000系@聖蹟桜ヶ丘'12.8.10
多摩川を見ながら撮影タイム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.13

mattoh通信(7/28)~昼間のムーンライト

 この日は上越線内での大雨の影響で、あけぼのはおろかその前を走るムーンライトえちごも相当遅れているとのことでした。当初は普段通り朝練を済ませてから原市沼の古代蓮を見に行く予定でしたが、その予定を先に済ませてから早々に戻ってきました(詳しくはこちら)。

 まずはリゾートやまどりから。この日は八王子が始発となる「快速はちおうじやまどり」として運転され、武蔵野線内を走り抜けてやってきました。

快速はちおうじやまどり@宮原'12.7.28
この日は八王子始発の臨時列車として運転>やまどり

 続いては快速みなと碓氷号。大船からやってきた臨時列車ですが、183系でしかも「快速」表記とあって、ヘッドマークを期待した向きにはちょっと残念でしたね。そんなとき、上りムーンライトえちごと交換。思わぬ格好で国鉄型の共演が実現しました。

183系&485系@宮原'12.7.28
みなと碓氷号とムーンライトえちご号のそれ違いシーンが実現!

 この直後、ジョイフルトレイン「宴」を使用したお座敷たんばらラベンダー号がやってきました。

快速お座敷たんばらラベンダー@宮原'12.7.28
宴使用のお座敷たんばらラベンダー号

 そして午前9時前、ようやくあけぼのが定刻よりも2時間半の遅れで通過して行きました。

寝台特急あけぼの@宮原'12.7.28
大幅に遅れてやってきたあけぼの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.12

【8/5】Bトレ展@鉄道博物館

 伊豆への日帰り旅の翌日、基本は地元でのんびり過ごすことにしていましたが、鉄道博物館で今日まで開催されていたBトレ博を観てみたいと思い、夕方近くに自宅を出発。鉄博へとやってきました。

Bトレ博@鉄道博物館'12.8.5
Bトレが一同に集まった企画展会場に到着

 会場にはこれまでに発売されたBトレの模型が展示。JRから私鉄まで幅広い種類の車両がBトレとして発売されていますが、展示された模型を見るとこんな車両も製品化していたのかと改めて感心してしまいました。

Bトレ模型@鉄道博物館'12.8.5
鉄道会社ごとにショーケースに展示されていました(こちらは東武)

 一通り見物した後、館内を散策。概ね変化はありませんが、エントランスに鎮座するようになったクハ167系のモックアップにNHKのキャラクター、どーもくんがデザインされたヘッドマークが取り付けられていたのを見掛けました。ちょうどNHK主催で「鉄どーもくんを探せ!」と題した企画が行われていて、鉄道博物館駅をはじめ、埼玉県内に所在する鉄道会社の指定された駅に降り、携帯で参加するというもの。それに併せて登場したようです。

鉄どーもくんHM
「鉄どーもくんを探せ」の企画に併せて登場した特製ヘッドマーク

 こうして17時前に鉄博を退散。ニューシャトルに乗って加茂宮駅へと帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/4】18きっぷで行く下田日帰り旅・復路編

 18きっぷで行く下田日帰りの旅、伊東ぷらんぽのラッピング車両から降りてそのまま改札へ向かうと、精算所の脇にアニメ「夏色キセキ」に登場するキャラクターの等身大ボードがお出迎えしてくれました。このアニメの主人公、逢沢夏海が伊豆急下田駅の名誉駅長に任命されたとのことで、乗車券を改札で見せた際に申し出ると、先着でプレゼントされるポストカードをいただくことができました。

夏色キセキ等身大ボード@伊豆急下田'12.8.4
夏色キセキの登場人物がお出迎えheart01

 すでに昼を過ぎているので、まずは腹ごしらえをしようと駅前の食堂に入ることに。やはり下田に来たからには新鮮な魚介類を食べたいところ。そこでちょっとお値段は張りましたが、刺身定食を注文。マグロやブリを始め、ウニやイカなどいろんな種類の刺身が盛り合わせになっており、しかもマグロやブリは身が厚く、おいしくいただくことができましたhappy01

