« mattoh通信(8/15)~なすの266号 | トップページ | 【9/2】動態保存記念8111Fツアーに参加した »

2012.09.09

第2回2012年夏18きっぷの旅その4~島田市内で見つけた鉄道関連スポット2題

 8月25日、大井川鉄道の旅2日目は5時20分過ぎにチェックアウト。まずは歩いて数分のところにある中央小公園というところへやってきました。ここはD51が静態保存されていて、前の日に駅に置いてあった「しずおかSLスタンプラリー2012」のパンフにも紹介されていますが、ホテルから近いところにあるということで、ご挨拶してきた次第です。

D51101@島田市中央小公園'12.8.25
中央小公園に静態保存されているD51101号機にご挨拶

 このD51の101号機、説明板によれば昭和13年製造で、信越本線や羽越本線、それに中央本線で活躍した後、昭和48年に引退。すぐにこの地にやってきました。機関車の上に屋根が付いていて、まずまず外観がきれいだったことから、それなりに整備がなされているようですね。

 そのまま島田駅へとやってくると、ちょうど下り列車が行ってしまった後で40分ほど待ち時間がありました。とはいっても駅周辺で時間を潰せそうなところがないことから、5時51分発熱海行きに乗車。次の六合へとやってきました。

 前日、駅前にある郵便局で風景印を押印するため降り立っていますが、その時に狭軌最高記録達成の記念碑を見つけることが出来ず、改めて探してみたら、北口の階段を降りたすぐ、ホーム下にひっそりと鎮座していました。

クモヤ93000狭軌最高記録達成碑@六合'12.8.25
階段の下にひっそりと佇む記念碑

 1960年11月、架線試験車クモヤ93000形により高速度試験が行われ、ここ六合駅付近で狭軌としては最高の時速175キロが達成されましたが、こうした技術が後の新幹線の開業へと繋がることになり、今日の高速化への礎を築いたことになります。

 無事目的を果たし、6時16発岐阜行きに乗り込むことに。国鉄からJRになって直後くらいの頃には東海道本線を長距離で移動する普通列車がゴロゴロあったものでしたが、やってきたのは名古屋周辺でお馴染みの311系。211系や313系ばかりが走る静岡周辺では新鮮な顔ですね。

クモハ311-3@金谷'12.8.25
311系に乗って金谷へ

 金谷に到着。ここから大井川鉄道の旅の2日目がスタートします(つづく)。

|

« mattoh通信(8/15)~なすの266号 | トップページ | 【9/2】動態保存記念8111Fツアーに参加した »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/912/55613484

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回2012年夏18きっぷの旅その4~島田市内で見つけた鉄道関連スポット2題:

« mattoh通信(8/15)~なすの266号 | トップページ | 【9/2】動態保存記念8111Fツアーに参加した »