« 第2回2012年夏18きっぷの旅その2~大井川鉄道のSL列車に乗る | トップページ | mattoh通信(8/12・夕方編)~真夏の夕暮れ »

2012.09.06

第2回2012年夏18きっぷの旅その3~夜の静岡駅

 大井川鉄道の旅の続き、島田駅から歩いて10分足らずのところにあるホテルにチェックインし、部屋で少し休憩してから外出することに。夕飯を食べようと思いましたが、今回はこれといってあてはなかったことから静岡まで遠征することにしました。

 今回は18きっぷ利用なので、JRであれば移動には全く苦ではありませんが、帰宅ラッシュの普通列車に揺られて静岡に到着すると、「特急ふじかわ13号」と記された行先表示機が見えました。普段、313系や211系といった普通列車がほとんどを占める東海道本線にあって貴重な在来線特急ということもあり、久しぶりに373系の姿を拝むことに。ホームで待っていたら、3両編成の373系がゆっくりと入線してきました。

特急ふじかわ13号@静岡'12.8.24
373系使用の特急ふじかわ号と対面

 そういえばこの時間帯は今年3月のダイヤ改正まで、373系を使用した東京行きの普通列車がありましたね。18きっぷシーズンに何度か利用したことがありましたが、実家のある埼玉に到着するにはだいぶ遅くなってしまうものの特急型のシートに座れるのは有難いところで、湘南新宿ラインにグリーン車が連結されるまでは重宝していました。

 そんなふじかわ号の様子を見た後、改札を抜けて駅構内の飲食店街へ。5月のホビーショーのときにランチで立ち寄りましたが、特にあてもなく、チェーン店のトンカツで済ませてから改札口へ向かうと、「ホームライナー」と書かれた行先表示機が目に止まりました。20時13分発ホームライナー浜松5号ですが、これに乗れば島田までは途中藤枝に停車するのみなので、帰りはこちらに乗ることにしました。

 帰宅ラッシュでごった返すホームに上がり、券売機で乗車整理券を入手。すでに入線していた373系に乗り込みました。乗車整理券には指定された車両と座席が印字されているので、それに従い着席。基本的に自由席となっているJR東日本とは対照的ですが、ホームライナー浜松5号はゆっくりと静岡を出発しました。

 自分の乗った車両はほぼ座席が埋まった状態でしたが、この列車は始発が沼津で、浜松まで乗り換えなしで行けるとあっては18きっぷのシーズンにはなかなか重宝しそうですね。もしかしたらそうした乗客も乗車していたかもしれません。

 こうして静岡を出て20分弱で島田に到着。ホテルへと戻りました(つづく)。

ホームライナー浜松5号@島田'12.8.24
帰りはホームライナーに乗車

|

« 第2回2012年夏18きっぷの旅その2~大井川鉄道のSL列車に乗る | トップページ | mattoh通信(8/12・夕方編)~真夏の夕暮れ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/55595479

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回2012年夏18きっぷの旅その3~夜の静岡駅:

« 第2回2012年夏18きっぷの旅その2~大井川鉄道のSL列車に乗る | トップページ | mattoh通信(8/12・夕方編)~真夏の夕暮れ »