刺身定食'12.8.4
この日のランチ。刺身の盛り合わせをいただきましたwink

 こうして腹も満たされ、市内へ繰り出すことに。帰りの列車までは1時間半ほど。あまり遠出ができないので、適当にブラブラしようと思った矢先、突然雨が降り出してきました。雲が出ていたものの雨は大丈夫だろうと思っていただけに、突然の雨のおかげでのんびり散策というわけにはいかなくなってしまいましたが、坂本龍馬ゆかりの宝福寺の前を通り抜け、寝姿山のロープウェイ乗り場にやってきました。

宝福寺@下田'12.8.4
坂本龍馬の像が鎮座する宝福寺

 往復するくらいは出来るかと思い出発時間を確認しましたが、山頂で乃滞在時間はほとんどなく、すぐに引き返してしまうのでは慌しかったため、こちらは泣く泣く断念weep。これだったら最初からロープウェイに乗れば十分時間があっただけに、判断を誤ってしまいました。

 そんなわけで、出発まではまだ30分以上もありましたが、この後14時9分に先程片瀬白田でそれ違った夏色キセキのラッピング列車が到着するので、歩いて10分ほどのところの線路脇で待機することに。ほぼ定刻にリゾート21がやってきましたが、改めてその車体を見ると、アニメに登場する4人のキャラクターがあちこちにラッピングされていて、なかなか派手ですねcoldsweats01

伊豆急2100系@伊豆急下田'12.8.4-1
夏色キセキラッピング仕様のリゾート21と再会を果たす

 駅へ戻り、窓口で逢沢夏海駅長就任記念乗車券を入手してからホームへ。先程で迎えたリゾート21が停まっている同じホームには、立川からの特急リゾート踊り子号で使用された黒船電車が停まっていました。立川から南武線を経て東海道本線を走り抜けた列車ですが、そのツーショットを撮影してからいよいよリゾート21に乗り込みます。

伊豆急2100系@伊豆急下田'12.8.4-2

夏色キセキラッピング

夏色キセキサボ
(3枚とも)夏色キセキラッピング車両で出発します

 せっかくなので、先頭車の展望室に乗り込むことに。土曜日の午後というせいもあるのか車内はさほど混雑していませんでしたが、発車直後に流れてきたのは、キャラクターの声を担当する声優による車内アナウンスでした。今年6月、のと鉄道で乗った「花咲くいろは」のラッピング車両でも声優によるアナウンスが流れていましたが、ここ伊豆急のは到着駅の案内のみとシンプルなものでした。

 途中の駅で少しずつ乗客が乗り込んでくる中、車両基地のある伊豆高原では今年1月に乗車したクモハ103号や検査中のリゾートドルフィンの姿を確認。前回はこれらの車両が主役でしたが、今回は残念ながら動いているところを見ることが出来ず。こちらは次回来るときに見たいですね。

伊豆高原電車区
車内から見た電車区の様子。クモハ103号が昼寝中でしたsleepy

 こうして伊東まで戻り、再び伊豆急からJRへと乗務員が変わると、これまで流れていた声優によるアナウンスも終了となりました。16時10分、終点熱海に到着。7分の待ち合わせで東海道本線上り東京行きに乗り換え。小田原で湘南新宿ラインに乗り換えて帰途につきました。

夏色キセキ駅長就任記念乗車券
今回の戦利品happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【8/4】18きっぷで行く下田日帰り旅・往路編

寝台特急あけぼの@上野'12.8.4
長旅を終えたあけぼのにご挨拶

 8月最初の週末は18きっぷの2日目を使って伊豆方面へ日帰り旅をしてきました。いつも通り、地元で朝練を済ませてから、直後の上野行きに乗車。長旅を終えたあけぼのを上野でご挨拶してから東京へと向かい、東海道本線の列車に乗り換えて一気に熱海へ到着すると、側線に斜めストライプの185系が止まっているのが見えました。

185系@熱海'12.8.4
熱海で見かけた斜めストライプ185系C1編成

 編成が短いことから付属のC1編成でしたが、先日大宮工場から出場間近のところを見かけて以来の対面で、一度はA8編成と繋げた長い編成で見てみたいところです。

 さっそく伊東線の発車する1番線へ移動すると、9時43分発伊豆急下田行きとなる8000系がすでに入線ていましたが、停まっていたのがハワイアンブルーの帯がないステンレスの8002Fでした。東急時代を思わせるリバイバル編成にいきなり会えるとは何ともラッキーでしたが、さっそくこちらに乗り込むと9時43分、熱海を発車しました。

伊豆急8000系@伊豆高原'12.8.4
往年の東急を思わせるマリンブルー帯なしの8000系8002F

 伊東で乗務員交代。JRの社員から伊豆急の社員に引き継がれると、列車は伊豆急線内へと進みます。当然ここからは18きっぷの適用外となるため、回ってきた車掌さんから乗り越し分を精算することに。とりあえず片瀬白田まで行くことにしました。

 10時54分、片瀬白田に到着。ここで熱海行きのリゾート21と交換しますが、やってきたリゾート21の車体にはアニメのキャラクターと思しきラッピングが施されていました。「夏色キセキ」という下田を舞台にしたアニメのキャラクターとのことで、こちらはこの後帰りに乗車しているので、ここではお見送りに留めておきます。

伊豆急2100系@片瀬白田'12.8.4
片瀬白田でリゾート21のアニメラッピング車両をお見送り

 この後、12時18分発の伊豆急下田行きまで1時間ちょっとの間、周辺で伊豆急を行き交う車両を撮影しながらのんびり過ごすことに。雨こそ降りませんでしたが、空は薄く雲が出ており、夏らしい青空というわけには行きませんでした。海の方も台風の影響なのか波が高く、夏の伊豆らしい風景をカメラに収めたかっただけに、ちょっと残念でしたね。

185系@片瀬白田'12.8.4

伊豆急8000系@片瀬白田'12.8.4

251系@片瀬白田'12.8.4
(3枚とも)片瀬白田で撮影タイム

 こうして12時18発の伊豆急下田行きに乗り込むことに。やってきたのは車体にピンク色のラッピングが目立つ8000系8016F。「伊東ぷらんぽ」という伊東温泉の観光案内のキャラクターで、車内にも雲のようなキャラクターが数多く飾られていましたが、こちらに揺られることおよそ20分ちょっと、12時43分に終点の伊豆急下田に到着しました(つづく)。

伊豆急8016@伊豆急下田'12.8.4
「伊東ぷらんぽ」のラッピング車両で伊豆急下田へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.11

2012年夏18きっぷの旅~夕方の長野駅でウォッチング

 18きっぷの旅の続き。今回はおまけになりますが、懇親会の開始時間まで1時間ほど時間があったので、長野駅の構内で行き交う列車を眺めながら時間潰しすることにしました。特にあてがあるわけではありませんでしたが、名古屋行きの特急ワイドビューしなの24号やしなの鉄道の115系などを見ながら過ごしました。

特急ワイドビューしなの24号@長野'12.7.21
名古屋へ向かう特急ワイドビューしなの24号

 そんな中、飯山線の乗り場には見覚えのあるディーゼルカーが停まっていました。通常飯山線で見かけるキハ110形ではなく、“タラコ”こと首都圏色のキハ40形を両端に繋げた3両編成の列車ですが、今朝方東三条で見かけた「越後・信州ぐるり一周号」が18時28分に到着したところでした。ここで再会するとは思いも寄りませんでしたが、国鉄型のディーゼルカーで旅する飯山線も今は格別かもしれませんね。

キハ40形@長野'12.7.21
新潟から飯山線を経て長野に到着した「越後・信州ぐるり一周号」

 その直後、今度はリゾートビューふるさとで使用されるHB-E300系が入線。こちらはこの後、18時48分発のナイトビュー姨捨号として使用されるとのことで、今回はその姿を見るに留まりましたが、これは近いうちに何とかリベンジしたいですね。

HB-E300系@長野'12.7.21
今回は見るだけ・・・weep

 こうして長野駅を離れ、駅近くの居酒屋で懇親会がスタート。参加者と談笑をして過ごした後、21時6分発あさま552号で帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
今日は
銚子電鉄のイベントを訪ねてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.10

2012年夏18きっぷの旅~乗れなかったリゾートビューふるさと号

 この夏は18きっぷを入手しており、あちこち出かけようと考えていますが、さっそく使用開始日の7月20日から出かけてきました。とはいえ、実際に使用するのは翌21日から。大宮から快速ムーンライトえちご号に乗り込みました。昨年までは183系による運行でしたが、今年から新潟車両センター所属の485系に代わり、元の車両へと戻りました。

 高崎に到着したところまでは記憶があったものの、その後は水上で運転停車していた時と上越線内での徐行運転のときに薄っすら記憶しているくらいで、加茂を過ぎたあたりで目が覚めました。夏場とあって外もだいぶ明るくなり、ほぼ定刻の4時51分に終点の新潟に到着。改めて乗ってきた485系を見て回ると、特徴のある先頭車のヘッドライトが見え、ここで初めてT18編成だったことに気がつきましたcoldsweats01

快速ムーンライトえちご@新潟'12.7.21
この日の担当はT18編成でした>ムーンライトえちご

 落ち着く暇もなく5時ちょうど発の吉田行きに乗車。越後平野を走りながら終点の吉田までやってきましたが、ここで急遽予定変更。弥彦神社へ行くことに。6時29分発に乗って終点に到着後、15分ほど歩いて弥彦神社にやってきました。ここを訪れるのは初めてでしたが、新潟のみならず全国にも名を知らしめている神社だけあって境内も広く、くまなく見て回るとなれば1日は必要かもしれません。

弥彦神社'12.7.21
初めて足を運んだ弥彦神社

弥彦駅'12.7.21
神社風の駅舎を持つ弥彦駅

 お参りを済ませ、来た道を戻り再び弥彦駅へ。神社風の駅舎を見ながら7時27分発に乗り込み、吉田ですぐ接続する東三条行きに乗り換えました。東三条では30分ほど待ち時間があり、行き交う列車を撮影しながら時間潰し。しばらくすると“タラコ”と呼ばれる首都圏色のキハ40系が入ってきましたが、新潟から飯山線経由で戸狩野沢温泉へ向かう臨時列車「越後・信州ぐるり一周号」でした。

快速越後・信州一周号@東三条'12.7.21
戸狩野沢温泉行き臨時列車「越後・信州ぐるり一周号」と出会う

 この後、北越2号が到着。後続の8時34分発長岡行きで東三条を後にしました。長岡からは直江津行きに乗り換え。車内には中学生のグループが前のボックス席に座っており、賑やかに談笑していましたが、鯨波で降りたところをみると海水浴に来た様子。この後、2年前に撮影した日本海が一望できる一帯や青海川を過ぎ、終点の直江津に到着しました。

クモハ475-46@谷浜'12.7.21
北陸本線で乗った急行色

 ここで1分の乗換で北陸本線富山行きに乗車。乗り込んだのは急行色の475系でしたが、さっそく次の谷浜で途中下車することにしました。ここはJR 西日本最東端の駅で知られる駅ですが、ここで1時間ほど撮影タイム。有間川駅方面へ歩いて10分足らずのところでのんびり待っていると、はくたかや北越などがやってきました。

北越4号@谷浜'12.7.21
谷浜で出会った”国鉄型”

 12時14分発の富山行きで出発し、糸魚川に到着。多少時間があったため、駅隣の観光物産店内にある飲食店でランチを摂ることに。あてはなかったものの、「ブラック焼きそば」と書かれたメニューを見かけたので気になって注文。糸魚川発祥のB級グルメだそうで、イカ墨を麺に絡めたものでした。

ブラック焼きそば@糸魚川'12.7.21
糸魚川のB級グルメ、ブラック焼きそばをランチに頂きましたwink

 無事昼も済ませホームへ。大糸線のディーゼルカーはステンレス車体のキハ120形で、前任のキハ52形に比べるとどうしても安っぽく感じてしまいますが、車内は登山客のグループで埋め尽くされており、賑やかに談笑していました。そんな登山客も平岩でほとんどが下車。静かな車内のまま、14時12分に終点の南小谷に到着しました。

キハ120形@南小谷'12.7.21
南小谷に着いたものの・・・

 さっそく改札に向かうと、思いもしなかった事実が判明してしまいました。この旅一番の楽しみだった快速リゾートビューふるさとが運休とのこと。前日長野県内を降った雨の影響で、篠ノ井線が朝から全面ストップしたとのことで、当然南小谷行きのリゾートビューふるさともその影響を受けることになってしまいました。

運休案内@南小谷'12.7.21
南小谷に来て知った”悲報”weep

 とはいえ、19時に長野で待ち合わせをしているので、さっそく備え付けの時刻表で確認。普通列車だけで乗り継いでも何とか長野には19時前には到着できることがわかりましたが、乗っているだけでつまらないところ。そこで頭の中に思いついたのが、信濃大町と長野を結ぶバスの存在。再び時刻表で確認すると、最終16時35分発に何とか接続できるとのことで、急遽変更と相成りました。

 こうして15時25分発信濃大町行きで南小谷を発車。乗る予定のなかったE127系の車内から木崎湖を見ながら16時20分、終点の信濃大町に到着しました。さっそくみどりの窓口で乗車券を購入。定刻の16時35分、信濃大町を発車しました。

 バスは信濃大町の市街地を抜けるとすぐに山道へと入り、連続するカーブを進みながら大町街道という道をひた走ります。「日本一美しい村」と書かれたキャッチフレーズを掲げる小川村を通過し、ほぼ定刻の17時45分に終点の長野駅前に到着。リゾートビューふるさとの運休がなければ乗ることがなかったバスでしたが、長野新幹線と組み合わせれば,大宮から信濃大町までは最短ルートとなりますね。

 結果的にはリゾートビューふるさとよりも40分ほど早く長野に到着。この後しばらくホームに入って観察することにします(つづき)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.09

mattoh通信(7/26)~東京と青森を結ぶ列車

寝台特急あけぼの@宮原'12.7.26

E5系@大宮'12.7.26

 遅番だったこの日は新幹線狙い。特段変わったことはありませんでしたので、東京と青森を結ぶ2つの列車を載せておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.08

第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その9~金沢カレーとレアモノ航空機

 第2回全国鉄道むすめ巡りの旅もこの記事で完結となりますが、七尾から乗り込んだサンダーバード20号で金沢に到着後、ランチを食べるため東口のバス乗り場へ。窓口で「ICa」というバスに乗れるICカードを入手してから近江町方面へ向かうバスに乗り込みました。

 金沢駅を出てから5分ほどで到着。「金沢の台所」と呼ばれる近江町市場ですが、実はここを訪れるのは初めてだったりします。さっそく建物の中に入ると、新鮮な魚介類を扱う店や飲食店が軒を連ねていて、どこへ行ったらいいか迷ってしまうほどでしたが、そんな中、「カレーのチャンピオン」と書かれた看板を見つけ、気になったので入ることにしました。

近江町市場'12.6.9
「金沢の台所」近江町市場でランチ

 金沢でカレーという組み合わせは正直意外でしたが、さっそく注文するとスプーンではなくフォークが出てきてちょっと面食らいましたcoldsweats01。一方、カレーは濃厚な味ですが、自分の生活圏になかなかこうしたお店がないので、たまに食べたくなりますね。

チャンピオンカレー
金沢名物のカレーをランチにいただきましたrestaurant

 こうして腹も満たされ、再びバスに乗り込んで金沢駅へ戻ることに。駅構内でお土産を物色後、西口にある小松空港行きのバス乗り場へと向かいました。ちょうどやってきたバスが市街地に立ち寄りながら行くバスでしたが、まだ時間があったのでのんびり行くことに。先程訪れた近江町市場や北陸鉄道の野町駅近くを通過し北陸道へ。金沢駅を出発して1時間ほどで到着しました。

北陸鉄道バス@小松空港'12.6.9
空港連絡バスで小松空港へ

 さっそくチェックインを済ませ、ここでもおみやげを物色した後、時間があったので展望デッキで時間潰し。何か来ないか待っていたら、1機の見慣れない航空機が雨の降る小松空港に着陸しました。どうやら貨物機のようでしたが、帰宅後調べてみたところ、ルクセンブルグにあるカーゴルックスという航空会社の機材とのこと。道理でデッキには大型のカメラを担いだ人の姿を目撃しました。

CVボーイング747-8F@小松空港'12.6.9
初めて目にしたカーゴルックス航空の貨物機

 そんなレアな航空機を見ることができたところで、そろそろ出発の時がやってきたので搭乗口へ。14時50分、羽田行きのJAL機は小松空港を離陸しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.07

mattoh通信(7/24)~夜行3本

寝台特急あけぼの@宮原'12.7.24

寝台特急カシオペア@大宮'12.7.24

寝台特急北斗星@大宮'12.7.24

 この日は遅番ということで、あけぼのプラス札幌からの夜行2本も撮影いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.06

第2回全国鉄道むすめ巡り遠征その8~スタンプ押印とアニメラッピング車両に乗る

 すっかりサボり気味となってしまったのと鉄道の旅ですが、穴水に到着後、すぐに鉄道むすめ巡りのスタンプを押すべくきっぷうりばの窓口へと向かうことに。のと鉄道の鉄道むすめ、和倉ななおがデザインされたスタンプを押印した後、限定フィギュアとまいもんクッキーを入手しました。ここは他にもさまざまなおみやげが置かれていましたが、やはり「花咲くいろは」関連のグッズの方が幅を利かせていましたねcoldsweats01

まいもんクッキー
ななおさんのイラストが入ったまいもんクッキーをおみやげにheart04

 これでミッションは無事終了。駅周辺を散策しようと思いつつも、相変わらず雨が降っていてあちこちうろうろするには難儀だったことから、先程西岸で交換した花咲くいろはのラッピング車両が9時12分着で戻ってくるので、駅側の歩道橋の上で待つことに。傘を差しながら待っていると、七尾方面から2両編成のディーゼルカーがこちらに近づいてきました。

のとNT200形@穴水'12.6.9
七尾から戻ってきた「花咲くいろは」ラッピング車両

 その列車が駅に到着後、先頭車が切り離され、後方の花咲くいろはのラッピング車両が単行で残されました。この後、これが9時32発の七尾行きとなることから、帰りはこちらに乗って七尾へと戻ることに。乗り込む前にホームでじっくり観察してきましたが、アニメに登場するキャラクターが車体全体にラッピングされ、見た目なかなか派手でしたね。とはいえ、このアニメを観たことがなく、詳しくはわかりませんが・・・coldsweats01

のとNT201@穴水'12.6.9

花咲くいろはHM
(2枚とも)「花咲くいろは」のラッピングディーゼルカーで七尾を目指します

 こうして定刻9時32分に穴水を発車すると、明るい声が車内に響き始めました。このアニメのキャラクターを演じる声優さんによるもので、停車駅の案内ばかりでなく沿線の名所の紹介もアナウンスされましたが、なかなか凝ったつくりで、このアニメのファンにはたまらない演出といえますね。事実、車内にはこのアニメのファンと思しき若者のグループも乗車していました。

 そんな楽しい車内アナウンスを聞きながら10時13分、終点七尾に到着。当初ここから1時間後に発車する普通列車で金沢を目指す予定でしたが、10時21分発のサンダーバード20号があったので、それに乗って早めに金沢へ戻ってきました(つづく)。

特急サンダーバード20号@七尾'12.6.9
サンダーバードで少し早めに金沢へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.05

mattoh通信(7/22)~旅から帰った翌朝

寝台特急あけぼの@宮原'12.7,22

 前日まで18きっぷを使って新潟と長野を回って旅してきましたが、長野を最終の1本前に出るあさまで帰ってきたため、疲れが残ったまま朝を迎えましたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/29】奥多摩から都心へ

 先週の続きですが、むさしの奥多摩号に乗るというこの日一番のミッションが終了した後はのんびり青梅線沿線を散策してくることにします。さっそく奥多摩駅周辺をブラブラ歩いてきましたが、この駅に降り立つのはずいぶん久しぶりで、最後に来たときはまだ201系が現役だったときでしたね。もちろん山小屋風の駅舎は今も健在で、駅前には奥多摩湖を始め山奥へ向かう路線バスが発着していました。

奥多摩駅舎'12.7.29
山小屋風の駅舎は今も健在

 1時間ほどの滞在の後、10時前の青梅行きに乗り込み鳩ノ巣へ。この本にここから隣の古里駅まで山道を歩きながら青梅線の列車を撮影できるコースが紹介されているので、ハイキングを兼ねて散策することにしました。駅から延々山道を歩き、20分ほどで休憩所に到着。ここから鳩ノ巣駅とその周辺の様子を眺めることが出来ましたが、115系だったら周りの新緑と湘南色とがさぞかしマッチしていたことでしょうね。

E233系@鳩ノ巣'12.7.29
山歩きをしながらE233系を撮影

 ここからは山道を下り続け、一気に川の側へ。山道は木々に囲まれているとはいえ汗だくになりながら下山しましたが、ここ奥多摩界隈も都心よりはましとは言いながらやはり暑かったですね。寸庭橋という橋を渡り、交通量の多い道を歩きながら古里駅に到着しました。

 10分ほどで次の青梅行きの列車がやってくることもありそのままホームに入ると、E233系の4両編成が中線に停車しているのが見えましたが、朝方乗ってきたむさしの奥多摩号に使用された青462編成でした。この後、17時過ぎの大宮行きに就いたものと思われまずが、そのままここに待機だったんでしょうか?

E233系@古里'12.7.29
古里に待機中のE233系青462編成

 11時43分発青梅行きで古里を出発。車内はエアコンが効いており、これまで汗だくになって歩き続けてきた身にとってはまさにオアシスでしたwink

 青梅には正午過ぎに到着。毎年5月にバーベキューで降り立つ青梅ですが、今回は久しぶりに青梅鉄道公園へ行ってみることに。規模については鉄博と比べることは出来ませんが、館内の展示物は一昔前の模型や資料ばかり。しかしこれが子供の頃に交通博物館で見たものに近い事もあって、自分にとっては懐かしさと併せて新鮮味を感じますね。

D51452@青梅鉄道公園'12.7.29
青梅鉄道公園で”鉄”分補給wink

 一方、1階にはヘッドマークを揃えた記念撮影コーナーがありましたが、数あるヘッドマークの中で現役なのがあけぼのと北斗星のみというのは時代の流れを感じさせてくれますね。

ヘッドマーク@青梅鉄道公園'12.7.29
この中で現役は今や2列車・・・

 こうして再び青梅駅に戻り、ここから一気に都内へと繰り出すことに。ここは乗り換えなしで行きたかったので、1本落として青梅特快に乗車しました。エアコンの効いた車内で再び体を冷やしながら、中野に到着。ここから地下鉄を乗り継いで目的地の銀座一丁目にやってきました。

 さっそく駅からすぐのところにあるコダックフォトギャラリーへ。ちょうど開催中の鉄道写真家、山崎友也氏主催の写真展を観て来ましたが、「鐵道情景 光と影」と題したとおり、光と影をテーマにした写真展で、影の使い方など展示された写真を見ながらいろいろと勉強させてもらい帰途につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/29】八トタ車E233系代走のむさしの奥多摩号に乗る

 今年の夏は大宮と奥多摩を結ぶむさしの奥多摩号の設定があるとのことで、2006年5月のとき以来青梅線を走る115系に乗って汽車旅を楽しもうと思っていましたが、運転初日だった28日に青梅線内で車両トラブルが発生。帰りは豊田車両センターのE233系が代走したとのことで、大宮にオレンジ色の帯を纏ったE233系が発着するというのもまた面白いと思い、予定通り決行となりました。

 地元での朝練を済ませ、そのまま高崎線に乗り込んで大宮へ到着。3・4番ホームで待っていると、オレンジ色の帯を纏った4両編成のE233系がゆっくり3番ホームに入線してきました。

快速むさしの奥多摩@大宮'12.7.29
豊田車両センター所属のE233系が代走したこの日のむさしの奥多摩号。よもやこの色が大宮にやってくるとは・・・。

 車両としては普段乗り慣れた通勤車よりもボックス席がある115系の方が汽車旅的には楽しめますが、やはり何と言ってもこの色の帯を纏ったE233系が大宮に来るという点はなかなか興味深いところ。同じホームではこの列車目当てのファンの姿も多く見受けられました。

 こうして定刻の7時1分、大宮を発車。この時点で乗客はハイカーよりもこの列車目当てと思われる乗客の方が多く、奥多摩方面まで通して乗る乗客がどれくらいいるのか正直わかりませんでしたが、武蔵野線に入ると各駅にカメラを持ったギャラリーの姿を多く見かけました。

 新小平を過ぎて中央線に入り、立川に到着。ここで車内の様子が一変、ザックを背負ったハイカーのグループがどっと乗り込んできました。もちろん今の時期の青梅線では見慣れた光景ですけど、これまでと乗客のスタイルがガラッと一変してしまう光景はここまで通しで乗ってきた者にとってなかなか興味深かったですね。

 青梅より先、単線区間へと入り車窓も山奥深くなってきましたが、立川から乗り込んできたハイカーもこのあたりから徐々に列車から下車。御岳山へのバスが発着する御嶽を過ぎると車内はひっそりしてしまいました。こうして8時56分、終点奥多摩に到着。大宮から2時間弱の汽車旅もこうして終了いたしました(つづく)。

快速むさしの奥多摩@奥多摩'12.7.29
終点奥多摩に到着

# 2006年5月のときの記事はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.04

mattoh通信(7/17)~カシは青釜

寝台特急カシオペア@大宮'12.7.17

寝台特急北斗星@大宮'12.7.17

 この日の朝の2本の夜行列車、カシオペアは青釜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は

今日は
今日は
伊豆急に乗ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.03

mattoh通信(7/17)~手短に

寝台特急あけぼの@宮原'12.7.17

 今日は仕事から帰宅してからあれこれバタバタしていたため、手短にUPいたしますcoldsweats01

 余談ですが、明日は18きっぷの2日目を使い伊豆方面へ行ってまいります。どこへ向かうかは後ほど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.02

mattoh通信(7/16・夕方編)~締めは客レ

EL&SL碓氷@宮原'12.7.16-2


 7月15日および16日の2日間運転されたEL&SL碓氷号ですが、甲府行きは地元を夕方通過するとのことで、16日は上りも撮影してまいりました。

 1時間ほど前から詰めておりましたが、日中のうだるような暑さの中、水分を補給しつつ待ち続けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.01

mattoh通信(7/16・朝編9~賑やかな朝2日目

寝台特急あけぼの@宮原'12.7.16

 3連休の最終日も賑やかな朝を迎えましたが、前日とはラインナップが異なりました。485系T18編成を使用した団臨が通過して行きました。

485系@宮原'12.7.16
T18編成による団臨がやってきました

 このとき都内で行われていた都市対抗野球の絡みで運転された団臨でしたが、↑の直後に下り列車に被られてしまいましたweep

 ここで場所を変え、前日に続きEL&SL碓氷号を狙うことに。こちらは前日に続き、1118号機による運転でした。

EL&SL碓氷@宮原'12.7.16
2日連続で運転された「EL&SL碓氷号」

快速お座敷たんばらラベンダー@宮原'12.7.16
宴によるたんばらラベンダー号

 いよいよ朝のラストはやはり野球臨。こちらはEF81に引っぱられた24系客車でした。

EF81-139@宮原'12.7.16
往年のはくつるやあけぼのを思い出す編成でやってきた野球臨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【7/28】原市沼の古代蓮

 先日の土曜日、いつもなら朝練となるところが上越線内での大雨の影響であけぼのはおろかその前を走るムーンライトえちごも遅れているとのこと。実はこの日は朝練後、ニューシャトルに乗って毎年訪ねている原市沼の古代蓮を見に行く予定にしていましたが、いつやってくるのかわからないあけぼのを待っていてもしょうがなかったので、先に古代蓮を見てくることにしました。

 加茂宮6時5分発の初電に乗って沼南に到着。そのまま歩いて5分ほどのところに位置する原市沼へとやってきました。中には数人の来場者がおり、朝早い時間とはいえちょっと意外でしたが、ほとんどはマイカーで来ている様子。一方、蓮の方もそこそこ開花していて、ニューシャトルや新幹線をバックにあれこれ撮影してまいりました。

埼玉新都市交通2000系@沼南'12.7.28

200系@沼南'12.7.28
今年も原市沼の古代蓮を見に訪ねてきましたhappy01

 幾分地味な印象がある蓮の花ですが、手軽に行けるところに位置するので、天気がよければ今シーズンもう一度訪ねたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »